蛾の掲示板
蛾の掲示板
[トップに戻る] [ホーム] [ワード検索] [フォトアルバム] [管理用] [▼掲示板作るならRara掲示板]

南四国で出会った虫たちを蛾を中心に紹介しています。
蛾に限らず虫なら何でも投稿歓迎!


お名前
Eメール
タイトル
URL
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色

ヤマダカレハの羽化 nabe 投稿日:2016年11月07日 18:20:04 No.3279 【Home】 【返信】
昨年2015年11月9日に四国西部で採集してきたヤマダカレハが翌日産卵し、卵越冬して2016年4月18日に体長6mmの幼虫が孵化しました。
そこでクヌギの葉を与えて飼育したところ順調に育ち、8月3日には体長90mmほどに成長し(左画像)、まもなく繭をつくり蛹化しました。
その後すっかり忘れていましたが今朝そろそろではないかとふと思いだして飼育容器をのぞくと1雄(中央画像)と2雌が羽化していました。
雌はすでに交尾を済ませたらしく産卵していました(右画像)。
1年かかった長い飼育でした。

なお、ついでに繭や蛹も撮影しておこうと枯葉をめくって繭を取り出したら、手がチクチクしたのでよく見ると多数の細かい毒針毛が刺さっていて取り除くのが大変でした。
毒針はあまりにも細くて短くピンセットでもつまめなく、しかも数が多くてかなり取り残しができました。
幼虫は強い毒があることは知っていたので触れないよう十分気をつけましたが、繭になったならもう大丈夫と油断したのが間違いでした。
数日は痛みが残りそうです。
ヤマダカレハの繭(蛹)を探すときは用心してくださいね。





★ご教示・・・感謝御礼! 夢蛾夢虫 投稿日:2016年11月01日 08:28:04 No.3278 【返信】
拝啓 生涯で初対面の生物は本当に不思議満載で、

シックでお洒落な翅衣装は宝島の絵地図の如し。

種名も含め多くの謎解きにワクワクですね♬





クロモンシタバに大感激! 夢蛾夢虫 投稿日:2016年10月31日 20:21:15 No.3275 【返信】
★毎度ご教示有難う御座います!
さて今夜、レデイー蛾蛾にはほど遠い女房が、
「洗濯物の下にヘンな蛾が死んどる!」と。
・・・見れば、「超憧れのクロモンシタバではないか!!」と大興奮。

添付写真に間違いなければ、現在の分布状況はいかがなんでしょうか?



Re: クロモンシタバに大感激! nabe 投稿日:2016年11月01日 08:25:30 No.3277 【Home】
クロモンシタバいいですねえ。
おめでとうございます。
移動性のとても強い種で、四国では海岸付近から標高1000m以上の四国山地にかけて広範囲で散発的に見つかっています。
年数回発生するようで、一番遅く見つけた私のこれまでの記録は11月30日なので、かなり寒くなっても成虫が見られます。
幼虫はヌルデを食べることがわかっています。
四国ではヌルデは低地から標高1000m以下にかけてどこの山でもごく普通に見られます。



鱗翅類学入門 nabe 投稿日:2016年10月23日 10:57:46 No.3273 【Home】 【返信】
先日、「鱗翅類学入門 飼育・解剖・DNA研究のテクニック」を購入してみました。
那須義次・広瀬俊哉・吉安裕編著,2016年8月20日発行,308p,東海大学出版部.

これは生物の多様性研究、生態学、進化学的な研究を行う上で必要な研究を基礎的なテクニックである採集、標本作製、解剖、形態観察、DNA研究などを鱗翅類を通してビジュアルに解説する昆虫研究の入門書です。
アマチュアの自分にとっては難しすぎると思っていましたが、採集や飼育や微小蛾標本作製方法面で役立つこともあるかと思い迷った末購入してみました。
内容は全体的にはやはり高度すぎましたが随所新たな知見もあり、持っていて損はないと思いました。
この先、冬になり時間がとれたときに勉強のつもりでじっくり見直すようにします。





キマダラカメムシ nabe 投稿日:2016年10月20日 12:54:12 No.3272 【Home】 【返信】
先ほど我が家の室内に見慣れない美しいカメムシがいたので外に出して撮影しました。
図鑑を取り出し調べるとそれはキマダラカメムシでした。
南方系で本来九州以西に分布し、近年分布を広げ北上していて本州西部や四国で発見されるものは台湾からの移入によるものと考えられているようです。





<< | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | >>
記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
- 掲示板管理者へ連絡 - 新着投稿をメールで受け取る -