歴史掲示板(渡来人研究会)


| トップに戻る | 検索 | アルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

渡来人研究会(www.asahi-net.or.jp/~rg1h-smed/)の歴史掲示板です。
オカルト等の歴史に関係のない投稿、誹謗中傷、宣伝目的・同じ内容の重複投稿、度を越した長文投稿等、なりすまし投稿については、管理人の独断で削除・投稿拒否設定をしますので、ご注意ください。

■アクセス数
TODAY 34
YESTERDAY 110
ALL 37123
お名前
メール
タイトル
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用 )
文字色

言魂(続き) 弓張月 投稿日: 2024年03月30日 20:43:53 No.395 【返信】

阿彌神社(あみじんじゃ、阿弥神社)とウィキペディアに、「弥彦」は歴史的には「伊夜比古・伊夜日子・伊夜彦」などとも表記され「いやひこ」と読んでいたが、現在は「やひこ」と言い習わされている弥彦神社で、

弥彦神社で、「いやひこ」の「いや」を漢字の「卑」とすると、卑弥呼の「ひ」ですね。
出雲国の斐伊川(ひいかわ)は、ウィキペディアに「古くは「肥河」「簸の川」(ひのかわ)などと呼ばれた。『出雲国風土記』大原郡斐伊郷の条に、「樋速日子命がここに住んだので樋(ひ)という」との記載があり、出雲・伯耆両国境の鳥髪山(船通山)付近を源とし、出雲国を流れるのが「斐伊川」、伯耆国を流れるのが「日野川」とする説がある」とある。

これを言霊遊びで、「ひ・卑(斐)」を「い・伊」にすると「伊夜彦神社」が、もっと深く考えると「卑彦神社」が連想できますね。あら不思議


安宅関 弓張月 投稿日: 2024年03月25日 19:45:15 No.393 【返信】

「安宅関(あたか)」も暗号なのかなー

「あたか」ですと、あ鷹・阿多家(家は「や(弥)」ですか? 

https://inakaseikatsu.blogspot.com/2012/12/blog-post.html

そして、「あ」を「ひ」に代えると、「ひたか」 となると、多遅摩比多訶(たぢまひたか)
弓張月 投稿日: 2024年03月27日 08:37:36 No.394
連想ゲームを続けると、

物部系図では「多遅摩比多訶(たぢまひたか)」からの九世 多遅麻連(景行・大連)が関係あるのかな?

私の物部系図謎解きコードを使うと、多遅麻連(九世)は、応神天皇(一世)となりますから、聖徳太子の世代です。前もにも投稿した、憲法九条の平和と不思議と合致してしまう?


八岐大蛇退治で 弓張月 投稿日: 2024年03月19日 20:27:15 No.392 【返信】

私の考えでは、なぜか八岐大蛇退治には、ヤマタ大蛇退治とヌマタ(沼田)大蛇退治があっのではなすか?と考えています。
ヌマタとは、茨城県つくば市沼田に「八幡塚古墳(はちまんづかこふん、沼田八幡塚古墳/筑波八幡塚古墳)」があるから。


言魂(続き) 弓張月 投稿日: 2024年03月16日 11:09:31 No.388 【返信】

今日、北陸新幹線が敦賀まで延伸したようですね。
敦賀と言えば、前に投稿した「都怒我阿羅斯等(つぬがあらしと、生没年不詳)」ですね。敦賀駅前に像もあります。
そして、上越妙高駅の妙高には、斐太神社のご祭神は、ウィキペディアに「天照皇大神も祀られていた。また異説として、明治34年(1901年)の『越後頸城郡誌稿』に祭神は現祭神説の他に荒人命(あらひとのみこと)説があると紹介している」とある。
平行して国道8号線があり、「うかんむりに八(8)」は穴で、古代史ですと大穴持命となりますね。富山県の観光地に宇奈月がある。
続いて、「うかんむりに六(6)」は宍(しし)てす。なぜか宍戸は茨城県にあり、国道6号線が走っていて、常磐線もあります。

 輿(こし)や駕籠(かご)を担ぐ人足。駕籠舁(かごかき)は、「ろく‐しゃく【六尺/陸尺】」です。
 常陸国の「陸」を「六」に代えると、常(神)六国で、「鎌倉暮らしDiary」なるブログには、北鎌倉に六国見山なあり、「かつて六つの国(相模、武蔵、伊豆、上総、下総、安房)が見えたことから、名付けられた山名。富士山や筑波山も見えたと伝わります。」と書かれています。 https://1192-diary.com/rokkokukenzan_hiking/
旧事本記の物部系図で、謎解きのカギを使い応神天皇を一世とすると、五世は雄略天皇と清寧天皇ですので六世は二股になる訳で、宍とは「猪(ゐ)の—、鹿(か)の—はしらず」〈平家・一一〉。
弓張月 投稿日: 2024年03月16日 13:03:42 No.389
筑波(90=桑波)国造の祖先は、ウィキペディアで、
『国造本紀』によると、成務朝に忍凝見命の孫の阿閇色命が初めて筑波国造に任じられたとされる。

対して、ホツマツタヱは偽書扱いで、柊について「開く」の意味で書かれている。


言魂 弓張月 投稿日: 2024年03月14日 12:05:40 No.386 【返信】

製紙会社の大王製紙と阿部製紙について前に投稿しました。

和紙に使われる木には、梶の木(クワ科)とミツマタ(ジンチョウゲ科)もありますね。
ジンチョウゲ科の「ジンチョウゲ」は、≒神長毛(家)当たりの当て字でしょうか?
また、ウィキペディアに、「その枝が必ず三叉、すなわち三つに分かれる持ち前があるために「ミツマタ」と名付けられた。三枝、三又とも書く。中国語では「結香」(ジエシアン)と称している。」とあります。
となると、加波山の周りに「三枝神社」が三つある意味となるんでしょう。
加波山は笠間市の小原神社と宍戸地区のライン線上でもあります。
よって、ミツマタは、=三つ巴となりますね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ミツマタ
弓張月 投稿日: 2024年03月14日 13:04:29 No.387
それと、五浦海岸(いづらかいがん),五十猛神(イタケルノミコト/イソタケルノミコト)であるとすると、磯前神社(いそさきじんじゃ)は「五十神社」で、大王製紙の井川は「五川」ですね。そして、国道50号(50代天皇:桓武天皇)線は群馬県 前橋市 から 茨城県 水戸市 に至り、国道123号線は栃木県宇都宮市から茨城県水戸市に至る。新潟県の弥彦神社の読みの「いやひこ」は、五弥彦でしょうね?
やはり、古代史の言魂からなのか?


山田・山戸・山門ラインと邪馬台国 管理人 投稿日: 2024年03月13日 16:33:22 No.385 【返信】

先日、山田の字名や地名が邪馬台国の支配領域と関係していることを明らかにしましたが、以前作成した山田、山門、山戸といった字名を結んだ方位ラインについて、今回再考しなおしてみたのが図1~3の方位ライン図となります。

まず、先日も触れた播磨の山戸4号墳(纒向型前方後円墳)に関するものとしては、山門町(北九州市)⇔山門(宇部市)⇔山戸4号墳⇔象鼻山1号墳への東18度偏角のラインがあります。

また、山門4号墳⇔山戸町(枚方市)への東西同緯度ラインがあり、同じく山戸4号墳⇔布留遺跡・石上神宮⇔小山戸町(奈良市)⇔伊勢宮への西10度偏角のラインがあり、この小山戸町(奈良市)周辺には、都祁山口神社があります。

そして、その山戸町(枚方市)⇔伊弉諾神宮⇔津久見島への東30度偏角のラインが確認できますが、このラインと図のように山戸4号墳⇔伊弉諾神宮への西60度偏角のラインとが直交しています。

なお、その山戸町(枚方市)東方には山田池があり、この周辺が山戸・山田の字名で統一した領域だったことも予想しうるでしょう。

その伊弉諾神宮は伊勢内宮と東西同緯度ラインとなります。

さらに山戸4号墳については、図のように、山田(西都市)⇔持田古墳群(魏年号銘鏡出土)⇔山戸4号墳⇔分校マエ山古墳⇔柳田布尾山古墳への東45度偏角のラインがあり、このラインと図3のように、柳田布尾山古墳⇔富士山への西45度偏角のラインとが直交しています。

その富士山については、富士山⇔伊勢内宮⇔持田古墳群への東30度偏角のラインがありますから、弥生時代後期以来の富士山を起点とした測量が継承されていたように見受けられます。

続いて、前掲の柳田布尾山古墳を起点としたラインをみていくと、柳田布尾山古墳⇔冠島⇔山田池⇔津久見島への東40度偏角のラインがあることは先日も指摘したとおりですが、その冠島⇔象鼻山古墳群⇔山門町(名古屋市)への西20度偏角のラインがあり、またその山門町(名古屋市)と柳田布尾山古墳とが南北ラインで接合していることもわかります。

この冠島は元伊勢籠神社の奥宮とされ海底に沈んだ神殿があることも判ってますが、またその山門町(名古屋市)のすぐ北隣りに籠神社と山神社があること、山元町の字名が残ることからみて、崇神朝と関わる元伊勢信仰との関わりが伺えるでしょう。

その件は、先の伊勢内宮へのラインにも現れており、概して崇神朝時代のライン構築との見方ができるかもしれません。

この山門町(名古屋市)については、図のように、山門(宇部市)⇔山門町(名古屋市)⇔鹿島神宮への東15度偏角のラインが確認できます。

そしてこの山門(宇部市)⇔津久見島への西60度偏角のラインは、先の津久見島⇔伊弉諾神宮⇔山戸町(枚方市)への東30度偏角のラインと直交しています。

あと、柳田布尾山古墳⇔山門町(北九州市)⇔山田緑地⇔名島4号墳(纒向型前方後円墳)⇔下山門(福岡市)⇔伊都平原遺跡への東30度偏角のラインが確認できますが、元は北九州を拠点とした集団の東遷による支配領域拡大が背景にあったことが伺えます。

そこで、九州方面へ目を向けると、図2のように、まず伊都平原遺跡⇔山門野(長島町)への南北ラインがあり、その山門野(長島町)⇔持田古墳群への東西同緯度ラインも確認できます。

また伊都平原遺跡⇔吉野ヶ里遺跡(北墳丘墓)⇔女山神籠石(山門・瀬高町)⇔山田(西都市・箸墓規格の古墳状地形有り)⇔宮崎神宮への西60度偏角のラインがあり、このラインと女山神籠石⇔山田町(日田市)⇔川部・高森古墳群(宇佐市)への東30度偏角のラインとが直交し、同様に、先の山門野(長島町)⇔天岩戸神社東部への東30度偏角のラインもこのラインと直交しています。

その天岩戸神社については、図のように、川部・高森古墳群⇔山田(西都市)への南北ライン上にあり、また天岩戸神社⇔女山神籠石⇔菜畑遺跡への西30度偏角のラインも確認できるので、弥生時代後期には存在していた可能性があるでしょう。

続いて、先の山門町(北九州市)に関するラインをみていくと、まず山門町(北九州市)⇔山田町(日田市)への南北ラインがあり、また山門町(北九州市)⇔川部・高森古墳群西部⇔津久見島への西40度偏角のライン、同じく山門町(北九州市)⇔平塚川添遺跡⇔岩戸山古墳⇔女山神籠石への東65度偏角のラインがあります。

その山門町(北九州市)の正確な拠点となるべき位置については、平塚川添遺跡を結ぶライン、川部・高森古墳群へのラインとのズレを考慮すると、その東部にある大里地区の最北部から光町・藤松3丁目付近にあったであろうと予想します。

図のように、その北に綾羅木郷遺跡、その南に御所ケ谷神籠石、英彦山、小迫辻原遺跡が位置して(経度130度55分37秒ライン)、またその西には伊予の八堂山遺跡(高地性集落)や伊曽乃神社が位置(緯度33度53分)してきます。

なお、その岩戸山古墳自体は後代のものですが、元々その周辺に弥生時代後期あたりの遺跡等もあったのではないでしょうか。

あと、そこに見えてきた平塚川添遺跡については、先日も指摘した平塚川添遺跡⇔山田(朝倉市・長田大塚古墳)⇔杷木神籠石⇔山田町(日田市)⇔小迫辻原遺跡⇔津久見島への西15度偏角のラインがあります。

概して九州北部に、山田・山門・山戸の字名が多いのですが、ある時期に東方へと拡大していき、それにともない、伊勢に関するアマテラス・トヨウケ信仰の拠点なども付随していったことがこれらのライン分析から明らかにしうるでしょう。

その年代としては、弥生時代後期にはすでに北九州ではその山田・山戸・山門に関する領域、つまり邪馬台国の支配領域が確立しており、その後、古墳時代初期にかけて播磨・四国方面へとむかい、その一部は能登・氷見市の柳田布尾山古墳方面へと向かうとともに、古墳時代前半の崇神朝の時代あたりで、奈良・名古屋方面へと進出していったのではないでしょうか。

その際には今回みてきたような30度(15度×2)、60度、90度の倍角測量がなされ、すでに弥生時代後期には存在していた池上曽根遺跡・富士山・冠島あたりを測量起点として、畿内各地へと拠点をつくっていく過程で山戸・山門の地名が現れて、最終的に大和(ヤマト)との地域が文献に現れていったように見受けられます。

その際に、山戸・山門≒ヤマトの語音と、山田≒ヤマダの語音の地名とが併存しており、双方の表記の相違について考慮していく必要があるかもしれませんが、ともあれ邪馬台国(ヤマタイ)に由来するであろうことは概ね間違いないと思います。

ただ、そのヤマタイ(ヤマト・ヤマダ)は何らかのアイデンティティを示す語で、その集団が各地に拠点を造る際に、多くの場合、そのヤマタイ(ヤマト・ヤマダ)を称していた理由についても考えていく必要があるでしょう。

その意味を、山=ヤマで解釈しようとすると、今回の拠点の多くが古代の海岸線では港湾沿いに位置していることとの矛盾が生じてしまうことがあり、丘や尾根など別の意味を持たせていたのかもしれません。

戸・門の意味も、港湾およびその出入口との解釈も可能で、この件については、また次回あたりで考察を進めてみたいと思います。


弓張月 投稿日: 2024年03月17日 07:47:37 No.390
「多くの場合、そのヤマタイ(ヤマト・ヤマダ)を称していた理由についても考えていく必要があるでしょう」について一言

「ヤマタイ」は、平和への道から考えると、八岐大蛇退治の「八岐」と「い」は、五王の「五」,弥彦神社の「い」,中国にある「渭川(いがわ)」,伊都(愛・糸)」かな?
弓張月 投稿日: 2024年03月18日 07:59:48 No.391
「花」で、もっと深読みすると

ユリ(百合)とアヤメ(英:アイリス,仏:イリス)が謎化させているのかな?

ユリ(百合)の「合」の読みは「あい」と「ごう=」なので、=愛と(濁点を取って)鷹。

アヤメの「英:アイリス,仏:イリス」で、英語の「I」は、英語では「アイ」で、ローマ字では「い」となり、為替取引逆張りの「ミセスワタナベ」か?


邪馬台国方位ライン 管理人 投稿日: 2024年03月07日 16:56:50 No.380 【返信】

先日、九州の津久見島と、若狭湾の冠島を結ぶラインを中心として、それらに関連する弥生時代後期~古墳時代初期にかけての諸遺跡を結ぶ方位ラインを作成しましたが、その拠点の中で特に、四国伊予の山田池(松山市)周辺に地域に注目したことがあります。

この山田池に関するラインを再度確認していくと、さらにわかってきたことがあるので、その件について今回はお知らせしたいと思います。

まず、先日も紹介した帯隈山神籠石⇔平塚川添遺跡⇔川部・高森遺跡南部⇔山田池⇔八堂山遺跡⇔萩原墳墓群への東15度偏角のラインがありましたが、その延長線上に弥生時代後期の登呂遺跡が位置することがわかりました。

このラインの延長線について調べていくと、東端は親谷池(一宮町)あたりで、図のように荒神谷遺跡(西谷墳墓群)⇔富士山の東西同緯度ラインと交差することになります。

その親谷池(一宮町)⇔柳田布尾山古墳ラインは西30度偏角となり、直角の1/3角とのことで人工的な位置付けと言えるでしょう。


同じく、山田池(松山市)⇔山田(宗像市)⇔宗像大社への東西同緯度ラインが確認でき、山田の字名同志が同緯度にある確率を考えると、ある時期の邪馬台国(山田)の領域を示していた可能性がありそうです。

そしてこの山田(宗像市)⇔女山神籠石(日子神社)への東1度偏角の南北ラインがあり、そのそばにも山門の字名が残りますから、山田≒邪馬台国の支配領域を推測することができるでしょう。

この山田(宗像市)の正確な位置は、宗像のふれあいの森総合公園の西端となりまず。

その女山神籠石については、図のように、津久見島⇔八女津媛神社(鬼塚周辺)⇔おつぼ山神籠石への東西ライン(西1度偏角)がありましたが、このラインの延長線上にある高島(北部)で、先ほどの荒神谷遺跡⇔山田(宗像市)への東40度偏角のラインとが交差することがわかりますが、このラインは、また志賀島(火焔塚)付近を通過しており、志賀島にあった金印とそれを管理する役所との兼ね合いも想定しておくべきかもしれません。

あと、上記の2つのラインが1度の東偏角を持っていることは、当時の測量技術や道具に、1度の偏角のズレを生じさせる要因があったこととなり、同時代同時期の測量・造営と考えうることもあります。

さらに、図のようにこの高島北部で、先ほどの帯隈山神籠石⇔平塚川添遺跡⇔山田池(松山市)⇔登呂遺跡ラインが交差することから、この場所が重要な測量起点であったことが明らかになるでしょう。

今回取り上げたこれらのラインは、概ね弥生時代後期には成立していたことになり、そこに山田の字名が示すであろう邪馬台国の支配領域を考慮すると、九州北部から四国東部にかけては、その領域にあった可能性が見えてきそうです。

そこでさらに今回注目しておきたいのが、前回注目した四国の伊予・阿波の対岸の吉備・播磨地域についてのライン拠点です。

まず、先の荒神谷遺跡⇔萩原墳墓群への西40度偏角のライン上に、楯築墳丘墓があることに気づきます。

その楯築墳丘墓⇔山戸4号墳⇔伊勢遺跡への東12度偏角のラインもあり、その古墳時代初期の纒向型前方後円墳である山戸4号墳については、山戸4号墳⇔孝霊天皇陵⇔黒塚古墳への西15度偏角のラインがあり、このラインと黒塚古墳⇔伊勢遺跡⇔分校マエ山古墳(纒向型前方後円墳)の東75度偏角のラインが直交していることも判ります。

加えて、先ほどの柳田布尾山古墳⇔分校マエ山古墳⇔山戸4号墳東部⇔持田古墳群(魏年号銘鏡出土)への東45度偏角のラインがあり、概して弥生時代末期から古墳時代初期にかけて造営されたラインと言えるでしょう。

なお、このライン上の山戸4号墳の位置がやや西へずれている理由としては、当時の海岸線を復元すると、本来あるべきラインの交差点が海中となるために、一方のライン上で西へとずらした丘陵地帯に墳墓を構築したと考えうることがあります。

同様に、前述した荒神谷遺跡⇔萩原墳墓群ラインと、津久見島⇔山田池⇔冠島ラインの交点は児島湾内の海中(浦安総合公園・体育館付近の島地)となり、その真東が、先ほどの孝霊天皇陵となりますが、この孝霊陵を起点として、奈良の欠史天皇陵や天皇宮が測量・構築されていったことを考慮すると、吉備・播磨方面に孝霊天皇に関わる集団、おそらくは山戸の字名に関連するであろう邪馬台国の東遷に関わる集団がおり、その後、孝霊天皇に象徴される王族が奈良南部方面へと進出し、黒田庵戸宮(孝霊宮)や黒塚古墳などを構築していったことが予想しうるでしょう。

そして、その件は、孝霊天皇と桃に関する伝承、纏向遺跡の桃の種や吉備の楯築墳丘墓にもみえる弧帯紋の遺物の出土とにも関係してくるかもしれません。

その前後の時代に、今回のラインにみられるような富山の分校マエ山、阿波の萩原、播磨の山戸にみられる纒向型前方後円墳や滋賀の伊勢遺跡等も構築されていたはずですが、そこに、また日向の魏年号銘鏡を出土した持田古墳群が関わってくることにも注目すべきで、概して邪馬台国の時代の構築と考えるのが妥当と言えそうです。

以上のように、弥生時代後期の各地の主要や弥生遺跡にライン構築が始まり、その前後で山田の字名にみられるような邪馬台国の原型が仕上がり、その後、弥生末期に瀬戸内の高地性集落の八堂山遺跡等が造営され、さらに古墳時代初期に入って、今回の楯築墳丘墓や纒向型前方後円墳等が構築されていった流れが見えてきますが、その終着点として、黒塚古墳が位置付けられていた点に留意すべきでしょう。

この古墳は多数の三角縁神獣鏡を出土するとともに、その東方には山田の字名とともに古墳軸を黒塚に向ける崇神陵等があり、古墳時代初期の主要な拠点として位置づけられていたことは明らかです。

年代としては、三角縁神獣鏡の古いタイプが出そろう280~300年前後となるでしょうか。

その直前期に、滋賀の伊勢遺跡や孝霊陵や宮・欠史天皇陵が構築され、同時に纒向型前方後円墳が各地に構築されていったはずですが、さらにその直前に楯築墳丘墓や萩原墳墓群といった最初期の纒向型前方後円墳が造営されたはずです。

そこで、邪馬台国の女王・卑弥呼の都がどこにあったのか?について考えてみると、富山、滋賀や四国、吉備、あるいは北九州、日向方面を視野にいれつつ、より年代を決めていくことが欠かせませんが、今回示したライン拠点のどこかに、卑弥呼・台与の都があったのかもしれません。

それはこれらのラインが狼煙などの情報通信の流れを示しており、その流れの集積地点に、その国の首都があるのは当然だからです。

その邪馬台国の領域の拡大にともない、それに相応しい地に情報の集積拠点を設けていったことは十分に予想しうることで、それなしでは国としての統治が難しいのではないでしょうか。

今回示してきた方位線の精度が1/1000前後の誤差精度で測量されていることを理解できれば、その都の位置も合理的に推測しうる可能性が高くなります。




<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>


Powered by Rara掲示板
管理者に連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | スポンサー募集