ウィング みんなのつぶやき


| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

Name
E-Mail
Title
URL
FileUP
Key (英数字で8文字以内)
Color

東北みやぎ復興マラソン2018 Huizi 投稿日:2018年10月19日 15:14:24 No.226 【返信】

2018年10月14日、東北みやぎ復興マラソンに参加。

震災から7年7か月、震災直後は支援方法が限られていたけど、
時間が経ち、支援する選択肢の幅が広がり、
[支援の方法にマラソンがあるなんて、最高]
と、去年から出たかったこの大会。

前日に現地入りし景勝地松島を観光、
比較的新しくオシャレな街作りを見て、
震災後に整備されたのかな、
がんばってきたのだなぁと肌で感じる。
それらを見ていて、こんなにもがんばっている方々の前では、
中途半端な走りはできないと感じ、今の自分の最大限+それ以上で走れたらと思った。

レース当日、スタートは50分前に整列。(気温が低く13℃くらいで、ずっとトイレを我慢)
スタートし、どんなにヘタレてもハイタッチと声援にはできる限り応えようと決めて。

正直、走ったコースの街並みはあまり覚えていない、
というよりも、街並みっぽい印象が少なく、復興途上であると感じることが多かった。

3.11の衝撃からのリカバリー期間として、7年という月日はまだまだ短く、
また、月日が経ち、復興速度の減速もあるのかもしれないと思うと、支援が不十分なのかもしれない。。。

走りに関しては現状では無理めだけどサブスリー集団について20kmまで巡行。
寒さでトイレを我慢していたのが20kmで限界に達し、トイレに駆け込む。
25km過ぎには練習不足のツケが周ってきて、終盤は4'27"/kmまで落ちる。

しかしながら、
レース中は、沿道の方々やエイドボランティアの地元の方々とたくさんの笑顔を見られたり、
またご高齢の方が、折りたたみ椅子から立ち上がってハイタッチしてくれたり、、
一体感の中で走らせてもらえたことで終盤も粘れたように思う。
42.195km 3時間00分07秒

個人的には故障から10か月。
走れない葛藤の中でやめたいと思った日は数えきれず。
しかし、故障と共存しながら走る道を模索する中で、マラソンの神様にご褒美をもらったような気がした。

自分の頑張りは被災した方々の頑張りに比べたら、遠く及ばないけど、
がんばろうと思う気持ちに触れ、共鳴して、
こんな形で「走らせてもらえる」事があるのだと、マラソンの奥深さを感じることができた。

今回こうしてたくさんのエネルギーをもらった東北の方々に、
心から感謝したいと思うとともに、これからも何らかのカタチで力になろうと思った。





えちご・くびき野、中止からの観光 トシ 投稿日:2018年10月08日 10:44:27 No.225 【返信】

えちご・くびき野ウルトラマラソンが、暴風警報が出た為、中止になってしまいました。台風うらめしや〜

マラソン大会の中止に遭うのは、初めての経験です。
富士五湖の前は、怪我らしい怪我を初めてするし、今年は、そうゆう年だったのかな〜
来月の大田原フルは、ちゃんと走れますように。

いつもレースの後は帰るだけだったので、観光ができたし、寄りたかった居酒屋も行けた(レース前は、飲めず、レース後は閉店していた)事が良しとしよう。

写真は、春日山城跡の上杉謙信像前、高田公園。





昔の映像と比較して… 王子 投稿日:2017年10月12日 15:34:35 No.77 【返信】

先日、部屋の片付けをしていたらVHS のテープが…これは学生時代(20年前)の800、1500レース映像!

再生デッキがすでに無いものですから、DVDへ変更してくれるサービスを活用してDVD化し観てみました。そうしたら気付きがあるわ、あるわ。

「若い!」←当たり前(笑)
「前半から消極的だなぁ」←意気地なし(笑)
「教育実習直後でバテバテ」←バテバテは今も変わらず(笑)

そんな事より、な〜んか「タイミング」が今と違うんですよね。上半身、下半身の連動、着地のタイミングが微妙に、ホント微妙違うんです。0コンマ、より短いかもしれません。

僕はエリートランナーとファンランランナーの違いって筋力やフォームもありますが、「連動」「タイミング」が大きいと思っているんです。

そう言えば僕自身、ここ最近フル対策をしていて何かフォームがしっくりしていなくて…

この辺りを暫く意識してみまーす^_^





シューズ1足引き替え券 はっとり 投稿日:2018年09月17日 18:47:55 No.222 【返信】

王子の投稿を見たからという訳ではありませんが、ステップさんで「ナイキズームペガサスターボ」なるシューズを入手してきました。

柏の葉リレーマラソンで運良くシューズ1足引き替え券を頂戴しましたので、そちらを利用。

アシックス時々アディダスの自分としては、多分6~7年ぶりのナイキ。せっかくの引き替え券、値段も高めの以前から目をつけていた8月に新発売のターボ、「ズームフライ」と「ナイキ エアズームペガサス」の中間的なシューズのようです。

もちろん初めての厚底。今からどんな感じなのか楽しみでもあり、期待を裏切られるのか不安でもあり、ちょっと勿体ない気分も混ざりあって、試走が待ち遠しいです。

8月にジュエンでアシックスのターサージール買ったばかりで、これで新品のシューズが2足。

次の大会は、手賀沼ハーフなので、どちらのシューズが自分にあうのか、これからじっくりと見極めたいです。





シューズ1足引き替え券 はっとり 投稿日:2018年09月17日 18:07:24 No.221 【返信】

王子の投稿を見たからという訳ではありませんが、ステップさんで「ナイキズームペガサスターボ」なるシューズを入手してきました。

柏の葉リレーマラソンで運良くシューズ1足引き替え券を頂戴しましたので、そちらを利用。

アシックス時々アディダスの自分としては、多分6~7年ぶりのナイキ。せっかくの引き替え券、値段も高めの以前から目をつけていた8月に新発売のターボ、「ズームフライ」と「ナイキ エアズームペガサス」の中間的なシューズのようです。

もちろん初めての厚底。今からどんな感じなのか楽しみでもあり、期待を裏切られるのか不安でもあり、ちょっと勿体ない気分も混ざりあって、試走が待ち遠しいです。

8月にジュエンでアシックスのターサージール買ったばかりで、これで新品のシューズが2足。

次の大会は、手賀沼ハーフなので、どちらのシューズが自分にあうのか、これからじっくりと見極めたいです。





王子のつぶやき その8『安物買いの…?』 王子 投稿日:2018年09月04日 21:48:12 No.220 【返信】

しょーもない話。
僕はシューズはアディダスかナイキを愛用しています。

その中のお気に入りシューズで「ナイキ エアズームペガサス」があります。一番の特徴は何と言っても「ヘタらない」ところ。最新シリーズは「35」。凄いですよねー、35回リニューアルしているのですから、多くの方に支持されている証です。因みに僕の愛用しているのは「32」で購入は3年程前になりますでしょうか。これまでの走行距離は1500kmは超えているかと思います。ですが、ソールラバーの磨り減りは多少致し方ないにせよ、ソールクッション、アッパーの劣化などは見られず、まだまだ使えそうな状態です(笑)

とはいえ、シューズの寿命と言われる800〜1,000kmは超えているわけで、そろそろ35を買おうかとステップさんに行きました。

試履きしたら、う〜んやはり良い!まだ安くはなってないけど購入を決めてレジに行きました。

その時、ふっとあるシューズが目に入ります。「ナイキ ズームフライ」(ヴェイパーフライ4%の廉価版)が安くなっているではないですか(驚)

「厚底、厚底って話題出しなぁ…試しに買ってみるか」とペガサスではなくズームフライを購入してしまいました(何という移り気の早さ笑)

実際履いて走ってみるとズームフライは前足部も厚くクッション性は申し分ありません。特に僕のようにフォアとミッドフット着地の間のような人間には適していると感じました。また、軽さ、形状からスピードが自然に出てしまい、感覚で1kmあたり10秒強速くなっています。

う〜ん、ですが速く走れる事は良い事なのでしょうけど、走り方を変えていないのに強制的にスピードを出してしまっている訳で、何処かに負担が…僕の場合は早速腓腹筋、アキレス腱上部に違和感が…「あ、これはアキレス腱痛になるな」と2回使用して一旦ストップ。使うタイミング、フォームを見直してから再チャレンジしようと思いました。

とても良いシューズである事は間違いありませんが、距離走や今の僕の走り方ではこのシューズのパフォーマンスを最大限引き出せそうもありません(泣)

という事で、原点回帰でアディダスのブーストが分厚く装着されているシューズを改めて購入し、安いシューズを買ったはずなのに、結局出費が嵩んでしまった王子なのでした(苦笑)


あ、「安物買いの銭失い」とは認めたくないのでズームフライも履きますよ!…そのうち(笑)

以上





『走ると駆ける』イメージできますか?? 山藤(さんとう) 投稿日:2018年08月31日 23:26:51 No.218 【返信】

皆さん、今年の酷暑の中でもしっかり走り込めたでしょうか。

私の6~8月は月間400km前後でした。
これ以上は練習のテーマをクリアしつつ距離を増やす事は
出来ませんでした(*_*)

さて、9月以降は走り込んだ成果を大会で確認しながら、目標の大会に
コンディションを整えていく事になると思いますが、やはり大会で記録を
だすには『レーススピード』に対応する練習も大切になってきます。

そこで、タイトルにもあります様に『走ると駆ける』の違いを
イメージして練習して欲しいと思っています。
(特に記録が頭打ちの方・距離偏重で練習している方)

走り方にどのような違いがあるかイメージをお伝えすると
★『走る』は jogの様に力まずに前方に進む推進力 
☆『駆ける』は ウィンドスプリントの様に腰高く大きな走りで
  前方に進む推進力

この二つの違いは『ハムストリング』(大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋)の 動きの質が違う事(膝から下の引き付けの速さ・後方への蹴りだし)で、丹田を中心にグイグイ前に進む推進力を高めた走法なんですが・・・

イメージ湧きますかね?
イメージするなら大□傑選手の走り方ですかね
(フォアフット走法の接地は別な話です)
※腰と膝の高さ・膝から下の足の運び方『引き付けの速さ・後方への伸び』を見て推進力のベクトルがどこに向かっているか確認してみてください。

2018ホクレンディスタンス士別の5000mか10000mの後半を見ると彼と
周りの選手と違いが顕著に見てとれます。
彼は同日の17時5000m、19時10000mの2本走っています。
多分練習の一環だと思われますが、他の日本人選手を2本とも圧倒してますね。

『走ると駆ける』のイメージが湧いたら自ら体験して確認です。
☆確認してもらい点は1点のみ☆
『ゴールに向かって進む推進力のベクトルがどこに向かって普段から走っているか』

ベクトルがjogでは『上』ペース走・B-upでも『斜め上』方向でベクトルが終わっていませんか?
ウィンドウスプリントの様に普段からゴールに向かってベクトルが前に向かって走法できれば前方への推進力は増し、
『駆ける』走法がjog・ペース走・B-upそしてレースで発揮出来れば、おのずと次のスーテジへと身体も記録も上がると思いませんか?

皆さんそれぞれ目指すレースまで時間はあると思いますので、推進力のベクトルの向き・ハムストリングを使う走法を意識したトレーニングをしてみてはいかがでしょうか。

ただ月間距離を求めるより『駆ける』を表現出来る身体作りを目的に練習した方が必ずレベルアップしてます‼


補足:技術的な事は言葉足らずになりますので興味ある方は、お会いした時にでもお声掛け頂き、体験しながら理解を深めてもらえればと思います。


ちなみに、プチ自慢含めて私のこの3ヶ月の練習目的をお伝えすると。
『駆ける』ように走れる身体を作るために、スピード・タイムよりも、『駆ける』時に使う筋肉を全て使いきり、最後まで逃げないで維持する事を主眼に練習してきました。
 (この3ヶ月のキロ4切る練習は5回位)

その成果の一旦は、先週のリレーマラソンの1本目の1000mを2'55の通過で感じ取れました。
足が前にでるし跳ねるです前へと(^_^)v この感覚は久々に感じました♪
 去年までなら1000mTTでもだせたかどうか(汗)

九月からはスピードを意識しつつ『駆ける』走法をフルマラソンで最後まで体現出来るように二頭追うのできついですけど、高められる所まで高めたいと思ってます。

次回は、9/23のセルフケアのセッションと関係しますが、
大会前1週間の調整方法をについて基本的な事をお伝えしようかと思います。


Re: 『走ると駆ける』イメージできますか?? 王子 投稿日:2018年09月04日 21:08:41 No.219
山藤さん
興味深い見解、ありがとうございます!
「走ると駆ける」、余り考えたことなかったなぁ(苦笑)
推進力、効率性を考えたら確かに「駆ける」を意識すべきですね^_^

セッション含め貴重な情報、本当にありがとうございます!また是非シェアお願い致します♪



<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
掲示板管理者へ連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | この掲示板を支援する