談話室


| トップに戻る | 検索 | アルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

本日は21回、昨日は39回、累計61999回のアクセスがありました。
お名前
タイトル
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用 )
文字色

DE LIEFDE (スターンギャラリー)の製作 NEDD 投稿日: 2024年02月28日 16:52:53 No.430 【返信】

(画像47~8)画像中A,B,Cの彫刻を仕上げてスターンに接着しました。
こうしてみると時間がかかった割には目だった進捗がありませんが、ガマンガマン。
明日はいよいよレリーフのメインである聖母子像を仕上げることができるか!? 
楽しみです。




DE LIEFDE (スターンギャラリー)の製作 NEDD 投稿日: 2024年02月27日 21:58:49 No.429 【返信】

(画像46)全24体の像を整形し、キューピッドの腕も付けました。
それぞれ何かを持っているのですが、それが何なのかはサッパリ分かりません。
見えるがままに作りました。
楽器を奏でるキューピッドはありますが、今回は楽器ではなさそうです。
今日は腕を付けただけなので、乾燥したらもう一度仕上げ加工をする予定です。




DE LIEFDE (スターンギャラリー)の製作 NEDD 投稿日: 2024年02月26日 17:18:09 No.428 【返信】

(画像43)まずカウンター部から像を接着しますが、Rがきついので上体と下半身に分断して粘土で取り付けます。
オランダ艦の像の特徴は、お腹が以上に大きいことでしょう。
ここは思い切って膨らませておくのがポイントですかね。

レールの上にある窓枠部分の像はキューピッドですが、上半身は同一の型でコピーしたもの、
下半身と腕はそれぞれポーズが異なるので後から個別に作り込みます。
まずは上半身を先に接着し、一体ずつ足を付けて行きます(上段左2体)。
この像はDE LIEFDEの元絵からは読み取れないので、オランダの2層甲板艦の当時の模型を参考にしました。

(画像44~5)ひと通り像を船体に接着できました。
像の表現が不十分なので、この後整形して仕上げることにします。
一晩乾燥させます。

スターン周りの24体の像が付くとそれだけで一山超えた感じでホッとします。




DE LIEFDE (スターンギャラリー)の製作 NEDD 投稿日: 2024年02月25日 16:48:29 No.427 【返信】

(画像40)立体的な像がたくさんあるので、共通パターンのところは型取りして粘土でコピーすることにします。
粘土が乾燥するのにかなり時間を要しますので、詰めた粘土にスリットを付けて乾燥しやすくしておきます。
ファンヒーターの前で乾かすと、ナント20分程度で乾燥させることができました。
お陰で必要数コピーするのも数時間で終わり、大幅に時間短縮できました。

(画像41)像を付けるときには取り付け箇所に木工ボンドを塗布して接着しやすくしておきます。
その上に接着剤代わりの粘土を乗せます。
その際、粘土は左官さんの使う「コテ」と「コテ受け台(近与)」に相当する2本の竹串のヘラを使うとやりやすくなります。
コテの方で粘土をすくい、一旦コテ受け台に移してコテを奇麗にしておきます。

(画像42)必要な分だけコテですくい取って使います。




DE LIEFDE (スターンギャラリー)の製作 NEDD 投稿日: 2024年02月24日 16:48:57 No.426 【返信】

(画像37)船体が出来たので、これから彫刻類の製作がメインになります。
彫刻のボリュームにより粘土と3Dペイントを使い分けて製作を進めます。

(画像38)スターンギャラリー頂部のタフレル取り付け
幅方向~長さ方向にカーブしていますが、シンプルな形状なので幾何学的に展開図を求めることができます。
厚紙3枚重ねのラミネートでカーブ形状を確保しました。

(画像39)スターンギャラリー中央部の窓のある部分も接着しました。
窓ガラス部分は塗装後にはめ込むことにします。




DE LIEFDE (スターンギャラリー)の製作 NEDD 投稿日: 2024年02月23日 16:51:43 No.425 【返信】

(画像34)スターンギャラリーの上部レリーフがある大きなパネルを船体に接着します。

(画像35)パネル側部と上部にレールを接着し、レリーフも一部接着しました。

(画像36)接着したパネル上部の船内側に板材を接着し、プープデッキのレールも接着しておきます。




DE LIEFDE (スターンギャラリー)の製作 NEDD 投稿日: 2024年02月22日 15:54:20 No.424 【返信】

(画像31)クォーターギャラリー上部のクリンカー
屋根に相当する部分ですが、微妙なカーブを描いているので一枚一枚現物合わせで
形状を確認しながら張りました。
板材ではB曲げができない形状なので、すべて厚紙で切り出しました。

(画像32)下から順に張って行きます。

(画像33)途中にドアの付いた窓があります。ここは士官用のトイレがあるところになります。
厚紙と粘土で形にしました。




<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>


Powered by Rara掲示板
管理者に連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | スポンサー募集