掲示板 > 記事観覧
モエレ沼一人探鳥 ( No.89 )
日時: 2020年07月06日 16:46
名前: 樋口孝城 [ 返信 ]
[ 編集 ]
今日午前中にモエレ沼(札幌市東区)の様子を見に行ってきました。3年前(2017)にはカンムリカイツブリが繁殖したのですが(野鳥だより190号)、その後は辛うじて成鳥を見ただけです。
家族が見られたのはマガモとオオバンだけでした。マガモはやや育った子供が3羽と5羽の2家族、オオバンはまだまだヒナみたいな3羽と6羽の、これまた2家族でした。
見られたのは人道橋よりも西側です。沼中央の草陸地沿いで、外周堤防道路から100m以上ありますから、写真に撮っても私のデジスコではどうもぱっとしません。でも、はるか遠くからしか見られないことが、子育て中の鳥にとっては良いことかもしれません。
オオバンの子育ては両親でやりますが、マガモはお母さんだけです。お父さんはどこへ行ったやら。、
1時間ほど外周道路を歩いていて、すれ違った人は延べ10人足らずでした。遠くから人が来るのを見て、すれ違い前にマスクをしましたが、マスクなしの人が半数でした。あんな場所での感染はまずないでしょうね。

▲ページの最上部に移動 | トップページへ
タイトル
名前
E-Mail
パスワード(記事メンテ時に使用)
コメント
ファイル





文字色
Powered by Rara掲示板