円秋の掲示板


| トップに戻る | 検索 | アルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

お名前
メール
タイトル
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用 )
文字色

買いたいものは色々あって 円秋@管理人 投稿日: 2023年12月07日 23:50:35 No.413 【返信】

物欲にはキリがないというか、欲しいものなど無限に湧いてくるというか。
下で書いた車の話は検討してはいますが、来年はどうにかやり過ごす方向で行く可能性が高そうです。
ロードスターもサンバーもまだ当分手放したくないし、サンバーの代わりの軽ワゴンといえば
エブリイかアトレーかN-VANとそのOEMですが、どれも単純な上位互換にはならず
最小回転半径くらいは目を瞑っても一番大事な積載に関してできなくなることがある、というのが痛い。
積載が完全上位互換なら買い替えるんですけどね。
置き場所や維持費、取り回しやすさなど考えるとNV200やタウンエースへの乗り換えもないし。


連日寝不足が続いていて 円秋@管理人 投稿日: 2023年12月05日 23:12:57 No.412 【返信】

火曜日だというのに既に金曜日のような疲労具合。仕事が立て続けに色々と入っている中で
死にかけた犬の介護をしながらの生活パターンの調整に手間取っております。
気が早いというか今わりと気になっているのが来年の夏の暑さ。
今年はとんでもない暑さでしたが、あれのお陰で自宅の車は次々とエアコンの能力不足が露呈。
39度の気温ではロードスターとサンバーは落第で、シャランとスマートはかろうじて補習受けて通過の感じ。
(ボクスターは員数外)途中代車で借りていたアイシスのエアコンの効きは感動的でしたが、
来年の夏が今年並みに暑いとすると、夏場を乗り切るために車を買ってもいいような気がしてきました(←馬鹿)。
軽ならギリギリ増車できなくもないけど、普通車ならロードスターのドナドナは不可避。
今年の暑さには相当苦労しただけに、割と真剣に考えております。


冬季閉鎖 ロクスケ 投稿日: 2023年12月02日 06:14:55 No.409 【返信】

11月最終日に、リハビリサイクリングw に行ってまいりました。

車をデポしたのは、日航機が墜落した、群馬県上野村、そこから1560mのブドウ峠を越え長野の林道探査、そこから最近、道路修復になった299号十石峠を周回するコース

結果的には、最初の峠で、氷点下の強風で足の筋肉がこわばってきて撤退

先月の乗鞍と奥日光で足を着き損ねて、10回くらい右に左に転倒してましてw

今回それは無かったものの・・・・ 寒さは、筋肉にはマイナスですね

リハビリ的には、降車時、XMAXのサイドスタンドに足が届くようになったのと、発進時に左足がステップにすんなり上がるようになりました。

股関節の左右への開きも増してきたので、来年は900RSに乗れそう?です。

菊池様の投稿を見まして、バイク、自転車の友人が還暦直前で大腿骨骨折、私の経験を踏まえて言いますと、手術で筋肉を開くことによる炎症で筋肉が痛む、この回復には個人差もありますが、大体時間がかかる

ちなみにその友人、その後、反対側の脛も骨折、骨粗鬆症? 歩けますが筋肉が硬くて、バイクや自転車に乗るための膝が曲がらないそうです。

今月で事故から3年半経ちますが自転車が趣味で良かったとしみじみと思います。



円秋@管理人 投稿日: 2023年12月05日 23:03:43 No.411
遅くなりました。
岐阜の市内でも一昨日初めて今季初霜が降りて、ようやく寒くなったかと実感しております(本日初めて暖房を使用)。
リハビリサイクリングお疲れ様でした。状況に応じてクレバーに撤退する判断を下せることは
走り続けるためにはとても大事だと思っております。
円秋も以前冬の宗谷岬で撤退する判断をした時には悔しかったのなんの(*´ω`*)
古い知り合いで当時バイク仲間が毎年一人くらいずつ事故で死んでいるなんてのがおりましたが、
はっきり言えばそんなのは若気の至りでもなんでもない。私に言わせればリスク管理ができてないだけです。
趣味は安全に楽しく続けましょうd( ̄  ̄)


連日仕事がハードなのに加え 円秋@管理人 投稿日: 2023年12月02日 23:49:10 No.410 【返信】

先週から飼っている犬の健康状態が悪化しており、世話で疲労が蓄積しております。
あと4ヶ月生きたら17歳ですからおそらく奴にはレインボーブリッジが見えているのではないかと思いますが
生活リズムが昼夜逆転していて夜中に何度も起こされるのはかなわん_:(´ཀ`」 ∠):
明日は仕事で休日出勤。その後は食事会やら日曜は義母を連れて買い物やら、週末も用事は目白押し。
年賀状もそろそろ作り始めなくてはいかんのだけど、今年はネタにできる写真あるかなあ・・・。

・・・というのを投稿したつもりだったのだけど、投稿がうまくいってない。
どうも気に入らんな・・・。たまたまバックアップがあったから良かったけど。
今日は休日出勤が予想していた以上にハードで、平日よりよほど忙しかった(*´ω`*)
今年は例年になく忙しい師走になりそうだな・・・。


血洗島 ロクスケ 投稿日: 2023年11月28日 03:17:50 No.406 【返信】

よく使う交差点、おどろおどろしい地名ですが、かの渋沢栄一翁の出身地、由来があるにせよ凄い地名ですねw

円秋@管理人 投稿日: 2023年12月02日 00:17:32 No.408
返信を投稿したつもりでしたが、うまくいっていなかったようです。申し訳ありません。
すごい地名ですなあ・・・。
こういう地名は大抵何か由来があるのが通例ですから・・・と思ったら、
渋沢栄一記念館のHPにも載ってますね。なるほど。
岐阜にも青墓という地名がありますが、他にも旧加納城下町の辺りには
加納鉄砲町・加納徳川町・加納長刀堀・加納御車町・加納矢場町といかにも由来がありそうな地名が残っております。
尻毛などという地名もありますが、これの由来は不明(^^;)


ご無沙汰しておりました。 菊池(K1100LT) 投稿日: 2023年11月27日 18:00:48 No.404 【返信】

円秋さん、お久しぶりです。

しばらく掲示板から遠ざかってました。
その間、アフリカツイン乗ったりしてましたが、3年前に右直事故を喰らい全損廃車になりました。
おまけに大腿骨骨折になり、3ヶ月以上入院する羽目になりました。
あの時に遠路はるばるお見舞いにいらしてくれてありがとうございました。m(_ _)m
K1100LTは休車中ですが、部品が生産終了していたりディーラーが修理受付をしてくれなくなったりで現在処遇を考えております。

最近、セカンドバイクをマジェスティSからXMAXの最新型に切り替えました。
燃費も街乗り中心で33km/l、遠出して40km/l行った事もありましたが早めのペースで大体は37km/lに落ち着いております。
昔のビクスクブームの時のとは全く別物ですね。
15インチのハイホイールタイプでもあるので安定性も高いと思いました。

R1300GS見てきましたが、円秋さんと思いは概ね同じです。
そろそろ大排気量化には限界が見えて来るのではないかと見ています。
アクティブクルーズコントロールや車間距離警報やブレーキが掛かる装置などハイテク化がなされ、やたらとコスト高になり過ぎてるのが果たして良いのか疑問を呈したいですね。
もはや高級というより単なる高額車と見てます。


円秋@管理人 投稿日: 2023年11月29日 23:50:25 No.407
遅くなりましたが、お疲れ様でした。ビッグスクーターブームの時は基本的にクルーザータイプのスクーターが
人気の中心でしたが、今はフォルツァの変遷見てるとわかりやすいですがシート高を上げてポジションを立たせて
運動性能を上げる方向ですね。日本より海外が主戦場になったためにあちらの意向が優先されているのでしょうが
基本的には賛成です。ただゆったりとリラックスして乗るには昔の方が良かったかな・・・とも思いますね。
日本でビッグスクーターにガチで運動性能を要求する人は少数派なわけですし。

名古屋のモビリティショーは誤解を恐れず言えば東京の劣化コピーですが、それでも人混みが圧倒的に少ない分
一台一台をある程度じっくり見れるのは東京にはない大きな強み。
MAZDA ICONIC SPなど、東京では写真撮るだけに車を取り巻く十重二十重の一般人
(十重二十重という表現は比喩ではない)をかき分けるか、数十メートルの行列に並ばないといけませんでしたが、
名古屋なら数秒待てば最前列で見られるというのは実に有難い。
改めて見ていると色々と発見がありました。
しかし、SNSでも時々書いてますがセダンという形式の社会的な退潮は責任の半分くらいはメーカーにある気がします。
日本のミニバン王国化は欧州に先駆けてましたが、欧州が遅れたのはやはり、走行性能の問題が大きいでしょう。
ミニバンがセダンに比べて劣るところは何か、と考えると室内が広いこと以外のほとんど全てですが、
走行性能があまり重視されない環境、つまり道路の混雑と平均速度の低下が増えてくると、スピードを出さないから
横風に弱くても車体剛性が低くても操安が落ちても風切り音がうるさくてもそれほど問題が顕在化せず、
空気抵抗が増えても燃費の差はそれほど広がらなくなる。相対的に、室内が広くて快適というメリットが
クローズアップされてくるわけですな。
ここから先は推論が混じりますが、クロカン車など昔からあったわけで各メーカーも横目で見てたでしょうが
高級SUVの世界的なブームの嚆矢はおそらくBMWのX5やポルシェのカイエンあたり。
どちらも当時新ジャンルへの参入だったので既存の車種とカニバリズムに陥らず、実際売れましたし
車体が大きければ設計をギチギチに詰めなくてもいいので基本設計が楽、
BMWならセダンのプラットフォームに井桁組んで嵩上げすれば基本設計が大体できてしまうというお手軽さに反して
当時は付加価値モデルだったので利幅も取れる、ミニバンほど世帯じみておらずそこそこスポーティに見える、
全高が高ければ室内高も稼げて室内を広くできるといったメリットが出てきました。
後付けですが床下の厚みを持たせやすいのでそこに電池を敷き詰めて車体と剛結すればバッテリーの搭載スペースを
事故に対して強い位置に確保しつつ低重心化を果たし、更にフロア剛性も上げられるというメリットも発生。

んで、セダンはそこで保守本流の流れに乗っていけば良かったと個人的には思いますが(メーカーのリサーチ結果は知らんけど)
メルセデスがはっきり言えば発想はカリーナEDのパクリだったCLSを出してこれが売れたこと、
プジョーのリサーチ結果では「セダンの後席に乗るのはまだ成長しきっていない子供がほとんど」だったことで
リヤシートを意図的に狭くしてでもスタイル優先に振った(結果的にあれほど失敗したFMCも珍しいと思うけど)
407を出した辺りから、室内の広さを求める客はSUVに任せ、セダンは開発費の都合で2ドアクーペと統合させて
4ドアクーペルックにして、室内が狭くなっても見た目の格好と運動性能を優先される方向に振るのが
世界的な潮流になりました。しかし、カリーナEDは結局人気を失って生産終了になった歴史を持ち出すまでもなく
クーペはともかくセダンは元々実用車。日本の軽で一番売れているのが値段が高く重くて運動性能の低い
N-BOXだというのが象徴的ですが、ユーザーの最大のボリュームゾーンは大衆車であり、実用車を買うんです。
そして、室内の広さというのは非常にわかりやすいセールスポイント。
ハンドリングや乗り心地などディーラーでシートに座ってもわかりませんが、室内の広さは一発でわかる。
かくして、いみじくも現行カムリの発表会でトヨタの主査が「ユーザーが買いたいと思うような格好いいセダンを作った」
と発言したことでああ、トヨタも全然わかってねえなと思いましたが(昔ビスタがこけた例は同情の要素として考慮すべきでしょうが)、
その結果外寸の割に室内は狭くなり、視界は悪くなり、でっかい4ドアクーペのようになってしまった。
その考え方こそ、セダンが売れなくなった理由そのものですよ。メーカーが自分で売れる要素を放棄したんです。
明らかにメーカーとして間違った道に進んでいると思いますが、今それを全力でやってるのがドイツ御三家ですね。
新型の5シリーズのパッケージングなど、最悪に近いですよ。アウディもよろしくない。
今のBYDのデザイナーはアウディからヘッドハンティングされた人ですが、
移籍後の方がいい仕事をしているというのはブランドとしてどうよと思いますね。


本日死ぬほど忙しいため 円秋@管理人 投稿日: 2023年11月28日 00:06:37 No.405 【返信】

すみませんがレスはまた明日にm(_ _)m


<< | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | >>


Powered by Rara掲示板
管理者に連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | スポンサー募集