Advectionfog Photo BBS

| ホーム | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 |
Advectionfogの画像投稿掲示板です。
フェリーの旅や、海の風景などを載せています
投稿して頂いた画像は投稿者を明記してトップページなどで使用させて頂くことがあります。
文章のみの親記事や船旅のご質問はText BBSにお願いします。


お名前
メール
タイトル
URL
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色


投稿記事の編集/削除を行いたいときは、ページ最下部の"No."に記事番号を入力し、"PASS"に設定した暗証キーを入力してください。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |
新旧SFきりしま@大関門 NCF 投稿日:2018年10月21日 19:19:23 No.12424 【返信】

げんかいさん、こんばんは。
フェリーさんふらわあ大阪ー志布志航路に就航中の新「SFきりしま」、先月の中旬にデビューした新造船は現行船から25年ぶりの代替船としてジャパンマリンユナイテッド磯子工場で建造されました。


Re: 新旧SFきりしま@大関門 NCF 投稿日:2018年10月21日 19:25:54 No.12425
一方、現行船「SFきりしま」は諸事情により現在「SFきりしま1」として就航中ですが1993年8月にデビューした本船も今月30日の志布志発便をもって引退が決まっています。

Re: 新旧SFきりしま@大関門 NCF 投稿日:2018年10月21日 19:29:17 No.12426
船型はその時代によりデザインも様々かと思いますが、新造船は原点回帰したようにも感じられるデザインかと個人的には思っております。

Re: 新旧SFきりしま@大関門 NCF 投稿日:2018年10月21日 19:33:38 No.12427
南港関門へとアプローチしてゆく新旧「SFきりしま」、新造船のマストは今回赤色への塗り分けはなかったようですね。

Re: 新旧SFきりしま@大関門 NCF 投稿日:2018年10月21日 19:49:58 No.12429
今年の5月に志布志発便でお別れ乗船したんですが、さすがに船体、船内共に経年による傷みは感じられました…しかし、逆にそれがまた味わい深い乗船となり満足できました。
新天地に行っても末長く活躍して欲しいところです。





今朝の大阪南港 おれんじ 投稿日:2018年10月21日 15:18:41 No.12421 【返信】

おれんじえひめは、通常の2等シングルが満室のためドライバーズルームでしたが、スツールの色が異う以外は基本的に通常の2等シングルと同一で、
出入口通路の幅員が広いです。鍵は外からの施錠も可能も貸与していないだけと思います。案内所は鍵の問い合わせが多い事と想像します。

名門大洋フェリーの仮設タラップは一応完成している様子。
おれんじえひめ下船後、さんふらわあターミナルに立ち寄りました。


Re: 今朝の大阪南港 おれんじ 投稿日:2018年10月21日 15:28:28 No.12422
NEWさんふらわぁきりしま(さつま)は小ぶりに見えます。
本日は快晴なので、さんふらわぁぱーるで行われている瀬戸内海昼間クルーズは最高でしょうね。


Re: 今朝の大阪南港 げんかい(管理人) 投稿日:2018年10月21日 18:01:40 No.12423
こんばんは。
こういう作りなんですね。個室化することのメリットは、在室時のプライバシー確保や安全確保もありますが、離席時の貴重品管理のメリットも大きい部分かと思います。2等寝台相当と言えばそれまでですが、せっかく個室化したのであれば、十分にメリットを出せないのは残念ですね。見えないからこそ犯罪のリスクが高まる部分もありますし。
トレンドはカードキーなんでしょうけど導入コストかかることで見送りでしょうか。返却不要のQRコードとか、暗証番号式とかもありそうですが。
オレンジフェリーは、ネット予約が始まりましたが、完全なリアルタイムのオンラインでなく、手動で確定する方法のようですし、電子化は他社より遅れ気味ではありますね。



9/23 『おれんじ7』東予港入港 でんすけ 投稿日:2018年10月19日 21:37:50 No.12401 【返信】

 12月に新造船『おれんじ おおさか』と交代して引退する『おれんじ7』の東予港入港です。夜が明けきらぬ中をデッキライトを煌々と灯して入航してきました。

Re: 9/23 『おれんじ7』東予港入港 でんすけ 投稿日:2018年10月19日 21:43:11 No.12402
 ターミナル岸壁の手前で、バウ・スタンスラスターを使ってその場回頭を行います。スラスタの作動音が響き渡ります。

Re: 9/23 『おれんじ7』東予港入港 でんすけ 投稿日:2018年10月19日 21:49:10 No.12403
 朝焼けの中を、ウイングから船長が慎重に操船して岸壁に近づけていきます。船首では空気式もやい索発射機を使って係船ロープを送って行きます。

Re: 9/23 『おれんじ7』東予港入港 でんすけ 投稿日:2018年10月19日 21:55:01 No.12404
 このターミナルの岸壁は途中で折れている特殊な形状をしているので、船体が接岸しているのは約1/4程度になっています。

Re: 9/23 『おれんじ7』東予港入港 でんすけ 投稿日:2018年10月19日 22:02:09 No.12405
 揚げ荷が終わりしばしの休息に入ります。

Re: 9/23 『おれんじ7』東予港入港 でんすけ 投稿日:2018年10月19日 22:10:16 No.12406
本船の特殊な装備として可動式スタンランプがあります。使用する架道橋の位置によって本船側のランプドアをスライドできるようです。

Re: 9/23 『おれんじ7』東予港入港 でんすけ 投稿日:2018年10月19日 22:15:21 No.12407
 上部トラックデッキからさらに上のデッキへのエレベータもあるようです。
船体は痛みも少なくまだまだ頑張れそうに見えました。


Re: 9/23 『おれんじ7』東予港入港 でんすけ 投稿日:2018年10月19日 22:26:11 No.12408
 おれんじ7の使用している岸壁の奥側には『おれんじ えひめ』級の就航に合わせて整備された新しい岸壁とターミナルがあります。
 幅広のスタンランプ用架道橋と上部トラックデッキ用スロープが設置されていました。


Re: 9/23 『おれんじ7』東予港入港 でんすけ 投稿日:2018年10月19日 22:33:28 No.12409
 新岸壁はできてすぐということもあってピカピカでした。
 上部デッキ用スロープを作動させるワイヤーの作動には係船機が流用されているようです。メーカーズプレートには『ヱスケヱ鉄工』(愛媛県今治市)との標記があります。


Re: 9/23 『おれんじ7』東予港入港 でんすけ 投稿日:2018年10月19日 22:41:43 No.12410
 『おれんじ7』と交代する『おれんじ おおさか』は今治市大島のあいえす造船大島工場にて12月の就航を目指して艤装作業中です。

 鮮度が落ちていますがご報告までに。 連張り失礼しました。


Re: 9/23 『おれんじ7』東予港入港 おれんじ 投稿日:2018年10月20日 22:39:49 No.12416
こんばんわ。
恐らくおれんじおおさかは、おれんじえひめと同設備になると想像しますが、おれんじえひめに数回乗船した感想としては、
1、2等寝台寝台は鍵が無いので、newSFさつま、きりしまの様にロッカー設備を充実させて欲しいです。(えひめは財布が入る程度のロッカーしかありません)
阪九フェリーの2等寝台Bは鍵があって便利ですがこれだけ室数があると鍵の無返却リスクが懸念されるので、カードキーに出来れば言うこと無しですかね。
2、客はドライバーだけではないので、自動販売機でのアルコールは欲しいところ。(企業スタンスは理解しますが)

この2点以外は個人的には満足度の高いフェリーと思います。レストランメニューもふえました、全室個室もこれからのスタンダードになるとも思える利用状況とも思えます。
今週末の往復利用は予約無しではドライバー室利用になるほどの混雑ぶりでした。

7はどこに売られて行くのでしょうかね。
名船がまた1隻いなく無くなるのは残念です。
Re: 9/23 『おれんじ7』東予港入港 げんかい(管理人) 投稿日:2018年10月20日 23:58:20 No.12417
でんすけさん、こんばんは。

「おれんじ7」を見れるのもあとわずかになってきましたね。
早朝の入港で、松山からも少し距離があったこともあって、東予港の入港シーンは外から見たことは最後までなかったように思います。
東予港の入港シーンは狭い場所での回頭、背景に広がる水田と石鎚山、忘れられずとても好きです。

フェリーが大型化して、前半分が岸壁に接していない珍しい港になりました。岸壁整備が進んだ今では、他にこの状態になっている超郷里フェリーの港は思い浮かびません。
岸壁の北側はコンテナが並べられて柵もありましたが、今はそれらが無くなっているようですね。
この場所は防舷材が大きいことからも分かるように、元々はフェリーの待機用のバースでした。
「おれんじホープ」が就航する前の「おれんじエース」はこのバースにシフトしていて、狭いスペースに並んでいました。

「おれんじ7」の後部デッキには乗用車1台を搭載できるリフトがありました。このデッキには数台程度しか駐車できるスペースにはならないんで何のためにあったのかは分かりません。1度、乗用車が積まれているのを見たことがある気がします。バリアフリー対応だったのか業務用だったのか…。

「おれんじおおさか」はそろそろ試運転でしょうか。楽しみです。


Re: 9/23 『おれんじ7』東予港入港 げんかい(管理人) 投稿日:2018年10月20日 23:58:48 No.12418
おれんじさん、こんばんは。

1で「2等寝台」と書かれているのはシングルのことでしょうか?写真上はドアに鍵があるようですが、外部からかけれないものなのでしょうか?
神戸航路に乗船したトラックでの飲酒運転事故も過去にはありましたし、アルコールが抜けるだけの時間がない乗船時間の航路としては、あまり提供できないということでしょうね。
Re: 9/23 『おれんじ7』東予港入港 おれんじ 投稿日:2018年10月21日 06:50:57 No.12419
げんかいさん、おはようございまず。
2等寝台とはご指摘のとおり、2等シングルのことです。
一応、内側からだけは施錠出来るので就寝時は困りませんが、レストランや風呂に行くときは無施錠状態となります。
今朝の南港着のおれんじえひめも、トレッキングの団体やサイクリング愛好者達で盛況でした。
Re: 9/23 『おれんじ7』東予港入港 South_North 投稿日:2018年10月21日 09:24:45 No.12420
「乗用車1台を搭載できるリフト」はおれんじ8にもありましたね。

ワンボックスバンをこのリフトで上げて、レストランに食材などを運び入れていました。
Re: 9/23 『おれんじ7』東予港入港 ひかる 投稿日:2018年10月23日 03:26:57 No.12430
はじめまして。こんばんわ。いつも拝見しております。

オレンジホープに乗船した時にデッキにリフトがあって不思議に思ってたんですが、ワンボックスバンをこれで上げていたんですね。リフトを見た時は「なんでこんな位置に置いてあるんだろう?」って思ってました。
デッキに乗用車を積むつもりなのだろうか?なんて思ったりしました。


Re: 9/23 『おれんじ7』東予港入港 NCF 投稿日:2018年10月23日 10:33:06 No.12431
皆さん、おはようございます。
こんな感じになります。



9/21せとうちLTKトラベル『guntû』(ガンツウ) でんすけ 投稿日:2018年10月19日 21:07:45 No.12397 【返信】

 最近、コーヒーの『ジョージア』のCMでも名前が出てきたせとうちLTKトラベル『guntû』(ガンツウ)は、出航後は『せとうち漂泊』をコンセプトに、基本的に港には寄港せず夜間は入り江や泊地に錨泊して船旅を楽しむ船として瀬戸内海を行き来しています。
 基本的な西回り2泊3日の旅では、境ガ浜⇒宮島沖⇒大三島宗方⇒境ガ浜のいうルートを通ります。3日目の早朝に大三島宗方沖を出港した船は伯方島と大三島の間の鼻栗瀬戸を通過していきます。
 大三島橋を通過した『guntû』(ガンツウ)を狙いました。


Re: 9/21せとうちLTKトラベル『guntû』(ガンツウ) でんすけ 投稿日:2018年10月19日 21:13:46 No.12398
 かつては国道フェリーや高速船が行き交った鼻栗瀬戸を抜けて北上していきます。その先には大三島と生口島を結ぶ多々羅大橋が見えています。

Re: 9/21せとうちLTKトラベル『guntû』(ガンツウ) でんすけ 投稿日:2018年10月19日 21:18:52 No.12399
 橋の下を通過するというのは中々ない経験ですので行程にもしっかり入っているようです。

Re: 9/21せとうちLTKトラベル『guntû』(ガンツウ) でんすけ 投稿日:2018年10月19日 21:27:43 No.12400
 多々羅大橋を通過してすぐに反転していました。
 再度多々羅大橋を通過して岩城島と伯方島の間の水道へと向かっていきました。

 瀬戸内の多島美を体感できるクルーズ船として末永く運航してほしいものです。


Re: 9/21せとうちLTKトラベル『guntû』(ガンツウ) げんかい(管理人) 投稿日:2018年10月20日 14:30:07 No.12414
早く本船を直接見てみたいと思っていますが、なかなか見れていません。
背景の島も天気も瀬戸内を感じるいい写真だなぁと思いました。
このクルーズの客の入りはどうなんでしょうか。好調とも不調とも聞かず気になっています。



9/19 飛鳥Ⅱ三原瀬戸西航 でんすけ 投稿日:2018年10月19日 20:13:54 No.12394 【返信】

 げんかいさん、みなさんこんばんは。1月前のものなのですが、三原瀬戸を西航する郵船クルーズ『飛鳥Ⅱ』(長さ:241 m、幅:29.6 m、総トン数:50,142トン)を撮影しました。
 初期の予定では高根島灯台からの撮影を狙っていましたが、7月豪雨の影響で灯台への道路が封鎖されていたため、島の北西岸のなりました。


Re: 9/19 飛鳥Ⅱ三原瀬戸西航 でんすけ 投稿日:2018年10月19日 20:19:00 No.12395
 今治造船広島工場(旧幸陽船渠)の沖を通過して大久野島方面へと航行していきました。

Re: 9/19 飛鳥Ⅱ三原瀬戸西航 でんすけ 投稿日:2018年10月19日 20:43:41 No.12396
 今治造船では陽明海運向けの14,000TEU型コンテナ船(船主:正栄汽船)が連続建造されているようです。
 主要な艤装を終えたと見られる『YM WONDERLAND』(長さ:366m、幅:51m)が沖で錨泊中、造船所の岸壁には『YM WISDOM』と『YM WELLBEING』がいました。


Re: 9/19 飛鳥Ⅱ三原瀬戸西航 げんかい(管理人) 投稿日:2018年10月20日 14:27:37 No.12413
こんにちは。
「飛鳥Ⅱ」は制限ある来島海峡を避けて三原瀬戸に行くことがよくありますね。
AISで見ていても、なかなか航行する姿を見ることはないので興味深いです。美しい島の間をゆっくりと航行するのが目に浮かびます。



あづま丸 だんだん 投稿日:2018年10月18日 17:56:01 No.12393 【返信】

こんばんは
ご無沙汰してますあせ(^^;
7月に苫小牧港で撮影してました
早朝だったので 数隻居ました。


Re: あづま丸 げんかい(管理人) 投稿日:2018年10月20日 14:24:19 No.12412
こんにちは。
緑色マストというのが珍しいですね。北の方蛍光色マストが多い印象があります。



今朝の大関門 NCF 投稿日:2018年10月17日 21:57:35 No.12391 【返信】

げんかいさん、こんばんは。
本日早朝より大阪港の大関門界隈へと出向きまして少し撮影してまいりました。
現地到着後程なくしてタグが2隻姿を表しました。

昭陽汽船「明陽丸」と「生田丸」です。


Re: 今朝の大関門 NCF 投稿日:2018年10月17日 22:07:04 No.12392
どうやらこの2隻で入港支援を行うようで、しばらくしてオランダ船籍のクルーズ客船Holland America Line「WESTELDAM」82862GT 285mが大関門に姿を現しました。

支出は清水で次港は別府に向かう予定です。

本船の後方に続いて来るのは新「SFきりしま」です。


Re: 今朝の大関門 げんかい(管理人) 投稿日:2018年10月20日 14:22:18 No.12411
こんにちは。
神戸での造船タグ色の「生田丸」も大阪港で普通に活動してますね。
大阪南港を利用していても、なかなか大阪港のタグにあう機会は少ないです。泉北からの応援もあり楽しくなってるのですが。



鹿児島のフェリー おれんj 投稿日:2018年10月10日 00:06:33 No.12379 【返信】

こんばんわ。
先週の金曜日と本日、仕事で鹿児島だったもので間の休日をフェリーに乗て楽しんできました。
この所、災難が続く名門大洋フェリーの大阪南港乗り場は台風被害で人道橋が倒壊しているのでバスによる乗船でした。
人道橋は写真のとおり仮設応急処置の工事中でした。
今回は「としま2」に初乗船して名瀬まで行こうと決めていたのですが、残念ながら台風通過直後で離島航路は全て欠航となり港にはフェリーとジェットフォイルが全船集合状態でした。


Re: 鹿児島のフェリー おれんじ 投稿日:2018年10月10日 00:32:08 No.12380
翌6日に臨時便として「フェリーきかい」が運航するとの知らせをHPで確認し、奄美海運の現行船2隻にも未乗船だったのでこれに乗ることにしました。
名瀬港入港時には同じ沖縄行臨時便で先着の「フェリーあけぼの」と反航しました。
日没写真を撮ろうと慌てて眼鏡無しでカメラのモードスイッチを切り替えて撮影したら、ごらんの様な絵画調の加工写真になっていて驚きました。


Re: 鹿児島のフェリー おれんじ 投稿日:2018年10月10日 00:39:32 No.12381
結局この連休で3隻のフェリーに乗りました。
帰りの飛行機から古仁屋港に向かう「フェリーあまみ」が見えました。


Re: 鹿児島のフェリー げんかい(管理人) 投稿日:2018年10月14日 21:48:12 No.12388
こんばんは。
大阪南港の名門F1は、まだスロープは作れないけれども階段で人道橋を使えるようにしようとしているんですね。災難続きの名門、早く修理されてほしいです。
再開直後の航海で、奄美海運のサイズだと、まだ揺れたのではないでしょうか。
この離島航路には青い空と海が似合いますね。



きたかみのお別れ乗船して来ました。 らっきょ 投稿日:2018年10月08日 16:54:23 No.12377 【返信】

久し振りの投稿です。先月の3連休で、来年1月下旬に引退してしまう、太平洋フェリーのきたかみにお別れ乗船して来ました。仙台~苫小牧間の往復弾丸です。話に聞いていた通り、重厚で落ち着いた雰囲気の船でした。往路はセミスイート、復路は奮発してスイートに乗りましたが、バーカウンターまであって驚きました。まさにバブル期建造の名残が残ってますね。

Re: きたかみのお別れ乗船して来ました。 げんかい(管理人) 投稿日:2018年10月08日 22:55:04 No.12378
こんばんは。
日本最高齢の大型フェリーでありながら、豊富な旅客設備と途中でもリニューアルしてメンテされた船ですので、第一線にいる船ですね。
新「きたかみ」は就航まで3ヶ月弱になってきましたので、そろそろ試運転の話も出てくるかもしれませんね。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
- 掲示板管理者へ連絡 - 新着投稿をメールで受け取る -