掲示板


| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 |
お名前
メール
タイトル
URL
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用 )
文字色

岡豊城跡 三角点 仙岳 投稿日: 2020年04月25日 10:38:57 No.1489 【返信】

高知大学付属病院を出て 帰路についた。
「新型コロナウイルス」の影響もあって、このところ「山 = 三角点」へ行ってない。
急に、[岡豊城跡]へ行きたくなった。
しかし、カメラ道具一式 持ってないし、さらに 運悪く携帯も 電池切れ。

そんな事を無視して 駐車場へ行ってみた。
「・・・管理事務所」は "休館中" の看板がある。
駐車場には、車 数台 停まっていた。
子供2人を連れた男性の姿が見えた。その他に、人影はない。

三角点のある 山頂広場に出て、びっくりした!!
そこに建っていた大きな「岡豊城展望台」が なくなっていたのだ・・・。
仙岳 投稿日: 2020年04月25日 10:44:25 No.1490
その昔、ここには、こんな立派な展望台があった。《写真…左》
そして 三角点は・・・というと、
《写真…右》その展望台へ上がる階段の隙間に「標柱」が見えるだけで、肝心の『標石』は見えてない。

★ それは[2018.H30.02.05]のことで、不審に思って管理事務所を訪ねたら、

(当日の記述)
階段の隙間に"標柱"を見つけた。
"標石"が見つからなかったので、管理事務所で移設の経緯を聞いた。
「国土地理院」の承認を得て、建物の下に「埋設」状態で残しているとの事。
"点の記"を確認すると「要図」は直っているものの、添付の写真は、昔のままだった。


仙岳 投稿日: 2020年04月25日 10:46:12 No.1491
こんな経緯のあった【岡豊城跡(点名:岡豊山) ③ H=97.5m】三角点も、今日は、「地下埋設」ながらも すっきりとした 昔の姿に戻っていた。

★ 今日はカメラ道具一式、一切ないので、以前撮影した "三角点状況" を披露しましょう。
(2011.H23.02.25 撮影)


仙岳 投稿日: 2020年04月25日 10:48:15 No.1492
写真を比べていて 気付いたが、地下埋設となっている「標石」が入れ替わっている。
それは、「平成15年10月」の "改調" の際、取り替えられたものと 推察される。

写真…左 H15年10月までの標石(欠けている)
写真…右 H15年10月以降の標石(ICタグ が付けられている)


タメやん 投稿日: 2020年04月30日 17:09:21 No.1499
ここは、南から登るコースが面白いと思う。
(いろんなコース(廃道気味含む)がありそうだ。)


三角点日記 4月 タメやん 投稿日: 2020年04月07日 15:47:56 No.1486 【返信】

上旬は500m位の山は、タラは丁度位。

毎年思うが、雌ダラより雄ダラの方の成長が早いみたいだ。
仙岳 投稿日: 2020年04月10日 10:44:50 No.1487
「雌ダラ・雄ダラ」は、「オス・メス」の関係ではなく、種類が違うようだ。
https://ameblo.jp/toriichi5013/entry-12154180746.html

私の思いは、「タラノキ」と呼ばれているのは、ここで言う「雄タラ」のことで、山野で 普通に見られるが、「雌タラ」は、あまり見かけないように思う。
タメやん 投稿日: 2020年04月12日 13:50:41 No.1488
へぇ~、種類が違うとは知らんかった。
ほんなら味も違うと思うが、どっちが旨いがじゃろう?
雌ダラの方が旨いと思うが…。
タメやん 投稿日: 2020年04月30日 17:05:27 No.1498
4/30(木)

林道沿いに山菜がないか見つけながら、取りこぼしを潰しに行った。

・琴平山③(425.9m)朽ちたMH2氏の木片

拓金毘羅神社の奥。

・赤木④(241.4m)
位置:http://maps.gsi.go.jp/#17/33.665930/133.827907/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1&d=m

天の記では麓から登るになっているが、次の三角点等の事もあり、屋敷集落(廃村?)から下った。廃道かと思ったが、林業関係者かが利用しているらしい。
崖にあるのかと思いきや、急に平べったくなっていて、端っこにあった。(「年代別の写真」→「1961~1969」参照。)

・黒見④(535.7m)H28、7、23 ?H 土佐まほろば山の会の木柱(記入はされていなかった。)
位置:http://maps.gsi.go.jp/#16/33.650485/133.829355/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1&d=m

△すぐ東のコルから南東へ伸延中。


三角点日記 3月 タメやん 投稿日: 2020年03月07日 20:42:17 No.1468 【返信】

おおっ~っと、更新を忘れちょった。
山では殆ど人と会わんので、コロナウイルス(新型肺炎)は関係なし。
月末前に暖冬で、ワラビ・ゼンマイ・ツクシ・ウルイの採り時か…。
仙岳 投稿日: 2020年03月11日 21:25:55 No.1469
ここ 四万十町では、今月末でも "山菜" は まだ早いような気もするが・・・

しかし 先日 5日。
近くの山で「コバノミツバツツジ」の満開状態を見た。
例年 観察しているが、今年は 10日ほど早い 満開だ。
そして 花の量が多いように思う。本当に素晴らしい。

今年の「アケボノツツジ」などは かなり 見栄えがするような気がする。


タメやん 投稿日: 2020年03月29日 15:42:59 No.1484
ウルイ(エビナ・ぎぼうし)は丁度位だが、タラの芽はもう少し待たないとダメみたいだ。
仙岳 投稿日: 2020年03月31日 14:46:22 No.1485
3/28(土)、ちょっとした手術から戻って来た。
翌日、我が家の里山を巡視していたら「イタドリ」が生えていた。
10~20Cmほどのが 数本。そしたら、一番早く生える あの谷へ行ってみよう・・・と行ってみた。

「小池谷」と呼ぶこの谷。
それこそ、5本ほど生えていたが、早くも伸びすぎて、ちょっと堅いめで、女房:不機嫌。
悔やまれた。

芽生えた 椎茸も 大きくなって 茶色になりかけていた。
採っては来たものの 天候不順で乾燥はむずかしい。 
近所に配るしかない・・・。


佐川一高い山 仙岳 投稿日: 2020年03月13日 14:48:25 No.1470 【返信】

以前 見た 新聞記事について、『声 ひろば』に投稿があった。
双方に興味があったので、その検証してみた。

その始まりは、[2016.H28.12.18(日)・高知新聞]に、【佐川一高い山に登った】という『尾川小学校』の生徒たちの記事が載った。
それを見た ある人が【声 ひろば】に投稿した。[2017.H29.02.16]のことだ。

これらの記事を切り抜いていたので、
『よし、一度行った事のある所の近くだ! 行ってみよう・・・』
と、行く気になった。


仙岳 投稿日: 2020年03月13日 15:05:27 No.1472
地形図で調べると、新聞に出てくる【クロヲ山】は、標高 878mの山だと思った。
標高878m峰:http://maps.gsi.go.jp/#15/33.474946/133.196495/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0

ここへ行くには、【大タヲ峠】から登れば簡単だし、事についでに 他の山にも登って来よう・・・と思った。
「大タヲ峠」は、 ずっと以前、車道が通じてない頃 行った事もある峠だ。

大タヲ峠:http://maps.gsi.go.jp/#15/33.471324/133.192001/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0

写真……左 【大タヲ峠】に[展望台]整備を報じる "高新" 2016.H28.04.13(水)
写真……右 車道のない頃の峠[2005.H17.05.26]


仙岳 投稿日: 2020年03月13日 15:12:17 No.1473
その【大タヲ峠】からの眺望を 並べてみよう。
双方とも 須崎湾は霞んでいる。
左の『播蛇ヶ森』は、同じだ。


仙岳 投稿日: 2020年03月15日 05:20:00 No.1474
【3/09(月)】 大タヲ峠から[佐川で一番高い山:H=878m]に向かった。
地形図には[歩道]を示す "破線" があるが、尾根筋に作業道が作られたため その破線(歩道)は不明瞭だ。
GPSと日頃の "感"で歩きやすい所を歩き、半時間ほどで山頂部に着いた。


写真……左 そこは 藪っぽい雑木林で、海が見えるような状況ではない
写真……中 ちょっとした 広場へ行くと「三角点」だ
写真……右 『地積図根三角点』だった


仙岳 投稿日: 2020年03月15日 05:25:08 No.1475
さてっ! と、「地形図」と相談する。
『真北、約500m程の所に、なるほど、標高830mあまりのピークがある 』
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.478997/133.196808/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0
『これだな!』と直感する。 ⇔⇔ そのとおりだった!!

写真……左 「ピンクリボン」が付いた 立木が あちこちに・・・・(中央に、図根点あり)
写真……中 書かれた文字は 読もうと思えば読み取れる・・・
写真……右 正式の『図根三角点』だった

※ なるほど、木々が茂りすぎて、ここからも「海」は見えそうにない。


仙岳 投稿日: 2020年03月15日 05:28:07 No.1476
★この結果は どういう事なのか考えた。
①小学生は[地域の人]が ここが[佐川一高い山]という山を信じて 登った。
そしてピンクリボンに日にちや名前を書いて残してきた。

②しかしそこは、[佐川一高い山]ではない。

③それは、[地域の人]が間違えたのだ。
思うに[地域の人]は、『その昔、ここから海も見えたし、隣の[878m峰]は、そこへ行ったとしても 繁っていて、海は見えなかった』ので、この840m峰の方が[佐川一高い山]だと信じ、伝承してきたのであろう。
まあこれはこれで、双方とも満足し、間違いにも気付かず・・で、いいんでしょう、という事にしておきましょう。

④この新聞記事を読んだ第三者:[山好き男]は、正直言うて、間違いを信じ【リボンがなければ、おそらく、右往左往していたに違いない・・・】とは情けない。

⑤『最高峰が「878m峰」だと知らずに、たまたま、偶然、先に[840m峰]のリボンに行き当たった・・』だけのことでしょう・・・と言いたい。
仙岳 投稿日: 2020年03月15日 06:34:05 No.1477
さて、気分一新。 次は・・・と考えて、目指したのは、ちょっと "北"の【家トコ ④H=859.6m】
http://maps.gsi.go.jp/#15/33.481605/133.193702/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0

写真……左 ここは、2度目
写真……中 正面から撮る
写真……右 そのまま座り込んで、標石を撮ったら・・・ズボンが写っていた・・・


仙岳 投稿日: 2020年03月15日 06:36:40 No.1478
今度は、[南]に下がって、『佐川町 標高 最高 三角点』 ⇔【貝ノ川 ④ H=852.3m】
http://maps.gsi.go.jp/#15/33.472770/133.201328/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0

写真……左 越知町、佐川町、津野町の 3交点近くの眺望箇所から見る
      左:円い:貝ノ川山  その肩:播蛇ヶ森  その向こう:須崎湾

写真……中 三角点(登頂時、ポールは 倒れていた)
写真……右 標石。 奥に、古くて 小さな[祠]


仙岳 投稿日: 2020年03月15日 06:42:27 No.1479
「大タヲ峠」に引き返し、その足で、西ノピークに向かう。
【南ノ川の頭 H=874m】
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.471144/133.189014/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0

写真……左 山頂部は平らで、[参道]を思わせる
写真……中 山頂には 崩れかけた「石組」が残されている
写真……右 ヤブに包まれかけた "石組" は、『石鎚山遙拝所』跡だろうと思われる


仙岳 投稿日: 2020年03月15日 06:46:04 No.1480
「ふれあいの里」に戻り、そこの「主」に話しを聞き、『聖神社』を訪ねた。
オーバーハングした「投入堂」なので、GPS値は 正確でない。
※ 渓谷を歩くので、完全に「登山の格好と、心構えで・・・」
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.484915/133.188228/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f2

写真……左 見上げた「聖神社」
写真……中 聖神社 内部
写真……右 対岸から⇔[越知町観光協会HP]の写真です


仙岳 投稿日: 2020年03月15日 06:51:55 No.1481
写真……左 神社下の 鳥居
写真……中 その近くに 素掘りの トンネル
写真……右 トンネル出口に繋がる 吊橋


仙岳 投稿日: 2020年03月15日 06:55:16 No.1482
写真……左 その吊橋を渡る
写真……中 正面に高い ハシゴ 右手には、"滝" 2筋
写真……右 その吊橋を 下から見上げる


タメやん 投稿日: 2020年03月17日 15:09:26 No.1483
確かに境界線上で一番高い所は878m峰だが、その北のピークにあるテープの日付から、そこがクロヲ山という佐川一高い山らしい。

ただ、仙岳さんの様に南の林道から行くのが一番分かり易く、距離的に往復1kmちょいで小学生には丁度位なんだが、
878m峰を通って行くだろうから(地形図等を見ながら行くと)そこが佐川一高くない(所)と分かるハズなんだが…。

または違うルートで行って、878m峰は見ない様にしたか…。

あるいは、878m峰は(山名がないから)ただのピークで山じゃない、と捉えたか…。

ただ、878m峰が3つの境界線(佐川町・越知町・津野町)に挟まれるのに無名峰なのが不思議に感じた。


福寿草 まつり 仙岳 投稿日: 2020年02月28日 12:47:13 No.1454 【返信】

先日、高知新聞に、土佐町峰石原の『薬師堂 福寿草まつり』の記事が載っていた。
山友も「行ってきたよ・・・」と、ブログに載せているし、初春の思わせる【2/24(月:祝)】、出かけてみる事にした。。

「フクジュソウ」は、陽が十分に当たったら きれいに 開くだろうから・・・と、午後 観に行く事にした。
そのため、先ずは 近くの【陣ヶ森 ② H=1013.4m】へ 登ってこよう・・と思った。

写真……左 駐車場からの登り口を見る
写真……中 駐車場を振り返る
写真……右 少し登って振り返ると、富士山のような山が見える
      (後ほど登った『戸谷山』は、右の肩に「宝永山」のように見えている)


仙岳 投稿日: 2020年02月28日 12:50:18 No.1455
【陣ヶ森 ② H=1013.4m】に 着く。

写真……左 山頂標識
写真……中 「標石」と、「ベンチ」と、「四阿」と・・・
写真……右 次へ 向かう


仙岳 投稿日: 2020年02月28日 13:15:32 No.1456
【丸山広場】を通過する。

写真……左 広い 茅ッパラ
写真……中 看板(この時季、まで アセビ は咲いてない)
写真……右 2004年には、「第17回 陣ヶ森を歩こう家族の集い」も行われていた


仙岳 投稿日: 2020年02月28日 13:19:18 No.1457
「岩山展望所」からの 眺望

☆ 左の端に、遠く【奥白髪山③】が見え、近くに、今越えてきた【丸山広場】が・・・。
そして、その右手に(電波塔の見える)【三辻山③】、更に【工石山①】が 霞んで見えている。
中央左手は【野路平②】、その右手の凹みが『仁淀川河口』、右手の三角山が【雪光山③】、右端に【鷹羽ヶ森②】が 並ぶ。


仙岳 投稿日: 2020年02月28日 13:24:18 No.1458
「岩山展望所」から"北"方向のヤブに踏み込む事 110m、【棒堂 ④ H=1045.8m】三角点がある。

写真……左 前屈みでヤブを進んで行くと、標石に出合う
写真……中 ちょっと手を入れると、スズ竹も 整列する
写真……右 標石は、清々しい


仙岳 投稿日: 2020年02月28日 13:35:58 No.1459
「陣ヶ森」縦走を終え、「登山口」から 少し引き返すと【戸谷 ④ H=867.1m】三角点への "登り口" 鞍部がある。
伐採作業中の合間に 行かしてもらった。
往復:7分だった。

写真……左 このスズ竹の奥 3mに在るんだ
写真……中 三角点は、ポッカリと・・・
写真……右 標石は少し欠けていた


仙岳 投稿日: 2020年02月28日 13:57:13 No.1460
次に【日浦峰 ③ H=688.5m】に向かった。
三角点は 杉植林。積み重なった 落枝葉が ひどい。

写真……左 「三角点は ここだ!」と、GPS が言う
写真……中 杉の "落枝葉" を取り除いたら、出てきた
      埋もれていたので、更に、土も取り除いた
写真……右 "土"に 汚れているが、無傷な 標石だった


仙岳 投稿日: 2020年02月28日 14:57:53 No.1461
地形図で調べた【芥川 ④ H=924.4m】に行くルートの下見を・・・と思って、県道分岐まで来た。
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.705014/133.442432/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0

ここから向かおうとしている【高峰神社】への道路は、何と アスファルト舗装がされているではないか。
「こりゃぁ、どこまで行けるか・・・走ってみよう・・」と そんな気になって 走ってみた。
集落を抜け、行き着いた所は「高峰神社下宮境内」(H=825m)だった。
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.705035/133.436297/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0

背の高い立派な鳥居が立ち、広い境内には「土俵跡」もあり、手の入った石段が続いているのが見えた。
せっかくここまで来たのなら、上の『神社』まで行ってみよう・・と、そんな気になった。

写真……左 「下宮」の鳥居
写真……右 「下宮」の土俵跡のある境内地


仙岳 投稿日: 2020年02月28日 15:00:27 No.1462
尾根に沿って続く(整然とした立派な「石段」とは言えないが、落枝や邪魔木を取り払ったりして、手の入った 古びた)"石段"を登って行く。
すると、質素な「木鳥居」が現れ、常夜灯などの石塔が林立する場所に来た。(標高 885m)
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.704908/133.434934/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0

一休みしながらよく見ると、狛犬ならぬ、『狛鳩』だ。
(やはり高い峰を飛ぶには、犬は無理で、鳩 でなければならないようだ)

写真……左 林立する 常夜灯など
写真……右 狛犬 ならぬ 狛鳩


仙岳 投稿日: 2020年02月28日 15:09:13 No.1463
そこから奥を見ると、「手水場」がある。
何と、ここに水が湧いているようだ。こんな山の頂上部分で、何という事だ。
更に そこから上を見ると、本宮へ通じる石段が見える。
その石段も、「宮」に近づくと、大きな石で、整然と、幅広く 積まれている。
こんな石材を、どこから、どのようにして、こんな高所へ運び上げ、こんな斜面に積み重ねたのか・・・土木屋を唸らせる偉業だ。

写真……左 手水場・石段
写真……右 高峰神社を仰ぎ見る


仙岳 投稿日: 2020年02月28日 15:11:32 No.1464
そして その最上部(標高 930m)には、驚くほど大きな『高峰神社』が ドーンと「居」を構えている。
大きな木材で組まれ、細かな彫り物が施され、近寄りがたい "畏敬"を覚えた。
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.703512/133.433596/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0

写真……左 高峰神社 正面
写真……右 高峰神社 真横から見る


仙岳 投稿日: 2020年02月28日 15:23:53 No.1465
我に返り、さて「高峰神社」まで来たが、これから どうしよう・・・。
そうよ、【芥川 ④ H=924.2m】は どっちかな・・?
気を取り直して、地形図と相談。少し下って、三角点を目指す。
少々ヤブっぽい尾根を這い上がり、到着。

写真……左 スズ竹を掴んで這い上がると、目の前に現れた
写真……中 狭い山頂三角点で、立ち上がって 撮る
写真……右 這い蹲って撮る


仙岳 投稿日: 2020年02月28日 15:28:43 No.1466
さて、肝心の 薬師堂の「福寿草」ですが、

タメやん 投稿日: 2020年03月03日 14:26:37 No.1467
高峰神社は昔は大変賑わっていて、旅館もあったらしい。

【参考】https://tosacho.com/tag/%E9%AB%98%E5%B3%AF%E7%A5%9E%E7%A4%BE/

戸谷三角点の少し北に「展望台」と書かれた道標のある三差路があり、そこからも高峰神社に行けるが、陣ケ森城跡(展望台)への分岐より先は車では無理だった。(バイクなら通行できる。)

【参照】https://chabon.exblog.jp/29866940/


低山を歩く 仙岳 投稿日: 2020年02月23日 11:20:04 No.1438 【返信】

【2/20(木)】、陽気な冬の陽に誘われて 幡多路:大月町に向かった。
「道の駅・すくも」で のんびりと 朝食タイム。

★ 思い出したように、駐車場脇にある【ム子田山 ④ H=5.1m】(点名に、"山" がつくんだ!)
http://maps.gsi.go.jp/#15/32.915018/132.711217/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0

写真……左 だるま夕陽 を見るのに最適地(中央に、標柱)
写真……中 近寄って 標石を見る
写真……右 覗き込んで、見る


仙岳 投稿日: 2020年02月23日 11:28:00 No.1439
「ムクリ山」の風車群に向かう。
予約した訳ではないが、たまたま(鍵が掛かっているはずの)ゲート入口で『工事者』に遭遇し、中に入らしてもらった。
終点まで 約4Kmを車で走り、時間の節約になった。

★ 車道終点の三角点 【泊浦 ③ H=296.7m】
ヤブの中を伝って 到達する。
http://maps.gsi.go.jp/#15/32.852466/132.670877/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0


仙岳 投稿日: 2020年02月23日 11:31:26 No.1440
★ ほとんど戻ってきて、車道から少し離れた所に三角点。
【芳ノ沢 ③ H=283.9m】
http://maps.gsi.go.jp/#15/32.860524/132.686529/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0

写真……左 シダヤブの中に 三等三角点
写真……中 右角が大きく欠けている
写真……右 三角点脇の "大岩" から駐車場所を見下ろす


仙岳 投稿日: 2020年02月23日 11:33:49 No.1441
☆「風車道路」を出て、海岸縁道路を走り「竜ヶ迫」へ向かう。
地区内に駐車し、三角点に向かう。
http://maps.gsi.go.jp/#15/32.863747/132.668707/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0

写真……左 廃校となったが、『自遊学校』となっている
写真……中 その横の「鳥居」を 潜って登って行くと・・
写真……右 大きな「天満宮」があり、その前に標柱が見える


仙岳 投稿日: 2020年02月23日 11:36:21 No.1442
★【黒崎 ④ H=48.1m】
http://maps.gsi.go.jp/#15/32.863747/132.668707/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0

写真……左 境内の端っこ、ウバメガシに囲まれて・・・
写真……中 トベラ も生えている
写真……右 戻りがけ:「ムクリ山」の風車群が見える


仙岳 投稿日: 2020年02月23日 11:39:34 No.1443
☆ 「白鼻」まで来たので、 『白鼻灯台』 へ行ってみた。
http://maps.gsi.go.jp/#15/32.854247/132.657246/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0

写真……左 普通、灯台は 丸い、のイメージだが、
写真……中 「白﨑燈台」は 角張っている
写真……右 銘板


仙岳 投稿日: 2020年02月23日 11:42:12 No.1444
★その近くにある【白崎 ④ H=83.1m】
http://maps.gsi.go.jp/#15/32.855086/132.659156/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0

写真……左 遠くに 三角点
写真……中 近寄ってみる
写真……右 その 標石


仙岳 投稿日: 2020年02月23日 11:44:53 No.1445
★【白浜 ④ H=69.9m】
http://maps.gsi.go.jp/#15/32.880787/132.690710/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0

写真……左 到着するも、狭くて、撮りにくい
写真……中 標石
写真……右 少し離れると、「ムクリ山風車群」が よく見える


仙岳 投稿日: 2020年02月23日 11:48:22 No.1446
★ 狭い車道を走ったり、歩いたり・・・
【白草 ④ H=169.7m】
http://maps.gsi.go.jp/#15/32.872604/132.697627/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0

写真……左 大きな「栗の木」の元にあった
写真……中 ここにも「YYさん」の "青いテープ" があった
写真……右 ここからも 「ムクリ山風車群」が よく見える


仙岳 投稿日: 2020年02月23日 11:51:08 No.1447
★ 本日最終は、何だ? こりゃぁ・・・・
【アナントヨ ④ H=89.5m】
http://maps.gsi.go.jp/#15/32.861526/132.704013/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0

写真……左 トゲのある「カラスザンショウ」などに囲まれた灌木帯に・・
写真……中 ここだけ ポッカリと スキマ
写真……右 インターネットでは、標石ナンバーは、 050146 となっているのに、、、


タメやん 投稿日: 2020年02月24日 16:09:20 No.1449 【Home】
ムクリ山と轟山(芳ノ沢③)は9年前に、【HOME】の往路と、

https://maps.gsi.go.jp/#16/32.857645/132.678688/&base=std&ls=std&disp=1&lcd=seamlessphoto&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1&d=vl

から東へのザレた林道の復路で行った事があるが、アナントヨっていう三角点あったかなあ?

あと頭に「白」が付く三角点が、近くに3つもあるとは驚きだ。
(おっと、「黒」も1丁あったw)
間違っていました ! 仙岳 投稿日: 2020年02月25日 13:40:43 No.1450
この項の No.1443 の灯台の「名前」が間違っていたので 訂正します。

★ 写真に写っているとおり、
旧漢字では、白埼燈台
新漢字では、白崎灯台 でした。


三角点日記 2月 タメやん 投稿日: 2020年02月02日 15:53:34 No.1433 【返信】

暖かくて良いが、新型肺炎患者が高知でも出て来るか?
仙岳 投稿日: 2020年02月03日 11:56:37 No.1434
何とも 言えないが、「来ない事」を祈るばかりだ。
近々、大学病院へ行かないかんが、自分の症状より、『新型肺炎』が心配だ!
タメやん 投稿日: 2020年02月21日 13:13:38 No.1435
津波避難路巡りも高知市・南国市と終わり、香南市に移った。
平地の三角点

ハザマ④
位置:https://maps.gsi.go.jp/#17/33.549223/133.724288/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1&d=vl

コンクリート製のフタの中にあった。


あと、貯水池(貯水塔)ができて、三角点が消失していた。
位置:https://maps.gsi.go.jp/#17/33.550109/133.712293/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1&d=vl

旧貯水施設のコンクリートの天端にあった。平井山という点名だったと思う。
仙岳 投稿日: 2020年02月22日 13:06:21 No.1436
>> 平地の三角点
いいですね・・・。
先日、「低山」:大月町の風車の山 へ行ってきた。
目下、整理中です。

>> 【ハザマ ④ 】は、コンクリート製のフタの中にあった。
蓋:フタ 付きの三角点は苦手だ。 開かない時がある。
「長者が森」へ行った時、車だったので、事のついでに【道脇 ④ H=260.3m】を訪れた。
どうしても「フタ」が 開かなかった。
http://maps.gsi.go.jp/#15/33.569254/133.827355/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0
平井山 仙岳 投稿日: 2020年02月22日 19:28:16 No.1437
>> 旧貯水施設のコンクリートの天端にあった。平井山という点名だったと思う。

★ そのとおりです。 【点名:平井山 ③ 当時の標高=43.8m】
高知県、いや 四国では珍しい 「金属鋲」の 三等三角点でした。
あの手の「標石」には、もう会えないかもね・・・。


タメやん 投稿日: 2020年02月24日 15:56:01 No.1448
どうしても山頂に施設ができると、杖立山みたいに邪魔な三角点は撤去される様だ。


・千切④
位置:https://maps.gsi.go.jp/#17/33.534102/133.756603/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1&d=vl

貯油施設の敷地の端っこにあった。


<< | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
管理者に連絡 | 新着投稿をメールで受け取る