Advectionfog Photo BBS



| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 |
Advectionfogの画像投稿掲示板です。
フェリーの旅や、海の風景などを載せています
投稿して頂いた画像は投稿者を明記してトップページなどで使用させて頂くことがあります。
文章のみの親記事や船旅のご質問はText BBSにお願いします。
お名前
メール
タイトル
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色



| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |
船好き 船好き 投稿日:2019年02月07日 19:47:17 No.12789 【返信】

関門海峡で福島海運さんの博隆丸を見かけました。
行先は東京になっていました



2/6 九州商船『いのり』進水式@内海造船瀬戸田工場 でんすけ 投稿日:2019年02月07日 01:27:14 No.12782 【返信】

 げんかいさん、みなさんこんばんは。
2月6日、かねてより内海造船瀬戸田工場にて建造されていた九州商船株式会社の佐世保~上五島航路用の『いのり』の進水式が行われました。
 通常の場合、船名は命名されて初めて公表されるものですが、今回はあらかじめ船社から公表されていました。


でんすけ 投稿日:2019年02月07日 01:41:08 No.12783
 内海造船第805番船は『いのり』と命名されました。

でんすけ 投稿日:2019年02月07日 01:45:11 No.12784
 支綱が切断されると同時に船台用フックがリリースされ、船体が滑りおりてゆきました。

でんすけ 投稿日:2019年02月07日 01:50:36 No.12785
 進水作業が完了してタグボート2隻に支援されて岸壁へ向かいます。

でんすけ 投稿日:2019年02月07日 02:21:14 No.12786
 レーダーマストとメインマストは鋼管を組み合わせた特別な形になっています。煙突もケーシングを廃止して、排気管がむき出しになっています。
 船橋甲板にはART(アンチローリングタンク)が設置されていて、これによりフィンスタビライザーは非装備になります。
 港内機動性向上のために、バウスラスタ2基及びバルブ付高揚力舵を2舵装備して効率的な離接岸を図るとのことです。バリアフリー設備として左舷側にエレベータも装備します。
 第5甲板は遊歩スペースと旅客用展望回廊が設置されて、航海中の景色を楽しめるようになります。
 このあと艤装工事を行い4月下旬に完工予定とのことです。
 
 『いのり』主要目
 全長:約80.00m、型幅:14.40m、計画満載喫水:3.70m、総トン数:約1,450t、載貨重量:約450t、車両搭載能力:8mトラックにて17台、旅客定員:432名、乗組員:18名
 主機関:ダイハツディーゼル 6DKM-26e型ディーゼル機関2基 2軸固定ピッチプロペラ推進、連続最大出力:1,912kW(2600PS)×750/253RPM×2基(主機総出力:3,824Kw/5,200PS)、航海速力:約16.0ノット


せんとぽーりあ 投稿日:2019年02月07日 16:40:31 No.12787
でんすけ様
お疲れ様です。
いつも進水式などのレポートと画像ありがとうございます。

最近の九州商船などの船舶にしては、ブリッジの造りなどがクラシックな感じがします。
何か意図があるんですかね。
でんすけ 投稿日:2019年02月07日 23:27:15 No.12793
 せんとぽーりあさま、返信ありがとうございます。
 九州商船『いのり』のブリッジに関して、私見ですがブリッジ内の機器の配置が以前のものと変わっているのではないでしょうか。配置の最適化も図られて構造が変わっているのではないでしょうか。

 ウイングの側面窓は下方も見える2段窓が採用されるなど近年のトレンドは抑えているようです。
 ブリッジ中央部の5枚の窓は内側3枚が平行型ワイパー、外側2枚には旋回窓が採用されています。この構成は直近建造船の『椿』などとは異なっています。『椿』では外側2枚には旋回窓ではなく扇型ワイパーが設置されていました。
 この昭和の時代からある『旋回窓』は、視界確保の面では『ワイパー』に比べて優れていますが、メンテナンス性や重量面では『ワイパー』が優れているようです。
 近年は性能が向上した『ワイパー』が採用される事例が多くなっていますが、小型船や、しけた海で大波をかぶり続けることが想定される場合などは、大量の水が連続的に滝のような水流となって窓に降り注ぐために往復動作の『ワイパー』ではアームの往復以上の払拭は行えず十分な対処ができないのに対して、『旋回窓』であれば回転している部分すべてにおいて常に視界が確保できるメリットが重視されて採用される事例があります。
 『椿』の前船『万葉』では、『いのり』と同様に『旋回窓』が設置されていたことから考えると、『ワイパー』では能力不足だったため『旋回窓』の再採用になったのではないでしょうか。

 マストが今までの強固な構造をやめて鋼棒や鋼管を組み合わせた軽量な造りにしたのは、ファンネルのケーシングを廃止して排気管をむき出しにしていることと合わせて、できるだけ上部重量を削減し重心降下と風圧横面積の軽減を図っているように感じました


げんかい(管理人) 投稿日:2019年02月08日 00:05:18 No.12794
こんばんは。
このサイズでバウスラスターは2つあるんですね。
外見上は、船首の作業甲板が張り出しているのが特徴的です。船尾も航海士が立つスペースが作られていたり、実用性重視で作られている印象です。
マストは船首も含めずいぶんと細いタイプになりましたね。
Re: 2/6 九州商船『いのり』進水式@内海造船瀬戸田工場 霧舟蒼魚 投稿日:2019年02月08日 01:02:19 No.12800
拝啓、進水式の画像を興味深く拝見しました。
やはり独特のマストが目に着きますね。
五島は教会群が有名ですので、教会の鐘楼からヒントを得てマストのデザインを考えたのか?とも思いました。
根拠は有りませんが(^^ゞ
敬具
でんすけ 投稿日:2019年02月08日 01:38:57 No.12801
 バウスラスター2基装備は、近年の中・小型フェリーで採用される例が増えてきています。
 理由としては、大推力を求めて大径スラスターにした場合、十分に深い位置にスラスタートンネルが設置できず、載荷状態によってはトンネル上端が海面に近接してしまい、水だけでなく付近の空気まで吸い込んでしまうなどの効率の著しい低下や、激しい負荷変動による故障の原因となります。このため2基設置するコスト上昇をしのんで小径スラスターの複数装備が増えてきているようです。
 おそらく、九州郵船の『エメラルドからつ』(総トン数984t、平成19年竣工、かもめプロペラ製バウスラスタ:TCB-55MA×2台装備)を皮切りにして採用例が増えてきているようです。



おれんじ7、キプロス船籍に? せんとらる 投稿日:2019年02月01日 20:13:07 No.12773 【返信】

新笠戸に停泊中のおれんじ7、沖合に移動した模様です。

このまま回航なのかは不明ですが、MarineTrafficの
登録情報がキプロス船籍(国名コード:CY)に変更されています。


Re: おれんじ7、キプロス船籍に? げんかい(管理人) 投稿日:2019年02月02日 11:14:13 No.12775
船名も変更になったようでそろそろ回航のようですね。
R.N 投稿日:2019年02月03日 08:49:36 No.12778
オレンジフェリーのHPによると
2月初めのギリシャへ回航、春頃にギリシャとイタリアの航路に就航のようです。



新「きたかみ」に乗船してきました サケマス 投稿日:2019年01月30日 00:20:37 No.12752 【返信】

いつもこちらを楽しく拝見させてもらっています。
この度、新「きたかみ」に乗船してきましたので、拙いですがレポートしたいと思います。
今回乗船した区間は、2運行目となる仙台→苫小牧、3運行目の苫小牧→名古屋です。

仙台港フェリーターミナルで初めまして。仙台で船首サイドランプが使われているのを見ると何か違和感があります。


サケマス 投稿日:2019年01月30日 00:21:47 No.12753
ターミナル内では案内板などはまだ従来のままのところもありました。
今までは乗船手続きをすると乗船券や食事券が渡され、ルームキーは船内案内所で受け取る方式でしたが、
本船は手続き時にカードキーを渡される方式になっていました。
カードキーはきそ・いしかりの紙製使い捨てとは異なり、ホテルでよくあるプラスチック製の再利用型
非接触タイプのキーとなります。キー本体に部屋番号は無いので、ホテルと同じように部屋番号の書かれた
ホルダーに入れて渡されます。


サケマス 投稿日:2019年01月30日 00:23:40 No.12754
乗船口をくぐると船尾方向に向かって通路が。下船時に分かりましたが、仙台港では前方の乗船口を使用し、
苫小牧港では後方の乗船口を使うようになっています。
案内所前のスペースではシャンパンの振る舞い、乗船記念品の配布、船内クイズラリー用紙の配布が
行われていました。
スクリーンでは命名&進水式のビデオがエンドレスで流されていました。太平洋フェリーのサイトで見られる
ショートバージョンとは異なり、お偉いさんが黒塗りのハイヤーで乗りつけるところから始まる本格版(笑)です。


サケマス 投稿日:2019年01月30日 00:25:04 No.12755
プロジェクターで案内表示を映しています。インフォメーションボードは従来とほぼ同じ。

サケマス 投稿日:2019年01月30日 00:26:31 No.12756
部屋は1等クロスツイン。非常に良くできていますね。気に入りました。
ただちょっとベッドの幅が狭いかも。
乗船記念品をあけて見ると、ポストカードとマグネットクリップでした。


サケマス 投稿日:2019年01月30日 00:28:00 No.12757
気になっていたのは供食体制。レストランは旧きたかみより値上げとなってしまい、自販機等はどうなっているのか…
残念ながら、食事系の自販機は7デッキのカップ麺販売機だけになっています。菓子パンは売店で販売してますが。
また、飲料の自販機もやたらとレパートリーが少なく、1機の自販機で4種類ほどしかありません。


サケマス 投稿日:2019年01月30日 00:33:09 No.12758
苫小牧到着。後方下船口からの下船となります。ボーディングブリッジがきそ・いしかりと共通化されました。
苫小牧も、まだ新きたかみのポスター類はまだのようで、空白になっていました。
時間をつぶしてまた乗船。3運行目となると流石に記念品の配布は無くなっていました。


サケマス 投稿日:2019年01月30日 00:35:25 No.12759
インフォメーションボードが何か密度が高くなっています。
苫小牧→名古屋は特等洋室を利用。きそ・いしかりの特等洋室とほぼ同じです。
テープで塞がれていましたが、LANケーブル差込口がありました。


サケマス 投稿日:2019年01月30日 00:42:31 No.12760
仙台港に到着。一時下船はせず、自室の窓からトラックが次々と出て行くのを見ていたら、突然窓ガラスの外側に
大量の流水が。どうもブリッジの窓洗浄装置を作動させたようです。
おかげで潮まみれで汚れていた窓が非常にクリアで綺麗になりました。

仙台を出航。いつもならタグラインが切り離された後、増速するのですが、なぜか微速のまま前進。
8デッキに上がったところ、前方でコンテナ船が着岸準備中で航路を塞いでいました。


サケマス 投稿日:2019年01月30日 00:48:06 No.12761
6デッキのホール船首側に大型テレビがあり、現在の運行状況を表示しています。
他の船にも現在位置表示程度の物がありますが、こちらは現在位置の座標、目的にまでの距離、時間まで
表示されます。入港すると陸上に乗り上げてしまうのはご愛嬌ですね。
なお、個室のテレビでも同じ画面を見ることが出来ます。


サケマス 投稿日:2019年01月30日 00:54:47 No.12762
無事定刻に名古屋到着。着岸準備の作業員の動きを見ていたら、左舷ランプは通常の固定装置のほか、
ラッシングで固定されており、取り外しをしていました。
基本的には本船で左舷ランプを使うのはイレギュラーと言うことなのかもしれません。


サケマス 投稿日:2019年01月30日 01:32:38 No.12763
1週間前、旧・きたかみのラストランにも乗船しましたので、今回は新旧きたかみ乗りくらべといった感じとなりました。
乗ってみて大きく変化したと思うのは、エンジンの振動や騒音が全く感じられない点です。
クロスツインの部屋でも特等の部屋でもエンジンの振動は皆無で、防振・防音装置の進歩が著しいのが分かります。
但し、特等は船首側になった所為で、風の音が相当響き渡り、静かさではクロスツインの方が上でした。

なお、1等・特等に共通して、空調は部屋ごとに調整可能で、自動・冷房・暖房の各モードの変更も出来ます。
照明はLEDの間接照明がメインで、ダイヤルで焦土を無段階で調節可能です。

きそ・いしかりと大きく違う点が、船内Wifiが客室全域で使用可能になった点ですね。無線LANルーターが通路に
片舷あたり2個装備されていました。
ソフトバンクユーザーだと無料で使えるようですが、その他のキャリアの場合事前登録して24時間980円の料金で
利用できるようです。
ちなみに、横浜で公開時に管理人様がブリッジ後方に指向性アンテナがあると指摘されていましたが、
バッファロー AirStation PRO WLE-HG-DYGという業務用Wifiアンテナのようです。

供食体制が貧弱になったのは気になりますが、元から持込が多いので大した問題にはならないという事なのかもしれません。
ちなみに持ち込んだ場合、6デッキの給湯室に電子レンジがあります。
レストランが内側部分と舷側部分で完全に区切られているのは将来的にレストランの営業体制の縮小まで視野に入れているのでしょうか。

ラウンジや娯楽施設が廃止されたことについて、ネット上では批判的な意見が目立ちますが、利用率などのデータから
導き出された結論でしょうし、個人的には妥当だと思います。
苫小牧港で降りて、連絡バスを待っている間、近くのおじさん2人組が話していたのですが、

おじさんA「綺麗でいい船になったけど、映画館や劇場がなくなっちゃってちょっと寂しいね」
おじさんB「まあ、仕方が無いよ。今はインターネットで自分の好きな映画を好きな時間に見るんだ。皆で集まって映画を見るなんて
昔の話で、今は流行らないよ。」
おじさんA「それもそうだなぁ。時代の変化ってやつだな」

という感じで、おじさんBの意見に全面的に賛同です。
個人的には、かなり良くできた船だと思います。基本的に仙台-苫小牧での運用なら設備的にはむしろ充実している方だと思います。
サケマス 投稿日:2019年01月30日 01:37:21 No.12764
おまけ
1週間前の旧・きたかみラストランで名古屋到着後と、
今回の新・きたかみの名古屋寄港でほぼ同じ角度で撮った写真です。


サケマス 投稿日:2019年01月30日 01:50:39 No.12765
ちょい書き忘れ。
従来船と比べて、大きく変化したのが船内TV回線がデジタル化された点ですね。
地上波デジタルは沿岸から離れるとワンセグ→受信不能になりますが、BSデジタルは常時視聴可能です。
きそ・いしかりは船内配線がアナログらしく、折角の液晶TVなのにでぼやけた映像でした。
あと、特等のカーテンは何気に電動式でした。スイッチで操作するタイプではなく、軽く引っ張るだけで
そのままモーターで閉じたり、開いたりします。何か変な所が凝っていると言う印象です。
さくら 投稿日:2019年01月30日 11:15:42 No.12766
私はサケマスさんが下船された後の名古屋→苫小牧を現在乗船中です。船内ほんと振動がありませんね。ただ今日は波のうねりが酷く、ピッチングで船内至る所がギシギシと軋み音を奏でています。

最近船でひとつ気になる事がありまして、現在きたかみは茨城県沖を航行中なのですが、船内でスマホを開くと位置情報が暫く山口県下関を示すのです。暫くすると正規の場所に補正されます。
先日北海道苫小牧で はくおうに乗船した際も、スマホは最初 兵庫県相生を示しておりました。
お詳しい方、この位置情報がズレるのは船特有の何かの事情があるのでしょうか?


さくら 投稿日:2019年01月31日 20:41:52 No.12767
遠隔で一括操作される電動カーテンの仕組みが気になっていたのですが、カーテンレールに備え付けの装置にLANケーブルの様な物接続されておりました。

さくら 投稿日:2019年02月01日 03:49:33 No.12769
特等洋室のベッドの寝心地がよく、シーツを捲ると今流行りの春雨マットレスでした。
船首側の窓は傾斜しているため、下部に奥行き1m以上のスペースがあり昼寝ができそうですが、【乗るな】と記載がありました。
本線“SPACE TRAVEL”がコンセプトですが、共用部のみならず個室の天井にも無数のLEDが散りばめられています。


さくら 投稿日:2019年02月01日 04:23:07 No.12771
お馴染みの自動おしぼり機と自動お茶機は、新型が導入されています。

さくら 投稿日:2019年02月01日 04:30:24 No.12772
個別空調は動作音が静かで快適です。
触ってると管理者メニュー的なモードに簡単に表示され、どうやって戻せば良いのか焦ります。(上限下限設定、室外機型番、稼働時間など)


Re: 新「きたかみ」に乗船してきました げんかい(管理人) 投稿日:2019年02月02日 11:13:18 No.12774
こんにちは。
振動が少ないとのことでいい船に仕上がっているようですね。
特等の窓が電動カーテンなんでしょうか?前窓なので強制的に閉めるのでしょうか。
携帯の位置情報は、GPSがとれないときは、接続先のアンテナの情報などから推測しているかと思いますので、wifiなど船内にあるものを捕捉しているのではないでしょうか。
South_North 投稿日:2019年02月03日 00:46:41 No.12777
私のスマホも、新「きたかみ」船内で位置情報が誤って表示されました。近くにいた人も同じような事を話していました。

スマホ(Android)の位置情報履歴を調べたら、下関の三菱重工(三菱造船)を訪問したことになっていました。Google Location Serviceなどの位置情報サービスのDBに、新「きたかみ」のWifi送信者情報と三菱造船下関造船所の場所が紐づけられて登録されているものと思います。
さくら 投稿日:2019年02月05日 10:22:14 No.12780
スマホ位置情報がズレるのは、船内Wifi情報からだったのですか。
他船ではこのような事は無かったのですが、wifiエリアが広がり
補足する傾向が強くなったが為の出来事だったのですね。
ありがとうございました。
South_North 投稿日:2019年02月06日 16:58:48 No.12781
きたかみが下関、はくおうが相生だとすると、他の船ではどうなるかを確かめたくなります。
建造された造船所であったり、改装でドック入りした造船所であったり、が示されるものと思います。

Google Location Serviceの仕組みは、船のような移動体にWifi設備が搭載されることを考慮していないのかもしれません。
この仕組みが改善されると、今回のような現象はなくなることでしょう。今だけのお楽しみかもしれません。



「きたかみ」横浜出港 げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月25日 00:39:24 No.12746 【返信】

昨日の「きたかみ」の横浜出港の様子
見学会が終わるとすぐに仙台に向けて出港です。
デッキにはスタッフの姿も多くありました。普段の出港では忙しくお仕事になるのでこういうときだけの光景。

タグはウイングマリタイム「大安」です。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月25日 00:41:18 No.12747
強力なスラスターで離岸の速度は早く、すばやくバース前で回頭します。
大さん橋での普段の客船の出港とは比べ物にならない速さで、バース前回頭も普段は見れない方法。フェリーの機動性の高さを感じました。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月25日 00:44:43 No.12748
回頭して、タグラインをレッコして、前進加速して、とすばやく動く本船にタグ側もついていくがいつもより大変そうでした。
タグラインをレッコするのも、太平洋フェリーの各船にある自動で開放できる装置があるようで、タグが近づく前にガクンと放していました。

またいつか、横浜に来てほしいです。





新「きたかみ」船内見学会 げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月23日 19:37:00 No.12713 【返信】

横浜港に入港した新「きたかみ」の船内を見学してきました。

まず、本船の全体像です、苫小牧〜仙台のワンナイトクルーズ専門に投入されるためか、客室・パブリックスペースともに大幅に減らしています。
旅客デッキは2デッキのみになっていて、7デッキ前方と6デッキに客室があります。少なくなった分、1等以上の個室にはすべて窓があります。

全体スペックで「いしかり」と比較します。
総トン数は前「きたかみ」と同クラスで、(い)15,762GTに比べて(き)13,694GTと抑えられています。
積載能力は、(い)トラック184乗用車100 (き)トラック166 乗用車146台で、と同程度を維持しています。先代「きたかみ」とも同程度です。最近各航路で好調な物流ですが増加にはなっていません。

旅客定員は(い)777名 (き)535名 と3割も減らしています。
この内訳を見ると、
--------------
スイート (い)3部屋 (き)ー
特等洋  (い)53部屋 (き)6部屋
特等和  (い)10部屋 (き)4部屋
1等(2名) (い)50部屋 (き)34部屋
1等(3-4名)(い)24部屋 (き)14部屋
エコノミーシングル (い)ー (き)75名
S寝台 (い)100名 (き)ー
B寝台 (い)124名 (き)216名
C寝台 (い)ー  (き)32名
2等  (い)68名 (き)ー
--------------
となっていて、個室の上等級が大幅に減っています。
エコノミーシングルをどう分類するかもありますが、
1等未満では、(い)292名 (き)248名+エコノミーシングル75名 と増える傾向があります。

このあたりが本船の特徴と言えそうで、最近就航した各航路では、トラック増による積載能力強化、個室を増やして相部屋の削減をしていますが、本船では少し違う傾向になっています。(2等廃止とエコノミーシングル新設の部分は個室化の流れですが)


げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月23日 19:41:42 No.12714
乗船口に近い6デッキ中央にエントランスがありインフォメーションが設置されています。
乗船口に近い6デッキのエントランスはそんなに広くなく、横にちょっとしたTVコーナーがあるぐらいです。
インフォメーションの隣にはショップがあります。見学会でも販売は行われていました。
もちろん、先何は自動販売機コーナーもあります。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月23日 19:49:01 No.12715
階段には「6」と「7」が書かれていて、デッキの階がわかるようになっています。
最近の大型フェリーに多いエントランスの大きな吹き抜けはありません。階段のスペースでプロジェクターの投影で映し出されています。
本船のコンセプトは「SPACE TRAVEL」となっているように、既存船のコンセプト「エーゲ海の輝き」(いしかり)、「南太平洋のしらべ」(きそ)のような、大人のクルーズを意識したものから、ポップなデザインで、光の演出を多く使ったものに変わっています。子供にはうけがいいかもしれません。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月23日 19:54:48 No.12716
エントランスホールの階段の下がキッズスペースになっています。
多くの船が隅っこに小さく作ることが多い(最近は大人が外から見やすい場所も増えているようにも)キッズスペースですが、本船はオープンでよく見えるエントランスの中心にあり広くなっています。光の投影もあって、子供が楽しく遊んでいました。
オムツ替えスペースや、授乳室も広くなっています。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月23日 20:00:22 No.12717
外から見えた白いシートで覆われた場所は、やはり乗船口でした。ドアのように開くようですがこのようにカバーをしたのは雪対策でしょうか。

7デッキに上がると広いパブリックスペースがありました。ここがメインのパブリックスペースになるようです。
海が見えるカウンターなどがあります。
少しでも電波を求めた人がここに来てスマホを操作する姿が目に浮かびますが、残念ながらコンセントは設置されていないようです。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月23日 20:03:33 No.12718
右舷側にはプロムナードがあります。
コンセプトに従い、宇宙をイメージしたデザインです。
窓と窓の間のスペースにプロジェクターで映し出すのは面白いです。本船は、夜間航海メインの配船になりますので、プロジェクターでの光がよく見えそうです。
窓の部分には、小さな飲み物が置けるスペースの工夫があります。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月23日 21:51:34 No.12719
船内の案内には大きなマークが使われ、分かりやすくなっていました。

げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月23日 21:55:08 No.12720
レストランは7デッキのロビーなどと繋がっています。
柵ができる場所がありましたので、レストラン営業後も利用できるのかはわかりませんん。
既存船同様にバイキング形式の表示があり、自動販売機がありましした。
仙台〜苫小牧航路にはいりますので、昼食の営業はありません。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月23日 22:01:12 No.12721
展望大浴場は左舷側にあります。
コインなしで鍵のかかるロッカーが24個。洗面台にはドライヤーがあります。女性側にはパスダースペースが2人分ありました。
お風呂は円形になっています。揺れたときはこのほうが溢れにくいかも。定員が535名ですので十分な広さがありそうです。洗い場の状態までは見れていません。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月23日 22:03:08 No.12722
展望大浴場の近くにはシャワールームもあります。他船と似た作りです。
男女のシャワールームの間にはコインランドリーがあります。長期の移動のときには便利でいいですね。北海道航路には特にニーズがありそうにも思います。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月23日 22:14:16 No.12723
コインロッカーもあります。右側は冷蔵?タイプでしょうか。

外部デッキは旅客デッキがある6〜7デッキだけでなく、乗組員区画の8デッキ広報もあります。
外から見て、デッキの上に階段室がある場所より後方です。
6デッキの後部は、広く作業甲板になっていますので船尾には近づけません。船から後ろに続く航跡はあまり見えなさそうです。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月23日 22:19:47 No.12724
本船にもデッキ上に救命胴衣が少量配置されていました。
最近よく見かけますが、何かルールが変わったのでしょうか。

緑色のカバーがかかっているのは、別スレッドで教えていただいたように縄梯子でした。
最上部の8デッキですので高さが怖いです。脱出のデッキは、低い6デッキなどでなく高い8デッキに配置されるのでしょうか。
救命筏支援艇は7デッキです。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月23日 22:26:31 No.12725
ここからは客室を紹介します。

今回スイートルームは廃止されていますので、最上級は特等になります。
特等で落ち着いた雰囲気になっているのが、特等和(2〜3名)で4部屋のみあります。
既存船であればスイートルームが設置される各デッキの前方角に配置されています。
客室にはバス・トイレや冷蔵庫もあります。特徴は、和室の目線に合わせた低い位置まである大きな窓です。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月23日 22:31:08 No.12726
窓は縦に長く気持ちよさそうです。いいですね。
外からもひと目で分かる大きな窓です。隣りにある小さな窓はバスルームの窓です。バスルームに窓があるのは特等和室のみです。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月23日 22:43:53 No.12727
続いて、特等洋です。
この客室は7デッキの前方が見える場所6部屋設置されています。
「いしかり」の53部屋から大幅に数を減らした部屋タイプです。

ツインベットとソファーベッドで最大3名のようです。この客室もバス・トイレと冷蔵庫もあります。
前が見える窓(夜間はカーテンを開けられない)が特徴の部屋です。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月23日 22:48:59 No.12728
1等洋2名です。
「いしかり」では窓のないインサイドの部屋でしたが、今回窓ありの部屋になっています。
窓が少し小さいのは残念ですが窓があるので電波も入りやすくなります。
そのかわりツインベットではなく、半分だけ2段ベットの特殊構造でスペースを節約する形になってしまいました(旧「きたかみ」では2段ベットでした)。
バスタブはありませんが、シャワーとトイレがあります。客室内に冷蔵庫もあります。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月23日 22:51:33 No.12729
この1等洋室はバリアフリー対応の客室が1部屋あります。客室はかなり広く、ツインベットでベットの間も車椅子などが十分通れる幅があります。
シャワー・トイレも段差のないバリアフリーの広いものになっています。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月23日 22:56:12 No.12730
1等フォース(4名部屋)です。
階段式になった2段ベットが両側にあります。室内には低いテーブルががあり、移動させることができるようです。
この客室は6デッキの前方部6部屋と7デッキに6部屋があり、6デッキの部屋は前方が見える部屋です。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月23日 23:11:27 No.12731
「簡易個室」と表現され、今回新設されたのがエコノミーシングルです。75名分と多数用意されました。
S寝台をグレードアップさせたような位置づけでしょうか。
ベットと小さなテーブルだけの最小限のスペースですが、ドアがあり個室のようになっています。テレビもあります。
メインの通路から入った部屋の中に、1人1人の小部屋があるので前を通る人は少ないですが、ドアが薄いので音は聞こえやすいと思います。
「相部屋でありながら個室感覚でご利用いただける」との表現になっていますので、中から鍵はかけられますが、部屋を離れるときに使用する鍵があるのかは分かりません。
エアコンの個別調整はできません。
このタイプの部屋が今後増えていくのかは気になります。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月23日 23:13:34 No.12732
エコノミーシングルにもバリアフリー対応客室があります。
部屋の幅が広くなって手すりなどもあります。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月23日 23:23:14 No.12733
相部屋のB寝台です。
多くがインサイドの部屋ですが、1部屋のみ窓ありの場所になっています。
階段式の2段ベットで、ベットの入口にスクリーンカーテンがあります。
本船の特徴としては、ベットだけでなく、足元の位置に荷物を置くことができるスペースが設置されたことです(B寝台の場合はテーブルの下)

B寝台は、次の紹介するC寝台とほとんど同じ構造の部屋です。
しかしB寝台10,400円、C寝台8,300円と20%の差があり、なぜ別の等級として設定されたのか疑問に思いました。
違いは、
B寝台:ロールカーテン、小テーブルあり、鏡あり。
C寝台:カーテン。小テーブルと鏡なし。(あえて言うなら、旅客が歩く外部デッキの下になっている)
ぐらいしかなく、すべてB寝台にできそうなものでした。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月23日 23:25:25 No.12734
こちらがB寝台と違いがほぼないC寝台です。
窓のある部屋になっています(B寝台は1部屋除いてインサイドですが)
ベットの入口にコンセントがあります。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月23日 23:27:35 No.12735
B寝台と共通ですが、荷物を置くスペースが新設されました(B寝台はテーブルがあるので高いものは置けません)。ベットの下にも靴?を置くスペースがあります。
B寝台のレディースルームの入口にはカードキーがあります。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月23日 23:29:42 No.12736
最近流行りのウィズペットルームも新設されました。
6デッキの右舷後方にペットエリアがあります。
外部デッキに出たところにペットハウスがありました。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月23日 23:31:17 No.12737
ウィズペットルームは1等フォースタイプの2部屋です。1名分のスペースをペットのスペースにしていますので、ウィズペットルームは最大3名(+1匹)部屋になります。

げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月23日 23:34:23 No.12738
最後に紹介する客室は、普段見ることができないトラックドライバーのドライバーズルームです。
重要な顧客ですので、トラックドライバー専用のサロンも用意されていてシンクなど暮らしやすいような作りになっています。
ドライバーズルームは、エコノミーシングルと同様の個室形式になっています。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月23日 23:39:36 No.12739
最後に車両甲板です。
車両甲板は、ランプウェイから乗船したときに4デッキと1つ上の5デッキがトラックに対応した車両甲板です。
この下にも1〜3デッキに一部乗用車が使用できる車両甲板があり全体で5層になっているようです。

外から見える換気口は5デッキの位置で、換気できるようになっていました。閉鎖も可能なようです。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月23日 23:44:04 No.12740
本日の見学会は、右舷船尾のサイドランプウェイからの上下船でした。
本船の印象としては、夜間航海のみで日中の航海がない苫小牧〜仙台専属として、シンプルに必要なものに絞った作りになったと感じました。北海道新幹線の延長なども見据えての判断のようにも思います。

見学会は、事前に受付を行いチケットを受け取るなどの方法や、人数を制限して誘導などもあり、待ち時間や混雑などがなくとてもスムーズでした。貴重な見学の場を作っていただいたことに感謝したいです。次は実際の航路で乗船したいと思います。


Re: 新「きたかみ」船内見学会 NCF 投稿日:2019年01月24日 12:27:18 No.12742
げんかいさん、こんにちは。
レポートありがとうございます、私も名古屋の見学会を申し込んだのですが抽選に見事!…ハズレてしまいましたので興味深く拝見させていただきました。
やはり現代のフェリーらしく空間をうまく利用した造りになっていますね…路線は旧船、現行船から変化してしっかりとしたコンセプトを全面に打ち出しており太平洋フェリーとしての新しい形を感じました。
個人的には1等クロスツインが面白いなと…窓も小さくてもあるのとないのとでは気分的に全然違いますのでこの部分は大きいと思います。

太平洋フェリーは等級呼称に「特等・1等」を残してるあたりに好感が持てます。

何とか機会を見つけて乗船してみたい(もちろん1等クロスツインで)と思っております。
げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月25日 00:15:07 No.12745
抽選は倍率が高かったのか落選になった人も多かったようですね。
1400などという申込数の情報も見かけましたが、横浜での見学会を見ると混雑しすぎないように見学者数は抑えられていたように感じました。
部屋に窓があるというのは大きいですよね。
ドックシーズンは名古屋まで来る配船になると思いますので、その頃の楽しみもあります。
Voyager 投稿日:2019年01月25日 07:33:12 No.12749
当選者数は、申込み代表者数ベースで1部組 500人、2部組500人だそうです。
したがって落選者数の方が少ないのだそうです。
実際には当選しても、来れない人や、当選した人でも連れが来られない、という人もいました。
2部組はスタートが遅れました。大桟橋のスロープで待たされ、入れたのは15:10ぐらいでした。1部組で時間通り退出される方でスロープやエレベーターが混雑したこともあったようです。2部組で入ると、1部組の残党がまだ、多く残っており混んでいました。1部でありながら2部組の仲間が来るのを待っている人や1部で早くに入って寛いでいたり、1部だけど受付、乗船が1部スタートの14時以降に到着していらした方もいたので、実際のところ、混んでいました。
げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月26日 12:39:39 No.12750
こんにちは。
500人だったんですね。思ったより多かったです。
私は1部でしたが、その前から報道など関係者の方はいました(一般向けの前は関係者向けに行われていたようです)
確かに時間になっても退船されていない方もおられるようには見えました。
1部で見る限りは、他社の船内見学会のように長時間並ぶこともなく、スムーズに計画されたように感じました。順路がないのがよかったのかな。



「きたかみ」横浜入港 げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月23日 10:31:54 No.12709 【返信】

太平洋フェリーの新造船「きたかみ」がお披露目のため横浜港大さん橋に今朝9時前入港しました。
浦賀水道よりパイロット乗船での入港です。
皆さんが撮られた写真からの印象は船首のデッキが高いというものでしたが、直接見るとハウス側が低い印象の方を受けました。
客室数も少ないようで見える窓が少ないです。
太平洋フェリーの他船同様にアンカーまで真っ白に塗られています。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月23日 10:34:58 No.12710
サイドランプウェイのない左舷側はよりすっきりとしています。

げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月23日 10:40:46 No.12711
大さん橋はフェリー埠頭ではありませんので、背の高い防舷材はなく、船尾は岸壁より高くなり少しでも角度がつくとビットに接触しそうで着岸には気を使いそうでした。

紺色のラインの場所には、車両甲板の換気口があります。同化して目立たなくなっています。

人道橋を付ける場所かと思われる場所が右舷に2箇所、左舷に2箇所ありますが、どのように開くのかはわかりません。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月23日 10:43:46 No.12712
ブリッジの後ろには指向性のありそうなアンテナがありました。何のアンテナでしょうか。

着岸後、右舷船尾のランプウェイを開いていました。本日は船尾のランプウェイを使うようです。
船首のランプウェイはラインを張ってますので使わなそうです。

本日の支援タグはウイングマリタイム「黒部丸」でした。スラスターでの自力着岸でしたので、タグラインをとって待機しているのみでした。


Re: 「きたかみ」横浜入港 NCF 投稿日:2019年01月24日 11:17:33 No.12741
げんかいさん、こんにちは。
晴天で絶好の撮影日和ですね…新「きたかみ」は船体の規模を旧船とほぼ同じにしたところを見ると質を落とさずやや抑えた(いしかり/きそ主体)完成度でしょうか?。

船首の雰囲気はバウバイザーが無くなったのもあってか同じ三菱製の宮崎カーフェリーを彷彿とさせるデザインとなってますね。

基本的に仙台~苫小牧の折り返し便に就航するにあたっては旧船からの正統進化ですね。
げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月25日 00:11:24 No.12744
こんばんは。
一般的なフェリーから見れば進化した船で、これから先や配船を考えて過剰な設備にはしていない堅実派に感じました。気になるのは特等が大幅に減っているのは、既存船の予約率は悪いのでしょうか。
太平洋フェリーのページが更新されて新「きたかみ」が掲載されましたが、「いしかり」「きそ」新「きたかみ」の順番で、フラッグシップの位置づけは「いしかり」のままなのかもしれません。

船首ランプウェイはなくなりましたが、既存の着岸の向きは変えてないようで、名古屋は左舷船尾のみ、仙台は右舷側での荷役のようです。いずれもL字岸壁ですが、L字でなくても対応できる荷役方法にしたようです。
太平洋フェリーは白い船体が本当に綺麗です。



太平洋フェリー旧きたかみ KZY 投稿日:2019年01月22日 12:45:12 No.12707 【返信】

太平洋フェリーの引退したきたかみは、名古屋港ガーデン埠頭に停泊と聞き、見てきました。
特に何かの作業をしている様子はありませんでした。
名古屋港のホームページによると、23日に出港となっています。


Re: 太平洋フェリー旧きたかみ KZY 投稿日:2019年01月22日 19:13:19 No.12708
出港日時を再確認したところ、28日17時でした。
訂正します。
KURUSHIMA 投稿日:2019年01月24日 12:45:37 No.12743
船名が「KITA」に変更されて、仕向地がスリランカとして、伊良湖水道航路を26日20:25に南航するようです。
Re: 太平洋フェリー旧きたかみ げんかい(管理人) 投稿日:2019年02月02日 11:18:06 No.12776
ここ数日は沿岸からのAISが届かないところにいるようですが、今頃は南シナ海でしょうか。



SNF「ゆうかり」ドック明け ロフトマン 投稿日:2019年01月21日 22:34:01 No.12700 【返信】

げんかいさん こんばんは。
21日9:30大槌でドック明けのSNF「ゆうかり」を撮ってきました。
代わりに22日には「らいらっく」が東航します。
「ゆうかり」の後ろの船は四国汽船直島航路の「なおしま」です。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年01月21日 22:52:20 No.12704
ドックシーズンで新日本海フェリーのフリートが次々とドックに行き楽しい時期です。
本船の外見は、左舷後部にあるプロムナードの窓が特徴的に見えます。



<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
掲示板管理者へ連絡 | 新着投稿をメールで受け取る