Advectionfog Photo BBS

[トップに戻る] [ホーム] [ワード検索] [フォトアルバム] [管理用]
Advectionfogの画像投稿掲示板です。
フェリーの旅や、海の風景などを載せています
投稿して頂いた画像は投稿者を明記してトップページなどで使用させて頂くことがあります。
文章のみの親記事や船旅のご質問はText BBSにお願いします。


お名前
Eメール
タイトル
URL
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色


投稿記事の編集/削除を行いたいときは、ページ最下部の"No."に記事番号を入力し、"PASS"に設定した暗証キーを入力してください。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |
三菱重工下関造船所『フェリーとしま』代替船の建造進捗状況 でんすけ 投稿日:2017年10月25日 23:04:01 No.11010 【返信】
 10/24三菱重工下関造船所にて近海郵船の『ましう』の進水式が行われた船台の隣で、鹿児島県十島村の『フェリーとしま』の代替船の建造が進んでいます。
 過酷な航路状況がわかる船側の防舷材や水線下の突出部の少ない船首形状、大型のフィンスタビライザーが確認できます。
 上部構造ブロックの搭載作業に入っているようですので近日中に進水するものと思われます。 とりあえず御報告いたします。 


Re: 三菱重工下関造船所『フェリーとしま』代替船の建造進捗状況 せんとぽーりあ 投稿日:2017年10月26日 03:32:22 No.11011
でんすけさん
レポートありかとうございます。
2017年3月13日に起工式が行なわれ、11月に進水式だそうです。
2018年3月1日に引渡しが行なわれる予定です。
http://www.tokara.jp/upload/n226.pdf
Re: 三菱重工下関造船所『フェリーとしま』代替船の建造進捗状況 げんかい(管理人) 投稿日:2017年10月29日 02:57:24 No.11023
こんばんは。
「フェリーとしま」は現行船を鹿児島でも見た船で次がどうなるのか気になっています。
船首の特徴的なクレーンも設置され今後の姿が気になります。
Re: 三菱重工下関造船所『フェリーとしま』代替船の建造進捗状況 たかはし 投稿日:2017年10月31日 11:23:29 No.11024
ニュース性のある情報であることはわかりますが、写真の撮影、掲載について造船所やフェリー会社の許諾をとっていますか?

公式ページでもまだ公開されていないような命名、進水式前のカットをオープンな場で安易にアップするのはマナー違反ではないでしょうか?
Re: 三菱重工下関造船所『フェリーとしま』代替船の建造進捗状況 でんすけ 投稿日:2017年10月31日 16:09:43 No.11026
げんかいさん。いつもお世話になっております。
No.11024の書き込みに関しまして、見学エリアの船台付近におられた社員さんにはいいのではないかということでしたので投稿しております。
問題になるようでしたら、お手数ですが削除していただきますようお願いいたします。
Re: 三菱重工下関造船所『フェリーとしま』代替船の建造進捗状況 せんとぽーりあ 投稿日:2017年11月18日 00:22:09 No.11055
三菱重工業下関造船所から、正式な発表がありました。

船舶の種類: 貨客船兼自動車渡船
全長: 約93.5m
幅: 約15.8m
総トン数: 約2,000トン
http://www.mhi.co.jp/csr/news/story/chugoku_shikoku_171101.html
Re: 三菱重工下関造船所『フェリーとしま』代替船の建造進捗状況 げんかい(管理人) 投稿日:2017年11月20日 00:51:34 No.11059
本日の進水式で船名は「フェリーとしま2」となったようです。



オーシャン東九「フェリーりつりん」ドック入り ロフトマン 投稿日:2017年10月25日 22:23:40 No.11009 【返信】
げんかいさん こんばんは。
尾道へ向かう「フェリーりつりん」を午後2時過ぎに大槌で撮ってきました。
私はオーシャン東九の新造船を見るのは今回が初めてになります。
普段オーシャンの船がドック入りする場合、北九州が終航となりドックに向かっていましたが、今回は東京~徳島~尾道になっていました。
備讃航路を走るのは荒天の第二航路としての夜間航海だけでした。
再開は11/7徳島上り便なっています。


Re: オーシャン東九「フェリーりつりん」ドック入り オーシャンファン 投稿日:2017年10月26日 21:45:53 No.11012
ロフトマンさんこんばんは。

当初のスケジュールでは10月25日北九州着で終航でしたが↓
http://www.otf.jp/dcms_media/other/201710-11_schedule.pdf

台風でスケジュールが乱れて下記のようになりました↓
http://www.otf.jp/dcms_media/other/201710-11_schedule-T21ver.pdf

対外的には21日北九州着で終航ですが、
シャーシの回送等の都合で一度東京まで回航してから尾道に向かったようです。
24日の朝は東京湾に姉妹船3隻が揃う珍しい状況となっていました。

欠航扱いの間の回航スケジュールを律儀にダイヤ上に掲載するのも珍しいですね。
Re: オーシャン東九「フェリーりつりん」ドック入り げんかい(管理人) 投稿日:2017年10月29日 02:45:32 No.11022
こんばんは。
オーシャンは、台風時に瀬戸内海で回航があるイメージですが、新しくなってからはあまり無かったんですね。4隻色が違うので、それぞれ撮りがいがあります。
オーシャンは今回の船から4隻すべて同じスペックになったので、欠航が出ても配船が容易になりました。今までだと隔日運航のものを戻さないといけなかったので。



10/24 三菱重工下関造船所第1203番船進水式 でんすけ 投稿日:2017年10月24日 23:10:38 No.11004 【返信】
 げんかいさん。みなさんこんばんは。台風一過の本日、三菱重工下関造船所にて建造されていた近海郵船向け第1203番船の進水式が行われました。
 当初での進水式は案内板にあるように一般見学者は船台に一番近い通用門より入場していきます。


Re: 10/24 三菱重工下関造船所第1203番船進水式 でんすけ 投稿日:2017年10月24日 23:21:09 No.11005
 船底では、ガストーチを用いて固定要具の除去作業が進行します。
 後方では『みやこ丸』がラインを取ってスタンバイ態勢に入ります。船首の防舷材カバーのさらに上から色とりどりの毛布やタオルケットをかけています。


Re: 10/24 三菱重工下関造船所第1203番船進水式 でんすけ 投稿日:2017年10月24日 23:24:02 No.11006
 『ましう』と命名され、支綱が切断されて船台を滑り降りて関門海峡に無事に浮かびました。

Re: 10/24 三菱重工下関造船所第1203番船進水式 でんすけ 投稿日:2017年10月25日 00:06:27 No.11007
 船台の北側の岸壁に移動してこれから艤装工事に入ります。平成30年3月頃に完工予定、常陸那珂~苫小牧航路の現運航同名船を代替して就航予定です。
 主要目は、全長:180m、幅:27m、総トン数:約11,200t、載貨重量:約6,100t、搭載能力:トレーラ161台+乗用車109台。
 現運航船に比して、全長12m・幅3mほど大型化されています。(=トラックレーン1列分増えて各レーンに1台分多く積めるようです。)
 近年の省エネのトレンドである『電子制御低速ディーゼル主機関』・『バルブ付きリアクションフィン』・『高効率可変ピッチプロペラ』などの機器も採用されています。また安全運航のために、上記船体の大型化による安定性の向上に加えてフィンスタビライザーとビルジキールも大型化されています。


Re: 10/24 三菱重工下関造船所第1203番船進水式 でんすけ 投稿日:2017年10月25日 00:29:21 No.11008
 艤装岸壁で先に進水していた『まりも』と並びます。『まりも』は平成30年1月就航予定で工事が進んでいます。今日は船尾ランプを展開していました。こうやって見るとかなりの大きさです。
 1枚目のポップな船体色の船は『さんかくしかくまるシーテック』。この付近海域での作業の警戒業務に従事しています。
 


Re: 10/24 三菱重工下関造船所第1203番船進水式 げんかい(管理人) 投稿日:2017年10月29日 02:43:09 No.11021
こんばんは。
「ましゅう」は船首が細く、最近のフェリー建造で見ていたような形というより、旧来のスタイルのように見えます。
確かにランプウェイ大きいですね。



避難場所 台風だぁ 投稿日:2017年10月24日 03:45:51 No.11003 【返信】
台風避難していた太平洋フェリーきその居場所をAISで確認したところ
津軽海峡をぐるぐる回ったあとに日本海へ顔を出したり陸奥湾へ入ったりと、
じっとしていない軌跡が残ってました。
通常の避難って、錨を降ろし じっとしているのだと思っていたのですが
燃料消費してでも動いたほうが良いのでしょうか?
Re: 避難場所 げんかい(管理人) 投稿日:2017年10月29日 02:41:16 No.11020
こんばんは。
荒天で欠航になったときの対応としては(1)岸壁に接岸したまま (2)どこかで錨泊 (3)航行しながらやりすごす の3パターンがあります。

(1)は、もやい綱などを増やして港にいるだけなので、一番荒天(強風)に弱く、もやい綱が切れたら事故になります。基本的にはやりませんが、あまり強くない低気圧(航行ルートは荒れているが、港は比較的穏やか)で良好な港の場合などにあります。
特徴的に思い浮かぶのは、北海道の室蘭港で、過去の経緯もあって、商船三井フェリーがたまに苫小牧から室蘭港(の旧フェリーターミナル)に移動して、低気圧をやり過ごしていることがあります。あとは、苫小牧港の奥にも弱い低気圧では避難しています。
少し驚いたのは、今回の台風がかなり接近した名古屋港で「いしかり」は接岸のままやり過ごしています。伊勢湾に出るよりも名古屋港のターミナルはいい場所のようです(南風メインだったから?)。

(2)は、仰る通りよく見られるもので、多くの場合は港外に出して、アンカーします。通常と違い多くの場合は左右両方のアンカーを入れます。ただ、アンカーだけでは風が強い時は流されますので、風の強さに応じてエンジンも併用します。それでも…流されることもあるようです。流されると周りの錨泊船への衝突や、浅瀬への乗り上げの危険があります。
瀬戸内海の場合は、地形的にもアンカーしやすい水深の浅い場所が多いので、そのときに適切な場所に移動してアンカーするパターンが多いように思います。今年の台風だと周防灘の本州側が多かったように思います。阪神側だと播磨灘の姫路沖、しまなみ海道の東側辺りはよくあります。
フェリーは構造上風の影響を受けやすいので避泊中の走錨事故はあるように思います。大型フェリーの走錨での事故で記憶にあるのは、2004年に燧灘で台風避泊中の「フェリーふくおか2」が走錨し貨物船に接触。だいぶ前ですが、1998年に「ほわいとさんぽう2」が走錨し防波堤に衝突しています。

(3)は、今回の「きそ」のパターンで、大型フェリーの場合は近くに適切な錨地がなく(2)をしない場合に多くやるように思います。場所は航行できるスペースはあるが、風上側に陸地があり影になる場所が多いです。(元々波に強くはない?)瀬戸内海のフェリーがやることは少なく、主に外洋航路のフェリーがやるように思います。水深が深く地形的にもいい湾がない、北海道航路は特に多く見ます。陸地の影になりやすい、津軽海峡周辺は新日本海フェリーも含め多いようです。このあたりだと、(2)で錨泊できるのは陸奥湾の東側ぐらいでしょうか。ここに太平洋フェリーが錨泊しているのも見たことがあります。太平洋フェリーの航路は(2)の避難ができる場所、伊勢湾ぐらいで少ないですね。
大阪湾や東京湾でも、ゆっくりと航行しながらやり過ごすのは、少数ですがあるようです。


荒天避難は、各社航路の特性などで特徴があるように思います。
沖縄航路は、島の方には避難場所がないので、基本的にすべて鹿児島側に引き上げて、強い時は八代湾に揃って行きます。
西日本の航路は、台風が接近しないサイドの瀬戸内海で錨泊。
商船三井フェリーは航路上に適切な錨地がないので、苫小牧港の奥もしくは室蘭港に係船、もしくは沖を低速で航行など。



にっぽん丸寄港(本日の唐津港10/23) わっち 投稿日:2017年10月23日 23:45:47 No.11001 【返信】
こんばんは。台風の余波を受け、当初東港8時入港の予定が急きょ変更になり、妙見埠頭に11時過ぎに到着しました。
強風のため、歓迎セレモニーや物産品のブースもなく、人影もまばらでした。唐津からのワンナイトクルーズで乗船する方もある一方で、唐津で下船される方もいらっしゃる様でした。
Re: にっぽん丸寄港(本日の唐津港10/23) わっち 投稿日:2017年10月23日 23:59:20 No.11002
出港も17時から18時半に繰り下げられ、関係者だけの見送りとなりました。出船で接岸しており、艫をGS「ひゅうが」で曳きつつ一旦は出港しかけたのですが・・・本船のスラスターでは離岸できなかったらしく、ラインを再度ビットに戻し体制を立て直した後、「ひゅうが」で表を曳きながら無事出港となりました。
ご安航をお祈りします。


Re: にっぽん丸寄港(本日の唐津港10/23) げんかい(管理人) 投稿日:2017年10月29日 01:48:00 No.11019
わっちさん、こんばんは。
今回の台風は広い範囲で影響が出ていますね。
タグ1隻だけだったんですね。常駐はいないので追加しようとしても容易に追加ができず厳しい条件での離岸になりそうです。



台風21号によるフェリー回航 ロフトマン 投稿日:2017年10月23日 23:37:22 No.10999 【返信】
げんかいさん こんばんは。
10月23日台風21号通過によるフェリー回航を撮ってきました。
備後灘に停泊していた東航する「SFさつま」をAM8:00庵治沖で写してきました。
まだ風が吹いており白波が立っていました。



Re: 台風21号によるフェリー回航 ロフトマン 投稿日:2017年10月23日 23:38:58 No.11000
AM11:00には周防灘から東航する「SFごーるど」「SFこばると」を大槌で写してきました。


Re: 台風21号によるフェリー回航 げんかい(管理人) 投稿日:2017年10月29日 01:43:02 No.11018
ロフトマンさん、こんばんは。
台風の速度は速かったので、早く晴れて回航する姿を見れてよかったですね。白波は立っていて風はまだ強かったでしょうか。
本船を見ることができるのもあと僅かですね。



フェリーさんふらわあ NCF 投稿日:2017年10月21日 14:08:27 No.10998 【返信】
げんかいさん、こんにちは。

台風21号により大阪-志布志航路が本日、明日の上下便欠航を決めております。
今朝10:50頃には神戸空港沖にて避泊先へ向かう「SFきりしま」と昨晩志布志を出港し瀬戸内経由で大阪へ向かっていた僚船「SFさつま」の反航もAIS上で確認できました。

尚、明日に予定されていた昼の瀬戸内クルーズも中止となっております。
Re: フェリーさんふらわあ げんかい(管理人) 投稿日:2017年10月29日 01:41:43 No.11017
NCFさん、こんばんは。
夏は少なかった台風ですが、ここに来て影響が相次いでいますね。
フェリーさんふらわあは他社より先に欠航を決めやすい傾向があります(ダイヤモンドというより関西汽船からの流れですね)。志布志付近には避泊に適した場所がありませんので、大阪湾側で揃うことの方がありそうです。



マルエーフェリーの琉球エキスプレス2の名瀬港寄港 奄美市船籍 投稿日:2017年10月15日 15:55:35 No.10995 【返信】
こんにちわげんかいさん
この間引退した初代琉球エキスプレスの代船として阪神航路に就航した琉球エキスプレス2がマルエーフェリーの本社のある奄美市名瀬の名瀬新港に入港しました。
思ったより大きかったです、先代の琉球エキスプレスと現在就航中のFあけぼのとF波之上よりも15m長いですが二代目ありあけと飛龍21よりも7m短いです、トン数も5000トンの二代目波之上丸と初代あかつきの2倍以上の10700トンもあります。
ランプウェイも物凄い長いです、それも後ろのランプウェイで荷役作業をしていました。
実は琉球エキスプレス2の名瀬港寄港は今年の5月8日にトライアル航海として試験的に名瀬新港入港しました、阪神航路に就航してからの入港は二度目寄港です。
離島航路で物凄いランプウェイのあるRORO貨物船は唯一琉球エキスプレス2だけです。
今まで奄美航路のRORO貨物船は鹿児島航路の共同組海運のみさきときょらむんの2隻だけでしたが今度からはマルエーフェリーの琉球エキスプレス2の3隻になります。
Re: マルエーフェリーの琉球エキスプレス2の名瀬港寄港 げんかい(管理人) 投稿日:2017年10月29日 01:38:47 No.11016
こんばんは。
「琉球エキスプレス2」以降は舷が高くなってトン数以上に大きく見えるようになりました。とても離島に寄港する船のサイズに見えません。旅客廃止以降、東京での発着場所も有明から、遠く離れた若洲の方になったので見かける機会が減りました。



昨日の大洗港(10/14) げんかい(管理人) 投稿日:2017年10月15日 12:22:00 No.10988 【返信】
金曜日にJMU磯子で引き渡され、夕方に東京湾を離れた商船三井フェリーの新造船「さんふらわあさっぽろ」が、土曜日の朝に大洗港に試験入港しました。通常使う東側のバースに着岸後、西側のバースにもシフトして確認していました。
13時過ぎに早着で現「さんふらわあさっぽろ」が苫小牧から東側のバースに到着しました。新旧の「さんふらわあさっぽろ」が並びます。バース前で回頭してバックで着岸。


Re: 昨日の大洗港(10/14) げんかい(管理人) 投稿日:2017年10月15日 12:28:51 No.10989
トライアル中で念のためにかタグ「片瀬丸」をおもてに使用。
時間が前後しますが、タグ「片瀬丸」がタグラインをとるところ。
新「さんふらわあさっぽろ」はタグラインをとって、現「さんふらわあさっぽろ」の着岸を待ちます。

大洗港は釣り人も多いですが、公園や岸壁が開放されているので見やすいです。


Re: 昨日の大洗港(10/14) げんかい(管理人) 投稿日:2017年10月15日 12:31:43 No.10991
現「さんふらわあさっぽろ」からバトンを受け取ったように、新「さんふらわあさっぽろ」が離岸を開始。
苫小牧への初のトライアルに出ていきます。


Re: 昨日の大洗港(10/14) げんかい(管理人) 投稿日:2017年10月15日 13:25:17 No.10992
ターミナルの沖で回頭。
本船は右舷と左舷でイメージが大きく違います。
左舷側はシンプルですっきりとした船。右舷側はハウス内に組み込んだ大きなランプウェイや、吹き抜けのブロムナードで大きな窓が並んでいます。


Re: 昨日の大洗港(10/14) げんかい(管理人) 投稿日:2017年10月15日 13:27:35 No.10993
苫小牧へ向けて出航していきました。
本日支援の「片瀬丸」(大洗常駐)


Re: 昨日の大洗港(10/14) げんかい(管理人) 投稿日:2017年10月15日 13:30:11 No.10994
新旧「さんふらわあさっぽろ」の「顔」


Re: 昨日の大洗港(10/14) NCF 投稿日:2017年10月16日 19:24:31 No.10997
げんかいさん、こんばんは。
いろいろあったようですがこれで新造船2隻が揃いましたね…東の「さんふらわあ」としては旧船「さっぽろ/ふらの」、深夜便就航船「しれとこ/だいせつ」は元々「さんふらわあ」として建造された船ではなかったので、ブルハイ時代の「SFみと/つくば」以来となる「さんふらわあ」の新造船就航となりますね。
旧船「SFさっぽろ」の引退後も気になるところですが、まずは安全運航をお祈りしたいと思います。

正面から「顔」を拝見させていただいた限りでは旧船の方がスマートでしょうか…。



<< | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
- 掲示板管理者へ連絡 - 新着投稿をメールで受け取る -