66.7‰ | 伝言板


| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

ResForm
北海道は実は…
信州好き東京人 投稿日:2014年08月16日 08:01 No.190
おはようございます。
予告編の方を拝見致しましたが、かなり壮大なものですね(時間的にも距離的にも金銭的にも…)。羨ましいです…
私事にはなるのですが、実は私のお爺ちゃんが北海道の生まれで、前の北海道の旅行記もお爺ちゃんの話を思い出しながら見ていました。いま、彼は脊椎を悪くしていてあまり動けない状況なので、貫通扉さんの旅行記を見せて、元気を出してもらいたいものです。
それから、もうひとつ私事ですが、8/14に吾妻線湯巡り旅行と題して草津温泉と川原湯温泉に行きました。草津では伝統芸能を学び、川原湯では地元の湯に対する愛を感じられ、良い旅となりました。

今度の旅もお気をつけて行ってらっしゃいませ!
長々とすみませんでした…


Re: 北海道は実は… 貫通扉 投稿日:2014年08月18日 03:43 No.191
管理者用いらっしゃいませ、こんばんは。

そうですね、計9日にも及ぶ旅というのは、今年初めの北海道旅行の計8日を抜いて、歴代1位の日数です。行き先が北海道ということは、茨城を起点として考えれば、相当遠いところなわけでして、距離もこれまたかなりのものです。
で、そんな遠いところへ行って9日も旅をすれば、当然お金もかかってきますから、今回の旅も、計・・・万円はかかります。もっとも、この点に関しては、前々から旅行用として貯金してきたものと、いよいよ始めた”小遣い稼ぎ”で生み出された分を加えたものを充当するので、金額こそ大きなものですが、口座の預金をすっからかんにしてしまう、といったほどの影響はありません。

私の旅は、普通の人が行う旅と違って、とにかく鉄道に乗ることに重点を置いているので、あまり一般的な旅ではないと思います。ただ、その分、駅周辺の風景や車窓を写した写真がそれなりにあるので、そういった写真が、ご祖父さまが北海道の風景を思い出される一助となってくれれば、私としては、とても光栄なことです。
しかし、私ごときが作った拙い旅日記などで果たして良いのかと、ひとつ恐縮にも思うところですが・・・(笑)

草津温泉と川原湯温泉と言いますと、7歳か、あるいは8歳のころに行った記憶があります。今のところ、家族全員で出かけた旅行は、それが最後です。
伝統芸能や温泉にも触れられたということで、大変充実した旅となったのではないでしょうか。いくら鉄道が好きだといっても、やはり乗ることしかしないのは、どうももったいないところがある、と最近思い始めています。あなたの旅も、伝統芸能や温泉を交えたことで、ただ列車に乗ってばかりの旅よりも、一回りも二回りも充実したものになったのではないか、と思います。

旅から無事に帰還して皆さんに旅行記を届けられる日を、私も楽しみにしております。悪天候や事故によるダイヤの乱れや予定変更がないことを祈ります。




お名前
メール
タイトル
URL
画像添付


アイコン [イメージ参照]
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色