腐女子榜
[トップに戻る] [ホーム] [ワード検索] [フォトアルバム] [管理用] [▼掲示板作るならRara掲示板]

~ ResForm ~
記事No.1113に対する返信フォーム

晨光1 石楠花 投稿日:2017年12月05日 05:17 No.1113
祝賀の宴に集う顔ぶれが、皆懐かしい。その一人一人の背負う物語が次々浮かんできます。
皆、幸せそうでお元気で。
本編、蝉蜕を織りなして、この『晨光』も紡がれていくのですね。ここでの宗長蘇はとても素直。
藺晨を信頼して心身ともに身を委ねているのが、伝わってきます。

食い意地が張ってるーこの掛け合いは、懐かしい夫婦喧嘩。でもそれすら、和やかで♡
藺麟の事となると、途端に娘の父の顔になる藺晨。本当にこれで嫁になど出せませんねぇ(^^;;

これからこの物語が、どんな風に展開していくのか、幕開けに立ち会えた事がとても幸せです。

「蝉蜕であったわたしは、もはやどこにもおらぬ」
 お前が満たしてくれたから―――と、長蘇は藺晨の肩に顔を伏せた。…

ここのところ、思わず蝉蜕全編を振り返ってしまいます。あんな事も、こんな事も全て飲み込み、乗り越えての藺晨と長蘇。藺麟を授かるまでの日々。
読み手のこれまでの時間も重ね合わせ、また先へと進む。これからの『晨光』を楽しみにしています。

遥歌さま、谢谢♡

ところで、わた雪さまのコメント。
簡単に分かると思ったのに…
本人から教えて貰いましょう(๑˃̵ᴗ˂̵)


Re: 晨光1 わた雪 投稿日:2017年12月05日 09:10 No.1115
もう宗主は蝉蜕ではない。十分満たされているから。…というようなコメントを腐女子榜と羽化にしてました。
(不安だったので、一応2つとも確認してきました…^^;)


Re: 晨光1 遥歌 投稿日:2017年12月05日 09:22 No.1117
そう、それです、わた雪さんのコメント。
ウツセミの総括的な言葉だなと思ったので、ここで入れてみました。

夫婦の絆はもはや磐石。
これからは子供たちが引っ掻き回していくのかもしれません。
(いや、わたしもよく知らない(笑))


Re: 晨光1 石楠花 投稿日:2017年12月05日 17:41 No.1123
ああ、そのコメント。とても印象深くて覚えています。凡庸な私は、そのまま描かれてるのかと、アホな事考えてましたー(^^;;
この作品に込められた、これまでの時間や思いがキラキラしてて、胸がいっぱい…
これからも、ずーっと楽しみにしております♡


Re: 晨光1 遥歌 投稿日:2017年12月05日 17:52 No.1124
とにかくわたしを煽ってください(笑)
風起長林を見てしまうと、琅琊榜1の本当のその後を知る羽目になるかもしれません。
そうなると、これまでのように妄想できるかどうか
ちょっと自信がないものですから、、、、、
別物と考えればいいのですが、やっぱり気持ちのなかで枠が出来てしまいそうで。


Re: 晨光1 わた雪 投稿日:2017年12月05日 20:43 No.1125
別物として見る気でいたけど、今日出てきた相関図っぽいのを見ると、宗主や景琰や蒙摯の顔写真もあってどうしても繋がる感じがしちゃいますけど、きっと人気を引っ張っているのだと推測します。

一度は見るけど、元の世界に戻ってぬくぬく浸かるはず♪

遥歌さん、今後もビシバシ(笑)煽り続けますから安心して下さい!!( ̄^ ̄)ゞ


Re: 晨光1 遥歌 投稿日:2017年12月05日 21:01 No.1126
あはは、よろしくお願いしますよーーー♡

Re: 晨光1 石楠花 投稿日:2017年12月05日 21:23 No.1127
私はこんな風なので、揺るぎなく雪蘆におります。
一度は視聴したいとは思いますが。
これが、その後だ!と押し付けられる(失礼)いわれもないかな、と。公式とは言え、私には何の許可もなく…
私の世界は、ここ、なのです♡
わた雪さまが書かれてるように、煽り続けますー(๑˃̵ᴗ˂̵)
寝てたら起こす。それでも起きなかったら、ツンツンつつく。ほかにご所望は?
何でもご用意致します♡うふ


Re: 晨光1 遥歌 投稿日:2017年12月05日 21:37 No.1128
ははは(^^;、起こしてください起こしてくださいww
うーん、今、『羽化―――』のほうにも書いたのですが、
まあ気持ちとしては複雑です。
いや、それほど強く気になっているわけではありませんし
別にショックだとも思ってはいないのですが、
やはり気になるところ・・・・・。


Re: 晨光1 石楠花 投稿日:2017年12月06日 00:51 No.1129
気になりますよね…
羽化にも書いてきたのですが(^^;;
本編を大切にしてきた遥歌さま。だから作品とドラマが違和感なく溶け込んで、自然に受け入れてしまうのですね。あれだけ素晴らしいドラマに、続編という位置付けの作品は、どうなのかなと思ってます。
これから溢れる情報やビジュアル。でもそこは、別の世界ですから…うまく言えないけど。

次が読みたい、読みたいとせがむ住人。
複雑だとは思いますが、次!お待ちしております♡
ドSですから、バンバン働いて貰う(鬼)(๑˃̵ᴗ˂̵)





Re: 晨光1 遥歌 投稿日:2017年12月06日 06:07 No.1133
原作者様がかかわってくださっている以上、
パート1の内容をそう大きく損ねることはありえない・・・・と信じたいですが
自分と原作者様との思いが同じとも限りませんし、なかなか心配ではありす。
もちろん・・・・自分の中では、それもまた
無数にある琅琊榜のその後の時間軸の内のほんのひとつ・・・だとは思うので、
ほかの時間軸が存在しても構わないと思いはするのですが、
琅琊榜のキャラクターたちを生み出したご本人の考えなら
やっぱりそれが一番尊重されるべきなのかという気もして。
もちろん、こちらは二次ですから、好きにすればいいのでしょうけどね(^^;;;


Re: 晨光1 石楠花 投稿日:2017年12月06日 07:21 No.1138
あ、原作者さまの存在!
私の中では、二次の概念も希薄なので、場違いな事を書いてしまっているのかも…
信じたいですよね。信じたい。ならば、藺晨がどうにも…
悩ましい、ですね。


Re: 晨光1 遥歌 投稿日:2017年12月06日 10:51 No.1143
いえいえ、二次はそういうもの・・・だとわたしも思っています。
これまでもそうやって自由に妄想してはきましたが、
名前と設定だけ使って登場人物たちの性格は無視、というのだけは避けてきました。
あのキャラクターなら、こんなとき、どんな顔で、どんな声で、
どんなことを言うんだろう・・・・と、
考えるよりも勝手にしゃべらせてきました。
自分は大まかなかじ取りと、台詞の間のト書きを埋めるだけに徹して。
でも、自分が受け取って消化したものと、
ほかのかたが受け取って消化したもの、原作者さまが言いたかったこと、
違っていても当たり前だと思うのです。
幸い、雪蘆を読みに来てくださって、支持してくださるかたが幾人かいらっしゃるおかげで
気持ちよく書いてこれましたが、
『原作者様にとってのホントの続編』もしっかり受け止めたいなあと思っています。


Re: 晨光1 わた雪 投稿日:2017年12月06日 11:30 No.1145
私も原作者様の存在忘れてたいました。(^_^;)
ただ、どの程度今回の風起長林は関わっているのでしょうね。

琅琊榜の時には、脚本を担当し参加してるけど、でも全部ではないんだと思うんです。
(元々脚本家ではないし、原作小説とも違う所沢山あるし)

今回は自分の小説が元になっているとはいえ、その割合は低いんではないかしら…。
原作小説ありきではないから、製作陣と話し合ってみんなで作りあげた気がしますが…。
(わからないけど…)

でも、大まかな枠組み流れ的な物は、原作者様の意向がありますよね。
まだ全然わからない今現在ですが、それはそれこれはこれで、私も受け止めてみたいです。

遥歌さんの小説、まさに登場人物が喋ってますよ!!
勝手に喋ってくれる…って、前にも言ってたけど、すごいです!
乗り移ってますね…
関係ないけど、昨日藺晨の風起長林のビジュアルで、品のいい老人がいい…といいましたが、考えてみれば姿だけではそうだけど、喋ったら違いますね…(笑)


Re: 晨光1 遥歌 投稿日:2017年12月06日 11:40 No.1146
ええ、姿は品が良くても、中身は藺晨ですから。。。。。(笑)

そうですね、なかなか原作者様でさえ、ドラマって思い通りにはならないものだと思います。
大筋があったとしても、脚本や演出、役者さんのちょっとした解釈の仕方で
視聴者に伝わるときにはどんどん変わっていくものでしょうね。
その視聴者もまた、ひとりひとり違った受け止め方をするのだから、
ドラマはそれにかかわった人の数だけ、そして見た人の数だけ、
違うストーリーとして伝わるのじゃないかなと思います。




Re: 晨光1 白ゆり 投稿日:2017年12月06日 11:46 No.1147
『原作者さまのホントの続編』もしっかり受け止めたい…そうですね。

私も覚悟が出来ました(^^)

受け止め切れず、持て余した思いは…
ここに来て、また皆様と語れたらな、と。

今までの遥歌さまの創作姿勢、というかそこが大好きなので、これからも遥歌さまの思いが、作品になるところを見守りたいです(エラソーな)
あ、雪蘆の皆様と共に♡


Re: 晨光1 遥歌 投稿日:2017年12月06日 12:07 No.1149
どんどん持て余しましょう(笑)。
まだまだ「琅琊榜1」の世界を堪能したいですよね!!




お名前
Eメール
タイトル
画像添付


削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色