Advectionfog Photo BBS



| ホーム | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 |
Advectionfogの画像投稿掲示板です。
フェリーの旅や、海の風景などを載せています
投稿して頂いた画像は投稿者を明記してトップページなどで使用させて頂くことがあります。
文章のみの親記事や船旅のご質問はText BBSにお願いします。
お名前
メール
タイトル
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色



| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |
オレンジF、宇和島運輸ほか おれんじ 投稿日:2019年02月19日 00:04:48 No.12848 【返信】

こんばんわ。
先週末の大阪南港のオレンジフェリーバースに車輪が5個ほどある超大型のクレーン車が。
新造船で使用されていないままの可動橋の撤去でもするのかな?

宇和島運輸の最古参と最新船。
オレンジフェリーもこの日は良い天気でした。


おれんじ 投稿日:2019年02月19日 00:17:20 No.12849
臼杵港の手前には目新しい自動車運搬船がいました。
帰りはひびきを利用しましたが、やっぱり関西ではNo.1かな。
やまと/つくしのリプレース後はどうなるか?
いずみ/ひびきが神戸航路に配船変更になるのか?
きたかみの様に豪華路線から変化はあるのか?
それとも???楽しみではありますね。


クロモリ丸 投稿日:2019年02月19日 00:26:12 No.12850
おれんじ様、こんばんわ。
南港のクレーンは上層ランプ用スロープを現行船(おれんじえひめ/おれんじおおさか)用の物に付け替える為の物だそうです。



石崎汽船「松山~広島航路」新型フェリー導入について でんすけ 投稿日:2019年02月15日 21:44:52 No.12838 【返信】

 松山~広島航路を瀬戸内海汽船と共同運航する石崎汽船の新型フェリーの計画が発表されました。
 2019年10月に1隻、2020年に更に1隻就航する予定で、白色を基調とした船体色と「ISHIZAKI」のロゴを配した船体カラーは小倉・松山フェリーのものとほぼ同じになるようです。船体デザインは『翔洋丸』や『旭洋丸』の拡大版の印象を受けます。

 新造船の概要
 旅客定員:300名、車両搭載能力:35台、総トン数:875t
 船内設備及びバリアフリー対応設備:エレベーター・トイレ・スロープ等、運航情報モニター、Free Wi-Fi、モバイル電源等、災害時給電・送水設備
造船所:内海造船株式会社

http://www.ishizakikisen.co.jp/pdf/2019/20190215.pdf
げんかい(管理人) 投稿日:2019年02月17日 14:27:39 No.12844
こんにちは。
松山〜広島航路は短期間に船が入れ替わりますね。
外見上は瀬戸内海汽船のようなエンターテインメントをもたせたものではないようですが、楽しみです。



すごく揺れる離島の高速船 レン 投稿日:2019年02月15日 21:02:48 No.12837 【返信】

みなさんこんにちは。
先日沖縄県の石垣島から波照間島までの高速船に乗ってきたのですが、
過去最高に船酔いしましたので記念にYoutubeへ動画UPしてみました。
https://www.youtube.com/watch?v=zSz3VSGPNWU

この航路は元から過酷な航路で冬季の就航率は4割程しかなく、乗客の負傷事故も
頻発した事から数年前よりぱいじま2という大型高速船が投入されているのですが、
当日は機関故障の影響により小型高速船が代打で投入されておりました。
http://www.mlit.go.jp/jtsb/flash/anei_12062426-120725.pdf

本来この航路担当のぱいじま2は昔瀬戸内海を走っていた超高速船だったのですが、
沖縄へ投入された際に4機あるエンジンを2機に減らされたという残念船なのです。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年02月17日 14:23:55 No.12843
こんにちは。
八重山諸島の高速船は驚くほど飛ばしますよね。19tの小型船舶サイズですが、飛び跳ねてますね。

「ぱいじま2」の姿を見たいと思ってました。
元は石崎汽船の「シーマックス」で、松山から門司港までよく乗船しました。引退後は、長く係船されていたから心配でしたが、再度活躍できていて嬉しいです。
係船が長かったためか、エンジンは交換されたようで、燃費の問題もあってか2機に減ったようですね。後部の排気口も中央の2つが塞がれています。





長崎へ「らべんだあ」のドック入り ほしなべ 投稿日:2019年02月14日 13:28:48 No.12836 【返信】

お久しぶりです
最近は ドック入りがないので チェックを怠っていました
今朝 偶然 第3ドックに入るところを撮影できました
新日本海フェリーのドック入りは 2015年1月「あかしあ」以来のようです


げんかい(管理人) 投稿日:2019年02月17日 14:07:56 No.12842
ほしなべさん、お久しぶりです。
レポートありがとうございます。
久しぶりの長崎でのドックですね。本船(三菱下関建造のように長崎で建造されてない船のドックは過去にありましたでしょうか?
ほしなべ 投稿日:2019年02月17日 19:23:30 No.12845
過去の画像を調べました

フェリーしらかば が 2005年 2006年 2008年の すべて2月にドック入りしています

もしかしたら 抜けがあるかもしれません
げんかい(管理人) 投稿日:2019年02月17日 19:48:56 No.12846
三菱長崎での建造前から新日本海フェリーは来ていたんですね。
ドックに来たら、街中からも気づくことができる長崎の街はうらやましいです。



阪九フェリー「いずみ」回航。 NCF 投稿日:2019年02月13日 14:30:19 No.12832 【返信】

げんかいさん、こんにちは。
先日、新門司着止めで定期ドックに入るために神田川尻へ回航されました。

今年の川尻へのアプローチは下蒲刈・安芸灘大橋といった定番航路ではなく興居島経由の大下島から西航していくやや遠回りでのアプローチで最初に張り込んでいたポイントからは大きく移動せざるを得ず、移動しながらの各々での撮影になりました。

大下島と小大下島の間を抜け大崎上島の南側、岡村島との間を通航、とびしま海道に沿う形で川尻へと向かって行きました。


Re: 阪九フェリー「いずみ」回航。 NCF 投稿日:2019年02月13日 14:34:30 No.12833
ここの海域はやや狭い海域なので、「いずみ」側からヨットへの汽笛警告もありました。

Re: 阪九フェリー「いずみ」回航。 NCF 投稿日:2019年02月13日 14:39:52 No.12834
過去にも何度か東側から回航されてきた事はあるようですが、私が撮影してきた中では今回初めてでした。

Re: 阪九フェリー「いずみ」回航。 NCF 投稿日:2019年02月13日 14:51:23 No.12835
入渠のための曳航準備に内海曳船「浦田丸/清田丸/若田丸/明田丸」の4隻体制なのは少し驚きましたが(過去に撮影した「やまと」は2隻)。

神田川尻には佐渡汽船「ときわ丸」がすでにドックから出ており近海郵船のRORO船が入渠中でした。

造船所の沖には北方四島交流事業船「えとぴりか」が越冬の為にこちらで係船中でした。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年02月17日 14:06:30 No.12841
こっちのルートを使うのは潮か何かの都合なのでしょうか。
狭い島の間を進んでいくようで、写真を撮るにはいい背景になりますね。
ヨットは「UW」を揚げているように見えます。



2/6 九州郵船『ダイヤモンドいき』公試予行@大三島宗方沖 でんすけ 投稿日:2019年02月11日 20:40:32 No.12823 【返信】

 向島ドックでのファイナルドックを終えた九州郵船『ダイヤモンドいき』は三原瀬戸を西航後、大三島宗方沖にて航走試験を実施しました。
 この大三島宗方の南岸には、速力試験のためのマイルポストがあり、この区間を航走する『標柱間航走試験」をもってその船の速力を決定することができます。
 この大三島宗方のマイルポストは周辺の造船所で建造される新造船にも広く使われています。


でんすけ 投稿日:2019年02月11日 20:46:02 No.12824
 『標柱間航走試験』は定められた機関出力にてマイルポストの間を数往復してその平均の時間から速力を算するとても重要な試験です。

でんすけ 投稿日:2019年02月11日 20:53:17 No.12825
 この試験において全速力を測定する場合、機関出力一杯の状態でマイルポストの間を通過し、急速回頭をして同一進路に戻るという動きを繰り返します。
 急速回頭(多くの場合は舵角35度の全力回頭)を行うため、船が外側に大きく傾きます。強大な遠心力がかかるため、固縛していない物体は滑るか場合によっては飛んでいくほどの危険な試験です。


でんすけ 投稿日:2019年02月11日 21:05:50 No.12826
 航海速力は壱岐印道寺⇒唐津間を約1時間40分で航海するために約15ノット弱(唐津⇒印道寺は出入港時に港内で旋回するため5分程度多くかかります。)で計画されています。
 今回の試運転の際は軽貨状態で船底がきれいな状態でもありますが、AIS表示で約16~18ノット程度が出ていたようです。


でんすけ 投稿日:2019年02月11日 21:27:03 No.12827
 夕暮れ前に、試験を終えた『ダイヤモンドいき』は、大三島沖を離れ大島吉海港沖へと向かいました。
 このあと、様々な試験を行って船の諸元・性能を確定して3月中旬の引き渡し予定で作業が続きます。
 九州郵船『ダイヤモンドいき』 主要目
 全長:約76m、幅:約13m 、総トン数:検査未了のため未定(899総トン型として計画)、航海速力:約14.8ノット、主機:新潟原動機製ディーゼル機関×2基・2軸可変ピッチプロペラ推進・フラップラダー2枚装備による、2基2軸2舵推進システム。

 工事が順調に進めば3月中旬には引き渡し、回航になろうかと思われます。
 とりあえず、ご報告までに。


せんとぽーりあ 投稿日:2019年02月12日 17:14:53 No.12828
でんすけ様
お疲れ様です

レポートありがとうこざいます。
私は基本的に1,000総トン以上の船舶しか、ウォッチしていないので、
情報が少なくて済みません。
よろしくお願いします。
げんかい(管理人) 投稿日:2019年02月13日 01:52:45 No.12831
試運転の様子、興味深いです。
この場所には陸上から分かるようなマークが有るのでしょうか?
大型船だと、伊予灘には速力試験用の場所が海図にも書かれていますね。
まだ車両を積む前ですが、全速力のときに最大で舵をきると転覆の危険はないのかと気になります。
でんすけ 投稿日:2019年02月16日 14:28:05 No.12839
 海上から見やすい位置に標柱が2本づつ設置されています。この場所に限らず、造船所の近くの試運転を行う海域の陸岸に設置されています。
 この近くであれば弓削島の東岸にも設置されています。

 
げんかい(管理人) 投稿日:2019年02月17日 22:10:11 No.12847
分かるように設置されているんですね。勉強になります。
探して見つけてみたいです。



2/6 九州郵船『ダイヤモンドいき』ファイナルドック明け回航@三原瀬戸高根島灯台 でんすけ 投稿日:2019年02月11日 20:07:36 No.12820 【返信】

 げんかいさん、みなさんこんばんは。
 九州商船『いのり』の進水式が行われた2月6日に、九州郵船の唐津~印道寺航路に4月から就航予定の『ダイヤモンドいき』が三原瀬戸を西航しました。


Re.2/6 九州郵船『ダイヤモンドいき』ファイナルドック明け回航@三原瀬戸高根島灯台 でんすけ 投稿日:2019年02月11日 20:13:14 No.12821
 建造所である愛媛県今治市大島の「山中造船株式会社」には修繕ドックがないため、修繕工事に実績のある広島県尾道市向島の「向島ドック」で船底掃除などのファイナルドックを実施したようです。

Re.2/6 九州郵船『ダイヤモンドいき』ファイナルドック明け回航@三原瀬戸高根島灯台 でんすけ 投稿日:2019年02月11日 20:18:12 No.12822
 第5甲板のオーニングが未装備だったり、デッキが未塗装であるなど工事を残しているようです。この後今治造船広島工場の沖を通過後大久野島方面へ向かいました。

げんかい(管理人) 投稿日:2019年02月13日 01:35:01 No.12830
こんばんは。
「ダイヤモンドいき」は博多航路の船のように青色でのカラーリングなのですね。
唐津航路は緑色になるのかと思っていました。「エメラルドからつ」も青になるのか、緑のままなのか気になります。



鹿児島にて おれんじ 投稿日:2019年02月11日 01:00:30 No.12818 【返信】

こんばんわ。
先週末に鹿児島へ行く用事があったので撮ってきました。
「はいびすかす」の写真後ろにはドック中の2隻のフェリーも。


おれんじ 投稿日:2019年02月11日 01:11:52 No.12819
仕事を終えて帰る途中で偶然に発見した大型客船。
急遽、廻り道をして見に行きました。とにかく大きいいです。
昨年の台風で倒壊した名門大洋フェリーのボーディングブリッジは
未だ改修出来ておらず、この様に大型バスによるピストン輸送で対応しており、
多客時は大変だと思います。予算上もしくは設計上の問題か?分かりませんが
早期の復旧が望まれます。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年02月13日 01:28:04 No.12829
こんばんは。
鹿児島から沖縄への航路は、独特の雰囲気があり鹿児島を夕方出港していく姿は好きです。
「はいびすかす」は屋久島に安く行く方法として認識されているようですね。



2/5 新日本海フェリー『はまなす』ドック明け回航@関門海峡東口 でんすけ 投稿日:2019年02月09日 02:20:32 No.12809 【返信】

 2月5日に新日本海フェリー『はまなす』が広島県尾道市のジャパンマリンユナイテッド因島工場での定期点検を終えて、舞鶴港へ向けて回航されました。
 


でんすけ 投稿日:2019年02月09日 02:25:49 No.12810
 ドック臨時ダイヤで運航中の、松山・小倉フェリー『フェリーはやとも2』と反航します。

でんすけ 投稿日:2019年02月09日 02:30:16 No.12811
 満珠島を通過します。

でんすけ 投稿日:2019年02月09日 02:33:09 No.12812
 点検明けのきれいな船体を輝かせながら西航して行きました。

げんかい(管理人) 投稿日:2019年02月10日 01:42:00 No.12817
まもなくカラーリングも変わってしまう「フェリーはやとも2」とのツーショットは貴重で面白いです。
タイミングよくすれ違いになりましたね。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
掲示板管理者へ連絡 | 新着投稿をメールで受け取る