蛾の掲示板
蛾の掲示板
[トップに戻る] [ホーム] [ワード検索] [フォトアルバム] [管理用] [▼掲示板作るならRara掲示板]

南四国で出会った虫たちを蛾を中心に紹介しています。
蛾に限らず虫なら何でも投稿歓迎!


お名前
Eメール
タイトル
URL
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色

あけましておめでとうございます。 YAMKEN 投稿日:2017年01月02日 05:54:28 No.3293 【返信】
本年もよろしくお願いいたします。
早速の賀状ありがとうございます。ここで発表されていた綺麗な迷蝶ですね。
私も昨年に迷蛾と思われるものに出会っています。 アトボシホウジャク です。
日本で発表されているのは、奄美以南亜種と九州・対馬亜種なので北上中で定着しようとしているのかもしれませんが・・・。

話が変わるのですが、貴殿のお使いになっているこの掲示板の様子はいかがでしょうか?。
実は私の掲示板が昨年掲示板荒らしにあい止む無くしばらく閉鎖していました。
昨年末に取り敢えず再開させましたが使用ソフトの変更を考えています。
使用感などをお教えいただければと・・・・。


Re: あけましておめでとうございます。 nabe 投稿日:2017年01月02日 13:02:57 No.3294 【Home】
こちらこそどうかよろしくお願いいたします。
アトボシホウジャクいいですね。
四国にも侵入していると思いますが、こちらではまだ出会ったことありません。
多分たくさんいるクロホウジャクやホシホウジャク、ヒメクロホウジャクなどに混ざって見落としているのではと思われます。

掲示板の件ですが、この掲示板は開設無料の上、一度に3画像を並べて投稿できる部分が気に入りこれに決めました。
この蛾の掲示板も開設してまもなく勧誘・宣伝投稿のスパムが多数になり困ったので、管理用の基本設定部分で迷惑投稿を防ぐため、代行メール配信、メールブロック、URLブロック等で禁止設定に変更しました。
こうすることでスパムが全くなくなり問題解決しました。
ただしそうすると、こちらもコメントにURLをつけてリンクできなくなる不便さも出てしまいますが、仕方ないと我慢しています。



日本産ゴミムシダマシ大図鑑 nabe 投稿日:2016年12月23日 15:28:20 No.3292 【Home】 【返信】
専門分野ではないのでどうしようかためらっていましたが発行部数が少なく、もし後で欲しくなっても手に入らないかもしれないと考え、むし社の「日本産ゴミムシダマシ大図鑑」を購入したので紹介します。
A4 304pp.(カラープレート128pp.含) 箱入り.
日本産ゴミムシダマシ464種1472頭の標本がカラー写真で掲載された究極の大図鑑です。
図は大きくてとても鮮明な画像で同定が容易です。
生態写真や全ての種について詳細な解説、珍品度もついていて収集していなくても結構楽しめるすばらしい図鑑です。





キンスジノメイガ nabe 投稿日:2016年10月26日 19:49:24 No.3274 【Home】 【返信】
ブログの方でも紹介しましたが、10月20日に土佐清水市でライトトラップしたとき久しぶりに美しいキンスジノメイガが飛来(左画像)しました。
キンスジノメイガはあまり出会うことがないので興味がわき、翌日自宅で調べると幼虫はナンバンギセルを食べるとわかりました。
なるほど、ライトトラップ周辺でいくつか花を見ていた(中央画像)ので、昨日再度現地に出向き花を20本ほど摘んで自宅に持ち帰り本日幼虫を探してみました。
その結果、1本だけ体長13mmほどの白い幼虫(右画像)が見つかりました。
他にナンバンギセルを食べる蛾の幼虫は現在見あたらないので、多分これがギンスジノメイガの幼虫なのでしょう。
念のため飼育して羽化させてみるつもりです。


ナンバンギセルを食べる蛾 nabe 投稿日:2016年11月13日 21:31:43 No.3282 【Home】
ナンバンギセルを食べることが知られているキンスジノメイガの幼虫は後日、蛾類通信234で発表されていることがわかり、幼虫画像を照らし合わせて確認できました。
ところが、持ち帰ったナンバンギセルを保管していると中から別種と思われる体長8mmほどの幼虫(左画像)も数頭現れて次々と蛹化(中央画像)しました。
何だろうとそのままにしておくと昨日トリバガが羽化(右画像)しました。
トリバガの同定は苦手なので日頃見てもほとんどスルーしていましたが、今回は何とか種名を知りたくて調べ、背中が灰白色で前翅側縁近くに明瞭な白色の横線があること、広食性であること、発生の季節などから自信はありませんがトキンソウトリバと同定しました。
もし誤同定でしたらご存じの方はご教示お願いします。


Re: キンスジノメイガ nabe 投稿日:2016年11月13日 21:41:06 No.3283 【Home】
中にはこのような緑色の蛹も混じっています。
この蛹はまだ羽化していませんが、現時点ではこれもトキンソウトリバではないかと思っています。


ナンバンギセルを食べる蛾 nabe 投稿日:2016年11月14日 11:28:32 No.3284 【Home】
ナンバンゴセルからはもう一種ヤガ科の幼虫も出現しました。
左画像は体長12mmでハスモンヨトウと思われます。
この時点ではナンバンギセルはすべて枯れてしまっており、まだ終齢幼虫ではないためエサが足りません。
そこで幼虫を別の容器に移し替えキャベツを与えてみましたがあまり食べません。
なので、自宅の小さな家庭菜園にあるジャガイモの葉を摘んで与えてみると食べ始め、現在体長20mmほどに成長(右画像)してハスモンヨトウの特徴的な黒紋模様が現れてきました。

キンスジノメイガがナンバンギセルを食べることは公表され一般に知られていますが、それ以外にトキンソウトリバやハスモンヨトウも食べるというのは探した限りでは見つからなので新情報と思われます。
トキンソウトリバやハスモンヨトウそのものは普通種で広食性なので、どうって言うほどの情報ではないかもしれませんが、自分にとって今回ナンバンギセルという葉緑素をもたない特殊な植物からの予想外の出現がとても興味深い生態の発見になりました。


キンスジノメイガの羽化 nabe 投稿日:2016年11月15日 18:09:16 No.3285 【Home】
今朝見るとキンスジノメイガが羽化していました。
この季節になれば羽化はもう来年になるだろうと思っていたので驚きです。


ハスモンヨトウの羽化 nabe 投稿日:2016年12月21日 14:39:34 No.3291 【Home】
ナンバンギセルを食べることがわかったハスモンヨトウ幼虫はその後、
サツマイモの葉を食べて11月17日には体長40mm(左画像)ほどに成長して数日後に蛹化し(中央画像)、本日の12月21日朝見ると羽化(右画像)していました。





ヤクシマルリシジミ nabe 投稿日:2016年12月10日 12:55:17 No.3290 【Home】 【返信】
我が家の庭に住み着いて毎年見られるヤクシマルリシジミの雌です。
冬の12月に入っても晴れて気温が上がると飛び始め、花壇に植栽しているバラに産卵したり、日光浴をする姿が見られます。
画像は本日12月10日に撮影したもので、3枚とも同じ個体です。
年明けまで生きていられるか、観察したいと思っています。





ルリタテハ nabe 投稿日:2016年12月06日 07:55:54 No.3289 【Home】 【返信】
昨日、自宅車庫で車の屋根に止まっているルリタテハを見ました。
周辺ではあまり見かけないチョウです。
ルリタテハは成虫越冬ですが、この日は暖かい日差しがあったので日光浴をして身体を温めるため現れたのでしょう。
時々翅を開いたり閉じたりしていました。





<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>
記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
- 掲示板管理者へ連絡 - 新着投稿をメールで受け取る -