野鳥掲示板


| ホーム | ワード検索 | 管理用 |
お名前
メール
タイトル
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用 )
文字色

昨日はど~も・・・ taka 投稿日: 2022年12月06日 11:42:14 No.1020 【返信】

昨日は 寒い中お世話になりました!

お陰様で撮りたいものは何とかなりました
帰りには おいしいお土産まで戴き 家内も喜んでいました 




今日もムナグロ T/I 投稿日: 2022年11月26日 17:07:41 No.1017 【返信】

曇り空の下、今日もムナグロを撮ってきました。
ムナグロは7羽、河口にズグロカモメが2羽居ました。


オーシャン 投稿日: 2022年11月26日 23:37:22 No.1019
 ズグロカモメは世界に何千羽というくらい少ないと
言われていたけど結構あちこちにいて嬉しいですね。
 換羽の始まる3月まで度々見に行きたいと思っています。
 ムナグロはいつまでいるんでしょうね~。


黒い頭巾 うの・ころーる 投稿日: 2022年11月26日 16:09:55 No.1015 【返信】

河口に行ったらまだ頭の黒いズグロカモメの幼鳥が
一生懸命カニ食べていました。


うの・ころーる 投稿日: 2022年11月26日 16:11:52 No.1016
オオソリハシシギも3羽いましたよ。

オーシャン 投稿日: 2022年11月26日 23:33:34 No.1018
このズグロカモメ面白いですね。 この冬どう換羽して
行くか追い掛けたいと思っています。少し白くなってきて
いますね。
 この時期にオオソリハシシギとはまだ渡り終わっていな
いんでしょうか。


水辺の鳥 SHIOさん 投稿日: 2022年11月24日 19:12:21 No.1013 【返信】

秋色狙いで少し大きな池へ行ってきましたが、チャンスが無く。
愛想の良いカワウと愛想の悪いミサゴと時々杭に止まったセグロセキレイで遊んできました。


オーシャン 投稿日: 2022年11月24日 23:04:51 No.1014
秋色というと紅葉ですかね。
 この辺りでも色付いてきていますが鳥たちは少ないので
しばらくお休みです。 
 背黒セキレイのような小さい鳥の飛翔は難しそうですね。


モミジ狙い SHIOさん 投稿日: 2022年11月22日 18:50:22 No.1011 【返信】

モミジをバックに久しぶりに三つ星狙いで行ってきました。
見つけるのが大変な位、遠かったですが何とかGETできました。


オーシャン 投稿日: 2022年11月22日 23:23:13 No.1012
三つの白い星が鮮やかですね。 私も行きたいけどちょっと
行けなくています。
 何年か前に採った幼鳥はこれほど鮮やかではありませんでした。
 紅葉も鮮やかですね。
 


森の人気者 うの・ころーる 投稿日: 2022年11月19日 10:14:33 No.1008 【返信】

今シーズンお初のルリビタキです。
まだ少し青さが足りませんね。


うの・ころーる 投稿日: 2022年11月19日 10:17:36 No.1009
同じところにソウシチョウの群れも
7羽が一度に登場したこともありました。


オーシャン 投稿日: 2022年11月19日 23:22:31 No.1010
ルリビタキ来ましたか。もうそんな時期になるのですね。
 ソウシチョウはだんだん生息地を広げているようですが、
冬によく見かけるのは冬鳥で夏は山の上に行くんでしょうか。
 夏に平地は暑いので山の上に行くんでしょうか。
 そんな疑問を持っています。


お久しぶりでした ふぁるこん 投稿日: 2022年11月18日 22:14:16 No.1006 【返信】

あの後 夕方まで粘りましたが坊主でした。
なので ひと月ほど前の在庫からです・・・


オーシャン 投稿日: 2022年11月19日 08:35:10 No.1007
 コチョウゲンの♂大好きです。 何とか近くで・・・。
 堤防に上がってみましたが、ソーラーパネルがずらりと
並んでいて歩く気力が萎えました。 あれではね~・・!
 ハジロコチドリ微妙ですね。
 


オオハシとアメリカオオハシ SHIOさん 投稿日: 2022年11月17日 19:24:16 No.1003 【返信】

今シーズン久しぶりに夏羽のオオハシシギが撮影できました。
此もアラスカで見たアメリカオオハシと較べて見たが、識別は難しそう。
嘴の長さの差は微妙。胸から腹にかけての色合いの濃さは違いがあるが換羽があるので簡単ではなさそうです。アメリカオオハシの方が眉班の幅が広いように思います、此は冬羽でも同じ様です。前二枚がアメリカオオハシで後ろ一枚がオオハシシギです。


オーシャン 投稿日: 2022年11月17日 20:37:38 No.1004
英名ではショートビルドとロングビルドで差を付けて
いますが、繁殖地は微妙に重なっていないようですね。
 日本にやってくるオオハシシギはロシアの北極海沿岸
で繁殖している個体でしょうか。
 ショートビルドがこちらに来ても識別できそうにない
と思いました。


ヒバリとアメリカヒバリ SHIOさん 投稿日: 2022年11月15日 19:30:08 No.1000 【返信】

今シーズンはヒバリシギのサービスのよい子が居て色んな姿が撮れた。
以前アラスカで見たアメリカヒバリシギと較べてみたが、識別は難しい。
嘴の長さや中指の長さの差は微妙。下嘴の根元の色の差は少しありそう。
脚の長さや額の角度も少しありそうだが、もしやって来ても識別は大変
前二枚がアメリカヒバリで後ろ一枚がヒバリシギ。


オーシャン 投稿日: 2022年11月15日 22:40:14 No.1002
 何となく違うような気がするけど来ても判らないでしょうね。
 日本のヒバリシギの方が大人しそうに見えるけど・・・。
 印刷してじっくり拝見します。 有難うございました。


ムナグロ T/I 投稿日: 2022年11月14日 17:43:01 No.999 【返信】

こんばんは。
ムナグロが8羽居ました。
今日は天気は良かったのですが、風が強くて少し寒かったです。


オーシャン 投稿日: 2022年11月15日 22:36:37 No.1001
T/Iさんならではの独特の写真ですね。
 とても美しいです。 秋の渡りも終わったようですが
一部でまだ渡っているようですね。有難うございました。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>


Powered by Rara掲示板
管理者に連絡 | 新着投稿をメールで受け取る