Advectionfog Photo BBS



| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 |
Advectionfogの画像投稿掲示板です。
フェリーの旅や、海の風景などを載せています
文章のみの親記事や船旅のご質問はText BBSにお願いします。
お名前
メール
タイトル
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色



| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |
8/19 『DIAMOND PRINCESS』関門海峡西航 でんすけ 投稿日:2019年08月22日 17:26:01 No.13319 【返信】

 げんかいさん、みなさんこんにちは。
 去る8月19日の早朝に、英プリンセスクルーズの『DIAMOND PRINCESS』が関門海峡を西航しました。


でんすけ 投稿日:2019年08月22日 17:27:46 No.13320
 最上部甲板をはじめとして各所に乗客が出てきていて関門橋を通過する光景を見学しています。

でんすけ 投稿日:2019年08月22日 17:44:14 No.13321
 曇天の中を西航していきました。このあと釜山に向かったようです。

クルーズ客船『DIAMOND PRINCESS』
全長:290.00m、全幅:37.50m、高さ:54m(水面上)、喫水:8.5 m
総トン数:115,875トン、機関方式:統合電気推進、航海速力:22ノット
旅客定員:2,706名、乗組員:1,238名


げんかい(管理人) 投稿日:2019年08月25日 15:01:27 No.13325
こんばんは。
大きなものが通りましたね。早鞆瀬戸を通ることができる客船はこれぐらいが最大サイズでしょうか。
中央の最上部もデッキに出られる構造なんですね。



MONOCEROS LEADER elf 投稿日:2019年08月18日 16:15:44 No.13312 【返信】

こんにちは。今朝の中関港です。
199.98mX35.8 情報統合型船橋だそうです。

タグは、おおつ丸です。
elf 投稿日:2019年08月18日 16:37:03 No.13313
2018年10月22日竣工
新来島豊橋造船建造
げんかい(管理人) 投稿日:2019年08月19日 00:45:29 No.13315
こんばんは。
情報統合型船橋の記事を見ましたが、着座式にして集中させたのは興味深いです。
外航で複数名での当直であれば居眠りの心配は少ないと思いますが、狭い海域でも座ったままで視界確保ができるのでしょうか(カメラを活用する?)。



台風10号備讃瀬戸回航 ロフトマン 投稿日:2019年08月16日 23:33:07 No.13310 【返信】

げんかいさん こんばんは。
本日(16日)台風一過で東航するフェリーを撮ってきました。 
フェリーは8隻(?)が回航しましたがそのうち4隻を撮ることができました。
AM7:10 高松沖にはジャンボフェリー2隻が待機していました。
AM7:20 「いずみ」
AM7:40 「フェリーふくおかⅡ」 


ロフトマン 投稿日:2019年08月16日 23:40:43 No.13311
AM8:10から8:30にかけて「やまと」「フェリーきたきゅうしゅうⅡ」が通過しました。
午後にはオレンジフェリー、さんふらわあが間隔をあけて3隻投稿していました。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年08月19日 00:39:23 No.13314
こんばんは。
台風一過で晴れて撮影にはいい日でしたね。
速度が遅くて影響が長く、繁忙期に影響したのはフェリー会社にとっては残念でしたが。

ジャンボフェリーの2隻が並ぶ姿はなかなかみれないですね。
RAHYA 投稿日:2019年08月19日 20:29:46 No.13316
こんばんは。台風前は西は宇部沖向けのオンパレードでした^^;

RAHYA 投稿日:2019年08月19日 20:30:25 No.13317
さらに・・・

げんかい(管理人) 投稿日:2019年08月20日 21:31:50 No.13318
こんばんは。
来島海峡でしょうか?短時間に目まぐるしく天気が変わっていく様子もわかりますね。
晴れているときは特に鮮やかできれいに見えます。



ダイヤモンドプリンセス。 第二ななしま 投稿日:2019年08月11日 18:23:46 No.13303 【返信】

げんかいさん、こんばんは。
ダイヤモンドプリンセスが11日来島海峡中水道を通航して、神戸港に向かいました。
迫力あります、動く巨大リゾートマンションです。
警戒船は若田丸でした。
RAHYAさん、情報ありがとうございました。


RAHYA 投稿日:2019年08月11日 22:46:51 No.13304
第二ななしまさん、げんかいさんこんばんは。
今日も暑い夏空でしたが、木陰はやや過ごしやすい興居島でした^^

写真は釣島水道通過時のモノです!
この撮影ポイントも20年前父がい木が大きくなってきて夏は撮りにくくなってきたので、
どこか新しいポイントを探さなくてはwww

第二ななしまさん撮影お疲れさまでした^^


げんかい(管理人) 投稿日:2019年08月12日 14:59:12 No.13307
こんにちは。
このサイズの船が揚げるH旗もかなりのサイズに見えますね。
船首の先端まで行けるように見える船名表示の上の通路も気になります。作業甲板ではなく、客室があるように見えますね。



商船三井フェリー『すおう』博多港入港 でんすけ 投稿日:2019年08月09日 22:08:49 No.13294 【返信】

 げんかいさん、みなさんこんばんは。
 8月9日の日の出前ごろ、商船三井フェリーの『すおう』が博多港箱崎ふ頭へ入港してきました。
 本船『すおう』は本年5月に東京~苅田航路に就航した新鋭船ですが、配船変更で東京~博多~松山/岩国~東京航路に入ったようです。
 太陽が出きらない黎明時の暗い中を入港してきます。


でんすけ 投稿日:2019年08月09日 22:11:50 No.13295
 近年建造されたRO-RO船のトレンドである船橋の後方に前部ランプドアが設置されています。こうすることで波浪の影響が敬遠されます。

でんすけ 投稿日:2019年08月09日 22:17:32 No.13296
 初入港ということもあってか、福島海運の博多港常駐船『豊隆丸』の支援を受けて朝焼けの岸壁に向かいます。

でんすけ 投稿日:2019年08月09日 22:22:08 No.13297
 係船ロープを送り、前後位置を調整しながら最終着岸目標へ船を寄せていきます。

でんすけ 投稿日:2019年08月09日 23:00:02 No.13298
 着岸が終了したら直ちにサイドランプが展開されます。サイドランプにかなりの重量があるのか、大きな『すおう』の船体がランプのある右舷側へ傾斜します。
 ランプの展開が終了すると船の傾きは元に戻り作業員の方々が集まってきていました。

『すおう』要目
全長:175.3m、全幅:27.m、喫水:6.8m 、総トン数:11,675t、載貨重量:6,100t
主機関:三井 MAN B&W 9S50ME-C8.5EXT 15,930kW(21,659PS)×1基、航海速力:kt
車両搭載数:大型トラック約160台+乗用車約220台
スラスター:船首19t×1基&船尾10t×2基、横揺れ減少装置:アンチローリングタンク
建造所:南日本造船(第770番船)
所有:東洋商船株式会社(春山海運株式会社)、定期傭船先:商船三井フェリー株式会社

 なお、同航路に就航していた『さんふらわあとうきょう』は、商船三井フェリー【九州方面】運航スケジュール(2019年8月~2019年9月)には記載はなく、Marinetrafficの航跡データによると8月4日に和歌山県由良湾の入口を湾奥に向かうところまでは記録が残っていました。普通に考えれば、MES―KHI由良ドックに向かったものと思われますが、いきなり2か月もスケジュールから脱落していることを考えると、運航を阻害するような事態が発生しているのでしょうか。


おれんじ 投稿日:2019年08月09日 23:47:47 No.13300
でんすけさん、こんばんわ。
本船の名前を聞くと、阪九フェリーの「せっつ」に続く新造船2番船の船名が気になりますね。
South_North 投稿日:2019年08月10日 09:53:06 No.13301
でんすけさん

「さんふらわあとうきょう」は東京から由良まで、自力航海ではなく、曳航されて向かっているので重症かもしれません。
げんかい(管理人) 投稿日:2019年08月12日 14:55:13 No.13306
「すおう」、東京にも来ているようですが、まだ見れていません。
見た目は慣れかもしれませんが、ブリッジより後ろにあるランプウェイは独特です。船首側の荷役はやりにくくなりそうですが、それ以上のメリットがあるということでしょうか。



台風8号接近 おれんじ 投稿日:2019年08月09日 17:58:45 No.13289 【返信】

こんにちは。
台風の接近で欠航となり、関西国際空港沖へ避難に向かう「さんふらわあきりしま」です。
本当はこれに乗船して鹿児島へ出張に行く予定でしたが、急遽、新門司経由に変更しました。


おれんじ 投稿日:2019年08月09日 18:04:01 No.13290
出航当日(4日)の天気は風が強い程度で、ごらんの様な好天気でした。
神戸沖でSTU48号に出会いました。


おれんじ 投稿日:2019年08月09日 18:06:38 No.13291
翌日の新門司港では、日の出と「いずみ」の入港を同時に見る事が出来ました。
6日は九四フェリーも欠航になっていました。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年08月12日 14:49:56 No.13305
お盆の繁忙期に台風の影響が出て各社大変ですね。お客さんも振替の移動手段確保が大変になりそうです。
「STU48号」は大阪湾にも来ているんですね。背後に見えているのは「OCEAN DREAM」でしょうか。



8/1 シーパセオ就航 RAHYA 投稿日:2019年08月02日 21:49:18 No.13269 【返信】

人生初の処女航海がシーパセオになりました^^
予定の付きやすい距離感と時間で、石手川のラストランで広島入りし、
広島で1泊。広島発2便のシーパセオにて松山へ・・・
とにかくよくできた客室です!
今思えば、TV設備がみあたらなかったですね!!


RAHYA 投稿日:2019年08月02日 21:50:07 No.13270
後部マスト周辺は吹き抜けになっていて気持ちがいいです!

RAHYA 投稿日:2019年08月02日 21:52:25 No.13271
アッパーデッキが一部船体よりワイドになっているため、迫力のある景色が見れますね^^
松山観光港ではボーディングブリッジを一部撤去&新設し、楽に乗船できるようになっています!
数年後には広島港も対応のようです^^


げんかい(管理人) 投稿日:2019年08月03日 00:43:36 No.13279
こんばんは。
さっそくレポートありがとうございます。
ますます乗りたくなる写真です。デッキ上には人工芝もあるんですね。
松山観光港では人道橋からになって乗客も乗りやすそうです。
客室前面は大きな窓になっていましたが、どのような印象だったでしょうか?
No.13269の3枚目は船尾側の窓でしょうか?
RAHYA 投稿日:2019年08月03日 10:04:33 No.13282
げんかいさん。こんにちは。

No.13269は船内中央付近売店横の右舷ですね^^
船尾は靴を脱いであがり、ソファーに座るようになっていました。
人が多かったので撮影は遠慮で・・・

フロントの写真は撮ってあるので載せますね!
フェリー最大クラスの大きさだと思います!
第二ななしま 投稿日:2019年08月03日 20:48:53 No.13284
3日のシーパセオです。
地元ニュースでも取り上げられた話題の新造フェリーとあって、猛暑にも関わらず屋上デッキには多くの乗客が涼しげに…。
橋の上は地獄のような暑さでした。
おれんじ 投稿日:2019年08月04日 09:20:08 No.13285
こんにちは。
私は2日目に乗船しました。
後部の「ひきなみのはなれ」、1段下がっている「パノラマソファ」、「ショップ&リフレッシュラウンジ」


おれんじ 投稿日:2019年08月04日 09:26:50 No.13286
「コアガリ」、「オザシキ」、「ゴロネ」
すごいフェリーが出来たものですね。
清掃が大変そうですがスタッフ女性は頑張って綺麗にしていました。
ちなみに、ブリッジ横の「01」は船番で来年7月就航予定の2番船は「02」
になると聞きました。


RAHYA 投稿日:2019年08月04日 21:13:20 No.13287
こんばんは。
2日目ですでに通常モード^^;

しかし次船は来年の7月なんですね! なかなか先ですなぁ・・・
げんかい(管理人) 投稿日:2019年08月12日 14:59:56 No.13308
ますます乗りたくなる室内です。



PLH-41『みずほ』(平成27年度補正計画ヘリコプター2機搭載型巡視船) でんすけ 投稿日:2019年08月02日 20:33:12 No.13266 【返信】

 PLH-42『しゅんこう』が艤装作業中ですが、造船所内には前年の11月9日に進水していたPLH-41『みずほ』が係船されていました。外回りの作業をほぼ終えているのか工員の姿はあまり見当たりません。
 第8管区舞鶴保安部へ配置換えとなった先代のPLH-21『みずほ』(船名は『ふそう』へ改名)の代わりとして第4管区名古屋海上保安部へ配備されます。
 大まかな船型は次年度補正計画船(PLH-42『しゅんこう』)に類似していますが、船体寸法がやや小さい、ヘリコプター格納庫の形状が違うなど別型の巡視船です。


でんすけ 投稿日:2019年08月02日 21:04:58 No.13267
 本船にも中央やや後部に係留ビットが装備されています。ほぼ軽貨の状態と思われますが船首のバルバスバウはほとんど見えないことからかなり深い位置にあるようです。
 格納庫の形状が違うのは搭載予定機種が小さい(シコルスキー76D型)ことも関係しているのかもしれません。格納庫のカドはPLH-22『やしま』のように切りかかれています。上部も装備品が少なくさっぱりとしています
 要目上はJM61-RFS 20mm多銃身機銃が2基装備予定になっているようですが、船橋直下に1基が見えるだけでもう1基は見えませんでした。

PLH-41 『みずほ』概要 
全長:134m、最大幅:15.8m、総トン数:6,000トン
機関構成:CODAD方式(主機:ディーゼルエンジン4基、推進:可変ピッチプロペラ2軸、速力:25ノット以上
装備:BAEシステムズ社ボフォースMK4 40mm単装機銃1基、JM61-RFS 20mm多銃身機銃2基、遠隔放水銃、停船命令等表示装置、遠隔監視採証装置、シコルスキー76D型2機





PLH-42 『しゅんこう』艤装作業中 でんすけ 投稿日:2019年08月02日 18:55:10 No.13263 【返信】

 三菱造船下関造船所には去る3月20日に進水した、海上保安庁2016年度第2次補正計画のヘリコプター2機搭載型巡視船『しゅんこう』が艤装作業の真っ最中となっています。

でんすけ 投稿日:2019年08月02日 19:21:21 No.13264
 各所に養生シートやケーブルが見えており、上部構造物も未塗装箇所が多数見受けられます。
 船体中央やや後部に、高さが2段の係留ビットが設置されています。これは本船に領海警備等で現場に派遣された巡視船艇への燃料補給などの母船機能が付加されているために設置されたもののようです。
 保安庁の資料からは、災害対応能⼒・捜索監視能⼒・指揮能⼒・輸送能⼒を持った領海警備体制の強化と大規模事案の同時発生に対応できるオールマイティな能力を持った新型巡視船であることがわかります。
 


でんすけ 投稿日:2019年08月02日 19:52:05 No.13265
 後方から見ると、大型ヘリコプター(スーパーピューマ225型)2機が収容できる格納庫が抜群の存在感を出しています。格納庫上は後部マストなどがありとても賑やかです。
 本年度中に竣工し、第10管区への配備が予定されているようです。
 
 PLH-42 『しゅんこう』概要
 全長:約140m、幅:約16.5m、総トン数:約6,000t、主機/軸数:ディーゼル4基/2軸、可変ピッチプロペラ推進、速力:25ノット以上
 装備:BAEシステムズ社ボフォースMK4 40mm単装機銃1基、JM61-RFS 20mm多銃身機銃2基、遠隔放水銃、停船命令等表示装置、遠隔監視採証装置


げんかい(管理人) 投稿日:2019年08月03日 00:39:13 No.13278
随分大きな船体ですね。
船尾は満載喫水線の位置だとあまり滑らかでないですが、抵抗にならないのか気になります。
でんすけ 投稿日:2019年08月09日 23:13:50 No.13299
 確かに保安庁の巡視船の中では『しきしま』・『あきつしま』級に次ぐ大型船ですが、隣にいる『せっつ』と比べると親子ほどの差があります。
 船尾の抵抗については、喫水線下の形状がカギを握るようです。本船のようにトランサムスターンであっては前進する際の抵抗の増加はあまりなく、適切な設計であれば従来の曲型船尾よりも場合によっては推進効率等が優れる事があります。幅広のヘリコプター甲板が設置されるので甲板支持強度と容積確保を両立できるこの構造は利点のほうが多そうです。
 
げんかい(管理人) 投稿日:2019年08月12日 15:05:50 No.13309
こんにちは。
普通に前進するだけだと抵抗は増えないんですね。



<< | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
掲示板管理者へ連絡 | 新着投稿をメールで受け取る