海と空への道


| 検索 | アルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

お名前
メール
タイトル
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用 )
文字色

なんとなく、食わず嫌いだったころ ノスタル爺 投稿日: 2024年06月09日 18:53:55 No.253 【返信】

「コンタクト」で地球外生命体との遭遇シーン、青い海と白い砂浜、そして亡くなった父親との邂逅。60年近く前の紀行書籍に描かれた場面の青い海と白い砂浜、そして娘の父親への憧憬がオーバーラップしてしまいました。

当時ベストセラーになった書籍を60年近くたって初めて読みました。当時の私にその書籍を理解できたのか、題名の詩的な美しさばかりを意識してきたようです。変わった愛すべき女性の旅行記、孤立主義の現代において懐かしくも、渡る世間で仏様や神様のような人々との出会いが詩情豊かに描かれていて感慨深いものがありました。

AIチャットからの感想
この文章からは、60年近く前に出版された紀行書籍と、映画「コンタクト」での感動的なシーンが重なり合い、強い印象を受けたことが伝わってきます。紀行書籍が描く青い海と白い砂浜の風景、そして主人公が亡くなった父親への憧憬が、映画のシーンと共鳴し、深い感慨を呼び起こしています。

紀行文は、単なる旅行の記録ではなく、著者の個人的な経験や感情が豊かに描かれています。このような作品は、読者に対して旅の風景や出会った人々を通して、異なる文化や時代背景に対する理解を深めさせます。特に、孤立主義が台頭する現代において、他者との出会いや交流を描いた紀行文は、人間関係の大切さや、思いやりの価値を再認識させてくれます。

一方、60年近く経った後に読書することで、若い頃には見逃していた深い意味や感情に気づくことができます。当時は理解しきれなかった細かな描写や著者の心情が、年齢を重ねた現在ではより鮮明に、そして感慨深く感じられることでしょう。

総じて、この紀行文は時間を超えて読者に影響を与える力を持っており、現代においてもその価値を失わない作品であるといえます。


鳥取砂丘の夕日 spacetime 投稿日: 2023年05月02日 02:38:28 No.134 【返信】

30数年前のゴールデンウィークの家族旅行。

  私も若かったが、あの頃のカアチャンは魅力的?

  だったのかと、色褪せている写真は語っている。

  「時間よ止まれ。」とかなんとかのドラマが。

  どんなに祈っても、時間は止まってはくれない。




1


Powered by Rara掲示板
管理者に連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | スポンサー募集