復活=子羊村


| トップに戻る | 検索 | アルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

137 … 当日のアクセス数
102 … 昨日のアクセス数
147199 … 累計のアクセス数
お名前
メール
タイトル
URL
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用 )
文字色

無題 米丘 結 投稿日: 2023年10月11日 21:58:11 No.1155 【返信】

反ユダヤ主義、反イスラエル
よりも

女どころか幼い男の子達への辱めの話があるということを聞くのが一番嫌なのだ。


無題 マラナタ 投稿日: 2023年10月11日 20:27:53 No.1153 【返信】

スイマセンが、いつからこの板は
反ユダヤ主義、反イスラエルになったんですか?
メディア、SNSの情報戦は基本イスラエル悪です。

なぜなら、サタンはキリストの再臨を阻止したいから、イスラエルを潰したい。
反ユダヤ主義はサタンに味方すること。
今のイスラエル国家があることも
主の御手のなか。

歴史的に、宗教改革時代、十字軍時代のユダヤ教を悪とする宗教的反ユダヤ主義、

ヒトラー時代の民族的反ユダヤ主義、
現代の偏った考えの政治的反ユダヤ主義と
歴史的にずっと反ユダヤ主義が存在する。

元々パレスチナと言う民族も
国も一度もない。彼らはアラブ人である

パレスチナとは、ローマ帝国によって🇮🇱が落とされ、神殿も崩壊略奪、ユダヤ人は離散させた。
その後は荒地となり、
パレスチナと呼ばれ少数のアラブ人と残りのイスラエル人が住んでいた
この両方がパレスチナに住む人
パレスチナ人である。

パレスチナは、2012年国連にも認められた主権国家である。しかし🇮🇱と🇺🇸はこれを認めていない
和平を結ぶ事が先だとしている。

そして問題を複雑にしているのはガサ地区である。これはいつも🇮🇱に対し無差別テロ、無差別🚀攻撃をするテロ組織「ハマス」の支配下に有り、厳密にはパレスチナ自治区ではない。

つまり「ハマス」に主権国家としての地位も無い。
この問題を解決する事は非常に困難を伴うが、
少なくとも今起きている、
無差別殺人、襲撃、🚀攻撃、強姦、等、テロ行為は赦されるものではなく、交渉のテーブルに乗る、乗せる話ではない。それを許す社会は??どうした?頭大丈夫??犯罪者だよと言う事

今回、ハマスはガザ地区にイスラエルの拉致した幼児を生きたまま、焼き殺したりして
虐殺してSNS上に載せている。

度を超えている。

更にイスラエルは、ガザ地区攻撃前に事前に
警告するが、逃げないようにさせているのは
ハマス。


卑劣極まりない強盗国家イスラエル… 主の召使いヨナ爺 投稿日: 2023年10月11日 07:40:05 No.1150 【返信】

本日はシルバーセンターの一斉奉仕日、ゴミ拾い・草むしり・剪定・等に行かにゃならん。ハゲ狸さんを含め、知った顔の多くは老いぼれて退会してしまったので、否応なく最長老の部に所属するワシ、行きたくニャーが行かねばネバ。

その前に…
 現在の偽イスラエルが建国(再建とちゃう)する前の、貧しくも平和なパレスチナに思いを馳せる。
『櫻井ジャーナル
  パレスチナ人虐殺から始まったイスラエルの歴史』
これを読むと短くも詳しく教えてくれるよね。
機関銃を乱射する自称イスラエル集団がパレシチナ人を壁の前に並ばせ問答無用で銃殺、家の中に隠れていた者を惨殺、女は凌辱されてから殺される。
 これのどこが神の民?

 彼ら(自称イスラエル)のために祈るなんて、キッパリお断りします。
   な~んて思いながら、奉仕活動に行くのでゴンス
ゆみちゅん 投稿日: 2023年10月11日 16:58:37 No.1151
いよいよなのかなあ?
黙示録を学び終わり、一息ついていたら、あれから五十年目の秋に 起こるべく起きて、なんか気が抜けたわ。あまりにあっさり当たっちゃったから・・
でもね、第五のラッパと第六のラッパ リアルでは百五十一年と三十一年なのよ!わかります?ハバクク書にあるように、もしかしたら神さまは、plus一年 遅らせる常習者だから、あるいは今年はまだ序の口で、来年に「其れは」起こるのかもですよ、あくまでも可能性の問題ですけど。
ちなみに、第七のラッパのトリガー 七つの雷〔黙示録十章〕は、終わったのでしょうか?
ああ、この期に及んで、わからなくなってしまいました。だいたい 今のイスラエルはアシュケナジーだし、ハザール人 本当の古代イスラエルとは血のつながりはない訳だし〔日本に少なくともエフライムとガド、レビが来ているようです。〕久保有政著「ゴグのマゴグ」より、
米丘 結 投稿日: 2023年10月11日 21:26:23 No.1154
私(神)のひとみ、この民を守る。
聖書のどこの箇所か思い出せないのだけど、

この守られる民のうちに入りたい。


無題 マグダレナ 投稿日: 2023年10月10日 20:00:18 No.1149 【返信】

イスラエルの神を信じ、イスラエルによって与えられた聖書を信じ、イスラエルを通して接ぎ木されたオリーブの木として、イスラエルの平和のために祈ります。神が御名を置かれた都、エルサレムの平和を祈ります。
ハマスによって一般市民になされたことは許されることではないし、人間に行ってよいことではありませんでした。鬼畜の所業でした。

しかしながら、言ってもいいものなのか悪いものなのか、西側各国が一斉にイスラエル支援を表明し、各国でイスラエルの国旗が掲げられたりするのを見るにつけ、ウクライナの時を思い起こさずにはいられません。
9.11という言葉を出す人もいますが、その後世界はどう変化したのか、それらを思い起こさずにはいられません。

神がイスラエルを用いて、神に敵対する者を滅ぼしているのかもしれない。
でもガザには全くイノセントでテロとは無関係の一般の人々は一人もいないとでもいうのでしょうか?
ガザはすでに廃墟のように見える場所もあり、一般人にも電気がなくなり、それによって苦しむ人々がいないとでもいうのでしょうか?

どうしても気持ちの悪いものを感じてしまう。

私たちは、イスラエルのために、神が選ばれた民のために祈ります。
神の都エルサレムの平和を祈ります。
しかし双方について祈る必要があると思います。
巻き込まれて嘆き悲しむすべての人のために。
いつも弱い立場にあって、声も小さくて聞かれない、貧しい人々のために。



https://news.yahoo.co.jp/articles/5242f4f06f5ff21bc97f7522ef5c7055cf6b379f

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まだヒズボラ、ロシア、アラブ各国は様子見と判断していいでしょう。

アメリカが動きましたね。

アメリカのフリーメーソン第33階級のアルバート=パイクからマッチィーニへあてた手紙を思い浮かべます。

「世界政府樹立のためには3つの戦争が必要だ。」

停戦へと至るのか?
詩篇83篇の預言はまだ成就しきってないのか?
シリアに関してもイザヤ17章、エレミヤ43章の預言はまだ成就しきっていないでしょう。
そしてエゼキエル38章の大預言が控えている。

まだ時は来ていないのか?それとも時至ったのか?
まさに神のみぞ知るの世界でしょう。

主なるイエスの福音のみが希望ですね。
米丘 結 投稿日: 2023年10月09日 13:00:28 No.1147
藤井厳喜さん情報で、米軍高官の機密メモにこう書かれていたらしい。
中国政府が欲しいのは台湾の半導体技術だから静かな方法で侵略していく
(つまり台湾有事は起こらない)って言ってるメッセンジャーもいますけどね。
以下引用です。


「間違っていることを願うが、私の直感では我々は2025年に(中国と)戦うことになる」

今年2023年1月。米空軍航空機動司令部のマイク・ミニハン司令官が同僚に送った内部メモがメディアに漏れ、さらにその内容が米中の軍事衝突を示唆するものだったことから、アメリカ国内で大きな話題となりました。

そして、このような発言はマイク・ミニハン氏だけではなく…アメリカでは数々の政府要人が、数年以内に台湾有事が起きることを予測しています。

「北京政府が台湾の奪取を“加速”させようとしている」

 −アントニー・ブリンケン米国務長官(2022年10月)

「中国の台湾侵攻は2023年中に起きる可能性がある」

 −マイケル・ギルディ米海軍作戦部長(2022年10月)

「習主席は2027年までに台湾侵攻の準備をすることを指示している」

 −ウィリアム・ジョセフ・バーンズCIA長官(2023年2月)
tsja 投稿日: 2023年10月10日 04:16:02 No.1148 【Home】
このような予想もあるようです。 注意しながら情報を追いましょう。

https://voxday.net/2023/10/09/a-forgotten-script-resurfaces/

忘れ去られたスクリプトが再浮上

(文末部のみ)

アップデート:/pol/からの偽のフラグアラート。

USSジェラルド・R・フォードを爆撃し、それを非難するだろう。米国はその直後にイランに宣戦布告するだろう。

公平に言えば、空母がこれ以上役に立つのは、餌としての役割だけだ。彼らは第三次世界大戦の戦艦だ…そして、ここはイスラエルの真珠湾だと言われている。


要注目かもしれません ザアカイ 投稿日: 2023年10月08日 17:34:34 No.1145 【返信】

アミール氏の動画も参考になるでしょう。
2023年秋・・・大きな動きがあるかもしれません。



今回のハマスは? ザアカイ 投稿日: 2023年10月07日 18:29:53 No.1139 【返信】

https://mtolive.net/安息日にガザから広範囲ロケット弾5000発で死傷者/

安息日にガザから広範囲ロケット弾5000発で死傷者:イスラエル領内侵入でIDFと市街地で戦闘・イスラエル市民ら人質に 2023.10.7
パレスチナ関係 2023年10月7日2023年10月7日 石堂ゆみ

一部引用~

本日7日(シムハット・トーラー土曜・安息日)早朝7時前ごろから1時間あまり、ロケット攻撃が続き、イスラエル南部スデロットなどガザ周辺と、テルアビブ、エルサレムにまでサイレンが鳴り続けた。

ハマスは、この作戦で5000発のロケット弾をイスラエルに向けて発射したと発表している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「あ~、また始まったよ、いい加減にしたら」で済まないかもしれません。

イスラエル側の死者、負傷者が今までと違う。
おまけに人質まで取っている様子。

一瞬、第一テサロニケ 5;2~3が脳裏をよぎった・・・

主よ、急いでください。マラナタ・・・
マグダレナ 投稿日: 2023年10月07日 22:39:40 No.1140
イスラエルはunprepareのところを攻撃された、とタイムズ・オブ・イスラエルにありましたので、まさにテサロニケの情景を思い起こさせますね。
アミールさんは詩篇83編の戦いはもう終わったと解釈されていましたが、いやこれはまだ成就していない、これから来るという人もいます。

奇しくも今は仮庵の祭りが終わりにかかっているところです。
このスコットには収穫に関すること、民が集められることが密接に関わっていますので、主が破滅の日の前に来てくださるのではないか、今がその時、定められたときではないかと思いながら過ごしています。

様々な意見や解釈、推測があり、確信をもってお話できることではないのですが、本当に本当に、主が訪れてくださる時は今ではないかと緊張を持って毎日を過ごしています。

パリサイ人たちが天気を見定められるのに、主が訪れてくださるときをわきまえなかった、とイエスに叱責されたことを思い起こします。
ですから、私たちも時代を見極めて、とくにイスラエルの動向には目を見張っていたいです。
tsja 投稿日: 2023年10月08日 00:34:27 No.1141 【Home】
(以下は機械翻訳による。不明な点はオリジナルを参照してください。)

https://voxday.net/2023/10/07/fireworks-in-israel/

イスラエルの花火

ハマスはイスラエルに向けて数千発のロケット弾を発射したと伝えられている。

イスラエル軍は、イスラム過激派組織ハマスが土曜日の早い時間に5,000発とされるロケット弾を同国に発射した後、「戦争状態」を宣言した。

同国の軍は住民に屋内にとどまるよう命じ、テルアビブとエルサレムでは、ハマスの戦闘員が同国に侵入した後、空襲警報が鳴り響いている--場合によっては、同国のハイテク国境を回避するためにパラグライダーで飛行している。

ハマスの最高軍事司令官モハメド・ディーフは、アル・アクサ・ストーム作戦は「もう十分だ」という宣言であり、パレスチナ人にイスラエルと対決するよう促したと述べた。

ソーシャルメディア上のビデオは、ハマスの武装組織であるアル・カッサム旅団の武装部隊が、武器を発射して市街地を移動している様子を映しているように見えた。イスラエルのメディア報道は、イスラエル兵が通りを一掃する際にハマスの戦闘員に誘拐されたことを示唆した。

これらすべてのロケット弾が何を発射しているのか疑問に思う必要がある。特に、ロシア・ウクライナ戦線の極端な破壊や、フランスでの移民暴動の夜と比較すると、彼らはあまり成果を上げていないように見える。もちろん、それはイランによる中東戦線の開放の前兆となる可能性があり、ヒズボラが関与すればすぐにわかるだろうが、少なくとも今のところ、それは通常の再燃以上のものではないように見える。

願わくば、コミュニティのイスラエル人がこの状況をもっと明らかにできることを願っている。

アップデート:PRに焦点を当てた慣習的な攻撃よりも深刻に見える。イスラエルのラジオは、ハマスがこれまでに35人のイスラエル人を捕らえたと報じている。

イスラエルのメディアは、7つの異なる町と入植地で衝突が起きていると報じた。他の報道は、パレスチナのレジスタンスが21の異なる軍事拠点を攻撃することに成功したことを示唆している。

アップデート:一方、ヒズボラは北部戦線の開設に関心を示しておらず、「状況を監視する」以上のことは何もしていない。

アップデート:最近の移民に対するイスラエル人の歓迎されない反応に少し困惑しています。彼らは、自分たちの国にやってくるこれらの若い労働年齢の男性が、彼らの経済をより強くすることを理解していないのですか?

SGに関するディスカッション
2023年10月7日VD掲載
タグ付けされた戦争、シオン

参考: これは上の記事のリンク先
https://www.dailymail.co.uk/news/article-12604497/Israel-says-striking-Gaza-targets-Hamas-announces-new-operation.html
tsja 投稿日: 2023年10月08日 00:44:52 No.1142
https://www.dailymail.co.uk/news/article-12604497/Israel-says-striking-Gaza-targets-Hamas-announces-new-operation.html
このページ末にあったまとめ的なものが以下(機械翻訳による):


イスラエル・パレスチナ紛争:数十年にわたる紛争における最近の出来事

パレスチナのイスラム主義運動ハマスは、土曜日の早い時間に、数年ぶりにイスラエルへの最大の攻撃を開始し、ガザからロケット弾を発射し、国境を越えて戦闘員を送った。

イスラエルは、戦争状態にあると述べ、ガザのハマスの標的に対して独自の攻撃を開始し、イスラエルのメディアは、イスラエル南部でのパレスチナ人戦闘員の一団と治安部隊との間の銃撃戦を報じた。

以下のタイムラインは、2005年のイスラエルのガザ地区からの撤退から始まり、230万人が住む混雑した沿岸の飛び地でのイスラエルとパレスチナのグループ間の紛争の主要な再燃を詳述している。

2005年8月:イスラエル軍は、中東戦争でエジプトからガザを占領してから38年後に一方的にガザから撤退し、入植地を放棄し、パレスチナ自治政府の支配下に飛び地を残す。

2006年1月25日:パレスチナの議会選挙で、イスラム主義組織ハマスが過半数の議席を獲得。イスラエルと米国は、ハマスが暴力を放棄し、イスラエルを承認することを拒否しているため、パレスチナ人への援助を打ち切った。

2006年6月25日:ハマスの戦闘員が、ガザからの国境を越えた襲撃でイスラエル軍の徴集兵ギルアド・シャリートを捕らえ、イスラエルの空爆と侵攻を促した。シャリットは5年以上後、捕虜交換でようやく釈放された。

2007年6月14日:ハマスは短い内戦でガザを占領し、ヨルダン川西岸に拠点を置くパレスチナのマフムード・アッバース大統領に忠誠を誓うファタハ軍を追放した。

2008年12月27日:パレスチナ人がイスラエル南部の町スデロットにロケット弾を発射した後、イスラエルはガザで22日間の軍事攻撃を開始した。停戦が合意される前に、約1,400人のパレスチナ人と13人のイスラエル人が殺害されたと報告されている。

2012年11月14日:イスラエルがハマスの軍参謀長アフマド・ジャバリを殺害。その後8日間にわたってパレスチナの過激派ロケット弾発射とイスラエルの空爆が行われた。

2014年7月から8月:ハマスによるイスラエルの10代の若者3人の誘拐と殺害は、7週間の戦争につながり、ガザで2,100人以上のパレスチナ人が殺害され、73人のイスラエル人が死亡したと報告され、そのうち67人が軍人であった。

2018年3月:ガザのフェンスで囲まれたイスラエルとの国境でパレスチナ人の抗議行動が始まりました。イスラエル軍は抗議者を阻止するために発砲しました。数カ月にわたる抗議行動で170人以上のパレスチナ人が殺害されたと報告されており、これもハマスとイスラエル軍の間の戦闘を促しています。

2021年5月:イスラム教の断食月であるラマダンの数週間にわたる緊張の後、イスラム教で3番目に神聖な場所であるエルサレムのアル・アクサ地区で、イスラエル治安部隊との衝突で数百人のパレスチナ人が負傷した。

イスラエルに治安部隊の撤退を要求した後、ハマスはガザからイスラエルにロケット弾を発射した。イスラエルはガザへの空爆で反撃した。戦闘は11日間続き、ガザでは少なくとも250人、イスラエルでは13人が死亡した。

2022年8月:イスラエルの空爆がイスラム聖戦の上級司令官を襲ったときに始まった3日間の暴力で、15人の子どもを含む少なくとも44人が殺害された。

イスラエルは、今回の攻撃は、司令官や武器庫を標的にした、イランの支援を受けた武装運動による差し迫った攻撃に対する先制作戦であったと述べている。これに対して、イスラム聖戦はイスラエルに向けて1,000発以上のロケット弾を発射している。イスラエルの防空システム「アイアンドーム」は、深刻な被害や死傷者を防ぐ。

2023年1月:イスラエル軍が難民キャンプを襲撃し、パレスチナ人武装集団7人と民間人2人を殺害した後、ガザのイスラム聖戦はイスラエルに向けて2発のロケット弾を発射した。ロケット弾は国境近くのイスラエル人コミュニティに警報を発したが、死傷者は出なかった。イスラエルはガザへの空爆で対応した。

2023年10月:ハマスはガザ地区からイスラエルに対してここ数年で最大の攻撃を開始し、国境を越えた武装集団と大量のロケット弾を組み合わせた奇襲攻撃を行った。イスラム聖戦は、戦闘員が攻撃に参加したと述べている。

イスラエル軍は、戦争状態にあると述べ、ガザのハマスを標的にした攻撃を行い、予備兵を招集したと付け加えた。

出典:Reuters
米丘 結 投稿日: 2023年10月08日 12:04:23 No.1143
バイデン大統領の会見、
「アメリカはイスラエルと共にある」

って聖書のどこかみたいね。
ザアカイ 投稿日: 2023年10月08日 16:19:05 No.1144
https://mtolive.net/イスラエル人死者300人超える:銃撃で路上に転が/
ご存じ?オリブ山便りより最新情報です。


イスラエル人死者300人超える:銃撃で路上に転がる多数の遺体も 2023.10.8 (日本時間8:30)
パレスチナ関係 2023年10月8日 石堂ゆみ

最後に記事を書いてから6時間もたたないうちに死者数は、少なくとも300人となった。負傷者は1590人。今後まだ増えていく可能性が高い。ニュースでは、ロケット弾にあたって破壊され、燃えているアパートや、路上に並ぶ遺体の写真が出て、本当に国内南部が戦場になっている様子が伝わってくる。

冒頭より~


<< | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | >>


Powered by Rara掲示板
管理者に連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | スポンサー募集