画像掲示板~シネマ~


| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

カウンター

今日、昨日、合計:162、213、66833

Let's enjoy movies together!(о´∀`о)
Name
E-Mail
Title
URL
FileUP
Key (英数字で8文字以内)
Color

ロジャー・ラビット ロバート・ゼメキス 投稿日: 2020年11月11日 20:00:20 No.665 【返信】




ロジャー・ラビット(原題: Who Framed Roger Rabbit 米国) 1988年 全米年間興行収入ランキング2位

1947年ハリウッド。ロサンゼルスの東部のどこかにアニメーションの登場人物の住む町トゥーンタウンがあった。この町の人気者ロジャーはある仕事に失敗し、それ以降仕事に身の入らない状態になっていた。心配した社長のマルーンは探偵を雇い、ロジャーの妻で官能釣なジェシカを尾行させる。彼はジェシカと彼女の愛人だという噂のマーヴィン・アクメの2人の信用をおとすような写真を撮る。ところがそのマーヴィンが何者かによって殺されてしまい、ロジャーが第1容疑者にされてしまう……

監督 ロバート・ゼメキス 代表作 『バック・トゥ・ザ・フューチャー シリーズ』『永遠に美しく…』『フォレスト・ガンプ/一期一会』
脚本 ジェフリー・プライス、ピーター・シーマン
音楽 アラン・シルヴェストリ 代表作 『プレデター(1987)』『バック・トゥ・ザ・フューチャー シリーズ』『ボディガード(1992)』
主演 ボブ・ホスキンス(エディ) 代表作 『ズールー戦争』『モナリザ』『スターリングラード』


上映時間 103分


登場人物

エディ・バリアント: 私立探偵。

ドロレス: バーを営むエディ恋人。(ジョアンナ・キャシディ) 代表作 『マシンガン・パニック』『ブレードランナー』『誓いのKiss?』

ロジャー・ラビット: アニメーション映画スター。
ジェシカ・ラビット: ロジャーの妻。

R.K.マルーン: 映画会社社長。(アラン・ティルヴァーン) 代表作 『ウディ・アレンの愛と死』『スーパーマン(1978)』『ファイヤーフォックス』

マービン・アクメ: おもちゃ会社社長。(スタッビー・ケイ) 代表作 『タクシー』『求婚専科 』『大西部への道』

ドゥーム: トゥーンタウンの新任判事。(クリストファー・ロイド) 代表作 『カッコーの巣の上で』『バック・トゥ・ザ・フューチャー シリーズ』『アイム・ノット・シリアルキラー』



【起】
ロジャー・ラビットは、ハリウッドで大活躍のアニメスター。しかし、最近のロジャーはNGばかりで、映画も赤字続き。アニメスタジオ社長のマルーンは、ロジャーの妻ジェシカが悪影響だと考え、私立探偵のエディにジェシカの浮気調査を依頼する。

かつてアニメキャラクターたちの街・トゥーンタウンで働いていたエディは、再びトゥーン関係の仕事をすることに乗り気ではない。相方だった弟を、トゥーンタウンで亡くしたのだ。しかし、彼には金が必要だった。弟を亡くしてからすっかり酒浸りになり、バーのツケが払えず、このままではバー勤めの女友達ドロレスがクビになってしまう。

仕方なく、ジェシカが出演するキャバレーに行くエディ。ジェシカの楽屋裏に張り込み、トゥーンタウンの社長アクメとジェシカの浮気現場を写真に収める。

浮気の証拠写真を見せられ、ショックを受けるロジャー。彼には、妻の浮気がどうしても信じられなかった。

エディもまた、金のために嫌な仕事をし、弟のことも思い出して酒に逃げていた。酔いつぶれて翌朝になると、なぜか警察が部屋に来ている。なんと、アクメが殺されたらしい。慌てて現場検証に同行するエディ。アクメは、落ちてきた金庫に頭をつぶされていた。金庫とピアノを落とす殺人方法は、トゥーンの常套手段だ。

その現場で、判事のドゥームと出会った。感じの悪い老人で、トゥーンたちを殺す溶解液「ディップ」を開発したという。これで容疑者を死刑にできる。容疑者はもちろん、嫉妬に狂ったロジャー・ラビットだ。

【承】
ジェシカも、ロジャーの親友ベビー・ハーマンも、全ては写真を撮ったエディのせいだと言う。ベビーはロジャーの無実を疑わず、アクメが殺されたのは、土地と工場をトゥーンたちに遺すと宣言していたからだと主張した。エディは聞き流すが、自分が撮った写真をよく見ると、アクメのポケットから遺言状が覗いているではないか。しかし、余計なことに首を突っ込みたくない。寝て忘れようと事務所の簡易ベッドにもぐりこむと、中にはロジャーが隠れていた。

ロジャーは判事の部下であるイタチに家を包囲され、行き場がなくエディを頼って来ていたのだ。かつて、エディと弟はトゥーンたちの味方だった。ロジャーによれば、妻の浮気現場の写真を見た後、ジェシカの楽屋まで行ったらしい。しかし、彼女はおらず、仕方なく部屋にあった白い紙にラブレターを書いたが、未だ渡せずにいる。そんな話をしているうちに、エディの事務所にもイタチが乗り込んできた。エディは止む無くロジャーをかばい、イタチを追い払ってやるのだった。

エディは、ドロレスを頼ってバーを訪れる。バーには、禁酒時代の隠れ部屋があった。ロジャーをここに隠し、ドロレスには社長を失ったトゥーンタウンの権利を、誰が欲しがっているか探るよう依頼する。疑わしいのは、マルーン社長だ。アクメの工場を乗っ取る為、ニセの浮気事件をでっち上げてロジャーに濡れ衣を着せているのではないか。

エディも調査の為に事務所へ帰ると、そこへジェシカが現れた。彼女もロジャーを探していた。浮気は確かにでっち上げだが、自分もマルーン社長に脅されていたと言う。にわかには信じられないエディ。二人きりで押し問答していると、調査報告に来たドロレスに、あらぬ誤解までされてしまう。なんとかドロレスをなだめ、調査の結果を教えてもらった。トゥーンタウンに入札したのはマルーンではなく、クローバーリーフという会社。先日、街の鉄道会社を乗っ取ったばかりの会社だ。阻止するには、アクメの遺言状が必要で、タイムリミットは夜中の0時。

すると、バーが何やら騒がしい。中では、隠れているはずのロジャーが店の客を観客にショーをやって見せていた。エディは怒り、ロジャーを隠し部屋に放り込む。やはり、騒ぎを聞きつけた判事とイタチが店にやって来てしまった。判事はロジャーに5000ドルの懸賞金をかけていた。しかし、ロジャーが信じたように、このウサギにたっぷり笑わせてもらった客たちはロジャーを裏切らなかった。それでも、諦めるような判事ではない。彼はステッキで中途半端なリズムを刻み続け、完璧なリズムに仕上げないと我慢が出来ないロジャーをまんまとおびきだしてしまった。

ロジャーは捕まり、ディップに浸けられそうになる。間一髪で彼を救ったのは、エディの機転とお酒だった。ロジャーは、お酒を飲むとロケットのように飛び出してしまう体質なのだ。二人は敵が驚いている間にバーを抜け出し、同じくイタチに捕らえられていたトゥーンのタクシー、ベニーを救って逃げ出した。

【転】
映画館に逃げ込むロジャーとエディ。グーフィーのコメディ映画にニコリともしないエディに、ロジャーは不機嫌の理由を尋ねる。エディは、弟のことを打ち明けた。トゥーンタウンの銀行強盗を追っている時、トゥーンにビルの上からピアノを落とされて、潰されたのだ。犯人は逃げたが、エディは今でも犯人の笑い声と、赤く光る眼、甲高い声をよく覚えている。

ドロレスが合流し、映画館を去ろうとする三人。気づけば、映画はニュース映像に変わっていた。マルーン社長が、クローバーリーフ社に会社を売るらしい。エディは、マルーン社長との直接対決を決めた。遺言状を見つけたフリをして、近づこう。

社長室では、マルーン社長もピストルを隠し待ち構えていた。しかし、エディは社長を追い詰め、自白をさせる。マルーン社長は黒幕では無かった。彼はスタジオを売りたがっていたが、アクメの土地とセットでないと売れなかった。ジェシカを使って浮気現場を仕組んだのは、アクメを脅すため。殺すつもりは無かったのだ。

そこに、物陰から差し込まれるライフル銃。マルーン社長は撃たれ、エディは間一髪で逃げられた。急いで外を確認すると、走り去っていくジェシカの後ろ姿。慌てて車に戻るが、車に残したはずのロジャーがいない。ロジャーは、ジェシカにフライパンで殴られ、気絶したところをジェシカの車に詰め込まれていた。

ジェシカとロジャーを追う為、トゥーンタウンに乗り込むエディ。酒ももう必要ない。何でも有りのアニメの街に手こずるが、エディも次第にカンを取り戻していく。ついに、ジェシカを追い詰めた。彼女もエディに向かってピストルを構えるが、彼女が狙ったのはエディの背後に迫るドゥーム判事だった。仕留め損ね逃げられてしまうものの、判事が落としたライフルは、アクメを撃ったものと同じだった。これで黒幕はドゥームに決まりだ。ジェシカがロジャーを気絶させたのは、愛する夫をドゥームから守る為だった。

その間に、ロジャーは再びさらわれてしまう。エディとジェシカは、ベニーを呼び出し、トゥーンタウンを飛び出す。すると、町の外には判事が待ち受けていて、道にディップを流されてしまった。ベニーはタイヤが溶けてしまい、二人もあえなく捕えられ、トゥーン工場へと連行された。

【結】
工場で、縛り上げられるロジャーとジェシカ。エディも、二人を置いては逃げられない。ドゥームは、自らの野望を語り始めた。鉄道やトゥーンタウンを買い占めたのは、街に8車線の立派なフリーウェイを通す為だ。道路沿いには、店やタイヤショップが立ち並び、巨大な看板が乱立するだろう。判事の地位は勇退し、クローバーリーフ社の株は買い占めてある。この夢の為に、トゥーンタウンは邪魔なだけだ。ディップを搭載した特製の放水車で、街ごと消し去ってやろう。

手始めは、クレーンで釣り上げたラビット夫妻だ。イタチたちが、放水車で二人を狙う。エディは、ドゥームが席を外したすきに、突然おもしろおかしく踊り始めた。いつも仏頂面のエディが歌い踊るさまを見て、イタチたちは笑いが止まらない。一匹、また一匹と、笑いすぎて昇天していくイタチ。

イタチ退治には成功したが、動き出した放水車は止まらない。操作に四苦八苦するエディの所に、ドゥームが戻って来てしまった。工場内のトゥーンアイテムを使い、善戦するエディ。ドゥームはローラー車の下敷きになり、これで決着かと思いきや、ドゥームはペラペラになって立ち上がる。彼もまた、人型のマスクをかぶったトゥーンだったのだ。それも、両目は赤く光り、本来の声は甲高い。エディが忘れもしない、弟殺しの犯人だ。

ドゥームはなおもエディに襲い掛かるが、ディップが噴出し彼自身も呑まれてしまう。自らの作ったディップに、溶かされていくドゥーム。後には、彼の黒い衣服と人型のマスク、そしてアクメ殺しの現場に残されていたのと同じ黄色いインクだけだった。

無事に救出されたロジャーとジェシカ。ふと、ロジャーはエディの服に青いインクが付いているのを見つける。これは、アクメが生きていた時、ふざけてエディに付けた「消えるインク」だ。トゥーンたちは笑う。それは、「消えて現れるインク」だと。突然ひらめくエディ。傷心のロジャーがジェシカに宛てて書いたラブレターを取り出した。楽屋にあった、白紙の紙。見つめる皆の目の前で、だんだんとインクが浮かび上がってくる。

「トゥーンタウンは、すべてトゥーンたちのものとする」。トゥーンを愛したアクメ社長の遺言だった。トゥーンタウンの平和は守られた。トゥーンを嫌い、しかめ面で生きてきたエディも、友情の印としてロジャーに長い長いキスをしてやるのだった。

The End _MIHOシネマ

第61回アカデミー賞 視覚効果賞 編集賞 音響効果賞 受賞


みんなの評価 3.62/5.0

最高 (^0^)

この映画は凄い。
何が凄いかって全てが凄い。

最低 ( ` 3´)

タッチストーン・ピクチャーズ社のいやらしい部分が全て出た映画。
技術に頼ったなれの果て。見る価値0。





ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 テイト・テイラー 投稿日: 2020年11月08日 18:41:03 No.664 【返信】




ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜(原題: The Help 米国) 2011年 全米年間興行収入ランキング13位

アメリカ・ミシシッピ州。1960年代当時、白人家庭でメイドとして働く黒人女性は“ヘルプ”と呼ばれていた。作家志望のスキーターはメイドの置かれた立場に疑問を抱き、彼女たちにインタビューをすることに。仕事を失うことを恐れて、皆が口をつぐむ中、一人の女性の勇気が社会を揺るがすことになる……

監督 テイト・テイラー 代表作 『ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男』『ガール・オン・ザ・トレイン』『マー -サイコパスの狂気の地下室-』
脚本 テイト・テイラー
音楽 トーマス・ニューマン 代表作 『マイ・ブラザー(2009)』『007 スカイフォール』『1917 命をかけた伝令』
主演 エマ・ストーン(スキーター) 代表作 『ゾンビランド シリーズ』『ラ・ラ・ランド』『女王陛下のお気に入り』
原作 キャスリン・ストケット 『ヘルプ 心がつなぐストーリー』

上映時間 146分


登場人物

ユージニア・フェラン: 作家志望の女性。通称 "スキーター"。

シャーロット・フェラン: スキーターの母親。(アリソン・ジャネイ) 代表作 『アメリカン・ビューティー』『めぐりあう時間たち』『プールサイド・デイズ』
コンスタンティン・ジェファーソン: フェラン家の家政婦。(シシリー・タイソン) 代表作 『愛すれど心さびしく』『バーニング・クロス』『30年後の同窓会』

エイビリーン・クラーク: リーフォルト家の家政婦。(ヴィオラ・デイヴィス) 代表作 『ダウト〜あるカトリック学校で〜』『プリズナーズ』『フェンス』

ミニー・ジャクソン: ホルブルック家の家政婦。(オクタヴィア・スペンサー) 代表作 『フルートベール駅で』『ダイバージェント シリーズ』『シェイプ・オブ・ウォーター』

【起】
1960年代、アメリカ南部のミシシッピ州にある町が舞台です。

ユージニア・スキーター・フェランは、黒人メイドのエイビリーン・クラークを取材していました。彼女は、メイドは家事をする奴隷だと語ります。スキーターはそれを聞きながら、ノートに「ヘルプ(お手伝い)」と題してメモを取り始めます。今年50歳になるエイビリーンは、17人もの白人の子どもを育て上げたメイドのプロでした。そして、現在では産後うつに悩まされるエリザベス・リーフォルトの元で、家事をしながら彼女の娘を育てていたのです。

スキーターは大学卒業後、作家を志して故郷に戻ってきました。地元新聞社の「ジャクソン・ジャーナル」に採用されますが、女性だからという理由で、マーナ女史というライターが連載している家事コラムの代筆を任されることになります。

ヒリー・ホルブルックは、結婚後母親のウォルターズ夫人を引き取り、料理上手な黒人メイドのミニー・ジャクソンを雇っていました。あるときヒリーは、エリザベスの家でおこなわれるブリッジ・クラブに参加します。彼女はエリザベスの家に着くなり、黒人であるミニーも出入りするトイレットペーパーの使用量をチェックするのでした。エイビリーンと親しいミニーは、そんなヒリーの悪口を言って盛り上がります。

エリザベスたちに招かれたスキーターは、ヒリーたちに地元の新聞社に就職したことを伝えます。すでに結婚して子どもがいる彼女たちは、作家志望のスキーターを快く思っていませんでした。しかし、家事のコラムを埋めるツテとして、エリザベスからエイビリーンを紹介してもらいます。

エイビリーンに家事のイロハを教わる最中、スキーターは地元民の黒人メイドに対する仕打ちに違和感を抱くようになります。なかでも友人のヒリーは、「黒人と同じトイレを使うと病気がうつる」という迷信を信じ込み、メイドたちのトイレを屋外に作るべきだと主張していました。その上衛生法の案を作成し、ミシシッピの州知事に働きかけるありさまだったのです。スキーターはこれに反発します。

スキーターは、自分を我が子のように愛してくれた、黒人メイドのコンスタンティンの行方を気にしていました。母親のシャーロットは、コンスタンティンは仕事を辞めてシカゴで暮らしていると説明しますが、自分に何も告げずに姿を消すことはありえないと考えていたのです。

シャーロットは聞く耳をもたないどころか、結婚する素振りを見せないスキーターを、同性愛者ではないかと疑います。気分を害したスキーターは、再びコンスタンティンの件を問い詰めます。そして、彼女がクビにさせられたことを察したスキーターは、怒って家を飛び出すのでした。

スキーターはコンスタンティンとの思い出の場所に向かいます。スキーターが学校の男子から悪口を言われて落ち込んだときも、いつも彼女は励ましてくれたのです。

スキーターはエイビリーンにもコンスタンティンのことを尋ねますが、口を閉ざされます。

【承】
スキーターは、以前不採用になったニューヨークの出版社の編集長であるエレーン・スタインに、インタビューできそうなアフリカ系の女性がいると伝えます。そしてエイビリーンに会いに行き、家事コラムの件のほかにも、メイドの実態をまとめた本の執筆への協力を求めます。

当時のアメリカ南部には、ジム・クロウ法という人種を分離する法律がありました。スキーターが書こうとしていることは、法律に逆らうものであり、エイビリーンは話を聞き流すのでした。

その頃、ヒリーの話に感化されてしまったエリザベスは、黒人専用のトイレを作ろうとしますが、夫から断固拒否されます。嵐が吹き荒れたある日、ミニーは屋外に設置された黒人専用のトイレに行けずに困っていました。ウォルターズ夫人から許可を出されたミニーは、自宅(白人専用)のトイレを使おうとします。すかさずヒリーが探りに来ますが、気分を害したミニーはそのまま用を足します。ミニーの行動に激怒したヒリーは、クビを宣告しました。さらに、ミニーが燭台を盗んだとデマを流して、再就職できないように小細工もしたのです。働けなくなったミニーは、夫から暴力を振るわれるようになります。そして、やむなく娘をメイドとして働かせることになったのです。

ミニーはエイビリーンに電話をかけて、ヒリーにある復讐をしたことをスキーターに話したいと伝えます。

エイビリーンの家に招かれたスキーターは、原稿に「ヘルプ」と題してメモを取り始めます。エイビリーンは、息子を亡くしてから気難しくなったこと、話をするのが苦手であることを伝えます。しかし、書くことが得意な彼女は、毎日思いの丈を手帳に綴っており、それを読み上げていきました。感謝するスキーターに対して、神のおかげで話す気になったと答えます。

その後、ミニーは5人のメイドに断られたという、シーリア・フットに呼び出されます。シーリアはヒリーの元恋人のジョニーと結婚した女性で、貧民街出身でした。そのため、黒人差別の実情を全く知らず、誘いを受けてくれたミニーを大歓迎します。家事が苦手なシーリアは、夫のジョニーに内緒でミニーを雇い、家事を教えてほしいと頼むのでした。

チャリティー集会では、黒人専用のトイレを設置する住宅保健衛生法が、州知事に渡ったことをヒリーが知らせていました。スキーターは、その一件を会報に載せるという約束をしていましたが、実行に移していませんでした。ヒリーは気にせず、スキーターに紹介したいというスチュワート・ウィットワースという男性が、町に戻ってくることを伝えます。

ヒリーは新たにユール・メイ・デイヴィスというメイドを雇っていました。彼女は2人の子どもを必死に育てていましたが、大学に入学させるお金がどうしても足りませんでした。そこでヒリーに借金を申し込みますが、にげもなく断られてしまいます。ところが、掃除中に偶然指輪を発見したユール・メイは、それをこっそりポケットにしまいます。

【転】
スキーターの取材を受けるエイビリーンは、我が子を愛そうとしないエリザベスを非難していました。彼女は食事も着替えもオムツ替えも、全てメイドに丸投げだったのです。そこに突然ミニーがやってきます。馬鹿げたことをしていると2人を責めますが、自分も取材に協力すると言います。

その夜、3人は大いに盛り上がるのでした。

スキーターはスチュワートと会うことになりますが、全くソリが合わず、彼に突っかかって食事の席を立ってしまいます。

シーリアの家に通い続けるミニーは、彼女に料理を教えて親交を深めていきます。

ある日、自分と同じテーブルで食事をしようとするシーリアに驚きます。

エレーンはスキーターの原稿をほめますが、メイドの数が足りないと言います。

キング牧師たちによるワシントン大行進が迫っており、公民権運動が下火となってしまう前に、12人以上のメイドの話を集めるように伝えるのでした。

ほかのメイドは怖がって話には乗らず、ミニーは架空のメイドを作るように提案します。しかし、スキーターは却下します。すると、エイビリーンが自分の息子の話を語り始めます。24歳で亡くなった息子は、仕事場で車にはねられて、黒人専用の病院の前に放置されたのです。エイビリーンは息子を家に連れて帰り、看取ったのでした。

あのとき治療が施されていたら息子は助かっていたと、エイビリーンは嘆きます。そして、出版をあきらめるとこれまでの苦労が無駄になってしまうと告げるのです。

その後、スキーターはユール・メイを誘おうとします。しかし、そこにヒリーが現れて、人種差別主義者に疑われかねない行動はやめるべきだと忠告します。

その後、スキーターの元にスチュワートが謝罪にやってきます。

2人で食事に行き、彼に励まされたスキーターは付き合うことになるのでした。

数日後、スキーターはヒリーに頼まれていた会報に、ちょっとした細工をします。

「コート」を「便器」と書き換えたことから、ヒリーの自宅の庭に大量の便器が置かれて、彼女は住民たちの笑い者になってしまったのです。

ある夜、公民権運動の活動家であったメドガー・エヴァーズが、射殺される事件が起きます。

恐怖に震えたエイビリーンは、ミニーの家に向かいます。そして、自分たちは真実を語っているだけだと、励まし合うのでした。

その後、ミニーは3度目の流産をして傷付くシーリアに寄り添います。

ある日、ヒリーの家から盗んだ指輪を質屋に持ち込んだユール・メイは、エイビリーンたちの目の前で逮捕されてしまいます。

この事件をきっかけに、たくさんのメイドがエイビリーンの家に集まり、スキーターの取材への協力を申し出るのです。

スキーターの原稿を確認したエレーンは、コンスタンティンの話も入れるように指示します。

ある日、シーリアは夫から殴られたミニーの顔のアザを見つけて、彼女を手当てします。そして、自分ならやり返すと言って、ミニーをなぐさめるのでした。

11月、ケネディ大統領が暗殺され、エイビリーンは怯えます。仮名とはいえ、万が一バレてしまったら身の安全は保証できないのです。

そこでミニーは、自分がヒリーにおこなった復讐の話を書くことを提案します。

クビにされた翌日、ミニーはお詫びのチョコレートパイを持ってヒリーの元を訪ねました。ヒリーは2切れも平らげて、どうやったらこんなに美味しくできるのかとミニーに聞きます。

するとミニーは、「クソ食らえ」と答えます。なんとパイの中には、自分の便を混ぜていたのです。ヒリーは悲鳴を上げてトイレに走りますが、一部始終を見ていたウォルターズ夫人は爆笑するのでした。

その後、ヒリーは自分を嘲笑ったと罰として、彼女を老人ホームにぶち込んでしまうのでした。

ミニーはヒリーの性格上、このことを認めようとしないため、保険になると話します。スキーターはこの話を載せることを反対しますが、ミニーはそれなら自分は降りると言って、あっさりと出て行きます。

出版にこだわるエイビリーンにも後押しされ、スキーターはこの復讐談を本に書くことにするのでした。

チャリティー・パーティーが開催された日、シーリアはジョニーと一緒にヒリーの前に姿を現します。

そして酔っ払ったシーリアは、ゲームで「ミニーのパイ」を入札したヒリーに絡みに行きます。パイのことを言われたヒリーは動揺し、シーリアはその場で吐いてしまうのでした。

パーティーが終わると、実はパイの件を仕組んだのがウォルターズ夫人だったことが判明します。彼女はヒリーがミニーを追い出したこと、自分を施設に入れられたことで嫌味を言います。

【結】
スキーターはコンスタンティンのことを書くために、シャーロットから話を聞き出そうとします。

シャーロット自身はコンスタンティンのことを差別していませんでした。しかし、「アメリカの革命の娘たち」という団体の代表に任命された彼女は、ある日会長のグレーシー・ヒギンボサム夫人たちを自宅に招きます。

コンスタンティンは年齢のせいで手元がもたつき、食事の席で粗相をしてしまいます。さらに、コンスタンティンの娘が突然来訪して、会長たちは難色を示したのです。

コンスタンティンたちに恥をかかされたシャーロットは、勢いで2人を追い出してしまったのでした。その後、コンスタンティンが娘と暮らすシカゴまで迎えに行きますが、すでに彼女は亡くなった後でした。

スキーターは涙を流しながら、シャーロットの元を去ります。

いよいよスキーターの著書「ヘルプ」が出版されます。スキーターは前払い金を全額エイビリーンたちに分け与えます。

ところが、スチュワートは「ヘルプ」を読み、スキーターに身勝手だと言葉を投げかけて、一方的に別れを告げるのでした。

「ヘルプ」を読んだヒリーは、自分の失態が暴露されていることにショックを受けます。ところが、ミニーの思惑通り彼女は自分たちがモデルになっているという人々の噂を否定します。

その後、トドメとばかりにシーリアがパイの件を茶化すようなチャリティー募金を送ってきたので、ヒリーはスキーターの家に向かいます。

その頃、スキーターはニューヨークの出版社から採用通知を受け取ります。そこにやってきたヒリーは、弁護士を雇ったと言ってスキーターを脅します。動じないスキーターに苛立ったヒリーは、シャーロットに助けを求めます。しかし、シャーロットはパイの件で嫌味を言って、ヒリーを追い払うのでした。

末期がんを患うシャーロットは、スキーターが勇気を取り戻してくれたことを誇りに思うと伝えます。

いつものようにシーリア宅にやってきたミニーは、ジョニーと遭遇して気が動転します。シーリアから流産のことを聞いた彼は、妻を励ましてくれたミニーと話をしたかったのです。ジョニーは初日からシーリアがメイドを雇ったことに気付いており、ミニーが来てから彼女が見違えるように明るくなったと感謝の気持ちを伝えます。

家に入ると、シーリアが自分のために徹夜で作ってくれたごちそうが並んでいました。シーリアとジョニーは、ミニーにここで一生働いてほしいと頼みます。2人に勇気づけられたミニーは、それから夫を見限り、子どもたちと共に家を出るのでした。

ある日、教会にやってきたエイビリーンは、「ヘルプ」の出版に至るまでの行動を、皆に称えられます。それを見ていたスキーターは、エイビリーンたちを危険にさらさないために、ニューヨーク行きを断ることにします。ところが、エイビリーンとミニーは自分の道を自分で切り開くようにと声援を送り、スキーターはニューヨークに行く決心を固めるのでした。

それからしばらくして、エイビリーンはいつものように仕事に向かいます。そこにはヒリーが待ち構えており、エイビリーンが銀食器を磨いてから、数が足りないと言いがかりをつけてきたのです。

エイビリーンは盗んでいないと真っ向から否定して、ヒリーを悪魔と罵ります。そして、彼女に「疲れませんか?」と問いかけるのでした。何も言い返せなくなったヒリーはその場を去りますが、エリザベスは出て行くように命じます。事態を察したエリザベスの娘は、エイビリーンにすがりつきます。エイビリーンは彼女を抱きしめて、エリザベスに向かって「私の子を頼みます」と言って、家を出て行くのでした。

エイビリーンは一人歩きながら、生前息子が言っていた「家族から作家が出る」という言葉を思い出していました。「ヘルプ」を通して思いを表現する術を身につけた彼女は、それは自分なのだと考える場面で、物語は幕を閉じます。

The End _hmhm

第84回アカデミー賞 助演女優賞(オクタビア・スペンサー) 受賞


みんなの評価 4.13/5.0

最高 (^0^)

なんの前知識もなく、なんとなく観た映画でしたが、素晴らしいの一言です。
こんなに心から感動したお話は久しぶりでした。

最低 ( ` 3´)

面白くはなかったし、感動を狙ってるようでいまいちでした。





ガルシアの首 サム・ペキンパー 投稿日: 2020年11月08日 12:30:36 No.663 【返信】




ガルシアの首(原題: Bring Me the Head of Alfredo Garcia 米・墨合作) 1974年 全世界年間興行収入ランキング40 ランク外

メキシコの大地主が愛娘を妊娠させた男、ガルシアの首に賞金を懸けた。酒場のしがないピアノ弾きベニーは、情婦のエリータからガルシアが既にこの世にない事を聞かされ、エリータと共にガルシアが葬られた彼の故郷を目指す。だが、同じく懸賞金を狙う男たちがベニーの後を追っていた。やがて、墓場に到着したベニーはガルシアの墓を暴こうとするが……

監督 サム・ペキンパー 代表作 『ワイルドバンチ』『わらの犬』『ゲッタウェイ(1972)』
脚本 サム・ペキンパー、ゴードン・ドーソン
音楽 ジェリー・フィールディング 代表作 『野望の系列』『ワイルドバンチ』『ガントレット』
主演 ウォーレン・オーツ(ベニー) 代表作 『夜の大捜査線』『ワイルドバンチ』『デリンジャー』


上映時間 112分


登場人物

ベニー: 酒場のピアノ弾き。

エリータ: ベニーの情婦。(イセラ・ヴェガ) 代表作 『ドラム』

大地主: メキシコの大地主。(エミリオ・フェルナンデス) 代表作 『続・荒野の七人』『ワイルドバンチ』『火山のもとで』
サペンスリー: 大地主の片腕。(ロバート・ウェッバー) 代表作 『十二人の怒れる男』『動く標的』『プライベート・ベンジャミン』
クイル: 殺し屋。(ギグ・ヤング) 代表作 『ひとりぼっちの青春』『キラー・エリート』『ヒンデンブルグ』
マックス: 殺し屋。(ヘルムート・ダンタイン) 代表作 『渡洋爆撃隊』




【起】
メキシコの大地主の娘テレサは、未婚のまま妊娠していた。彼女の父親は部下に娘を拷問させ相手の男を白状させる。男の名は「アルフレッド・ガルシア」。父親はガルシアの首に100万ドルの賞金を懸ける。

100万ドルを目当てにあちこちの組織がガルシアの首を狙って動き出す。

【承】
メキシコシティの酒場ではガルシアを捜して聞き込みが始まり、ピアノ弾きをしているベニーも組織の男にガルシアの行方を聞かれる。

ベニーはガルシアと面識があった。しかし彼が今どこにいるかは知らなかった。ベニーは酒場のバーテンからガルシアは歌手のエリータとできていたと聞き驚く。実はエリータはベニーの今の恋人だった。

エリータは以前からガルシアとできており、先週も一緒だったと白状する。しかしガルシアはその直後に事故死したのだという。ベニーはその話を聞いて、酒場に来た男たちのいるホテルへ行く。男たちはベニーが4日以内にガルシアの首を持ってくれば、1万ドル支払うことを約束する。しかし失敗した場合は、ベニーの命はない。

金が欲しかったベニーはこの話に乗り、エリータに案内させてガルシアの墓を目指す。ベニーは本気でエリータのことを愛しており、彼女と結婚しようと思っていた。しかしエリータはベニーがガルシアの首を持ち帰るという話には猛反対し、もしそれを実行したら2人は別れることになると言い出す。

しかしベニーは後戻りするわけにいかず、嫌がるエリータを連れてガルシアの墓を掘り起こしに行く。いよいよガルシアの首を切ろうとした瞬間、ベニーは何者かに襲われ意識を失う。気づいたときにはエリータとともにガルシアの墓で生き埋めにされていた。

ベニーはなんとか生き延びたが、エリータはすでに死んでいた。ベニーはエリータの遺体を墓に残し、ガルシアの首を横取りした奴らを追う。グリーンのワゴンに乗ったアメリカ人の2人が犯人だとわかり、ベニーは彼らを射殺してガルシアの首を取り返す。

【転】
ガルシアの親族は墓を荒らしたベニーの行方を追っていた。ベニーは親族に取り囲まれ、ガルシアの首を奪われるが、観光客を装った組織の男たちがやってきて親族を皆殺しにする。ベニーも殺されそうになるが、撃ち合いの末に組織の男を射殺する。

ベニーは多くの犠牲を伴って手にしたガルシアの首を金と引き換えに黙って差し出すつもりはなかった。組織の奴らから首の本当の買い手を聞き出そうとするが結局撃ち合いとなり、組織の人間を皆殺しにして買い手の名前と居場所を突き止める。

【結】
ベニーはガルシアの首を持って、大地主の屋敷を訪れる。ちょうどその日はテレサの産んだ子の洗礼式の日で、屋敷内はお祝いムードに包まれていた。大地主は上機嫌でガルシアの首に100万ドルを支払うが、ベニーは彼を許せなかった。この首のためにエリータを始め16人もの人が死んだのだ。ベニーは大地主を撃ち殺し、首と金を持って帰ろうとする。しかし結局ベニーも門を出たところで蜂の巣にされる。

The End _MIHOシネマ


みんなの評価 3.98/5.0

最高 (^0^)

ペキンパーを評価しないアメリカ人が僕にはまるで理解出来ません。(*アメリカ本国では評判が悪く、本作はすぐに上映打ち切りになった。)
ここまで詩情にあふれたアメリカ映画ってそうそうないですよ?
絶対に見るべき一本です。

最低 ( ` 3´)

冒険に女を連れ回すっていうコンセプトがダサすぎる
あとは何のためにって目的部分が希薄に描かれすぎるのが…oh





赤ひげ 黒澤明 投稿日: 2020年11月07日 19:37:08 No.662 【返信】




赤ひげ(邦画) 1965年 邦画年間興行収入ランキング---   *邦画ランキングは興行収入10億円以

長崎で和蘭陀医学を学んだ青年・保本登は、医師見習いとして小石川養生所に住み込むことになる。養生所の貧乏くささとひげを生やし無骨な所長・赤ひげに好感を持てない保本は養生所の禁を犯して破門されることさえ望んでいた。しかし、赤ひげの診断と医療技術の確かさを知り、また彼を頼る貧乏な人々の姿に次第に心を動かされていくのだった……

監督 黒澤明 代表作 『醉いどれ天使』『羅生門』『七人の侍』
脚本 井手雅人、小国英雄、菊島隆三、黒澤明
音楽 佐藤勝 代表作 『ゴジラ シリーズ』『狂った果実』『御用金』
主演 三船敏郎(赤ひげ) 代表作 『銀嶺の果て』『用心棒』『レッド・サン』
原作 山本周五郎 『赤ひげ診療譚』

上映時間 185分


登場人物

新出去定: 小石川養生所の医師。通称 "赤ひげ"。

保本登: 養生所の見習い医師。(加山雄三) 代表作 『若大将 シリーズ』『椿三十郎』『八甲田山』
森半太夫: 養生所の医師。(土屋嘉男) 代表作 『七人の侍』『地球防衛軍』『薔薇の葬列』

おとよ: 貧民の娘。(二木てるみ) 代表作 『警察日記』『「粘土のお面」より かあちゃん』『青木ヶ原』


【起】
長崎で3年間オランダ医学を学んできた新米医師の保本登は、父親に言われて小石川養生所を訪ねる。養生所内を案内してくれた津川から、自分がここで働くことになっていると聞き、保本は驚く。保本は幕府に仕えるエリート医師を目指しており、貧乏人相手の養生所で働く気など全くなかった。

無料で診察して投薬してくれる養生所は、貧乏人にとっては救いの場だったが、そこで働く医師の労働条件は最低だった。津川は、赤ひげと呼ばれるここのボスのやり方についていけず、交代要員の保本が来るのを心待ちにしていた。

赤ひげと対面した保本は、ここで働く気はないと訴えるが、赤ひげは聞く耳を持たない。保本は有無を言わさずここの見習いにされ、長崎で学んだことを書き留めた書面の提出を命令される。

保本は、赤ひげの目的はオランダ医学の知識で、天野源伯と赤ひげが結託して、自分のお目見えを邪魔したのだと思い込む。保本は天野の長女ちぐさと結婚の約束をしていたが、長崎へ留学中にちぐさに裏切られ、そのことでも傷ついていた。保本は赤ひげに反発し、反抗的な態度を取り続ける。

養生所内には立ち入り禁止の離れがあり、そこには3人の男を色仕掛けで殺害した大店のお嬢様が監禁されていた。大店の主人はお杉という女中をつけて、手に負えない娘を赤ひげに丸投げしていた。赤ひげは彼女を、生まれながらの色情狂だと診察する。保本はわざと離れに近づき、お杉にたしなめられる。

養生所の医師である森は、赤ひげのことを心から尊敬しており、いつまでも子供っぽい反抗を続けている保本に苛立っていた。

ある晩、血相を変えたお杉が養生所に飛び込んでくる。ちょっと目を離した隙に、お嬢様がいなくなったらしい。お嬢様は保本の部屋に入ってきて、“私は狂ってなんかいない”と訴える。保本は彼女の誘惑に負け、かんざしで刺し殺されそうになる。そこへ赤ひげが入ってきて、保本のピンチを救う。自己嫌悪に陥っている保本を、赤ひげは責めたりせずにかばってくれる。

この一件で、保本は赤ひげを信頼できる人物だと考えるようになる。赤ひげは保本に、間もなく臨終を迎える六助の最期を看取るように言う。赤ひげは、病気の陰には貧困と無知という人間の恐ろしい不幸が隠れていると考えていた。保本は苦しそうに呻く六助を直視することができない。さらに、深手を負った女の手術の立会いの際も失神してしまい、自分の未熟さを痛感する。

【承】
養生所の病棟に入院していた佐八が倒れる。佐八は何度赤ひげに注意されても、無理をして金を稼ぎ、その金を貧困層の仲間のために使っていた。みんなは佐八を神か仏の生まれ変わりのような奴だと慕っており、佐八の容体を心配する。佐八は自分の死期を悟り、死ぬ前に住まいの長屋へ連れて行って欲しいと保本に頼む。

赤ひげは、死んだ六助の娘のおくにと話をしていた。六助は最後まで何も話さなかったが、この親子にも壮絶に悲しい過去があった。六助の妻は若い男を作って逃げ、その男をつなぎとめるためにおくにと男を夫婦にさせた。おくには母親と夫の関係を知りながら、夫との間に3人の子供をもうけていた。六助は苦労している娘を訪ね、“孫を連れて家へおいで”と声をかけてくれたが、おくには父親に甘えることはできなかった。

母親の死後、夫は借金を重ね、“六助に金をもらってこい”とおくにに命令する。おくにはずっと子供のために我慢してきたが、その我慢も限界に達し、夫を刺して怪我をさせたというのだ。その話を聞いた赤ひげは、子供を信頼できる長屋の五平次に預けることにして、おくにに付き添って奉公所へ向かう。保本は佐八と子供3人を長屋へ連れて行く。

しばらくして、赤ひげがおくにとともに長屋へ来る。赤ひげは奉行所の島田を妾のことで脅し、おくにを無罪にして、おくに親子のために十両の金を巻き上げていた。それを保本に白状し、“自分は卑劣な男だ”と語る。

その夜はひどい雨で、長屋の裏山が崩れる。すると泥の中から骸骨が出てくる。佐八は集まった長屋の住人や保本に、“あれは私が埋めた私の女房だ”と言って、自分の過去を語り始める。

昔、佐八はおなかという奉公女中と恋に落ち、彼女を口説き落として結婚した。おなかは自分の家族に佐八を会わせようとはしなかったが、2人の結婚生活は夢のように幸せだった。ところが、江戸に巨大地震が起こり、おなかが行方不明になってしまう。佐八は方々を訪ね歩いておなかを捜すが、おなかの行方はわからなかった。

2年が過ぎた頃、佐八は浅草で、赤ん坊をおぶったおなかと再会する。佐八は深い事情は聞かず、胸をえぐられるような気持ちでおなかと別れる。しかしそれからしばらくして、おなかの方から佐八を訪ねてくる。おなかには故郷に親の決めた許婚がいたが、佐八と結婚するために親に歯向かってその男と別れていた。佐八と結ばれ、おなかもバチが当たるのではないかと恐怖を感じるほど幸せだった。だからあの地震を天のお告げと考えてしまう。おなかは故郷の許嫁と一緒になり、腑抜けのようになっていたが、佐八と再会して本当の自分を取り戻す。そしておなかは、佐八に抱かれて自害してしまう。佐八は長屋の裏におなかを埋め、おなかの供養と償いのため、人に尽くしてきた。

過去を話し終えた佐八は、“おなか、綺麗だよ”と言って両手を高々と広げ、そのまま息を引き取る。

【転】
保本は子供だった自分を恥じ、養生所の医療服に着替えて仕事に励み始める。この医療服を着ている医者には、貧乏人でも安心して声をかけられるというのが、佐八の教えだった。

保本は赤ひげの通い診療に付き添う。赤ひげは殿様や金持ちに高額な診察料を請求し、その金を貧乏人に還元していた。

赤ひげは岡場所で遊女の診療もしており、病気の遊女には客を取らせないよう忠告していた。赤ひげと保本は、そこでおとよというまだ12か13の娘が、女主人のきんからひどい折檻を受けているのを目にする。おとよは高熱を出しており、赤ひげは彼女を養生所で引き取ることにする。きんは金になるおとよを奪われまいと、用心棒の男衆を呼ぶ。赤ひげは骨継ぎの要領で男衆を懲らしめ、強引におとよを連れて帰る。

赤ひげからおとよを任された保本は、彼女を自分の部屋に置いて看病する。幼い頃からひどい目に遭わされてきたおとよは、なかなか心を開いてくれない。おとよは、わざと保本を困らせ、保本の愛情を試す。保本はそんなおとよがかわいそうで、“本当はいい子なのに”と涙を流す。

ある朝、おとよがいなくなり、保本は夢中で彼女を捜す。おとよは道で物乞いをしていた。昨晩茶碗を壊してしまったおとよは、その金で新しい茶碗を買う。一部始終を見ていた保本は、自分が未熟なせいだとおとよに詫びる。おとよは保本にすがりついて泣き出す。

その日からおとよは素直にご飯を食べ、元気を取り戻す。しかし今度は、疲れが蓄積していた保本が倒れてしまう。高熱を出して寝込んでしまった保本を、おとよが献身的に看病する。赤ひげは、保本の看病をすることが、おとよの心の治療になると考えていた。

保本が寝込んでいると聞き、天野の次女のまさえが見舞いにやってくる。まさえは姉の裏切りに心を痛め、何度も保本を訪ねていた。保本は元気になったら一度実家へ顔を出すと約束する。そんな2人の様子を、おとよがじっと見つめていた。

久しぶりに母親と会った保本は、天野が保本に気を使い、初孫を産んだちぐさを家に入れないのだという話を聞く。母親から、天野を安心させるためにも妹のまさえを嫁にもらえと言われ、保本は困惑する。まさえはおとよにまで着物を持たせてくれる、心優しい女性だった。

ところが、おとよはまさえからもらった着物をドブに捨ててしまう。保本から話を聞き、赤ひげは、今は保本への溢れ出す愛情に困ってすねているが、その愛情が他へ向くようになるから心配ないとアドバイスする。

【結】
着物のことで、台所仕事をする女衆からも孤立してしまったおとよは、ひとりで片付けものをしている時に、おかゆを盗もうとしていた長次と遭遇する。長次はまだ7歳だったが、あちこちで泥棒をしており、女衆は「小鼠」と呼んで警戒していた。女衆は必死で長次を追いかけるが、おとよは知らんぷりをする。そのことで、さらにおとよは女衆から叱られる。

保本と女衆は、物干し場で、長次とおとよの会話を盗み聞きする。おとよは、“泥棒はいけない”と長次を諭す。しかし長次の家も、どうしようもないほど貧乏だった。おとよは、“毎晩余ったご飯を持ってきてあげる”と長次に約束する。2人の会話を聞いていた女衆は、涙を流す。そして、気づかないふりをして、おとよにご飯を多めに回してやる。

そんなある日、きんがおとよを連れ戻しにくる。おとよは、“私はここにいます”と、初めてきんに堂々と反抗する。きんは怒り狂うが、おとよを守ろうとする女衆たちの剣幕に押されて帰っていく。その日、おとよはまさえの着物に着替える。

いつものようにご飯を持ってきてくれたおとよに、長次は“これからみんなでいいところへ行くんだ”と、別れを告げる。長次は新しい着物を着たおとよを“今日の姉ちゃんは綺麗だ”と褒め、寂しそうに笑って去っていく。

その夜、養生所に一家心中した家族が担ぎ込まれる。それはネズミ殺しを飲んだ長次の一家だった。長次は少し毒を吐いたが、予断を許さない状態だった。おとよが枕元にいくと、長次は虫の息で“嘘をついてごめんよ”と謝る。保本は、改めて長次の一家がどんなに苦しい日々を過ごしてきたのかを思い知る。その時、外から不思議な声が聞こえてくる。それは、井戸に向かって名前を呼べば、あの世へ行こうとしている者を呼び戻せるという迷信を信じ、長次の名を叫んでいる女衆の声だった。おとよも外へ飛び出し、大声で長次の名前を叫び続ける。みんなの願いが届いたのか、長次は毒を吐いて持ち直す。

保本はまさえとの結婚を決め、赤ひげが仲人に立って結納の日を迎える。盃を持ってきたのはちぐさだった。保本には近々幕府へ仕える昇進の話がきていたが、保本は一同を前にこのまま養生所に残ると宣言する。まさえも家族も、保本の意思を尊重してくれる。

赤ひげには怒られるが、保本は譲らない。“お前はバカだ 後悔するぞ”という赤ひげの言葉は、“残ることを許す”という意味だった。保本は赤ひげにお礼を言って、嬉しそうに赤ひげの後をついていく。

The End _MIHOシネマ


みんなの評価 4.45/5.0

最高 (^0^)

時代や年齢問わず、不変的な永久の名作。
テンポ、映像、格差、医学、ストーリー、ドラマ、喜劇悲劇が全て詰まってます。

最低 ( ` 3´)

自分の感覚を信じきれずに頭で映画を作るダメな方の黒澤映画。





来る 中島哲也 投稿日: 2020年11月05日 18:32:01 No.661 【返信】




来る(邦画) 2018年 邦画年間興行収入ランキング31 ランク外   *邦画ランキングは興行収入10億円以上

幸せな新婚生活を送る田原秀樹は、勤務先に自分を訪ねて来客があったと聞かされる。取り次いだ後輩によると「チサさんの件で」と話していたというが、それはこれから生まれてくる娘の名前で、自分と妻の香奈しか知らないはずだった。そして訪問者と応対した後輩が亡くなってしまう。2年後、秀樹の周囲でミステリアスな出来事が起こり始めた......

監督 中島哲也 代表作 『下妻物語』『嫌われ松子の一生』『告白』
脚本 中島哲也、岩井秀人、門間宣裕
音楽 Various Artists
主演 岡田准一(野崎) 代表作 『天地明察』『図書館戦争 シリーズ』『ザ・ファブル』
原作 澤村電磁(澤村伊智) 『ぼぎわんが、来る』

上映時間 134分


登場人物

野崎和浩: オカルトライター。

田原秀樹: サラリーマン。(妻夫木聡) 代表作 『ウォーターボーイズ』『ジョゼと虎と魚たち』『悪人』
田原香奈 : 秀樹の妻。(黒木華) 代表作 『舟を編む』『小さいおうち』『日日是好日』
田原知紗: 田原夫妻の娘。(志田愛珠)

比嘉真琴: 霊媒師の血をひくキャバ嬢で野崎の恋人。(小松菜奈) 代表作 『渇き。』『坂道のアポロン』『予告犯』
比嘉琴子: 日本最強の霊媒師で真琴の姉。(松たか子) 代表作 『四月物語』『HERO』『夢売るふたり』



【起】
小学生の少年少女。山の中で少女は「あんたもあれによばれる」と告げ、その後消息を絶ちました。少年の名前は田原秀樹。現在は東京でサラリーマンをしている秀樹は法事のため、新妻の香奈と実家に帰ってきます。そこで幼い日、病床の祖父と二人きりの家に恐ろしい何かがやって来たことを思い出しますが、行方不明になった少女の名前など細かいことはよく覚えていませんでした。一方、妻の香奈は、自堕落な母に虐げられながら育ち、スーパーで働いていたところを秀樹に見初められ結婚しました。しかし、家族の温もりを知らない彼女は秀樹の実家や賑やかな同僚たちに馴染めないでいました。新居のお披露目パーティで妊婦の香奈は気疲れしてしまいます。そんな彼女にやさしく接したのは夫の親友、津田でした。

ある日、秀樹の職場で後輩の高梨重明が突然血まみれになって倒れてしまいます。大したケガではなかったものの、その後彼は入院してしまい、暗い病室で人が変わったように暴言を吐き、一年後に亡くなりました。

【承】
娘の知紗は二歳になり、“イクメンパパ”の秀樹は育児ブログに没頭する毎日。でも実際は、部屋は荒れ放題、妻の香奈はノイローゼで寝室に籠っています。それは恐ろしい何かがやって来て部屋を荒らしたからでした。秀樹は津田に相談し、ライターの野崎和浩とその知り合いのキャバ嬢霊媒師・比嘉真琴を紹介してもらいます。しかし真琴に「ちゃんとやさしくすれば来なくなる」と言われた秀樹は怒って飛び出し、しばらくしてから帰宅すると、そこには野崎と真琴が…。心配して来てくれた二人と楽しそうに笑う香奈と知紗。

久しぶりに穏やかな時間を過ごした秀樹たちでしたが、翌日、再び部屋に「あれ」がやって来て皆の目の前でお守りが切り裂かれます。するとそこへ真琴の姉、日本屈指の霊媒師である琴子から電話が入り、この後どうするか、指示を受けます。家族を避難させ、再びスマホにかかってきた琴子の指示どおり、「あれ」を迎え撃つ準備をしていると家の電話に琴子から電話が! 恐怖で混乱する秀樹。スマホの琴子は偽物で、本物が正しい指示をするも時すでに遅し、秀樹は下半身を奪われ絶命しました。

【転】
香奈は再びスーパーで働くも、体の弱い知紗はよく熱を出し、保育園から呼び出されることが多く、イライラして娘にあたり散らす悪循環の日々。そんな時、津田から連絡が…。実は香奈は秀樹が生きている頃から津田に悩みを話し、いつしか男女の仲になっていたのでした。
何もかもうまくいかず幻覚が見えるようになっていた香奈はある日、真琴に留守番を頼み、おしゃれして津田に会いに行きます。ベッドで愛し合う二人。津田の背中には異様な傷が浮かび上がっていました。

野崎は津田が田原家の仏壇に置いたお護り札が「あれ」を呼び込む呪いの札であることを突き止め、真琴がそれを破いて燃やしました。
帰宅した香奈は真琴に「知紗あげるよ」と言います。そんな香奈たちに再び「あれ」が襲いかかり、真琴が二人をかばい一人ベランダに出ると、ガラス一面に血が…。知紗を抱いて逃げ出した香奈はどこかへ逃げろと野崎に言われるも、頼れるところはどこにもありません。店でオムライスを嬉しそうに食べた知紗を連れ、トイレに入った二人に迫る「なにか」。ドアを破って覗いた「それ」は香奈の母の顔をしていました。「知紗を返せ」香奈は一人、トイレで血まみれになって死にました。

【結】
真琴は一命を取りとめ病院に。琴子が邪気を祓い、起き上がれるまでに回復します。琴子は野崎に自分がこの事態を正常に戻すと告げ、日本全国から霊能力者を招集しますが一部は見えない何かによって殺されてしまいます。琴子は国家権力をも巻き込んで田原家のあるマンション一帯を封鎖し、大々的な祓いの儀式の準備を進めます。野崎はマンションの掃除を指示されて部屋に入ると、そこには霊媒師・逢坂セツ子と秀樹が座っていました。ブログを更新している秀樹の手にナイフを突き立てたセツ子。痛くないのは死んでいるから、と言われ、秀樹は消滅しました。部屋の掃除を終えて儀式の準備が整うと琴子が現れ、野崎はきちんと見届けるべく部屋に残る決意をします。何時間もかけ、何十人もが祈り、踊り、その時を待ちます。

夜になり、琴子は知紗がすべての元凶だとして縛り上げ祓おうとしています。そのたびに苦しそうにゆがむ知紗の顔。野崎は知紗を救おうと、儀式に使う大切な鏡を奪って割ってしまいます。外の舞台は崩れ、次々と人々が倒れていきます。琴子は苦しみながら虫を吐き出します。琴子でさえ心の弱い部分につけ込まれていたのです。渦巻く禍々しい流れから真琴をかばい、野崎に知紗を託してベランダから突き落とした琴子。そのあと部屋の窓から想像もつかないような大量の血が噴き出すのでした。
血だらけのままコンビニで飲み物を買った野崎は、駅のホームで知紗を抱いた真琴と合流します。知紗はやさしい真琴の腕の中でオムライスの国の夢を見ているのでした。

The End_映画ウォッチ


みんなの評価 3.18/5.0

最高 (^0^)

平穏な日常が突然、得体の知れないものに奪われる。
その恐怖が良く描かれていたと思いました。

最低 ( ` 3´)

役者は凄い頑張ってる
ただ脚本が壊滅的に酷すぎる
とにかく2時間無駄にしたと言う気持ちしか残らない映画





イングロリアス・バスターズ クエンティン・タランティーノ 投稿日: 2020年11月01日 19:24:34 No.659 【返信】




イングロリアス・バスターズ(原題: Inglourious Basterds 米国) 2009年 全米年間興行収入ランキング24位

第二次世界大戦中、アメリカ軍のアルド・レイン中佐はユダヤ系アメリカ人ら8人を率いてドイツ軍占領下のパリに潜入し、ナチス=ドイツの中枢を破壊するという任務を遂行することになる。選りすぐりの荒くれ者を率いてパリに乗り込んだレインはゲッペルス国民啓蒙・宣伝相らナチス幹部が列席するというナチス=ドイツ国策映画のプレミアに目をつけ、これに乗り込む計画を立てるが……

監督 クエンティン・タランティーノ 代表作 『レザボア・ドッグス』『パルプ・フィクション』『ジャンゴ 繋がれざる者』
脚本 クエンティン・タランティーノ 代表作 『トゥルー・ロマンス』『ナチュラル・ボーン・キラーズ』『フロム・ダスク・ティル・ドーン』
音楽 Various Artists
主演 ブラッド・ピット(アルド) 代表作 『テルマ&ルイーズ』『セブン』『スパイ・ゲーム』

上映時間 153分


登場人物

アルド・レイン: 米陸軍中尉。連合軍の特殊部隊 “イングロリアス・バスターズ(名誉なき野郎ども)” 隊長。

ショシャナ・ドレフュス: ユダヤ系フランス人。(メラニー・ロラン) 代表作 『マイ・ファミリー 遠い絆』『オーケストラ!』『6アンダーグラウンド』

ハンス・ランダ: ナチス親衛隊大佐。(クリストフ・ヴァルツ) 代表作 『ジャンゴ 繋がれざる者』『ビッグ・アイズ』『007 スペクター』
フレデリック・ツォラー: 独国防軍一等兵。(ダニエル・ブリュール) 代表作 『グッバイ、レーニン!』『ベルリン、僕らの革命』『ラッシュ/プライドと友情』



【起】
ナチス占領下のフランス。人里離れた牧草地で慎ましく暮らしていたラパディットの一家の前にランダというドイツ将校が現れる。ランダは総統からの命令でラパディットの近所に住んでいたユダヤ人家族について知っていることはないかと尋ねられた。ラパディットは知っている限りの話をランダにする。ランダはラパディットにユダヤ人を匿っているなら差し出せと脅す。家族を護るため、ランダは渋々、匿っていたユダヤ人の居場所を教えてしまう。ランダはラパディットの目の前で、彼が匿っていたユダヤ人一家を銃殺した。匿われていた一家の娘、ショシャナはただ一人、銃撃を免れその場から逃げ出す。ランダは気紛れからそのショシャナを追わなかった。

連合軍のアルドは、部下をまとめて民間人に偽装し、フランス入りする計画を立てていた。ナチの頭の皮を百枚剥いで来いとアルドは部下に命じた。

自分の部下を次々と殺されたヒトラーは怒っていた。ユダヤの熊と呼ばれるアルドの部下が猛威を振るっている。一刻も早く捕まえて来いと命じるヒトラー。それから、ヒトラーはアルドの隊に襲撃されて生存したブッツという名の兵士に会った。アルドの隊はアメリカに帰化したユダヤ人やナチスに反旗を翻したドイツ人で構成されていた。彼らは死んだ兵の頭皮を剥いだり、捕虜をバットで撲殺したり、惨たらしい殺し方をした。ブッツの報告にヒトラーは怒り狂う。

【承】
ナチスによる虐殺を逃れ、フランス人に扮していたユダヤ人のショシャナは、映画館で勤めていた。上映作品の看板を貼り換えていると、若いドイツ人の兵士に話しかけられた。平静を装い、話を切り上げようとするショシャナにドイツ兵は名前を尋ねた。ショシャナはエマニュエルという偽名を使った。ドイツ兵はフレデリックと名乗った。フレデリックはショシャナをユダヤ人だと疑ったわけではなく、異性として興味を持っただけだった。

フレデリックはショシャナにアプローチをかけるが、ショシャナはドイツ人である彼を追い払おうとする。それでも、フレデリックは努めて温和で礼儀正しく振る舞った。二人で話しているとフレデリックを訪ねて将校や身形の良いドイツ人がやってきた。フレデリックはドイツ人から戦争の英雄と呼ばれていた。戦場で何をしたのかとショシャナはフレデリックに尋ねた。彼は狙撃手として窮地を凌ぎ、類稀なる戦果を残していた。殺した人数を自慢げに話すフレデリックに呆れたショシャナは彼の前から立ち去った。

【転】
映画館の仕事に戻ったショシャナの前に親衛隊の将校が現れ、彼女を連行した。連れて来られた先はドイツ人の集まるバーで、そこにはフレデリックがいた。ショシャナの正体がばれたわけではなく、フレデリックによるパーティへの招待だった。フレデリックはドイツのナンバー2のヨーゼフにショシャナを紹介した。フレデリックはドイツの英雄を語った映画をショシャナの映画館で上映させたいと願っていた。そこに、ショシャナの一家を殺したランダが現れた。ショシャナは絶句する。ランダはショシャナのことを覚えていたが、彼女がユダヤ人であることを周りの者に秘密にした。またもやランダの気紛れに生かされたショシャナは、彼が去った途端緊張が解け、涙を流した。映画館に戻ったショシャナは可燃性であるフィルムを使って、集まったドイツ兵をまとめて焼き殺そうと計画する。

イギリスでは、ショシャナの映画館にドイツの高官が集まるという情報を仕入れ、アルドの隊と協力して映画館ごとドイツの支配階級を爆破しようと計画を立てていた。

ショシャナは雇っていた黒人の映写技師と協力して、ドイツ人の最期に相応しい映画を撮影しようとしていた。完成したフィルムを映写機にセットして準備を整えたショシャナはロビーに集まったドイツ人たちを見下ろす。そこにはイギリスの作戦に乗じたアルドたちの姿もあった。

【結】
続々とドイツ兵が会場入りする最中、イギリスの計画はドイツに筒抜けだった。会場の警備を取り仕切るランダの手により、アルドたちは捕えられてしまう。トラックに乗せられたアルドたちが連れて来られたのはバーだった。ランダはアルドに取引を持ちかける。自分が映画館に報せを入れれば、アルドたちの作戦は失敗する。しかし、このまま見過ごせば戦争は今日で終わるかも知れない。自国の負けを予感していたランダは、アルドに連合国へ投降する代わりに、連合国は戦後の裁判で自分の無罪を下すよう要求した。しかし、アルドは上手すぎるその話を疑っていた。だが、アルドの上司がランダの要求を呑んだため、アルドはランダと協力することになった。

一方、劇場ではショシャナが計画を実行しようとしていた。しかし、またしてもフレデリックに邪魔される。執拗なアプローチを繰り返すフレデリックをショシャナは銃で撃った。フレデリックを瀕死に追いやったショシャナだが、彼女も反撃を受けて死んでしまう。だが、計画そのものは映写技師の手によって実行された。スクリーンは燃え上がり、人々は逃げ惑い、施錠されたドアに縋りつく。館内でドイツ人の悲鳴と映写機が流すショシャナの笑い声が響いた。

アルドと共に国境を越えたランダ。アルドを解放し、降伏を宣言した後、ランダは自ら捕虜になった。銃を返却されたアルドはランダの部下を撃ち殺し、頭の皮を剥いだ。アルドはランダの投稿を受け入れた。だが、彼がナチスだったという事実が消えないよう、ナイフで彼の額に鉤十字の傷痕を残した。

The End _MIHOシネマ

第82回アカデミー賞 助演男優賞 受賞


みんなの評価 3.66/5.0

最高 (^0^)

映画を観る時は頭を空にして柔軟な心持ちでいたつもりが、実際は固定概念を持ち込みまくっていたことを教えられました。
史実にのっとったストーリーだからこういうオチになるわけはない、という壁を思い切りブッ壊されて痛快です。

最低 ( ` 3´)

いや〜久しぶりに見たくそ映画だった
何を伝えたいかよくわかんねないし長いし面白くない。





フィラデルフィア ジョナサン・デミ 投稿日: 2020年11月01日 17:05:05 No.658 【返信】




フィラデルフィア(原題: Philadelphia 米国) 1993年 全米年間興行収入ランキング12位

エリート弁護士のアンドリューはある日エイズに感染していることを告げられる。それを知った弁護士事務所は彼を解雇。アンドリューはこれをエイズ差別による不当解雇として訴訟に踏み切ろうとする。しかし誰も弁護人を引き受けてくれず、彼はかつてのライバルだった黒人のミラーの元に向かったのだったが……

監督 ジョナサン・デミ 代表作 『メルビンとハワード』『羊たちの沈黙』『レイチェルの結婚』
脚本 ロン・ナイスワーナー 代表作 『スミサリーンズ』『燃えつきるまで』『ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気』
音楽 ハワード・ショア 代表作 『スキャナーズ』『羊たちの沈黙』『ロード・オブ・ザ・リング シリーズ』
主演 トム・ハンクス(ベケット) 代表作 『フォレスト・ガンプ/一期一会』『プライベート・ライアン』『ハドソン川の奇跡』

上映時間 125分


登場人物

アンドリュー・ベケット : 大規模法律事務所の弁護士。

ジョー・ミラー: ベケットのライバルの弁護士。(デンゼル・ワシントン) 代表作 『遠い夜明け』『トレーニング デイ』『マイ・ボディガード』

サラ・ベケット: ベケットの母親。(ジョアン・ウッドワード) 代表作 『赤い崖』『イブの三つの顔』『レーチェル レーチェル』

ミゲール・アルヴァレス: ベケットの恋人。(アントニオ・バンデラス) 代表作 『デスペラード シリーズ』『暗殺者』『マスク・オブ・ゾロ』

チャールズ・ウィーラー: ベケットが勤める法律事務所の社長。(ジェイソン・ロバーズ) 代表作 『ウエスタン』『大統領の陰謀』『ジュリア』

ルーカス・ガーネット: 判事。(チャールズ・ネイピア) 代表作 『ブルース・ブラザース』『羊たちの沈黙』『オースティン・パワーズ シリーズ』


【起】
アンドリュー・ベケットはペンシルヴェニア州フィラデルフィア市随一の大規模法律事務所のシニアアソシエイトである。彼は同性愛者でありエイズ患者であることを同僚に隠している。彼は事務所にとり大変重要な案件を任される当日に、同僚の一人が彼の額の病変に気付く。彼はラケットボールによる傷だと説明するが、実際はカポジ肉腫によるものである。

ほどなくしてベケットは自宅にて病変を隠す手段を求め数日間事務所を休む。その間に先の事件の起案を終え書類を事務所に持参し、秘書に訴状を翌日(提訴時効完成日)に提出するよう指示する。翌朝、彼は書類の所在を問う電話を受ける。書類の写しは見当たらず、パソコンにも控えはなかったからである。訴状は結局別の場所で見つかり、きわどいところで裁判所に提出される。その翌日、ベケットは事務所のパートナーらに解雇される。

【承】
ベケットは、誰かが意図的に書類を隠し事務所に解雇の口実を与えたのだと考え、解雇の実質的理由はエイズ診断の影響だと確信する。彼は何人もの弁護士に弁護を依頼し、不法行為が専門の黒人弁護士ジョー・ミラーも頼る。ミラーは同性愛者を嫌悪し、ベケットから感染するのではないかと不安に駆られる。依頼を断ると即座にミラーはなじみの医師を呼び、感染してないか確認する。医師は通常の接触では感染しないと説明する。

受任してくれる弁護士が見つからないベケットは、本人訴訟を決意する。図書館で訴訟に向けて検討を加えているベケットをミラーが目撃する。図書館員がベケットにエイズ差別に関する本があったと告げる。他の利用者が落ち着かない様子で見つめる中、職員は個室へ移るように仄めかす。彼らの態度に落胆し、自身もその場で別の職員から冷たい視線を向けられたミラーは、べケットに近寄り彼が収集した資料に目を通して事件受任を決意する。

【転】
裁判が始まると、事務所のパートナーらは証言台で、それぞれベケットが能力不足であり意図的に症状を隠したと証言する。被告は何度もベケットが同性間性交によりエイズに罹患したので彼は被害者ではないと主張する。そのやり取りの中で、ベケットの病変に気付いたパートナーのウォルター・ケントンが以前、エイズ感染した女性事務員と仕事をしていたことが判明し、ベケットの病変にも気付いたのではないかと疑われる。ケントンは、ベケットと違い彼女には責任がなく、ベケットの病変には気付かなかったと証言する。病変が目立つことを証明するために、ミラーは証言台のベケットに上半身を見せるように促し、陪審はそれと認める。

【結】
ベケットは開廷中ついに倒れ病院に運ばれる。その後、別のパートナーのボブ・サイドマンが、ベケットの病変に気付きエイズ感染を疑っていたが、誰にも告げずベケットにも釈明の機会を与えなかったことや、そのことへの深い後悔を証言する。陪審はベケットに有利な評決を下し、未払い報酬、慰謝料、懲罰的賠償を認める。評決後、ミラーは視力を失いつつあるベケットを病院に見舞い、恐怖心を克服し彼の顔に触れる。ベケットの家族が病室を去ると、ベケットは相方のミゲールに死を迎える覚悟ができていると告げる。ミラーの家にミゲールから電話があり、ジョーと妻は夜中に起こされ、ベケットの死が暗示される。葬儀の後、ベケットの自宅でミラーも含む弔問客が一同に会し、子供時代の幸せなベケットのビデオを見る。

The End _Wikipedia


第66回アカデミー賞 主演男優賞 主題歌賞 受賞


みんなの評価 3.83/5.0

最高 (^0^)

どう死ぬかではなく、どう生きるかということを考えさせられる映画です。
主人公の生き様を通して偏見、差別、病気、死という重いテーマを前向きにすら感じさせる素晴らしい作品だと思います。

最低 ( ` 3´)

点数高いから期待して観て損した。
全然泣けない。





<< | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
掲示板管理者へ連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | この掲示板を支援する