談話室


| ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

本日は114回、昨日は38回、累計11673回のアクセスがありました。
お名前
タイトル
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用 )
文字色

HMS MERCURY 1779 NEDD 投稿日: 2023年02月03日 15:55:26 No.169 【返信】

(画像101)クォーターデッキの手すり
2段のレールの両サイドを両面テープで接着し、支柱貫通部分にピンバイスで穴あけして、デッキ側にもレールを固定して穴あけ

(画像102)真鍮線の支柱をレールの孔に刺し、デッキにスペーサーを立てて接着

(画像103)真鍮線の不要部をカットしてヤスリでカット部分を平らにします。
さらに、レールの上にケント紙を貼ってピンの頭を隠し、支柱側部もケント紙を貼って四角い断面形状に加工します。
その後、塗装仕上げしてからデッキを船体に取り付けます。
手すりを強固にしたのは、その直下にあるギャロウズのビットに動索は結べそうにないので、
手すりに結べるようにするためです。
手すりと取り合うロープはいくらでもあるので、不自然には見えないでしょう。

この他、メインマストの両側にはビルジポンプも設置。
ポンプ本体は6角形に削った木で、レバーはケント紙です。
ポンプの下には船底まで延びるパイプも入れましたが、フレーム間の隙間から覗いても見えませんでした。
たまたまフレーム位置と被ったんでしょうね。




HMS MERCURY 1779 NEDD 投稿日: 2023年01月31日 16:42:56 No.168 【返信】

(画像99~100)キャプスタンの製作
クォーターデッキとアッパーデッキに付くキャプスタンを製作。
キャプスタンの図面をケント紙にプリントして切り出し組み立てます。
頻度の高い艤装品は図面を何度も流用できるので、図面かしておくと便利です。
この2つのキャプスタンはスピンドルが上下に連通しているタイプです。
ついでにフォークスルに付くギャレーの煙突も作りました。




HMS MERCURY 1779 NEDD 投稿日: 2023年01月29日 17:30:19 No.167 【返信】

(画像98)クォーターデッキ前面に取り合うギャロウズの枠
まずはクォーターデッキをアイロンで加熱加工してアッパーデッキより強めのキャンバーを付けます。
それからギャロウズを製作しましたが、これがシンプルな作りながらかなりのクセモノ。
脚4本をアッパーデッキ上に鉛直に立て、その上にコの字型の枠を載せ、
その枠の上面がクォーターデッキとほぼ同じ高さになるように寸法を合わせる。
現物合わせしながらもなかなかうまく行かず、悪戦苦闘の末どうにか形になりました(:_;)。
この状態でクォーターデッキも接着したいのですが、
ギャロウズ下のビットに20本程のロープが取り合うため、これをどうしようかと思案中です。
先行配索するには本数が多すぎて、作業の邪魔になりそうです。
さて、このロープ群どうしたものか?




HMS MERCURY 1779 NEDD 投稿日: 2023年01月27日 16:08:49 No.166 【返信】

(画像95)デッキの型紙を取り、現物の形状が分かったところでデッキプランを描きます。
その図面をケント紙にプリントして切り取り、デッキにおいてチェックします。

(画像96)型紙の上にビームやカーリングを接着します。

(画像97)その上にケント紙にウッディーロールを接着した甲板材を接着します。
ビーム等の構造部材と甲板材の接着具合をみるために、再度デッキに仮搭載してチェックします。




HMS MERCURY 1779 NEDD 投稿日: 2023年01月26日 17:24:07 No.165 【返信】

(画像92)フォークスル後部のバルクヘッド
窓の開口部に背面からマスキングテープを張り、外側からレジンを入れてガラスを入れました。
窓ガラスが小さいときはこんなやり方もアリかも?

(画像93)フォークスルに設置されるライディングビットとギャレーストーブ
ストーブはケント紙で簡単に作りました。
上にデッキを張ったらほとんど見えなくなるので、まあいいか!

(画像94)フォークスル内部の造作
前記ストーブのほか大砲4門やその他の艤装品もあり、実際にどうやって使うのかまったく見えません、ウグ(‘_’);
帆船を作っているとたびたびこのようなミステリーに遭遇します。




HMS MERCURY 1779 NEDD 投稿日: 2023年01月25日 17:33:32 No.164 【返信】

(画像89)パーテーションの製作
まず設置場所の幅や形状を2枚の厚紙を使って型取りします。

(画像90)集めのケント紙に描き写します。ドアも開閉できるようにカットしておきます。

(画像91)暗赤色に塗装して所定の位置に仮置きしたところ。
パーテーション上面がデッキパネル下面位置になります。




HMS MERCURY 1779 NEDD 投稿日: 2023年01月22日 16:24:55 No.163 【返信】

(画像86)アッパーデッキにキャリッジを並べました。
このとき砲身の突き出し量とマズルの並びをチェックし、必要であれば
キャリッジの砲身を受けるベッド?部分の高さを削るなどして微調整しておきます。

(画像87)砲身の接着です。砲身はブリーチングロープを通す後のリング部分を樹脂粘土で作って付けました。
大きさは0.5㎜Φ程度。なので自己満足の世界ですが、一応付けただけで気分的にもナットクです(^^♪

(画像88)側部からみた砲列。
マズルを白くしたのでガンポートの開口にもクッキリ浮かび上がりましたね。
並びもいいようです。




1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>


Powered by Rara掲示板
管理者に連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | この掲示板を支援する