臨床心理士が回答する無料相談掲示板

臨床心理士が回答する無料相談掲示板


| ホーム | ワード検索 | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

お名前
メール
タイトル
URL
削除キー ( 記事を削除する際に使用 )

強迫性障害と20年以上の付き合い 田中 投稿日: 2021年09月27日 06:55:07 No.1521 【返信】

初めまして、こんにちは。
現在海外在住で20年以上強迫性障害と付き合っているものです。
色々な強迫観念が日々湧いてくる毎日です。
大体の事はあーまたこれかと思いながら苦しいですが乗り越えています。ただたまにこれは強迫観念なのかなー?それとも普通の人も同じように心配になる事なのかな?とどっちか分からなくなる時があります。
今1番頭の中で考えて辛いのは、自分は飲食店に勤務しているのですがあるお客さんから電話でおたくで使ってるレストランのとんかつソースの名前を教えてくれとの電話があり自分が教えれないと言って電話を切ったところそこから何度も何度もしつこく電話がありもう対応するのがめんどくさくなった為なんのソースかを教えました。(ソースは市販されているソースを2種類混ぜて作っているもの)その教えた事をすっかり忘れていたのですがそこから少し経った日にふと思い出しあーもしかして企業秘密だったソースを人に教えたかもしれない。。このソースの味を再現できたらもう店に来なくなって店の売り上げに影響するかもしれない。。その人が他の人にそれを教えてその人も来なくなりどんどん売り上げが落ちていきそれを不思議に思ったオーナーが自分がソースの種類を教えたからといって売り上げがおちた分を払えと訴えるかもしれない。。そんな事をどんどん悪い方に考えてしまっています。なので今の職場で働いているとそればっかり考えてしまい生きた心地がしません。あとで莫大なお金をオーナーから請求されたらどうしようとも考えています。ちなみにオーナーは自分はソースの種類を教えたとう事実をまだ知りません。その事に対しても罪悪感があります。
これは強迫観念がそうさせているのでしょうか?
それとも普通の方もこのように深く悩むのでしょうか?
解決の糸口が見つからず毎日悩んでおります。
アドバイスなどございましたら宜しくお願い致します。
矢野 投稿日: 2021年10月01日 10:54:27 No.1522
強迫観念(病的な不安)なのか普通の心配なのかを明確に区別する方法はないのですが、強迫観念の場合は、以下の特徴を持ちます。
・『万が一』『もしかしたら…』『○○かもしれない』という万が一の可能性にとらわれる(不確定性への非耐性)
・一度、頭に浮かんだら気になり出す。特に「気になったら気になり出す」という現象が起きる。(思考の重要視)
・考えないようにとするけれど出てくる
・特定の身体感覚を伴う(ドキドキする、頭がぎゅうっとなる)

等です。こういう場合は、少なくとも冷静な状態ではないです。

ちなみに、私だったらですが、2-3日は気になるかもしれませんが、「何もなさそうだな…」とおもった時点で、忘れると思います。
田中 投稿日: 2021年10月03日 17:39:59 No.1525
矢野先生
ご返信ありがとうございます。
今ちょうど2週間程その事が頭から離れず悩んでおります。働いている時も万が一裁判になって自分がソースの種類を教えた為売り上げが下がりそれを補填しなくてはいけなくなるかもしれないと考えてしまい今日働いた分の給料も取られるかもしれないのに何の為に働いてるんだと考え憂鬱な気分になってしまい頭がキュッとなるような感じがあります。
具体的にどうやって切り替えれば良いなど方法はありますでしょうか?
一時期は忘れていて考えもしなかった事なのに急に思い出し不安になっております。
矢野 投稿日: 2021年10月07日 15:12:07 No.1527
本来であれば、認知行動療法の曝露として、自分が考えた最悪なストーリーを何度も復唱するというものが良いのですが、それ以外の方法としは、体の感覚を落ち着けるというものも良かったりします。
例えば、心配になると胸が痛くなるとか、体がほてってくるなどがあると思います。心配が苦しくなるのは、このような感覚があるからです。そのため、このような体の感覚を落ち着かせる方法を色々と試してみるとよいかもしれません。
例えば、胸に手を当てて深呼吸をしてみるとか、ぬいぐるみを抱きしめてみる、落ち着く音楽を聞いてみるなどです。
詳しくは、
https://youtu.be/Wx1TGyynfvg
の動画を参考にしてみてください。
田中 投稿日: 2021年10月10日 17:22:23 No.1531
矢野先生

ご返信ありがとうございます。
動画拝見させていただきました。今もふと考えると感情が落ち着かないような感じになりますが動画の色々なアプローチの仕方早速実践していこうと思います。
また質問なのですがレストランのオーナーにソースの種類を教えてしまったのですけど自分を訴えるとかしませんよね?という質問して自分の納得いく回答をもらうというのは強迫行為にあたりますか?
自分的には一度こういう事をしてしまうとまた何か気になる事がある度に又は思い出す度にレストランのオーナーに大丈夫だったかなー?と確認してしまいそうで怖いです。
この感情が罪悪感からくるものなのかそれとも強迫観念なのか区別がつきません。。
矢野 投稿日: 2021年10月16日 10:55:01 No.1535
強迫症の感情として「罪悪感」というのはあります。罪悪感を消すための確認行為なのですね。
訴えるかどうかについては、100%訴えないとは言えませんが、おそらく訴えないだろうと思います。少なくとも、そういう場合は、就業規則にそういう規則が書いてあると思います。
また、「自分が仕事で何かをして、その結果、お店の売り上げが落ちるのではないか?」というのは、強迫観念としては何度かみたことがあります。
田中 投稿日: 2021年10月20日 14:54:48 No.1539
矢野先生

お忙しい中ご返信ありがとうございます。
先生のアドバイスが支えになっております。
最近、強迫観念にハマってしまう時は強迫性障害の例に当てはまらないのではないか?と自分でふと考えるようなとこから始まっているような気がします。特に自分のお金がなにかをきっかけに没収になったりとられたりといった事があるのではないかという事が特に引き金になっています。
今回の件もそうですが考えない様にするといった事が非常に難しく本来自分が楽しいと感じるであろう瞬間にふと強迫観念(今回の場合オーナーに訴えられて自分の貯金が全部奪われるかも)が浮かぶと物凄く憂鬱な気分になり頭の中で何度も考えてしまいます。
これは放っておけば時期に薄れていくようなものなのでしょうか?どのように強迫観念に対してアプローチすれば良いのか葛藤しております。
度重なる質問申し訳ありません。


家を出られるようになったのに思うように出られません 紗栄子 投稿日: 2021年10月17日 18:07:15 No.1538 【返信】

荷詰めさえ済めば引っ越し出来る状態なのですが、体が思うように動きません。引っ越しが怖いのか尻込みしていて、一刻も早く実家を出たい気持ちと裏腹に予定を先送りしたり、詰めなくていい予定を入れたりして、自分で自分に戸惑っています

幼少期から継続的に親から虐待などあり、複雑性PTSDと解離性同一性障害です。

一人暮らしはした事があるのですが、親と赤の他人から様々な被害に遭い、症状も激しくなり、上手くいきませんでした

幼少期に「家から出たらお前を食わせてくれるような人は居ないからお前はすぐに死ぬ」と何度も脅された事や、
一人暮らしをした時のつらい体験、
「出ていけ」「追い出してやる」と「お前が居なくなったら金はどうなるんだ」「お前の生活費だけのために金がなくなるなんて誰が許すか!許さない」「家族のケアはどうするんだ。急な出費はどうなるんだ」「家事はどうなるんだ?母親にだけさせるのか?自分のことしか頭にないのか?人でなし」などのダブルバインドも長かったからだと思います。

怖くて動けないのだと思うのですが、どうやったら自分に寄り添って、動けるようになるでしょうか


セクハラされた後自分できるセルフケアがあれば教えて頂きたいです 投稿日: 2021年10月16日 02:40:36 No.1534 【返信】

セクハラで2度目の転職をしました。

セクハラされないのが一番いいのですが、またあると思うのでセクハラされた後セルフケアでできることを教えて頂けますでしょうか。

下記が困っている症状です。
ーーーーーーーーーーーー
1、セクハラされた時のことを思い出し仕事が手に付かなくなる時がある
 ・週3~4日程度、30分~1時間、1日4回くらい
 ・その際手足が震える時がある(同時に冷えも)

2、セクハラされた時と同じ場所で同じことをしていると、その時のことを思い出してしまう。その際頭痛、喉の奥が締まる感じ、涙が出てくる等の症状が出る。

3、男性との雑談で笑うのが怖い。普段のコミュニケーションが難しく、苦痛を感じる時がある。
 以前会社の空気を壊してはいけないと思い、愛想笑い、社交辞令をしていたら男性社員2名から個人的な好意と受け取られ、絶対に俺のことが好きだと言いふらされたり、肩、足を触られた経験から、愛想笑いで勘違いされるのが怖い

4、彼氏でも触られると緊張し手足が冷えていきコミュニケーションが取れない(現在は別れています)

5、プライベートでの異性との接触を楽しいと思えない

6、ナンパされると体が震える、手足が冷える、心臓がバクバクする等
 (逃げればいいだけなので、仕事に支障が出ている症状ほど困ってはいませんが…)
ーーーーーーーーーーーー

病院に行った方がいい症状もあるかもしれませんが、治るまで通院し続ける収入がないのでセルフケアとして自分できることを教えて頂けると助かります。

・特定の出来事を反芻してしまうのを止める方法
・手の震え、冷え、汗、涙を止める方法
・「セクハラされた時と同じ状況になると思い出す」等特定のトリガーがある時の対処方法
・ストレス耐性を付けられるような普段からのトレーニング
                    等  

ご回答頂けると助かります。
以上、よろしくお願い致します。
矢野 投稿日: 2021年10月16日 11:15:44 No.1537
セクハラは、きつかったですね。
正直、書いていただいている症状をみると、かなり重症な方だと思います。なので、できれば、何らかの治療を受けた方がいいと思うレベルです。
収入がないとのことなので、以下に役に立ちそうなことを書きます。


・特定の出来事を反芻してしまう
これは、反芻というより、フラッシュバックとして考えた方がよい出来事です。そして、『止める』というより、トラウマの記憶を整理していく方がよいです。

・手の震え、冷え、汗、涙を止める方法
これは、フラッシュバックには身体的な反応が含まれるため、このような反応が起きます。上と同様にトラウマの処理をしていく方がよいです。

・「セクハラされた時と同じ状況になると思い出す」等…
これも、同じようにトラウマの処理という方法が必要になってきます。

・ストレス耐性を付けられるように…
これも、処理をする課程で、自分は対処できるという感覚を身につけていくことで改善されていきます。


トラウマの処理などに関しては、下記の資料を参考にして下さい。
https://docs.google.com/document/d/1ejJKJMET2glDxqSXtspqkRshv0LW47AFQIkT3_A__-4/edit?usp=sharing

また、一人でできることとしてですが、まずは下記方法を通して、何もないときに落ち着けるようにしていくとよいです。
https://www.youtube.com/watch?v=OajVMLjMOwM
https://www.youtube.com/watch?v=tCw21HfN2XM&t=79s

そして、落ち着けるようになってから、トラウマの処理と呼ばれる方法に取り組んでいくとよいでしょう。
一人でやるのであれば、TFTがいいかもしれませんね。
https://youtu.be/psW35tTe_Tg
とかが参考になるかもしれません。

治療としては、身体反応が落ち着けられるようにするような治療の方がよいと思います。


強迫性障害はこういうもの? 蒼灯 投稿日: 2021年04月02日 17:31:22 No.1423 【返信】

はじめまして。Yahoo!知恵袋からきました。
自分でも気にしなくてもよいと思うのですが、強迫性障害はこういうものであるのかが知りたくていくつか質問させてもらいます。

まず自分の症状のことです。 頭の中で行う強迫行為がメインの確認強迫なのですが、ネットで調べても自分のようなパターンの人を見かけることがなく、ただ強迫観念と思われる考えがあり、それに対して頭の中で対応しているという点でそういうものなのかなと思っています。

私の場合は記憶に関することで不安になるというものです。
今しがたしていたささいな行動や1時間前にしていたことを頭の中で思い出すというものです。「覚えていない気がする」とか「あれ?これしたっけ?」と思うとスイッチが入るように確認しだすかんじです。
軽いのはすぐ確認して済むのですが無意識にした行動まで確認がくることもあり正直きついなぁてかんじです。最近はそれが嫌で、した行動をいちいちメモしたり、外出したら外の写メをとるだとかしてしまっています。おかげで何かと行動するのが辛くなっています。こういうパターンもあるのでしょうか?

また別の話になるのですが、私には強迫観念Aと強迫観念Bというように(あくまで自分の中での区別ですが)別々の観念があるのですが、ある時期からそれまできつかったAの方が特に何かしたわけでもないのにすっと弱く(今でもたまには浮かびます)なってしまい何故??と悩んでしまいました。こういうこともあるんでしょうか? 。

他にも気になるのは、強迫行為(というか儀式)のみが残るということもあるのかということです。
というのも起床時に「覚えていない」ような気がして不安で、確認行為をしていた時期があり、その時にチェックリストのようなものを作って確認をして安心を得ていました。
が、今となっては不安もないまま確認行為のみが残り、むしろそれがうまくできないと逆に恐怖を抱いてしまっている状態になってしまいました。 思い出せないと半日ほど振り回される日もあり、さすがに無理だとなり、今はこのリストを少しずつ減らしているところなのですが、不勉強なものでよくわかっておらずこれは強迫行為なの?こういったものが強迫性障害なの?とよくよく考えればどうでもいいようなラインで悩んでしまっています。こういった儀式行為のようなものだけが残るものなのでしょうか?

何だか抽象的な質問で申し訳ありませんが回答のほどよろしくお願いします。
矢野 投稿日: 2021年04月02日 19:41:56 No.1424
今していたことや、1時間前にしていたことを頭の中で思い出すというのは、珍しいですけれど、よくある強迫行為です。正確に思い出せないと動けなかったり、メモに書き出さないといけない人もいます。わりとこの強迫行為の方は、「思い出せなかったからといって、何が起こるわけではないんだけど、やらないと気がすまない」という感じになることが多いです。

強迫観念は流行みたいなものがあって、そのときどきによって、主たる強迫観念は変わり、相対的に他の強迫観念は気にならなくなります。ただ、それは本質的には気にならなくなっているわけではないのですね。

強迫観念には、「火事になったらどうしよう」「手が汚れていたらどうしよう」という言葉で表現できるものと、『納得がいかない』『もやもやする』という感覚のものがあります。このようなタイプは、不安を消すために強迫行為をするというより、『強迫行為を納得がいくかたちでしないと駄目』という感覚になると思います。
蒼灯 投稿日: 2021年04月06日 15:14:18 No.1426
迅速な回答ありがとうございます。 こちらの方が返信遅れてしまいました。
ようやく色々とわかったかんじです。

やはり自分のは珍しいパターンだったんですね。でも思い出すまで動けなかったりずっと考えているてのはわりと陥っている気がします。
最近はこの確認行為がひどくなっていて、「思い出す→安心」でなく、「思い出す→それは本当に今日したことなのか→さらに思い出して確実にわかることを記憶の中で探す→安心する」だとか「確認行為自体をしたのは今日なのか?」だとかどんどん細かくなってきていて少し疲れている状態です。

強迫観念にも流行があるんですね。強迫観念Aの方は、以前はほぼ一日中浮かんでいたかんじでしたが、今は特定の条件下で浮かんだりよぎったりする程度(それもかなり弱くなった)になったかんじになっています。前は「ひたすら怖い」だったのですが今は「浮かんでしまったなぁ…気持ち悪い」ぐらいになった印象です。

儀式行為の話は参考になりました。確かに考えてみれば私は強迫行為が順番通りに正しくできている=安心てイメージでとらえているなぁと思いました。これ覚えていたら大丈夫てかんじでしていたので。
これとは別にふいによぎる不安に対しては、その場で思い出し行為をしているのですが、これとは少しタイプが違ったということなのですね。
蒼灯 投稿日: 2021年05月26日 16:01:31 No.1459
お久しぶりです。また質問をさせてもらいます。自分ではどうすれば良いかよくわからなくて困っています。

以前の回答からようやくわかったのですが、私は確認というよりは浮かんだ疑問をスルーできないみたいです。〇〇したのはいつだっけ?今日は〇〇したよね?だとかふと気になったことがわかるまで頭の中で考え込んでしまうみたいです。わからなかったら実は覚えていなくて記憶なくしているのでは…という想像がよぎり怖くてはっきりさせたいかんじです。単にもやもやしてすっきりしないのが嫌なかんじという時もありますが。

で、この疑問に対処するために、最初は日々のことを書いた日記を利用していました。要はノートを見たら頭の中で何分も思い出す必要がなく自分も不安で苦しまなくて済むという考えだったんだと思います。それ以前ははっきりするまで悩んでいたので。
ですが、日記も万能ではないので一度でも覚えていなくて不安になったことがあると(例えば献立メニューやその日した用事などたいしたことではないです)次の日からはそれも書くといった具合にどんどん追加されていきました。
これはその日に確認として頭に浮かんで対応できなかったもので次に浮かんだ時に対応できないと怖いとなったので…という形で追加されたものでこの調子でどんどん増えていき、 記述する時間も長くなってしまいました。今では1時間半から2時間半ぐらいかけて日記を書いています。生活の中心が日記を書く時間を確保することに向けられていてそれ以外の用事ができなくなってきているかんじです。

またこれとは別に正確に書かなければならないという気持ちも強く(書けない=忘れていると思ってしまうなので)最近は描写がどんどん細かくなってきてページ数も増えています。
例えば、昨日の今ぐらいは何していた?と不安を感じたら、思い出したりして頭の中で確認をするのですが、厄介なのはその後で、ノートに記さないといけないと思うあまりその「確認自体」をいつどこでした?まで覚えていなくてはならないと思ってしまっていて、それをノートに書ける=覚えている=安心となる構図になってしまっているかんじです。

最近は確認の内容まで覚えていないとおかしいと感じていて、必死に内容を覚えたりメモしたり写メしたりして…とどんどん作業が増えてしまっていて、正直辛いです。今はピークが過ぎたのか単に私が慣れてきたのか多少はマシになりましたが。
(こういったノートに書き出すというのは強迫行為に当たるのでしょうか?ネット検索してもあまり見当たらないのでよくわからなくて。)
今では外出などでノートを書く時間がとれなくなると不安になるので外出する予定が入るとそれだけで気が滅入ってしまいます。

これが強迫行為なのかはわからないのですが、どう対処したらよいのか悩んでいます。調子の良い日はもう書かなくていいかと思えるのですが、明日以降に書かなかったことで確認がうまくいかず不安になるのは嫌という気持ちがあり、いきなりやめるのは難しいかんじです。

長々とわかりにくい文章になりすいません。ただどうしたらいいのかわからなくて毎日悩んでいます。
無理難題かもしれませんが、何かアドバイスのほどありましたらよろしくお願いします。
矢野 投稿日: 2021年06月01日 16:52:32 No.1461
この日記を書くという行為は、強迫行為になります。整理整頓と不確定性への非耐性、確認強迫といった属性があると出てきやすい強迫行為です。ちなみに、頭の中でリストを作る(整理して記憶しようとする)も強迫行為です。

日記を書く行為がどんどん発展していっていますし、「正確に書かなければならない」となってしまいます。

曝露としてですが、嘘の日記を書くことをおすすめします。「日記を書かない」だと、多分、やめることが難しいです。そのため、「嘘の日記」を書いて、記憶の混乱を図るのです。そして、記憶が混乱して、詳細を覚えていないけれど、生活に支障が出るか?考えてみてください。
蒼灯 投稿日: 2021年06月20日 11:26:39 No.1480
お忙しい中、返信いただきありがとうございます。

実は頭の中でリストを作ることはすでにしてしまってます。今はそれをメモに書き出しておいて→後で日記を書く際に確認用(ちゃんと覚えていて書けているか)として使っています。以前はまだメモなしで書いている時期もあったのですが最近は写メと並行してこちらの記述も増えているかんじです。

嘘の日記ですか…何だか難しいような。日記を書く際に自分でもネックになっているのが書いた後に本当に「「今日」の出来事」なのかを気にして頭の中で証拠探しをしてしまう時が多々あるのですが、このような場合でも有効なんでしょうか?


あと少し話は変わるのですが、
強迫行為を「減らしてなくす」ということは可能なのでしょうか?

というのも前述の日記を書く話の中で明らかに比重が大きいというか細かく書きすぎている時間帯がありまして。
その時間帯は、就寝前のことなのですがこの時間はこの時間でメモに書き出すという強迫行為を行っています。
だいたい入浴後から就寝までの行動や思考をつぶさに書き出すというもので、これを書き終えないと寝られないというかんじのものです。就寝の準備をしている際にふと考えていただけのことまで書き出す時もあり自分でも細かすぎるのでは思う日もあります。
以前はそれほどではなかったのですが、いつの間にか文章量が増えてしまいました。

ただ、何日か繰り返す内に不要な記述を自分なりにはずしてみたところ少しですが減らしていくことは可能でした。このまま記述を減らしていくという形でよいのでしょうか?それとも潔く「やめる」べきなのでしょうか?

何度も何度も質問ばかりですいません。回答のほどお願いします。
矢野 投稿日: 2021年06月22日 19:56:47 No.1481
「今日の出来事なのかを気にして、頭の中で証拠探しをする」という行為は、頭の中での強迫行為になります。
そのために、嘘の日記を書いて、頭の中をごちゃごちゃにして、記憶を辿れないようにするのです。
そして、「もう、わけがわからない。思い出せない…」と諦めがついたら、思い出そうとする行為が止まります。
むしろ、このような場合に有効だと思います。

強迫行為を減らしてなくしていくことは、ほぼほぼ不可能です。
それは、強迫症がそもそも、「強迫行為が止めたくても止められない病気」だからです。
なので、チャレンジしてみて、できたらラッキーくらいで思っておいたほうがよいです。

日記の記述を減らしていくことがうまくいっているのであれば、減らしていってみて下さい。
できれば、すっぱりやめるにした方がよいです。
蒼灯 投稿日: 2021年07月31日 16:29:10 No.1489
お久しぶりです。
度々ですいませんが、また疑問に思うことがでてきたので質問させてもらいます。

実はずっと気になっている強迫観念?が一つあります。
以前の書き込みに「強迫観念A」とぼかして表現していたものですが詳しく書くと名前の強迫観念です。
自分の名前が実は正しくないのでは?という考えがとまりませんでした。名前だけでなく漢字や読み、名字に至るまで何度も疑う時もありました。
こういった考えも強迫観念にあたるのでしょうか?
今現在は落ち着いてきたのですが、一時期は何かの拍子にその考えが頭の中で浮かんできてただただ恐ろしかったです。同じような人がいないので、 強迫観念かすらわからず打ち消し行為をしているのだから強迫観念だろうと考えてひたすら耐えていたというかんじでした。

で、本題はこの後の話です。

この時期に強迫行為としてだと思うのですが、朝一と就寝前に必ず自分の名前の確認(これが正しいとわかるメモを見ます)を見ては自分の考えは合っていると安心してから行動していました。
正直かなり負担でした。
ですが、ある日「夜」の確認の方をあっさりやめられることができました。理由は朝だけすればよいと思えたことと同居する家族に見つかりかけて気まずくなったからでした。
以降は確認も特に復活することもなくむしろあっさりやめられたことが不思議でした。
ちょうどこの観念が少し弱くなった時期だったので、これはタイミングがよかったということなのでしょうか?

この要領でやめるのはやり方としては正しいのでしょうか?

私の場合、強迫観念が浮かぶ→行為をするというよりも特定の時間にスケジュールに決められたかのように強迫行為(確認だとか)をする→できたので今日も安心だといった行為の方が多くて、調子がよい時はこの行為は意味がないからやらなくてもよいのでは?となりがちです。
なので試しに例えば朝の時間の確認はしないで過ごしてみる…といった方法をとってみてもよいのでしょうか?

うだうだと悩まずに試してみたら良い話なのですが、間違った方法をとって悪化していくのは正直避けたいところですし、先生のご意見を聞いてみたいとも思ったので質問させてもらいました。よろしくお願いします。
矢野 投稿日: 2021年08月13日 08:23:58 No.1491
「自分の名前が正しくないのではないか?」というのは強迫観念です。強迫症というのは、病的疑惑と呼ばれる症状があり、このような客観的にはほぼ確実なものに対して疑いを持ち苦しみます。

このようなタイプの強迫観念は、『腑に落ちる』ことを求めるのですが、いくら強迫行為をしても『腑に落ちる』という感覚にたどり着けないのです。
しかし、まれに何らかのタイミングで『腑に落ちる』ことがあります。
「朝だけすればよい」というのは、そのように、「腑に落ちた」という感覚なのだと思います。
強迫行為を完全に止めるわけではないので、このようなことは、意外とよくあります。

やり方として、間違っているわけではないのですが、症状を完全に良くすることはできないのです。
この方法だと名前の確認を全部止めることができないのです。

確認行為が形骸化した儀式のようになっていて、確認するという目的を持っていない場合、とりあえず儀式をすればいいという形になります。
朝の時間の確認をしないで過ごしてみるという方法を試してみて、それで良くなれば、それでいいです。
通常、強迫観念は無視できないのですが、ある程度、症状が軽ければ、強迫観念を無視して行動できます。
もし、強迫観念を無視できない場合は、曝露をした方がよいでしょうね。
蒼灯 投稿日: 2021年10月15日 01:35:19 No.1532
返信ありがとうございます。
こちらの方がかなり遅れてしまいました。すいません。

つまり「腑におちる」というのは、今まで5回していた確認が何かの拍子で3回に減らせたことぐらいで根本的には解決になっていない…?という理解で正しいでしょうか?

確かに名前の強迫観念については、今は落ちついていて、
仮に浮かんでも確認方法があるから大丈夫だぐらいで止まっています。観念がよぎる機会が、書類を目にするだとかなので日常的にはそう多くないですし。浮かんでもギリギリ流せてはいます。


少し話はかわります。

別の確認行為の話ですが、以前書き込んだように確認を減らそうとしているのですが、やはりある一定からは無理のようで、そこで曝露を試してみようとしたのですが、やり方をこだわりすぎて前に進めない印象です。

どうもこうしなければならないのではとこだわったり、この方法で本当によいのかと迷ってしまうような…かんじで。
自分では言い訳してるのかな…?と思うのですが、どう気持ちを持っていけばよいのかわからなくて困っています。間違いでもいいからとにかくやってみると考えたら良いのでしょうか?

また自分の場合は、儀式的な確認に対してなので「この時間の確認をしない」という方法なのかな…と試そうとしているのですが、上記のように考えてしまい、そもそも踏みとどまってしまいます。
何か良い方法はありますか?
矢野 投稿日: 2021年10月16日 11:00:23 No.1536
『腑に落ちる』について
症状には、よりますが、また気になる可能性が残っています。根本的な解決に至っていたい場合が多いです。

『確認しないようにする』で上手くいかない場合は、確認することができないように工夫をしてみる方がよいです。曝露に関しては、最近、動画をとったので、そちらも、参考にして下さい。
https://youtu.be/EqGcD-SiY-I


家族のサポート方法について 紫陽花 投稿日: 2021年10月01日 21:57:34 No.1523 【返信】

矢野先生、初めまして。
外国人の夫が最近PTSDと診断され、そのサポートについて悩んでいます。

主人は15年ほど前からデジャブに悩まされており、定期的にドクターの診療を受けていましたが、全てを語る勇気が出せず、最近ようやく良いお医者さんに診てもらい、少しずつ語る事ができ、PTSDと診断されました。ただ今までほとんど話せなかった事をドクターや私などに話した為、症状が強く出ており、苦しんでいます。また、治療が始まるのがコロナで3〜4ヶ月かかると言われ、それまでの間、どのようにサポートすべきかアドバイス頂きたいです。

特徴的な症状は下記の通りで、私がしていることが正しいのか教えていただきたいです。
(これらは昔から継続しているものもあれば、最近のものもあります)
①物が捨てられない
特に洋服、書類、本で、洋服の場合は穴が空いていても捨てられません。ただ、誰かがもらってくれる場合はいいそうです。何度かチャリティーショップに持って言って欲しいと言われ、持っていこうとしましたが、些細なことがきっかけで結局持って行けませんでした。本人が持っていくのは辛いそうです。本は、本の間に銀行からの手紙など大切な資料が挟まっているのではないかという不安があり、捨てられません。書類に関しては、シュレッダーして捨てる予定ですが、精神状態のいい時出ないと難しそうです。また、これらの物を動かす事も不安に感じるようです。
また、それ以外の物で細かくできるもの(例えば紙でできたお菓子の箱等)は極力細かくして捨てます。外でコーヒーなど飲んだ時のカップは家まで持ち帰るか、私が捨てます。

②過去に使用したウェブサイトから情報が漏れるのではないかという不安
以前ハッキングされたことがあり、その事が最近特に不安に感じ、メールを頻繁にチェックしたり、昔使用していたウェブサイトを思い出すと、アカウントを削除するまで不安です。
これに関しては、一緒にアカウントにログインし、可能な限りの情報を削除し、アカウントを削除します。一連の作業を一緒に確認しながら行い、全てページをスクリーンショットで撮って残しています。一緒に確認していても、本当にデータが残っていないか何度か聞かれます。

③よく悪夢とデジャブが起こる、またそれにより眠れない
デジャブを見ることで現実との境目がよくわからなくなったり、悪夢が実際に怒るんじゃないかという不安に見舞われる。また、それにより眠りが浅く、何度も夜中に起きてしまう。
これに関しては、最近2泊3日の旅行に行った際にデジャブが頻繁に起こり、また②の不安もあったため、2日目の朝に旅行を中断して家に帰ることになりました。私は彼と3年半ほど一緒にいて今回が初めてですが、過去に何度か同じことがあったようです。
また、デジャブは不安が募って何度も考えることでデジャブのように感じるのではないかと聞いてみましたが、そうではないそうです。

また最近不安定になっていた時に、私は彼に頼まれて彼のスニーカーを捨てたのですが、それが偶然片足だけ回収されずに道端に忘れられていました。その時私は外出していて、その事について彼からメッセージが来ていたのですが、そこまで大事に捉えられず、夕方帰宅しました。家に帰ってから、少し話をしていた所、彼の腕に2回リストカットの跡がある事に気づき、大変驚きました。彼は不安や悲しみで、その事実をどう処理していいかわからなくなってしまってやったと言っていたのですが、私には衝撃的すぎて、気づけなくてごめんねと泣いてしまいました。今年の春から彼の実家で同居しているのですが、リストカットは過去にしたことがあるが、今年は初めてと言っていました。
今は精神科医に薬を処方してもらい、少し落ち着いてきましたが、一人にしてしまうと小さなサインも見逃してしまうのではないかと不安です。

先生のおっしゃる曝露を提案してみましたが、自分一人でして、悪い方向に症状が出てしまうのが怖いから治療が始まって、お医者様に診てもらいやすい環境になってからがいいと言われました。

少しでも彼の気持ちを楽にしてあげるにはどのようなサポートが良いでしょうか?
アドバイス頂けましたら、大変助かります。宜しくお願い致します。
矢野 投稿日: 2021年10月02日 08:51:32 No.1524
困りごとの、①、②は、強迫症が疑われますが、③は、明らかに強迫症の症状ではありません。③はPTSDでも起こりますが、デジャブが頻繁に起こるのは、PTSDとしても非常に重度な状態の方です。
また、この文面をみるとPTSDの診断の根拠になったトラウマも症状も書いていないため、なんとも言えないところがあります。

一般に、PTSDと強迫症の診断がある場合、どちらの治療から始めてもいいのですが、多くの場合はPTSDからの治療になります。その方が、治療の導入は楽だと思います。

家族のサポートとしては、確認には最小限付き合うこと、確認するほど不安が大きくなっていくことを伝えること、確認行為以外の場面で安心感を作っていくこと(PTSDであれば、ずっと不安で警戒状態にあります)が必要になると思います。
紫陽花 投稿日: 2021年10月06日 18:12:24 No.1526
矢野先生、返信ありがとうございます。

主人はPTSDと診断された時に、お医者様から特別デジャブに関して特別に触れられなかったそうで、不安がっていましたが、PTSDにデジャブの症状があると知れて良かったです。ただ重度の場合なのですね…。
デジャブの為、以前てんかんの検査もしましたが、そうではないとの診断でした。
デジャブが最近またひどくなってきた様ですが、PTSDでデジャブが起きている場合、PTSDの症状が軽くなるにつれデジャブも減るということでしょうか?また、そこまでひどくなっていても、完全に完治することは可能なのでしょうか?

PTSDの根拠ですが、学生時代のいじめと家庭環境の様です。
10代前半暗いから大学生くらいまで、学校やアルバイト先でひどいいじめにあったそうです。あまりその事に関しては話してくれませんが、一つ聞いたのはアルバイト先の社員に突然顔を殴りたいなどと言われたそうです。(実際の暴力は無い様ですが…)
家庭環境に関しては、主人は三兄弟の真ん中なのですが、母親と母親の両親から彼だけ愛されていないのではないかと思う接し方をされていた様です。例えば、彼だけ誕生日にプレゼントをもらえなかったり、義母が一人で家にいたく無いからずっと家にいなくてはいけず遊びに行けない、兄と同じ習い事をしていて、兄だけ習い事を最後まで見守ってもらえるのに彼の時は見てもらえない、近所の人にどこの家の子かと聞かれ、母親の名前をいうと兄と妹しかいないと思ったと言われ、母親は兄弟の話はしても自分の話は周りの人にしないんだと思った経験や、義父と彼が話していると義母が不機嫌になる。などです。現在、彼の実家で両親と一緒に住んでいるのですが、私でも日々、小さな兄弟間の差を感じる事が多々あります。兄弟はもらったのに、私たちは結婚のお祝いをもらえなかったなど…。
また、義父が以前事故で頭を強く打って数日間記憶喪失になったことがあるそうで、義母はそれにより精神的な病気を患ったそうです。現在は良くなった様ですが、それが原因でか、義母は一人で外出ができません。また家族が一緒でも、家から10キロ以内くらいの場所にしか行けません。不安になってしまう様です。

彼の改善の為にも、早く実家を出て家族と少し離れた方がいいと思うのですが、金銭的な不安もあり、またPTSDの治療も引っ越して別の街に移ってしまうと予約がまた一からになってしまうそうなので、すぐにはできません。

最近、確認を一緒にする事により不安が悪化するということを伝え、ストレスが少ないものから一人で確認しようと話しました。ただすぐにはできないので、よく何も無いよね?と聞かれるのですが、その場合はどのように返答するのが良いでしょうか?例えば、家にある紙袋を使用するときに、何も無いよね?と聞かれた場合、一緒に中を見てなにか見えるか?何も見えないなら大丈夫。と答えるなどでしょうか?
できるだけ私が確認したから大丈夫。ではなく、彼が確認したから大丈夫という状況にしたほうがいいのかと思うのですが、どうでしょうか?

また、確認行為以外の場面での安心感とは例えばどの様な状況でしょうか?
彼はずっと在宅勤務なので、平日でも外でウォーキングする時間を作ったり、週末は必ず公園などに行ったりするようにしています。また、極力健康的な食事、部屋の掃除、基本的な事ですが朝起きたらカーテンを開けるなど気をつけています。他にできる事があれば、アドバイスいただけますと大変嬉しいです。

長くなってしまい、またわかりにくい文章でしたら申し訳ありません。
宜しくお願い致します。
矢野 投稿日: 2021年10月07日 15:39:45 No.1528
PTSDというのは、疾患のイメージとしては、ある程度、成長した後で受けるトラウマです。
デジャブというのは、顕在化していない記憶があるということなので、デジャブがあるというのはそれだけ、顕在化していない記憶があると起きてきます。
一方、小さい頃からのトラウマ(親との関係)でのトラウマがあると、デジャブというのは比較的起きやすくなってきます。

デジャブが頻発すること、現実との境目が分からないという症状については、家族での関わりの問題もあるんじゃないかな…?と思わせる症状なので、お母さんとの関係でずっと悩んでいるという話をきくと、納得できます。

トラウマというのは、累積していくので、お母さんとの問題に、アルバイト先でのいじめの問題が重なっているのでしょうね。

PTSDは、通常は、生死に関わるトラウマになるので、実際の暴力が診断には必要です。言語的ないじめは生死に関わらないという認識なのです。一方、過去にトラウマがあるなどの脆弱な状態だと、生死に関わらないトラウマであっても、PTSDの症状は結構出てきます。

おそらく、ご主人は、小さい頃から不安感・緊張感が強く、なんでもしっかりしておかないと…という感覚があったのではないでしょうか? そのような状況は、強迫症を発症しやすい状況と言えます。


確認に関しては、巻き込まれている場面をどうするか?というより、日常生活の中で認知行動療法をしていく方が重要です。その方法とは、自分が苦手にしていることにあえて挑戦し、「○○やっても大丈夫」という記憶を作っていくのです。例えば、今までの例だと、SNSで自分の家の近くの写真をあげたり、個人情報が書いたメモを公園などのゴミ箱にしてて歩くということをします。

この認知行動療法をやっていくことが重要です。そうすると、「多少、個人情報が漏れていても、まあ大丈夫」という記憶が生まれ、その記憶が、日常生活の不安を落ち着けてくれます。

巻き込みにあった場合は、まず、悪循環になっていることを伝え、認知行動療法をしてみないかと誘ったほうがよいと思います。
また、旦那さんが確認するという方式にできるだけしていく方がよいです。
「何もないからだから、大丈夫」という説得は、効力がほぼないです。なので、「○○があっても、大丈夫」という方が、まだよいです。

以下に強迫症の基本的な部分を解説しているので、こちらも参考にしてください。
https://youtu.be/w3ALHMv_VKM
https://youtu.be/2hlfKsJU2Rw

日常の安心感についてですが、ずっと緊張感を持って生活をしているのではないでしょうか。
そこで、体の感覚が落ち着くという体験ををやっていくと良いです。
例えば、胸に手をあててホッとするとかですね。
https://youtu.be/Wx1TGyynfvg
で詳しく解説しています。

この日常生活の安心感は、PTSDの治療をしていくことも重要だろうと思います。EMDRやソマティック・エクスペリエンシングなども役に立つと思います。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
管理者に連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | この掲示板を支援する