掲示板


| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 |
お名前
メール
タイトル
URL
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用 )
文字色

三角点日記 4月 タメやん 投稿日: 2021年04月09日 11:26:35 No.1815 【返信】

おっと、更新を忘れていた…。

8(木)

高尻木山③(897.5m)

大分前に2回程登っているが、今回は山菜目当てに上ってみた。(結果的に、何ちゃー無かった。)

林道からの尾根道入口南の建物マークは「高尻木山荘」(大分老朽化)とあり、上方に石碑もあった。

尾根伝いに工石山まで行けるらしく、

https://yamap.com/activities/1397948

870mのコルまで下り、さらに南に林道まで下った。

「高」の字のすぐ左の建物マークは倒壊して残骸のみだった。
(林道からほんの少し上がる。)

林道は廃道で藪かと思いきや、

http://www.eva.hi-ho.ne.jp/yamato/yama/takajiruki/takajiruki.gif

再開発したらしく、1っつも荒れてなかった。

車道まで出ると最近モルタル舗装したらしく、駐車場所まで戻るとどこまで舗装されているか車で追わえた。

大改野に下る分岐(以前はガタゴト道で、時速10km位でしか通れなかったが、スッと来れた。)から更に先の方まで舗装されていたが、ここで引き返した。

大改野に下る林道(ロープで「関係者以外立ち入り禁止」の看板あり。)も昔は荒れて車では通れなかったが、ここも再開発されている様だった。

また、図根三角点も新設されていた。

舗装も終点の眺めの良い別荘跡まで続いているかもしれないが、何か計画でもあるんかなあ?
仙岳 投稿日: 2021年04月11日 09:57:30 No.1817
【樫ノ山 ④】~【高尻木山 ③】~【東桧山 ④】~【高場ヶ森 ④】~[樫山峠]、 そして【三辻山 ③】経由で【工石山 ①】
いいですね~ぇ・・。 
少々ヤブがあっても、 いや、かなりヤブがあっても 歩いてみたいルートですね。

[高尻山]は、ずっと以前 行った事がある。しかし その場景は まったく記憶にない。
その頃には[細藪山]にも、「二等三角点」があって、2,3度 行っていると思う。
今は 三角点も のけられて、開発されていると聞くが・・・
タメやん 投稿日: 2021年04月13日 15:04:32 No.1818
細藪山

https://yamap.com/activities/259003

2016年の段階でこうだから、もう無理かなあ…。
タメやん 投稿日: 2021年04月27日 13:03:45 No.1827
24(土)

・茂ノ森~芦谷山

茂ノ森は角茂谷からは登った事があるが、YAMAPで最近縦走されている方が多かったので行ってみた。

https://yamap.com/activities/724208

https://yamap.com/search/activities?landmark=95188

茂ノ森の稜線直前の分岐は赤テープがなくなっていて、気付かずに少し行き過ぎた。

最後の林道から小径に入る所までは、林道を歩いてみた。

小径に入って少し下ると、谷が連なっていて炭焼き小屋跡の様な円形の掘り込み辺りでケルンを見つけられなくなり、仕方なく谷の東を下った。

その内左手(東側)に尾根が見え出したので、取り付く尾根と思いそちらの方に下っているとケルンのある小径に合流した。

どうも炭焼き小屋跡の様な円形の掘り込みから、まだ少し奥に行かなければいけなかった様だ。


26(月)

・笹ヶ峰~扇旗~中ノ川越

扇旗には北か南かのどちらから登ろうか前から考えていたが、最近縦走された方がいたので行ってみた。(ほんとは樫山峠から行きたかったが、時間的余裕がなく断念。)

https://ameblo.jp/kumutomato/entry-12653811207.html

笹ヶ峰~扇旗は、ソロモンの白いビニールテープ等がないと迷い易いと思った。

扇旗直前のコルに地形図では東西に点線道が記載されているが、東の小径はテープがあり林業関係者が利用しているようだったが、西の方は廃道化している様だった。

1005mピーク南の展望岩からの眺めは良かった。

扇旗~中ノ川越の途中で、黄色のシャーペンを落とした…。
RE. 芦谷山 仙岳 投稿日: 2021年04月28日 15:16:25 No.1828
https://yamap.com/activities/724208

「芦谷山」へは、ずっと以前、「芦谷集落」から登った。
どこかに 赤いテープがあったかどうか、覚えてない。
仙岳 投稿日: 2021年04月28日 15:25:31 No.1829

https://ameblo.jp/kumutomato/entry-12653811207.html

このルートは、西半分(樫山峠~溜井③~笹ヶ峰③)を 先日やってきた。
ただし、【笹ヶ峰 → 樫山峠・ (東→西) 】 ルートで、最終の 樫山峠に下り立つ時、苦労した。
(GPSで見ると、地理院の地形図と、現地の登山道位置が 違っていた)
タメやん 投稿日: 2021年04月30日 21:49:42 No.1835
ああ、あと、樫山峠から1052mピーク付近の稜線に登るのもいくつかコースがある様に思えたが、
緩やかな斜面が綺麗に清掃されていたのが、今でも印象に残っている。
(1052mピーク少し東辺りだったと思う。)
仙岳 投稿日: 2021年05月01日 13:11:27 No.1837
言われるとおりで、このログの[青色]の登山道が そのルートだろうと思う。



(土佐) 笹ヶ峰から 西へ 仙岳 投稿日: 2021年04月29日 16:05:20 No.1830 【返信】

[4/27(火)]、山友に誘われて『(土佐)笹ヶ峰 ~ 溜井③ 三角点 ~ 樫山峠』を縦走した。
先ず、車1台を 「樫山峠」下の県道脇にデポし、土佐町高須[高須 四等三角点]近くの登山口から登り始めた。
「小天狗岩」で眺望を楽しみ、尾根に乗って、【笹ヶ峰 ③ H=1131.4m】に着いた。

写真……左 「小天狗岩」からの眺望
写真……中 山頂標識と 西の「祠」
写真……右 三角点標石


仙岳 投稿日: 2021年04月29日 16:26:04 No.1831
「笹ヶ峰」から「西」に 1.3Kmほど歩いて、【溜井 ③ H=1095.4m】に到着。
緩やかな縦走路のピークで、林床は 濃くない スズ竹。尾根の北面には大きな "ブナ" が、南面は 自然の「桧」が点在している。そんな雰囲気の山頂三角点だった。

写真……左 縦走路では、ミツバツツジ と ヒカゲツツジ が春を演出していた
写真……中 昼食をとった 溜井三角点
写真……右 面構えの いい 標石だった


仙岳 投稿日: 2021年04月29日 16:40:07 No.1832
更に 西に向かい、標高点 1052m付近から「樫山峠」に下り込むのであるが、突然「踏跡」にフラれて、少々彷徨った。
それで「樫山峠」への「旧:登山道」出て、それから (正規の)登山道に戻った。
歩いたルートをはっきりさせるため、「樫山峠」まで登り直して、縦走を締めくくった。

写真……左 「樫山峠」 に到達
写真……右 県道に下り立ち、「工石山」を見上げる


仙岳 投稿日: 2021年04月29日 16:46:05 No.1833
「笹ヶ峰」 登山口へ車を取りに行く。
その帰りには、気分直しに 林道脇の【南ノ台 ④ H=706.6m】に立ち寄る。

写真……左 近づいて 撮る
写真……中 これも いい面構えだ
写真……右 向こう側から 遠目に撮る 


タメやん 投稿日: 2021年04月30日 21:41:58 No.1834
笹ヶ峰の最終駐車場から北に下る林道沿いも笹だらけと思っていたが、ポツリポツリと腰油があった。(アギ気味)


8年ばあ前に行った時は、溜井③の西の1085mピークからは、一旦北の尾根に下って、谷を南~西と行ったが、今は直進できる様だ。
仙岳 投稿日: 2021年05月01日 13:05:02 No.1836
>> 8年ばあ前に行った時は、溜井③の西の1085mピークからは、一旦北の尾根に下って、谷を南~西と行ったが、今は直進できる様だ。

そのとおり、ずっと 尾根筋を歩いた。


土佐市の南嶺 仙岳 投稿日: 2021年04月03日 14:59:11 No.1805 【返信】

久し振りに『塚地峠』に向かった。年度末も迫った 3月30日(火曜日) のことだ。
目的は、ちょっとした「調査事」だった。
それはともかく、展望所まで行ってみる事にした。

写真……左 「塚地峠」の オンツツジは 満開だった
写真……中 「塚地峠展望所」には、お手製の 孟宗竹のベンチが置かれていた
写真……右 この日は、「黄砂」で 眺望は乏しい


仙岳 投稿日: 2021年04月03日 15:01:36 No.1806
次に 行き着いたのが、【横瀬山 ③ H=296.5m】
ここでは 「サクラ」満開が迎えてくれた。

写真……左 サクラ満開の広場では、三角点が主役だった
写真……中 標石は、周辺環境に反して、色黒だった
写真……右 以前は、もっと 色白だったんだ


仙岳 投稿日: 2021年04月03日 15:03:55 No.1807
次は、【波介山 ④ H=307.7m】

写真……左 「四阿」越しに 三角点を見る
写真……中 まるで、祭壇のようだ
写真……右 山頂公園の奥の端から振り返ると、落ち着いた雰囲気が味わえる


仙岳 投稿日: 2021年04月03日 15:05:39 No.1808
「石鎚山展望所」へも行ってみた。
本来は、ここから『石鎚山』が望めるのだろうが、今日は「黄砂」で見えないだろうと、気にも留めなかった。
(なお、石鎚山の鎖は、祠の東側登り口に 見事の物が チャンと張られていた)

写真……左 広い駐車場(右の端が 登って来た車道)
写真……中 入口に立つ 立派な 鳥居
写真……右 奥まった茂みの中に、こぢんまりとした「祠」が安置されていた


仙岳 投稿日: 2021年04月03日 15:07:12 No.1809
「石鎚山展望所」からの下山時、『岡山公園』に立ち寄ってみた。
【岡山公園(点名:板谷) ④ H=164.5m】

写真……左 農道から 入口を見る
写真……中 上に登ると、細長 ~ い、平場になっていて、奥の端に・・・
写真……右 四等三角点の標石が居坐る


タメやん 投稿日: 2021年04月04日 14:23:58 No.1810
「石鎚山展望所」南の鳴郷谷③?(猛シダだった。)は、太陽光発電施設で無くなっている様だ。
仙岳 投稿日: 2021年04月05日 09:41:46 No.1813
そうです。
【鳴川山(点名:鳴川) ③ H=309.2m】なる三角点が 在ったんです。
現地で出会った「ミカン農家」の人の話でも、「太陽光」になっている・・・と話していた。
登頂した[2009.H21.07.10]の記述によると、

「石鎚山展望所」から、少し車道を歩き、この辺だろう と思う所から雑木林に入る。容易に歩ける林で、尾根に出ると踏跡も出てくる。
★少しの Up-Downののち、背の高いシダに突き当たる。そこの上空は 刈り払われており、三角点に間違いないと確信。
踏跡に従って中に踏み込むと、木柱が倒れている。
この広くて深い大シダの中で、標石を探し出すのは大変だから、GPSで計測する。
結果は数値ピッタリ。何と"足元"ずばりだ。
三角点の東面は、雑木林。西面は、桧(30年生程度)の植林。
広場は 大シダで 覆われているので、歩き回ることは一切せず、その場で昼食をとる。
今日は バナナ2本 と ゆで卵2個。

とある。その時の写真がある。
写真……左 「波介山④」から見た 鳴川山
写真……中 三角点の様子
写真……右 標石


仙岳 投稿日: 2021年04月06日 08:16:55 No.1814
三角点位置は、世界系で、(N33.27.44.1 E133.24.03.4) だったから、ここです。

http://maps.gsi.go.jp/#15/33.462250/133.400944/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=seamlessphoto&vs=c1j0h0k0l0u0t0



鈴ヶ森:マンサク 仙岳 投稿日: 2021年03月25日 15:40:33 No.1802 【返信】

2週間余り前の【3/07(日)】、四万十町観光協会主催の『鈴ヶ森 マンサク探訪ツアー』が行われ、その支援者として参加した。
過去 10年余りの「開花状況資料」に基づいて決めた日取りだったのに、当日、マンサクは 1輪も咲いてなく、ツボミは堅い状態だった。
その時、直感的に、過去のデータからして「おかしい・・」とは思ったが、年によっては こんな事もあるものよ・・・と諦めた。

★しかし 納得できない。
地元の古老の話では、そんな状態だったら、『満開は、2週間先だな』との事。
それならばと、2週間先の 20,21日の(土・日)を考えていたが、当日は:雨。
23日(火):観光協会:某氏と現地へ行く事にした。
申し合わせた訳ではないが、たまたま、地元の方とも一緒になり、同行する事となった。

★鈴ヶ森の尾根道の 開花場所に着いた。
「マンサク」は 1輪も見えない。咲いてない。
3月7日(日)に見た「堅いツボミ」は どうなったのか・・・と、地元の先輩が調べた。
彼は言う。『堅いまんまだ。ここに あるのは、[マンサク] ではなく、[アブラチャン] だろう 』って。
そしたら、ここに在った「マンサク」は 消えてなくなった事になる。
果たして「マンサク」の株は、何処へ? どうなったのか・・・ 盗伐か?

★葉っぱが在れば 区別が出来るので、出揃った頃、調べに行ってみようと思う。
 マンサク か? アブラチャン か? シロモジ か?】

★今回 載せる写真がないので、過去の開花(2008年~)状況の写真を掲載します。


仙岳 投稿日: 2021年03月25日 15:44:55 No.1803
★ 『鈴ヶ森』に咲く花は「マンサク」だけではない。
途中の登山道にも、 山頂三角点脇にも、 そして「マンサク」の近くにも・・・『タムシバ』が咲きま~す。
(いずれも、今年の 3月23日撮影)


今年は早い タメやん 投稿日: 2021年03月26日 11:44:39 No.1804
高知市の桜の開花が15日で、満開が23日だった様だ。

https://tenki.jp/sakura/expectation/#sakura-forecast-area-title-8

また気温も高温らしい。

https://www.data.jma.go.jp/cpd/twoweek/


慌てて去年より1週間は早い27(土)にでも、低山のタラの芽採りに行こうとしている。


三角点日記 3月 タメやん 投稿日: 2021年03月02日 14:27:25 No.1796 【返信】

最近主に南嶺中心に、古道の探索に凝っている。

参照:http://ktgis.net/kjmapw/kjmapw.html?lat=33.527157&lng=133.523090&zoom=15&dataset=kochi&age=0&screen=2&scr1tile=k_cj4&scr2tile=k_cj4&scr3tile=k_cj4&scr4tile=k_cj4&mapOpacity=10&overGSItile=no&altitudeOpacity=2


その中で今回、地形図・山行記録(ブログ)等にも載ってなく、且つ良く手入れされている道を発見した。
(一人の方が通っているのを偶然にも目撃したが、地元の方の様だった。)

登山口:https://maps.gsi.go.jp/#18/33.535287/133.522079/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

(駐車は、鷲尾トンネル北口の鷲尾山登山口に停めるのが良いと思われる。)

登山口から奥に少し上ると南東~東の急な尾根道があるがそちらは往路に通るので、そのまま真っすぐ下って行くとすぐに谷に着く。

ピンクテープが多数あるのでそれに従い、石積みの小道を東南東に谷のすぐ横を上がって行く。

標高100m位の1.5m四方のマスが掘ってある所で谷から離れて、扇状地っぽい広い所を上っていくと高校の調整池にたどり着く。

https://maps.gsi.go.jp/#18/33.534446/133.526306/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1&d=m

往路は調整池に着く5m位手前に南西に進む小径があり、そちらに進む。

少し進むと西向きの尾根道に合流し、ここの小ピークから

https://maps.gsi.go.jp/#18/33.534209/133.524251/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1&d=m

尾根沿いに元の場所に戻れる。(一番最後がやや急下りで注意要。)
仙岳 投稿日: 2021年03月04日 11:59:53 No.1798
この山道は、地元の人が歩く「吉野」からの登攀ルートだろうと考えられる。
地域の神社から「鷲尾山・烏帽子山」へお参りに行くルートだったんだろう。
現に「吉野地区」から、谷ごとに登っているルートが地形図に残っている。

私は、「神田」地区に、2004年(H16)まで 30年余り 住んでいた。
(今は家はなくて、空き地になっている)
http://maps.gsi.go.jp/#14/33.543085/133.506423/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0

この頃、「南嶺」を歩きまわっていた。(しかし、このルートはまったく知らなかった)
1994.H06.09.03、近くの【柏尾山 ④ H=323.1m】に、三角点があった。……写真(愛犬とともに)

2度目に行った 2001.H13.02.17 に行った時、三角点(標石)跡地は 分からなかった。


タメやん 投稿日: 2021年03月16日 14:47:42 No.1799
15(月)

南嶺以外に古道がないか色々探していたら、皿ヶ峰(土佐市の方)のレジャーランド廃墟が解体されているらしく、また北からの車道、南からの清龍寺~清滝山登山口からのコース以外に東からも登れ様なので行ってみた。

参照:https://yamap.com/activities/9319396

https://yamap.com/activities/9787983

最初の階段を登り切った所から西に荒れた小径があったので、少し進むと開けた所に壕があった。
95mの奈路い所で柵の内側を所有者の方?が歩いていてビックリ。
256mは残して、235m位で広大な平地にしていた。
帰路は稜線北の古道と思っていたが、

http://ktgis.net/kjmapw/kjmapw.html?lat=33.519805&lng=133.424181&zoom=16&dataset=kochi&age=0&screen=2&scr1tile=k_cj4&scr2tile=k_cj4&scr3tile=k_cj4&scr4tile=k_cj4&mapOpacity=10&overGSItile=no&altitudeOpacity=2

北の尾根の竹藪が酷く諦めた。
YAMAPの様に林道に出て、南西~東の点線道のショートカットを通ったが、殆ど藪道で参った…。
仙岳 投稿日: 2021年03月21日 11:29:54 No.1800
『山』へ行かなくなったら、別に行かなくても、何ともなくなる。
そういえば、前回の山行は 2週間程前の 3月7日:日曜日。
「鈴ヶ森」へ マンサクを観に行った。
「マンサク」は まだ咲いてなかった。
地元の古老によると、2週間先が満開だろうとのこと。
今年はどうなってんだ・・・と思って落胆したことだった。

それ以上に "落胆" したのは、マンサクの本数が 半減していたことだ。
13年前[2008.H20.03.18]の調査では、その数 46株。
最大株の周長:38センチ。直径にして、約12センチ。

その年と相前後して、10回ほど ここを訪れた。
その開花記録によると、満開は(予測も入れて)3月8日~18日と 幅が広い。

こんな事を書いていると、行ってみたくなった。
天気の回復を待って、行ってみよう・・・。

★ 明日あたり「ヤマシャクヤク」が開きそう・・・
タメやん 投稿日: 2021年03月21日 20:09:17 No.1801
>鈴ヶ森

ほけが森
八が森
鍋が森
前が森
堂が森
仏が森
明星が森
貝ヶ森


集中し過ぎちゅう?


美杉峠 周辺 仙岳 投稿日: 2021年02月15日 13:34:56 No.1783 【返信】

【美杉峠 周辺】 [JAFp.112-F-ウ -12.0 +9.7]  2021.R03.02.15

『美杉峠』〖日(N33.51.22 E134.25.07)〗
http://maps.gsi.go.jp/#15/33.859528/134.415972/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0

☆「美杉峠 記念石碑」の横に【美杉峠 ④ H=691.6m】がある。
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.859329/134.415632/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0

美杉峠山 H=691.6m 眺望=??% 点名:美杉峠 4等三角点 [№063913]
△【世(N33.51.34.3 E134.24.57.5)・日(N33.51.22 E134.25.07)】
       ☆そこから西へ 1.3Km。

内山 H=694.0m 眺望=??% 点名:内山 4等三角点 歩高=+m/-m±m
△【世(N33.51.15.6 E134.24.10.7)・日(N33.51.04 E134.24.20)】

http://maps.gsi.go.jp/#16/33.854099/134.402683/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
・鉄塔道があるようだ

☆更に、林道を走る事 1.5Kmで 三角点の南側に出る。

竹ヶ谷山 H=897.9m 眺望=??% 点名:竹ヶ谷 3等三角点 歩高=+m/-m±m
△【世(N33.51.04.4 E134.23.13.6)・日(N33.50.52 E134.23.23)】
http://maps.gsi.go.jp/#15/33.850735/134.386482/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
・南から登る:尾根道・10分・250m・桧植林地

☆引き返して、「美杉峠」に戻り、東向きに走る。
【吉ヶ平】を目指すが、その登山口は〖日(N33.51.13 E134.25.55)〗/南の鹿ネット際を登る

吉ヶ平 H=785.4m 眺望=??% 点名:吉ヶ平 4等三角点 [№113672]
△【世(N33.51.31.9 E134.25.44.9)・日(N33.51.20 E134.25.55)】
◇小径(W=0.6m)・25分・300m・植林地内

☆更に南に向かうと【白滝山 ②】がある。
その登山口は〖△南西:日(N33.50.48 E134.25.46)〗

白滝山 H=798.5m 眺望=??% 点名:白滝 2等三角点 歩高=+m/-m±m
△【世(N33.51.04.7 E134.25.53.7)・日(N33.50.53 E134.26.03)】
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.851043/134.431302/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0◇小径(W=0.6m)・10分・300m

☆更に林道を 約 1.3Km走ると、【井ノ谷山 ④】がある。三角点入力で走る。
井ノ谷山 H=697.8m 眺望=??% 点名:井ノ谷 4等三角点 [№056116]
△【世(N33.50.31.5 E134.25.18.1)・日(N33.50.19 E134.25.28)】
http://maps.gsi.go.jp/#15/33.841602/134.421115/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0


★「美杉峠」から真南へ 2.8Kmの県道縁
吉内谷 H=176.6m 眺望=100% 点名:吉内谷 4等三角点 [№057398]
△【世(N33.50.01.0 E134.26.12.6)・日(N33.49.49 E134.26.22)】

http://maps.gsi.go.jp/#15/33.833207/134.436082/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0
◇標石・保護石4個/教育委員会:駐車場(工事中)

☆「美杉峠」から真南へ 5.5Kmの県道縁の「集落道路」
定道 H=131.9m 眺望=100% 点名:定道 4等三角点 [№112057]
△【世(N33.48.33.6 E134.26.07.4)・日(N33.48.22 E134.26.17)】
http://maps.gsi.go.jp/#15/33.808918/134.434741/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0
◇道路の待避所だと言うが・・・?
タメやん 投稿日: 2021年02月15日 15:08:46 No.1784
クチキ峠とかも徳島にあってビックリ。
てか、カーナビがないと運転が迷いそうだ。
仙岳 投稿日: 2021年02月17日 10:27:00 No.1786
そうです。 
もちろん 「①カーナビ:細かい林道が 画かれてなくても、目的地へ行けるように・・・」
②GPS ③地形図 そして このDATA の入った「スマホ」持参であれば、まちがいなく、目的地へ行けて、目的が達成される。
★ それを目指して、自分のために、黙々と作り続けている 次第。
仙岳 投稿日: 2021年02月17日 14:15:05 No.1788
★『美杉峠』近辺へ行った帰りには、『徳島250山 P.156』に出てくる【長滝山 ③】に登っておこう。

長滝山 H=581.7m 点名:請ノ谷 3等三角点
△【世(N33.49.10.3 E134.26.20.1)・日(N33.48.58 E134.26.30)】
http://maps.gsi.go.jp/#15/33.818991/134.438281/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0

★この山の近くまで 林道が延びてきているので、割り合い 短時間で 登頂する事ができる。
タメやん 投稿日: 2021年02月17日 20:44:26 No.1789
地形図を見ると三角点の密集具合が、室戸・安芸・香美山岳部が少なく見えるのは、急斜面が多いセイかただ単に気のセイか…。
密 と 疎 仙岳 投稿日: 2021年02月19日 10:46:42 No.1790
いやいや、それには理由があるようですよ。気のせいだけではないようです。

例(1) 先ず、次の場面を このままのサイズで見てみよう。
http://maps.gsi.go.jp/#12/33.267542/133.043146/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0

★中央部は「疎」ですよね。この地域は「折合」集落を中心とした国有林が広範囲に広がっているので、国土調査(いわゆる:国調)の必要性が少ないため、国調は進んでいない。従って 四等三角点がない。だから、三角点は「疎」です。

★元々、①②③等三角点は、1/25000 地形図を作成するための三角点なので、全国 ほぼ均等に設置されているが、四等三角点は、その近辺の詳細図(国調などの)作成のための三角点なので、必要に応じて設置される。


例(2) 中央:長安口ダムの5Km南に、三角点 13個が重なるように点在し、群がっている。
http://maps.gsi.go.jp/#12/33.807608/134.355240/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0

ずっと以前、「山村境界基本調査点測量」なる事業があって、そのため、ここに多くの三角点は構成されたようだ。
また逆に、この一帯の周辺は、三角点空白地帯が広がっているのも興味深い。
この 13個の三角点の1つで、入口にある【柚畑④】には、行った事がある。
近々、この群団登頂を一気に登頂を・・・・、と狙っている。

★更に、「長安口ダム」の北:5Kmの「信義峠」周辺にも、三角点が群がっているのが良く判る。


例(3) 徳島県海陽町
http://maps.gsi.go.jp/#12/33.659639/134.249496/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0

★これを見ると、「海陽町」の国調は、東を流れる「海部川」添いから 進んできているのが良く判る。
★また、魚梁瀬ダムから奥は、千本山周辺で国有林が多いので、国調の必要性が少ないので、四等がない。
従って、三角点は「疎」である。


例(4) これを見ると、旧:野市町の国調は、進んでない。
http://maps.gsi.go.jp/#12/33.588669/133.838024/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0

安芸市もほとんど進んでない、と思われる。
反面、芸西村、奈半利町、北川村の国調は、終わっていると考えられる。

★地形図を少し移動させて、「室戸市」を見ると、「密」と「疎」が入り乱れている。
どうゆう事なの 良く判らないが、やはり、国調 云々だろうと思われる。


例(5) 香長平野(高知市・南国市)海岸縁の三角点が増えてきている。
http://maps.gsi.go.jp/#12/33.565786/133.644047/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0

★「国調」が進んでいる事もあろうが、それより、「東南海地震」の事前調査(基準点の事前設置:確保)の意味合いもあるのだろう、と私は考えている。
タメやん 投稿日: 2021年02月19日 23:22:30 No.1791
他にも良くあるが例えば例(1)の航空写真で枝折山西に直線の筋が見えますが、これって昔のキンマ道ですか?
「疎」の所は国有林。国有林は林道(もしくは点線道(登山道))が多い?
仙岳 投稿日: 2021年02月22日 09:46:22 No.1794
>> 他にも良くあるが、例えば 例(1)の航空写真で 枝折山西に直線の筋が見えますが、これって昔のキンマ道ですか?
★ 「木馬道」では ありません。
これは、明らかに、まちがいなく『索道を使って伐採木を集積した時、「架線」下の 伐採跡』です。
索道ですから、必ず 直線になります。
「木馬道」は曲がっている上、幅が狭いので、航空写真には 写りません。

★ また この直線伐採は、「鉄塔線」の下の樹の背が高くなったので、「鉄塔線下一帯」の樹木を伐採した痕跡ですね。続きが、川を隔てた 右下の方にも見られます。
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.762595/133.460326/&base=ort&ls=ort%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0&d=m



>> 「疎」の所は 国有林。
★ 一概には言えませんが、おおむね そうですね。
事実、国有林地には、『主三角点・次三角点・補点』などの「三角点網」が整備されていたし、民地との『境界杭』もあるし、『林班界』も整備されているから、「国土地理院の 四等三角点」は あまり必要としないと考えられます。

>> 国有林は 林道(もしくは点線道(登山道))が多い?
★以前はそうだったでしょうが、最近は、民間業者(又は 個人)で林道を作る事も多くなってきているようですね。
タメやん 投稿日: 2021年03月01日 17:05:44 No.1795
ありがとうございます。
タメになりました。


剪宇峠 から登ろう 仙岳 投稿日: 2021年02月17日 13:46:02 No.1787 【返信】

【剪宇峠から 友内山へ 縦走しよう】 [JAFp.112-B-イ ・-12.0 +9.6 ・2021.R0003.02.17]

★つるぎ町貞光から R438号を「南」に走り、「西谷」地区から『友内神社/日(N33.59.04 E134.06.25)』前まで走り、そこに 車を 1台デポしておく。
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.987798/134.104400/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f2

次に、別の車で走る。
目指すは、『剪宇林道』。 途中にある『剪宇峠』への登山口に到着する。〖日(N33.57.06 E134.05.43)〗
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.955063/134.092491/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f2

★そこから『剪宇峠』に登り、南下して、【桧ノ丸 H=1186m】に行く。
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.942221/134.105312/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0
桧ノ丸 H=1186m 眺望=??% 三角点なし 剪宇峠から 距離=1650m 
△【世(N33.56.31.8 E134.06.19.2)・日(N33.56.20 E134.06.29)】

★「剪宇峠」に引き返し、北上して【毘沙門岳 ③ H=978.3m】に行く。
http://maps.gsi.go.jp/#15/33.959593/134.097641/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0
毘沙門岳 H=978.3m 点名:遠見鼻 3等三角点  ◇林道終点から直行で、60分・1000m
△【世(N33.57.36.3 E134.05.54.0)・日(N33.57.24 E134.06.04)】

★さらに 南下して、【友内山 ③ H=1073.2mm】まで足を延ばす。
http://maps.gsi.go.jp/#15/33.978706/134.106063/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0
友内山 H=1073.2m 点名:友内山 3等三角点
△【世(N33.58.45.3 E134.06.24.0)・日(N33.58.33 E134.06.34)】

☆そこからデポした車まで下山する。

★そして帰り道、【三木枋 ④ H=564.0m /横付け・石・/日(N33.59.08 E134.05.57)】に立ち寄る事を忘れないように・・・。
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.988683/134.096192/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0

★なお、【桧ノ丸】は、「徳島250山 P.183」で紹介されています。


<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
管理者に連絡 | 新着投稿をメールで受け取る