掲示板
| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

お名前
メール
タイトル
URL
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色

明治の和歌 山人 投稿日:2012年05月02日 16:23:08 No.92 【Home】 【返信】

明治20年<br><br>       松下納涼<br>松かげやしずしとここに立よればあつさをよそに浪の音かな<br><br>すみのえや松よりをろす風すらも千とせをのぶるここちこそすれ<br><br>夏としもおもわれもせで松かげのしたふく風の音そすゝしき<br><br> 烏<br>明ぬとておきゆく鳥有明の月にうかれて時なたかへそ<br><br>なかし春里の林の夕まくれひとりいねじとあらそひにけり<br><br>



明治の和歌 山人 投稿日:2012年04月20日 11:49:02 No.91 【Home】 【返信】

明治十九年<br>      伊那下神社<br>        奉詠御次第<br><br>      寒蘆   近藤有寿<br>芦の葉も霜枯れ果てゝよる浪の音も寒けき和かの浦風<br><br> 依田簡文<br>きえにし月まつ舟の梶枕 かれふす芦の音ぞ身にしむ<br><br><br>      有訪恋 <br> 簡重<br>うきふしのたちへだたりて片原のよりもえあはぬ中ぞくるしき<br><br>うき身にもかかるべしとはおもひきや月に芦むらぐ花にあらしも<br> 直吉<br> ち鳥もやとりかぬらん浦風に吹みだれたるあしのむらたち<br>



明治の和歌 山人 投稿日:2012年03月24日 06:37:18 No.90 【Home】 【返信】

明治十九年<br>      伊那下神社<br>        奉詠御次第<br><br>      池水波静御題<br><br>さやきなき石を清すみの池の面にあそふく鯉の影ぞゆかしき<br><br>静なるみよのみたみやおもふらん池のこころもおなじ世の中<br><br>君か代をいはふいわれの池なきに千代をふかめてあそぶ白鶴かな<br><br><br>      猪戸温泉をよめる<br><br>効ある猪戸温泉は名も今にゆききし人の一夜ゆるさじ<br>



明治の和歌 山人 投稿日:2012年03月06日 17:58:31 No.88 【Home】 【返信】

明治十九年<br>      伊那下神社<br>        奉詠御次第<br> 僧<br>我盧は松のむれたつおく山のふかきこころを人しらめやも<br><br>いつくにか我世はへなんふるころもきなくの山にいをりせなまし<br><br>世をすてゝこころつくしの草枕よしや野岩と消へはゆくとも<br>



明治の和歌 山人 投稿日:2012年03月06日 17:37:04 No.87 【Home】 【返信】

<br>明治十九年<br>      伊那下神社<br>        奉詠御次第<br><br>       十五夜<br>今宵こそめでゝみよかし世の人のわきてさやけき月の影かな<br><br>       暮秋<br>ゆく秋のわかれをおしむ虫の音をきく我さへも悲しかりけり<br><br>ちるをだにのこせ嵐もみじ葉をおりてかざらん秋のかたみに<br><br>秋はけふかぎりなればきりぎりす聲よたりけになくそわびしき<br>



明治の和歌 山人 投稿日:2012年03月01日 17:26:45 No.86 【Home】 【返信】

明治十九年<br>      伊那下神社<br>        奉詠御次第<br>       山家<br>音にだに聞けば淋しさまさりける山里遠み嶺のこがらし<br><br>世中のことのしげきに意ふればなを山が家は飽よしもかな<br><br>にごり水やすめば都と山里も世のうきよりはまさりぬるかな<br>



明治の和歌 山人 投稿日:2012年02月20日 16:43:54 No.85 【Home】 【返信】

明治十九年<br>      伊那下神社<br>        奉詠御次第<br>     紅葉<br>おぐら山時雨の後ぞおもひかる木々の梢も紅葉しぬらし<br><br>から錦おりかくばかり小くら山峯の梢も千々にそめけり<br><br>紅葉のちりかふ時は竜田水さくにをくようおるここちせり<br>



<< | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | >>
記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
- 掲示板管理者へ連絡 - 新着投稿をメールで受け取る -