掲示板
| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

お名前
メール
タイトル
URL
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色

教訓おきな草 牛原清泉 投稿日:2016年03月24日 09:21:07 No.227 【返信】

     礼譲

今の人の礼といふは 身容(なりかたち)の威儀をかは刷(つら)ふ事より
膳のすへやうは 飯の喰やうは 角(かく)するものと 
その信を弁(わき)まへ侍(はべ)るを 礼と思へども これらは皆 
礼譲(れいじょう)の第二義にて 表一通りの事也(ことなり)
誠の礼譲といふは つつしみ敬ふ事を本ととす
我父母より舅姑(しうと、しうとめ)兄、夫を初(はじめ)として 
惣(すべ)て 我より上(かみ)ざたなる人に対しては 
真実心(しんじつしん)をもって つつしみ敬ひ 
我が身をへりくだりて 先だたぬを礼譲の 第一義とする也 
然れども 處(ところ)で尊敬すまじき人に 礼譲の過ぎたるも
 洩(へつら)ひなれば 其の分限(ぶんげん)をしるべきもの也 






教訓おきな草 名無し 投稿日:2016年03月17日 19:07:39 No.223 【返信】


  教育

婦人懐胎(かいたい)して 未だ産まれざる内より胎教(たいきょう)して 母親の身をつくしみ かりそめにも 悪(あし)き事を見ず聞かず 身に触れず 正しき道を 我が身に行ふる胎内の子に 教える道理を胎教といふ也 既に産まれ出ては襁?(むつき)の中の教へあり 成人するにしたがひ 父の教へは母に十倍すといへども その子の悪しき習はしを 陰(ひそか)に諫化(いさめか)する事は 母の教へ父よりも十(ばい)すといへり 誠に父母の教へ正しからざれば その子よき道をしらず 悪き方(かた)に引かれやすき習ひにて 悪人となる者なり 父母に不孝なるは 父母の正しき教へなき故也(ゆへなり)  





教訓おきな草 牛原山人 投稿日:2016年03月07日 10:22:39 No.222 【返信】

慈悲

物を育(めぐ)み慈(いつく)しむ 心の深きを慈悲といふ
 我召しつるひの下人下女に 慈愛あるはいふまでもなし  
至極の道理なくば虫蜲(けう)の 命も絶つまじきなり 
されば西行の詞にも 山深くわけ入て心を澄まさんより 
大悲の深かるんは まさりて覚ゆるといへり 
所々に千々の草木の 種は多けれとも ただひとつの雨に
恵み初(そめ)て春の花に 仁愛の徳の色をあらはす 譬(たとへ)は
父母の子を育(めぐ)み養ひて成長立つるがごとく 外より強いたるにも非ず
名聞(めいもん)のためにも非ず 
慈悲心(じきしん)お厚き所也 





教訓おきな草 牛原山人 投稿日:2016年03月07日 09:52:56 No.221 【返信】

     孝行

 生きとし生けるもの誰か子を愛せざらん 梁の燕 野の雉子はさらなり
  虫 に至るまで子に惑ふならひ 自然に出て貴賤の扁だてはあらじ 
 さるゆへ 親の恩の高き事 泰山も何ならず  蒼海も浅かるべし
 誰しも我が身を愛せさるものなし 我身を愛する心をもって 父母を愛し
 敬ひ侍らば おのづから神の訓彦(さとしひこ)の教 仏の情にもかなひ侍らん
 孝行は万行の長たりといへば 忽(ゆるが)せにすべからず 





伊豆の長八 生誕200年 牛原山人 投稿日:2015年08月18日 18:02:47 No.199 【返信】

名工 入江長八

鏝先の妙なる業(わざ)は松崎の名も世の中にひろくしられつ

雲を呼び空を趣けむ其のさまの龍の技術(わざ)ぞ実にもすぐれし

つき榊伊豆を名に負ふ入江大人(うし)鏝の聖よその道の神





終戦70年 平和を祈る 山人 投稿日:2015年07月26日 13:51:14 No.195 【返信】

今年は大東亜戦争終結七十年の節目の年です。

英霊に感謝と慰霊の真心を捧げましょう。

靖国神社及び護国神社は、幕末維新以来、日清戦争や日露戦争、大東亜戦争などの国難に際して、我が国のために尽くし、尊い命を捧げられた方々の御霊をお祀りする神社です。

松崎護国神社は、郷土松崎の出身者560有余柱をお祀りしています。

御祭神は、今日暮らす人々を、日々あたたかく見守っています。

英霊に守っていただいた国に、私たちは生きています。

その時代に生きた人々が何を目にし、何を感じていたのか。

そこにある大切な心をかみしめ、今日を生きる私たちが、

英霊に対する感謝と慰霊の心をもって、日本の素晴らしい国柄を

次の世代に伝えてゆきたいものです。







烏の三番叟 山人 投稿日:2015年06月27日 18:21:02 No.193 【返信】

神のお使いとして、カラスが烏帽子(えぼし)をかぶり
三番叟を舞っているところです。

羽には千秋万歳、背には天下泰平の字が書かれた衣装を
着ています。

    国土安穏の御祈祷なり。





<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>
記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
- 掲示板管理者へ連絡 - 新着投稿をメールで受け取る -