Advectionfog Photo BBS



| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 |
Advectionfogの画像投稿掲示板です。
フェリーの旅や、海の風景などを載せています
投稿して頂いた画像は投稿者を明記してトップページなどで使用させて頂くことがあります。
文章のみの親記事や船旅のご質問はText BBSにお願いします。
お名前
メール
タイトル
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色



| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |
2/6 九州郵船『ダイヤモンドいき』公試予行@大三島宗方沖 でんすけ 投稿日:2019年02月11日 20:40:32 No.12823 【返信】

 向島ドックでのファイナルドックを終えた九州郵船『ダイヤモンドいき』は三原瀬戸を西航後、大三島宗方沖にて航走試験を実施しました。
 この大三島宗方の南岸には、速力試験のためのマイルポストがあり、この区間を航走する『標柱間航走試験」をもってその船の速力を決定することができます。
 この大三島宗方のマイルポストは周辺の造船所で建造される新造船にも広く使われています。


でんすけ 投稿日:2019年02月11日 20:46:02 No.12824
 『標柱間航走試験』は定められた機関出力にてマイルポストの間を数往復してその平均の時間から速力を算するとても重要な試験です。

でんすけ 投稿日:2019年02月11日 20:53:17 No.12825
 この試験において全速力を測定する場合、機関出力一杯の状態でマイルポストの間を通過し、急速回頭をして同一進路に戻るという動きを繰り返します。
 急速回頭(多くの場合は舵角35度の全力回頭)を行うため、船が外側に大きく傾きます。強大な遠心力がかかるため、固縛していない物体は滑るか場合によっては飛んでいくほどの危険な試験です。


でんすけ 投稿日:2019年02月11日 21:05:50 No.12826
 航海速力は壱岐印道寺⇒唐津間を約1時間40分で航海するために約15ノット弱(唐津⇒印道寺は出入港時に港内で旋回するため5分程度多くかかります。)で計画されています。
 今回の試運転の際は軽貨状態で船底がきれいな状態でもありますが、AIS表示で約16~18ノット程度が出ていたようです。


でんすけ 投稿日:2019年02月11日 21:27:03 No.12827
 夕暮れ前に、試験を終えた『ダイヤモンドいき』は、大三島沖を離れ大島吉海港沖へと向かいました。
 このあと、様々な試験を行って船の諸元・性能を確定して3月中旬の引き渡し予定で作業が続きます。
 九州郵船『ダイヤモンドいき』 主要目
 全長:約76m、幅:約13m 、総トン数:検査未了のため未定(899総トン型として計画)、航海速力:約14.8ノット、主機:新潟原動機製ディーゼル機関×2基・2軸可変ピッチプロペラ推進・フラップラダー2枚装備による、2基2軸2舵推進システム。

 工事が順調に進めば3月中旬には引き渡し、回航になろうかと思われます。
 とりあえず、ご報告までに。


せんとぽーりあ 投稿日:2019年02月12日 17:14:53 No.12828
でんすけ様
お疲れ様です

レポートありがとうこざいます。
私は基本的に1,000総トン以上の船舶しか、ウォッチしていないので、
情報が少なくて済みません。
よろしくお願いします。
げんかい(管理人) 投稿日:2019年02月13日 01:52:45 No.12831
試運転の様子、興味深いです。
この場所には陸上から分かるようなマークが有るのでしょうか?
大型船だと、伊予灘には速力試験用の場所が海図にも書かれていますね。
まだ車両を積む前ですが、全速力のときに最大で舵をきると転覆の危険はないのかと気になります。
でんすけ 投稿日:2019年02月16日 14:28:05 No.12839
 海上から見やすい位置に標柱が2本づつ設置されています。この場所に限らず、造船所の近くの試運転を行う海域の陸岸に設置されています。
 この近くであれば弓削島の東岸にも設置されています。

 
げんかい(管理人) 投稿日:2019年02月17日 22:10:11 No.12847
分かるように設置されているんですね。勉強になります。
探して見つけてみたいです。



2/6 九州郵船『ダイヤモンドいき』ファイナルドック明け回航@三原瀬戸高根島灯台 でんすけ 投稿日:2019年02月11日 20:07:36 No.12820 【返信】

 げんかいさん、みなさんこんばんは。
 九州商船『いのり』の進水式が行われた2月6日に、九州郵船の唐津~印道寺航路に4月から就航予定の『ダイヤモンドいき』が三原瀬戸を西航しました。


Re.2/6 九州郵船『ダイヤモンドいき』ファイナルドック明け回航@三原瀬戸高根島灯台 でんすけ 投稿日:2019年02月11日 20:13:14 No.12821
 建造所である愛媛県今治市大島の「山中造船株式会社」には修繕ドックがないため、修繕工事に実績のある広島県尾道市向島の「向島ドック」で船底掃除などのファイナルドックを実施したようです。

Re.2/6 九州郵船『ダイヤモンドいき』ファイナルドック明け回航@三原瀬戸高根島灯台 でんすけ 投稿日:2019年02月11日 20:18:12 No.12822
 第5甲板のオーニングが未装備だったり、デッキが未塗装であるなど工事を残しているようです。この後今治造船広島工場の沖を通過後大久野島方面へ向かいました。

げんかい(管理人) 投稿日:2019年02月13日 01:35:01 No.12830
こんばんは。
「ダイヤモンドいき」は博多航路の船のように青色でのカラーリングなのですね。
唐津航路は緑色になるのかと思っていました。「エメラルドからつ」も青になるのか、緑のままなのか気になります。



鹿児島にて おれんじ 投稿日:2019年02月11日 01:00:30 No.12818 【返信】

こんばんわ。
先週末に鹿児島へ行く用事があったので撮ってきました。
「はいびすかす」の写真後ろにはドック中の2隻のフェリーも。


おれんじ 投稿日:2019年02月11日 01:11:52 No.12819
仕事を終えて帰る途中で偶然に発見した大型客船。
急遽、廻り道をして見に行きました。とにかく大きいいです。
昨年の台風で倒壊した名門大洋フェリーのボーディングブリッジは
未だ改修出来ておらず、この様に大型バスによるピストン輸送で対応しており、
多客時は大変だと思います。予算上もしくは設計上の問題か?分かりませんが
早期の復旧が望まれます。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年02月13日 01:28:04 No.12829
こんばんは。
鹿児島から沖縄への航路は、独特の雰囲気があり鹿児島を夕方出港していく姿は好きです。
「はいびすかす」は屋久島に安く行く方法として認識されているようですね。



2/5 新日本海フェリー『はまなす』ドック明け回航@関門海峡東口 でんすけ 投稿日:2019年02月09日 02:20:32 No.12809 【返信】

 2月5日に新日本海フェリー『はまなす』が広島県尾道市のジャパンマリンユナイテッド因島工場での定期点検を終えて、舞鶴港へ向けて回航されました。
 


でんすけ 投稿日:2019年02月09日 02:25:49 No.12810
 ドック臨時ダイヤで運航中の、松山・小倉フェリー『フェリーはやとも2』と反航します。

でんすけ 投稿日:2019年02月09日 02:30:16 No.12811
 満珠島を通過します。

でんすけ 投稿日:2019年02月09日 02:33:09 No.12812
 点検明けのきれいな船体を輝かせながら西航して行きました。

げんかい(管理人) 投稿日:2019年02月10日 01:42:00 No.12817
まもなくカラーリングも変わってしまう「フェリーはやとも2」とのツーショットは貴重で面白いです。
タイミングよくすれ違いになりましたね。



2/5 部埼灯台から見る『フェリーはやとも2』 でんすけ 投稿日:2019年02月09日 01:26:40 No.12806 【返信】

 福岡県北九州市門司区企救半島の北東端、瀬戸内海周防灘に面した小高い丘の部埼に立つ石造の大型灯台である『部埼灯台』からは関門海峡の東口を見渡すことができます。関門航路及び門司港の東南端でもあることから多くの船が近くを行き交います。
 定期的に清掃もされているので雑草なども刈り取られていてとても開かれた景色を見ることができます。


でんすけ 投稿日:2019年02月09日 01:31:22 No.12807
 東航船に対しては午後までほぼ順光で撮影することができます。

でんすけ 投稿日:2019年02月09日 01:38:13 No.12808
 通過後は午前中ならば逆光になりますが、午後になりますとサイドライト気味になります。
ただし、バスも来ないところにありますので、ここを訪れる方法はレンタカーや自家用車などの公共交通機関以外になります。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年02月10日 01:40:38 No.12816
こんばんは。
部埼灯台の場所に行くことができるんですね。
随分前に地図で見て道が狭そうなのもあってスポットとして考えたことがありませんでした。ストリートビューを見る限りは道もそんなに狭くなさそうで、駐車場もある(?)ようですね。
田野浦から東側には行ってませんでしたので参考にさせてもらいます。



Cycleship LazuLi(サイクルシップ ラズリ) でんすけ 投稿日:2019年02月09日 00:43:10 No.12804 【返信】

 しまなみ海道を訪れるサイクリストの増加を受けて輪行袋不要で自転車を積載して島へと渡ることができる『Cycleship LazuLi(サイクルシップ ラズリ)』が尾道港の尾道駅桟橋に係留されていました。
 本船は平成30年10月28日のデビューのあとは、主に週末を中心に尾道~瀬戸田の間を運航しています。


でんすけ 投稿日:2019年02月09日 01:09:58 No.12805
 船首は波を抑え込むプレートの付けられたステップバウになっています。操舵室前面に張り付けられたメーカープレートには『沖新船舶工業 SNO.202 2018年9月竣工』とありました。長崎県佐世保市の『沖新船舶工業』の建造だったようです。
 定員は75人で、自転車は約50台積むことができ船内にはスタンドを備えています。
 船尾には『せとうちパレットプロジェクト』・『瀬戸内ブランド』のロゴが描かれています。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年02月10日 01:32:26 No.12815
サイクリングで賑わっているしまなみらしい船です。
スロープがあって上部デッキにも自転車を持っていけるようになっているんですね。
四国側にもできると面白そうです。



尾道造船で定期点検中の『新鑑真(XIN JIAN ZHEN)』と『蘇州号(Su Zhou Hao)』 でんすけ 投稿日:2019年02月09日 00:09:20 No.12802 【返信】

 日中国際フェリー『新鑑真(XIN JIAN ZHEN)』と上海フェリー『蘇州号(Su Zhou Hao)』は中国の旧正月となるこの時期に定期点検を行っています。
 2月6日の時点で尾道造船で2隻そろって入渠中でした。


でんすけ 投稿日:2019年02月09日 00:25:18 No.12803
 この尾道造船は修繕部門も有名ですが、新造部門でもD/W80,000トン型PRODUCT TANKERをはじめとして多くのプロダクト/ケミカル・タンカー、バラ積み船の建造を行っています。
 尾道水道側の岸壁には2隻のケミカル/プロダクトタンカーが作業中でした。

 第748番船『ST.PETRI』D/W 49,700 MT型ケミカル/プロダクトタンカー
 第753番船『SUNDA』D/W 80,000 MT型プロダクトタンカー

 


げんかい(管理人) 投稿日:2019年02月10日 01:30:51 No.12814
フェリーは本国側でドックすることが多い中、本船たちは、日本で建造されたとはいえ、日本でドックするのは少し不思議に思っています。
いつも尾道造船に恒例で入ってますね。



2/6 JMU因島工場 劇場船『STU48号』改造作業中 でんすけ 投稿日:2019年02月08日 00:30:30 No.12797 【返信】

 内海造船因島工場に隣接したジャパン マリンユナイテッド株式会社因島工場(JMU因島)では修繕・改造作業に特化した運営が行われています。かつては日立造船因島工場という大きな造船所だったのですが近年の業界再編を受けて内海造船とJMUの2つの会社に分かれています。
 現在JMU因島工場は改造・修繕を主業として操業されています。
 工場西のドック内では、貨客船兼自動車渡船『みかさ』(壱岐商業開発株式会社所有)の上部構造に劇場を設置する改造作業が行われており、完工すると船名を『STU48号』に変更します。
 今後、内装工事、各種検査、承認を経て2019年春に完成予定とのことです。
 


2/6 JMU因島工場 劇場船『STU48号』改造作業中 でんすけ 投稿日:2019年02月08日 00:47:02 No.12798
 改造作業のメインは、船体中央部の二層の上部構造(車両区画+旅客区画)を撤去し、大型化した一層の上部構造を新たに搭載し、劇場空間を新設するという大工事です。
 ここで注意として、本船の車輌甲板には大型トラックを搭載していましたので2デッキ分の甲板高さ(有効高さは3.8m程度以上だったかと思います。)があったことを考えると撤去したのは実際には3デッキ分の撤去になります。
 新たに設置された構造物は未塗装のため、その大きさがよくわかります。劇場の床面となる車輛甲板からは推定で4デッキ分の高さがあるようです。船橋上部を含めた最上甲板にはしっかりとした手すりが全周に取り付けられているので遊歩後半になるのでしょうか。
 それ以外の設備(機関・航海・係船設備など)はできるだけそのまま使用することで、専用の新造船を建造するよりも大幅にコストを下げて船に劇場を設けることが可能になっています。



でんすけ 投稿日:2019年02月08日 00:59:02 No.12799
 『みかさ』の船名プレートは撤去されていて『STU48号』のプレートが新たに溶接されているようです。併せて船尾には船籍港と思われる『広島 HIROSHIMA』も読み取れます。
 船側にも大規模に黒い溶接灼けが見えますので内部で大掛かりな溶接工事が行われているようでした。
 


げんかい(管理人) 投稿日:2019年02月10日 01:28:37 No.12813
かなり大掛かりな改造をやっているのですね。柱の位置なども考えるとブロックごと差し替えたが早いということでしょうか。
ブリッジのウイング後ろにまで増築されるので、ブリッジからの後方の視界は悪くなりそうですね。カメラかなにかを設置しないと。



2/6 内海造船因島工場 RO-RO船『海王丸』 でんすけ 投稿日:2019年02月07日 21:24:13 No.12791 【返信】

 平成31年2月4日に、内海造船因島工場で進水したオーシャントランス向けのRO-RO貨物船『海王丸』です。
 5層の車両甲板があり、そのうち2層は乗用車専用甲板、残りの3層には、シャーシ、トラクター等の積載用甲板という構成です。
 車輌搭載は、左舷側船首と船尾に設置するランプ扉から船内に入り、艙内ホールドランプを経由して、各所定のデッキまで自走して行います。
 速力性能に優れた船型を有しており、またバルブ付き舵等により、燃費性能に優れた船型となっています。
 フィンスタビライザを備えているほか、バウスラスタおよびスタンスラスタを装備し、離接岸の性能向上を図っています。


でんすけ 投稿日:2019年02月07日 21:32:24 No.12792
 船首の形状は、内海造船の建造船では標準化されつつあるAx-Bow(アックスバウ)となっており、波浪中での船速低下が軽減される効果があります。
 全体的にナックルラインが強調されたエッジの立った船体形状をしています。
 
◎ オーシャントランス『海王丸』《主要目》
全長:約190.00m、垂線間長さ:179.00m、型幅:27.00m、型深:22.70m、構造喫水:6.85m
総トン数:約13,650t
 車両搭載台数:13mシャーシ約192台 + 乗用車約200台
主機関:MAN B&W 9S50ME-C8.5型ディーゼル機関 1基、連続最大出力:15,930kW(21,665PS)
航海速力:約21.5ノット
 
 内海造船のyoutubeチャンネルに進水式の模様がアップされています。
 https://www.youtube.com/watch?v=z6_TaaPJnZk&spfreload=10
 


げんかい(管理人) 投稿日:2019年02月08日 00:10:48 No.12796
こんばんは。
カラーリングは見たことがないものですが、どの航路に就くRORO船でしょうか?
川崎近海汽船や栗林商船のカラーリングにはなっていませんね。



<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
掲示板管理者へ連絡 | 新着投稿をメールで受け取る