白ごはん.comの掲示板
[トップに戻る] [ワード検索] [フォトアルバム] [管理用]
お名前
Eメール
タイトル
URL
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )

お雑煮について ホエイ 投稿日:2017年12月13日 07:53:19 No.860 【返信】
毎回活用させていただいたおります。料理の基本を確認するときは必ず開き私の教科書となっています!
お正月にお雑煮を食べていますが、冨田さんのお雑煮のレシピがあれば是非作ってみたいと思って検索したのですがレシピはありますか?もしそれに近い汁物のレシピが掲載中でしたら教えてもらえますか。





お味噌について ゆき 投稿日:2017年11月28日 15:14:03 No.856 【返信】
いつものご飯から、季節のごはんにと、いつも大活用させていただいています。本当にありがとうございます。
突然なのですが、お味噌について、どのように使い分けされていますか。
好みや、地域によって違いがあるものかもしれませんが、冨田さんはどのようにされているか、おすすめの使い分け、などいつかご紹介していただけたら嬉しいです。
お味噌って、赤か白か、混ぜたもの、くらいに以前は思っていました。売り場に行くと、米味噌、麦味噌、豆味噌、赤、白、合わせ?だし?、、色々あって迷ってしまいます!


Re: お味噌について 冨田ただすけ 投稿日:2017年12月04日 22:49:07 No.858
ゆきさん、いつも参考にしてくださり、ありがとうございます。

お味噌は毎日の食卓に欠かせない食材ですし、私もいろいろと使っております。私の使い方を参考までにお伝えしますと、冷蔵庫にたいてい3種類くらいの味噌があります。一つは自家製の少し塩分が控えめの味噌です。これは少し良い大豆を使い、熟成もさせて、しっかり旨みのあるものにしています。なので、こちらは美味しい味噌汁が飲みたい!ってときとか、少しだしの味が薄いから味噌で補うか、というようなときに使っています。残りの二つは市販品で、一つは豆味噌、もう一つは普通の米味噌です。どちらも味噌本来の材料以外のものが入っていないものを選ぶようにしています(大豆や麹、食塩以外は基本不要なものなので、エキスやアミノ酸、豆味噌で言えば色素など、入っていないものを選ぶようにしています)。なんとなくの食材の合わせ方や料理への使い方は自分の中であると思うのですが、使い分けは厳密には決まっていないです。気分によって今日はこの味噌かなぁ、くらいに使っています。ただ、豆味噌なら、味噌自体に渋みや雑味が多くて味がしっかりしているので、味噌汁以外の味噌炒めや味噌だれに使うことが多いですし、渋みがあるからこその、同じ渋みやアクを持つような野菜と相性が良かったり、豚肉などの脂と組み合わさっても美味しいですし、牡蠣の土手鍋など、味の濃いものとも合わせやすいと思っています。参考になりましたら幸いです!よろしくお願いします~ *私は生まれは山口県なので麦みそ文化なのですが、大学生で東海地区に出てきて、実家暮らしよりも愛知県での暮らしの方が長いので、豆味噌文化にすっかり馴染んでしまいました^^



いつも楽しく活用させていただいています ぽんきち 投稿日:2017年11月21日 23:18:57 No.855 【返信】
スーパーでお買い得品や、珍しい野菜を見つけたとき、白ごはんさんのレシピを見て何作ろうか考えるのが楽しみです。
全工程をふめないときもありますが、飛ばしてもオーケーな箇所なども丁寧に書いてくださってるので、めんどくさがりな私でも美味しいレシピに挑戦できてます。 ありがとうございます。

これから寒くなるので、コロッケを作ってみたいのですが、いつも上手く作れません…
形が崩れたり、揚げてる間に焦げてしまったり…
白ごはんさんでもコロッケレシピがあるとうれしいです!

*大和芋で、山芋の落とし汁を作りました。ふわふわ、もちもちでとっても美味しかったです!


Re: いつも楽しく活用させていただいています 冨田ただすけ 投稿日:2017年12月04日 22:39:23 No.857
ぽんきちさん、いつも見てくださってありがとうございます!山芋の落とし汁、美味しいですよね~(^^♪

そしてコロッケのリクエストもありがとうございます!白ごはん.comに確かにないですよね…。これまで書籍では何度かレシピとしてまとめているので、近いうちに改めてレシピにどうまとめるか考えて、アップする準備を進めていこうと思います~。これからもどうぞよろしくお願いします!



レシピの要点と詳細 ゆうこんぶ 投稿日:2017年11月15日 18:32:57 No.848 【返信】
日々の夕食に白ごはんレシピを参考にしています。
大雑把で不精な私は今まで細かいレシピを斜め読みしては要点を見落とし出来栄えが今ひとつでした。
白ごはんでは肝心なところが最初の見出しにあり、その後詳細な手順が示されるので
料理の腕がググッと上がりました、本当にお世話になっています。

今日は八百屋で最後の売り切りの栗でおこわを炊きました。


Re: レシピの要点と詳細 冨田ただすけ 投稿日:2017年11月15日 22:59:07 No.854
ゆうこんぶさん、いつも参考にしてくださってありがとうございます!栗おこわ美味しくできましたでしょうか(^^♪

私も自分がちゃんと納得して料理をしないと、納得していない部分に関しては適当な性格が出てしまうことが多いので、一つ一つ、気になるところを比べたりしながら、検証してレシピにしてみたりしています!

これからまた、レシピも増やして、より使いやすくしたいと思っていますっ これからもどうぞよろしくお願いします~



基本の五目炊き込みご飯について 名無し 投稿日:2017年11月14日 22:26:16 No.847 【Home】 【返信】
はじめまして、いつもレシピにお世話になっています。
材料表題が両方とも、鶏肉なしになっているの発見しました。
画像添付したのでご確認ください


Re: 基本の五目炊き込みご飯について 冨田ただすけ 投稿日:2017年11月15日 22:56:31 No.853
いつも見てくださってありがとうございます!完全に私の打ち間違い(というよりコピペ間違いです…)。いま修正させていただきました。ご指摘くださってありがとうございます(^^)



お米のとぎ汁の代用品はありますか? liz 投稿日:2017年11月04日 19:42:38 No.846 【返信】
以前、肉じゃがのことで質問させていただきましたが、
今回は、最近追加された豚の角煮のことです。
お米のとぎ汁で下ゆでとのことですが、
無洗米を使っており、お米のとぎ汁が用意できません。。。
代用品として米糠は使えますか?
逆に糠の臭みがでてしまうような気もしていまして…
ただのお水でもできるようですが、せっかくならより臭みのないおいしいものを作りたいと思っています。
よろしければ教えていただきたいです!


Re: お米のとぎ汁の代用品はありますか? 冨田ただすけ 投稿日:2017年11月15日 22:55:37 No.852
lizさん、お返事遅くなりまして申し訳ありません!
いつも参考にしてくださってありがとうございます。

無洗米だと確かに米のとぎ汁が出ないですよね…。私が料理屋で勤めていたころは、米のとぎ汁ではなく、余った「おから」を下ゆでの時に加えていました。

米や大豆の成分や香りが、豚肉のうま味は残しつつ、香りなどをマスキングしてくれるのだと思います。料理をされる方によっては、米ぬかで下茹でをされる方もいらっしゃいます。

とはいえ、どれもおからやぬかなど、普段あまり使わないものを用意しなければいけないので、もし手元にあるもので、ということでしたら、無洗米をひとつまみくらい(できれば少し潰して)下ゆでするときに加えてみてください。それでも水でゆでるよりかは、よりとぎ汁に近い効果があると思います(^^)/



お願いします。 OLちゃん 投稿日:2017年11月02日 15:25:10 No.845 【返信】
揚げ出し豆腐が好きなのでレシピをぜひ載せてもらいたいです。
宜しくお願いいたします。


Re: お願いします。 冨田ただすけ 投稿日:2017年11月15日 22:51:26 No.851
揚げ出し豆腐美味しいですよね!白ごはん.comでは、シンプルな揚げ出し豆腐レシピも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください(^^)/
https://www.sirogohan.com/recipe/agedasi/



難しくなく丁寧なご飯が嬉しいです。 料理勉強中 投稿日:2017年11月02日 12:49:40 No.844 【返信】
はじめまして。
いつもレシピを参考にさせて頂いています。
添加物を使用しないレシピが、なかなか見つけられない昨今。
富田さんのレシピは安心で丁寧な作り方(それでいて難しすぎない!)なので重宝しています。
サイトやレシピ、本など。お人柄が表れているのだろうなと尊敬しています。
いつか、直接教えていただきたいなと思っているのでぜひワークショップやお教室などたくさん開催してください。
その日を楽しみにしています!




Re: 難しくなく丁寧なご飯が嬉しいです。 冨田ただすけ 投稿日:2017年11月15日 22:49:56 No.850
料理勉強中さん、いつも参考にしてくださってありがとうございます(^^)/ 料理教室やワークショップなど、そうですよね~~ たくさんお声掛けいただくのですが、いまは白ごはん.comのレシピを少しでも増やして、より使いやすくすることを最優先に考えているので、お断りすることがほとんどなんです(本当に申し訳ないのですが…)

ただ、来年は白ごはん.comのサイトが10周年ということもあり、何かしらできればと考えていますので、また決まりましたらブログやサイトでご連絡させていただきますね!



すし飯、酢れんこんについて。 Rico 投稿日:2017年10月25日 11:24:50 No.843 【返信】
こんにちは。
いつもレシピを参考にさせていただいてます。

先日、いなり寿司と酢れんこんに挑戦して、家族に大好評でした。
ただ、我が家は酢の味付けのものが大好きなので、すし飯も酢れんこんももっと酢をきかせてほしいという声もあり、ここで質問させていただきました。

単純に酢の量を増やしたらいいのかと思いましたが、すし飯はべちゃっとしてしまうのではないか、とか砂糖を減らすといいのかなど、迷っています。

もしよろしければアドバイスいただけますでしょうか?
よろしくお願い致します。


Re: すし飯、酢れんこんについて。 冨田ただすけ 投稿日:2017年11月15日 22:47:31 No.849
Ricoさん、お返事遅くなりまして申し訳ありません!
いなり寿司と酢れんこん、作っていただきありがとうございます(^^♪

酢をよりきかせたいということでしたが、酢れんこんの場合は、昆布だしを酢に置き換えるやり方がいちばん味のバランスが崩れず、酸味を増すことができると思います。

すし飯に関しましては、調味料がシンプルなだけにちょっと難しく、、味のバランスやすし飯の仕上がりに影響が出ない範囲で考えると、酢を1割ほど増やして、砂糖を1割ほど減らすと、酸味も立ってくると思います。ただ、あまり置き換えすぎると、ご心配されている通り、べちゃっとしてしまったりすると思います。

最終手段にはなりますが、酢の酸味の感じ方もメーカーによって差があるので、より酸味の強いお好みの酢を探してみるのもいいかもしれません!参考になりましたら~



体にしみ込むような料理 HIRO 投稿日:2017年10月22日 05:56:48 No.838 【Home】 【返信】
はじめまして
1940年代生まれの男性です。今でも一部継続していますが、アート関係の仕事をしてきました。今年4月に僕のパートナー(奥さん)が骨をやられる癌で倒れ、退院後は介護ペットと車椅子生活となりました。そして僕がほぼ全面的に主夫業をやらなくてはならなくなり、毎日の3度の食事づくりに苦戦を始めた時、New York在住の女性のアーティストに富田さんの”白ごはん.com”サイトを教えてもらいました。シンプルな料理と丁寧なレシピで、どれを試しても美味しく、主夫業は半年になりますが、今は和食の軸として利用させていただいています。
特に富田さんのコンセプト「体にしみ込むような料理は、もっと素朴なものだし、あとから思い出すような、記憶に残る料理も、作り手の心のこもった、普段のなんでもない料理だったりする。」に日常の暮らしの大切さを学びました。体にしみ込むような料理を丁寧に作り、彼女と一緒に食べる暮らしですが・・・・・・・・・・・・・・・・今は彼女もすこしづつ良くなり、テーブルに座って野菜の刻みとかはしてくれます。
特に二人でびっくりしたのは”いわしの生姜煮”でした。ほんとかなと思いながら作ってみて、子供の頃食べたような懐かしい味で、美味しくいただきました。
そして今度の正月のおせちは富田さんのレシピを参考に僕が主で作ってみようかなと思っています。
1940年代生まれの僕が、80年生まれの富田さんに学ぶというのも素敵だなと思っています。これからもよろしくお願いします。


Re: 体にしみ込むような料理 冨田ただすけ 投稿日:2017年10月25日 09:03:12 No.842
HIROさん、いつも参考にしていただきありがとうございます。80年生まれでまだまだ経験も足りていないといつも感じながらやっているのですが、今の時点で、自分が料理と向き合って伝えることができることを白ごはん.comでまとめさせていただいています。

サイトはHIROさんのように、毎日のごはん作りに活用いただけるのが何よりもうれしいので、掲示板にご投稿いただき、心から感謝いたします。ぜひおせちにも挑戦してみてください。これからもどうぞよろしくお願いいたします~



季節別のレシピ掲載について ぴすた 投稿日:2017年10月15日 13:45:11 No.837 【返信】
こんにちは

いつもレシピ参考にさせていただいています。
もし可能であれば、季節別の食材でレシピがソートされていると使いやすかなと思いますが、いかがでしょうか。ご一考くださいませ。


Re: 季節別のレシピ掲載について 冨田ただすけ 投稿日:2017年10月25日 08:59:42 No.841
ぴすたさん、いつも参考にしていただきありがとうございます!

季節別の食材でまとめられていると確かにいいですよね!いまは料理カテゴリ別に分けて紹介しているのですが、食材という切り口からレシピに入っていける、探せるのも、確かに使いやすいと思いますので、今後のサイトリニューアルの参考にさせていただきます。ありがとうございます(^^♪



とり天について おこげ 投稿日:2017年10月11日 20:12:12 No.836 【返信】
初めて投稿します。
一人暮らしをして、初めて自炊をして、なかなかいいレシピサイトや料理本に出会えなかったのですが、「白ごはん.com」さんは写真などもいっぱい載っていて本当にわかりやすくて、手順の根拠も書かれていてすごく素晴らしいレシピサイトだなと思いました。本当にいつも利用させていただいて助かっています。ありがとうございます。料理生活の肝となっています。

鶏肉の天ぷらが大好きなので、もしよろしければレシピを作って欲しいなと思います。
天ぷら類が大好きなので、もっと増えたらいいなあと思っています。
難しいかもしれませんが、考慮の一つに入れていただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。


Re: とり天について 冨田ただすけ 投稿日:2017年10月25日 08:57:27 No.840
おこげさん、いつもありがとうございます~。そして、、お返事が遅くなりましてすいません!

天ぷら類おいしいですよね~。冨田家も昨日は野菜のかき揚げでした(^^)/ 白ごはん.comでもいつか、天ぷら系のレシピを増やしたいとは常々思っているのですが、なかなか行きついておりません…。でも来年の春くらいまでには、何品か増やしたいと思ってますので!少々お待ちくださいね!



出汁をとった後の出汁ガラについて 三日月坊主 投稿日:2017年10月08日 18:24:40 No.835 【返信】
はじめて投稿いたします。料理でわからないことがあるといつもこちらのサイトで勉強させていただいておいます。最近は「昆布の種類と味の違いや特徴について」を読んで自分でも試してみて、その違いがはっきりわかって感動しました!
 
 ところでふと思ったんですが、昆布と鰹節から出汁をとった後の出汁ガラとなった昆布と鰹節って料理屋さんではどうしているのしょうか?
料理の本にはよく水分を飛ばしてふりかけにするとか佃煮にすると書いてあるのですが、家庭レベルの量ならまだしも、料理屋さんだと毎日のことでしょうし昆布や鰹節の量やお値段もそれなりになると思うのでどうしているのかな〜と。ふりかけと佃煮以外にもっと大量に使いまわせる方法があるのでしたら自分でも試してみたいので教えていただけると幸いです。よろしくお願いいたします。



Re: 出汁をとった後の出汁ガラについて 冨田ただすけ 投稿日:2017年10月25日 08:55:31 No.839
三日月坊主さん、ご質問ありがとうございます~。お返事が遅くなってすいません!昆布の違いについてのページが参考になってよかったです(^^♪

さて、ご質問いただいただしがらの件ですが、私が勤めていた料理屋さんでは、昆布についてはすべて佃煮にして、ごはんに添えたり、それで余るものは瓶詰して販売しておりました。かつお節も同じようにふりかけにもしていたのですが、それはいちばん高価な血合い抜きの本枯れ節だを使うことが多く、他のものは2番だしを取り(料理屋レベルの量だと2番だしでもしっかり味が出てくれるので)、そのあとはまかないでだしがらを使ったちょっとした和え物なんかを作ることもありましたが、それでも残るものは申し訳ないのですが捨ててしまうこともありました。

カツオ節は口に残らないような細かいものであれば(もしくはだしを取ったあとに細かくすれば)、ごはんに混ぜておにぎりにして、醤油をちょっと加えたりしても美味しいのですが…。もっと大量に使いまわせるものがあるといいですよね。私も何かよいアイデアが浮かべば、また紹介したいと思います!



肉じゃがに人参を入れる時 liz 投稿日:2017年10月01日 21:45:41 No.827 【返信】
最近肉じゃがをよく作ります。だしいらずで簡単、
一人暮らしなので、野菜も必要なだけ買って作れる材料なのがとても助かるんです。
レシピ内に人参を入れる場合は出汁を使った方が良いとあるのですが
その場合の出汁は昆布、かつお、煮干し、どちらがオススメですか?
想像ではかつおや煮干しだとやや強い味になりそうな気がしていますが、
逆に昆布だと薄過ぎてしまうのかと、色々想いを巡らせております…

また、体質的に牛肉の脂があまり得意ではなく、豚バラ薄切りで作ることが多いのですが
(豚の方が疲労回復効果の高い組み合わせらしいです)
牛肉で作る時のコクには負けるので物足りなく感じる時があります。
何か足すと豚肉でもさらに美味しくなる、みたいなポイントのようなものがあれば教えていただきたいです。
よろしくお願いいたします。


Re: 肉じゃがに人参を入れる時 冨田ただすけ 投稿日:2017年10月01日 22:48:35 No.833
lizさん、肉じゃがをいつも参考にしていただきありがとうございます!ほっこり美味しい組み合わせが嬉しいですよね(^^)/

ご質問いただいた人参を入れるときのことですが、私が勝手にこだわりすぎちゃって、そのように書いてしまったので、次回ぜひそのままのレシピで、人参を少し小さめに切って入れてみてください。にんじんは風味が強いので大きく切ってしまうと、他の具材とのバランスが悪くなるため、例えば5㎜幅くらいの半月切りだとか、そのくらいの味のなじみやすい大きさなら、いまのレシピで問題なく作れると思います。

ただ、人参を大きめに切って美味しくいただきたい!ということでしたら、やはり薄めでもだし汁を使った方がいいと思います。その時のおすすめは昆布とかつお節の混合だしです。それがいちばんオーソドックスで、うま味や香りも肉じゃがと相性がいいと思います。

また、豚肉で美味しく作る点ですが、確かに牛肉の脂は甘みが口に広がるようなうまみも持ち合わせているので、コクの面では劣ってしまうところがあると思います。その時は、調味料でコクを出すとよいと思います。いまのレシピにプラスアルファする形で、みりんを大さじ1~2ほど加えるとよいと思います。また、少しこだわった細かいところなのですが、醤油とひと口にいってもいろいろな醬油があります。裏面を見ると書いているのですが、「脱脂加工大豆」か「大豆(丸大豆)」か。脱脂加工大豆はどちらかというと切れがよくてさっぱりめで、丸大豆の方がコクがある醤油に仕上がる傾向があると思っています。こだわった手法ではありますが、醤油を変えてみるのも一つの手かもしれないですね。参考になりましたら!
Re: 肉じゃがに人参を入れる時 liz 投稿日:2017年10月03日 19:27:33 No.834
ご返信ありがとうございます。
先週作った時に、前回と同じ分量で作っているはずなのに味が薄く、
お醤油をいくらか足したのですが…
冨田さんの返信を読んで、先日お醤油がなくなり新しい銘柄で買い直したことを思い出しました。
そして、裏を見たら確かに脱脂加工大豆となっておりました。
お醤油に違いがあるなんて全く知らなかったです。
ありがとうございました!



カレーうどん はな 投稿日:2017年09月27日 19:27:17 No.825 【返信】
いつもレシピ利用しています。美味しいと言われるようになりました。
カレーうどんを2回作りましたが、どうしてもカレーを入れた後、ダマになります。
味はすごく美味しくできたので、見かけも上手になりたいのでこつを教えて頂けませんでしょうか?
よろしくお願いします。


Re: カレーうどん 冨田ただすけ 投稿日:2017年10月01日 22:38:38 No.832
はなさん、カレーうどんのレシピを参考にしていただきありがとうございます(^^)/ うち好みの味が好評なのが嬉しいです!

ダマをなくす工夫ですが、やはりありきたりなことではありますが、投入前にしっかり小麦粉を溶いておくことと、投入時にだし汁をしっかり流動させている状態にすること、この2点が重要だと思います。

はじめのしっかり溶いておくことは、小麦粉は特に小さい塊の状態で残りやすいので、小さな泡立て器があれば使い、なければ箸や指先でだまをつぶしておくことが大切です。投入時はなかなか言葉では説明が難しいのですが、加える溶き片栗粉&小麦粉が底にたまらないようにしっかりお玉で汁を動かしてあげることがポイントです。いつか動画でお見せできるといいなと思っています。

レシピに書いてあることを繰り替えすようなお返事で、新しいことを書けずに申し訳ないですが、一度2つのことに改めて注意しつつ、ぜひトライしていただければと思います!



ゴーヤに感激 とんとろ 投稿日:2017年09月26日 21:13:18 No.824 【返信】
いつも拝見しています。何を作ってもとてもおいしいので、まずはこちらで調べてから料理を開始する新米主婦です。
夏の終わりに頂いたゴーヤ、私も夫もあまり得意でなく、ほどよい副菜にできないか…とこちらで見つけたごま和えを作りました。あまりにおいしくて、2人でペロリと完食しました。来年の夏はたくさん作りたいです。昨日はピーマンの肉詰めも作りました。とってもジューシーでおいしかったです。
今度は本も購入させて頂きたいと思っております。これからもよろしくお願いいたします!


Re: ゴーヤに感激 冨田ただすけ 投稿日:2017年10月01日 22:28:37 No.831
とんとろさん、こちらこそ、白ごはん.comを使っていただきありがとうございます!ゴーヤに肉詰めに、栄養満点で献立に入っているとうれしい料理ですよね(^^)/ これからも作りやすい和食を中心に日々レシピをアップしていこうと思いますので、よろしくお願いします!



竜田揚げについて goo 投稿日:2017年09月25日 19:22:18 No.823 【返信】
先日はハンバーグの質問にご回答いただきありがとうございました。ブログにも書いていただき、思い切って質問して良かったと思いました。

先日、冨田さんのレシピの鶏の唐揚げを作りました。鶏の唐揚げは苦手な料理だったのですが、今まで作った中でいちばんジューシーで、ご飯に合うお味が本当に美味しかったです。
私は竜田揚げ=片栗粉、唐揚げ=小麦粉だと思いこんでおり、冨田さんの唐揚げは片栗粉を使っていらしたことが意外でした。
竜田揚げと唐揚げの作り方や味付けの違いを知りたいので、また竜田揚げのレシピもぜひあげていただきたいです。
お忙しくて大変だと思いますが、これからも毎日冨田さんのレシピを楽しみにしています。お身体にお気をつけて頑張って下さい。


Re: 竜田揚げについて 冨田ただすけ 投稿日:2017年10月01日 22:27:09 No.830
gooさん、コメントありがとうございます!いつも「このことをちゃんとブログやサイトでまとめないとな」と思っていることをgooさんにご質問いただくのでびっくりです(^^)/

小麦粉と片栗粉のことについては、今度ちゃんとサイトかブログでまとめたいと思っています。そのために少し自分で改めて検証したいこともありますので、ここでのお返事は申し訳ないのですが、やめておこうと思います。もう少々おまちくださいね!



お気に入り機能について にゃにゃ 投稿日:2017年09月21日 21:15:15 No.822 【返信】
こちらのレシピサイトを参考にしてから、こんなにも優しい味の和食が自分でも作れるんだと感動しました!本当に、毎回素敵なレシピをありがとうございます!
また、お気に入りのレシピや次作りたいレシピを保存してすぐ見れる、お気に入り機能のようなのがあれば便利だなと思いました!
これからも、優しい和食のレシピ楽しみにしています♪



Re: お気に入り機能について 冨田ただすけ 投稿日:2017年10月01日 22:24:35 No.829
にゃにゃさん、いつも参考にしていただきありがとうございます~!!お気に入り機能ほしいですよね!私も常々そう思っています(笑) ただ、一つすぐにできないハードルがありまして…、白ごはん.comのサイトはどこかのブログのひな型を使ってといったサイトの作り方ではないので、すべてオリジナルのプログラムを作ってもらう必要があり、個人でやっていることもあってなかなか踏み出せないでおります…。とはいえ、できる範囲で使いやすさはアップしていきたいと思っていますので、少しずつですが確実によくしていきますので!お気に入り機能は少し先で未定ですが涙。これからもよろしくお願いします!



むかごご飯 やも 投稿日:2017年09月12日 14:38:56 No.821 【返信】
いつも素敵なレシピをありがとうございます。
勉強になります。

実家ではよく食べていたむかごご飯ですが、自分で作ったことがなく
こちらのレシピを参考にさせて頂きました。
とても美味しく出来ました、ありがとうございました。


Re: むかごご飯 冨田ただすけ 投稿日:2017年10月01日 22:15:32 No.828
やもさん、掲示板への書き込みありがとうございます!お返事が遅くなりまして申し訳ありません。むかごご飯、参考にしていただけて嬉しいです。これからもまたサイトを活用いただけるよう、いろいろなレシピをアップしていきたいと思います(^^)/



ハンバーグについて goo 投稿日:2017年09月11日 17:01:24 No.816 【返信】
冨田さん、いつもわかりやすく美味しいレシピを本当にありがとうございます。
お陰で、季節のものを美味しくいただける喜びを感じながら料理をすることができ、大変感謝しております。

ところで、冨田さんの書籍の中に和風煮込みハンバーグが掲載されており作ったのですが、卵を入れないことに驚きました。
卵がなくてもハンバーグがしっかりまとまり、崩れませんでした。
冨田さんがハンバーグに卵を入れない理由があれば教えていただきたいです。宜しくお願いします。


Re: ハンバーグについて 冨田ただすけ 投稿日:2017年09月12日 10:30:39 No.820
gooさん、ご質問ありがとうございました!実はまったく同じタイミングで白ごはん.comにハンバーグレシピをアップしているところでした(^^)/

今回は煮込みではなくて、基本となるハンバーグのレシピなのですが、そのレシピでも同じように卵はなしのレシピにしています。gooさんにご質問いただいたこのことが、もしかしたら他のレシピを見る方も同じように気になることなのかなと思い、今回ブログに「なぜ卵を抜いているのか」をまとめさせていただきました。一度ぜひ下の記事をご覧ください(^^♪
https://lineblog.me/sirogohan/archives/67289381.html

gooさんのご質問もそのまま転載の形で紹介させていただいております。もし載せないほうがよいようでしたら、すぐに削除いたしますので、またご連絡くださいませ!よろしくお願いいたします~



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
- 掲示板管理者へ連絡 - 新着投稿をメールで受け取る -