談話室


| トップに戻る | 検索 | アルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

本日は18回、昨日は68回、累計61912回のアクセスがありました。
お名前
タイトル
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用 )
文字色

LYNX 製作 NEDD 投稿日: 2024年01月22日 16:56:46 No.408 【返信】

(画像119)デッドアイを接着する前に、上段のデッドアイをシュラウドに巻いたときの
シュラウド端部の部分のみダミーで接着します。

(画像120)デッドアイとラニヤードのセットをシュラウドに接着。
残しておいたラットラインもここで接着しておきます。

(画像121)最後にフォアコースのシートをメインチャネルアイボルトに固縛し、
他方はブルワーク側のクリートへと固縛します。
船が小さいためか前方へ張るタックは付いていないようです。

これでリギングも終了!ですネ。




LYNX 製作 NEDD 投稿日: 2024年01月21日 17:07:05 No.407 【返信】

(画像116)ロープの結び目に出来たヒゲをカットしてサッパリしていたら…
ららら…あ~ ヒゲといっしょに結び目までカットしてしまった! 
あーーーー、、、

(画像117)このボウラインは先行配索してヤード側に固縛しただけに後戻りはムリ
やっちまったな~ カットした部分を別のロープで繋ぐしかない。
気を取り直して補修。破断したことは「なかったことに」

(画像118)デッドアイとラニヤード
シュラウドの上にアクリル板をあてがい、シュラウド傾斜をアクリル板に写し取ります。
傾斜に合わせてデッドアイを接着し、その上からラニヤードを3本接着します。
アクリル板は透明なので裏側からも反対舷の分を同様に作ります。




LYNX 製作 NEDD 投稿日: 2024年01月20日 17:41:07 No.406 【返信】

(画像113)フォアマストのロワーヤードとトップスルヤードのボウライン
さらにトップマストのシュラウドとバックステイ

(画像114)フォアトップマストからバウスプリット先端へ伸びる
フォアトップマスト・ステイとジブ・ハリヤード

(画像115)ここまでのリギング状況
リギングも明日で終わりそうですね。




LYNX 製作 NEDD 投稿日: 2024年01月18日 16:00:48 No.405 【返信】

(画像110~1)トップスルヤード搭載
ヤードのリギングは最初にトラスでマストにヤードを固縛した後、
上下方向のリギング…つまりリフト、バントライン、クリューライン等を張って
水平方向に揃えてから前後方向のリギングを張るとヤードのバランスが取りやすくなります。
ヤード搭載はトップスルヤードで最後になります。




LYNX 製作 NEDD 投稿日: 2024年01月17日 15:39:46 No.404 【返信】

(画像107)シュラウドと一緒にマストヘッドに掛けておいたテークルの固定
ブロック3個で構成されるテークルで、フォアマストとメインマストに計4組付いています。

(画像108)ロワーヤードとトップスルヤードの艤装
艤装をすべてやると、ブロックとロープがかなり輻輳していてロープ同士が絡んでしまいました。
次からはヤードをマストに固定するためのトラス、リフト、バントライン程度にしておきたいと思います。
ヤードは2本しかないので、ヤードを取り付けてからでも十分艤装はできるからです。

(画像109)どうにかロワーヤードの搭載完了!




LYNX 製作 NEDD 投稿日: 2024年01月16日 16:35:30 No.403 【返信】

(画像104)マスト頂部のキャップの製作
①トップマストを立てた状態でキャップの側板を接着し、
②側板の間を樹脂粘土を詰めます。
こうすると小さなキャップに二つの穴を開ける必要がなく、簡単に作ることができます。

(画像105)シュラウドにラットラインを接着します。
接着後、念のためにもう一度固縛部にボンドを塗布して、
最後に3Dペイントで固縛部にコブを作ってラットラインもどきを作ります。
今回のラットラインのピッチは3㎜としました。

(画像106)一晩おいてヒゲをカットします。
裾だけはラットラインを張らずにビレイピンへの固縛がすべて済んでから張ることにします。




LYNX 製作 NEDD 投稿日: 2024年01月15日 16:49:09 No.402 【返信】

(画像101~2)動索付きのブロックの製作
①ケント紙2枚重ねのストラップにロープを接着(画像1枚目) 
②ストラップをロープで固縛 ③ブロック毎に切り離します 
④ブロックにキリで穴を開けて針金に通します 
⑤ブロックの周りを木工ボンドで固めます(画像2枚目)

(画像103)フットロープの製作
フットロープは自然に垂れ下ったカテナリーを描くようにしたいので、
コードをバラシて取り出した中の銅線を巻いてロープ状にします。
ドリルのチャックに取り付けたフックに銅線を掛けて回すとあっという間にロープが出来ます。




<< | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | >>


Powered by Rara掲示板
管理者に連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | スポンサー募集