ウィングアスリートクラブ掲示板
[トップに戻る] [ホーム] [ワード検索] [フォトアルバム] [管理用] [▼掲示板作るならRara掲示板]

書き込みし易い掲示板として「みんなのつぶやき(レース完走記、独り言、ぼやき等)」を、新たに作りました。
皆さま、写真(max3MB)もアップできますので、ぜひ、お気軽に書き込みしてください。残念ながら、画像ファイル以外はアップできません。


アクセスカウンタ:今日30、昨日57、全て22903


Name
E-Mail
Title
URL
FileUP
Key (英数字で8文字以内)
Color

ホカオネオネ 王子 投稿日:2017年08月28日 22:12:42 No.45 【返信】
最近、気になっているシューズメーカーです。
かなりの厚底でありながらドロップが少なく、しかも軽量!もし、履いている方がいらっしゃいましたら感想お聞かせ下さい。





無題 かみー 投稿日:2017年08月17日 11:54:26 No.41 【返信】
つぶやきです
一度も当選したことのない「東京マラソン」応募しました
また、落選記録更新かなあ・・・


Re: 無題 王子 投稿日:2017年08月17日 12:25:45 No.44
当選してご一緒に激走しましょう^_^



お陰様で満10年 キイチロー 投稿日:2017年08月07日 17:19:49 No.35 【返信】
私は2007年8月に入会しました。

「老いカメ」の私は、「アスリートクラブ」でどのくらい続けられるのか、全く目途もなく、でも、「取り敢えず続けてみよう!」程度の見通しで入会しました。
 10年先どうなっているだろうか。 生きているだろうか? それすら、分からないだから(笑い)、ウィングにいつまで在籍するだろうか、など、思考の外でした。

それが、気づいたら満10年。

 練習で多くの方にサポートしていただいて、少しは速くなり、「カメ」ではあるが、クラブ員らしくなりました。入会してよかった、多くの方にサポートしていただいたと感謝しています。
 このお返しをしたいと、10年間の後半は、ウィングの運営にいろいろな形で参加させていただきました。これもやってみれば、自分にとって得ることも多く、ウィングでの活動を充実したものにしてくれています。
 ランニング生活に役立つかもしれないと考えて、2年ほど前に、ランニングに関する勉強をし、資格を取りました。(下記写真)
その時点では「○○○マニュアル」などを作るようになるとは思いもしませんでしたが、その後、ひょんなことからマニュアルを作ることになり、嵌りました。(笑い)。
いくつかマニュアルを作ってみると、この資格取得勉強が、間接的にですが役立っていることが分って、勉強していて良かったと思っています。ということで、今回このことを公開しました。
これからも、走ることを楽しみたい、それから、お役に立てそうなことを見つけて、やっていきたい、何年続けられるかわかりませんが、取り敢えず5年の目標で! と考えています。
皆さん、これからもよろしくお願いします。
しかし、まずは練習だ! このままでは、「カメ」からも落ちこぼれてしまいそうだ。


Re: お陰様で満10年 胡桃 投稿日:2017年08月11日 21:38:32 No.40
キイチロウ~さん
10周年 おめでとうございます❗
ランナーズマイスター取得したんですね‼
私もこちらの資格も調べました。
学ぶ所が、ありますよね。
これからも、身体も頭も使っていきましょう。
よろしくお願いいたします。

Re: お陰様で満10年 Yossy 投稿日:2017年08月17日 12:25:05 No.43
キイチローさま、ウィングの皆さま、ご無沙汰しております。
キイチローさんが入部した2007年夏はちょうど、わたしが突然走り始めた時期でもあり、わたしもついにラン歴10年越えたんだ〜と改めて思いました。
3-4年前にウィングに入部した当初は、怪我の後遺症や、日本の気候やカルチャーの違いなどで馴染むのに苦労しましたが、当初よりキイチローさんには長距離苦手なわたしと一緒に走ったりいろいろ教えていただき、大変お世話になりました。感謝しております。夏の間は一時的にまた以前のNYのクラブでトレーニングしておりますが、戻ったらまたよろしくお願いいたします。資格を取られたり、長距離走りこまれているキイチローさんのように前向きに、これからもめげずに頑張っていきたいと思います。
わたしも今までに足や腕を怪我して不自由な思いをし、普段当たり前だったことに感謝する気持ちが生まれました。芦川さんも治ったらきっと前にもまして楽しく走れるかと思いますので、陰ながら応援しております。





8/13キッズウィング 王子 投稿日:2017年08月17日 12:23:08 No.42 【返信】
先日も10名のお子様達にご参加頂きました。ご参加された皆様、ありがとうございました!

完全に自己満?の世界に入りつつあり、子供達より自分が一番楽しんでしまっている感がありますが(笑)、引き続き開催して参る所存です^_^

次回もご参加、並びに会員皆様のご理解ご協力の程宜しくお願い申し上げます。





走れるって幸せ。 芦川 投稿日:2017年08月10日 13:08:20 No.36 【返信】
芦川です。7月中旬から急性小脳炎で千葉北総に緊急入院中です。今は熱も下がり意識もはっきりしてますが後遺症で当分車椅子生活になります。希望的観測ですがいつかまたウィングの方々と走れるのを夢見てリハビリ頑張ります。絶対奇跡の復活劇を演じてみせます。
今更ですが自分の脚で走れるって幸せなことだと気がつきました。


Re: 走れるって幸せ。 両川 投稿日:2017年08月10日 23:56:31 No.37
復活を信じてます。
絶対にまた一緒に走りたいです。
今も芦川さんの背中を追って、山形で走ってますよ。
Re: 走れるって幸せ。 栗原 投稿日:2017年08月11日 17:54:43 No.38
同じく復活を信じてます。
芦川さんには練習会で負けっぱなしなので悔しいです。
勝ち逃げはさせないです。
Re: 走れるって幸せ。 胡桃 投稿日:2017年08月11日 21:29:38 No.39
芦川さん
復活お待ちしています。
突然の急性小脳炎かと思います。
ゆっくりリハビリしてくださいね



年間グランドスラム達成‼ 千枝知晴 投稿日:2017年08月04日 17:43:06 No.34 【返信】
思い起こせば2年前、熊野さんに富士登山の試走に誘われ、以前から興味があった自分は、迷わずOKし、初めての富士登山競走の試走をした時の事を思い出します。走り始めはたいしたこと無い坂だと思っていましたが、やはり登り続ける事の辛さキツさは、次第に脚の疲労感じ出し、とうとう歩き出してしまいました。その時に思った事は、なんてコースだ❗辛すぎる❗正直レースには、参加したく無いなっと、思いましたが、山道に入りどんどん進む内に、たまに見える景色の素晴らしさや、山の中の気持ちの良い空気が、疲れを癒してくれたのを、今でも覚えています。そして五合目に到着した時の達成感や、喜びは他のレースには無い物を感じました。その時は五合目でさえこの疲労感、山頂はまだまだ遥か上にある❗自分ごときでは、とても山頂まで行けるとは、思いもしませんでしたが、その時熊野さんから、グランドスラムの事を聴き、非常に興味が沸いた事を覚えています。そしてそれにチャレンジしてみよう‼その為には、特訓じゃーと心に誓い、今回の日を迎える事が出来ましたあの時試走に誘って頂いた事を、感謝していますそして、今回のレース中に目標を達成したら、もうこんなキツいレースは、出ないぞ❗っと、思っていましたが、熊野さんに狩りに行くと宣言されては、逃げる訳にも行きませんので、来年も更にタイムを縮めるべく、特訓を重ねてチャレンジします他に興味の有る方は、先ずは試走から始めはみて下さい。




日本のテッペン獲ったどー!! タオルおじさん 投稿日:2017年08月02日 17:05:07 No.32 【返信】

ど~も♪ 最近老眼が出てきた初老の、くまのです(>_<)
すげー長文になっていますので観覧注意です(笑)


今年の富士登山競走行ってきました。(競争ではなく競走です。ここポイント!)
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、この大会は一般登山者の影響を考慮し、
平日の金曜日に行われ、五合目コース(15km・標高差1,480m)と
山頂コース(21km・標高差3,000m)の二つのカテゴリーに分かれています。

まず、参加する事自体がとても大変で参加定員山頂コース2,500名
五合目コース1,276名しかありません。
五合目コースは募集開始から約5分程度で締め切られてしまいます
クリック合戦の0次関門に通る事が最初の難所。

また、山頂コースは過去3年以内に5合目コースを指定するタイムで
完走した人のみが参加できます。
この指定タイムが毎年厳しくなっていて、来年からは2時間20分以内に完走した実績が
ある事となりました。

要は
「2時間20分以上掛かっているヤツは山頂に行ける体力が、ねーから出直しな!」
って事です(―_―)!!
 この上から目線が「アスリート魂」を搔き立てるんですけどね(笑)

各所の関門も厳しく
五合目コース
馬返し関門(約10.8km・標高1,450m)2時間
五合目ゴール(15km・標高2,230m)3時間30分

山頂コース
馬返し関門(約10.8km・標高1,450m)制限なし
五合目(15km・標高2,230m)2時間15分
八合目(18.8km・標高3,400m)4時間
山頂(21km・標高3,776m)4時間30分

五合目コースはウィングメンバーであれば、皆さん完走は可能と思われます。
山頂コースは別格で五合目の関門が2時間15分と来年参加資格の2時間20分より
早く切られるという、不思議さ(@_@;)
八合目から山頂の30分関門インターバルも相当厳しいです。
ちなみに私はこの間を約33分掛かって登りました(汗)
八合目の関門ギリで通った人が山頂を30分以内に通過するのは不可能に近いです。
たったの2.2km、顔をあげれば山頂が見えます!
それなのに30分以上かかるんです。

「ここには過酷に挑む価値がある。」なんてね♪

これ、富士登山競走のキャッチコピーね、パクリっす(^_^;)

概要はその程度にして来年ぜひ、皆さんに参加して頂きたいのでレース前から
レース後のアフターまでの私が行った事を振り返ります。

無事0次関門を通過しましたがもう一つの関門が宿です。

スタートは五合目コース8時30分、山頂コース7時ですので、当日の電車では間に合いません。
早朝車で行くか、前泊となります。私は朝が苦手なので迷わず前泊を選択。
宿も富士登山競走のHPで募集が掛かりますが、すぐに満席。ここでもクリック合戦が行われます。
シングル、ダブルの宿は瞬殺で満席。近くの宿にも問合せましたが、既に満席。
宿難民になってしまいました。。。。。。相部屋は空いていましたが、全くの他人と一緒に
寝る事に抵抗があったので、躊躇していました。

レース2週間前になっても宿がなく、相部屋でいいかぁ~と、思っていたところに
友人より、相部屋に空きがでたので一緒に泊まりませんか?との申し出。
即答でお願いして宿ゲット。

レース前日は午前中で仕事を切り上げ、そのまま宿へ直行。
17時30分ぐらいに宿に到着。相部屋の人は全員到着されていて、既に寝ている方も(驚)
5時から朝食だったので4時半起床とし、20時には電気を消して皆さん一緒に寝ました。
(子供かっ!)
皆さん、このレースに意気込むオーラが半端なかったっす(@_@;)

起床後、すぐに天候チェック。山の天気はB判定(雨、風あり)。
去年は朝の段階でC判定(強雨、強風)となり、山頂コースが5合目で打ち切りとなりましたが、
今年は大丈夫と、皆で安堵する。
天候チェック後の服装選びがとても重要で天候が急変する可能性があると考えた私は、
ノースリーブで行く予定を半袖のシャツとアンダーシャツに変更、カーフサポーター、ランパンに
しました。
持ち物は携帯用ジャンバー、アームカバー、手袋、ジェル3つ、携帯、3千円、スポーツドリンク1Lをバックパックに入れて参加。

仲間からは給水所があるから水は置いていけと散々いわれましたが、給水所はすべて普通の水。
試走で6時間も掛かって痙攣を起こす私には絶対必要でした。
結果的に給水所を全て飛ばし、自分のスペシャルドリンクだけで痙攣もなく、完走できました。
お金はハンガーノックになった場合にコーラや食べ物、山頂の神社のお札を購入する為に持参。
ちなみにコーラ500円です(―_―)!! 

携帯は山頂で自撮りする為(笑)

天候はその後回復し、スタート後A判定に。。。。。ノースリーブで良かったかも。。。。。


スタート前の開会式で恒例の地元消防団の激励と「エイエイオー」の掛け声。
去年は動画で撮ったのですが、今年は自分に余裕がなく撮りませんでした。
これ、すごく気合入るんです!!動画をラインでアップ出来ない事を今になって後悔。
来年は絶対撮って、アップします。


スタート(0km・標高770m)
富士吉田市役所からのスタートし唯一の下り500m走った後は全て登りですW
3km弱街中を走ると浅間神社を通り木陰の中を走るので、涼しくて一番気持ちがいい所。
この後は苦しくなる一方です(笑)


中の茶屋(7.2km・標高1,110m)
この間はアスファルトで一般のロードレースと変わらない感じ


馬返し(10.8m・標高1,450m)
中の茶屋から馬返しは引き続きロードだが路面が荒れていて走りづらい。
馬返し手前の200mは勾配がきつくなり、歩く人もちらほら。
私もしっかり歩きました(笑)
たった10kmしか走っていないのに滝汗です。
馬返しからは登山となり、ほぼ歩き。
呼吸を整えつつ、歩きながら進みます。
1時間5分で通過


五合目(15km・標高2,230m)
小屋ごとの平坦になっているところのみを駆け足で登る。
あとはすべて、登り。前の人との間隔が空くとすぐに割りこまれるので
隙間が空かないように注意して登る。
明らかに自分より遅い人は遠回りをしても抜いていかないと、タイムが伸びない。
私は奇跡的に関門前の渋滞に引っかからなかったですが、この後の渋滞がひどかったようです。
また今年五合目の関門時間が厳しく、私より走力があるのに渋滞に捕まり関門に
引っかかった友達が多数いました。
私より、先に行っているだろうと思われていた山の神あづまさん、しまむーさんも
残念ながらここでドロップアウト(>_<) 
来年また、戻ってきましょう!
2時間6分で通過。関門4分前。


七合目(18.5km・標高2,700m)
六合目から7合目は勾配が益々きつくなると同時に砂礫地帯の九十九折で足をとられ前に進まない。
このあたりから、足を攣る人が多数。私はこの区間が一番嫌い。
道幅は広いので走力のある人はこの区間でどんどん抜いていく。
砂礫を抜けると溶岩ゾーンに突入。壁のような岩場を両手両足使って登る。
手を使えるので登るのが楽に感じる。手袋装着。


八合目(18.8m・標高3,400m)
溶岩ゾーンと砂礫ゾーンが混在するが、この辺りから草木が無くなり、景色が一変する。
音も全てかき消され、自分の吐息も聞こえない。音がしないまま九十九折に皆が登っていく。
この異様な雰囲気に気合を入れ直すのと同時にあと、もう少しと自分を励ます。
通過時間から完走は出来ると確信する。
3時間42分で通過 関門18分前


八合五勺(20km・標高3,450m)
雲に覆われて山頂が全く見えず、距離感がつかめないが山頂から声が聞こえていたので、
あと少し、最後の力を振り絞り、ペースを上げる。

山頂(21km・標高3,776m)
山頂が見えると、人をかき分けダッシュW 
先にゴールした人達が寒い中ゴール手前でハイタッチをして待っててくれている。
登って良かったと思う瞬間(T_T)
4時間14分でゴール

富士登山の良さはここからで関門時間の1分前から完走者からのカウントダウン号令が始まる。
皆さん必死に酸欠で足がもつれて何回も転倒しても立ち上がりゴールする姿を見ると応援している
私たちも熱くなる。

残り1秒でゴールし、雄叫びを上げる人。

残り1秒で足がもつれて転倒、体はチップマットをまたいでいるのに
足が入っていなくてゴールできず、泣き崩れて動けなくなっている人。

制限時間内にゴールできなくても、達成感でいっぱいになり、うれし泣きでゴールする女性。

十人十色。 このノンフィクションがおっさんを熱くさせるんすよね♪

お約束の山頂自撮りをして、下山(笑)
レース後も大変でシャトルバスがいる五合目までの約8kmを走って下山。
シャトルバスの時間も余裕がなく、山頂で自撮りして遊んでいると
バスの最終時間に間に合いません。
実際、シャトルバス最終でした(汗)
オール砂礫でシューズに砂礫が入りながら下山。これがつらい(>_<)

下山中、高山病になってリバースしている人や、ハンガーノックで倒れている人多数(恐)
5合目に預けた小さな荷物を受け取り、シャトルバスに乗り込む。
皆さん慣れていてバスに乗ったら荷物からサンダル出し、履き替えていました。
バスに乗る事1時間。この発想はなかったなぁ~。勉強になりました(^_^;)

荷物預け所に到着すると、食事が出来るブースが出ていて
事前に貰っている600円分の券で食事ができます。
私は迷わず“生ビール”♡
3杯のんで富士山駅行のシャトルバスに乗って帰宅しました。
これまた、最終バス。帰れないところだった(笑)


ホントはもっともっと富士登山競走の魅力を皆さんに伝えたいのですが、仕事中に
書き込みをしているのでこの辺で(笑)

ウィング富士登山勇士の皆さん、また来年あの場所に戻ってきましょう!
千枝さんグランドスラムおめでとうございます\(◎o◎)/!
来年は千枝さんを狩りにいきますのでお楽しみに(笑)

こちらを見て興味が湧いた方はウィングのライン富士登山コミュニティに
招待しますのでお伝えください。6月~7月の短い間ですが、試走も行います。

「ここには過酷に挑む価値がある。」

また、同じ事言ってるよ(〃´・ω・`)ゞえへへっ♪




Re: 日本のテッペン獲ったどー!! タオルおじさん 投稿日:2017年08月02日 17:08:00 No.33
自撮り写真もアップW




<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | >>
記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
- 掲示板管理者へ連絡 - 新着投稿をメールで受け取る -