Advectionfog Photo BBS



| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 |
Advectionfogの画像投稿掲示板です。
フェリーの旅や、海の風景などを載せています
投稿して頂いた画像は投稿者を明記してトップページなどで使用させて頂くことがあります。
文章のみの親記事や船旅のご質問はText BBSにお願いします。
お名前
メール
タイトル
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色



| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |
「フェリーきたきゅうしゅうⅡ」 げんかい(管理人) 投稿日:2019年03月23日 10:16:16 No.12951 【返信】

新門司港から大阪南港まで名門大洋フェリー「フェリーきたきゅうしゅうⅡ」に乗船しました。
ほとんどの等級が満室の人気で、阪九フェリーもこの週末はほぼ満席だったようです。最近は週末でも満室が増えているように感じます。
穏やかな天気でしたが、姫島沖では少しだけ揺れを感じる時間帯もありました。
満月を少し過ぎた月の明かりの下を東へ進んでいきます。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年03月23日 10:18:22 No.12952
翌朝は、6時過ぎに播磨灘で日の出を迎えます。
本船のレストランは朝食もバイキング形式、750円と値段は抑えられていますが、品数は少なめに感じます。定食方式の阪九フェリーとどちらがいいかは人によるでしょうか。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年03月23日 10:20:15 No.12954
7時前に明石海峡を通過し大阪湾に。
春休みの期間に入り、家族連れと学生の団体が多くいました。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年03月23日 10:23:15 No.12955
新門司港から後ろをついてきた阪九フェリー「やまと」
大阪湾に入って進路を変えながら少しづつ追いついてきます。本船より2ktほど速くなってました。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年03月23日 10:25:06 No.12956
定刻で大阪南港に入港。
隣のバースにいる「おれんじおおさか」を綺麗に見ることができます。
「おれんじおおさか」は車両甲板のスペースの大きさを感じます。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年03月23日 10:29:56 No.12957
先日、復旧した人道橋を使って下船。
白い部分が修理した部分ですが、以前より基礎は大きくなっているように見えます。

オレンジフェリー側の上部車両甲板からのスロープ部分は完全に撤去されています。今の所新築するような動きは見えませんでした。


おれんじ 投稿日:2019年03月24日 21:56:22 No.12959
こんばんわ。
週末の新門司航路は、これが見れるので楽しみですね。
下り便の場合は同時刻に新門司入港となるため、
さらに接近しますね。
私は今朝の「さんふらわあぱーる」に乗船しましたが、
大阪湾では遠く離れた後方を宮崎カーフェリーが横断し、
さらに遠くの明石大橋付近に名門門大洋フェリーと阪九フェリーが見えました。

臼杵ドックの「フェリー海邦」(6月就航?)も着々と工事が進んでいました。


NCF 投稿日:2019年03月24日 22:16:16 No.12960
げんかいさん、おれんじさん、こんばんは。

名門大洋フェリーは昨年いろいろな不運に苛まれ大変だったと思いますが、今年は順調にいってくれます事を願っています(とはいってもこの前ちょっと…ありましたが)。
名門大洋と阪九、基本的な営業方針は同じながらもそれぞれの個性があってビジネス路線と豪華路線で真っ二つに別れているのは利用客にとっても選択肢があって良いと思います…個人的にどちらも甲乙つけがたいといった感じです。
乗船レポートありがとうございました…お疲れ様です。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年03月25日 01:32:06 No.12961
おれんじさん、こんばんは。
「フェリー海邦」はファンネル上部ではなく、ファンネルの後ろに排気口を設けているんですね。
げんかい(管理人) 投稿日:2019年03月25日 01:32:13 No.12962
NCFさん、こんばんは。
北九州航路の2社は明らかに違いはありますが、仰る通り甲乙つけがたい魅力があります。近年乗船した回数などを見ても、同じぐらいなんですよね。その時々で、どっちを予約しようという気持ちが変わります。
おれんじ 投稿日:2019年03月25日 22:14:11 No.12964
こんばんわ。
管理人様、今気が付いたのですがNo.12957の3枚目写真の左隅にちょこっと
写っているのは、マルエーフェリーの新規導入RORO船の「琉球エキスプレス6」でしょうか。
記事によりますと、「琉球エキスプレス6」は、神戸/大阪/志布志/名瀬/那覇間の「阪神航路」に新たに投入されるRORO船で、総トン数は10,329トン。日藤海運が運航する「日龍丸」として2001年5月に竣工した船舶で、乗用車810台、シャーシ102台の貨物積載能力を保有する。
とありますが、未だマルエーに移籍後は実物を見たことがありません。
げんかい(管理人) 投稿日:2019年03月27日 00:19:10 No.12969
こんばんは。
よく気づかれましたね。
大阪南港入港時に「琉球エキスプレス6」と並走になり、追い越しながらの入港でした。
新造船ではないですが、カラーリング変更して展開していますね。





「フェリーくるしま」 げんかい(管理人) 投稿日:2019年03月22日 16:32:27 No.12947 【返信】

今日の関門海峡、リニューアルした「フェリーくるしま」が臨時ダイヤで東航していきました。
外から見るとすべてが真っ白になっています。
臨時の昼便ですが、外から見える車両甲板はトラック満載で、旅客の姿も見えました。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年03月22日 16:35:26 No.12948
西日本海運の新しいタグ「関豊丸」の航行している姿を見れました。
ハーバータグにしては船首のデッキが高くなっているのが特徴です。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年03月22日 16:36:04 No.12949
春風海運「春幸」

RAHYA 投稿日:2019年03月22日 19:30:47 No.12950
こんばんは。
フェリーくるしまがんばってますね^^
なかなか見れない昼便の写真が見れて光栄です!!
げんかい(管理人) 投稿日:2019年03月23日 16:05:01 No.12958
こんにちは。
今年はリニューアルでドックが長いので、昼便が運行される期間も長くなっていますね。
デッキ上に設置された救命いかだ支援艇だけが、船齢を感じさせます。



「あざれあ」ドック明け ほしなべ 投稿日:2019年03月20日 20:36:48 No.12946 【返信】

3月5日に立神第三ドックに入った 新日本海フェリー「あざれあ」は
昨日ドックを出て 向島岸壁に接岸
そして 今朝出港しました
AISによると 試運転で南下
その後 神の島沖に停泊していましたが
さきほど 20時頃 北上を開始 長崎を離れたようです


げんかい(管理人) 投稿日:2019年03月25日 01:34:01 No.12963
こんばんは。
これで今年の新日本海フェリーの定期ドックが完了ですね。
ドック後に不具合が生じている「らべんだあ」は三菱横浜に来ることになったようです。



新造タグ けろ 投稿日:2019年03月17日 00:47:58 No.12928 【返信】

第二小勝丸 阿南市(徳島)

広野丸

出雲丸 東京

かえで 函館


げんかい(管理人) 投稿日:2019年03月17日 23:35:53 No.12940
情報ありがとうございます。

「第二小勝丸」は、徳島県にある石炭火力発電で防災船兼曳船として活動する「小勝丸」の後継のようですね。
「広野丸」は、福島県の広野火力発電所での防災船、「出雲丸」は東京汽船、「かえで」は函館ポートサービスの代替船でしょうか。



国道九四フェリーと八幡浜港 おれんじ 投稿日:2019年03月16日 21:24:32 No.12924 【返信】

昨日は国道九四フェリーで八幡浜へ行きました。
国道九四フェリーは、最新船「遊なぎ」のひとつ前の「速なみ(旧名:シャトル豊予)」でしたが、個人的には両船とも短距離航路フェリーにしては快適で良く出来たフェリーだと思います。
九州商船は質素なフェリーが多いですが、間もなく就航の「ダイアモンドいき」はどうでしょうかね。
おれんじ 投稿日:2019年03月16日 21:27:00 No.12925
申し訳ありません。
画像を添付し忘れました。


おれんじ 投稿日:2019年03月16日 21:30:54 No.12926
いつもはすれ違う船上からの撮影が多いのですが、今回は夕暮れ時の八幡浜港から出航するフェリーを撮ってみました。
以上、連続投稿失礼しました。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年03月17日 23:32:43 No.12939
こんばんは。

短距離航路で開放感のある部屋があるなど、気になっている航路です。
船尾側の窓だけでなく、船首側も展望になっているようで、船旅好きにはたまらないです。
船内はよく整備されて綺麗なようですね。



SFさつま~他 おれんじ 投稿日:2019年03月16日 20:59:53 No.12921 【返信】

こんばんわ。
神戸空港から鹿児島へ行く際に名門大洋フェリーを近くに見れました。
帰りは「さんふらわあさつま」のプライベートベッドを利用しましたが、
アコーデオンカーテンで施錠出来ない上に、室内足元スペースが狭い不満点はあるもののリーズナブルなので仕方ありませんね。
テレビは可動式の取り付けアームで真正面から見ることが出来ました。


おれんじ 投稿日:2019年03月16日 21:02:38 No.12922
今回、SFさつま船内で初めて知りました。
ネット予約できない「スタンダード1人部屋(ドライバー室)」と
男性用と異なる女性用の展望大浴場。


おれんじ 投稿日:2019年03月16日 21:09:47 No.12923
夜明け前に友ケ島水道を通過しましたが、今回は宮崎カーフェリーが後方でした。
下船後、船上から遠くに見えていた上海行フェリーを撮りに寄り道しました。


おれんじ 投稿日:2019年03月16日 21:38:48 No.12927
申し訳ありません。訂正させて頂きます。
No12921で書き込みました「プライベートベッド」は「プライベートシングル」の書き間違いでした。
げんかい(管理人) 投稿日:2019年03月17日 23:03:15 No.12938
こんばんは。

大浴場は、どちらが男性用なのでしょうか?
3枚目の写真は洗い場を増やすための構造のようにも見えますね。

大阪南港での中国航路の出入港は平日なので、なかなか機会がないですがコスモスクエア付近から見ると綺麗ですね。
おれんじ 投稿日:2019年03月18日 07:00:39 No.12942
補足します。
No.12922の写真で3枚目が女性用浴場の画面です。
恐らく女性は先髪などに時間を要するので混雑緩和のために、
洗い場数を多く設定しているものと想像します。



九州郵船『ダイヤモンドいき』竣工 博多港向け回航 でんすけ 投稿日:2019年03月15日 21:08:18 No.12914 【返信】

 げんかいさん、みなさんこんばんは。
 愛媛県今治市の山中造船所で建造されていた、九州郵船の唐津~壱岐印道寺航路の新造船『ダイヤモンドいき』がすべての工事を終えて、3月12日に竣工しました。
 引き渡しののち3月14日に造船所を出港して瀬戸内海を西航、博多港へ向かいました。

 西航する本船を関門海峡にて撮影することができました。


でんすけ 投稿日:2019年03月15日 21:17:37 No.12915
 船橋はかなりコンパクトに作られています。できるだけ中央の客室区画を長くとっているため係船甲板などは詰めて設計されています。

でんすけ 投稿日:2019年03月15日 21:26:08 No.12916
 14日の夕方に博多湾に仮泊して、翌日の午前に博多ふ頭へ入港してきました。
 博多~壱岐~対馬航路の『フェリーきずな』とすれ違い、福岡市営渡船の玄界島航路の『みどり丸』に続行して入港になりました。


でんすけ 投稿日:2019年03月15日 21:47:08 No.12917
 博多ふ頭に着岸のため右回頭をします。2軸2舵(フラップラダー装備)の機動性を生かして岸壁前での急旋回も可能です。かなり特徴的なバウバイザーの形状になっています。
 着岸後位置合わせをして、ボーディングブリッジをかけたり、船尾ランプを開放して各種要品の積み込みなどや内覧会が行われました。
 昼過ぎに離岸して唐津港へと向かいました。このあと訓練航海やお披露目会を経て4月1日より『フェリーあずさ』と交代して就航する予定です。
 
 九州郵船株式会社『ダイヤモンドいき』主要目
全長(垂線間):75.00m、幅:13.00m、深さ(Upp.Dk):9.55m、総トン数:932t、載貨重量(DW):486t
主機:新潟原動機(株) 6MG28HX 2000ps(1,471kw)×2基、4翼可変ピッチプロペラ2軸推進、試運転最大速力:17.72ノット、航海速力:14.80ノット
バウスラスタ×2基、フラップラダー、フィンスタビライザー、エレベータ装備


わっち 投稿日:2019年03月15日 23:20:09 No.12918
でんすけさん、目まぐるしく変わる天候の中、美しいショット流石です♪
いよいよ唐津へ来るのですね。楽しみです。
わっち 投稿日:2019年03月16日 12:01:08 No.12919
こんにちは、唐津フェリー発着所に「ダイヤモンドいき」を見に行ってきました♪
昨夕到着しており、8:40発の「エメラルドからつ」の後に並んで接岸・・・ここにフェリーが2隻とはテンションがあがります?
「エメラルドからつ」が出航すると、10分程でフェリー発着所へ移動。


わっち 投稿日:2019年03月16日 12:02:51 No.12920
私もフェリー発着所へ移動(^^;
ボーディングブリッジもかけられ、待合室のお客さんはコレに乗る気満々かもです。
ランプウェイの開閉や色々な所で、本番就航に向けた点検や確認が行われている様でした。
壱岐(印通寺)発の到は10:00なのですが、「ダイヤモンドいき」は9:30頃離岸しそのまま出航して行きました。
4月1日デビューに向け船出・・・日々の御安航をお祈りします(^^)/


げんかい(管理人) 投稿日:2019年03月17日 22:59:07 No.12937
こんばんは。
いよいよ回航されましたね。
唐津にダイレクトではなく、本社のある博多に寄ってからの回航なんですね。

客室が2層になってないだけに「エメラルドからつ」と比べれば、船内は狭そうに見えますね。1つの2等しかなかった「フェリーあずさ」よりは大幅に快適になってそうです。
唐津港内でフェリー2隻が見れるのも、就航すると当面はないですね。荒天時も唐津側に2隻来ることはあまりないでしょうし。

帰省するたびに、この航路を往復しようと考えるのですがなかなか実行できてなく、次回こそは乗船したいです。



きたかみ解体中(+_+) レン 投稿日:2019年03月14日 21:11:41 No.12913 【返信】

旧きたかみの解体映像がありました。
現地の方が撮ってくれたのでしょうか。
https://www.youtube.com/watch?v=0a-DqtpygP0&list=WL&index=21&t=0s

最終航海の船内で『売船準備のため~ナンタラカンタラ‥』とアナウンスがあったので
売れたのなら次の海で活躍をと願っていたのですが、何とも残念な光景です。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年03月17日 23:41:56 No.12941
解体シーンがあがってましたか。
この場所の解体は豪快ですよね。危険過ぎる浜辺になってそうです。
最後の姿まで日本のファンが見ることができたのも現代ならではでしょうか。



ニュースター号乗船 ヒデ 投稿日:2019年03月13日 18:21:56 No.12906 【返信】

げんかいさん、みなさんはじめまして。ヒデと申します。
元おれんじ8のニュースター号に済州島から釜山まで乗船しました。
船内で変わった所は、売店とゲームコーナーだった所がひとつになり、立派なコンビニになってました。
テレビコーナーだった所はゲームコーナーとなり、カラオケルームが追加されました。
びっくりしたことに船体は3Sのマークが消えただけでオレンジフェリーそっくりでした。


ヒデ 投稿日:2019年03月17日 22:16:54 No.12931
ニュースター号エントランスは
そんなに変化がないように感じました。
天井をよく見ると、いたるところに防火センサーが取り付けられてました。
不思議なのが壁の手すりの下に「はしご」みたいなのが取り付けてました。


ヒデ 投稿日:2019年03月17日 22:18:48 No.12932
船首の2ヶ所と、船尾のこれまで使われたランプウェイはもう二度と開かないのかもしれないですね。
追加の新しいランプ周辺は、大きな改造がされてました。


ヒデ 投稿日:2019年03月17日 22:19:54 No.12933
済州島旅客フェリー乗り場には
元日本フェリーがいました。
琉球エキスプレス、フェリーせっつ
さんふらわあさっぽろ だろうと思います。


ヒデ 投稿日:2019年03月17日 22:21:06 No.12934
ニュースター号、
カラオケルームは4室もありました。
レストランの食事は、画像のセルフサービスの定食のみで、日本円にしたら約800円でした。


ヒデ 投稿日:2019年03月17日 22:22:45 No.12935
セウォル号沈没で韓国の客船の基準が日本よりも厳しくなり、各部屋のドアはすべて防火扉となり、
船が傾き沈没しそうな時でも行き来できるように
はしごが取り付けられてました。
退船経路も矢印でわかりやすく表示されて
好印象でした。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年03月17日 22:42:37 No.12936
こんばんは。

「おれんじ8」はスタイルそのままに就航できているんですね。
現代でも通用する綺麗に整備された船内ですのでそのまま使っていますね。
釜山で着岸している場所は、新ターミナルができる前に関釜フェリーが使っていた場所ですね。
「フェリーせっつ」とは何年ぶりの再開でしょうか。

韓国船では、フェリー船内の売店が陸上にもあるコンビニチェーンのことがありますね。日本航路ではGS25をみかけますが、こちらは別ですね。

梯子の有効性は分かりませんが、安全対策が進むことは安心です。船体が傾いて移動困難になるのは船首船尾方向よりも横方向かと思いますので、客室から出て、デッキまで移動できるかでしょうか。

※投稿を1つの親記事にまとめさせていただきました。
投稿日:2019年04月04日 00:19:38 No.12983
見たことあるような船が微妙に違ってて、並んで泊まってるのは不思議な光景ですね
違う次元に迷い込んだかのような
琉球エキスプレスはどこへ行ったのかと思いましたが、済州島でしたか
また大阪湾で一緒だった船と同じところで働くのですね



<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
掲示板管理者へ連絡 | 新着投稿をメールで受け取る