画像掲示板~シネマ~


| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

カウンター

今日、昨日、合計:65、101、67023

Let's enjoy movies together!(о´∀`о)
Name
E-Mail
Title
URL
FileUP
Key (英数字で8文字以内)
Color

幸せなひとりぼっち ハンネス・ホルム 投稿日: 2020年11月21日 20:33:34 No.674 【返信】




幸せなひとりぼっち(原題: En man som heter Ove 瑞国) 2015年 全世界年間興行収入ランキング100 ランク外

愛妻に先立たれ失意のどん底にあったオーヴェの日常は、パルヴァネ一家が隣に引っ越してきたことで一変する。車のバック駐車や病院への送迎、娘たちの子守など、迷惑な彼らをののしるオーヴェだったが、パルヴァネは動じない。その存在は、いつしか頑なな彼の心を解かしていく……

監督 ハンネス・ホルム 代表作 『青空の背後』
脚本 ハンネス・ホルム
音楽 グーテ・ストラース
主演 ロルフ・ラッスゴード(オーヴェ) 代表作 『ゴシップ』『アフター・ウェディング』『ソニア ナチスの女スパイ』


上映時間 116分


登場人物

オーヴェ: 鉄道会社のベテラン整備工。

ソーニャ: オーヴェの妻。(イーダ・エングヴォル) 

パルヴァネ: オーヴェの家の向かいに引っ越してきたイラン人。(バハール・パルス) 代表作 『オペレーション:ラグナロク』


【起】
スウェーデンの小さな町で暮らすオーヴェは、半年前に最愛の妻ソーニャに先立たれ、寂しい日々を送っていた。彼は毎朝自主的に町を見回り、町の安全と秩序を守っている。しかし、気が短いので誤解されやすく、近所の人からは変人扱いされていた。

59歳になるオーヴェは、43年間、鉄道局の職員としてまじめに働いてきた。しかし、退職を待たずしてリストラの対象にされてしまい、会社をクビになってしまう。

人生に絶望したオーヴェは、ソーニャが死んでからずっと考えていた自殺を決行する。天井のフックにロープをかけ、まさに首を吊ろうとした時、家の前が騒がしくなる。向かいに引っ越してきたペルシャ人一家の車が、うまくバックできなくて困っていた。オーヴェは自殺を中断し、運転を代わってやる。その一家は、妊娠中のパルヴァネという元気な母親とその夫のパトリック、そして幼い姉妹のいる4人家族だった。

翌朝、オーヴェはいつものように見回りに出て、パルヴァネ一家のトレーラーに「駐車禁止」のメモを残す。家の前の道は、車の通行が禁止されていた。しかし、ルネの家に通っている介護施設の職員は、何度言っても車での通行をやめない。その男は、タバコのポイ捨てまでしていた。

オーヴェは毎日ソーニャの墓へ出かけ、彼女に話しかけていた。ソーニャが死んでから、腹の立つことばかりで、オーヴェは愚痴をこぼし続ける。

オーヴェが再び首を吊ろうとしていると、玄関の呼び鈴が鳴る。それがあまりにしつこいので、オーヴェは仕方なくドアを開ける。外にはパルヴァネ一家がいて、昨日のお礼にとペルシャ料理を持ってきてくれた。オーヴェは迷惑だったが、一応受け取っておく。

【承】
今度こそ本当に首を吊ったオーヴェは、薄れゆく意識の中で、昔のことを思い出す。

オーヴェの母親は、彼が7歳の時に亡くなった。まじめで無口な父親とオーヴェは、静かに母親の死を悲しむ。

鉄道局で働いていた父親は、車いじりと家の修理が大好きで、オーヴェに車の構造を教えてくれた。父親はお人好しの正直者で、オーヴェはそんな父親が大好きだった。しかし父親は、オーヴェが16歳の時、車庫に入ってきた電車に轢かれて亡くなってしまう。

天井から吊るしたロープが切れ、オーヴェは意識を取り戻す。死ねなかったオーヴェは、パルヴァネの作ったペルシャ料理を食べる。彼女の料理は、とてもおいしかった。

オーヴェは、体が不自由になっているルネの家へ行き、ホースを返してもらう。ついでに奥さんのアニタから頼まれていたヒーターの修理をする。オーヴェとルネは親友だったが、小さな行き違いから仲がこじれ、長い間疎遠になっていた。オーヴェはルネに“この世とお別れする”と打ち明ける。するとルネは、オーヴェの持ったホースを引っ張る。ルネは話せないだけで、こちらの話は分かっているようだった。

【転】
オーヴェは車の排気口にホースをつなぎ、一酸化炭素中毒死を試みる。薄れていく意識の中で、オーヴェはまた昔のことを思い出す。

父親が亡くなった後、オーヴェは父親と同じ鉄道局に就職する。ある晩、隣の家が火事になり、オーヴェは室内に取り残されていた老人と子供を助ける。その間に、オーヴェの家も燃え始める。役所の人間は“解体予定の家だから”と言って、消火作業を中止させる。

家を失ったオーヴェは、車庫に停車中の電車で眠る。翌日、目覚めた時には電車が走り出しており、目の前には美しい女性が座っていた。それがソーニャとの出会いだった。ソーニャは笑顔でオーヴェの切符代を払ってくれる。

次の日からオーヴェは毎朝同じ電車に乗り、ソーニャを捜す。そして3週間後、ついにソーニャと再会する。オーヴェは彼女に“軍隊にいる”と嘘をつき、お金を返そうとする。しかし彼女は、“お金よりもレストランで食事をしたい”と申し出る。

高級レストランで、オーヴェはスープだけを注文する。ソーニャに理由を聞かれ、オーヴェは“君が好きなものを注文できるように食事を済ませてきた”と答える。オーヴェは正直に、自分は列車の清掃係で、家も焼けて貧乏であることを告白する。するとソーニャは、いきなりオーヴェに熱烈なキスをする。彼女はオーヴェの誠実な人柄を愛してくれた。2年後、オーヴェはソーニャにプロポーズし、2人はめでたく結婚する。

そこでオーヴェの意識が戻る。ちょうどパルヴァネがやってきて、パトリックがハシゴから落ちて病院へ運ばれたので、車で送って欲しいと頼みにくる。彼女は免許を持っていなかった。病院でオーヴェは姉妹の世話を頼まれ、絵本を読んでやる。姉妹はオーヴェに懐いてくれた。

なかなか死ねないオーヴェは、電車に飛び込もうと駅のホームに立つ。ところが、隣の男性が倒れてホームに転落してしまい、オーヴェは彼を助ける。オーヴェはやはり死ねなかった。

パルヴァネ一家が引っ越してきてから、オーヴェの生活が少しずつ変わり始める。オーヴェは彼女に車の運転を教えてやり、怪我をした野良猫まで飼い始める。オーヴェは口が悪く怒りっぽいので誤解されやすいが、とても心の優しい男だった。

オーヴェはパルヴァネをソーニャのお気に入りだった店へ連れていき、ルネとのことを話す。オーヴェとルネは似た者同士で、理想も一緒だった。オーヴェは初代地区会長となり、ルネは副会長になる。そして2人は、協力して理想の町を作っていく。

ところが、車の趣味の違いという些細な相違点が発端となり、2人はだんだん疎遠になる。後にルネが地区会長に立候補して当選したことで、2人は完全に決裂する。

パルヴァネはオーヴェになぜ子供がいないのかを聞いてみるが、オーヴェは何も答えなかった。

【結】
オーヴェは姉妹とすっかり仲良くなり、猫も可愛がる。ソーニャの教え子だったという若者のために、自転車の修理もしてやる。そんなオーヴェを、地元紙の女性記者が訪ねてくる。彼女はオーヴェが駅のホームで人を助けた現場にいて、それを記事にしたがっていた。しかしオーヴェは、それを断る。

パルヴァネは明るくなったオーヴェに、一緒にソーニャのものを整理しようと言ってみる。彼女はオーヴェに前へ進んで欲しかった。しかしオーヴェは怒り出し、“ソーニャ以外の人間はどうでもいい”と言ってしまう。

ちょうど通行禁止の道を介護施設の男の車が走っており、オーヴェは車の前に飛び出す。介護職員の男は、オーヴェのことをいろいろと調べており、ソーニャのことやオーヴェの病気のことまで知っていた。オーヴェは深く傷つき、その夜再び自殺を図ろうとする。しかし、ソーニャの教え子の若者とゲイの友達が家を訪ねてきて、ゲイの若者を家に泊めることになってしまう。

翌日、いつものように見回りに出たオーヴェの後を、ゲイの若者や近所の青年、そして猫がついてくる。近所の青年は、明日ルネが施設に連れて行かれるのだと話す。アニタはそれを望まず、3年も抵抗を続けていた。何も知らなかったオーヴェは、2人のために動き出す。

しかしオーヴェは、役所に文句を言うことぐらいしかできない。パルヴァネは、人を頼ろうとしないオーヴェの頑固さに腹を立てていた。パルヴァネに厳しく叱られ、オーヴェは初めてソーニャのことを語り始める。

待望の赤ちゃんを身ごもったソーニャは、赤ん坊が生まれる前にスペインへ旅行に行きたいと言い出す。2人はスペインで楽しい時間を過ごすが、帰り道でバスが崖下に転落し、ソーニャは意識不明の重体となってしまう。

ソーニャは一命を取り留めたが、お腹の赤ちゃんを失ってしまう。ソーニャは悲しみを乗り越え、車椅子生活を送りながら教師の資格を取る。しかしどこの学校でも車椅子の教師は採用してくれない。政府や役所は何もしてくれず、オーヴェは自力で学校にスロープをつけ、ソーニャを援護する。そのおかげで、彼女は特別学級の教師になり、問題を抱えた子供たちのために戦い、愛された。そして半年前、ガンで亡くなっていた。

翌日。ルネの家にやってきた介護施設の職員は、あの女性記者に不正な所得隠しを暴かれ、“編集長に話してもいいか”と脅される。家の前には、オーヴェやパルヴァネ、そして町の住民たちが集まっていた。男は、尻尾を巻いて帰っていく。

その帰り、オーヴェが心臓発作を起こして救急車で運ばれる。オーヴェの心臓は大きすぎるが、命に別条はないという医師の説明を聞き、パルヴァネは“死ぬのが下手ね”と言って笑い出す。そしてそのまま産気づき、赤ちゃんを出産する。

オーヴェはパルヴァネの赤ちゃんに、昔我が子のために作ったゆりかごをプレゼントする。パルヴァネの赤ちゃんを抱いたオーヴェは、優しいおじいちゃんの顔になっていた。

冬のある朝。目を覚ましたパルヴァネは、8時を過ぎているのにオーヴェが雪かきをしていないのに気づく。夫婦が急いで寝室に駆けつけると、冷たくなったオーヴェの上で猫が寝ていた。オーヴェは自分の寿命を悟り、きちんと遺言を残していた。

オーヴェの葬儀には多くの住民が集まる。彼は偏屈だったが、みんなから愛されていた。そしてオーヴェは、あちらの世界で、愛するソーニャと再会する。

The End _MIHOシネマ


みんなの評価 4.18/5.0

最高 (^0^)

こんな風にかかわり合って生きていけたらいいなと思える作品でした。
みんな色々な事情を抱えて生きている。
一人では何もできなくても、周りと助け合えば何とかなることもある。

最低 ( ` 3´)

盛り上がりの無いダラダラと退屈な映画。





ショーシャンクの空に フランク・ダラボン 投稿日: 2020年11月19日 18:51:58 No.672 【返信】




ショーシャンクの空に(原題: The Shawshank Redemption 米国) 1994年 全世界年間興行収入ランキング35位

妻とその愛人を射殺したかどでショーシャンク刑務所送りとなった銀行家アンディ。初めは戸惑っていたが、やがて彼は自ら持つ不思議な魅力ですさんだ受刑者達の心を掴んでゆく。そして20年の歳月が流れた時、彼は冤罪を晴らす重要な証拠をつかむのだが……

監督 フランク・ダラボン 代表作 『グリーンマイル』『マジェスティック』『ミスト』
脚本 フランク・ダラボン 代表作 『ブロブ/宇宙からの不明物体』『ザ・フライ2 二世誕生』『フランケンシュタイン(1994)』
音楽 トーマス・ニューマン 代表作 『キルトに綴る愛』『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』『パッセンジャー』
主演 ティム・ロビンス(アンディ) 代表作 『ジェイコブス・ラダー』『ミスティック・リバー』『隣人は静かに笑う』
原作 スティーブン・キング 『刑務所のリタ・ヘイワース』

上映時間 143分


登場人物

アンドリュー・デュフレーン: 冤罪で刑務所送りとなった元銀行員。通称 "アンディ"。

エリス・ボイド・レディング: ベテラン受刑者。通称 "レッド"。(モーガン・フリーマン) 代表作 『ドライビング Miss デイジー』『セブン』『ミリオンダラー・ベイビー』
ブルックス・ヘイトレン: 最年長受刑者。(ジェームズ・ホイットモア) 代表作 『戦場』『愛情物語』『マジェスティック』

ボッグズ・ダイアモンド: 受刑者派閥のリーダー。(マーク・ロルストン) 代表作 『BODY/ボディ』『ラッシュアワー』『ソウ5』

トミー・ウィリアムズ: 新人受刑者。(ギル・ベローズ) 代表作 『REM レム』『ボディ・ハント』『スキャンダル 〜人生のターニングポイント〜』

サミュエル・ノートン: 刑務所長。(ボブ・ガントン) 代表作 『グローリー(1984)』『デモリションマン』『アルゴ』
バイロン・ハドリー: 刑務主任。(クランシー・ブラウン) 代表作 『ダブルボーダー』『ザ・ハリケーン』『バトルフロント』


【起】
メイン州の大手銀行で副頭取をしていたアンディは、妻とその愛人を殺害した容疑者として法廷に立っていた。事件のあった夜、妻は離婚話をして家を出て行き、アンディはバーで酒を飲んで妻の愛人宅の前まで行く。しかし愛人宅に乗り込むことはせず、自殺用に準備していた銃も川へ捨て、家に帰る。ところが、妻と愛人はその夜何者かに射殺され、アンディが逮捕されてしまう。アンディは無実を主張するが聞き入れられず、終身刑の判決を受ける。

1947年、アンディはショーシャンク刑務所に収監される。新人がやってくる日、囚人たちは誰が1番最初に泣くかで賭けをするのが恒例だった。その日も賭けが行われ、消灯後に泣き出した新人は、ハドリー刑務主任に激しい暴力を受けて死亡する。それがこの刑務所の現実だった。

殺人の罪で終身刑を言い渡され、この刑務所に20年も服役している古株のレッドは、囚人たちの調達屋をしている。レッドに手数料さえ払えば、タバコや酒など、ほとんどのものは調達してくれた。収監されてから1ヶ月が過ぎた頃、アンディはレッドにロックハンマーの調達を頼む。レッドは凶器にもなりうると警戒するが、アンディの人柄を信用して、ロックハンマーを調達する。それはとても小さなツルハシのようなもので、アンディは趣味の鉱物集めに使うのだと言っていた。

レッドたち囚人からも「人間のクズ」と呼ばれているホモのボグズは、上品なアンディに目をつける。洗濯係に配属されたアンディは、ボグズ一味につけ狙われ、無理やり犯されてしまう。アンディはそれから2年間、ボグズに追い回され、生傷の絶えない日々を送る。

【承】
1949年の春。レッドの仲間たちとアンディは、屋上の修理作業をする係に選ばれる。そこでハドリー刑務主任が相続税の愚痴をこぼしているのを聞いたアンディは、非課税で遺産を相続できる方法を教え、「無料で書類も作成するので、仲間にビールを飲ませてくれ」と頼んでみる。ハドリー刑務主任はその取引に応じ、冷えたビールを用意してくれる。アンディのおかげで、レッドたちはシャバにいるような開放感を味わう。

刑務所での有り余る時間を有効に使うため、アンディは拾った鉱物でチェスの駒を掘り始める。その時、独房の壁がもろいことを発見し、レッドにリタ・ヘイワーズという女優のポスターを頼む。

映画鑑賞の日、映写室でボグズに犯されそうになったアンディは、抵抗して半殺しの目に遭わされる。アンディはひどい怪我で1ヶ月も診療室で過ごすことになり、ボグズは懲罰房に入れられる。アンディを重宝がっていたハドリー刑務主任は、障害が残るまでボグズを痛めつけ、病院送りにしてしまう。レッドたちは、診療室から戻ったアンディを温かく迎える。

ハドリー刑務主任からアンディの話を聞いたノートン所長は、抜き打ち検査を装ってアンディの独房を訪れる。ノートン所長はアンディを使えると判断し、図書係に任命する。50年近くも1人で図書係をしてきた老人のブルックスは、話し相手ができたことを喜ぶ。アンディは図書室で刑務官たちの資金運用の相談に乗り、便利な無料会計士として重宝がられる。

仮釈放されることになったブルックスは、刑務所の外へ出ることを恐れ、仲間をナイフで刺そうとする。刑務所暮らしの長いレッドには、ブルックスの気持ちが痛いほどわかった。刑務所を出されたブルックスは、塀の外での暮らしに馴染めず、結局自殺を図る。

アンディは、毎週州議会に手紙を出し、刑務所の図書室への予算を求め続ける。そして6年後、アンディの要望が聞き入れられ、200ドルの小切手と古本やレコードが送られてくる。その中にオペラのレコードを見つけたアンディは、刑務官の制止を無視して、館内放送でオペラを流す。アンディはそのせいで懲罰房に入れられてしまうが、囚人たちは美しい歌声に癒される。アンディはどんな状況の中でも希望を失ってはいけないと考えていた。しかしレッドは「ここで希望を持つことは危険だ」と忠告する。

【転】
1959年、アンディの努力が実り、州議会からの予算はさらに増える。1963年頃には、図書室で音楽まで聴けるようになっていた。

ノートン所長もアンディを信用し、自分のお抱え会計士にする。ノートン所長は、社会奉仕という名目で、刑務所の外での仕事を安く受注し始める。ノートン所長の狙いは、その収益をピンハネすることと、仕事を回して欲しい業者から賄賂を受け取ることにあった。アンディは、不正な収入を架空の口座に小分けで入金し、所長の隠し財産を守ってやる。

1965年、刑務所にトミーという青年が入所してくる。トミーはあちこちで盗みを繰り返し、様々な刑務所を渡り歩いてきた。しかし結婚して子供もできたため、高卒の資格を取りたいのだとアンディに相談する。アンディは、1年間トミーに根気よく勉強を教え、高卒資格の試験を受けさせる。

アンディが妻と愛人のプロゴルファーを殺した罪で服役していると知ったトミーは、別の刑務所で一緒だった男の話を思い出す。その男は何百件もの盗みを重ねている凶悪な強盗犯で、逢引中の人妻とプロゴルファーを殺したと話していた。そして、自分の代わりに人妻の亭主が捕まったのだと笑っていた。

トミーの話を聞いたアンディは「真犯人が見つかったので再審請求したい」とノートン所長に訴える。しかしアンディを手放したくない所長は、アンディを懲罰房に入れてしまう。そしてトミーを呼び出してハドリー刑務主任に射殺させ、彼が脱獄しようとしたと嘘の話をでっち上げる。トミーが高卒資格試験に受かった直後のことだった。

懲罰房から戻ったアンディは、何かを思い悩んでいるようだった。アンディはレッドに「ジワタネホというメキシコの町へ行き、海沿いでホテルを経営したい」と夢を語る。アンディは「必死に生きるか、必死に死ぬかの二択しかない」とも語っており、レッドはアンディが自殺をするのではないかと不安になる。その日アンディは「もし仮釈放になったら、バクストンという牧草地を訪れ、目印となる樫の木の近くにある黒曜石の下を掘り返せ」とレッドに伝えておく。

【結】
その夜、レッドは不安で眠れなかった。そして翌朝、朝食前の点呼にアンディが現れない。昨夜の消灯時には独房にいたアンディが、忽然と姿を消していた。アンディの独房を訪れたノートン所長は、ポスターの裏の壁に大きな穴があるのを見つけ、呆然とする。

1966年、アンディは長い時間をかけて計画してきた脱獄を決行する。アンディは、ポスターで隠した壁に、小さなロックハンマーでコツコツと穴を掘り続けていた。そして昨夜、その穴を抜けて下水管の通る場所まで行き、下水管の中を460メートルも這って刑務所の外へ出たのだ。

外へ出たアンディは、ビニール袋に入れて持ち出したノートン所長の靴とスーツに着替え、町の銀行を回って、ノートン所長の架空口座を解約していく。アンディは、架空口座の名義人の出生証明や免許証も用意しており、疑われることなく37万ドル以上の大金を手にする。さらにアンディは、ノートン所長の不正と刑務所内での殺人を告発する書類を新聞社に送っておく。

この事実はすぐに新聞の一面で報道され、刑務所には警察がやってくる。トミーを殺害したハドリー刑務主任は逮捕され、追い詰められたノートン所長は頭を撃ち抜いて自殺を図る。アンディから無記名の絵葉書を受け取ったレッドは、自由の身となったアンディの姿を想像して、爽快な気分を味わう。しかし、やはり彼のいない日々は空虚だった。

仮釈放委員会の審判を受けたレッドは、自分の気持ちを正直に語り、仮釈放を許可される。40年ぶりに外の世界へ出たレッドは、ブルックスと同じ道を辿りそうになるが、アンディとの約束を思い出し、バクストンの牧草地へ向かう。

牧草地の先には、アンディが言った通りの場所があり、黒曜石の下には古いクッキーの缶が埋まっていた。中には「私のところへ来て、仕事を手伝って欲しい」と書かれたアンディからの手紙とお金が入っていた。ずっと孤独だったレッドは、胸が熱くなる。

レッドはアンディと同じく必死で生きる道を選び、仮釈放の規則を破って町を出る。そしてバスを乗り継いで国境を超え、アンディが暮らしたいと言っていたジワタネホの町を目指す。ジワタネホの砂浜にたどり着いたレッドは、ボートの修理をしていたアンディと再会し、抱擁を交わす。

The End _MIHOシネマ


みんなの評価 4.52/5.0

最高 (^0^)

何回も見ています。
そしてはじめて見てから、まだこれを超える作品にめぐり合えません。

最低 ( ` 3´)

評判が良いので見てみたが内容も思い出せない程度の並の秀作。
全く泣けなかったし・・・
なぜこんなに評価されているのかよく分からない。





スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス ジョージ・ルーカス 投稿日: 2020年11月15日 19:50:00 No.671 【返信】




スター・ウォーズ
エピソード1/ファントム・メナス
(原題: Star Wars: Episode I The Phantom Menace 米国) 1999年 全米年間興行収入ランキング1位

遠い昔、はるか彼方の銀河系。銀河共和国と対立するようになった通商連合が銀河の重要な交易ルートである惑星ナブーを封鎖する事件が起き、共和国から2人のジェダイ騎士、クワイ・ガン=ジンとその弟子オビ=ワンがナブーに派遣される。命を狙われた2人は、ナブーの女王アミダラを連れて星を後にする。やがて一行はやむをえず、砂漠の惑星タトゥイーンに到着するが、強いフォース(理力)を持つ9歳の少年アナキンと出会う……

監督 ジョージ・ルーカス 代表作 『アメリカン・グラフィティ』
脚本 ジョージ・ルーカス
音楽 ジョン・ウィリアムズ 代表作 『シンドラーのリスト』『未知との遭遇』『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』
主演 リーアム・ニーソン(クワイ=ガン) 代表作 『シンドラーのリスト』『マイケル・コリンズ』『96時間 シリーズ』


上映時間 137分


登場人物

クワイ=ガン・ジン: ジェダイ・マスターでオビ=ワン・ケノービの師匠。

オビ=ワン・ケノービ: クワイ=ガンの弟子。(ユアン・マクレガー) 代表作 『ムーラン・ルージュ』『ビッグ・フィッシュ』『ドクター・スリープ』

シミ・スカイウォーカー: 奴隷。(ペルニラ・アウグスト) 代表作 『愛の風景』『ゴシップ』『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』
アナキン・スカイウォーカー: シミの息子。(ジェイク・ロイド) 代表作 『ミルドレッド』『ジングル・オール・ザ・ウェイ』
C-3PO: アナキン製作プロトコル(儀礼・通訳用)ドロイド。

パドメ・ネイベリー: "アミダラ"の称号を持つナブー星の女王。(ナタリー・ポートマン) 代表作 『レオン』『クローサー』『ブラック・スワン』
ジャー・ジャー・ビンクス: 惑星ナブーの原住民。
R2-D2: ナブー王室専用機用アストロメク(多用途の修理および整備用)・ドロイド。

シーヴ・パルパティーン: 銀河共和国連邦の元老院議員。別名 "ダース・シディアス"。(イアン・マクダーミド) 代表作 『ゴーリキー・パーク』『スリーピー・ホロウ』
ダース・モール: ダース・シディアスの弟子。(レイ・パーク) 代表作 『スリーピー・ホロウ』『X-MEN』『G.I.ジョー シリーズ』

ヌート・ガンレイ: 通商連合総督。

ヨーダ: ジェダイ評議会の長。
メイス・ウィンドゥ: ジェダイ評議会の長老メンバー。(サミュエル・L・ジャクソン) 代表作 『パルプ・フィクション』『交渉人』『コーチ・カーター』



【起】
遠い昔、はるか銀河のかなたで…。銀河共和国に混乱が訪れようとしていた。辺境の星との交易についての意見の相違が原因だ。貪欲な通商連合は武力に訴え、惑星ナブーへの航路を封鎖する。共和国の元老院議会は議論ばかりで役に立たず、元老院議長は2人のジェダイを秘密裏に送り込む。

クワイ=ガン・ジンと弟子のオビ=ワン・ケノービ、2人のジェダイたちは特使を装って通商連合の船を訪れる。連合総督は彼らがジェダイだと気づき、裏から指令を送っていたダース・シディアスに指示を仰ぐ。シディアスはナブーへの侵略とジェダイたちの暗殺を試みる。クワイ=ガンたちは通商連合の企みに気づき、ナブーへの船にもぐりこむ。

ナブーにたどり着いたクワイ=ガンとオビ=ワンは、偶然海底都市に住むグンガ人の1人、ジャー・ジャーの命を救う。ジャー・ジャーは2人を故郷に招待するが、グンガ人の王は彼らを歓迎しなかった。彼らはナブーの地上に住む種族を嫌っており、ナブー侵攻を人事だと思っていた。クワイ=ガンたちは通商連合に見つからないルートを教わり、ジャー・ジャーを連れ地上へ向かう。

通商連合はナブーの都市を制圧、アミダラ女王を捕らえた。クワイ=ガンたちは護衛を攻撃し、アミダラ女王と数名の部下と惑星ナブーを脱出、コルサントへ向かう。しかし船は通商連合の攻撃を受ける。小さなドロイドR2-D2が船を修理したが、船は燃料補給のためギャングのハットが支配する惑星タトゥイーンに着陸した。ダース・シディアスは弟子のダース・モールをアミダラ女王捜索に派遣する。

【承】
クワイ=ガンとジャー・ジャー、R2-D2は部品を手に入れるため部品屋へ向かう。アミダラ女王の侍女パドメも同行する事となった。部品屋には奴隷で機械いじりが得意な少年アナキン・スカイウォーカー(後のダース・ベイダー)がいた。彼は母親とともにずっと奴隷の生活をしていた。パドメはすぐにアナキンと仲良くなった。共和国通貨では支払えないと言われ、クワイ=ガンは困ってしまう。砂嵐が来たため、アナキンは自分の住まいにクワイ=ガンたちを招待した。

アナキンはパドメに、自分が組み立てているドロイドC-3POを見せる。アナキンはジェダイが奴隷を解放に来てくれたのだと思っていたので、タトゥイーンに来た理由を聞いてがっかりしてしまう。金がなくて部品が買えない事を知ったアナキンは、ポッドレースで自分が金を稼ぐと言い出した。クワイ=ガンは船を担保に、アナキンをレースに出すよう、部品屋のワトーに交渉する。クワイ=ガンはアナキンに強いフォースの力を感じていた。

クワイはワトーに、レースに勝ったらアナキンを連れていくという賭けを持ち掛ける。レースの結果、アナキンは並外れた操縦技術を示し、見事レースに優勝した。クワイはアナキンを連れていくこととなった。初めは純粋に喜ぶアナキンだったが、母との別れにはまだ幼すぎた。船内で不安に駆られるアナキンを、パドメは優しく慰める。出発直前に現れたダース・モールと名乗る暗黒卿も心配の種だった。

【転】
アミダラ女王たちを乗せた船は無事元老院のある惑星コルサントに到着した。ナブーの代表議員であるパルパティーンは、腰の重い元老院議長の不信任を提言するよう、アミダラ女王に持ち掛ける。選挙により、新議長候補にパルパティーンが選ばれた。しかしアミダラ女王は故郷の人々と運命を共にするため、ナブーへ戻ることを決意する。一方アナキンはジェダイ評議会に引き合わされた。ヨーダ達評議会は、アナキンのフォースの強さを認めながらも、彼の心にダークサイドへと通じる恐怖を感じ取り、修行の開始を保留した。クワイ=ガンは評議会の要請を受け、オビ=ワン、アナキンとともにアミダラ女王に随行する。

惑星ナブーに秘密裏に着陸した一行は、沼地の種族グンガ人に協力を頼みに行く。グンガ王の態度は冷たく、地上の種族が自分たちを見下していると考えていた。その時、パドメがアミダラ女王の前に進み出る。アミダラ女王として今まで話していたのは影武者で、本当のアミダラ女王はパドメだったのだ。グンガの王の前で膝をつくパドメを見て、彼らは協力を決める。パドメはグンガ人の軍がドロイド軍をおびき出す隙に総督を捕らえる作戦を計画する。アミダラ女王たちの到着に気づいた通商連合軍とダース・モールは、迎え撃つ準備を始めていた。

【結】
グンガ軍の待つ平原に、ドロイドの大群が攻めてきた。王宮のドロイド軍が手薄になり、パドメとクワイ=ガンたちは作戦を開始する。パドメたちは飛行場を攻撃、飛行部隊が戦闘機で大気圏外へ飛び立つ。アナキンもR2-D2とともに戦闘機に乗り込んだが、そこで隠れているように言われてしまう。パドメたちは玉座に向かうが、ダース・モールが立ちはだかる。パドメたちを先に行かせ、クワイ=ガンとオビ=ワンが応戦する。

ボタンをいじるうち、アナキンを乗せた戦闘機が空へ飛び出してしまった。戦闘機は、飛行部隊の目的地と同じ、ドロイド軍を操っている母船へと向かっていた。

善戦していたグンガ軍だったが大量のドロイドにはかなわず、パドメたちも連合総督に取り囲まれてしまった。ジェダイ2人もダース・モールの力に苦戦する。扉に阻まれたオビ=ワンの目の前で、クワイ=ガンがダース・モールに倒されてしまう。オビ=ワンは師の敵をとるため、ダース・モールと一騎打ちに突入するが、窮地に追い込まれていた。

大気圏外では、アナキンが戦闘機を自在に操り、母船の破壊に成功する。これによってドロイドはすべて機能を停止し、形勢は一気に逆転する。オビ=ワンもクワイ=ガンのライトセイバーを使ってダース・モールを打ち倒す。クワイ=ガンはオビ=ワンにアナキンのことを託し息絶えた。戦に敗れた通商連合は、元老院で裁かれる事となる。

クワイ=ガンの遺言が尊重され、アナキンはオビ=ワンの弟子として修行をすることとなった。まだ暗黒卿が滅びてはいないという不安要素を持ちながらも、惑星ナブーの人々は、再び訪れた平和を祝うのだった。

The End _MIHOシネマ



みんなの評価 3.81/5.0

最高 (^0^)

観客を置いてけぼりにするようなアクのある独創感があってよかったと思います。
のちのち、評価が高まってくるタイプ。

最低 ( ` 3´)

なぜか評価は高いようだが、個人的には普通につまらない。
どこがつまらないかというと、ほとんど全部だ。





タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら イーライ・クレイグ 投稿日: 2020年11月15日 18:10:44 No.670 【返信】




タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら(原題: Tucker and Dale vs Evil 加・米合作) 2010年 全世界年間興行収入ランキング100 ランク外
 
とても仲がいい中年男のタッカーとデイルは、手に入れたばかりの別荘で休暇を過ごすため森へやって来る。しかし、同じころに近所にキャンプに来た大学生グループから、森の奥深くに住む殺人鬼と勘違いされてしまう。さらに、二人が川でおぼれかけていた女子大生を救出したことが誤解を招き、思いもよらぬ事態へと発展していく……


監督 イーライ・クレイグ 代表作 『リトルデビル』
脚本 イーライ・クレイグ、モーガン・ユルゲンソン
音楽 マイク・シールズ 代表作 『ジンジャー スナップス 』『エリシャ・カスバートの ラブ・ゲーム』『ボンテージ・ポイント』
主演 タイラー・ラビン(デイル) 代表作 『追撃者(2002)』『猿の惑星:創世記』『エスケープ・ルーム』


上映時間 89分


登場人物

デイル: トイレ工事業者。

タッカー: デイルの親友。(アラン・テュディック) 代表作 『ワンダー・ボーイズ』『ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式』『3時10分、決断のとき』

チャド: 大学生グループのリーダー格。(ジェシー・モス) 代表作 『沈黙の絆』『ゲスト』『ファイナル・デッドコースター』
アリソン: 大学生グループの一員。心理学専攻。(カトリーナ・ボウデン) 代表作 『ピラニア リターンズ』『アメリカン・パイパイパイ!完結編 俺たちの同騒会』



【起】
ウエストバージニア州・アパラチア山脈。3日前。仲の良い大学生グループが馬鹿騒ぎをしながら車を走らせていた。途中でビールを積み忘れたことに気づき商店を訪れるが、店員や客の不気味な雰囲気に恐怖を抱く。その客の1人であるデイルは可愛い女子大生(アリソン)に目を奪われていたが、大きい体格に見合わず小心者で、声を掛けることに尻込みをしていた。友人のタッカーはそんなデイルを励まし、話しかけるよう嗾けた。デイルは勇気を持ってアリソンに話しかけるが、やはり怖がられ逃げられてしまう。

タッカー達は湖の近くに買った別荘を訪れた。中は埃まみれで、“大虐殺”“生存者1名”と書かれた新聞の切り抜きが張られていた。不気味な雰囲気だったが、タッカー達は気にしていなかった。

チャド(大学生)は友人達に、20年前の森で起こった“大虐殺事件”の話をした。被害者は森に遊びに来た大学生グループだった。生存者は1人だけで、他は全員行方知れずになっており、遺体は森の下に埋まっていると言われていた。

大学生達は湖で遊ぶことにした。その一方で、アリソンはチャドから告白を受けていた。だが、好きではなかったため、話を誤魔化して皆の元に行くことにした。アリソンは崖の上で服を脱ぎ飛び込もうとしたが、タッカー達に見られていることに気づき、驚いて湖に落ちてしまう。タッカー達は湖で夜釣りを楽しんでいたのだ。アリソンが浮かび上がってこないため、タッカー達は急いで救出に向かった。助けた後、アリソンの友人達にそのことを教えようとするが、怖がられて逃げられてしまう。タッカー達はとりあえずアリソンを別荘に運ぶことにした。

【承】
チャド達は恐ろしい風貌から、デイル達が殺人鬼ではないかと疑っていた。仲間の1人が保安官を呼びに行き、他の者達で別荘の様子を伺った。その頃、アリソンは頭を手当され、デイルから食事を提供されていた。アリソンはなぜここにいるのか分からず戸惑うが、デイルから昨夜のことを説明され納得した。初めはデイルに対して恐怖心を抱いていたが、心優しい性格であることを知り徐々に打ち解けていった。

タッカーは蜂の巣が中に入っていた丸太を切ってしまい、大量の蜂に襲われてしまう。チェーンソーを持ったまま森の中を逃げ惑った。それを見た大学生達は殺されると誤解して、散り散りに逃げて行った。しかし、1人の学生がタッカーに気を取られながら走っていたため、飛び出ていた木の枝に飛び込み腹を刺してしまう。

タッカーが蜂に顔を刺された状態で帰って来た。タッカーはアリソンの友人達が逃げたのは蜂アレルギーを持っているせいだと誤解していたが、アリソンはタッカーを恐れて逃げたことが分かっていた。アリソンは友人達を探しに行こうとするが、デイルにそれを止められ、自分とタッカーで探しに行くと言われる。デイルはアリソンの前で良い恰好がしたかったのだ。アリソンは仕方なくそれを受け入れ、友人は他人に批判的だから気をつけろと忠告した。

チャド達は木の枝に刺さった友人の遺体を見て、デイル達の仕業と誤解する。森から逃げようとするが、チャドがそれを止めた。チャドはタッカー達と戦うつもりだった。チャド達が揉めていると、タッカー達がやって来たので慌てて隠れた。タッカー達は大学生を呼びながら森を歩いていた。しかし、なかなか大学生達が現れなかったため、手斧で木を彫り伝言を残すことにした。木には、“おめえの友達預かってる”と彫られていた。

【転】
アリソンは友人達を待っている間、屋上トイレを作っているデイルを手伝うことにした。牧場で育ったため、力仕事には慣れているのだ。仲良く作業をしていると、木の棒を持った男子学生が走って来た。アリソンはデイルを突き飛ばして窮地を救うが、男子学生は躓いてしまい、自分が持っていた棒に突き刺さってしまう。その一方で、男子学生がタッカーを襲おうとして、誤って粉砕機に突っ込んでいた。タッカーは学生の足を持って引っ張ろうとするが、助けることはできなかった。

タッカーとデイルは別荘で落ち合い、大学生が死んだことを話した。大学生が集団自殺を行っていると思い、刃物を全て家の中に隠すことにした。タッカー達は大学生に自殺の道連れにされることを恐れるが、警察に通報することはできなかった。現場の状況から見て、自分達が殺人犯だと疑われると思ったのだ。

生き残った大学生3人は恐怖に震えながら逃げようとするが、チャドは攻撃の手を止めようとはしなかった。チャド達が揉めていると、パトカーのサイレンの音が聞こえていた。3人の大学生達は保安官に助けを求めるが、チャドは保安官なんて当てにはならないと、パトカーに乗り込む友人達を馬鹿にしていた。

タッカー達が遺体の始末をしていると、保安官がやって来た。タッカーは保安官に事情を説明するが、やはり信じてはくれなかった。保安官は気絶したアリソンを見るため、別荘の中へと入った。しかし、別荘の中は柱の修理がまだ終わっておらず危険な状態だった。保安官が柱に持たれてしまい、壊れた柱から飛び出た釘が頭に刺さってしまう。保安官は無線機で助けを呼ぼうとしてパトカーに向かって行き、そのまま息絶えた。

チャドはデイルの犬を犬質に取り、アリソンを連れてくるように脅した。デイルがネイルガンを撃って気を逸らせている隙にタッカーが犬を逃がすが、チャド達に見つかってしまう。タッカーはそのまま捕まり、木に逆さまに宙吊りにされた。チャドは友人の敵としてタッカーの指を切り落とした。

目を覚ましたアリソンはデイルの話を聞いて驚愕した。誤解を解くためチャド達と話し合おうとするが、外に出ると変な包み紙が落ちていた。その包み紙はタッカーのシャツで、中には切られた指が入っていた。そして、一緒に入っていたメモには、友達を助けたければ来いと書かれていた。アリソンはタッカーを助けに行こうとしたデイルを引き留め、友人達は自分を守るために戦っていることを打ち明けた。タッカーはアリソンの話にショックを受けるが、タッカーを助けるために出て行った。

【結】
チャドと生き残った女子学生が別荘の中に入り、アリソンを助け出そうとした。アリソンはデイル達がいい人だと話し誤解を解こうとするが、チャドはそれを信じなかった。デイル達を悪魔だと称し、報復するのは仕方がないことだと思っていた。チャドはデイルを庇うアリソンの態度が気に入らず、手斧で脅しながらデイルを好きになったのか質問した。アリソンがチャドの異様な雰囲気に恐怖を抱いていると、タッカーを連れてデイルが帰って来た。

アリソンは誤解を解くため、お茶を入れて皆で話し合うことにした。チャドは“大虐殺事件”のことを話し始めた。大学生だったチャドの母は、チャドの父である恋人の前で虐待をされた。何とか抵抗して犯人の元から逃げ出すが、チャドの父はそのまま殺されてしまう。チャドの父の遺体は今も見つかっていなかった。チャドの母は施設に入っていたため、チャドはこの話を祖母から聞かされていたのだ。

チャドの友人達が外から現れ、タッカー達は殺されそうになる、何とか攻撃を躱して逃げていると、チャドがランプを投げてきた。すると、チャドが別荘に撒いていたガソリンに引火し、男子学生に燃え移ってしまう。火はさらに広がり、燃料へと引火しそうだった。デイルはタッカーとアリソンと共に家の外に飛び出した。チャドは辛うじて生きていた友人に足を捕まれ、逃げ遅れてしまう。だが、チャドは酷い火傷を負っていても生きており、立ち上がると斧を持ってタッカー達を追ってきた。タッカー達はトラックに乗って逃げるが、木にぶつかって気絶してしまう。

デイルが目を覚ますと、アリソンがいなくなっており、タッカーは瀕死の状態で木に倒れていた。デイルはアリソンと関わったことを後悔するが、タッカーに自分を卑下するなと叱られる。デイルはタッカーに励まされ、アリソンを助けに行くことにした。

アリソンはチャドによって殺されそうになるが、デイルによって助け出される。デイルはアリソンを連れ、空き家の地下から逃げ出した。その空き家の二階には新聞が置いてあり、“大虐殺事件”の犯人が捕まったことが書かれていた。犯人の顔はチャドにそっくりだった。デイル達は追ってきたチャドにそのことを伝えた。チャドはショックを受け、半狂乱になりながら襲ってきた。デイルはチャドがアレルギーを持っている茶葉を投げつけた。チャドは窓から外に倒れてしまい、木に刺さって死んでしまう。

今回の事件は“大学生による集団自殺と、異常な殺人犯”として報道された。入院しているタッカーは、デイルがアリソンをデートに誘ったか心配するが、デイルはアリソンとボウリングに行く約束をしていた。その後、デートに出かけたデイルはアリソンに告白しようとするが、なかなか言えず口籠ってしまう。すると、アリソンがデイルにキスをして、同じ気持ちだと伝えた。

The End _MIHOシネマ


みんなの評価 3.99/5.0

最高 (^0^)

もしこの映画を楽しめる余裕がないのなら、自分の人生を見つめ直したほうが良いかもしれません。

最低 ( ` 3´)

何もかもが中途半端。
観客が見たい絵を監督が見せない時点で終わってます。





ザ・シークレットマン ピーター・ランデズマン 投稿日: 2020年11月15日 14:30:09 No.668 【返信】




ザ・シークレットマン(原題: Mark Felt: The Man Who Brought Down the White House 米国) 2017年 全米年間興行収入ランキング50 ランク外

1972年、長年FBIに君臨してきたフーバー長官が死去し、長官代理にニクソン大統領に近いパトリック・グレイが就任する。そんな中、ワシントンの民主党本部に盗聴器を仕掛けようとした男たちが逮捕される事件が発生する。捜査に当たったFBI副長官マーク・フェルトに対して、ホワイトハウスは、グレイ長官代理を通じて捜査に圧力をかけてくる……

監督 ピーター・ランデズマン 代表作 『パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間』『コンカッション』
脚本 ピーター・ランデズマン 代表作 『不死細胞ヒーラ ヘンリエッタ・ラックスの永遠なる人生』
音楽 ダニエル・ペンバートン 代表作 『悪の法則』『スティーブ・ジョブズ』『ゲティ家の身代金』
主演 リーアム・ニーソン(フェルト) 代表作 『レ・ミゼラブル』『ナルニア国物語 シリーズ』『怪物はささやく』

上映時間 103分


登場人物

マーク・フェルト: FBI副長官。

L・パトリック・グレイ: 新FBI長官。(マートン・チョーカシュ) 代表作 『ロード・オブ・ザ・リング』『アリス・イン・ワンダーランド』『イコライザー』

オードリー・フェルト : マークの妻。(ダイアン・レイン) 代表作 『リトル・ロマンス』『ストリート・オブ・ファイヤー』『トスカーナの休日』
ジョアン・フェルト: フェルト夫妻の娘。(マイカ・モンロー) 代表作 『ザ・ゲスト』『イット・フォローズ』『ヴィランズ』

ボブ・ウッドワード: ワシントンポスト記者。(ジュリアン・モリス) 代表作 『クライ・ウルフ 殺人ゲーム』『ドラゴンハート 最後の闘い』

ジョン・ディーン: ニクソン大統領の法律顧問。(マイケル・C・ホール) 代表作 『ペイチェック 消された記憶』『キル・ユア・ダーリン』『月影の下で』



【起】
マーク・フェルトはフーバー長官の下で30年働くFBIの副長官だ。彼には政界だけでなく、官僚の小さなゴシップも耳に入っており、知らないことはないと言われ、皆から恐れられていた。

ある時、フーバー長官が脳卒中で死去する。連絡を受けたマークは、いくつかの重要な情報を破棄した。司法次官のグレイがFBIを訪れ、私的な情報を集めたファイルがあるのなら、ホワイトハウスに渡せと言ってきた。だが、マークはそんなものはないと一蹴する。

フーバー長官の代理が選ばれることになった。選ばれたのはグレイだった。マークは少し残念に思うが、FBIのことを最優先に考えてくれる限り、あなたに手を貸すと誠意を見せる。

電話で起こされたマークは、ウォーターゲートビルの民主党本部に侵入者があったことを知らされる。犯人は逮捕されたが、その中の一人は元FBIだった。しかも、他の4人はCIAだったのだそうだ。たわいもない小さな事件と思われたが、きな臭さを感じたマークは捜査を開始する。

【承】
捜査を始めた矢先、グレイから今後はホワイトハウスやCIAに尋問するときは、事前に許可を取るように命じられる。何者にも屈しない独立機関であるFBIが、相手の言うなりになるなどあってはならない。マークは反論するが、聞き入れてもらえなかった。しかも、捜査は48時間で打ち切れとまで言われてしまう。

マークは内密にワシントン・ポスト紙に電話をかけ、情報をリーク。ポスト紙は翌日の朝刊でウォーターゲート事件の犯人は元CIAだったと報道する。FBI局員たちが動揺する中、マークは内通者がいるのではないかとカマをかけた。だが、部下たちは違うという。

部下の一人がFBIの持つ情報をホワイトハウスが知っていたと言いだした。マークはFBIとホワイトハウスが繋がっている可能性を感じ、ある工作を仕掛ける。その結果、マークと数人の部下、そしてグレイしか知らない情報がホワイトハウスに漏れていることを突き止める。

ホワイトハウスの行動が活発になり、ウォーターゲート事件は次第に収束していった。FBIにCIAから要請があり、事件をフェードアウトさせろという指示が下る。グレイは国家機密に関わることだと言うが、マークは納得がいかない。

【転】
司法長官と大統領顧問は、テレビでウォーターゲート事件の捜査打ち切りを発表。大統領及び政府関係者は、この事件には無関係だと発言した。

民主党は今回の事件に対し、“FBIの捜査はうわべだけのもの”と批判的なコメントを発表した。その言葉でマークに火がつき、事件を終わらせてはいけないと、仲間たちを焚きつけた。そして、再びポスト紙に情報をリークした。

選挙戦が間近に迫る。事件の影響など微塵もなく、ニクソン大統領は支持を集めていった。

ポスト紙の記者ウッドワーズと接触したマーク。その情報量の多さから、記者たちのあいだで“ディープ・スロート”というあだ名で呼ばれているのだそうだ。ウッドワーズに更なる情報を提供し、その情報は翌日の紙面を飾ることになった。だが、ニクソンへのダメージはあまり与えられなかった。

投票日となり、ニクソンは大勝する。

ある朝、グレイに呼ばれたマークは、FBIが情報をリークしていることをホワイトハウスが掴んでいると言われる。犯人も分かっており、マークを疑っているのだとも。辞職させたいが、マークは情報を知りすぎているため、飼い殺しのようなかたちでFBIに残された。

【結】
大統領選から二ヵ月後。グレイは正式にFBI長官に就任。マークは副長官の任から解かれると言われてしまう。グレイから、今後は君をかばうことはできないと言われてしまった。

マークは古くから付き合いのあるタイム誌の記者に、過去にFBIが行った違法な捜査について暴露。それをグレイの公聴会の前に記事にしてほしいと頼む。

グレイの公聴会が行われる日が来た。マークはグレイに、正直に話せば罪には問われないとアドバイスを与えた。グレイは、全て自分が長官に就任する前のことだと前置きすると、ホワイトハウスの命令で盗聴器を仕掛けたことや、大統領顧問にFBIの情報を渡していたことを証言。全てはニクソン大統領の命令だったと答え、場内は騒然となる。

グレイはFBI長官を辞任、大統領顧問も辞任に追いやられた。そして、ニクソン大統領も任期前に辞任するという異例の事態となる。マークは31年間務めたFBIを退社。多くの局員が、彼を拍手で見送った。

4年後、フーバー長官時代の人権侵害に関する裁判が行われていた。マークは、テロ組織に違法に盗聴器を仕掛ける指示を出したのか問われ、“全て私が指示した”と答え続けた。結果、違法捜査の責任を問われ有罪となる。だが、1981年にレーガン大統領によって赦免された。

2005年、マークはヴァニティ・フェア誌のインタビューで、自分がディープ・スロートだと明かした。

The End _MIHOシネマ


みんなの評価 3.23/5.0

最高 (^0^)

アメリカ政府の不都合な真実が暴露されていく過程は、実際のことだっただけに、スリルに満ちていた。
出演者の演技もカメラも良かった。

最低 ( ` 3´)

超有名な事件であり、『大統領の陰謀』もみたことあるので背景は分かっているはずだが、ストーリーがそんなに入ってこなかった。
そもそも主人公の葛藤が伝わっても来ない。





at Home アットホーム 蝶野博 投稿日: 2020年11月15日 12:19:26 No.667 【返信】




at Home アットホーム(邦画) 2015年 邦画年間興行収入ランキング39 ランク外   *邦画ランキングは興行収入10億円以上

空き巣の父・和彦と結婚詐欺師の母・皐月は、 犯罪で生計を立てながら3人の子どもたちと暮らしていた。そんなある日、 母の詐欺が相手に見破られたことで誘拐され、身代金を要求されてしまう。血のつながりはなくとも、それぞれに苦しい過去を持つ寄せ集めの家族は、ささやかな幸せを守るため立ち上がる……
GYaO! 無料配信中 2020年11月26日迄


監督 蝶野博 代表作 『未来予想図 ア・イ・シ・テ・ルのサイン』
脚本 安倍照雄 代表作 『やじきた道中 てれすこ』『ラブファイト』『種まく旅人 夢のつぎ木』
音楽 村松崇継 代表作 『思い出のマーニー』『64-ロクヨン- 前編/後編』『8年越しの花嫁 奇跡の実話』
主演 竹野内豊(和彦) 代表作 『冷静と情熱のあいだ』『太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-』『孤狼の血』
原作 本多孝好 『at Home』

上映時間 110分


登場人物

森山和彦: 空き巣。

森山皐月: 和彦の妻で結婚詐欺師。(松雪泰子) 代表作 『フラガール』『デトロイト・メタル・シティ』『余命』

森山淳: 森山家長男で偽造職人。(坂口健太郎) 代表作 『ヒロイン失格』『今夜、ロマンス劇場で』『仮面病棟』
森山明日香: 森山家長女。(黒島結菜) 代表作 『あしたになれば。』『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』『カツベン!』
森山隆史: 森山家次男。(池田優斗) 代表作 『ひとよ』

ゲンジ: 和彦のムショ仲間で偽造師。(國村隼) 代表作 『愛を乞うひと』『オーディション』『半落ち』



【起】
公園の傍、桜の大木が一角に立つ家が森山家である。一家の大黒柱は父親の和彦。妻の皐月、長男の淳、長女の明日香、次男の隆史の5人家族。だが、彼らには血の繋がりは一切なく、和彦と皐月も実は本当の夫婦ではなかった。
和彦は空き巣を生業としており、皐月は結婚詐欺師、淳は偽造職人として稼いでいる。家族とは名ばかりの集まりではあるが、それぞれに脛や心に傷を抱えた彼らは、共に寄り添い生活することで支え合っているのだった。

家族を危険に晒さないため、和彦には現金のみを盗むよう家族から口うるさく言われている。だがその日、和彦は掛け軸を盗んで来てしまい、一家団欒の空気が一変する。掛け軸がもし本物であった場合、確かに大金を得ることはできるが、足がつきやすい。故に、家族はその危険性を理解し、掛け軸や美術品はすぐに破棄することにしていた。

その日の夜、高校受験を控えた明日香の進学先を和彦に相談した淳。明日香は家計を気にして公立にすると言っているらしいが、本当は私立の高校へ行きたいと思っている。だが、それには内申書など、経歴を証明するものが必要となる。そちら方面は偽造職人の淳が何とかするとして、問題は入学金である。明日香には行きたい高校へ行って欲しい。長男と父親は長女のため、一層仕事に励むことにした。

一方、皐月も娘のために稼ごうと考えていた。結婚詐欺は一攫千金を稼ぐことができる。家族は総出で作戦会議。詳細を詰めたら後は皐月の演技次第だ。ターゲットは不動産王の息子。しかし、皐月は仕事中、計画の進行具合を報告しているところを不動産王の息子に盗み聞きされてしまう。

【承】
皐月の帰りが遅いため、心配していた家族だったが、和彦の携帯電話に皐月から着信がある。電話の相手は不動産王の息子であった。彼は彼女が結婚詐欺師であることを知り、逆に和彦を脅してくる。身代金は1千万円。会話の様子から異変を察した子供達は、父がどうするのか動向を窺っている。そこで、淳が隠し持っていた拳銃を持ち出してくるが、父は拳銃を持つことの恐ろしさを知っており、絶対に持ち出してはならないと怒鳴る。もし、金の用意ができなかった場合は、皐月に見切りをつけると断言した和彦。だが、家には1千万円もの蓄えなどない。そこで、淳が偽札を作って持って行こうと提案。

偽造職人の淳。すぐさま師匠であるゲンジの元へ赴き、偽札作りを開始。ゲンジは淳に偽造する技術の全てを伝授していた。表向き印刷屋を営むゲンジは、技術の粋を極めた淳が作った偽札に太鼓判を押した。

期限は翌日の昼。1千万円の偽札を持った淳と和彦は、指定された廃ビルへ。そこには血塗れとなった皐月が拘束されていた。和彦は淳に動かないよう強く言い聞かせ、単独で皐月の元へ。相手の男は和彦を殺そうとナイフを用意していた。しかし、そこへ心配して隆史と明日香が交渉の場へやって来てしまう。隆史は虐待されて育った子である。故に、皐月が殴られ痛めつけられた姿に胸を痛めた。和彦は皐月を救い出し、大人しく身を引こうとする。だが、隆史は激情に駆られ、密かに持って来た拳銃を構え、トリガーを引いてしまうのだった。

和彦は一度、窃盗で逮捕されたことがある。当時、彼には身重の妻がいたが、面会に来る際、交通事故に遭い子供を失ってしまう。傷心の妻は夫に離婚届を突きつけた。そして、刑務所の同じ房にいたのが、ゲンジである。先に出所したゲンジが印刷業を営んでいたため、後を追って出所した和彦は彼の世話になることに。だが、彼はまともに働かず、その後も空き巣を続けた。そうしてある日、たまたま空き巣に入った家の風呂場で隆史を発見するのである。

【転】
母親は息子を風呂場に監禁し、食パンを1袋投げ入れてそれっきり帰らない。全身垢塗れで糞尿塗れの隆史はひたすら謝ってばかり。和彦は少年を見捨てることができず、連れ帰ってしまう。ゲンジには叱られたが、迷惑をかけないことを条件に許してもらう。そして、隆史のために和彦は現在の家を手に入れたのだった。

明日香は両親と団地に住んでいたが、実の父親に長いこと性的虐待を受けていた。彼女は人生に絶望し、ある夏の日にホームから電車へと身を投げようとする。そこを通りかかった皐月に助けられる。

同じ頃、裕福な家の子息だった淳は、委縮してばかりで家でも冷遇されていた。彼には弟がいたが、弟の方が優秀で兄の淳は家族から蔑ろにされていたのだ。そして、彼はとうとう思い詰めた挙句、家族へと刃を向ける。しかし、両親は世間体ばかりを気にして情けなくも命乞いしてくる。淳は家族に殺す価値を見出せず、そのまま家を出た。深夜、宛てもなく歩いていた淳の前に突然、現れたのが和彦である。淳は怪しい男に逃げ道を教えた。すると、和彦は淳に、行く宛てがないなら一緒に来るかと家に誘うのだった。

既婚者だった皐月は、夫のDVに悩まされていた。味噌汁が塩っ辛いと言っては殴り、青痣で醜い顔を晒すなと言って殴る。夫は会社でのストレスをも妻で発散させていた。朝、暴力的だった夫が、夜になると土下座をして謝る。些細なことで豹変する夫に耐え切れなくなった皐月もまた、ホームから身を投げて自殺しようとする。しかし、自分よりも年若い少女、明日香が飛び込もうとしているのを発見し、つい助けてしまうのだった。

【結】
皐月は自分と同じように帰りたくないと意思表示する明日香を受け入れ、少女と生活を共にすることにする。互いに傷を持つ2人は、慰め合いそして、母子として支え合うようになるのだった。
やがて、皐月は結婚詐欺師として稼ぐようになる。そんなある日、カモに逃げられた皐月がペットショップで子犬を眺めていると、和彦と隆史が来店して来る。そこでの会話をきっかけに、和彦と皐月は互いに交流を持ち、明日香と共に家へ招待。そうして、集まった彼らは1つの家族として、穏やかで温かい家庭を築いたのである。

銃の引き金を引いてしまった隆史は、不動産屋の息子を銃殺してしまった。家族は無事だったが、人殺しをしてしまった落とし前は誰かがつけなければならない。和彦は隆史を人殺しにしないため、銃弾は足に当たったと言い、家族に帰れと告げた。皐月はそんな和彦の意図を察し、子供達に家へ帰ろうと言う。

淳が和彦の代わりとなり、母と子供達を連れて行ってくれる。残った和彦は去って行く家族の背をじっと見つめた。だが、ビルから出る途中で淳が戻ると言い出す。皐月は長男に後のことを頼み、帰路に就くのだった。
戻った淳は和彦に逃げようと言うも、父はもう潮時だったのだと言う。淳は家族の中でもしっかり者で、和彦も頼りにしていた。故に、彼がいればきっと皐月や子供達も大丈夫。

愕然とした淳だったが、彼は持ち前の知恵を働かせ和彦が正当防衛になるよう工作。父の足を撃った後、逃げて行くのだった。思い出されるのは、穏やかながらも温かい家族との食卓である。家族構成を説明するため、全員で辻褄合わせをした。他にはないほど、笑顔が溢れる家だった。

数年後、出所した和彦はバス停のベンチに座り込んでいた。そこへ、淳が迎えに現れる。彼は現在、まともな印刷会社に就職し働いていると言う。出所の日はゲンジに聞いたらしい。彼はかつて暮らしたあの家へ和彦を案内。家は寂れて雑草だらけとなり、空き家となって久しいようだった。家の敷地へ足を踏み入れた和彦。その時、淳が彼のことを父さんと呼ぶ。すると、家の2階に皐月と明日香、隆史が姿を現すのであった。

和彦は感極まって両手で顔を覆うが、すぐに笑顔を見せる。家族の絆はあの事件で切れてなくなったものと思っていたが、皆がお帰りと言ってくれる。和彦もまたただいまと言って、笑みを見せるのであった。

The End _MIHOシネマ


みんなの評価 3.51/5.0

最高 (^0^)

配役も良かったし、ストーリーも良かった。
温かい気持ちになる作品。

最低 ( ` 3´)

強引な設定の家族を見せつけられてるだけで、感情移入できません。





八甲田山 森谷司郎 投稿日: 2020年11月14日 20:02:50 No.666 【返信】




八甲田山(邦画) 1977年 邦画年間興行収入ランキング---   *邦画ランキングは興行収入10億円以上

明治34年末、日露戦争を目前にして陸軍は寒冷地教育の不足を痛感していた。ロシア軍と戦うためには雪中行軍をして、雪とは何か、寒さとは何かを知らねばならなかった。その行軍の目標となったのが生きては帰れぬ冬の八甲田であった……
*1902年(明治35年)1月25日、北海道の旭川で日本の観測史上最低気温 マイナス41.0℃を記録した。


監督 森谷司郎 代表作 『日本沈没(1973)』『動乱』『海峡』
脚本 橋本忍 代表作 『羅生門』『張込み』『砂の器(1974)』
音楽 芥川也寸志 代表作 『煙突の見える場所』『地獄門』『八つ墓村(1977)』
主演 高倉健(徳島大尉) 代表作 『網走番外地シリーズ』『君よ憤怒の河を渉れ』『幸福の黄色いハンカチ』
原作 新田次郎 『八甲田山死の彷徨』


上映時間 169分


登場人物

徳島大尉: 弘前歩兵第三十一連隊 第一大隊第二中隊長。

神田大尉: 青森歩兵第五連隊 中隊長。(北大路欣也) 代表作 『父子鷹』『空海』『夢千代日記』
村山伍長: 第五中隊第二小隊所属。(緒形拳) 代表作 『鬼畜』『復讐するは我にあり』『楢山節考(1983)』

山田正太郎: 雪中行軍随行大隊本部 第二大隊長少佐。(三國連太郎) 代表作 『善魔』『鷲と鷹』『神々の深き欲望』
倉田大尉: 雪中行軍随行大隊本部 中隊長。(加山雄三) 代表作 『若大将シリーズ』『乱れ雲』『零戦燃ゆ』


【起】
1901年(明治34年)10月、弘前第八師団の第四旅団本部で、旅団長の友田少将と参謀長の中林大佐が青森歩兵第五連隊と弘前歩兵第三十一連隊の連隊長以下を集めて会議を開いた。議題は八甲田の雪中行軍演習であった。日清戦争終了から6年を経て、ロシアの満州への進出で日露関係が緊迫して、もはや大陸での日露開戦は不可避と見られていた。

第八師団では対露戦の準備に入っていた。そこで課題として参謀長が挙げたのは寒地装備と寒地訓練の不足であった。相手は零下40度の雪原でも闘えるロシア軍であり、日本軍にはそのような経験が無いので、極寒対策や雪中行軍の注意点及び装備品の研究を行うために厳冬期の八甲田山を行軍して調査を実施するものであった。

加えて陸奥湾と津軽海峡がロシア軍により封鎖・占拠され、青森と八戸・弘前を結ぶ沿岸交通路が艦砲射撃被害などで万一断たれた場合は・内陸の八甲田山系がそれらを結ぶ唯一の経路となるが、当時は「積雪量の多い八甲田が冬期間物資輸送経路にできるか否か未知数」だったため、「八甲田が冬でも物資輸送経路として使えるか否かを試す」意味もあった。

弘前第八師団の友田少将/旅団長は、雪中行軍の実績がある青森歩兵第五連隊神田大尉/中隊長と弘前歩兵第三十一連隊徳島大尉/中隊長に「二人とも雪の八甲田を歩いてみたいとは思わないか」と提案した。これは実質命令であると双方の連隊長は受け取っていた。会議のあとに弘前歩兵第三十一連隊長児島大佐と青森歩兵第五連隊長津村中佐はどうせなら八甲田ですれ違う行軍計画にしようと気軽に口約束する。そして出発前、弘前の徳島大尉の私邸で勉強会を終えた徳島と神田は、雪の八甲田での再会を誓い合った。

徳島大尉は第三十一連隊雪中行軍隊の行軍計画要項を連隊長に提出した。連隊長同士の約束を考慮し、10泊で総距離240kmの強行日程を組み、少数精鋭の27名の隊員(その中には兵卒よりも下士官を多くした)で雪中行軍する計画書であった。これは徳島大尉の「このような計画になった責任は連隊長にあります」との言葉通り、連隊長が雪の八甲田で両隊が合流する約束をしたため、弘前からは南を迂回して十和田湖を東に進んで、東南の方向から八甲田山に入るコースしか選択肢がなかったためである。小隊規模にもならぬと連隊長から指摘されると、兵卒を少なく下士官を多く参加させて万が一の場合でも申し訳が立つと言い、「自分は安請け合いしたことを後悔しています。冬の八甲田は恐ろしい所です。」と連隊長に語るのであった。

一方神田大尉の第五連隊雪中行軍計画は、弘前とは対照的に青森からいきなり八甲田をめざす3日間の短期日程で、当初は小隊規模を予定していた。ところが、弘前第三十一連隊の小隊にも満たない規模での長い行程を聞いて大隊長の山田正太郎少佐は、弘前第三十一連隊と比較して、青森第五連隊の内容が貧弱に思えて、規模も行程も特色を出すために中隊規模に拡大した上に大隊本部付きでの大行軍にすることを唱え、実施することになった。

【承】
1902年(明治35年)1月20日午前5時、弘前第三十一連隊雪中行軍隊は連隊本部を出発した。青森第五連隊では雪中行軍計画要項が提出されて、連隊長が大隊本部の随行は雪中行軍とは別だなと念を押して決裁していた。連隊長は大隊長の同行に不安を感じていた。雪中行軍の本隊である中隊編成は196名、別途随行する大隊本部は14名、合計210名の規模となった。問題は物資を運ぶ輜重隊で、行軍の遅れが心配された。神田大尉は想定していた3日間の行程ではなく、5-6日かかることを覚悟していた。

1月23日午前6時55分、青森第五連隊雪中行軍隊は連隊本部を出発した。この日の行程は田茂木野 - 小峠 - 大峠 - 賽の河原 - 馬立場 - 鳴沢 - 田代(泊)で20kmを予定していた。しかし、行程半ばで天候が悪化、また雪山に慣れない人間の集団で行軍に影響が出始め、さらには単なる雪中行軍調査のための随行で指揮権の無いはずの大隊長の干渉によって指揮系統が混乱。神田大尉が想定していた田茂木野での案内人の雇用もなくなり、道案内がないまま行軍することになる。やがて吹雪が吹き荒れて、予断を許さない天候状況に行軍するかどうか判断することになった時、別の中隊長が大隊長に意見具申して大隊長が強行する判断を下した。もはやこの時点で神田大尉に指揮権は無かった。

輜重隊が遅れたためソリの放棄を大隊長に求めたが大隊長が反対して行軍隊の指揮は決定的に乱れてしまった。そして最初の宿営地である田代への道がどうしても発見できず、日が暮れて暗い雪原の中で寒さに震えながら立ち往生を余儀なくされた。田代までわずか2キロの距離であった。ここでまた混乱が起こる。突然大隊長が行軍を中止して帰営を決断する。そして帰営するため行軍を始めると進藤特務曹長が田代への道筋が分かったとして、方向転換して再び田代へ向かうが峡谷に迷い込んでしまった。特務曹長は錯乱して隊から離れていった。峡谷からは登って行かざるを得ず、氷に足を滑らして多数の犠牲者を出した。神田大尉は馬立場に戻ればと考えたが、もはや過酷な環境と疲労のために雪中行軍隊は四散し、バタバタと倒れていった。2日目の夜も野営を余儀なくされた。神田大尉は徳島大尉に思いを致していた。そして朝になって天候が回復さえすればと念じていた。しかし3日目の1月25日朝を迎えたが天候は回復しなかった。それを見て神田大尉は「天は我々を見放した」と叫んだ。村山伍長はこの時に隊から離れて一人で行動を始めた。

一方、弘前第三十一連隊雪中行軍隊は一人負傷したが、案内人を雇い入れて計画通りに行軍を進めていた。1月25日に三本木に到着したが、この日に第五連隊雪中行軍隊も三本木に到着の予定であったことを知って、徳島大尉は不安を覚えるのであった。その三本木に電話を入れて来たのは青森第五連隊本部であった。雪中行軍隊の到着の報に一瞬安堵したが、それが弘前第三十一連隊だったと知って、第五連隊長は全連隊に集合をかけた。第五連隊から行方不明になったとの報を受けた弘前第三十一連隊本部は雪中行軍の中止を決断したが徳島大尉に連絡する術がなかった。

【転】
1月27日、賽の河原で神田大尉から先に田茂木野に向かい救援を依頼するように命じられていた江藤伍長を、第五連隊本部から来た遭難救助隊が大峠付近で発見し、第五連隊本部並びに師団本部に第五連隊雪中行軍隊遭難の報が入る。しかし第三十一連隊雪中行軍隊はすでに八甲田山に突入していた。第三十一連隊行軍隊は過酷ながらも順調に八甲田を進むが、道中、斉藤伍長の弟である長谷部一等卒(神田大尉の従卒)の遺体を発見する。これで第五連隊行軍隊の遭難を知るが、徳島大尉は不安を押し殺して行軍を続け一気に八甲田の踏破を目指した。猛烈な風雪にたじろぐが前進して行った。困難な行軍の途中、賽の河原にて徳島大尉は、多数の第五連隊行軍隊員の死体を発見する。その中に神田大尉を発見する。遭難の責任を取り、神田は舌を噛み切って雪中で自決していたのだった。冷たくなった神田大尉の顔に、生前の彼の笑顔が重なり、八甲田までの苦労をねぎらう言葉を徳島にかけてくるように見えた。既に逝った男の前で、徳島は幻の再会を果たした。

悲しみと衝撃を受ける徳島大尉だったが、無事に八甲田山を突破、雪中行軍を成功させる。1月29日午前2時に田茂木野に到着する直前、道案内人たちにその労をねぎらい、手当を渡してから「八甲田で見たことは今後一切喋ってはならない」と忠告するのであった。その後に青森第五連隊の遺体収容所に行き、徳島は、収容された神田の遺体と対面。だが第三十一連隊行軍隊が賽の河原に到達する以前、既に第五連隊本部が神田を含む第五連隊行軍隊員の遺体を収容していたことを知り愕然とする。神田の霊が雪中で徳島を待っていたのか、それともあの再会は過酷な寒さによる徳島の幻想であったのか。徳島は神田の妻はつ子から、神田大尉が徳島との再会を楽しみにしていたと聞かされ、「会いました。間違いなく自分は賽の河原で会いました」と言って泣き崩れるのであった。

【結】
弘前第三十一連隊雪中行軍隊は負傷者1名を三本木から汽車で弘前に帰した以外は全員八甲田を無事踏破し生還を果たした。一方青森第五連隊雪中行軍隊は大隊本部の倉田大尉の引率の下、12名しか生還(内1名は生還後に死去)することができなかった。その中には人事不省のまま生還した山田大隊長もいたが、彼は遭難の責任をとり、拳銃で心臓を撃ち抜き自決する。徳島大尉以下の面々と第五連隊で生還した倉田大尉は、2年後の日露戦争の黒溝台会戦において零下20度の厳冬の中を戦い抜き、全員戦死。後の奉天会戦での日本軍の勝利に結びつけることができたのであった。

やがて時が流れて平和な時代が訪れた。青森ねぶた祭の歓声に沸く頃、ロープウェーに乗って、八甲田の自然を窓から静かに眺める一人の老人がいた。足が不自由で杖をついて歩くこの老人は草木に覆われた穏やかな景色の中、八甲田山系の山々をただ見つめていた。青森歩兵第五連隊雪中行軍隊で生き抜いた村山伍長であった。

The End _Wikipedia

1977年 キネマ旬報日本映画ベスト・テン 第4位


みんなの評価 4.15/5.0

最高 (^0^)

昭和時代の最高峰映画。
まぎれもなく一流の映画です。

最低 ( ` 3´)

史実を伝える作品としては良い。ただ、長すぎる。
なぜあんな事件が起きたのか掘り下げが浅い気がします。





<< | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
掲示板管理者へ連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | この掲示板を支援する