Advectionfog Photo BBS

| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 |
Advectionfogの画像投稿掲示板です。
フェリーの旅や、海の風景などを載せています
文章のみの親記事や船旅のご質問はText BBSにお願いします。
お名前
メール
タイトル
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色



| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |
新門司港北地区 でんすけ 投稿日: 2020年03月22日 00:56:26 No.13864 【返信】

 北九州港港湾計画において、名門大洋フェリーの岸壁や出光興産門司ルブセンターなどがある区域を『新門司南地区』と呼ぶのに対して、阪九フェリーやオーシャン東九フェリー、フジトランスコーポレーション新門司事業所、動物検疫所新門司検疫場などがある区域を『新門司北地区』と呼ぶそうです
 フェリーの着岸している岸壁は『新門司フェリー岸』で、阪九フェリーの第1ターミナル(神戸便)を1岸、同第2ターミナル(泉大津便)を2岸、オーシャン東九フェリーターミナルを3岸、3岸の反対側を4岸と呼ばれています。
 フェリーの使用する1~3岸はそれぞれ水深8.0m、岸壁長205mありますが現在就航しているフェリーはほぼ収容限度に達しているように思われます。(阪九フェリーは全長が195mでオーシャン東九フェリーは191m)。


でんすけ 投稿日: 2020年03月22日 01:05:01 No.13865
 阪九フェリー第1ターミナルに舫う3月19日より営業運航を始めた『せっつ』。
 ターミナルの北側のエプロンにはトレーラーシャーシが待機しています。阪九フェリーの貨物実輸送部門を担当するシーウェイエクスプレスのウイングトレーラーには『ふねこ』のシールが貼られていました。


でんすけ 投稿日: 2020年03月22日 01:58:50 No.13866
 新門司北地区では『新門司北10号岸壁』(-10.0m×1バース、岸壁長230m)の整備事業が進行しています。津村島の南側に築造されていた埋立地の西側を利用するもので完成すると外貿埠頭として完成自動車などの外貿に利用される計画となっています。この埋立地の南西側はかつて阪九フェリーがシフト岸壁として使用していました。
 
 ここで気になるのが来年に就航する予定の東京九州フェリーがどこの岸壁を利用するのかということです。就航船が全長222.5m、全幅25m、喫水7.4m、総トン数15,400GTということが公表されていますが、現在のフェリー岸の水深が-8.0mであることは余裕があまりないようにも思います。この『新門司北10号岸壁』ならば無理はないと思いますがターミナルからはかなり離れていますのでここでもないようです。
 現状設備で考えるならば、神戸便の出港した後に阪九フェリー第1ターミナルに船尾右舷付けして岸壁からはみ出した船首からの係船ロープは第2ターミナルのビットにつなげる、荷役時間の短縮のため既設の上部トラックデッキ用スロープを使用するために新造船にも乗下船口を設けておく、となりそうですが。
 


げんかい(管理人) 投稿日: 2020年03月22日 22:21:34 No.13867
こんばんは。
元々は名門のある新門司の南側が先に開発され、北側のエリアは後から埋め立てられたエリアですね。
フェリーターミナルの対岸をフジトランスの自動車船が使う前、阪九の待機岸壁として使っていて、自由に出入りもできたのんびりとした場所が好きでした。

東京九州フェリー(横須賀航路)のバースについては私も気になっています。
阪九のバースが考えられますが、全長がバース長をこえているのが気になります。
そうなると、夏に再開する泉大津第2便とは並べないので、出港後(21時以降)の入港で深夜出港でしょうか。

このエリアでは撮影スポットとして、新門司東緑地の南端付近まで立ち入りできるようになるのを楽しみにしています(最近行っていないのですでにできるかもしれませんが)
朝は逆光になりますが、国内有数のフェリーがいる港の入口を見れるのは貴重です。
South_North 投稿日: 2020年03月23日 01:44:26 No.13869
以下のリンク先PDFのP7に東京九州フェリーのバースに関する情報が記載されています。
http://www.daily-cargo.com/free_pdf/20191031KitakyusyuSpecial.pdf
「現行 の長距離フェリー寄港バースの対岸 にある護岸を延長230メートル岸壁 に変更し、国直轄で整備を進めること が決まった。」

でんすけさんの指摘の『新門司北10号岸壁』かと思います。

北九州港の岸壁一覧 
http://www.kitaqport.or.jp/jap/pamphlet/download/panhu03_kitakyuusyuukouchizu.pdf
この資料には新門司北10号がありませんが北9号と北11号の間が新門司北10号岸壁と思われます。

土地利用計画の変更
http://www.kitaqport.or.jp/jap/topics/download/20191114_file1-2.pdf
赤の斜線部分が新門司北10号岸壁と思われます。
ドンスコイ 投稿日: 2020年03月26日 01:02:30 No.13878
関係者氏に拠りますと、横須賀航路は「4岸」発着が決定事項のようです。
「やまと」就航時、195mの船体が回頭するには1/2/3岸と4岸との距離はいっぱいいっぱいのように思いましたが、それより更に20m近く長い船体。
おそらくは津村島以前で回頭を終え、後退で着岸する事が予想されますね。
おれんじ 投稿日: 2020年03月27日 23:39:13 No.13879
こんばんわ。

この場所ではないでしょうか。
げんかい(管理人) 投稿日: 2020年03月28日 22:35:40 No.13883
こんばんは。
色々な情報がありますが、South_Northさんに紹介頂いたドキュメントにある『新門司北10号岸壁』が有力そうに見えますね。
岸壁自体の長さは、2011年の港湾計画変更で「-7.5m 180m」→「-10m 230m」になってますので、当初は外航含めた自動車船対応で変更していたようでした。

おれんじさんから投稿頂いている『新門司北10号』の岸壁にはフェリー埠頭に見られる大型の防弦材が設置されているのも納得する工事内容です。船によってランプウェイの位置が異なる自動車船の岸壁にはこのタイプの防弦材は設置されることは少ないように思います。

隣の『新門司北11号』は今でも阪九フェリーが使うことがありますね。先日も「せっつ」トライアルで待機する船が使ったようでした。浮くタイプの大型の防舷材が置かれています。
写真は2018年の『新門司北11号』ですが、岸壁に固定したタイプの防舷材はなく仮設的な利用になっているのですね。着岸には神経を使いそうです。



新門司港の名門大洋フェリー でんすけ 投稿日: 2020年03月21日 22:32:13 No.13857 【返信】

 新門司港において、名門大洋フェリーは旅客乗下船設備のある専用岸壁が1バースしかないため、1便船と2便船の間で沖だし・バースシフトが恒常的に行われています。
 具体的にはターミナルのある新門司3号岸壁が乗下船のための専用岸壁として利用され、シフト岸壁は隣接する新門司4号岸壁を使用します。
 一日の流れとしては、1便船が3号着岸・下船⇒港外へ沖だし⇒2便船が3号着岸・下船⇒奥の4号岸壁にシフト⇒1便船が3号へ再着岸・積込・出航⇒2便船が4号から3号へシフト・積込・出航となっています。
 1便船の3号岸壁への再着岸は昼過ぎに行われます。撮影した3月20日は『フェリーふくおかⅡ』が1便船として着岸作業を行っていました。


でんすけ 投稿日: 2020年03月21日 22:43:49 No.13858
 西風が強かったため、門司港に常駐している西日本海運の『長豊丸』が支援に当たっていました。岸壁からの吹き放しの風だったのでタグラインを取らずに押し作業を行っていました。
 作業が終わると新門司北の方に向かいました。


でんすけ 投稿日: 2020年03月21日 22:49:47 No.13859
 新門司3号の1便船『フェリーふくおかⅡ』と新門司4号の2便船『フェリーきたきゅうしゅうⅡ』という並びになりました。

げんかい(管理人) 投稿日: 2020年03月21日 23:13:16 No.13860
こんばんは。
阪九フェリーの泉大津2便体制でも復活しそうですが、最近は1バース1便が多くで沖出しがあるのは全国でもここぐらいになっていましたね。
同時の入れ替えができないためか、第1便はいつも沖出しですが、待機岸壁にランプウェイが整備されたときには2バース体勢になるのかと思いました。

バースの前方の、砂利船の岸壁や小さな船溜まりの場所でバースがうまく見えるのかなと地図上で推測していましたが、やはり見える場所があるんですね。
でんすけ 投稿日: 2020年03月21日 23:38:14 No.13862
 『フェリーふくおかⅡ』は2002年(平成14年)10月に就航した三菱重工業下関造船所建造の1万トン級フェリーですが、同級の『フェリーきょうとⅡ』(2002年9月就航)と共に代替船の建造が決まっています、現在2便船に就航している『フェリーおおさかⅡ』級の拡大改良型として第1船2021年12月・第2船2022年3月就航予定で建造も同じく三菱重工業下関造船所建造されます。
 フェリーふくおかⅡには、2009年度国土交通省「内航運航合理化・利便性改善実証実験」として『太陽光発電システム』と上部トラックデッキの右舷前側に『陸上電力受電システム』が試験搭載されています。
 計画に基づき2010年に設置されたこの『陸上電力受電システム』は、停泊中は船内発電機を完全停止し、陸上から供給される最大650キロワット、AC6,600Vの高圧電力を甲板に設置されたケーブルリール経由で受電して荷役作業などに使用するというもので、船内発電の電力と陸上電力とは無停電で切り替えることができるもので、高圧電力と船内電源とを無停電で切り替えることができる国内初のシステムです。


でんすけ 投稿日: 2020年03月22日 00:21:45 No.13863
 4号岸壁で出番を待つ『フェリーきたきゅうしゅうⅡ』です。
 この『新門司4号岸壁』は『フェリーおおさかⅡ』級の就航と同時期に供用の開始された耐震強化岸壁で水深7.5m・岸壁長230m(有効長200m)のスペックがあります。
 船尾からの車両の乗下船に使用する可道橋はすでに設置されています。ターミナルからの歩廊橋があればよさそうですが、上部トラックデッキ右舷後部に接続するスロープウェイも必要と思われるのでここでの乗下船はまだ難しそうです。

 『バースの前方の、砂利船の岸壁や小さな船溜まりの場所』とおっしゃられている場所は『新門司1号岸壁』のことと思われます。フェリーの着岸する場所からは川を迂回する格好となりますので歩いていくにはそこそこの距離があります。


げんかい(管理人) 投稿日: 2020年03月22日 22:25:48 No.13868
新門司は車がないとアクセスが厳しいですね。レンタカーのときは門司港か小倉に返さないといけないので、そのまま乗船するときに手間になります。ターミナルに返却できると便利なのですが。フェリー往復だと、名門の場合はカーシェアがあるので使えそうです。
歩くと遠そうでこの場所はまだ未チェックでした。



宮崎カーフェリー、キャッシュレス決済でポイント還元 太郎 投稿日: 2020年03月21日 16:20:25 No.13854 【返信】

長距離カーフェリーもキャッシュレス決済でポイント還元がはじまるそうです。
この時期からはじめるとは、コロナ不況による今後の制度拡大を見越しての事でしょうか。
早割りをキャッシュレス決済すれば相当安く乗れそうですね。

https://funeco.jp/news/miyazaki-car-ferry-participates-in-cashless-return-business-from-20200321/
茶ー 投稿日: 2020年03月21日 16:48:55 No.13856
還元事業って中小規模事業者が対象だから 他の大手長距離航路は対象外ですな。新造船はスターンスラスターが無いのかな?
げんかい(管理人) 投稿日: 2020年03月21日 23:19:11 No.13861
こんばんは。
他社ではあまり話を聞かない施策ですね。他社で実施していない理由は何なんでしょうね。

※画像は著作権上削除させていただきました。



3/20 新日本海フェリー『すいせん』ドック向け回航@関門海峡東口 でんすけ 投稿日: 2020年03月21日 09:42:08 No.13850 【返信】

 げんかいさん、みなさんおはようございます。
 3月20日に新日本海フェリー『すいせん』がドック向けの回航のために関門海峡を東航しました。


でんすけ 投稿日: 2020年03月21日 09:49:48 No.13851
 当日は前日からの強い西風が吹き残る快晴となりました。
パイロットを下船させると、スタンバイしていたアンカーを格納して増速しながら満珠島を通過します。


でんすけ 投稿日: 2020年03月21日 10:39:44 No.13852
 周防灘へ向かっていきました。このあと、豊後水道を南下して太平洋を27ノット以上で航行し21日の朝に横浜沖に到着したようです。
 今回のドックにてスクラバー搭載によるファンネルの換装、船体のデザインの変更が施工されるようですのでこの姿で見るのは最後のようです。
 斜めになったスピードを感じさせる今までのファンネルデザインは秀逸だったのですが。

『すいせん』
全長:224.5m、全幅:26.0m、総トン数:17,382トン
機関方式:ディーゼル、推進器:CRPポッド推進、最大速力:30.12ノット、航海速力:27.5ノット
旅客定員:613名、車両搭載数:トラック158台、乗用車58台


げんかい(管理人) 投稿日: 2020年03月21日 15:36:54 No.13853
こんにちは。
敦賀から関門海峡へは22kt程度のゆっくりした速度ですが、周防灘から東京湾へは27ktの速い速度で航行していますね。
日本海が荒天で速度を落としたのか、関門海峡のタイミングを合わせたのかもしれませんが、新門司〜東京湾を試すかのような速度です。
今後もファンネルの姿が変わるフェリーは出そうですね。



SNF「すずらん」敦賀回航 NCF 投稿日: 2020年03月19日 14:53:59 No.13845 【返信】

げんかいさん、こんにちは。
新日本海フェリー「すずらん」が長期ドックを終えて三菱横浜から敦賀向け回航のため関門海峡を通峡していきました。


NCF 投稿日: 2020年03月19日 14:57:21 No.13846
関門マーチス発表による当初の時間から土壇場になり1時間10分近く繰り上がりバタバタの撮影となりまして、撮影ポイントも予定外のポイントからとなりました。

NCF 投稿日: 2020年03月19日 15:08:00 No.13847
関門橋を通過後は逆光となってしまいましたが撮り逃すよりは…と思い撮影しました。

スクラバー搭載によるファンネルは後方へと延びた感じとなり若干船体の雰囲気が変わりました。
今回のドックでスクラバー搭載も想像しておりましたのでどうしてもファンネルに目が行きがちでしたが…撮り終えた後に気づいたのは船体のロゴも変わっていた事です。

これは横須賀航路の話が出た時にイメージとして掲載されていた船舶写真と同様のロゴとなっています…ここから想像される事はいろいろありますがまずはご報告まで。

「すずらん」は明日の敦賀発便から「すいせん」と入れ替わる形で復帰です。


げんかい(管理人) 投稿日: 2020年03月19日 23:24:54 No.13848
こんばんは。
改造後の姿ありがとうございます。
改造した他船と同様に前後に長くなりましたね。
斜めになっているので「らべんだあ」と比べると違和感は少ないように感じました。
NCF 投稿日: 2020年03月20日 15:43:55 No.13849
げんかいさん、こんにちは。
コメントありがとうございます…ちょっと撮影裏話になりますが、「すずらん」は関門橋に差し掛かる直前に小船が進路上にいた為大きく変針しての関門橋通過でした。

「すずらん」の前方を航行していた内航船は汽笛での警告を発しておりましたが、「すずらん」は警告汽笛は発せず変針で小船を避けて進行していきました。

本日の復帰便、荒天により欠航となりましたね。





せっつ おれんじ 投稿日: 2020年03月15日 20:37:52 No.13839 【返信】

こんばんわ。
工事が完了した神戸港から新造船「せっつ」に乗船しました。


おれんじ 投稿日: 2020年03月15日 20:41:39 No.13840
素晴らしいです。

おれんじ 投稿日: 2020年03月15日 20:50:52 No.13841
期待していたファンネル後方デッキへのアクセスは遮断されていました。
ここだけは「いずみ/ひびき」よりも後退で残念でしたが、
期待通りの素晴らしいフェリーでした。


げんかい(管理人) 投稿日: 2020年03月16日 14:04:01 No.13842
こんにちは。
エントランスの空間は写真からは思ったより狭く感じましたが、「いずみ」などと比較してどうでしょうか。
船内の客室配置は驚くほど「いずみ」とそっくりで、「いずみ」のときの完成度が高かったのがわかりますね。
クロモリ丸 投稿日: 2020年03月16日 15:29:11 No.13843
おれんじ様。こんにちは。
乗船予定と書かれてましたので、それらしき方の姿はお見受けしましたが…
仰る通り、6甲板後部デッキに出られなくなっており、おかげで後部作業甲板や、航行中の波紋が見られなくなってしまいました。
ワイヤーが張られているだけなので、容易に解除出来るんでしょうけどね。
もしかしていずみ/ひびきも塞がれてしまったのか?と思い、新門司到着時に真っ先にいずみの該当箇所に目をやりましたが「大丈夫」でした。
クロモリ丸 投稿日: 2020年03月16日 15:56:28 No.13844
管理人様。こんにちわ。
就航早々何方かが投稿されると思ってたのですが全く無く、折り返し便に乗船されたおれんじ様が「乗船記第1号」のようですね。
私はのろまなので、大抵は先に他の方が投稿されて、自分はせず…が常套。
他に殆ど投稿の無い今回、何と乗り場にSDを落として来ると言う大失態。
阪九フェリー様のご尽力のおかげで、戻って来そうですが。

せっつはいずみ/ひびきに比べ、特にパブリックスペースの簡素化が目立つ印象でした。
テーブルの付いた席は殆ど無くなり、5/6甲板の席数が減った分を新設の7甲板でカバーしている感じ。
吹き抜け面積も狭くなり、開放感が減っています。
そのメイン部、5甲板のエントランスロビーも椅子の背もたれの簡素化(船首展望室も同様)また従来ちゃんと段付けされてたイベントステージも、平面で塗り分けられただけになっていました。
この辺りは改めてレポートさせて頂きます。



ぱしふぃっく びいなす 投稿日: 2020年03月10日 17:19:24 No.13833 【返信】

何日か天保山中央突堤にいたあと白津岸壁に移動して来たぱしふぃっくびいなす
しばらくこのままのようで

この辺の港湾エリアは最前線感がありましたが
上海、釜山行きのフェリーは旅客扱い取りやめ
USJ、海遊館も休園で観光客も見かけなくなってしまいました
時期的なのか貨物のトレーラーも少ないので全体的に閑散としてます
げんかい(管理人) 投稿日: 2020年03月10日 22:00:25 No.13835
こんばんは。
4月末までのクルーズがキャンセルされたようですね。
急なキャンセルで、このタイミングでメンテナンスや工事をしようにもできないという状況でしょうか。

「にっぽん丸」は長く三菱横浜のドックの中、「飛鳥Ⅱ」はシンガポールのドックにいるようで各社メンテナンスしているようです。「ぱしふぃっくびいなす」は11月にドックに入ったばかりですね。
投稿日: 2020年03月12日 09:25:38 No.13836
ドック入ったばかりなんですか
やること無いんでしょうね
フェリーみたいに走りっぱなしなら内装の修繕とかあるんでしょうけど
クルーズ船は普段からきれいにしてるでしょうし



無題 おれんじ 投稿日: 2020年03月07日 23:16:01 No.13830 【返信】

こんばんわ。
「つくし」入港時には写真のような巨大船が2隻いました。

仕事の関係で連続して名門大洋フェリー、阪九フェリー、オレンジフェリーと乗り継ぎましたが、何れもコロナウィルスによる団体ツアー中止やユニバーサルスタジオジャパン休園の影響か乗船客激減の他、レストランもバイキング中止や大幅なメニュー削減で船会社も一つ間違えば運休のリスクがあるので拡散予防対策で大変そうでした。
2枚目の写真は客不在で食材もない「フェリーおおさか2」のレストラン。入り口で弁当をオーダーします。
こんな経験は勿論初めてです。





沖出し阪急フェリーと新造船「はっこう ひなた」 おれんじ 投稿日: 2020年03月06日 22:21:58 No.13823 【返信】

こんばんわ。
4日の新門司港沖「せっつ」と5日大阪湾沖の「ひびき」、新造RORO船「はっこう ひなた」です。ひなたのファンネルは格好良いですね。


おれんじ 投稿日: 2020年03月06日 22:25:53 No.13824
申し訳ないです。
阪急→阪九
4日→5日(昨日)
5日→6日(本日)
の書き込みミスでした。
げんかい(管理人) 投稿日: 2020年03月07日 22:06:04 No.13827
こんばんは。
2枚目は朝の泉北でしょうか。
危険物船が入るタイミングなのか、タグやエスコート船が多いですね。
投稿日: 2020年03月10日 17:23:15 No.13834
はっこう21の時は一般客も空きがあれば乗れたようですが
新しい船ではもう無いんでしょうね
鳴門海峡を通る貨物船ってのも乗ってみたかったですが



<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
掲示板管理者へ連絡 | 新着投稿をメールで受け取る