Advectionfog Photo BBS



| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 |
Advectionfogの画像投稿掲示板です。
フェリーの旅や、海の風景などを載せています
投稿して頂いた画像は投稿者を明記してトップページなどで使用させて頂くことがあります。
文章のみの親記事や船旅のご質問はText BBSにお願いします。
お名前
メール
タイトル
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色



| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |
PLH-42 『しゅんこう』艤装作業中 でんすけ 投稿日:2019年08月02日 18:55:10 No.13263 【返信】

 三菱造船下関造船所には去る3月20日に進水した、海上保安庁2016年度第2次補正計画のヘリコプター2機搭載型巡視船『しゅんこう』が艤装作業の真っ最中となっています。

でんすけ 投稿日:2019年08月02日 19:21:21 No.13264
 各所に養生シートやケーブルが見えており、上部構造物も未塗装箇所が多数見受けられます。
 船体中央やや後部に、高さが2段の係留ビットが設置されています。これは本船に領海警備等で現場に派遣された巡視船艇への燃料補給などの母船機能が付加されているために設置されたもののようです。
 保安庁の資料からは、災害対応能⼒・捜索監視能⼒・指揮能⼒・輸送能⼒を持った領海警備体制の強化と大規模事案の同時発生に対応できるオールマイティな能力を持った新型巡視船であることがわかります。
 


でんすけ 投稿日:2019年08月02日 19:52:05 No.13265
 後方から見ると、大型ヘリコプター(スーパーピューマ225型)2機が収容できる格納庫が抜群の存在感を出しています。格納庫上は後部マストなどがありとても賑やかです。
 本年度中に竣工し、第10管区への配備が予定されているようです。
 
 PLH-42 『しゅんこう』概要
 全長:約140m、幅:約16.5m、総トン数:約6,000t、主機/軸数:ディーゼル4基/2軸、可変ピッチプロペラ推進、速力:25ノット以上
 装備:BAEシステムズ社ボフォースMK4 40mm単装機銃1基、JM61-RFS 20mm多銃身機銃2基、遠隔放水銃、停船命令等表示装置、遠隔監視採証装置


げんかい(管理人) 投稿日:2019年08月03日 00:39:13 No.13278
随分大きな船体ですね。
船尾は満載喫水線の位置だとあまり滑らかでないですが、抵抗にならないのか気になります。
でんすけ 投稿日:2019年08月09日 23:13:50 No.13299
 確かに保安庁の巡視船の中では『しきしま』・『あきつしま』級に次ぐ大型船ですが、隣にいる『せっつ』と比べると親子ほどの差があります。
 船尾の抵抗については、喫水線下の形状がカギを握るようです。本船のようにトランサムスターンであっては前進する際の抵抗の増加はあまりなく、適切な設計であれば従来の曲型船尾よりも場合によっては推進効率等が優れる事があります。幅広のヘリコプター甲板が設置されるので甲板支持強度と容積確保を両立できるこの構造は利点のほうが多そうです。
 
げんかい(管理人) 投稿日:2019年08月12日 15:05:50 No.13309
こんにちは。
普通に前進するだけだと抵抗は増えないんですね。



8/2 三菱造船下関造船所 阪九フェリー向けカーフェリー進水式 でんすけ 投稿日:2019年08月02日 17:16:08 No.13256 【返信】

 皆さんこんにちは。
 本日快晴の三菱造船下関造船所において、阪九フェリーの新造船の進水式」が行われました。
 夏休みということもあり、多数の家族連れが来場するようです。長い待機列ができていましたが工場の日陰なのでしのぎやすくなっていました。
 開場して船台へと向かいます。バルバスバウが進水式台へ向かう階段に少し食い込んでいます。


でんすけ 投稿日:2019年08月02日 17:31:56 No.13257
 船台横は来場者多数によって混雑していました。この幅広の建造船台は2隻を同時に建造できるのですが、南側建造船の進水の時は船体が至近距離になるので見上げるような状態になります。そして本船のように長い船体の場合は進水式台は全く見えません。
 式が始まりましたがアナウンスのみの状態です。命名は、阪九フェリーの代表取締役会長により『せっつ』と相成りました。


でんすけ 投稿日:2019年08月02日 17:40:40 No.13258
 支綱が切断され、連動する滑り止め装置が外れる音が鳴り響くと大きな船体が滑り出します。

でんすけ 投稿日:2019年08月02日 17:46:08 No.13259
 無事に関門海峡に進水しました。タグボートにより艤装岸壁へと向かいます。

でんすけ 投稿日:2019年08月02日 18:02:09 No.13260
 タグボートは見学者側からは3隻確認することができました。
左舷船首側から、春風海運『春幸』(出力:3,600PS)、西日本海運『長豊丸』(出力:4,200PS)、グリーンシッピング『あおい』(出力:4,200PS)が作業を行います。
 『あおい』は本年6月に竣工した新鋭船のようです。


阪九フェリー『せっつ』進水式 でんすけ 投稿日:2019年08月02日 18:25:41 No.13261
 このあと、艤装工事が行われて来年2月に引き渡し予定、『やまと』を代替して新門司~神戸航路へ就航とのことです。
 『いずみ』級では7Fの前方にあった船橋と乗組員区画を8Fへ移動させているので上部構造物が大きくなっています。これにより確保された区画などには『開放感のある広い空間を設け、船内で一番大きな窓からは星空と瀬戸内海が眺望でき心躍るクルージングを楽しむことができます。』とのことです。
 またファンネルも背が高くなっているように感じます。SOx(硫黄酸化物)の排出規制への対応策として排ガス処理装置(スクラバー)を搭載するための処置でしょうか。

『せっつ』要目及び特徴(配布資料より)
 長さ:約195m、幅:29.6m、深さ:20.6m、喫水:6.7m、総トン数:約1万6,300トン。
 主機:Wartsila 14v.31型ディーゼル機関,出力8,540kw×2基(合計23,222PS)、航海速力:約23.5ノット
 旅客定員:663人、車両積載能力:8.5mトラック約277台および乗用車約188台。
 荷役設備としてバウバイザー、舷側ランプ扉2基、船尾中央ランプ扉1基を搭載。
 船のコンセプトは「星空と海をのぞむ癒しの旅」で、内装は港町神戸をイメージ。
 新型最適船型の採用などにより在来船と比べ約6%の省エネルギーを実現。2020年から全海域が対象となるSOx(硫黄酸化物)の排出規制への対応策として排ガス処理装置(スクラバー)を搭載。
三菱造船Press Information:https://www.mhi.com/jp/news/story/190802.html
阪九フェリーでは新造船用の特設サイトもできています。https://newship-han9f.com/
とりあえず、取り急ぎご報告いたします。


RAHYA 投稿日:2019年08月02日 21:45:55 No.13268
こんばんは。
とうとう進水式ですね!
しっかし大きいフェリーでファンネルも大迫力!!
船名がここにきて復活しましたね!
げんかい(管理人) 投稿日:2019年08月02日 23:40:26 No.13274
こんばんは。
「せっつ」になったのですね。先代から引き継いだいい名前です。姉妹船は同じくになるのかな。
旅客デッキ3層+乗組員区画での4層は迫力がありますね。4層もあるのは太平洋フェリー「いしかり」「きそ」ぐらいではないでしょうか。
海の展望台というのがどんなものになるのか大変楽しみです。
船の上から見える星空は価値がありますよね。
RAHYA 投稿日:2019年08月03日 10:07:40 No.13283
こんにちは。
4層シリーズ。新日本海フェリーさんも入れてあげてください^^
せんとぽーりあ 投稿日:2019年08月06日 19:04:58 No.13288
でんすけ様
お疲れ様です。

いつも詳細な、レポートありがとうございます。

『シャンパン』は、右舷のかなり高い位置にありましたか?
でんすけ 投稿日:2019年08月09日 21:36:16 No.13293
 せんとぽーりあさま、こんばんは。
 おっしゃられる通り『シャンパン』の設置位置は、船名の少し低い前方の場所に設置されていました。
 『ひびき』の場合は喫水線の少し上部にあったことを思うと高い位置であったといえると思われます。





なさみ丸 だんだん 投稿日:2019年08月02日 14:04:15 No.13254 【返信】

こんにちは
ご無沙汰してます
先月の27日今治港でみかけました
引退しようですけど 復活ですね
どうも中工?みたいでした
情報わかればまた教えてください
だんだん 投稿日:2019年08月02日 14:12:47 No.13255
↑中古です(汗
今年の3月に撮影してましたけど
このときも2014年引退の船かと勘違いしてましたけど
か3回目でしょうか?かなり動いてますね
全然気がつきませんでした
げんかい(管理人) 投稿日:2019年08月03日 00:37:38 No.13277
だんだんさん、こんばんは。ご無沙汰しています。
お、新しい「なさみ丸」ですね。
よく覚えているスタイルです。おそらく本船は元は東京湾の東京汽船「天竜丸」かと思います。特徴的な船尾の看板は無くなって、膨張式救命筏が新設されたようですね。
https://advectionfog.net/tug/tokyokisen_06.html

投稿いただいた写真をタグボートのコーナーに掲載させて頂いてもいいでしょうか?


だんだん 投稿日:2019年08月03日 06:13:26 No.13281
おはようございます
このような写真でよければ
ぜひ使ってください
ありがとうございます。
げんかい(管理人) 投稿日:2019年08月10日 23:10:16 No.13302
ありがとうございます。
掲載させていただきました。
https://advectionfog.net/tug/sanyo_02.html



暑中 NCF 投稿日:2019年08月01日 22:16:42 No.13253 【返信】

げんかいさん、こんばんは。

梅雨明けしてしっかりと暑くなりました…酷暑といった夏が毎年続いており、この季節は撮影に出掛けるのもそれなりの覚悟が必要ですね。

お身体ご自愛くださいませ。
げんかい(管理人) 投稿日:2019年08月02日 23:48:43 No.13276
NCFさん、こんばんは。
急に暑くなりましたね。
熱中症にならないように気をつけて船旅を楽しみたいですね。



別府港~八幡浜港~大阪南港 おれんじ 投稿日:2019年07月31日 00:16:12 No.13242 【返信】

こんばんわ。
27日の別府港は客船「エキスプローラ ドリーム」、護衛艦「さわぎり」、「さんふらわあ」の3隻揃いでした。
八幡浜港の新桟橋工事も骨格が出来てきました。


おれんじ 投稿日:2019年07月31日 00:30:44 No.13248
大阪南港ではオレンジフェリー艫の係船索位置が、側面ランプゲート下へ代わっていました。いよいよスロープ工事が着工したようです。
この他にも、何やら工事を始めるようでした。
帰りに途中下車してドック明けの「さんふらわあさつま」を見て帰りました。


RAHYA 投稿日:2019年08月02日 21:53:41 No.13272
こんばんは。
おれんじさん、今頃になって新設とは:(;゙゚'ω゚'):

やはり荷役に時間がかかって不便だった?
げんかい(管理人) 投稿日:2019年08月02日 23:47:34 No.13275
こんばんは。
前準備の工事がいろいろあったんでしょうか。ゆっくりと進んでいるようですね。



橘丸(伊豆大島→東京) げんかい(管理人) 投稿日:2019年07月31日 00:11:25 No.13240 【返信】

伊豆大島からの帰りは東海汽船「橘丸」に乗船しました。
「橘丸」は八丈島航路に配船されていますが、「さるびあ丸」が納涼船運航する7〜9月の上り便だけ、伊豆大島に寄港します。
寄港の目的は、納涼船のため早い時間に「さるびあ丸」が出港してしまうため夕方の需要対応などのようですが、八丈島方面からの乗客が伊豆大島でジェットフォイルに乗り継ぐというのもできるようになっています。そのため、伊豆大島で下船する人もいます。

「橘丸」もバース前で回頭してバックしながら着岸。
上記の理由の寄港のため、伊豆大島での貨物の取り扱いはなく荷役は行いません。旅客のみの取り扱いです。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年07月31日 00:15:25 No.13241
北上便は夜間航海ではありませんが、比較のため特2等を利用しました。
10〜20人ぐらいの利用はあったようです。
大部屋ではありますが、「さるびあ丸」と違い12名ずつ区画が切られていて、ベッドの前が大きな通路になることはありません。部屋の入口には荷物スペースがあります。
2段ベッド方式ですが、一番奥だけは階段があります。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年07月31日 00:17:35 No.13243
「さるびあ丸」との一番の違いは、ベッドにマットが敷かれていることです。「橘丸」の場合は通常の長距離フェリーの2等寝台クラスと同様と考えて利用できます。
ベッド内にはライトやコンセントもあり、足元には100円リターン式の貴重品ロッカーもあります。とても快適です。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年07月31日 00:25:05 No.13244
定刻の16:20に伊豆大島を出港
出港のときもお巡りさんは桟橋にいて、見送りをします。島への出入りはすべて見るのが慣習のようです。

「橘丸」から乗り継ぐこともできるジェット船の「セブンアイランド友」と出港時にすれ違います。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年07月31日 00:26:46 No.13245
揺れもなく穏やかな時間が流れ、しばらくするとジェット船「セブンアイランド友」が左側を追い抜いていきました。

げんかい(管理人) 投稿日:2019年07月31日 00:28:30 No.13246
浦賀水道に近づき船が増えてきます。
夕方の時間帯で、大型船が次々と列を作って南下してきます。
夏の東海汽船での北上は浦賀水道をゆっくり眺められる貴重な存在です。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年07月31日 00:29:51 No.13247
夕方になるとレストランもオープンします。
レストランの窓は小さな丸窓です。

レストランの他に冷凍食品やカップラーメンもあります。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年07月31日 00:31:24 No.13249
日没前に第二海堡を間近に見ながら北上。
最後は東京の夜景を見ながら入港です。


RAHYA 投稿日:2019年08月02日 21:57:03 No.13273
こんばんは。
この橘丸は斬新なカラーをしてますよね!
それでいて船体もスマートでかっこいい船です^^
オーシャンで東京往復したいと思いつつ、なかなかタイミングがなく><
橘丸や他の船とも会えずじまいです><

そんな最中ですが、広島航路の船が入替え時期に入ってるんのでそれも楽しみ^^
阪九さんも進水したばかりですしね!!
げんかい(管理人) 投稿日:2019年08月03日 00:47:03 No.13280
来年の夏には、この東海汽船の新「さるびあ丸」も就航しますし再び新造船が続きます。
本日の阪九フェリー「せっつ」の隣にいる青色の下部だけの船体が新「さるびあ丸」のようです。
でんすけ 投稿日:2019年08月09日 21:27:26 No.13292
げんかいさん、乗船お疲れさまでした。
 8月2日の時点で新『さるびあ丸』は巌流島からはこのように見えました。11月の進水予定に向けて工事が進んでいました。





シーパセオ。 第二ななしま 投稿日:2019年07月28日 20:00:07 No.13236 【返信】

げんかいさん、こんばんは。
瀬戸内海汽船の新造船シーパセオが、宇品〜呉〜松山を1往復トライアルしました。


RAHYA 投稿日:2019年07月28日 20:43:40 No.13237
こんばんは。
音戸の瀬戸での撮影お疲れ様でした!

定期船の合間を縫ってのトライアルにいろんな船が
見れて楽し時間ですよね^^
第二ななしま 投稿日:2019年07月28日 21:44:36 No.13239
RAHYAさん、情報ありがとうございました。
引退予定の石手川と旭洋丸も撮影できました。
石手川に乗船できなかったのが残念です。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年07月31日 00:37:23 No.13250
こんばんは。
「石手川」はあと数日ですね。
30年以上この航路を走り続けて、私が松山にいたときもずっと走っていた船だけに寂しさもあります。



昨日の伊豆大島(7/27) げんかい(管理人) 投稿日:2019年07月27日 13:20:39 No.13223 【返信】

夏の伊豆大島にいるとジェットフォイルなど多くの船が見れます。
昼過ぎには、朝に下船した貨客船「さるびあ丸」が利島、新島、式根島、神津島と寄港して折返し、大島まで戻ってきました。
台風の影響も心配されましたが、海上は穏やかで通常運航でした。
この日の伊豆大島の出帆港は岡田港。少し遅れての入港です。
バース先端付近の広い場所まで入ってきたらぐるっと反時計回りに回頭します。
狭い港でも余裕の操船です。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年07月27日 13:22:33 No.13224
岸壁は途中で折り曲がっています。回頭してからバックするとちょうどよく岸壁になります。

げんかい(管理人) 投稿日:2019年07月27日 13:28:27 No.13225
接岸すると岸壁は忙しくなります。
タラップからは、多くの乗船客が乗っていきます。
子供の団体もいたようで、長い長い列ができていました。
フォークリフトがコンテナを次々と運んできて積んでいきます。
伊豆諸島航路はコンテナをクレーンで荷役します。いつかはRORO式になるのでしょうか。
子供の団体のお別れの日だったようで、紙テープがたくさん用意されて、出港時には蛍の光が流れていました。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年07月27日 13:31:37 No.13226
最後はデッキの上にもコンテナを積んで荷役が終わりました。
長い汽笛を1回鳴らしてすぐに出港です。
まだ船首のクレーンも収納が終わっていませんが、ぐんぐん加速して出港していきます。
納涼船期間の「さるびあ丸」は忙しく少しでも早く竹芝に着きたいのでしょうか。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年07月27日 13:34:16 No.13227
急ぐように加速する「さるびあ丸」を見送りの人は岸壁を走って追いかけていきます。
岸壁の端っこの灯台まで行って見送ります。
離島らしい風景を見ることができました。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年07月27日 13:41:00 No.13228
夏の伊豆大島はジェット船(ジェットフォイル)も頻繁に入港します。
この日も、朝7時台に東京を出港した連続4便のジェット船から、最後の夕方まで合計12回もの入港と出港があります。
朝の出発便の順番で、最初は「セブンアイランド愛」
大型客船だけでなく、ジェット船の場合も船が入港するときは警察が港に来てタラップの場所にいます。離島の光景ですが、ここまで便が多いと一日中になります。ちなみに、タラップを操作する作業にお巡りさんも加わるのも日常の光景です。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年07月27日 13:43:32 No.13229
「セブンアイランド大漁」
10分から15分刻みで次の便が来ますので
、港内で次の便とすれ違います。

3隻目は「セブンアイランド虹」


げんかい(管理人) 投稿日:2019年07月27日 13:45:27 No.13230
その「セブンアイランド虹」
4隻目は「セブンアイランド友」


げんかい(管理人) 投稿日:2019年07月27日 13:46:42 No.13231
その後の時間帯も周辺の島を行き来しているので、よく見かけました。

RAHYA 投稿日:2019年07月28日 13:11:45 No.13233
げんかいさん。こんにちは^^
いいとこ行ってますね~~~
愛媛からだとなかなか接続しにくくて足が遠のく離島・・・
写真でこうやって見れて嬉しい限りです!
げんかい(管理人) 投稿日:2019年07月31日 00:43:26 No.13251
こんばんは。
東京を夜遅くに出港するので意外と接続はいいですよ。羽田空港からモノレールで終点の浜松町駅から徒歩10分でフェリーターミナルです。
近くに住んでいて比較的身近な場所だと、いつでも行けると思ってなかなか行かないことがあるので、意識的にこの航路にはもっと足を運びたいなと思います。伊豆諸島も10年以上いて3回目ですし…。松山時代も結局、中島汽船などに乗っていないのを後悔しています。あれほど美しい瀬戸内海の航路に身近すぎて乗ってなく。



「さるびあ丸」東京→伊豆大島 げんかい(管理人) 投稿日:2019年07月26日 21:30:44 No.13216 【返信】

昨夜の東海汽船「さるびあ丸」で東京・竹芝桟橋から伊豆大島まで乗船しました。
現在は夏の納涼船期間のため、東京港の出港は遅く23時、伊豆大島の入港は早く5時と6時間での運航になっています。夜行便では伊豆大島は近すぎるため時間調整しながら進みますが、夏期は睡眠をとるのにギリギリの長さです。
出港が遅いということは、平日に仕事の後に利用することも可能ということで、金曜日の便を中心に混雑します。

「さるびあ丸」は代替船を建造中ですので、本船に乗船するのはもしかしたらこれが最後になるかもしれません。納涼船運航から戻ったら、荷役や乗船準備が急ピッチで進められています。乗船開始は出港30分前の22:30です。
ターミナルには、三宅島・八丈島方面の「橘丸」含め多くの人が集まっています。遅い時間ほどチケットカウンターは混んでいるように感じました。

一足先に22:30に「橘丸」が三宅島・八丈島方面に出港していきます。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年07月26日 21:36:31 No.13217
今回利用した客室は特2等です。「さるびあ丸」では初の利用です。
基本的には、大型フェリーの2等寝台のようなものですが、船齢が高く後から改造した本船は一般的な2等寝台との違いが多々あります。

2等寝台のときは6人部屋ぐらいのことが多いですが、本船は船の1区画を広く1部屋の特2等としています。そのため、かなりの人数の大部屋になっています。通路の配置が複雑なこともあって、迷子になっている人がたくさんいました。
多くの人が通るような通路の場所もそのままベットがあります。

部屋の入口付近には大きな荷物を置けるようなロッカーがあります。盗難には注意です。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年07月26日 21:43:58 No.13218
一般的な2等寝台との違いで最も注意しないといけないのが、敷布団(マット)がないことです。
一般的な2等寝台の場合はマットが下に敷かれているかと思いますが、「さるびあ丸」の特2等は絨毯敷そのままです。2等雑魚寝がそのままベッドになったようなものです。床ほど固くはないですが、そのまま寝ると硬いように感じると思います。これは2等和室でも同様で「さるびあ丸」では、2等和室にマットはなく絨毯そのままです。
キャンプで使うようなマットを持っていれば、それを持ってくると快適に寝ることができます。
毛布と枕が置かれていて、追加の毛布を注文できるので、2つのうち片方を敷く人もいるようです。

ベッド内にはコンセントが1つあります。コンセントの位置はベッドによって違って高い場所にあったり低い場所だったりします。
ベッド内に照明はありません。カーテンを閉めると暗くなるので、ライトがあると便利です。
端っこのベッドは足元もカーテンの場合があります。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年07月26日 21:49:24 No.13219
23時と遅い出港ですが、24時までレストランもやっていました。
24時以降はレストランは開放されて、夜間になってもみんなで話したい人のためのスペースになりました。伊豆大島は5時ですが、その先はもう少し遅いためか夜中になっても宴会をしている人はいました。

夏場はレジャーでの乗船が多く荷物が多いので、荷物用のスペースにたくさん置かれています。釣り道具の場所や、デッキにはサーフボードのスペースなど。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年07月26日 21:51:49 No.13220
定刻23:00に竹芝桟橋を出港しました。
船内は23:50頃に夜間照明になります。
今回は、翌日が早いので早めに寝ます。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年07月26日 21:55:59 No.13221
早朝4:30に朝の船内放送があります。
伊豆大島には岡田港と元町港の2つの港がありますが、出港時点ではどちらの港に入港するのかは決まっていません。
この朝の船内放送でどちらの港に入港するのか案内があります。
今回は岡田港への入港でした。

航海時間が短いこともあって、この船内放送は入港まであまり時間がないギリギリで、放送から25分後には入港完了しています。ほぼ港内に入る頃に案内ですので、下船はすぐにできるように荷物をまとめておいたがいいです。

定刻より5分早く4:55に伊豆大島・岡田港に入港しました。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年07月26日 21:58:29 No.13222
平日でしたが、この便も多くの等級が満席に近かったようです。
伊豆大島でもたくさんの人が下船しました。
忙しくコンテナも降ろしていきます。

ちなみに、岡田港に入港したときは、元町までの臨時バスが運航されているようです。元町までの公共交通機関がないということにはならないようです。





<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
掲示板管理者へ連絡 | 新着投稿をメールで受け取る