掲示板


| 検索 | アルバム | 管理用 |

お名前
メール
タイトル
URL
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用 )
文字色

いの町 北山 仙岳 投稿日: 2024年05月29日 13:44:08 No.2790 【返信】

5月24日(金)、山仲間でも行く人は ほとんどない『いの町北山』地区の三角点を目指した。
先ず【藤ヶ瀬 ④ H=202.7m】へ向かった。
https://maps.gsi.go.jp/#16/33.557472/133.443278/&base=std&ls=std|cp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0

そこは広くない農道から分岐した農道に駐車し、傾いた畑の"獣除け電圧線"を跨いで越えた藪の中にある。
この藪がスゴくて、ずっと以前は"梅林" で、今は "クズバカズラ" が育ち、更に "サルトリイバラ"も元気。
それらが すごい[藪の猛威]を形成していた。

それらに剪定鋏で立ち向かい、背を低くして三角点に接近したが、そこら辺一帯は "落枝葉" の置き場状態で、少々の道具では 太刀打ちできるようなものではなかった。
汗に浮いて ここまで来たが、"標石"を探せる雰囲気ではないと悟り、撤退を決めた。

写真…左 ~ 写真…右 ヤブ・ヤブ・ヤブ


仙岳 投稿日: 2024年05月29日 13:46:47 No.2791
次に向かったのが、【北山 ④ H=129.7m】だ。
https://maps.gsi.go.jp/#16/33.552778/133.436500/&base=std&ls=std|cp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0
この三角点は、農道のすぐ脇にあり、かなり離れた農道から "標柱"が見えていて、簡単に会えた。

写真…左 道路脇に[標柱]が見えている
写真…中 地元の人が、数日前に草刈りしたようだ
写真…右 標柱と標石


ここへ来る途中、【北山標高点 H=193m】に行くつもりだったが、その入口が分からず、
先の【藤ヶ瀬】の藪の猛威の事もあり、行く気を失った。
https://maps.gsi.go.jp/#16/33.553583/133.438944/&base=std&ls=std|cp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0


茶凡遊山記 投稿日: 2024年05月30日 21:17:42 No.2792
「加茂山」には何度か登りましたが、「北山」の側は
行ったこともありませんでした。

 麓から見上げただけで、普通の山だろうと思って
いましたが、山上に広大な農地が広がっていて驚き
ました。

 越知町の横畠に初めて行った時も驚きましたが、
Ⅳ北山からⅣ藤ガ瀬、さらに北東へと、驚きの風景が
広がっている気がします、行ってみます。
タメやん 投稿日: 2024年05月31日 12:28:31 No.2793
藤ヶ瀬 ④

2016年8月に行ったらしく記録には「畑の中」と記入しているが、ハッキリした記憶が無い。


北山標高点 H=193m

自分が灌木に巻き付けた黄色のビニールテープが、写っていた。

https://cdn.yamap.co.jp/public/image2.yamap.co.jp/production/39349fb1-ebd6-4027-830f-1e8d22f39daf

画像中央上

https://cdn.yamap.co.jp/public/image2.yamap.co.jp/production/3207ab89-2d0e-434f-ba36-f0275899d823

画像中央やや右寄り上
仙岳 投稿日: 2024年06月01日 19:27:53 No.2794
今はヤブ化している【藤ヶ瀬④】は、すぐ下の「藤ヶ瀬集落」などの測量のために造った三角点なので、
山頂の端っこ近くにあると思われます。

2016年から 8年も経っているので、ヤブ用の道具、最低限:剪定鋏の持参をお勧めします。
私が 今度 探しに行く時には、植林刈り明け用の "柄"が長い "鎌" を研いで、持って行こうと思っています。

[タメやん]さん
「北山標高点」に、標高点を示す "標石"は あったのでしょうか?
探しに行ってみたいと思っています。
タメやん 投稿日: 2024年06月04日 11:23:28 No.2795
"標石"は あったろうか。

パッと見た所一番高い、と言った感じで、目印の様な物はなかった気もするし…。
仙岳 投稿日: 2024年06月05日 14:03:59 No.2796
『標高点』は、全部が全部「標石」があるとは 限らないのだろうか?

を、調べてみたら、『標石があるとは 限らない』の結論に達したが、みょうに 変な気分んだ・・・
タメやん 投稿日: 2024年06月05日 14:52:44 No.2797
もう10年以上前だが、宿毛の荒瀬山(323m)に登った時は(今は整備されて展望台もあるらしいが)何も無かったと思う。

正連寺の西ノ峰山(346m)も、何もない感じか。
茶凡遊山記 投稿日: 2024年06月05日 15:12:14 No.2798
【藤ヶ瀬④】と【北山④】を、6月2日の日曜に
訪ねて来ました。

【藤ヶ瀬④】は、電気柵を跨ぐ勇気がなく敵前
逃亡してきました。

【北山④】は見つけられましたが、標高点の
「北山」へは時間切れでした。

「北山」の山上にあんな場所があるとは意外
でした、情報ありがとうございました。
仙岳 投稿日: 2024年06月06日 19:33:40 No.2799
は~い、茶凡さん、ご苦労様でした。
あの "電気柵"を 跨げませんでしたか・・・。
跨ぐのが いやなら、別ルートがあって、真北から行けば 跨がずに行けると思われます。

私も、『北山標高点 & 藤ヶ瀬④』には 未練があります。再挑戦するつもりです。
どこかの どこででも出会って、一緒に行ってみましょうよ。

日時は、いつでも いいです。
言われるとおりに合わせますので、近日中に、お声がけ戴ければ同行したいと思います。
よろしくです。

★"ほっとけぼり" にはしたくない「タメやんさん」へ。
一緒に行きましょうよ。このブログの続きに 注目していて下さいよ・・・。
茶凡遊山記 投稿日: 2024年06月07日 08:59:32 No.2800
仙岳さん、お声掛けありがとうございます。

『北山標高点 & 藤ヶ瀬④』、ぜひ連れて行って下さい。

 先日挑戦した日は、あいにく短い方の足で行っていたため跨ぎにくかったことと、電気柵の威力について全く知識がなく、首尾よく跨げたとしても、残った軸足の後ろ足が突然よろけたり、前足の着地の先にヘビがいたりすると、たちまち転倒して電気柵の上に倒れ込み、感電死はしないと思いますが、失神しやしないかと怯えて挑めませんでした。

 6月ですと、明日からの8日、9日の土日は天気が悪そうですので、来週末の15日(土)と16(日)、一週あいてしまいますが、6月30日(日)が好都合です。

 平日の午後13時以降でさしつかえなければ、6月17日(月)と18日(火)、25日(火)と26日(水)あたりは、休暇が取れそうです。

 よろしくお願いします。
『北山』山行予定 仙岳 投稿日: 2024年06月08日 06:45:08 No.2801
来週末の 15,16日(土・日)は、孫の大会を観に「福岡市」へ行く予定なので、
早くとも、25,26日(火・水)以降ですね。
近づいたら、連絡を取り合いましょう。
茶凡遊山記 投稿日: 2024年06月08日 08:08:30 No.2802
承知しました、よろしくお願いします。
茶凡遊山記 投稿日: 2024年06月21日 12:01:37 No.2809
仙岳さん、愛媛への遠征お疲れ様でした。

 お天気が今一つの予報となっているところ、
来週に仕事の予定が入ってしまいました。

 来月以降に、空模様と皆さんの予定が合い
ましたら、よろしくお願いします。
仙岳 投稿日: 2024年06月21日 12:59:10 No.2810
了解しました。
来月以降、良き日に実行する事としましょう。
また、連絡しあいましょう。
タメやん 投稿日: 2024年06月24日 15:01:43 No.2811
申し訳ない、今気が付いた。

6月・7月は、午前10時以降集合なら、奇数日に行けます。
茶凡遊山記 投稿日: 2024年07月12日 12:33:20 No.2814
仙岳さん、タメやんさん、梅雨お見舞い申し上げます。

 その後お変わりありませんか、当方は暑さと闘いながら変わらず過ごしています。


 月初より身辺が俄かに慌ただしくなり、当分の間、遊山の予定を立てづらくなりました。

 落ち着きましたらご連絡させていただきますので、是非また御一緒させて下さい。


 ただならぬ気温が続いていますので、山行の際にはどうぞお気を付け下さい。

 掲示板への投稿、楽しみにしています。
タメやん 投稿日: 2024年07月16日 13:24:13 No.2817
承知しました。

がこの暑さだと、10月にならないとなんともならん気がする…。
茶凡遊山記 投稿日: 2024年07月16日 17:00:40 No.2818
今年の秋は待ち遠しい限りです。


2024(令和6)年 7月(文月:July) タメやん 投稿日: 2024年07月12日 12:47:34 No.2815 【返信】

3連休明け位に梅雨明けしそうだが、如何せん滅茶苦茶暑い。

ひと月位、よう登ってない…。
仙岳 投稿日: 2024年07月15日 12:50:30 No.2816
そうですねぇ。
こちらでも 32度を超える暑い日が続き、寝苦しい夜もありました。
そして、その後 梅雨に逆戻りして、その末期的な降り方をしていた。

今日の長期予報では、17日(水)以降は、[太陽]マークが いっぱいあって、
今度こそ 梅雨明けだと思われる。
そしたら、ちょっと涼しい、ちょっと高い山へ 行ってみることにするか・・・。


久し振りに 愛媛県へ 仙岳 投稿日: 2024年06月20日 16:06:27 No.2807 【返信】

先週(15,6日)の土日、孫の「四国高校選手権」大会の応援に託けて、その会場近くにある三角点をやってきた。
先ずは、伊予市:「伊予総合公園 体育館」近くの三角点【浜 ④ H=2.7m】
何と言う事ない、総合公園となりの「成吉神社」境内奥に静かに収まっていた。
http://maps.gsi.go.jp/#15/33.746583/132.685527/&base=std&ls=std|cp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0

写真……左 町の中の 立派な 佇まい
写真……中 そんな 境内奥に・・
写真……右 立派な居場所を構えていた


仙岳 投稿日: 2024年06月20日 16:08:12 No.2808
翌日は 少し離れた「とべ動物園」近くの『愛媛県総合運動公園:体育館』での対戦。
我は試合の合間に、遊歩道を歩いて ベンチもある山頂を目指した。
【原町 ③ H=128.2m】
http://maps.gsi.go.jp/#15/33.765527/132.794416/&base=std&ls=std|cp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0

写真……左 ベンチの並ぶ 広~い山頂広場に[標柱]発見
写真……中 三角点に近寄って
写真……右 「標石」をじっくり見つめる


タメやん 投稿日: 2024年06月27日 12:06:16 No.2812
地形図を見ると香川程ではないにしろ、池が多いのに驚いた。

子供の水難事故が心配だが、事故が無い所を見ると対策が徹底しているみたいだ。
仙岳 投稿日: 2024年07月02日 13:59:18 No.2813
まこと、改めて地形図を見てみると、「溜め池」が多いのに驚いた。
実際に 現地で気がついたのは、駐車場所を探している時に見た「西大池」だけで、
ほかには まったく気付いていない。

人が 近寄るような所では、それなりに 安全対策は しているでしょうね。


2024(令和6)年 6月(水無月:June) タメやん 投稿日: 2024年06月12日 10:46:26 No.2803 【返信】

第二介良事件現場(五台山・筆山)捜索

意外と短時間で見つかった。

https://ameblo.jp/kochi-romp/entry-12853862057.html

第二介良事件参照サイト

https://www.youtube.com/watch

https://www.neko-jirushi.com/diary/100245/

第三介良事件参照サイト

https://www.youtube.com/watch
茶凡遊山記 投稿日: 2024年06月13日 11:18:55 No.2804
 これまでは半信半疑で、どちらかと
いうと「半疑>半信」したが、こうして
記事や動画を見ていると、あれだけ報道
されたのも頷ける気がして来ました。
タメやん 投稿日: 2024年06月13日 16:17:46 No.2805
小型UFOは灰皿(煙草盆)ではないか、という声もあるが…。

https://search.ameba.jp/search/entry/介良UFO.html

https://search.ameba.jp/search/entry/介良UFO.html
茶凡遊山記 投稿日: 2024年06月13日 21:22:23 No.2806
 2010年代に再び介良で目撃されたと
いうことで、当時少年だった何人かに
聞いてみましたが、実家が介良だった
青年も、「そういえばさんなことが」
といった具合でした。

 昭和47年といえば、小生自身が発見
した男子生徒たちと同年代なのですが、
高知市内の自宅通学生徒たちの中に、
UFO事件を語る友達はいませんでした。

 介良や大津や高須から、自転車通学
の友達もいたはずなのに、話題になら
なかったのが不思議です。


新宮ノ森 周辺へ 仙岳 投稿日: 2024年05月18日 16:15:04 No.2770 【返信】

5月16日(木)、旧:鏡村の『新宮ノ森』向けて走ってきた。
先ずは手始めに、【新宮ノ森】公園を目指した。
https://maps.gsi.go.jp/#16/33.599357/133.485603/&base=std&ls=std|cp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0

何かすんなりと着いて、気抜けした感じだった。
写真…左 公園の「休憩施設」だろうと思う
写真…右 「トイレ」/ この軽四のおばちゃんが 掃除を請け負っている・・ と話していた
     (この写真の背後の山が、「新宮ノ森」ピークだと 教えてくれた )


仙岳 投稿日: 2024年05月18日 16:17:51 No.2771
その【新宮ノ森 H=415m】へ登った。歩いて・・・
https://maps.gsi.go.jp/#17/33.600222/133.488027/&base=std&ls=std|cp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0
こんな急な 山の車道は初めてだった。

写真…左 山頂部の車道状況
写真…中 その左手に[岩]があり、「山頂大岩」と名付けた
写真…右 山頂に立つ「電波塔」


仙岳 投稿日: 2024年05月18日 16:21:33 No.2772
この坂を車で登ってみようと、再び 出かけた

写真…左 三差路の右手から 左上向いて登り始める
写真…中 山頂「大岩」前に駐めた状態
写真…右 下りながら・・・の状態


仙岳 投稿日: 2024年05月18日 16:25:28 No.2773
次に目指したのが、【カガリ石 ② H=483.0m】
https://maps.gsi.go.jp/#15/33.602138/133.496916/&base=std&ls=std|cp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0
☆尾根筋で"ベンチ"の置かれた広場に駐車し、ちょっと茂り始めた作業道を歩き始めたが、頂上三角点から離れていくので、歩くルートを尾根筋に変更して 三角点を目指した。

写真…左 カゴノキ、シイノキ、(なぜか・・)クチナシなどの照葉樹林帯
写真…中 赤松、山桜の枯れた大木が 多い
写真…右 標石


仙岳 投稿日: 2024年05月18日 16:27:13 No.2774
次は【仏瀬 ④ H=453.4m】
https://maps.gsi.go.jp/#15/33.601388/133.514055/&base=std&ls=std|cp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0
三角点入力ナビで車を走らせて、入山口を決めてから 適当な場所に停めた。

写真…左 昔は「サツキ園」だったようで、所々に それが点在していた
写真…中 標石の おもて
写真…右 標石の うら面


仙岳 投稿日: 2024年05月18日 16:31:34 No.2775
ここは 二度目になる【新兵衛谷山 ③ H=539.9m】
https://maps.gsi.go.jp/#15/33.609666/133.525138/&base=std&ls=std|cp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0
電波塔広場の山頂部に三角点はある。
もうちょっと 正確に言うなら、広場の端っこの 1番高い所にあった。

写真…左 三角点
写真…中 しかし、その標石は むごいほど痛んでいた
写真…右 15年前(2008.H20.02.04)撮影の写真も 同じだった


仙岳 投稿日: 2024年05月18日 16:33:19 No.2776
下山ルートに【土佐山GPS H=255.9m】があったので 立ち寄ってみた
https://maps.gsi.go.jp/#15/33.625777/133.531027/&base=std&ls=std|cp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0
写真…左 グラウンドと 空と 雲と 電子基準点と
写真…右 金属標


仙岳 投稿日: 2024年05月18日 16:35:39 No.2777
最後に、行ってみたいと思いながらも 未踏だった【西ノ峰山 H=346m】
https://maps.gsi.go.jp/#16/33.601529/133.562338/&base=std&ls=std|cp&disp=11&lcd=cp&vs=c1g1j0h0k0l0u0t0
写真…左 「高知市」の国調の杭かと思われるものと、標高点
写真…中 それの アップ写真
写真…右 近くにあった「国交省」の準拠点


茶凡遊山記 投稿日: 2024年05月18日 21:35:25 No.2778
【新宮ノ森 H=415m】の急坂へカブで少しだけ進入しましたが、すぐに踵を返して来てしまいました。

【カガリ石 ② H=483.0m】の周辺も、タメやんさんに情報をたくさんいただいたことでした、その節はありがとうございました。

【仏瀬 ④ H=453.4m】のさつき園は、高知市出身の友人たちが遠足で行ったことがあると、懐かしんで話してくれます。

【新兵衛谷山 ③ H=539.9m】は初見である気もしますが、都網をカブで走った時に立ち寄ったような気もします。

【土佐山GPS H=255.9m】のグラウンドはけっこう利用者があるようで、いつ行ってもさほど荒れてなくて、トイレもきれいだった記憶があります。

【西ノ峰山 H=346m】の近くを歩いていて、高知城に市立動物園があった頃の、動物たちのお墓があって驚きました。

 高知市での三角点巡り、お疲れ様でした。
タメやん 投稿日: 2024年05月20日 12:23:41 No.2779
仏瀬 ④ H=453.4m

3回は行ったが、灌木の藪でとうとうよう見つけんかった。

画像を見ると、刈り払いがあった様に見える。


西ノ峰山 H=346m

ここも3回位寄っているが、平坦になっているのでどこが山頂か分からなかった。

航空写真では北側の刈り払いの間際が目安になっているみたいだが、真ん中の画像の3本の杭の所が妥当かなあ。
仙岳 投稿日: 2024年05月22日 09:52:20 No.2780
>>【仏瀬 ④ H=453.4m】について、
>> 3回は行ったが、灌木の藪でとうとうよう見つけんかった。
>> 画像を見ると、刈り払いがあった様に見える。
https://maps.gsi.go.jp/#15/33.601388/133.514055/&base=std&ls=std|cp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0


私は、三角点の[東]に拡がる "畑" の方から行かずに、
その反対側:三角点の "南西" で藪に入れる入口を見つけておいて、そこから三角点に向かった。
なぜなら、近いからだ。すぐに見つけた。

ただ、元:"サツキ園"だった事もあり、古い大きな株もあって歩きにくい。
私は "柄鎌"を持って行ったが、ほとんど使わずじまいだった。
(写真撮影時に、支障木を切るだけに使用した程度)
仙岳 投稿日: 2024年05月22日 10:27:49 No.2781
>> 西ノ峰山 H=346m
>> ここも3回位寄っているが、平坦になっているのでどこが山頂か分からなかった。
>> 航空写真では北側の刈り払いの間際が目安になっているみたいだが、真ん中の画像の3本の杭の所が妥当かなあ。
https://maps.gsi.go.jp/#16/33.601529/133.562338/&base=std&ls=std|cp&disp=11&lcd=cp&vs=c1g1j0h0k0l0u0t0

★ いや、掲載している写真は、いずれも「標高点」ではありません。
今回添付の『写真:GPS軌跡』を見たら判るように、私は「標高点」には 行けていません。

★行くには、北面(高知ゴルフ)は「廃材置き場」などで入りにくく、茂っているので近寄らないのが賢明です。

★行くには、「国交省の高い電波塔」への(舗装された)道路を通って、門口に駐車する。
そこから 樹林帯に入り、「疎」で歩きやすい歩道のような 平らな踏み跡を「国土交通省:準拠点」、そして「高知市」の杭を経て進んだ先に、『標高点』がある筈です。

★(私は)標高点には、行けていません。届いていません。


タメやん 投稿日: 2024年05月22日 15:05:52 No.2783
仏瀬

全部ここから入った気がする。

10年以上前に最初に行った時は、進むのもままならぬ大藪だった。


西ノ峰山

平坦で分かりにくかったが、一番高い所だろうと思われる所には目印になる様な物(テープ・杭等)はなかった気がする。
茶凡遊山記 投稿日: 2024年05月23日 20:09:16 No.2784
もしやと思い、2020年11月21日の西ノ峰山のログを拡大してみましたが、いま一歩届いていませんでした。

仙岳 投稿日: 2024年05月26日 11:40:35 No.2785
5月24日(金)、『西ノ峰山』へ再度 行ってみた。
★ 前回(5月16日)撮影の[西ノ峰山:駄場中央部]の状況写真を整理してみた。

写真……左 杭、3本が立っている
写真……中 ちょっと 近寄って撮ったもの
写真……右 杭、3本だけを撮ったもの


仙岳 投稿日: 2024年05月26日 11:45:40 No.2786
★ 今回(5月24日)撮影の[西ノ峰山:駄場北方部:地形図の標高点]位置での[杭]の状況写真。

写真……左 黒っぽい木の元に、「プラスチック杭」と、「高知市」杭
写真……中 ちょっと 近寄って撮ったもの
写真……右 杭、2本だけを撮ったもの

註)プラスチック杭は、双方共に "へし折られ"て、近くに放置されていたものを 元の位置に突き刺した状態

☆ 私見:私の個人的な解釈だが、標高点を示す杭は[駄場中央部]の(写真…右)に 大きく写っている一番手前の「コンクリート杭」だとするのが "妥当" である。
※ だったら、国土地理院の標高点位置が違っている事になるが、そうとしか考えられない。


タメやん 投稿日: 2024年05月27日 09:53:06 No.2788
実際どうか分らんが(ただ単にそこの立木が高いだけとか)3Dで観た一番高い所は、別の地点に見える。

https://www.google.co.jp/maps/@33.6013842,133.5647441,90a,35y,256.64h,76.81t/data=!3m1!1e3

(向き等の変更は、Ctrlキーを押しながらドラッグする)

一番高いと思われる所にマウスポイントを持って行き、右クリック

小窓の一番上の座標を左クリック(クリップボードにコピー表示される)

https://fukuno.jig.jp/app/map/latlng/#33.60098472432624, 133.56175098443097

緯度経度地図の右の所にペーストし、エンターキーを押す。

電波塔の縁から約70m西側の様だが…。
仙岳 投稿日: 2024年05月27日 12:27:31 No.2789
『№2786』で「位置が違っている」と書いたが、ガーミンの軌跡を よくよく見てみると、標高点(▲)に今回も 届いていない(行っていない)。
わずかではあるが、標高点の手前で ウロウロして写真を撮っただけだと判った。
添付の写真(右)は、「高知市杭」を "ほぼ南"から撮ったものだが、杭の向こう側が切れ落ちているのが判る。
と言う事は、『ここの標高点は この崖の向こう、土木業者が山を切り取った所にあった』としたら 説明がつく。




2024(令和6)年 5月(皐月:May) タメやん 投稿日: 2024年05月09日 08:35:03 No.2741 【返信】

昨日(六川山~夏焼山)は、ありがとうございました。

夏焼山④461.6mからの下りが急で道っぽくなかったが、1個所三角点から北の眺望が良かった所(の少し手前辺りだったか)までの間に赤テープのある小ピークがあってそこから南にやや谷状を下れそうな感じだったのと、地理院地図の1974~1978の航空写真(時系列表示)では昨日下ったすぐ西に道っぽいのが写っているが、等高線の詰み方からすると当日下りで見つけるのは無理だったろう。
茶凡遊山記 投稿日: 2024年05月09日 09:31:44 No.2742
仙岳さん、タメやんさん、昨日はありがとうございました。

「谷状を下れそう」という点ですが、昨日の「夏焼山」からの
下山の際、「北の眺望が良かった所」と、降りてきた急斜面の
手前、尾根道へ左折南下した地点との間の、「谷」を降りる
ものとばかり思っていました。

 背後の仙岳さんから、「一つ先の尾根を下りましょう」と
お声がけ頂き、この状況では、尾根伝いに下って行くのかと
目からウロコでした。

 そういえば、道なき斜面を登る時には、谷を登る時もあり
ましたが、尾根を登る時もありました。

 タメやんさんが携行されていた地形図と、その使い方も
とても新鮮でした、カシミールでダウンロードしてみようと
思います。

 貴重な体験をさせていただきました、あらためてお礼を
申し上げます。

 今後とも、引き続きよろしくお願いします。


 
仙岳 投稿日: 2024年05月09日 20:20:05 No.2744
『山』は、一般的に登れる所(下れる所)は 1ヶ所だけではない。
数ヶ所あるのが普通で、1ヶ所だけというのは少ない。ごくまれだと思っている。

今回の下山ルートも、過去2回のルートと違って 別ルートだったし、その2回のルートも苦労した事は覚えてるが、現地では思い出せなかった。
現地の状況も変化している事もあるし、それが証拠に、「夏焼山」三角点周りの状況さえ、添付写真のように 変化していた。

今回の下山ルートは、置いた車に近くて、シダの猛威も受けなかったし、谷筋に降り着いて、
危険な"岩場"などもなく(歩きにくい 落枝葉はあったが)いい下山ルートだったと思っている。

私がモットーとしているのは、『初めての下山ルートは、登り返す「体力・勇気」がなかったら、谷筋を下る事なかれ』です。

これからも 三角点を求めて "山登り:山巡り"を続けていくつもりです。
引き続き、よろしくお願いします。

写真…左 2015.H27.06.17 撮影
写真…中 2018.H30.02.07 撮影
写真…右 2018.H30.02.07 標石


茶凡遊山記 投稿日: 2024年05月09日 21:03:36 No.2745
 仙岳さん、今回の下山ルートで感じたことは、勾配
こそ速かったですが、前方眼下も足元も、常に視界が
開けていて、下ってさえ行けばいつかは降り立てると
いう安心感でした。

『初めての下山ルートは、登り返す「体力・勇気」が
なかったら、谷筋を下る事なかれ』

 肝に銘じます、こちらのほうこそ今後ともよろしく
お願いします。
タメやん 投稿日: 2024年05月10日 11:15:48 No.2746
確かに2015はウラジロが繁茂しているが、2018は枯れ切っていますね。

谷下りでは強烈な印象が残っていて、大分前に野地峰の西の滑車台跡から下る時に道を誤り周りが大藪になって(この時点で携帯を落としていた)谷を下るしかなくなり、2m位の岩の段差とかもあって、半泣きになって下った事を思い出した。

YAMAPを見たがコースとして載ってないし、活動日記でもこのコースを下りる人は今は殆どいないらしい。


こちらもまた宜しくお願いします。
タメやん 投稿日: 2024年05月11日 10:31:51 No.2747
翌日足に赤いブツが10カ所位出来て、痒い。

またダニか何かに食われたらしい。
茶凡遊山記 投稿日: 2024年05月11日 16:19:13 No.2748
タメやんさん、10カ所も大変ですね、どうぞお大事に。

 小生は、今日になって足の内側に少し筋肉痛が出て
来ましたが、これが六川山によるものか、一つ前の
高尻木山によるものなのか、いま一つ確証が持てません。
仙岳 投稿日: 2024年05月13日 10:29:56 No.2766
私も "虫" には弱いですが、今回の「シダ道下山」では まったく影響ない状態でした。
私の考えでは、"ダニ"は 梅雨に入ってから強くなって、噛まれたらコジャンと痒くなります。

一昨年だったか、ひどい時には、噛まれた傷口に「牙」が残っている時があって、(素人療法は せられん・・・と知っていたのに)自分で取り除けたのです。
その後、窪川病院へ行ったのですが、もう大丈夫だからと "薬"さえくれませんでした。
しかしその傷跡は 未だに残っていて、時々 痒く感じる事があります。

「ダニ」は あんな山以外にも、その辺の 畑地や、道端にも居ます。
私は日常の畑、山林作業のあとは、必ず風呂に入って、[毛]の部分を 特に丁寧に洗い流しています。
特に山登りのあとは、できるだけ早くに・・・

★ それは さておき、山登りの 一人旅(独り旅)もいいものですが、
中間と歩く "山旅" は いいですよね。
今回は、久し振りに[山友との山歩き]を味わった気分になりました。

☆ 近いうちに、また一緒に 歩きたいものですね・・・。
タメやん 投稿日: 2024年05月22日 15:05:40 No.2782
18(土)

神明ヶ森城

https://maps.gsi.go.jp/#18/33.484221/133.367841/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1g1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

点線の両側はみかん畑で、点線の途切れた所に「神明神社」。

https://www.google.co.jp/maps/place/神明神社/@33.4841115,133.3669272,17.25z/data=!4m6!3m5!1s0x354e39f2095d09a5:0x8908dc9b9501b9bf!8m2!3d33.4841187!4d133.3682633!16s/g/11sc46qb1j

神社のすぐ裏が城跡だが、直径7~8m位で意外と狭かった。


無名城2城

https://ktgis.net/kjmapw/kjmapw.html

偶然見つけたが、調べても分からなかった。

西の城は、「岩戸一本桜」から登った。(稜線下まで墓道あり)

https://www.google.co.jp/maps/place/岩戸一本桜/@33.4761482,133.3807885,17.75z/data=!4m6!3m5!1s0x354e39002cfc2579:0xd13816dcae458c2e!8m2!3d33.4750492!4d133.3817804!16s/g/11y3s_tkds

「岩戸一本桜」がどれか分からなかったが、コルによじ登るとすぐに中央部がポコッと高くなっている城跡に着いた。

中央部のすぐ北に城八幡と思われるズタボロの残骸があった。

下りは北の尾根から降りた。


東の城は、ここから登った。

https://maps.gsi.go.jp/#18/33.477946/133.386520/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1g1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

南に登る綺麗な墓道だったが、やはり墓(東側の一段低い所に祠)で道は途切れた。

https://maps.gsi.go.jp/#18/33.477194/133.386192/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1g1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

西に尾根を進むと、すぐにまだ現役と思われるTVアンテナが立っていた。

少し北回り込み、5m位のサスケのそり立つ壁を這い上がり、直径20m位の城跡に登った。

縁の周りはどこも急だったが、一番しよそうな北側から降りて尾根を下ろうと思ったが、藪で降りれないと判断し西の段々畑状の竹林を進んでいたら北西の尾根にたどり着いた。

きれいな道だったのですぐに下らずに一旦上に行ってみると、コルの横が少し高くなっていて、モルタルの小祠2つと「弘法大師」と彫られた30cm位の石柱が立っていた。

https://maps.gsi.go.jp/#18/33.477088/133.384709/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1g1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

北西に参道っぽい道を下ったが、民家が見え出した辺りで急に荒れて出して道が途絶えたが、何とか藪の中を民家の裏に下りれた。


鴈股城

https://maps.gsi.go.jp/#17/33.475440/133.393861/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1g1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

予定の登り口が登れそうも無かったので、ダメもとで「高知県天然記念物 イワガネの自生地 50m先」の道標の所を登ってみた。

https://maps.gsi.go.jp/#17/33.475440/133.393861/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1g1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

谷沿いに道が続いていたので登って行くと、谷が終わり奈路い扇状地のような地形の所になったが、ウラジロが繁茂してきたのですぐ東の尾根に移って登ったら、かなり広い城跡に着いた。

下りは最後に登った尾根を下ったが、すぐにウラジロが繁茂してきたので、元の谷筋の小径に戻った。

谷筋の小径と尾根の間に尾根の直下の小径があったが、これもウラジロで進めそうになかった。

もう少しで登り口と言う所に、行きがけには全く気付かなかった「イワガネ自生地」の石碑があった。
タメやん 投稿日: 2024年05月27日 09:52:49 No.2787
26日(日)

麓城

http://yogochan.my.coocan.jp/kouti/inomati01.htm

https://www.hb.pei.jp/shiro/tosa/hakawa-fumoto-jyo/

西のインター出入り口の交差点から登ったが、池田紙業の脇から登った方が良かった様だ。

本丸は10m×15m位、2の段は少し荒れている。

建物マークは倒壊したのか、無かった。


三之塀城

https://sites.google.com/onodenkan.net/hiro2/高知県の城/三ノ塀城

スッと登れ、本丸は10mの円。

本丸の東側(降り口側)に良くあるストーンヘンジ風の石積み。


葛懸古城

どっかのサイトから鉄塔巡視道入り口を見つけたが、そのサイトが分からない…。

出入り口は

https://maps.gsi.go.jp/#18/33.546784/133.377654/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1g1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1&d=m

鉄塔まではスッと行けたが、そこから先が殆ど人が来なくで藪だったが、ピンクテープ・踏み跡はあった。

本丸手前まで来たら一旦西に移動し、南東に登って行く。

広かったが、何もなかった。


仁淀川町の山へ 仙岳 投稿日: 2024年05月12日 12:21:17 No.2749 【返信】

5月3日(金)、地形的にも、味わい的にも、奥が深いと感じている「仁淀川町」の三角点巡りをしてきた。

先ずは、【茶霧湖 ④ 276.9m】
https://maps.gsi.go.jp/#15/33.542969/133.114171/&base=std&ls=std|cp&disp=11&lcd=cp&vs=c1g1j0h0k0l0u0t0

写真…左 三角点は、大渡ダム上空の公園風広場の「園地防護柵」の中にある
写真…中 このサツキ花壇で、「カーブミラー」から 5.6m地点
写真…右 中を覗き込むと、このとおり


仙岳 投稿日: 2024年05月12日 12:26:05 No.2750
少し走って、【大見槍 ④ H=417.8m】
https://maps.gsi.go.jp/#15/33.536444/133.087250/&base=std&ls=std|cp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0

写真…左 神社への石段を登った所にある[鳥居]の奥に三角点
写真…中 放置された木材の間に「標柱」が立っている
写真…右 近づいて、ちょっと除草したら・・・


仙岳 投稿日: 2024年05月12日 12:31:13 No.2751
また 走って【大楢 ④ 750.8m】
https://maps.gsi.go.jp/#15/33.526278/133.084028/&base=std&ls=std|cp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0
林道カーブの広場に駐車して、尾根筋を少し下り込む。

写真…左 こんな尾根筋を下って行くと、標柱が見えた
写真…中 近寄って
写真…右 無傷できれいな 標石だった


仙岳 投稿日: 2024年05月12日 12:36:48 No.2752
かなり走ったつもりだったが、先ほどの[大楢④]の真東:1.6Kmの【高瀬 ③ H=911.1m】

https://maps.gsi.go.jp/#15/33.525666/133.102027/&base=std&ls=std|cp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0
ロッキーな尾根筋を登って行くと、桧植林地に三角点

写真…左 ロッキーな尾根筋を登り詰めたら三角点
写真…中 大きな桧の倒木
写真…右 標石は苔むしていた


仙岳 投稿日: 2024年05月12日 12:39:28 No.2753
急登の連続の【三方山 ③ H=1146.8m】へも登った
https://maps.gsi.go.jp/#15/33.511361/133.076361/&base=std&ls=std|cp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0

写真…左 「展望大岩」から見る 鳥形山③、黒滝山④、天狗ノ森③、五段城② 
写真…中 山頂:標石と 祠を・・・
写真…右 深く埋まった 標石の "額"


仙岳 投稿日: 2024年05月12日 15:29:17 No.2756
次は 近くの【石神峠山 ④ H=1058.1m】
https://maps.gsi.go.jp/#15/33.500944/133.078444/&base=std&ls=std|cp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0

林道途中に谷筋斜面から 登った。
周辺は最近"皆伐"されていて、歩きやすく、見通しも良かった。

写真…左 登り詰めた山頂に 三角点。中央左手奥に 作業道が透けて見える
写真…中 向こう側に廻って撮る
写真…右 金属標だった


仙岳 投稿日: 2024年05月12日 15:37:52 No.2757
ちょっと "西"に走って【ウド峰 ④ H=765.9m】
https://maps.gsi.go.jp/#15/33.504806/133.055028/&base=std&ls=std|cp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0
三角点は 駐車場所から近い所にあったが、茂っていて難儀した

写真…左 背の高いアセビに囲まれていたので 広場を確保した
写真…中 標石天端の"苔"もきれいに取り除いた
写真…右 2019年(5年前)の写真では アセビの背も高くない


仙岳 投稿日: 2024年05月12日 15:49:09 No.2758
次にメインの【鳥形山 ③ H=1348.5m】を目指した。
ここの三角点は 採掘現場から近いので、立入禁止となっている。
展望台からの眺望を楽しんだ。
また、ここで初めて"登山者"と出会った。
https://maps.gsi.go.jp/#15/33.491694/133.067000/&base=std&ls=std|cp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0

写真…左 三角点峰(中央左の 小ピーク)
写真…中 採掘現場を見下ろす感じ
写真…右 不入山はガスっていたので、代わりに 天狗ノ森 を見る


仙岳 投稿日: 2024年05月12日 16:04:35 No.2759
最後に目指したのが、【形部 ④ H=691.3m】
https://maps.gsi.go.jp/#15/33.494944/133.105250/&base=std&ls=std|cp&disp=11&lcd=cp&vs=c1g1j0h0k0l0u0t0

林道から少し下って、少し登った所にあった。
三角点では[オンツツジ]の花びらがいっぱい落ちていたので、それを撮ったつもりだったが・・・

写真…左 かなり遠くから 標石は見えていた
写真…中 廻り込んで 向こう側にから撮る
写真…右 落ちた オンツツジの花びらを 撮ったつもり


仙岳 投稿日: 2024年05月12日 16:08:25 No.2761
最後に目指したのが、【形部 ④ H=691.3m】
https://maps.gsi.go.jp/#15/33.494944/133.105250/&base=std&ls=std|cp&disp=11&lcd=cp&vs=c1g1j0h0k0l0u0t0

林道から少し下って、少し登った所にあった。
三角点では[オンツツジ]の花びらがいっぱい落ちていたので、それを撮ったつもりだったが・・・

写真…左 かなり遠くから 標石は見えていた
写真…中 廻り込んで 向こう側にから撮る
写真…右 落ちた オンツツジの花びらを 撮ったつもり


仙岳 投稿日: 2024年05月12日 16:14:13 No.2762
「津野町船戸」に降り着き、帰宅予定の電話連絡をした。
目の前に 電子基準点。
撮らぬ 手はない。 【東津野 ⦿ H=423.9m】
http://maps.gsi.go.jp/#15/33.416667/133.089556/&base=std&ls=std|cp&disp=11&lcd=seamlessphoto&vs=c1j0h0k0l0u0t0


茶凡遊山記 投稿日: 2024年05月12日 16:18:38 No.2763
 まだ三角点に興味を持つ前、最も接近していたのは【茶霧湖 ④ 276.9m】ですが、こんなところにあるとは。

 次に近付いていたのは、次第に三角点を意識するようになった2019年3月31日の、【鳥形山 ③ H=1348.5m】ですが、三角点へは立入禁止で到達できませんでした。

 同じ日に、麓から指を咥えて見上げたのが【石神峠山 ④ H=1058.1m】でしたが、当時想像した登山道のイメージがずいぶん変わっているとお聞きし、挑戦したくなって来ました。

 そして、距離的には最も遠いものの、気持ちの上では最も近づいていたのが、【三方山 ③ H=1146.8m】で、越知町の五在所山に似た、頂上部分の独特の山容に惹かれ、周辺のあちこちへ山座の特定に通たことでした、2019年の夏のことになります。

「三方山」や「三宝山」に関心を持つきっかけになった山でしたが、等高線をみただけで怯んでしまい、せめて「大見槍」への車道から見上げてみたいと計画したものの、車道への進入すらまだ果たせていません。
茶凡遊山記 投稿日: 2024年05月12日 16:28:44 No.2764
【東津野 ⦿ H=423.9m】の画像を見て、どこかで見たことがあったと思ったら、「土佐山運動広場」で見た、電子基準点「土佐山」でした。
タメやん 投稿日: 2024年05月13日 10:16:32 No.2765
全部登った所がない…。

三方山は子持権現山よりはマシだろうが、この前みたいに下りる時が怖そうだ。

鳥形山の三角点「黒滝③1346.5m」は鉱山事務所からの入場許可が必要らしいが、三角点に行ったブログ(MH2氏をもってしても)・YAMAP等を見た事が無い。
仙岳 投稿日: 2024年05月13日 10:40:14 No.2767
そうですか。
「土佐山運動公園」広場にある【土佐山】ですか。
ここは ソフトボールの試合で 何度か通いました。
昔の話しですが・・・。


仙岳 投稿日: 2024年05月13日 12:19:11 No.2768
>>三方山は 子持権現山よりはマシだろうが、この前みたいに 下りる時が怖そうだ。

★ 確かに急登の連続で しんどい山だ。
ただ、途中 1ヶ所(ちょうど中程に)展望のきく岩場があるので、救われる。
また、登山道には "シダ"などはなく、灌木帯なので、転落、転倒の危険性は 極めて少ないと思う。


>>鳥形山の三角点「黒滝③1346.5m」は鉱山事務所からの入場許可が必要らしいが、
三角点に行ったブログ(MH2氏をもってしても)・YAMAP等を見た事が無い。

★「黒滝③」三角点は、1999.H11.01.30 に行った記録と共に登頂写真もある。
山頂にある「鳥形神社」から "柵"もなかったので、歩いて行ったと記憶している。

登頂写真では、樹木等はなく、野っ原のようになっていて、上空には 複数のケーブル線が走っている。
タメやん 投稿日: 2024年05月14日 10:01:21 No.2769
今は柵があるし仮にそれを越えて行っても猛烈な藪で進めないが、25年位前は行けた訳か。

今の掲示板になる前のデータなので、見れない…。

https://rara.jp/sengaku/search=黒滝_arso=10_user=_sub=_date=0000000000-0000000000_kate=0_page=0_aff=


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>


Powered by Rara掲示板
管理者に連絡 | 新着投稿をメールで受け取る