蛾の掲示板
蛾の掲示板
[トップに戻る] [ホーム] [ワード検索] [フォトアルバム] [管理用] [▼掲示板作るならRara掲示板]

南四国で出会った虫たちを蛾を中心に紹介しています。
蛾に限らず虫なら何でも投稿歓迎!


お名前
Eメール
タイトル
URL
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色

イチジクヒトリモドキ幼虫 nabe 投稿日:2017年09月30日 12:58:47 No.3417 【Home】 【返信】
今年はイチジクヒトリモドキが発生しているのか、毎年自宅周辺に植栽されているイチジクの木を見回り調査しています。
1ヶ月前は見つかりませんでしたが、昨日探しに行くと体長5mmほどの幼虫(左と中央画像)が見つかり、2005年に最初に見つけて以後、今年も連続して生息していることがわかりました。
イチジク栽培農家にとっては嫌われ者ですが、こちら蛾屋としてはまた出会うと嬉しくなります。
右画像は3年前に飼育羽化させた成虫です。


Re: イチジクヒトリモドキ幼虫 nabe 投稿日:2017年10月05日 20:34:31 No.3428 【Home】
撮影と飼育観察のために体長5mmのイチジクヒトリモドキ幼虫を1頭だけ持ち帰り飼育したところ、9月5日に測定すると21mm(画像)に成長しました。
あまり明るくない室内で飼育したので保護色なのか、真っ黒い幼虫になりました。


Re: イチジクヒトリモドキ幼虫 nabe 投稿日:2017年10月09日 16:36:51 No.3439 【Home】
イチジクヒトリモドキの幼虫の色彩は個体変異がありますが、現在飼育しているこれほど黒い幼虫は初めてです。
飼育環境により色合いが決まるのか気になったので再び同じイチジクの木に行き、採集し残した野外の幼虫の色を確かめてきました。
見るとそこにいる幼虫はどれもすべて同様に黒かったので、飼育環境は関係なく遺伝的な要因かもしれません。
体長は目測25mmほどでした。


Re: イチジクヒトリモドキ幼虫 nabe 投稿日:2017年10月09日 16:49:45 No.3440 【Home】
現在飼育している幼虫の方は体長30mmと少し大きく、今日は葉から降りて飼育容器の底に糸を出して糞を綴り簡素な繭室らしきものを作り始めたので、近く蛹になるかもしれません。

Re: イチジクヒトリモドキ幼虫 nabe 投稿日:2017年10月12日 11:46:58 No.3442 【Home】
今朝見ると葉の下で蛹になっていました。

イチジクヒトリモドキの羽化 nabe 投稿日:2017年10月28日 11:32:27 No.3454 【Home】
10月28日の今朝、イチジクヒトリモドキの雄が羽化していました。
何度見てもこの色模様の奇異には圧倒させられます。





日本鱗翅学会第64回大会(仙台) nabe 投稿日:2017年10月26日 11:56:51 No.3453 【Home】 【返信】
日本鱗翅学会第64回大会
会場:東北大学青葉山新キャンパス青葉山コモンズ
宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
日程:2017年11月4日(土)~11月5日(日)
 4日(土)13:00~ シンポジウム、一般講演、懇親会
 5日(日) 9:00~ 特別講演、一般講演、小集会、総会、自然保護委員会





再度同定宜しくです。 ノゾピー 投稿日:2017年10月23日 10:20:17 No.3449 【返信】
nabe様
再度同定宜しくお願いします。10/23奈良市内で撮影しました。大きさは約3cmでした。


Re: 再度同定宜しくです。 nabe 投稿日:2017年10月23日 20:55:38 No.3450 【Home】
西日本に分布しているスズメガ科のフリッツェホウジャクでしょう。
成虫越冬で、こちらでは厳冬期の1~2月を除くと1年中見られます。
Re: 再度同定宜しくです。 ノゾピー 投稿日:2017年10月25日 11:04:41 No.3452
nabe様
ありがとうございます。
スズメガの仲間ということは分かりましたが、ホウジャクの仲間でしたか。
私、ホシホウジャクしか知りません。
珍の名前らしいけど、普通種のようですね。




日高村 トンボ観察図鑑 nabe 投稿日:2017年10月23日 21:41:31 No.3451 【Home】 【返信】
このトンボ図鑑は書店には置いていません。
日高村の道の駅に行けばあるとのことで、先日通りかかった時に立ち寄り購入しました。
A5版、160頁、価格1,000円(税込)、平成29年3月31日 日高村発行
この図鑑は日高村で見られるトンボ73種の生態写真、成虫と終齢幼虫の標本を実物大写真で載せています。
中でも成虫は雄と雌を側面と背面写真で、未熟の雄と雌、老熟個体までも標本写真がついていて、同定に役立つ見分けポイントを初心者にも矢印をつけてわかりやすく解説しており、これほど詳しく親切な図鑑ははじめてです。
種によっては雌雄の頭部や尾部付属器の写真までもついています。
日頃トンボは収集していませんが、見かけると生態写真は撮ることがあるので、この図鑑があればこれまでわかりにくかったトンボの同定にかなり役立ちそうで、特に高知県の方にとってはお勧めです。
トンボに限らず、すべての昆虫をこのような形式の図鑑で発行してほしいものです。





無題 ノゾピー 投稿日:2017年10月21日 09:30:07 No.3448 【返信】
nabe様
どうもありがとうございました。
すっきりしました。
蛾は奥深いですね。
今後ともよろしくお願いいたします。





<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>
記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
- 掲示板管理者へ連絡 - 新着投稿をメールで受け取る -