今こそ日本改造法案大綱を目指すべし・まだ飛んでるよ


| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

お名前
メール
タイトル
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用 )
文字色

皆同じ意見 じいさま 投稿日: 2022年09月05日 10:36:45 No.90 【返信】

そうですよね、厳しい勉学、訓練に強い強い思いを持って耐えられてこられました同期会の皆さんですから。
アメリカに泣きつく前に、アメリカに、仲介をと四中長に泣きついてきます、その時戦後取られたものを返していただき+油、ガスの利権を頂戴するということで、お願いできませんか。ダメですかね。
紅の狸 投稿日: 2022年09月06日 05:26:31 No.92
補中長、この一番大事な時に、岸田という戦後最低のカスの所業を、見るにつけ、また、有象無象(うぞうむぞう)の政治屋どもの、ゴキブリ三昧….虫酸(むしず)が走りますね。政治に乗り出すには、ちと年を取りすぎましたが、最後のご奉公、政治団体・日本党なるものを立ち上げますか(笑)


千載一遇のチャンス 紅の狸 投稿日: 2022年09月06日 05:18:07 No.91 【返信】

露助解体まで追い込んで収奪したものを、吐き出させる。ちゃん○ロも珍宝島をはじめ、相当数の領土があり、このおいしい餌にありつくため、身を粉にして働くに違いない。露助、ちゃんまるろ、くそ鮮、この3つを地球上から除去しない限り、真の平和は来ないと肝に銘じるべきである。


ペリーの墓を掘り起こして、俺の前に連れてこい!! 紅の狸 投稿日: 2022年09月05日 07:07:30 No.87 【返信】

小生には、尊敬すべき2人の人物がいる。松岡洋右翁と石原莞爾将軍のお二人である。高校生の折柄、日本の敗戦の理由を探し求め、行き着いた先におられたのは、この方々である。

満州事変以降、敵は露助と目標を定め、行く先々で「アメリカと絶対に戦争してはならない、真の敵は露助だ」と言い続けた2人。

有為な若者を多数死に追いやり、最終的には原爆投下を許し、かくも悲惨な結果となったが、「船頭誤れは、船は沈む」の例え通り。

さて、ユーチューブに石原将軍が、記載されていたので、ぜひ拝聴していただきたい。またこの事実を小中高校の教材にすべきである。https://www.youtube.com/watch?v=Do-IIkm9IJw


がん細胞は、徹底的に除去する 紅の狸 投稿日: 2022年09月04日 09:04:23 No.86 【返信】

住民を避難させつつ、戦闘を拡大し、露助解体まで、徹底的に、追い込みをかけることです、中途半端に停戦させるなどもってのほか、がん細胞は徹底的に、除去しなければ、なりません。イタチのプー公はじめ、主要閣僚、戦争指導者は、すべてこの世から駆逐しないと、またぞろ再発は火を見るより明らか。

そのうち露助がアメリカなどに泣きついてくることは、間違いなく、絶対に仲介の労など、冗談じゃありません。無条件降伏に追い込み、戦前、火事場泥棒的にだまし取った領土をすべて返還させるよう、仕向けるのです。

これにはチャン○ロの、領土があり、ほいと根性丸出しのちゃんまるろに持ち掛ければ、「アリガトあるね、露助は敵アルネ」という具合に、誘導するのです。腐れ外道どもには、このあたりが得策かも。くそ鮮も早いとここの調子で始末した方が・・・。、

それにしても、我々の同期会、そろいもそろって皆同じ意見、軍歴にあったものは、このような見方をするのです。


軍配は:::? じいさま 投稿日: 2022年09月03日 10:09:27 No.84 【返信】

後は体力勝負、どちらに体力は多く残っているか、たえられるかな?
長引けばどちらも、尊い命が失われます。四中長、早急な停戦手打ち式取り持ってあげて下さい。


アメリカに次ぐ核保有国だった、ウクライナ 紅の狸 投稿日: 2022年09月02日 21:05:17 No.82 【返信】

キエフ(キーウ)からモスクワまで1.650キロ、わかりやすく言えば大阪―青森間です。また、ハリコフからモスクワがちょうど950キロ東京―青森間、思いのほか近距離で、露助、ウクライナ国境に近づけば、距離はまだまだ縮めることができます。

問題は地対空ミサイルですが、これは米国および西側から緊急配備してもらえば良いだけの話。また、核の件ですが、我々同期会のメンバーは、半年前より、当初からウクライナは、相応の核の保有があり、露助には、すべてが引き渡されてはいないと確信しております。露助崩壊まで、露助の核は、すべてウクライナで制作され、1.000発以上の核ミサイルを保有しており、何が、そうやすやすとすべて引き渡すものですか・・・・(笑)

我が国の、マスゴミ、えせ軍事評論家、民間の方々の、読みの甘さと、脳天気ぶりを嘆いてもしょうがないのですが、ゼレンスキー大統領が、クリミアも、東部もすべてを取り戻すといった自信ありげな発言にはこのような裏付けがあることを読み取らなければなりません。


厳寒な季節がくるまえに じいさま 投稿日: 2022年09月02日 10:12:53 No.81 【返信】

そうですか、同期会は強い、命を預けられる仲間ですからね、同じ目的を持ち寝起きを共にし、同じ釜の飯を食い一致団結、苦労を共にした者だけが感じられる特権ですね。

早速、クレムリン赤の広場に中距離弾道ミサイルを、破れかぶれに、お礼に原子力爆弾が来ませんかね:?
このままでは、すべての物品が不足し、世界経済が困窮し奪略戦争に発展しませんかね。四中長、早急のお手配を…お願い奉ります。


<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>


Powered by Rara掲示板
管理者に連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | この掲示板を支援する