ウィングアスリートクラブ掲示板


| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

書き込みし易い掲示板として「みんなのつぶやき(レース完走記、独り言、ぼやき等)」を、新たに作りました。
皆さま、写真(max3MB)もアップできますので、ぜひ、お気軽に書き込みしてください。残念ながら、画像ファイル以外はアップできません。


アクセスカウンタ:今日51、昨日114、全て48286
Name
E-Mail
Title
URL
FileUP
Key (英数字で8文字以内)
Color

陸上経験無しだった女子のつぶやき しほ 投稿日:2018年03月09日 17:26:13 No.150 【返信】

王子のつぶやき、とても興味深く読ませていただきました^_^
玉ちゃん、キイチローさんのコメントにもあったように昔、陸上をやっていた人とそうでない人、かなり差がありますよね。あと、心肺があがる練習ができる人が多い気がします。
最近こそはそこそこスピード練習ができるようになり、入賞することもたまにはありますが、ウィングに入ったころは、ジョグにすらついていけませんでした。
チャレンジやアミーゴBの女子には参考なるかな?ということで、私の経験つぶやかせていただきます!
(科学的ではありませんが)
長くなりそうなので投稿わけまーす。





初☆東京マラソン たまよ 投稿日:2018年02月26日 00:02:32 No.129 【返信】

寒い中、浩一さんをはじめウィングのみなさん、成田マイペースのみなさん、応援ありがとうございました!!
あちこちから”たまちゃんがんばれ~!!”の声援が聞こえて元気が湧きました!

昨年秋からの治療の甲斐があって、なんとか3時間18分でゴールしました!

一昨年の夏から右足に痛みがあって、思うように走れず、一時は走るのもうやめちゃおうかなぁ~と諦めていましたが、諦めなくて良かった。
船橋整形の謙二先生、治して下さってありがとうございます!

これから、さらにサブスリー目指して頑張ります~
まだまだやるぞー!オー!


Re: 初☆東京マラソン 王子 投稿日:2018年02月28日 11:53:28 No.130
珠ちゃん

完走おめでとうございます!(^○^)

ホントに長い長いトンネルでしたね(泣)
止まない雨はない、を実証して下さりありがとうございます。故障で悩んでいる皆さんが勇気付けられたと思います。

引き続きこれまでの鬱憤を晴らすご活躍を期待しております!

お疲れ様でした!(^^)
Re: 初☆東京マラソン Huizi 投稿日:2018年03月09日 16:30:10 No.149
たまちゃん、すごい!!

おめでとうございます☆

走れることもすごいと思うけど、
色んな時期を乗り越えてるということが素晴らしいと思います。

これからも、すてきな背中を見せてくださいね!!
(背中をみている後輩より)



王子のつぶやき その1 「神経系の育成」 王子 投稿日:2018年03月06日 15:30:33 No.131 【返信】

全体MT並びにフィジカルチェック会に参加された皆さま、お疲れ様でした。

全体MTの中で喜一郎さんから巷で流されている情報について話がありました。有用なものから稚拙なものまで、検索するとあらゆるものがあり混乱すると。そのような情報から経験豊富な方が精査しシェアして貰うと良いのでは、というご提案を頂きました。

そこで、経験豊富?…どちらかと言えば拙い経験ではありますが、ランニングに関して僕なりに考えていることを不定期に発信して行こうと思います。

今回限りになるのか、続くのか全く分かりませんが某企業の「やってみなはれ」の精神で始めたいと思います。

予めお伝えしておきますが、かなり「私見」です。「絶対にこれ!」というものではなく、一情報として捉えて頂けますと幸いです。

1回目の今回は「神経系の育成」の話です。

話は僕の小学生時代まで遡ります。

母校である光ヶ丘小学校の中では足の速い方で、学年で1、2番を争っていた思い出があります。運動会ではいつもアンカーで運動会が楽しくて仕方がありませんでした(←人生で一番輝いていた時期です。思いの外、モテませんでしたが笑笑)

4年生からは陸上クラブに所属して、100m、ハードル、幅跳びをやっていました。50mの記録は6秒6、7秒だったと記憶しています。まぁまぁ速いと思います(ちょっと自慢)

日曜日の少年野球でも「1番センター」、これしかないポジションですよね(笑)

ところが短距離は良いのですが、長距離はてんで駄目で、校内マラソン大会では良くて一桁順位。長い距離が「大大大」キライな少年でした。

その後、中学校に進学し部活を決める際には野球部も考えましたが、坊主が嫌で(笑)結局陸上部に入部します。

専門は引き続き短距離。自分も「これで行く」と心に決めて日々練習に打ち込んでいました。

「ダントツ」で速くなるつもりでいましたが、思うように中々記録が伸びません。チームメンバーには負けてしまったり、体育の授業で他クラブの友人に負けたり、当然、市内陸上大会では予選落ち…

結局僕は才能がある訳でなく(両親見ればわかります笑)、単に成長が早かっただけだとその時気付きます。

それでもそのまま短距離に所属しても良かったのですが、周りの環境の変化から自分の種目を見直さなければならない状況になったのです。

当時の光ヶ丘中学校にはI姉弟がおり、全中(全国中学校陸上競技大会)100m決勝に6年連続進出しているまずまずの強豪中学だったのです。

2年生時には次期主将の話が出始め、ふと自分を含めた同学年の友人を見渡すと、誰一人として市内大会すら勝ち上がっておらず部全体の「衰退」は明らでした。

そこで、主将になる直前、変な責任感から夏前に「大」キライな中長距離へ種目変更を決意します。「才能ではなく努力」で勝負しようと…

夏の総体予選には800m、1500mに出場するも、当然体が待ち合わずあっさり予選敗退(泣)

秋の東葛駅伝にはそこそこ走れるようにはなったものの、学校内で4、5番では戦力としてフツーです。

そこから冬場の地道なトレーニングを経て3年生の総体を迎えます。エントリーは初めての3000m。どれくらいやれるか分からず必死になって食らいつきます。結果タイムは大したことはありませんでしたが、「6位入賞」、3年間同学年で初の入賞者です。余りの嬉しさに競技場で叫んだ記憶があります(笑)

秋の東葛駅伝までは、市内ロードレースや市内駅伝とあり、そこでも上位に食い込むことが出来、特に市内駅伝では全参加選手の中で4番目。短距離で箸にも棒にもかからない選手が、よくぞここまで、と自画自賛したものです(笑)

高校ではその流れで5000mを専門とします。1年生時は専門の顧問の先生がいらしたので、出された練習メニューをこなす日々でした。

ここでまたアゲインストの風が…2年生時に顧問の先生が転勤となり、監督不在の部活となってしまったのです。

僕が次期主将となるタイミングで、しかも幅跳びでインターハイ選手を抱えるそこそこの高校。雰囲気作りを怠ると「この部自体を潰し兼ねない」と危機感しかありませんでした。

中長距離ブロックの練習メニューは僕が担当。トレーニング本、陸マガ、月陸、ランナーズ、食事学、ランニング故障辞典…あらゆる本を読んで自分の体で試しながら取り組んで行きます。

余談ですが、やり投げ選手からも「メニュー作って」と言われ勉強しながら作りました。今でもコツは分かります(爆笑)

『自分で練習メニューを作る』、しかも高校生が、です。よほど意識が高くないと質の高いメニューは作りませんよ(苦笑)

案の定、LSD、jog中心。インターバル、レペなんて月に1、2回やれば良い方。

しかもその頃、「ゆっくり走れば速くなる」故佐々木監督著という本を読んでしまった事も勘違いしてしまった一因かもしれません。


やっと本題に近づいてきました。

自分の体に何が起こったか?2つあります。

①敏捷性、瞬発力が無くなってしまった
→3年生のスポーツテスト50m、全力で走って8秒3。「嘘だろ?」と再走しても変わらず。小学生の頃6秒台で走っていた自分が、ですよ?陸上部にずっと所属していたのに?

②5000mの記録頭打ち
→距離走ばかりなので距離に対する心理的不安は無し。ただ、レースペースで全く走れないのです。勝負にならない。高校3年間アキレス腱痛に悩まされた事もあります(←これも距離走のし過ぎと今では思っています)が、高校1年生で出した16分30秒ですら更新出来ない。


結論を申しますと、量も「ある程度」必要ですが「質」の高い練習を取り入れて行かなければ「記録は頭打ち」となるのと同時に「故障リスク大」となる可能性がある、と僕は思っています。(人間はそもそも「長時間運動する動物」ではない)

練習では「長い距離を走ったら必ず流しを入れる」とか『体の神経系に刺激を入れる』事が記録向上やフォーム改善に繋がる(←何故フォーム改善に繋がるかはまた今度)と考えています。

「神経系の育成」

是非皆さまもjogして終わり、ではなく「気持ち良く流し」で終えてみたらいかがでしょう。

以上


Re: 王子のつぶやき その1 「神経系の育成」 カミー 投稿日:2018年03月06日 22:40:32 No.133
流石!
数十年?の経験から導きだされた理論は勉強になります
30年以上前の中学時代にLSDが流行し始めたようで、当時の顧問(シマムーさんと私の恩師で手賀沼で声をかけてくれる方です)に初めてLSDをさせられたのを思い出だしました
その頃は冬場は距離走で夏はインターバルやレペにペース走でしたね
数十年のブランクを経てウィングに入会してから10年たち最近は距離=量に拘りがちで、撃沈ばかりのレースですが、練習日誌を見直して量&質に拘ったトレーニングをしていこうと改めて思いました
私の拙い経験でも長崎監督作成のウィング練習会メニューを主軸に合わせた、質&量のバランスとれた鈴木さんのトレーニングメニューを実践したことでサブスリー達成出来ました
最近の撃沈ばかりの私では説得力ありませんが(汗)
志保さんは最近自己ベスト続出ですが、実際に日曜練習会をメインにしています
トレーニング最後のジョグは習慣づけてきましたので、今後は最後の「流し」を実践して「神経系」の刺激も行おうと思います
ありがとうございました!


Re: 王子のつぶやき その1 「神経系の育成」 キイチロー 投稿日:2018年03月07日 10:38:48 No.134
総会から僅か2日で、「王子のつぶやき」が始まりました。
流石。王子。足も速いが、行動も早い。


ところで、皆さん、覚えていますか?
半年前だか、一年前だか正確には忘れましたが、王子が掲示板で、「神経系」について言及し、、
そこには、『部活で陸上をやっていたか否かで、「神経系」の状態もちがうのかも』のような一言がついていました。
(カメは、走ると全く駄目だが、記憶力だけは大丈夫だ。まだまだ呆けて無い。(苦笑))

この一言をどのように理解するか、続編を待っていた会員の方もおられると思います。

今回は、『神経系の育成』がテーマになっていますので、今後が楽しみですね。

部活で陸上をやっていた人も、文化部だった人も、帰宅部だった人も、期待しましょう。
Re: 王子のつぶやき その1 「神経系の育成」 Huizi 投稿日:2018年03月07日 13:45:59 No.135
有用な情報を、ありがとうございます。

流し=「何となくわかっているけど、実際なんでなんだろ?」
まあ、やっとくか。
そんな曖昧な感覚でやるよりも、
目的や意味をはっきり意識してやる方が、
同じ事をやってても絶対に伸びる。
と、思うので、ためになりました☆
Re: 王子のつぶやき その1 「神経系の育成」 マツトモ 投稿日:2018年03月07日 23:27:36 No.136
王子。その通りですねえ。
『気持ちよく流し』だと思います。気持ちよくの強度……?
私はいつも、『あぁもう少し走りたいなぁ』ってところでやめてます。
そこがちょうどいいかなぁって感じています。偉そうにすいません。
Re: 王子のつぶやき その1 「神経系の育成」 王子 投稿日:2018年03月08日 07:23:00 No.137
かみーさん、キイチローさん、フイズさん、マツトモさん

『ドキュメント 人体実験』、お読み頂きありがとうございます(笑)

普段からjog、LSDばかりの練習で神経回路を意識していないとカラダが速い動きに対応出来ないというのが少しお分り頂けたかと思います。

『流し』はあくまで入口。ウルトラ練習は別として、フルまではインターバルやレペ等スピード練習をしっかり入れて行かねば記録は停滞しちゃいます。

気持ち良く=まだ走りたいくらい
マツトモさんのスピードが理想的かもしれませんね♪感覚的表現、ありがとうございます!


次回は、高校生でスピード神経回路が全くなくなってしまった僕が僭越ながら第5回手賀沼エコマラソン総合7位に至るまでをご紹介したいと思います。神経系の話に「もう少しだけ」お付き合い頂けますと幸いです。
Re: 王子のつぶやき その1 「神経系の育成」 Yossy 投稿日:2018年03月08日 12:42:16 No.140
王子様、参考になるお話ありがとうございます。
ところで質問ですが、「流し」という言葉をWINGに入って初めて聞き、おそらく陸上部用語でよくわからないのですが、それはクールダウンと一緒と考えて良いのでしょうか?
たとえば王子のような方がキロ5分でジョグして流しをするとして、私の場合キロ6〜6分半(夏は7分近く)でジョグしても、流しをしたほうが良いですか?

今までは、たとえば心拍がMAXになるような状態(インターバル、ビルドアップやジョグで最後目一杯あげた時、レースでラストスパートした時)の後に急にストップせずに、ゆっくり(多分キロ7〜8分)で500m前後走るようにはしていました。
でも普通にたとえばキロ6分半でジョグした場合(距離約7〜27km)は、もし流しをするとしたらどれくらいのペースでどれくらいの距離走れば適切でしょうか?

余談ですが、私も 都内から越してきて5−6年の時光小でした。私の時は一気に人口が増えた頃で1学年10クラスあり、校舎をプレハブで継ぎ足していました.。
次回のお話も楽しみにしています :)
Re: 王子のつぶやき その1 「神経系の育成」 王子 投稿日:2018年03月08日 21:14:57 No.141
Yossyさん
ご質問ありがとうございます。
「流し」は「ウインドスプリント」とも言いまして、本練習の最後に全力疾走の70〜80%の力で、100m〜200m程を走る事を言います。
メリットとしては、jogやLSDで縮こまったフォームを大きくする事、速筋に刺激を入れられる事、呼吸器系への刺激等等が挙げれます。
注意点としたら、やはりなるべくアスファルトは避けて貰いたいです。速く走る分、衝撃が大きい。後は普段のランニングフォームとかけ離れ過ぎない事、です。短距離的なフォームにしてしまうとマラソンには繋がらないので。

ご参考まで。
Re: 王子のつぶやき その1 「神経系の育成」 Yossy 投稿日:2018年03月08日 22:16:35 No.144
王子様、
お返事ありがとうございます。私の想像していたのと少し違ったので、聞いてよかったです。いろいろ参考になります。ありがとうございました :)
Re: 王子のつぶやき その1 「神経系の育成」 たまよ 投稿日:2018年03月09日 02:00:19 No.145
「王子のつぶやき」続稿を楽しみにしています!(ってもう続稿でてるよっ!)

私も中学~高校の6年間、いや小学5,6年も陸上部だったので8年間、陸上命でした(笑)。
私は体が小さいこともあるせいか、迷わず長距離を選びました。
校内マラソン大会で上位入賞できたのも一因です。

やはり学生時代に陸上をやっていたということは、走ることが得意だったり、強い心肺機能、高い最大酸素摂取量の限界点を持っているのではないかと思います。

3カ月程前に、新聞に「ランニング・サイエンス」という本が紹介されていて、「この1冊で確実に速く、長く走れる!」というポップにつられて3200円も出して買ってしまいました。

その本に、運動前や運動中にカフェインを取るとフルマラソンのタイムが6~10分も速くなると書いてあり、先日の東京マラソンでレース中に摂取してみました。

結果は…17キロ地点でカフェインの入ったジェルを取ったところ、お腹がゴロゴロし始めて、タイムロスをするはめに。
それでも、3時間18分で完走できたのは、効果があったのでしょうか。
これにごりずに、引き続き挑戦してみたいと思います。

さて、王子がLSDやジョグの練習ばかりしていたら、スピードが無くなってしまったということですが、短距離選手は速筋の割合が高く、長距離選手は遅筋の割合が高い割合で備えており、王子が持久系のトレーニングを積んだことにより速筋線維の変化を促し、持久走向きの筋線維に転換したのではないかと思われます。

それとマラソンでの好成績が単なる週間走行距離ではなく、トレーニングの平均強度と密接な相関関係にあるのに対し、ウルトラマラソンでは明らかに週間走行距離のほうが関わりが大きいことが、最近の研究からわかったそうです。
瞬発力を鍛える「筋収縮速度を上げるトレーニング」を加えることで、ランニングの効率性(酸素の消費量が少なく、エネルギーを節約し、疲労度も低い)の向上が一貫して見られ、筋力、神経や筋肉の質、腱の剛性の向上によってパフォーマンスもよくなることがわかっているそうです。

なんだか、難しいことばかり書いてしまいましたが…。
ランニングのパフォーマンスを上げるには、走行距離だけでなく、スピード練習も必要なんですね~。
とはいえ、やっぱりスピード練習はつらいわぁ~。
でも、「流し」なら気楽にできそうですね。
Re: 王子のつぶやき その1 「神経系の育成」 王子 投稿日:2018年03月09日 16:08:43 No.148
珠ちゃん
レス、情報ありがとうございます♪

随分高価な専門書を購入されたようで…勉強家ですね^_^

仰る通り、練習内容で速筋線維→遅筋線維に移行してしまった部分もあるでしょうね。

〈練習イメージ〉
「P(Performance)=Q(量Quantity)+Q+Q…」
ではなく
「P=Q(質Quality)×Q」
ですね。
「質」に重きをおくのか「量」に重きをおくのか、は個々で違うと思いますが、どちらにせよ「質(スピード)=0」だとするとパフォーマンスは発揮出来ない、という事ですから。


カフェインの話もありがとうございます。

走る前にカフェインを摂取する事で脂肪燃焼効率が個人差はあるものの2割以上上がる話もあります。※20分以上の有酸素運動

ウエイトコントロールされたい方はお試し下さい。



富士五湖ウルトラマラソンエントリー終了 トシ 投稿日:2018年02月02日 11:32:10 No.127 【返信】

先日、富士五湖のエントリーが締め切られました。
駆け込みでエントリーした方は、私まで連絡ください。

今のところ私が把握しているのは、
男性 7名
女性 6名(内ウィングメンバーの友人2名)
応援 2名

まだ、泊まる所(小松荘)は、空きがあるので、4/22、暇な人は、応援、花見、他…どうですか?



Re: 富士五湖ウルトラマラソンエントリー終了 千枝 投稿日:2018年03月06日 16:24:02 No.132
済みませんが、富士五湖ウルトラの宿泊の件ですが、千枝と根本は二泊の予定でしたが、一泊に変更させて下さい宜しくお願い致します。



HOKA試履会感想(思いっきり主観笑) 王子 投稿日:2018年02月19日 17:47:24 No.128 【返信】

昨日、ホカオネオネの試履会に参加された皆さま、ありがとうございました。

お一人お一人、合う合わない、履いた感触は異なると思いますが、来られていない方もいますので簡単ですが感想をシェアさせて下さい←あくまで僕の主観です

〈感想〉
・持ってみると見た目程重くない。履くとより一層重さを感じない。

・ワイズはナイキのように狭くなく窮屈さはない。NBに近いかな…

・(足入れ感)ヒールが高すぎないのでアキレス腱に当たる事はない。

・ヒールカップもしっかりしている←着地時のブレを防ぐ。

・ヒールストライクの方は違和感あるかも。形状、ミッドソール自体がミッドフット着地向け。

・着地の感触は単純に「柔らかい」

・インターバルや速いペース(330/km)にはクッションが良すぎる分、沈み込みが強く合わないかも。
※トレーサーは履かなかったが、前足部が硬質になっているとの事で、あのシューズならスピード対応可能か。

・ここの所、15km走ると坐骨が顔を出してくるが、昨日は30kmでも違和感なく。流石に走り終わったあとは(苦笑)

・履き終えて、アディダスに履き替えたらソールの「硬さ」を感じてしまった。

〈結論〉
・LSD等距離走時には適している。
・アスファルト向け
※ふるさと公園の芝生を2km程走りましたが厚底な分「掴む」走りが出来ない
・このシューズの機能を最大限活かすにはミッドフット。ヒールストライクの方は走り方を変える必要がある。


皆さまが故障無く、楽しいランニングを続ける為にも、ご自身のランニングギアの「選択肢の一つ」として一考頂けますと幸いです。

長々と失礼しました

以上





土曜の朝(毎週) トシ 投稿日:2018年02月02日 11:18:39 No.126 【返信】

土曜の朝(毎週)、フィッシングセンター方面往復で、ゆっくり走ってます。6分半ペース、15キロ位。
初心者歓迎。リハビリ中の方も。一緒に走りましょう。

集合時間 8時
集合場所 ペース走練習時のスタート場所(ベンチ前)





初!入賞 かみー 投稿日:2018年01月29日 17:45:16 No.123 【返信】

撃沈記でなく自慢投稿申し訳ありません・・・

年末の手賀沼チャレンジの時に、長崎さんと
「今年の我孫子新春マラソンから会社の人と出場しているんですよね」「志保さんは入賞しているけど、私はここ数年遠ざかっているし、来年は会社で全員おそろいのTシャツ作ったし、面子をかけて夫婦で入賞目指します!」と話をしていると

後方から「俺も我孫子新春マラソン10㌔出場するんですよ」との声が
振り向くとそこにはよっちゃんの姿が・・・
かみ「え~~っ(汗)」
かみ「よっちゃが、出場したら確実に一つ順位下がるじゃん!」
かみ「奥さんの応援に大阪いかなくて良いの?」
かみ「釣った魚に餌をやらない旦那と最近話題になっているよ」
よっちゃん「翌週の別大の足慣らしに丁度良いと思って」
かみ「これで、7番だったら恨んでやる~」全くの筋違いです(汗)

そんな話をしながらも
「確実に6位の入賞圏内に入るには39分切らないと・・・」
「最近の練習ペースでは厳しいから、しっかりとスピード練習強化だ!」
と、心に誓い嫌いなスピード練習に必死で取組んで本番を迎えました

当日は、ご承知の通り極寒の中スタート
序盤戦は抑えて、中盤からスピード上げようと五本松の坂までは抑え、坂を下ってからペースアップ
苦しい中でも折り返しで何となく順位を確認すると入賞ギリギリっぽかったので必死でペース維持
我孫子新春マラソンでは、折り返して2度目の五本松の坂で5㌔の参加者と合流します
5㌔参加者の方がペースが速いので抜かされはじめ、小川さんにもかわされました
抜かれるたびにゼッケンを確認し「7000番台(5㌔参加者)に抜かれても構わないけど8000番台(10㌔参加者)に抜かれないようにしよう」
と、必死で走り最後の難関である湖北台中横の坂を迎えました(我孫子新春マラソンは坂を3回走ります)
何とか登り切ったのですが、最後の直線で8000番台のランナーに抜かされ
「やばい!順位を一つ落とした!」と追いかけましたが万事休す
ゴール瞬間の時計も39分00秒
39分切れなかったし、やっぱり7位かな?(涙)と記録証を受け取ったところ「40~49歳の部6位」の表示!
何とか入賞を果たしました

よっちゃんの2次会のスライドショーを見ていて、二人の同時入賞写真がとっても羨ましかったので、初の夫婦入賞は喜びもひとしおでした
新年早々の自慢&惚気投稿ですいません
今年も撃沈投稿できるように頑張ります!



Re: 初!入賞 よっ 投稿日:2018年01月30日 12:15:00 No.124
かみむらさん、しほさん、アベック入賞おめでとうございます!
かみむらさんが入賞出来てほっとしています。
人の庭を荒すつもりでエントリーした訳ではないのですが^^;
ご夫婦揃っての表彰はやはり見ていて羨ましいですね。
来年はうちらも我孫子新春で久しぶりにアベック入賞目指そうかな(^^)
Re: 初!入賞 カミー 投稿日:2018年01月30日 21:37:31 No.125
まさか!?
夫婦優勝狙って?
優勝しても我孫子新春マラソンはメダルしかもらえないですよ(^o^;)



<< | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
掲示板管理者へ連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | この掲示板を支援する