画像掲示板~シネマ~


| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

カウンター

今日、昨日、合計:60、101、67018

Let's enjoy movies together!(о´∀`о)
Name
E-Mail
Title
URL
FileUP
Key (英数字で8文字以内)
Color

バンコック・デンジャラス オキサイド・パン、ダニー・パン 投稿日: 2021年01月01日 21:03:39 No.713 【返信】




バンコック・デンジャラス(原題: Bangkok Dangerous 米国) 2008年 全米年間興行収入ランキング50 ランク外

自らにルールを課し、世界中で完璧に仕事をこなしてきた、暗殺者・ジョーは、引退を決意し、彼は最後の仕事のためにタイのバンコクへやってきた。 4件の依頼を引き受け、現地の助手・コンとともに1件目をこなしたジョーは、聴覚障害のある薬局店の店員の女性・フォンと出会う。 彼女との出会いは、ジョーの心に変化を及ぼし、最後の依頼に影響していった……

監督 オキサイド・パン、ダニー・パン
脚本 オキサイド・パン、ダニー・パン、ジェイソン・リッチマン
音楽 ブライアン・タイラー 代表作 『コンスタンティン』『ワイルド・スピード シリーズ』『エクスペンダブルズ シリーズ』
主演 ニコラス・ケイジ(ジョー) 代表作 『初体験/リッジモント・ハイ』『ナショナル・トレジャー シリーズ』『月の輝く夜に』

上映時間 100分


登場人物

ジョー: 凄腕の殺し屋。

コン: タイの運び屋。(シャクリット・ヤムナーム) 代表作 『元カノ 憑き纏う女』

フォン: 薬局の店員。(チャーリー・ヤン) 代表作 『楽園の瑕』『天使の涙』『セブンソード』


【起】
ジョーは仕事で世界中を飛び回っていた。報酬のいい仕事だが、根なし草のように1人でいることに淋しさも感じていた。ジョーはプラハを訪れると、事情聴取をしている男を狙撃して殺害した。これがジョーの仕事だった。

ジョーには仕事において4つの掟あった。「その1 質問はするな」「その2 堅気の人間と交わるな」「その3 跡を残すな」「その4 引き際を知れ」。掟のその4にもあるように、暗殺者として長く活動していると次は自分自身がターゲットになってしまうため、ジョーは引退する機会を伺っていた。危険すぎない仕事でお金を得て、足を洗う気でいるのだ。ジョーは次の仕事を最後の仕事に決めた。

ジョーはバンコクの街に降り立ち、人気のない安全な住み家を確保した。そして、街に繰り出し、写真を撮りながら周りの様子を観察した。ジョーはそこで客引きをしている男(コン)を、運び屋として雇うことにした。運び屋として雇う条件は3つあった。少し英語が話せること、お金で動くこと、使い捨てにできること。

ジョーはコンに携帯を渡し、鳴ったらすぐに出るよう指示を出した。そして、腕時計を渡し、指定の場所に1分でも遅れたら報酬はなしだと忠告した。コンはふてぶてしい態度だったため、ジョーは苛立ちを募らせながら、運び屋としての仕事を任せた。

【承】
コンはジョーの指示通りに鞄を受け取って戻ってくるが、途中で信号無視をしたため、警察に追跡されそうになる。それを見ていたジョーは、コンに報酬を渡さずに鞄だけ受け取って追い返した。鞄の中には男が写っている写真が入っており、ジョーはそれを見てすぐに火を点けて燃やした。

ジョーが仕事に向けて準備をしている最中、少年に顔を見られてしまう。構わずにバイクを走らせ暗殺を決行するが、去り際に先程の少年と接触事故を起こしてしまう。ジョーは腕に怪我を負ってしまったため、薬局に薬を買いに出かけた。ジョーはそこで出会った耳の聞こえない女性店員(フォン)に、一目惚れしてしまう。

コンは運び屋の仕事をしている最中、金をだまし取った男達に襲われてしまう。なんとかその場から逃げ出しジョーに鞄を渡すが、鍵が開いていたことと、時間に遅れたこととで怒られてしまう。しかも、コンは鞄の中の写真を見てしまっていた。コンはジョーに殺されそうになるが、暗殺者の仕方を伝授してくれと頼み、命を助けてもらう。

ジョーはなぜコンを殺さなかったのか、自分で自分のことが理解できなかった。ただ、コンと自分自身が重なったように感じた。それからジョーはコンに戦い方や、暗殺者としての心得を教えた。

【転】
コンはニュースで、写真に写っていた男が殺害されたと知り、何とも言えない気持ちになる。ジョーが1度に仕事をするのは4件までなので、後2件誰かが殺されることになるのだ。

ジョーはフォンが気になったため、薬局に会いに行き夕食に誘った。フォンが承諾してくれたので、一緒に夕食を食べに出かけることになる。ジョーは手話ができなかったため、身振り手振りで会話をしながら、フォンとの時間を楽しんだ。

コンの殺し屋としての指導も終わりを迎え、ジョーはお祝いにバイクをプレゼントした。その一方で、ジョンはフォンとのデートも重ねていた。そんな時、コンが運び屋の仕事をしている最中に、依頼主の手下に後をつけられてしまう。連絡を受けたジョーは携帯を鞄の中に入れて捨てるよう指示を出した。ジョーは携帯に電話を掛け、依頼主の男に次同じことをすれば妻を殺すと脅した。

ジョーはフォンの家を訪れ、フォンの母親と挨拶を交わした。母親から何の仕事をしているのか尋ねられ、ジョーは咄嗟に銀行マンだと嘘を吐いた。ジョーはフォンの家から帰った後、運び屋を殺すために用意していた麻薬を捨てた。

【結】
ジョーはコンを連れて仕事に向かうが、ミスを犯してしまい標的に気づかれてしまう。ボートで逃げた標的を追い、激しい銃撃戦の末射殺した。その後、ジョーはいつものようにコンに運び屋の仕事を任せた。コンはジョーが悪人を殺す正義の味方だと感じており、そのことをジョーに伝えた。ジョーは何とも言えない気持ちになる。

ジョーはデートの最中に、フォンから「あなたといると幸せ」と書かれた手紙を貰う。それを眺めていると突然強盗に襲われ、ジョーは咄嗟に反撃して殺害してしまう。フォンは恐怖で顔を強張らせながらその場を立ち去った。

ジョーの最後の標的は、コンが正義の味方だと話していた政治家だった。政治家の殺害は契約外だったため、ジョーは仕事を引き受けずに逃げるか、仕事を引き受けて大金を持って逃げるか、悩むことになる。その後、ジョーは依頼主に報酬の値上げを要求した。依頼主は自分の存在が殺し屋にばれていることを感じ取り、手下に殺し屋達を殺害するように指示を出した。

依頼主の手下はパイプ役に使っていた女を脅し、コンを呼ぶように仕向けた。その結果、コンは手下に捕まってしまう。その頃、ジョーはパレードに準じて標的の政治家を殺害しようとしていた。だが、民衆達から愛されている様子を見て、今まで殺害してきた標的やフォンの泣き顔が蘇り、殺すことを躊躇ってしまう。その間に警察に見つかってしまい、ジョーは殺しを諦め、民衆に紛れてその場から逃げ出した。

ジョーが住み家に帰り逃走準備をしていると、銃を持った男達が侵入してくる。あらかじめ用意していた爆弾を使い、家ごと破壊した。ジョーは男の腕にコンに贈った腕時計がハマっているのを見て、捕まっていることを知り、居場所を聞き出して殺害した。その後、ジョーはフォンに一目会いに行き、何も言わずに立ち去った。

ジョーは依頼主のアジトに行き、手下達を殺害してコンの元まで向かった。そして、コンに女と逃げるよう指示を出した。その後、ジョーは依頼主を殺害しに行くが、ジョー自身も酷い傷を負っており、パトカーに囲まれ逃げられない状態に追い込まれる。ジョーは自分の頭ごと依頼主の頭を撃ち抜いた。その姿をコンは悲しそうな表情で見ていた。

The End _MIHOシネマ


みんなの評価 2.72/5.0

最高 (^0^)

僕自身アクション映画が好きだったので、内容も満足でドキドキ感を感じました!
彼女も、普段はあまりアクション映画は好きじゃなかったのですが、面白かったようで見終わったあと、すごく機嫌がよかったので見て正解でしたよ!

最低 ( ` 3´)

何とも陳腐な駄作でした。お金払って観なくてよかった…。





スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 ジョージ・ルーカス 投稿日: 2021年01月01日 16:58:50 No.712 【返信】



スター・ウォーズ
エピソード3/シスの復讐
(原題: Star Wars: Episode III Revenge of the Sith 米国) 2005年 全米年間興行収入ランキング1位

クローン大戦が勃発し、アナキンとアミダラの秘密の結婚から3年後、分離主義者の勢力はますます拡大。共和国側は窮地に追いこまれていた。アナキンはシス卿のダース・ティラヌスを死闘の末に倒すが……

監督 ジョージ・ルーカス 代表作 『THX 1138』『アメリカン・グラフィティ』
脚本 ジョージ・ルーカス
音楽 ジョン・ウィリアムズ 代表作 『屋根の上のバイオリン弾き』『イーストウィックの魔女たち』『やさしい本泥棒』
主演 ヘイデン・クリステンセン(アナキン) 代表作 『海辺の家』『ニュースの天才』『テイカーズ』


上映時間 140分


登場人物

アナキン・スカイウォーカー: 銀河共和国に仕えるジェダイの騎士。

パドメ・アミダラ: 共和国元老院議員でアナキンの妻。(ナタリー・ポートマン) 代表作 『レオン』『ブーリン家の姉妹』『ブラック・スワン』

ヨーダ: ジェダイ評議会の長。
オビ=ワン・ケノービ: ジェダイマスターでアナキンの師匠。(ユアン・マクレガー) 代表作 『ムーラン・ルージュ』『ビッグ・フィッシュ』『ドクター・スリープ』
メイス・ウィンドゥ: ジェダイ評議会の一員。(サミュエル・L・ジャクソン) 代表作 『ジュラシック・パーク』『パルプ・フィクション』『交渉人』
ベイル・オーガナ: 元老院議員。(ジミー・スミッツ) 代表作 『私が愛したグリンゴ』『ミリオンダラー・ホテル』『愛する人』

パルパティーン: 共和国連邦元老院の議長。(イアン・マクダーミド) 代表作 『ゴーリキー・パーク』『恋の闇 愛の光』『スリーピー・ホロウ』
ドゥークー: シスの暗黒卿となった元ジェダイ・マスター。(クリストファー・リー) 代表作 『吸血鬼ドラキュラ(1958)』『007 黄金銃を持つ男』『ウィッカーマン』

グリーヴァス: 独立星系連合に仕えたサイボーグの将軍。

チューバッカ: 惑星キャッシークの住民。
R2-D2: アストロメク(多用途の修理および整備用)・ドロイド。
C-3PO: プロトコル(儀礼・通訳用)ドロイド。



【起】
銀河共和国と、ドゥークー伯爵率いる分離主義者達の戦争は各地で激しさを増していた。そんな中、分離主義者達が共和国の元老院議長パルパティーンを誘拐、ジェダイの騎士オビ=ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカーが救出に向かった。アナキンはドゥークー伯爵を追い詰め、パルパティーン議長に促されるまま、無抵抗のドゥークー伯爵を殺してしまう。

共和国首都に戻ったアナキンを待っていたのは、オビ=ワンにも内緒で結婚した妻・パドメからの懐妊の知らせだった。アナキンもそれを聞いて喜ぶが、それ以来、パドメが出産で亡くなる予知夢を見るようになってしまう。すでに母を亡くしているアナキンは、パドメの事は必ず救ってみせると心に誓う。

パルパティーン議長はアナキンを自分の側に引き入れようとしていた。パルパティーンはアナキンを自分とジェダイ評議会のパイプ役として、ジェダイマスターに昇格させるよう申し入れる。ヨーダ達はアナキンを評議員にする事には同意したものの、マスターへの昇格は却下、アナキンはこの決定に憤る。権限をますます強めるパルパティーンに、ジェダイ評議会は危機感を感じていた。アナキンを評議会入りさせたのは、彼にパルパティーンの動向をスパイさせるためだった。

アナキンの予知夢に、オビ=ワンが登場する。これを機に、アナキンはパドメとオビ=ワンの仲を疑い始めるようになる。

【承】
パルパティーン議長はアナキンに、分離主義者の新たなリーダー・グリーバス将軍の居場所を教えた。パルパティーンはさらに、アナキンのジェダイ評議会への信頼を揺らがせ、暗黒卿が死から人を救う事ができたと言う話をする。この話にアナキンの心は大きく揺さぶられた。

グリーバス将軍の逮捕にはオビ=ワンが向かう事となった。オビ=ワンは激闘の末、グリーバス将軍を打ち倒す。一方アナキンは、パルパティーン議長から、自分の下に付いてフォースの暗黒面を学ぶよう誘惑されていた。パルパティーン議長こそ、ジェダイと共和国の敵ダース・シディアスだったのだ。自分ならパドメを救う力を教えられると言われ、アナキンの心に迷いが生じていた。

アナキンはパルパティーン議長の正体をマスター・ウィンドウに報告した。アナキンを信用しきれていないウィンドウは、彼を待機させ、ジェダイ数名とともに議長室へ向かう。ウィンドウはパルパティーンを追い詰めたが、そこへアナキンが飛び込んできた。パルパティーンが殺されるのを止めようとしたアナキンは、とっさにウィンドウに刃を向けてしまった。ウィンドウはパルパティーンに殺されてしまう。もうジェダイ評議会に戻る事はできない。絶望したアナキンは、パルパティーンの弟子となりパドメを救う道を選ぶ。そんな彼に、パルパティーンは分離主義者の殲滅とジェダイ寺院のジェダイ達の殺害を命じるのだった。

【転】
パルパティーンはクローン兵達に、各地のジェダイマスター殺害を命じる。この魔の手から逃れたのは、ヨーダとオビ=ワンだけだった。2人は事態の急変を察知したオーガナ議員に救われ、首都コルサントへ向かう。

パルパティーン議長はジェダイの反乱を理由に、銀河共和国の帝国化を宣言する。議員達の万雷の拍手の中、銀河の民主主義は終わりを迎えた。一方ジェダイ寺院に忍び込んだヨーダとオビ=ワンは、アナキンの裏切りを知る。オビ=ワンはアナキンを倒すよう命じられ、パドメに彼の行き先を問いただす。オビ=ワンは2人の結婚に気付いていたのだ。パドメは居ても立ってもいられず、惑星ムスタファへと向かう。宇宙船にオビ=ワンが忍び込んでいる事に気付かずに…。

アナキンは溶岩に覆われた惑星ムスタファで、分離主義者を皆殺しにした。惑星ムスタファに到着したパドメは、アナキンがすっかり変わってしまった事に気付き、深い悲しみを感じていた。オビ=ワンの姿に気付いたアナキンは、彼への嫉妬からパドメを危うく殺しかけてしまう。

【結】
惑星ムスタファではオビ=ワン対アナキン、惑星コルサントではヨーダ対皇帝となったパルパティーンの一騎打ちが始まった。ヨーダは後一歩のところでパルパティーンを討ち損ない、オーガナ議員とともにコルサントから脱出する。オビ=ワンは暗黒面の思想に支配されたアナキンを打ち倒し、悲しみのうちにムスタファを去る。アナキンは溶岩に体を焼かれ、死につつあった。しかしパルパティーンに救われ、一生を鎧状の生命維持装置に覆われて過ごす事となる。「アナキン・スカイウォーカー」は「ダース・ベイダー」として生まれ変わったのだ。

パドメは生きる気力をすっかり失っていた。彼女は双子の兄妹を出産し、亡くなってしまう。ヨーダとオビ=ワンは双子をパルパティーンから隠すため、兄(ルーク)をアナキンの義叔父の元で、妹(レイア)をオーガナ議員の元で育てる事にする。オビ=ワンもルークの成長を見守る事を決める。

アナキンはパドメの死を知らされ、すべての希望を失った。パルパティーンとアナキンは、建造を開始した軍事基地「デス・スター」を見つめるのだった。

The End _MIHOシネマ


みんなの評価 4.20/5.0

最高 (^0^)

シリーズ最後の傑作!
ある程度ストーリーを予想していったのですが、それを上回るストーリーと映像でした。

最低 ( ` 3´)

大局的なシナリオは素晴らしい。物語も最高。
でも、それを支えるべきエピソードやセリフ、出来事がついていってない感じ。





タイタニック (1997) ジェームズ・キャメロン 投稿日: 2020年12月31日 19:03:27 No.711 【返信】




タイタニック(原題: Titanic 米国) 1997年 全米年間興行収入ランキング1位

1912年、処女航海に出た豪華客船タイタニック号。新天地アメリカを目指す画家志望の青年ジャックと上流階級の娘ローズは船上で運命的な出会いを果たす。身分違いの恋を乗り越え強い絆で結ばれていく2人。しかし不沈を誇っていた豪華客船は皮肉な運命に見舞われる……

監督 ジェームズ・キャメロン 代表作 『殺人魚フライングキラー』『エイリアン2』『トゥルーライズ』
脚本 ジェームズ・キャメロン 代表作 『ランボー/怒りの脱出』『アリータ: バトル・エンジェル』
音楽 ジェームズ・ホーナー 代表作 『48時間 シリーズ』『コマンドー』『アポロ13』
主演 レオナルド・ディカプリオ(ジャック) 代表作 『ギルバート・グレイプ』『ブラッド・ダイヤモンド』『ジャンゴ 繋がれざる者』


上映時間 194分


登場人物

ジャック・ドーソン: 画家を志す貧乏青年。

ローズ・デウィット・ブケイター: 上流階級の娘。(ケイト・ウィンスレット) 代表作 『いつか晴れた日に』『エターナル・サンシャイン』『愛を読むひと』
ルース・デウィット・ブケイター: ローズの母。(フランシス・フィッシャー) 代表作 『許されざる者』『素顔のままで』『砂と霧の家』

キャルドン・ホックリー: ローズの婚約者で大富豪の御曹司。(ビリー・ゼイン) 代表作 『山猫は眠らない シリーズ』『オンリー・ユー』『グレート・ウォー』

ファブリッツィオ・デ・ロッシ: ジャックの友人。(ダニー・ヌッチ) 代表作 『生きてこそ』『クリムゾン・タイド』『ザ・ロック』

マーガレット・ブラウン: 新興成金で一等船客。通称 "モリー"。(キャシー・ベイツ) 代表作 『ミザリー』『黙秘』『アバウト・シュミット』

エドワード・スミス: タイタニック号の船長。(バーナード・ヒル) 代表作 『ロード・オブ・ザ・リング シリーズ』『トゥルー・クライム』『ゴシカ 』
ブルース・イズメイ: ホワイト・スターライン社の社長。(ジョナサン・ハイド) 代表作 『ジュマンジ』『ハムナプトラ/失われた砂漠の都』『クリムゾン・ピーク』
トーマス・アンドリュース : タイタニック号の設計主任。(ヴィクター・ガーバー) 代表作 『めぐり逢えたら』『ミルク』『アルゴ』



【起】
今から84年前、とある大事件が起きていた。それは、豪華客船『タイタニック号』の沈没。そして月日が流れた今、未だ海底に沈んだままとなっているタイタニック号を調査しようという計画が始まっていた。

その調査を行なっていたのは、トレジャーハンターであるブロック・ロベットである。実は、タイタニック号の中には、世界最高峰のダイアモンド、『碧石のハート』が共に眠ると言われていたのだ。小型潜水艇が放たれ、本格的な調査が始まった。そして、1等客室のとある部屋に、一つの金庫がしまわれていたのだ。調査団は、この中に碧石のハートがあるに違いないと歓喜に沸く。

そして、彼らはその金庫を開けてみる。すると、中には碧石のハートではなく、一枚の古い絵画が入っていたのだった。それがダイアモンドでなかったことに落胆する調査団だったが、念のためその絵画を持ち帰ることにする。そして、その絵画を綺麗に整復すると、1人の美しい女性の絵が現れたのだった。

【承】
そして、その絵画に描かれた女性の首元には、碧石のハートと思しきダイアモンドが描かれていた。この一連の騒動は、テレビで大々的に報道された。そして、その報道がとある人物の目に留まったのである。そのニュースを目にした1人の老女が、ブロックに連絡を入れてきた。

そして、なんと彼女こそが、その絵に描かれている女性のモデルであるという。その老女は、孫娘に連れられ調査団の元へとやってきた。なんと、彼女は沈没した例のタイタニック号に乗船していたのだという。彼女は、あの悪夢から奇跡的に生還を果たしたのだ。そして、彼女はあの日何があったのかを、調査団に語り出すのだった。

当時、世間の話題を集めていた超豪華客船タイタニック号の処女航海。その船に、ローズ・デヴィット・ブケイターという良家の娘が乗っていた。しかし、折角の旅行だというのにローズの気持ちは晴れなかった。当時、彼女は望まない結婚を強いられ、旅行に婚約者であるキャルも同席していたのである。

【転】
実は良家の娘とはいえ、ローズの父親は既に他界。ブケイター家は破産の危機に陥っていたのだ。そんな状況の打開策が、ローズが良家の人間と結婚することである。

一方、同じくタイタニック号にジャック・ドーソンという青年が乗船していた。しかし、彼はローズとは異なり低流階級の人間。船のチケットを手に入れたのも、たまたまポーカーで勝利したためだった。ジャックは絵描きで、彼の描いた絵がローズの目に止まる。自分が今まで関わる機会のなかったタイプである、自由で活力溢れるジャックに、ローズは徐々に惹かれていく。

そして、ローズはジャックの絵を紹介しよう、と自身の母親に会わせるのだった。しかし、それが母親の怒りを買ってしまう。母親は、ジャックのような身分の低い人間が娘の周りをうろついていることが我慢ならなかったのである。しかし、母親がいくら叱責しようと、ローズとジャックは既に互いに惹かれあっていた。そんな二人の仲は、徐々に縮まっていくのである。

【結】
しかし、そんな時だった。恐ろしい報せが乗客に伝えられた。なんと、タイタニック号が巨大な氷山に突撃してしまったのである。そして、船はゆっくりと沈み始めていた。それから、場はパニックに陥る。全員が我先にと救命ボートへと乗り込み、そして、ジャックが船の中に取り残されてしまったのである。

ローズはそんなジャックを探しに船へと戻る。沈んでいく船の中、二人はなんとか生き延びた。しかし、暗い闇の中、辺りにボートの姿は見えなかった。たまたま一つあった瓦礫の上に、ジャックはローズを乗せる。その瓦礫は、人一人が乗るので精一杯の大きさだったのだ。

それから暫くして、ようやく救援を知らせる声がローズの耳に届く。しかし、その時には既に、冷え切った水に体力を奪われたジャックは息絶え、海の底へと沈んでしまっていた。ジャックは死の間際、ローズに「生きろ」と声をかける。ローズは必死に声を上げ、なんとか救助されたのだった。そして、それからというもの、ローズは『ローズ・ドーソン』と名乗り、彼と共に人生を歩んできたのだった。

The End _MIHOシネマ

第70回アカデミー賞 作品賞、監督賞、撮影賞、美術賞、主題歌賞、音楽賞、衣裳デザイン賞、視覚効果賞、音響効果賞、音響賞、編集賞 受賞



みんなの評価 4.23/5.0

最高 (^0^)

10、20、30代それぞれで観てます。毎回感動して、涙止まらないです。
素晴らしい人生より、愛しい人を永遠に愛すること。

最低 ( ` 3´)

ローズの人間性が酷過ぎる。(役者の演技は素晴らしいが)
その馬鹿女っぷりにひたすらフラストレーションを感じる映画でした。





白鯨 (1956) ジョン・ヒューストン 投稿日: 2020年12月30日 19:41:39 No.709 【返信】




白鯨(原題: Moby Dick 米国) 1956年 全米年間興行収入ランキング9位

1841年、マサチューセッツ州ニューベドフォード。イシュメイルは安宿で知り合った銛打ちと意気投合し、老朽の捕鯨船ピークォッド号に乗り込む。その船の船長エイハブはかつて“白鯨 (モビー・ディック)”と呼ばれる巨大なクジラに片足を喰いちぎられており、その復讐に燃えている。この航海の目的もそれで、今度こそ“白鯨”の息の根を止めるつもりのエイハブの目には既に狂気に似たものがあった。“白鯨”を倒す執念に憑かれたエイハブの凶行は、次第に船員たちの命までも危険に晒していく……

監督 ジョン・ヒューストン 代表作 『マルタの鷹』『黄金』『王になろうとした男』
脚本 レイ・ブラッドベリ、ジョン・ヒューストン
音楽 フィリップ・セイントン 代表作 『ニューヨークの王様』
主演 グレゴリー・ペック(エイハブ) 代表作 『白い恐怖』『ローマの休日』『アラバマ物語』
原作 ハーマン・メルヴィル 『白鯨』

上映時間 116分


登場人物

エイハブ: 老朽捕鯨船ピークォド号船長。

イシュメール: 捕鯨の仕事に憧れる青年。(リチャード・ベイスハート) 代表作 『タイタニックの最期』『道』『カラマゾフの兄弟』
クイークェグ: イシュメールの友人。(フレデリック・レデブール) 代表作 『恐怖の島』『スローターハウス5』『 恐怖の報酬 (1977)』

スターバック: 一等航海士。(レオ・ゲン) 代表作 『蛇の穴』『クォ・ヴァディス』『北京の55日』
スタッブ: 二等航海士。(ハリー・アンドリュース) 代表作 『アレキサンダー大王』『丘』『華麗なる激情』
ダグー: 銛打ちの黒人。(エドリック・コナー) 代表作 『秘境ザンジバー』『ヴァイキング』『テキサスの四人』

イライジャ: 自称 "預言者"。(ロイヤル・ダノ) 代表作 『ハリーの災難』『ラオ博士の7つの顔』『ダーク・ハーフ』

ガーディナー: レイチェル号の船長。(フランシス・デ・ウルフ) 代表作 『黒騎士(1952)』『若い河』『殺しの免許証』
ブーマー: サミュエル・エンダビー号の船長(ジェームズ・ロバートソン・ジャスティス) 代表作 『うたかたの恋(1969)』『黒ばら(1950)』『チキ・チキ・バン・バン』

マップル: 神父。(オーソン・ウェルズ) 代表作 『市民ケーン』『上海から来た女』『第三の男』


【起】
1841年末の土曜日、捕鯨の町ニューベッドフォードには激しい嵐が吹き荒れていました。

イシュメールは、はるばる野山を越え、鯨捕りが集まる酒場兼宿屋”潮吹き亭”へとやってきます。気のいい主人は「銛打ちと相部屋だが泊まるか?」と聞き、地元の鯨捕りクレッグに声を掛けます。彼は、鯨の巨大さ、恐ろしさを誰より知っていて「神様が魚になるとしたら、絶対に鯨になるだろうよ」と豪語し、よそ者のイシュメールをにぎやかな歌とダンスで歓迎します。しかし彼は、その雨の中を傘も差さずに、コツコツと音を立てて通り過ぎるシルクハットの男を見て「エイハブ船長だ」と眉を顰めます。また主人が「相部屋の銛打ちは陰気な男で、今”首”を売りに行ってる。しかし数があり過ぎてすぐには売れんだろうよ」というのも気になります。

夜遅く戻った銛打ちは、見上げるほど背が高く、顔と上半身に奇妙な刺青がある男で、年季の入った頑丈な銛を片付け、干し首を暖炉に並べトマホーク型のパイプで一服しながらベッドに入ってきて、隠れていたイシュメールに気づくなり、殺す!と脅します。彼は慌てて主人を呼び「人喰い人種と寝るなんて!」と文句をいいますが、「”首”を売りに来たと言ったろ?」と往なされ、結局ひとつベッドで寝ることに。男の名はクィークェグ。無口ですが物分りも良く紳士的でした。

翌日、イシュメールは日曜礼拝に行き、マップル神父が船の舳先型の講壇で語る、ドラマチックな聖書のヨナの説教を聞き、宿屋では、英語が読めず、ページを数えていたクィークェグに本を読んでやって友だちになり、一緒の捕鯨船に乗ろうと約束します。彼は片言の英語で「父親は部族の大首長で叔父は高僧、西南の遠い島から来て世界中を回ってる」と話します。2人は、港に行き、たくさんの鯨の骨が部品に使われていたピークォッド号に目を付け、乗り込みます。

船主の一人は「捕鯨経験は無いが捕鯨が見たい」と息巻くイシュメールに「エイハブ船長を見たか?」「捕鯨が知りたきゃ彼を見ろ。彼は島ほどもある鯨に身を引き裂かれ、鯨の骨で義足を作った。教会の説教を聞くより人生が分かる」と前置きし、取り分は利益の777分の1だと言い張るリーダーの船主に、300分の1が妥当だと交渉し契約を取りつけます。

また、クィークェグはクリスチャンではないため拒否されますが、彼が舌打ちして銛を投げ、見事に樽のマークを射抜いたのを見たリーダーの船主は、利益の60分の1で即決します。クィークェグのサインは、名前ではなく鯨のマークでした。

出帆当日。イシュメールとクィークェグは、自称予言者のイライジャに呼び止められ「エイハブ船長は呪われた男だ、鯨はヤツの心までもぎ取ってしまった」と言われます。2人は聞き流そうとしますが、男はさらに「海の上で、島もないのに島のにおいがする日、エイハブは死ぬ。だがすぐに甦り、皆を手招きし、1人を残して全員が死ぬ」と言い残します。男は浮浪者のようでしたが怯えきっていて、嘘を吐いているようには見えませんでした。

船員たちは勇ましく出港準備を進めますが、見送る女たちは無言で、夫や家族を一心に見つめていました。航海期間は3年、木造の帆船で巨大な鯨に挑む乗組員全員が、無事に帰れる約束は一つもないのです。そんな中、副船長のスターバックは、家のバルコニーから手を振る妻と幼い子供たちに小さく手を振り返し、船主たちは、航海の無事を祈って船を降り出帆となります。

天候にも恵まれ、航海は順調でした。船員は、宿屋で知り合った陽気なのん気者二等航海士のスタッブ、”自分よりデカいから”と鯨を憎んでいる三等航海士のフラスク、ちょこまかと動き回るキャビンボーイの黒人少年ピップ、白髭の老人の鍛冶屋、船体から人体の骨折の修理までこなす船大工等々、実に多種多様な人種や性格の人々です。中でも勇壮なのは銛の射手で、相棒となったクィークェグ他、獲物をバッファローから鯨に替えたというインディアンのタシュテゴ、1人でライオンを仕留めたという黒人ダグーがいます。さらに副船長のスターバックは代々鯨捕りで、物静かで勇気があり、銛打ちの腕前も町一番と言われた男でした。

エイハブ船長はといえば、昼間は船長室にこもりきりで姿を見せず、夜になると甲板を義足で歩き回るコツコツという音を響かせているだけでした。

しかしある日の日中、エイハブ船長はデッキの上に姿を現します。

噂通り、左足の膝から下は鯨のアゴの骨で作った円錐形の義足、長身で、右顔面を斜に過ぎった大きな傷跡、その麓だけが白髪と化し、黒いシルクハットにコートで水平線を眺めるその異様な姿に、船員たちは皆圧倒されます。

彼は、見張りを含めた全ての船員を甲板に集め「我々が狙うは、雪山のように白く巨大な鯨、モービー・ディックだ」と演説し、1枚のスペイン金貨をマストに打ちつけ、第一発見者への褒美とします。皆は興奮し、中でも銛打ちのタシュテゴ、ダグー、クィークェグは「そいつは敏捷で、潜る時に癖があり、体中に銛の刺さってるヤツか!」と叫びます。

エイハブ船長は「そうだ!そいつがわしの心も体もズタズタに引き裂いたのだ。わしはあの鯨を捕まえるまでは、地獄の業火も怖れぬつもりだ!この船の目的は、あの白鯨を地の果てまで追って追って、黒い血の潮を吹いて死ぬまで追い詰める事だ!」と演説し、強い酒を銛や槍にかけて回し飲みさせ、檄を飛ばし、皆を煽り奮い立たせます。

【承】
船底での昼食時、物知りの船員は「白鯨の名はモービー・ディック。その姿は白く巨大で海に浮かぶ大理石の墓石のようだ。空には白い鳥が群がり、世界中で同日時刻別々の海に現われる。アゴが曲がり背中に無数の槍が刺さってる。大勢の鯨捕りが挑んで復讐された、不死の鯨だ」と語ります。

そこに「鯨発見!」の号令がかかり、皆一斉に甲板に駆け出します。

船は帆を畳んで停留し、スターバック、スタッブ、フラスクの3チームが、木製の手漕ぎボートで鯨に近づき、クィークェグら銛打ちが一斉に銛を投げつけます。

銛には頑丈なロープがついていて、ボートは暫し振り回されますが、やがてスターバックの銛が命中、鯨は血の潮を吹いて絶命します。その獲物は本船で解体され、巨大な鍋で煮られ、85樽もの鯨油となり、残った骨は海に捨てられます。

その夜、船員らは大いに盛り上がりますが、スターバックは1人船長室に行き、海図を広げたままうなされていたエイハブ船長に「少しお休みになられては?」と声を掛けます。エイハブ船長はすぐに姿勢を正し「寝るなんて死ぬも同然だ」「太平洋に向かえ」と命じます。

彼が作成していたのは、捕鯨船の航海日誌から割り出した、4大洋の鯨の種類別の動きを網羅した海図でした。

スターバックは感服し「これなら獲り放題だ!」と呟きますが、「あの大仕事が終わればな」と受け流されます。彼が指示したのは、白鯨の予想進路で、4月の新月の頃、ビキニ島沖に現われたところを迎え撃つというのです。

エイハブ船長は、無言で立ち去ろうとするスターバックに「モービー・ディックには興味が無いか?」と問います。

彼は「仕事のためなら何でもしますが、個人の復讐が油を生み金を稼ぎますか?」と言い返し「何も知らぬ動物に怒るのは神を恐れぬ行為ですぞ」と往なします。

エイハブ船長は彼を睨みつけ「全ては仮面に過ぎん、白鯨はわしを非難し憎んでおる。だがそれもまた仮面、わしはその仮面の裏にあるものが憎い。有史以来人間を蝕み脅してきた邪悪なモノだ。わしを生かしも殺しもせず心も肺も半分にしたのだ…」と呟きます。

そして、神よと呟くスターバックに「乗組員はわしに従ってる。おまえさんはどうする?…町一番の槍の名手が、獲物を前に尻込みはすまい?」とニヤつきます。

スターバックは「せっかくですが私は反対だ。怖いのはあなた自身、ご自分を恐れなさい」と言い去っていきます。

ピークォッド号はアフリカの海岸沿いを南下、嵐の岬を回ってインド洋を目指します。

イシュメールは初めて見張りを命じられ、一番高いマストに登りますが、甲板ではクィークェグが心配そうに眺めています。しかし見張り台の眺めは最高で、しかも鯨の大群を発見、彼の合図で乗組員は直ちにボートを出し、海を血に染め、何頭もの鯨を仕留めます。

漁が一段落し、ボートが船に獲物を上げている最中、近くを通ったサミュエル・エンダビー号のブーマー船長が挨拶に寄ります。彼は陽気な太っちょの酒好きで、片手が銛の穂先が付いた義手になっています。

彼はエイハブ船長の成果を大いに褒めますが「1ヵ月前喜望峰沖で白鯨に遭遇し、腕をやられた」と愚痴った途端、エイハブ船長は顔色を変え「わしの海図は正しかった!4月の新月にはビキニ島沖に現われる!」と叫んで漁の中止を命令、「獲物を捨て、今すぐ白鯨を追え!」と指示し始めます。

ブーマー船長は呆れて引き上げ、スターバックは懸命に止めますが、エイハブ船長に「この世に神はただ1人、この船に船長はただ1人だ!」と凄まれただけでした。また帰船旗を見たスタッブも「わけが解らん!まだ漁が終わってない!」と抗いますが、「命令に従え!」と押し切られます。

その夜、エイハブ船長は甲板をうろつき、スターバックはスタッブとフラスクにある相談を持ちかけます。

彼は「我々の仕事は、鯨を屠り人々に油を供給し、幸福をもたらすという神も喜ぶ聖なる仕事だ。エイハブは、私怨のためにその聖なる目的を捻じ曲げる悪の帝王だ。彼に手を貸せば、神の怒りに触れ、皆生きて帰れない」と話し、法律書を読み上げます。

それには”船長が私用で船を使用した場合、横領とみなし、乗組員は船長の指揮権をはく奪できる”とありました。つまり皆でエイハブ船長を力ずくで取り抑え、本来の目的を果たそうというのです。

しかし一介の航海士である彼らに船長に逆らうという選択肢はなく、またエイハブ船長に対する信頼も厚く、受け流されて終わります。

【転】
ピークォッド号は、船長の指示通り、見張りも立てず漁もせず、船長は部屋にこもりきりのままひたすら進み、4月の新月の頃にはビキニ島沖に到着します。エイハブ船長は、ようやくデッキに立ち、見張りを立て、白鯨を迎える準備を命令します。

しかしその時、金貨に目が眩んだ船員の1人がマストから海に転落します。皆すぐに救出に向かいますが、船員は見つかりませんでした。

また、海は凪いだきりで潮も流れず、昼間は熱い日差しにあぶられ、白鯨はおろか鯨の影も無いまま、7日7晩が過ぎます。

船長はその間、甲板から1歩も動かず、水平線を睨み続けていました。

船員たちは疲弊し、1人がイシュメールに金貨をもぎ取って海に投げろと絡んで、テシュタゴに怒鳴られます。

クィークェグはその間黙々と骨占いをしていましたが、突然蒼褪めて、船大工を呼びつけ、高さ2メートル、首長の羽根飾りを彫ったタールで継ぎ目を塞いだ棺桶を作ってくれと頼みます。船大工はイシュメールを気にしつつも、2ドルで請け負います。

イシュメールは動揺して懸命に止めますが、クィークェグは「金も衣装箱もやる、さらばだ」と言って握手をし、黙り込みます。

それは暗くなっても変わらず、イシュメールがいくら話し掛けても答えず、水も食べ物も口にせず座り続けていました。スターバックは「前にも同じ男を見た、彼らは死期が分かるとそうするのだ」と話します。

一方、エイハブ船長はついにスターバックを呼び「今晩8時になったらボートを出せ、ここを抜け出すのだ」と命じます。

甲板では、ピップが動かぬクィークェグを弔いの踊りでからかい、2人の船員が彼の胸の入れ墨にナイフで線を付け足していました。

それでも彼は微動だにしませんでしたが、イシュメールがその船員を殴りつけ揉み合いになると、クィークェグはようやく動いて彼を助けます。

その時、見張り台から「鯨だ!潮を吹いてるぞ!」と号令が響きます。

エイハブ船長はカッと目を見開き「あいつだ!ボートを出せ!」と怒鳴ります。船員たちは皆甲板に立ちつくし、夢であるよう祈っていました。

ボートのリーダーは、エイハブ船長、スターバック、スタッブ。白鯨の上には伝説通り白い鳥が群がり、海は静かで異様な空気に満ちていました。白鯨は間もなく海中に消えますが、鳥の群れは彼らの周りから離れません。

そしてエイハブ船長が「近いぞ!」と叫んだ直後、その巨体が間近に現れ、彼らを嘲笑うかのように横切り去っていきます。

エイハブ船長は、ボートで船を曳航し、白鯨を追うよう命じます。数時間後、数人が倒れる頃になってようやく風が吹き始めますが、白鯨は見失います。

ピークォッド号は再び航行を始めますが、エイハブ船長は白鯨を見つけた船員に金貨をやり、船員たちには「白鯨を殺した者には全員に金貨をやる!わしの分け前を全て分配する!モービー・ディックの血の1滴1滴がスペイン金貨になるのだ!」と約束、酒を振る舞い鼓舞します。

その時レーチェル号が現れ、ガーデナー船長がその甲板から「16キロ先で白鯨に銛を打ち込み、12になる息子がボートごと持って行かれた。もう3日3晩探してるが見つからない。一緒に探してくれ!」と叫んでいました。

スターバックは拒否すれば町で非難されると止めますが、エイハブ船長は「息子さんを殺した白鯨を探し出す!」と冷たく突き放し、先を急ぎます。

エイハブ船長は、数本の銛を取り出し、鍛冶屋に「水を使わず我々の血で冷やし、深く刺さって抜けないような新しい武器を作れ」と命じます。そして船員一人一人の瞳の奥を覗き込むようにして「力を貸せ、心よ、魂よ、肉体よ!モービー・ディックに死を!」と言い酒を呷ります。皆は凍りついたように彼の演説に聞き入っていましたが、間もなく空は暗く淀み、激しい嵐になります。

船は激しい雷雨に翻弄され、帆は破れマストも限界かと思われましたが、エイハブ船長は嵐にかまわず突き進むよう命じます。

太いマストがしなり、ほとんどの帆が破れて飛ばされる中、船員たちは命懸けで傾いだマストによじ登り、帆を貼り替えようとします。

スターバックは必死で止めますが、ついに船長の命に背いて、マストを繋ぎ止めるロープに斧を振り下ろします。エイハブ船長はその彼に銛を突き付け、止めないと刺し殺す!と迫ります。

その時、ふいに甲板に薄い光が射し、傾いだマストが緑の淡い光に包まれます。

船員たちは「セントエルモの火だ!天罰だ!」と怯えますが、エイハブ船長は「この火こそ、白鯨への道案内だ!」と叫んで銛を掲げます。緑の光は銛にも燃え移り、皆息を呑みますが、船長は「怖れるなら、わしがこうして消してやる!」と叫んで握り消し、仕事にかかれ!と号令をかけます。

スターバックは1人憤っていましたが、船員たちは「船長は堂々と嵐に立ち向かい屈服させた」と感動し、誰も相手にしません。彼は、船室で銃を取り懐に隠します。

翌日、空は澄み渡り、波穏やかな晴天となります。

デッキにいたエイハブ船長は、40年前、初めてスターバックと共に鯨を仕留め、以来鯨を追い続けた日々を振り返り、「人間らしい眼を見せてくれ」と言い、傍らにいるスターバックの眼を見つめます。スターバックは濁りの無い眼で彼を見据え「最後のお願いです。故郷に帰りましょう」と頼みます。

しかし彼の答えは「何か名状し難いものがわしに命令するのだ。人間的な愛情や願望に逆らい、しゃにむに突き進めとな。夢想だにしない事をさせるために」…それが何かはわからない、神かもしれない、自分はテコという運命に回される揚錨機のようだと。そしてこんなにも空は穏やかで、海はどこまでも計り知れないといい、空を見上げます。

スターバックは、一度は彼に銃を向けますが、撃てませんでした。

エイハブは、銃を見ても、スターバックの震える指先を見ても動揺することなく、彼の肩を抱き「お前はわしからは離れられん。こうなる事は海が生まれる前から決まっていた事だ」と言います。

【結】
しかし次の瞬間、エイハブ船長は何かに気づき、五感を研ぎ澄まします。船員たちも「島の、陸地の臭いだ」とざわめき、手を止めます。

イシュメールは、出港直前に”予言者”イライジャに言われた「海の上で、島もないのに島のにおいがする日、エイハブは死ぬ。だがすぐに甦り、皆を手招きし、1人を残して全員が死ぬ」という言葉を伝えますが、船長が遠くを見つめたその時、鯨発見の見張りの声が響きます。

それはまごうことなきあの白鯨、モービー・ディックでした。

船長はキビキビと号令し準備をさせますが、ピップには船長代理を命じて船に残します。

白鯨は、懸命に追いかける彼らの前を悠々と泳ぎ、その背にはエイハブ船長が打ち込んだ槍がロープが絡んだまま突き刺さっています。その巨体は雪のように白く輝き、神々しくもありました。

エイハブ船長はどこか嬉しげでしたが、スタッブもフラスクもただひたすら職務を遂行せんと必死で、スターバックは何かを畏れているようでした。

白鯨は間もなく潜行し見えなくなりますが、以前と同じく、鳥の群れは彼らから離れません。

エイハブと銛打ちたちは各々に銛を構え、その出現を静かに待ちます。海は異様な空気に満ちていますが、間もなく鳥が騒ぎ始め、地響きのような音が響きます。

「来るぞ!」…エイハブがそう叫んだ瞬間、白鯨は彼らの左前方にその巨大な頭を現し、彼らの目の前を横切ろうとします。「今だ!」エイハブの号令で、幾本もの銛が白鯨の体に突き刺さります。

全てのボートはその巨大な体躯に引きずられ振り回されますが、ジャンプした瞬間、一艘のボートが転覆します。海面はその水飛沫で白く曇り視界が奪われますが、それでもエイハブはひるむな!と怒鳴り、2番銛を打ち込もうとします。その時、白鯨が正面に現れ船長のボートに噛みつき破壊します。

乗組員は皆、白鯨の巨体が立てる大波にのまれますが、エイハブだけはその巨体に絡みついたロープにしがみつき、格闘しているかのように、背びれによじ登り、手にしたヤリで何度もその体を突き刺していました。

「わしのヤリを受けてみろ!怨みを込めて、わしの最後の息を吹きかけてやる!ちきしょう!地獄に落ちろ!」…それが船員たちの見た、闘う船長の最後の姿でした。

白鯨はそのまま海中に没し、スタッブたちは生き残った船員たちを残ったボートに引き上げ、「もうたくさんだ…帰ろう」そう呟いた時、白鯨が再び彼らの前に姿を現します。

その背には、エイハブ船長が、まるでロープで磔にされたように括られ、鯨の体が上下するたび、唯一戒めを逃れたその右手が、あたかも彼らを手招きしているかのように揺れていました。

スタッブ始め船員たちはその姿に慄然としますが、スターバックが突然「追え!」と怒鳴ります。

スタッブはゾッとして振り向き「あの悪魔を?」と言いますが、スターバックはひるまず、「バカでかいがただの鯨だ!鯨捕りが鯨に背を向けるのか?!モービー・ディックを殺せ!」と叫びます。

それはまるで、エイハブ船長の魂が乗り移ったかのようで、乗組員たちは皆、スイッチが入ったかのように白鯨に槍を突き立てますが、白鯨はまさしく悪魔のごとく暴れ回り、ボートを破壊し、海に落ちた乗組員たちに襲いかかり、海上は阿鼻叫喚に包まれます。

白鯨は、ピークォッド号の周囲を旋回した後、船の横腹に猛スピードで突っ込みます。ピップはへし折れたマストに押し潰されて死亡、船体は間もなく白鯨が起こした巨大な渦にのみ込まれますが、白鯨は再度体当たりをして止めを刺し、船体は完全に海に没します。

唯一の生存者はイシュメールでした。

彼は、クィークェグが船大工に作らせた首長の羽根が彫ってある棺桶にすがって1昼夜漂流し、レーチェル号に救助され、息子を亡くしたガーデナー船長の養子となります。

-劇は終わり、全てが去った…海は、ピークォッド号も乗組員もモービー・ディックも呑み込んだ…ただ1人生き残った俺が、この話を伝えよう-

The End _hmhm



みんなの評価 3.62/5.0

最高 (^0^)

愛すべき古典『白鯨』永遠なれ!
いまだに一級品の輝き
ただの復讐ではない

最低 ( ` 3´)

監督、キャスト、演出と素晴らしい作品なのに、当時のレベルから見ても特撮のレベルの低さイタいのが残念





鑑定士と顔のない依頼人 ジュゼッペ・トルナトーレ 投稿日: 2020年12月27日 18:54:18 No.708 【返信】




鑑定士と顔のない依頼人(原題: La migliore offerta 伊国) 2013年 全世界年間興行収入ランキング100 ランク外

美術品の本物と偽物を瞬時に見分ける事が出来る一級鑑定士にして、オークションを仕切る天才老人ヴァージル。彼のもとに若い女性から両親の遺産の鑑定をして欲しいとの依頼が来た・・・

監督 ジュゼッペ・トルナトーレ 代表作 『ニュー・シネマ・パラダイス』『海の上のピアニスト』『ある天文学者の恋文』
脚本 ジュゼッペ・トルナトーレ 
音楽 エンニオ・モリコーネ 代表作 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ 』『ディスクロージャー』
主演 ジェフリー・ラッシュ(ヴァージル) 代表作 『シャイン』『恋におちたシェイクスピア』『レ・ミゼラブル』

上映時間 124分


登場人物

ヴァージル・オールドマン: 女性に不信感があり、未だに独身の美術鑑定士。

クレア・イベットソン: 両親を亡くし、家に閉じこもる若い娘。(シルヴィア・フークス) 代表作 『ブレードランナー 2049』

ロバート: 修復士。(ジム・スタージェス) 代表作 『ラスベガスをぶっつぶせ』『ハイネケン誘拐の代償』
ビリー・ホイッスラー: 元画家でヴァージルが仕切る競売の協力者。(ドナルド・サザーランド) 代表作 『普通の人々』『針の眼』


【起】
白髪を染めて、新しいスーツを選ぶ。高級レストランでひとりぼっちでシャンパンを飲む。今日は自分の誕生日だ。レストランからケーキをもらったが、手を付けなかった。ろうそくが消える。

孤独な女性から鑑定の依頼が入る。彼女は父の遺言で、鑑定はヴァージルに頼めと言われていた。

ヴァージルがオークションを開く。そこで彼は金で雇った男に本日の目玉商品を落札させていた。あとでその商品を受け取る。クローゼットの隠し扉を開いてソファーに座る。そこにはびっしりと女性の絵画が飾られていた。

孤独な女性の家に行くが、雨の中40分も待たされた。電話にむかってどなりつけるヴァージル。彼女は自殺未遂を起こしてまでヴァージルを呼んだ。顔をしかめるヴァージル。

廃墟のような屋敷に、足を引きずった管理人が現われた。カーテンを開け照明をつけると物置のように美術品が置かれていた。この家の不思議な感じは何だろう。

屋敷の美術品を鑑定するのに多くの人員が必要だった。ここには誰かが住んでいる。前と感じが変わっているのだ。姿を現さない女性が不気味でならない。

【承】
管理人いわく、孤独な女性クレアは奇病を患っているらしい。両親を立て続けに亡くし、ひとりぼっち。ヴァージルは近くのカフェから屋敷を偵察した。クレアは現われない。彼女から電話があり、家のヴィラで姿を現すという。

彼女と音声だけで会話する。15歳から誰とも会っていないという。決して外には出たくないとクレアは言った。どうやら壁の中に隠れているらしい。

信頼できる機械工にクレアの家から拾っている部品を渡した。この部品は歴史に残る機械人形の可能性がある。完成したらその価値はすさまじいものになるだろう。機械工は興奮していた。

契約書を確認すると、個人情報が抜けていた。壁のすきまからパスポートが差し出される。かなり前に失効していたが、これでどうにかしてくれと言う。壁の隙間から光が漏れた。彼女は壁の中からヴァージルの様子を伺っているようだ。

彼女が電話に出ない。心配になって管理人に電話すると、何日も連絡はしていないという。食料を買って家に入ると、クレアはパニックになった。そんな彼女を安心させようとする。ヴァージルは彼女の事が気になってしょうがない。機械工に頼んで、携帯電話の使い方を教わった。いつしか彼女の声が楽しみになっていた。

一度姿を見たい。鑑定の相談に行ったヴァージルは部屋を出たふりをした。そこにクレアが姿を現す。髪の長い華奢な女性。バレるのを恐れたヴァージルは逃げるように屋敷から消えた。

【転】
ある日、屋敷に行くと鍵が開かなかった。電話しても出ない。カフェで様子を伺い、管理人と同時に中に入る。彼女はヴァージルを試している。

部品が集まり、機械人形が完成に近づいていた。機械工にクレアとのことを相談する。ヴァージルがずっと独身なのは女性に気持ちがわからないから。クレアにどうすればいいのかわからない。

今日はクレアの誕生日。ピンクの花束を持って、屋敷に行った。クレアは鑑定の結果が安すぎるとヴァージルを罵った。その態度に怒るヴァージルは、お前など消えてしまえと言ってしまった。

ひとりで彼女の誕生日に生まれたワインを飲む。そこに電話がかかってきた。クレアに呼び出され、壁の前で話をする。また部屋を出たふりをして、彼女の姿を盗み見た。汗をびっしょりかいている。携帯を落としてしまって盗み見していたのがばれた。

ヴァージルの目の前にクレアが姿を現した。頬に触れるヴァージル。

クレアに綺麗なドレスを買って与えた。高いヒールの靴も一緒に。背中のファスナーを上げるのを手伝ってくれと言うクレア。戸惑っているが、うれしそうだった。

次は化粧品を買い与える。うまくいかないクレアは自分の顔をぐしゃぐしゃにしてしまった。

【結】
ヴァージルの手によって美しく変わっていくクレア。彼女ははじめてヴァージルを部屋に入れ、口づけをした。彼女の部屋に機械人形の最後のパーツがあった。

足りないパーツを見つけたヴァージルは機械工に会いに行った。クレアの信頼か、機械人形の完成か。どっちか選べと機械工は言った。

クレアが姿を消した。様子のおかしい彼女が門から出て行ったのを見た人間がいる。オークションがあるのを忘れていた。会場で競りをするが失敗ばかりしてしまう。

失踪したクレアを見つけ、風呂に入れる。クレアは最愛の人を亡くし、心を壊したと言った。傷ついた彼女を裸で抱きしめる。ヴァージルとクレアは一緒に暮らし始めた。

愛を知ったヴァージルは鑑定人を引退することを決めた。彼の最後の競りで会場にいた全員から拍手が起こる。

家に帰るとクレアはいなかった。探すとどこにもいない。コレクションルームに入ると部屋の絵がすべて消えていた。そこには機械人形が置かれている。ヴァージルは崩れ落ちた。

ショックで入院したヴァージルはボロボロだった。諦められず、カフェでクレアが戻らないか監視する。そこにいつもいる障害者の女性は、自分はクレアだと名乗った。機械工の青年にカフェの前の豪邸を貸していたと話した。クレアと機械工はグルで、ヴァージルを騙していたのだった。

クレアがいつか話していたカフェの近くに引っ越した。機械仕掛けの建物の中でお茶をする。ヴァージルは美しい思い出を抱え、彼女を待ち続けた。

The End _MIHOシネマ


みんなの評価 3.78/5.0


最高 (^0^)

普段ラブストーリーを見ると眠くなるのだが、魅せ方がうまいのか最後まで飽きずにみられた。
2回目に各所に散りばめられた伏線を探して答え合わせをするのも楽しい。
2回目は1回目とは違った楽しみのできる2度美味しい映画。

最低 ( ` 3´)

後味最悪。





ワンダー・ボーイズ カーティス・ハンソン 投稿日: 2020年12月27日 16:49:02 No.707 【返信】




ワンダー・ボーイズ(原題: Wonder Boys 米国) 2000年 全世界年間興行収入ランキング99位

かつては“ワンダー・ボーイ (神童)”と騒がれた文学教授のグラディだったが、今や50代を迎え7年間執筆中の小説は未完、妻は家を出、友人の妻で大学の学長のサラとは不倫の末妊娠させてしまう。そんな中、大学で開催される作家たちの会議“ワード・フェスト”に合わせ担当編集者テリーが新作の原稿を求めにやって来る。だがこの会議はグラディの教え子のジェームズの登場で思わぬことになってしまう……

監督 カーティス・ハンソン 代表作 『ゆりかごを揺らす手』『L.A.コンフィデンシャル』『ラッキー・ユー』
脚本 スティーヴン・クローヴス 代表作 『ハリー・ポッター シリーズ』『アメイジング・スパイダーマン』『ファンタスティック・ビースト シリーズ』
音楽 クリストファー・ヤング 代表作 『スペースインベーダー』『告発』『シッピング・ニュース』
主演 マイケル・ダグラス(グラディ) 代表作 『危険な情事』『ウォール街 シリーズ』『アントマン シリーズ』
原作 マイケル・シェイボン 『ワンダー・ボーイズ』

上映時間 111分


登場人物

グラディ・トリップ: 大学英文科の教授。

サラ・ギャスケル: 大学の学長で英文科主任。(フランシス・マクドーマンド) 代表作 『ブラッド・シンプル』『ファーゴ』『スリー・ビルボード』
ウォルター・ギャスケル: サラの夫でグラディの上司。(リチャード・トーマス) 代表作 『レーサー』『ウッドストックがやってくる!』

ジェームズ・リア: グラディの生徒。(トビー・マグワイア) 代表作 『サイダーハウス・ルール』『スパイダーマン シリーズ』『マイ・ブラザー』
ハンナ・グリーン: グラディの生徒。(ケイティ・ホームズ) 代表作 『エイプリルの七面鳥』『バットマン ビギンズ』『私の居場所の見つけかた』

テリー・クラブツリー: グラディ担当の編集者。(ロバート・ダウニー・Jr) 代表作 『ゾディアック』『アイアンマン シリーズ』『ジャッジ 裁かれる判事』



【起】
ピッツバーグの大学で英文科の教授をしているグラディ・トップスは、自分自身も小説を書いている。彼は7年前に処女作「放火犯の娘」を出版し、作家としての成功を手にした。しかし、2作目がなかなか書き上がらないまま時間ばかりが過ぎていた。

今日から大学の文芸祭が始まるという日。グラディの妻が家を出て行く。あれこれとストレスの多いグラディは、大麻中毒気味になっていた。

文芸祭に合わせて、グラディを世に出した編集者のテリーがニューヨークからやってくる。テリーは出版社をクビになりかけており、グラディに次回作を見せて欲しいと迫る。グラディは適当に話をごまかしつつ、テリーと文芸祭開催パーティーが行われているギャスケル夫妻の屋敷へ向かう。

ギャスケル夫妻の妻サラは、大学学長でグラディの不倫相手。夫のウォルターは英文科主任でグラディの上司という関係だった。ウォルターの飼い犬ポーは、グラディのことを敵視しており、いきなり彼に吠えついてくる。

サラはグラディを寝室へ呼び、妊娠したことを告げる。グラディは“妻も家を出たし、2人とも離婚して再婚しよう”と話す。しかし、話はそれほど簡単ではない。

グラディはパーティーの喧騒を抜け出し、外で大麻を吸う。すると、庭に小説クラスの生徒のジェームズが姿を現す。ジェームズは、手に銃を持っていた。グラディは、情緒不安定なジェームズが自殺を図ろうとしていたのではないかと推測する。

グラディはジェームズの気分を変えるため、映画好きなジェームズに、ウォルターのお宝を見せてやる。それは、マリリン・モンローが着ていたジャケットで、寝室内の鍵付きのクローゼットにしまわれていた。

【承】
ジェームズは“モンローのジャケットが寂しそうだ”と言って涙を流す。グラディは、彼の感受性に驚きつつ、見つからないうちに階下へ降りようとする。ところが、ポーがグラディの足に噛みついて離さない。それを見たジェームズは、ポーを撃ち殺してしまう。

グラディはジェームズの銃を預かり、ポーの死体を車のトランクに積み込む。足の怪我が痛むグラディはコデインを飲み、ジェームズもそれを真似る。その後、講堂での講演会に顔を出したジェームズは挙動不審気味となり、グラディは意識を失ってしまう。

講堂の外で気絶していたグラディをサラが起こしてくれる。グラディはポーの一件を話そうとするが、サラはグラディが“妻を愛している”と言いたいのだと勘違いし、子供は産めないと考える。そして、“愛しているわ”と言い残して行ってしまう。

グラディが気絶している間に、テリーがジェームズを酒場へ連れ出していた。ゲイのテリーは、ジェームズを狙っているようだった。グラディは、ジェームズを救出するため、酒場へ向かう。眠り込んでいたジェームズは目を覚まし、自分のリュックがないと言い出す。

グラディは、生徒のハンナにジェームズのことを頼み、テリーと酒場を出る。すると、酒場にいた黒人男性が、グラディの車を見て“これは俺の車だ”と騒ぎ出す。グラディの車は、ジェリーという男が借金のカタに置いていったものだった。

グラディは黒人男を振り切り、ジェームズのリュックを探すため講堂へ戻る。リュックはあったが、テリーが車ごといなくなっていた。グラディは、講堂を掃除していた生徒に家まで送ってもらう。

自宅へ帰ると、ジェームズがソファーで眠り込んでいた。ジェームズのリュックの中には、「ラブ・パレード」という小説の原稿と、ウォルターのクローゼットから盗んだモンローのジェケットが入っていた。

【転】
翌朝。グラディは書きためてきた次回作の続きを書き始める。サラのこと、ポーのこと、ジャケットのこと…と問題は山積みだったが、今は創作に没頭したかった。しかし、グラディは創作しながら意識を失っていた。

グラディは、あれこれと問題を解決するため、ジェームズと出かける。ジェームズは家を追い出され、2週間前からバスの発着所で寝泊まりしていると話す。父親は末期ガンで母親は元ダンサーだと言うが、ジェームズの話は何が真実なのかわかりにくかった。

グラディはサラと会い、“君と離れたくない”と率直な気持ちを打ち明ける。しかしサラは子供のこともグラディのことも自分で決めるつもりでいた。

次にグラディはきちんと別れ話をするため妻の実家へ向かい、留守中の家に入り込む。帰宅した妻の両親は温厚な人たちで、グラディの足の怪我の治療をしてくれる。妻は遠方の友人宅へ行っており、会うことはできなかった。

帰りの車内で、ジェームズは、「放火犯の娘」を読んで作家を志したことやグラディに教わりたくて大学へ入ったことなどを話す。グラディはジェームズの住所を調べ、両親に迎えに来てもらう。ジェームズは最後まで“僕は行かない”とごねていたが、グラディは無理やり帰らせる。ジェームズは、グラディの車に大事なリュックを忘れていた。

グラディは、リュックの中にあったジェームズの原稿を読み始める。ジェームズは正体不明の生徒だったが、小説の才能はあった。

グラディの自宅ではテリーが勝手にパーティーを開いており、大騒ぎになっていた。グラディは怒りを抑え、テリーにジェームズの小説を読んでもらう。テリーもジェームズの才能を認め、自宅の地下室に監禁されているらしいジェームズを助け出すことにする。

【結】
ジェームズは大きな屋敷内にある地下の自室で何かを書いていた。2人が行くと、ジェームズは喜んで出かける支度を始める。グラディは、ジェームズのベッドにポーの死体を寝かせ、彼を外へ連れ出してやる。

自宅へ帰ったグラディは、真夜中にもかかわらずサラの家に電話をかける。そして電話をとったウォルターに“私はサラを愛している”と告白する。

翌朝。サラがグラディを訪ねてくる。モンローのジャケットが盗まれたことに気づいたウォルターが、警察を呼んだらしい。グラディはジャケットを返そうとするが、ジャケットの入ったリュックごと車が盗まれていた。

ジェームズは警察に連行されていく。ジェームズの小説を出版することに決めたテリーは、グラディと一緒にモンローのジャケットを探しにいく。勝手にグラディの次回作を読んでいたハンナは、“執筆するときに先生がラリっているせいで、書きたいことが整理されていないのではないか”と忠告する。グラディはその話に納得できず、書きためてきた原稿を持って、ハンナの車で出ていく。

車を盗んだのは酒場にいた黒人男で、居場所はすぐにわかった。しかし、どうやらこの車は、もともと黒人男の車だったようだ。グラディは車内でリュックを発見するが、モンローのジャケットはない。ジャケットは、黒人男が妊娠中の恋人にプレゼントしていた。

黒人男とグラディが話しているのを、もめていると勘違いしたテリーは、ハンナの車を急発進させて壁に衝突させてしまう。グラディの原稿はその衝撃で外に舞い散り、ほとんどが川に落ちてしまう。

グラディは絶望的な気持ちになるが、どこかでスッキリしていた。そしてモンローのジャケットも取り返さないまま、ジェームズのことはテリーに任せて、サラのもとへ向かう。

サラは文芸祭の閉会式のため講堂にいた。そこにはジェームズとテリーの姿もあり、壇上のウォルターがジェームズの小説が出版されることになったと発表する。ウォルターは、自分もマリリン・モンローについての本を出版することが決まったと誇らしげに語る。テリーは、それでウォルターの機嫌を取り、ジェームズを釈放してもらっていた。グラディは、ずっと手放せなかった大麻を捨てる。

グラディは妻も職場も失ってしまうが、新しい目標を見つけて執筆を続けていた。グラディはサラと赤ちゃんと共に、新しい人生を歩み始める。

The End _MIHOシネマ

第73回アカデミー賞 歌曲賞 受賞


みんなの評価 3.42/5.0

最高 (^0^)

なんだかよくわからないのに,すごい魅力がある映画!
なんだこれは!何度でも見たい!!

最低 ( ` 3´)

ひとりひとりのキャラは濃く、きっと予告編かなんかで観るといいカンジなのだろうが・・・、
結局どういう作品にしたかったのか、伝わる所が無かった。





アバター ジェームズ・キャメロン 投稿日: 2020年12月26日 20:04:24 No.706 【返信】




アバター(原題: Avatar 米国) 2009年 全米年間興行収入ランキング1位

地球からはるか彼方にある神秘の惑星パンドラにある天然資源を求め、資源開発会社RDAは採掘チームを派遣した。そこに住むナヴィと資源採掘の交渉をするため、チームはナヴィの外見に似せて作ったアバターを使用することに。そのアバターに意識を接続し、動かすパイロットに選ばれたジェイク。彼は族長の娘ネイティリをはじめ、次々とナヴィ族の民たちと交流し、信頼を得ていく。しかしRDA社はいっこうに進展しない交渉に業を煮やし、ついにナヴィ族への軍事的制圧に乗り出す……

監督 ジェームズ・キャメロン 代表作 『ターミネーター シリーズ』『アビス』『タイタニック』
脚本 ジェームズ・キャメロン 代表作 『ランボー/怒りの脱出』『ストレンジ・デイズ/1999年12月31日』
音楽  ジェームズ・ホーナー 代表作 『地獄の7人』『ウィロー』『身代金』
主演 サム・ワーシントン(ジェイク) 代表作 『ターミネーター4』『タイタンの戦い シリーズ』『ハクソー・リッジ』

上映時間 162分(公開版) 178分(完全版)


登場人物

ジェイク・サリー: 下半身不随の元海兵隊員。

グレイス・オーガスティン: RDA社の科学者で、「アバター計画」の責任者。(シガニー・ウィーバー) 代表作 『ゴーストバスターズ シリーズ』『ワーキング・ガール』
マイルズ・クオリッチ: RDA社の傭兵部隊を指揮する大佐。(スティーヴン・ラング) 代表作 『ゴッド&ジェネラル/伝説の猛将』『ドント・ブリーズ』

ネイティリ: パンドラ星オマティカヤ族の族長の娘。


【起】
今よりも未来の世界。人類は利便性と簡便性を追い求め、日々新たな発明を生み出してきました。結果、人類は稀に見る巨大文明を築きあげたのです。しかしそれは自分達のことしか考えていない、利己的な行動でした。地球のことを顧みず酷使した結果、地球上から殆どの資源が消失してしまったのです。

資源を失った人類は、新たな資源の入手先として地球外に目を向ける事となりました。そして広い宇宙世界の中、人類はパンドラという惑星に狙いを定めたのでした。パンドラには、手付かずのままの、どこまでも広大な自然が広がっています。そんなパンドラを手中に収めれば、地球はまた暫くは安泰でいられるのです。

しかし、パンドラには先住民であるナヴィという存在が暮らしていました。地球人は平和的に資源を獲得するため、ナヴィと交渉をする事にします。しかし、空気がないパンドラで人類は活動する事ができません。そこで人類は、その状況を打破するために「アバター」という技術を開発しました。

【承】
アバターとは、ナヴィそっくりの生命体を遠隔で操作する最先端技術の事です。地球人はアバターを、人間とは異なり青い皮膚にすらりと長い時間手足を持つナヴィそっくりに作り上げました。そしてアバターを操る操作者を募った上で、交渉のためパンドラへと向かったのです。

しかし、一人のアバター操作者が不意の事故によって突如命を落としてしまいます。最先端技術であるアバターを一体作り出すためには莫大な費用がかかるため、発案者側としてはせっかく作ったアバターを無駄にはしたくありません。そこで、元々の操作者と近いDNAを持つ人物に次の操作者としての任を託す事にしました。そこで白羽の矢が立ったのが、元々の操作者の弟であるジェイク・サリーでした。

ジェイクは軍人でしたが、以前戦争で両足を失って以来自由に動き回る事も不自由な身になっていたのです。しかし、神経で動かせるアバターでは身体の制約もなく何処でも自由に行き来する事ができます。そんな生活に魅力を感じ、ジェイクはその協力依頼を受けるのでした。

【転】
そしてジェイクはアバターの身体で、パンドラの地に踏み込む事となりました。自由で雄大な世界に魅せられるジェイクは、そこで一人のネイティリという女性のナヴィと出会います。当初ネイティリはジェイクを警戒し、パンドラの地から立ち去るように警告をしますが、純粋に広大な自然を楽しんでいる様に見えるジェイクを徐々に受け入れて行きました。そして、自分達ナヴィのコミュニティに彼を案内するのでした。

そして、ジェイクは徐々に自分の存在場所をそのコミュニティの中に形成して行きます。それは、今まで身体が不自由な自分がなかなか手に入れる事の出来なかったものでした。ネイティリと出会い、ナヴィの文化に触れ、今まで後ろ向きだったジェイクの心は徐々に明るく、前向きになっていきました。そして気づけばすっかり、ジェイクの心はパンドラにとらえられていたのです。

一方その頃、中々進まない交渉に苛立ちを抑えきれなくなった上層部は、アバター計画を変更します。それは交渉ではなく、武力で無理やり資源を奪い取ろうというものでした。

【結】
そしてその指令は、パンドラ各地に配属されているアバター操作者にも伝えられました。勿論、ジェイクの耳にもその作戦が入って来ました。しかし、ジェイクはどうしてもその作戦を受け入れる事ができません。ネイティリを、ナヴィ達を、彼はどうしても見捨てる事ができなかったのです。そこでジェイクは、ありのままに今起こっている事を彼らに伝えました。その内容は、自分が本当は人間であり、資源を手に入れる為の交渉をする為送り込まれた事、そして地球人が痺れを切らしまさに今パンドラを襲おうとしている事です。

その事実にナヴィ達は、一度はジェイクを拒絶します。しかし、ジェイクはナヴィを助けたい一心に、軍がどういった戦法で攻めてくるかなど、軍事機密をナヴィ達に教えるのでした。そして大軍が地球から攻めて来ますが、事前にその戦法を知っていたナヴィ達の反撃を食らいます。そして全勢力を結集し、ナヴィ達は見事軍を追い返すことに成功するのでした。

その後ジェイクは、エイワという不思議な力を持つ木によって、正真正銘ナヴィ人となり、パンドラで暮らしていくのでした。

The End _MIHOシネマ

第82回アカデミー賞 美術賞 撮影賞 視覚効果賞 受賞


みんなの評価 3.82/5.0

最高 (^0^)

素晴らしい映画。悪い評価もあるみたいですが、こういった方はただのケチつけたいだけ。
この時代の、映画としては内容、グラフィック、爽快感。全て高評価!

最低 ( ` 3´)

つまらなくて、途中で観るのをやめました。





<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
掲示板管理者へ連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | この掲示板を支援する