腐女子榜
[トップに戻る] [ホーム] [ワード検索] [フォトアルバム] [管理用] [▼掲示板作るならRara掲示板]

腐女子榜へようこそ。
コチラは江左萌の同志のための掲示板です。
参加資格は、ただひとえに「宗主を愛でる心」です。
宗主を大切に思ってくださるかたのご参加をお待ちしております。


お名前
メール
タイトル
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色

生日前夕 石楠花 投稿日:2018年03月20日 06:48:52 No.1511 【返信】

景琰を引き留めようと差し出した手を…宙に彷徨わせた長蘇。この場面が辛い。

『引き留めて、どうしようというのか。
 この手で景琰の袂を掴んで引き戻し、そしてどうするのだ。』

もっともっと景琰のそばで支えたいという願望を、やがて諦めねばならないのだから。謀士としてのぴーんと張り詰めた日々を重ね、景琰の信頼を得て国の未来を共に語る喜び。その喜びにも命の期限があらのだと、胸にかかえる長蘇。しかも、景琰と呼びかける事さえ出来ないのだから。
病んで臥せっている時、心がすっかり林殊に戻ってて…それから現実に目覚めた気分が、切なくて切なくて愛おしいです。
婆やが居たのですね、本物の婆やが。今は黎綱と言う、ちゃんとした婆やが居て。吉さんも居てくれて本当に良かった…
泥団子を作りたいとタダをこねる林殊。長蘇の振る舞いに、林殊の面影を見た景琰もまた切ない。
真実を知ってる事と知らない事、どちらも切なくて辛いです。
誕生日を無事迎えるだけでも、長蘇にとっては命を刻む事。長蘇の悲願を叶えて欲しいと願いながら、無事に命を、と願わずにいられません。
ずっとずっと景琰の側に居て、国を支え国の未来を見据えて欲しい…わかっているのだけど。
素敵な『生日前夕』の物語。
谢谢♡遥歌さま


Re: 生日前夕 遥歌 投稿日:2018年03月20日 11:52:17 No.1514
やだ。書いてる時は大して何も思わなかったのに、
今、コメント読ませていただいてたら涙出てきた。
婆や、林家の人たちに連座して処刑されたかもしれませんね。
でも志は黎綱婆やがしかと!

この誕生日が、最後の誕生日になるんでしたっけ!?
Re: 生日前夕 石楠花 投稿日:2018年03月20日 21:10:59 No.1519
年表だと…これが最後の?そんなに残された時間が少ないの?ちょっと動揺してます。いかんいかん、これは辛い。逃げ込もう…長蘇が幸せな時間へ。
Re: 生日前夕 遥歌 投稿日:2018年03月20日 21:57:12 No.1520
このあと九安山で、帰って来てから藺晨が来て、身バレして、皇帝の誕生日があって、戦に・・・、ですもんね・・・・。
思いのほか、短いんですよ・・・・・・。



生日前夕 maya 投稿日:2018年03月20日 10:39:11 No.1512 【返信】

やっと景琰が蘇先生を信じて共に進んで行こうと決心している頃ですよね。
そして、宗主も心が通じていると感じている。
だからこそ「もう少し」と。
時間がないことがわかっているから景琰の事を優先させるのですよね。
小殊としての想いは圧し殺して。
心が通じている今だからこそ事実を隠している事でどんなに辛かったことか。
ジレンマですよね~。
だから体調も悪くなるんですね。
せめて誕生日は大切な人と一緒に過ごして欲しいです。
このお話は
「安详」につながるようですね。個人的にドラマの最後になるお話だと思っています。


Re: 生日前夕 遥歌 投稿日:2018年03月20日 13:41:39 No.1515
うんうん、景琰がツンケンしてる頃は、ある意味宗主もファイトが湧いたかも。
でも、今となっては、ほんとは打ち明けて一緒に事に当たりたいはず。
でも、自分亡き後の景琰の立場を思うと、景琰には知らせたくない、、、、
「安祥」? またまた、わからんじゃないですか。
今晩、復習しよう、、、、。
Re: 生日前夕 maya 投稿日:2018年03月20日 14:01:53 No.1517
「安详」はですねぇ。
梅嶺の戦いの後、瀕死の宗主を藺晨が金陵に連れてくるお話ですよ。
最期は景琰の側で逝かせてやりたいと。
あの、名作です。
もー。創造主が忘れないでくださいね❤️

Re: 生日前夕 遥歌 投稿日:2018年03月20日 18:06:07 No.1518
ああ!!書いたことは思い出したけど、詳細分からず。
あとで読み返します



生日前夕 感想 わた雪 投稿日:2018年03月20日 11:51:33 No.1513 【返信】

靖蘇の醍醐味、切なさや辛さ、もどかしさが〜。。

言いたくても言えない事でのすれ違い…。。
体調が悪く臥せった宗主に心臓がきゅ〜っとなりました。。。

でも、今回は引き止めて、ちゃんと景琰に伝えられたのですね…。。

達観したはずなのに、発作の度に心細い、命短さを思い知らされて怖い…。
側にいて欲しい…。

口に出して言えないけど、そんな気持ちを抱えていていたから、今回はどんなにか嬉しかったかと…。。
(景琰も嬉しかったですよね♪)

そして、言えないけどお誕生日。それもちょうど生まれた時を景琰と過ごせて良かった…。゚(ノ∀`*)゚。

黎綱さんの気遣いにも泣けます。。

吉さんの腕によりをかけたご馳走が並ぶ宗主の誕生祝いの宴が楽しみですね♪

「生日快乐♪」


Re: 生日前夕 感想 遥歌 投稿日:2018年03月20日 13:44:57 No.1516
ははは、宗主が何時に生まれたか知らないんですけどね(笑)
勝手に明け方にしちゃいました。
春猟の、ちょっと前のお話です。
最初は前年の誕生日の話にする予定でしたが、却ってこれでよかったかも。



再会前夜 Rintzu 投稿日:2018年03月06日 02:36:19 No.1477 【返信】

藺晨の愛の深さに、毎回感動してしまいます。
珍しく素直に自分の気持ちをぶつけた宗主にも。
感情のままに振舞える相手って、大事な存在ですよね!

そして、助演男優賞には、ウチのオット!
宗主の腰をはたけるのは、ウチのオットだけよ~♪
わたしの大事なダンナサマ~♪♪♪


Re: 再会前夜 石楠花 投稿日:2018年03月06日 22:49:10 No.1478
本当に(^^;;胸をはだけるは、腰をはたくは…♡
藺晨が嫉妬しておりますね、きっと(๑˃̵ᴗ˂̵)
晏大夫、重鎮。
Re: 再会前夜 Rintzu 投稿日:2018年03月09日 02:31:05 No.1479
宗主の肌に触れるようなこと、藺晨が他の人間にはやらせないでしょうし・・・
それもこれも、ウチのオットが信用あるからですねっ♪

あ、「はたける」「はだける」・・・萌えるわあ~(๑˃̵ᴗ˂̵)
Re: 再会前夜 遥歌 投稿日:2018年03月11日 21:34:22 No.1480
ああっ、更新してなかったので、こちらを覗いてませんでした!!
ごめんなさいー!!
胸もはだけるし腰もはたく晏大夫w 役得ですなー。
藺晨が晏大夫にだけは触らせるのは・・・・・
晏大夫を既に現役じゃないと高を括っているからでは!?
いえいえ、まだまだ油断なりませんよー!!!
Re: 再会前夜 Rintzu 投稿日:2018年03月12日 02:33:58 No.1485
宗主の命とお体を、できる限り美しく気高く保つのが、我がオットの務めでございますから(笑)
じゃじゃ馬な娘か孫を見ているような、ウチのオットの視線がたまりませんのですよ~♪
Re: 再会前夜 遥歌 投稿日:2018年03月12日 11:14:07 No.1487
じゃじゃ馬娘!
それだ!!
身体が弱いくせに。
Re: 再会前夜 Rintzu 投稿日:2018年03月15日 02:32:48 No.1492
言いえて妙、でしょう?(笑)
Re: 再会前夜 遥歌 投稿日:2018年03月15日 10:56:28 No.1494
はい。
ほんとうに、、、、じゃじゃ馬ならしは大変だ、、、、
Re: 再会前夜 Rintzu 投稿日:2018年03月17日 03:10:19 No.1509
ま、それは藺晨だけの役割ですからwwww
Re: 再会前夜 遥歌 投稿日:2018年03月17日 18:34:28 No.1510
ですよねーーーー♪



一路平安 maya 投稿日:2018年03月16日 18:05:29 No.1495 【返信】

ああ、
なんて健気なんでしょうか、藺晨。
馬を3頭つぶした?
南楚から金陵までいったい何日かかるのでしょうか?
緊急連絡かと思いきや、宗主の薬湯を届けに。
さらに眠りにつきながら寒がっている宗主に気を与えたのではないですか?
で、ご褒美は
自分の気で溶けていく安らかな寝顔…。
男前すぎます。
宗主のためだけではなく
藺晨じたいも宗主切れだったのでしょうね。
無理に起こさないところ、自分がやって来たことさえ宗主には内緒にするのは、宗主の心に負担を与えたくないという優しさですよね。
でも、宗主も夢ではなく生身の藺晨に会いたいと思う…。
藺晨との探りあいなどしなくていい、他愛のない会話。
そっと抱き締めてくれる腕。
どれだけ癒されるでしょう。

回想で宗主が案外経験不足だと発覚しましたね。


Re: 一路平安 遥歌 投稿日:2018年03月16日 18:27:12 No.1497
どれくらいの距離だか、さっぱりわかりませんww
少なくとも、江戸⇔京都間、とかの比ではないでしょうwww

うんうん、藺晨のほうが宗主切れでしょう。
でも、このあとは晏大夫に任せてじっと我慢の子の藺晨。
不憫です。

経験不足な宗主(笑)。
まあ、なんてったって箱入りですからねー。
Re: 一路平安 maya 投稿日:2018年03月16日 19:29:35 No.1499
名前、直してくださってありがとうございます
もう、機種変更したらいろいろ不具合が

じっと我慢して、白鳩がくるのを待っているのですね。
そして、大手を降って金陵入りしたら、こんどこそ我慢せず、夜ば…げふんげふん。
いや、深夜、臥室を訪ねちゃうんだ❤️
そこからは離れないのですよね。

宗主、経験不足って話ですが。
小殊の時には結婚間際で、きっと周りがしかるべき経験をさせていたのでは、とおもいますが。
やはり、その手の職業婦人とは、口づけはしませんしね。
霓凰ともきっとしていないから
初めては藺晨なんだ❤️❤️
あー、妄想止まりません。

Re: 一路平安 石楠花 投稿日:2018年03月16日 19:49:58 No.1500
初めては藺晨♡それだけで、極上の幸せです…
Re: 一路平安 遥歌 投稿日:2018年03月16日 21:29:44 No.1503
ああ、床での技が・・・というより、恋の駆け引きが、というか、
恋愛経験には乏しいんじゃないかと。
あてがわれた伽のお相手はあくまでもそっちのみだし、
心を通わせたのは景琰と霓凰くらいで、どちらも幼い恋愛ごっこかなと。

そうか、口づけも初めての可能性があるんですねー。
景琰とは「事故」的に経験したかもしれませんがw



Re: 一路平安 maya 投稿日:2018年03月16日 21:42:04 No.1506
恋の駆け引き…
間違いなく、宗主は初めての事でしょうね。
案外、藺晨も本気の恋は初めてのではないかと。

実技に関しては経験あってもねぇ…。
景琰とは噛みつきあいはしてましたね、
や、一方的に小殊が噛みついてたのか(笑)
Re: 一路平安 遥歌 投稿日:2018年03月16日 21:49:38 No.1508
あ、そか。噛みつき合ってたんだ!!
(自分で噛みつかせといて忘れてたw)

そうですね。藺晨も本当の相手は長蘇だけだな、きっと。



一路平安 石楠花 投稿日:2018年03月16日 18:53:08 No.1498 【返信】

 …「お前はそのままでよいのだ。余計なことにとらわれず、己のすべきことのみ為せ。つながれずとも、わたしの心はお前のもとにある」…
この藺晨に参りました。
藺晨、貴方が居てくれて本当に良かった。貴方の存在そのものが奇跡です。
その藺晨にこれほどまでの愛を捧げられる宗主。この二人の細やかで淡く、でも何者にも壊されない絆に心打たれます。
我慢の上に我慢を重ねる藺晨。それでも、夢だと思いながらもしっかりと受けとめている宗主。
この強い情愛に嫉妬さえ覚えます。
阿吽の呼吸で大事を成す。
離れていることは障害にはならないのですね。
しっかり情も交わしている。
私には甘々…
谢谢♡遥歌さま。


Re: 一路平安 遥歌 投稿日:2018年03月16日 21:25:16 No.1502
たまには周平さんと佐和紀ちゃんみたいに、ベッタベタエロエロでイチャついてほしいけど、
わたしはやっぱりそういうのが下手糞なんですね。
なんというか、心は老成していても、いざ恋の駆け引きとなると
おままごとみたいに清く幼いやりとりをさせてしまいます。

阿吽の呼吸。
夫婦ですからね・・・・。
Re: 一路平安 maya 投稿日:2018年03月16日 21:34:11 No.1505
周平さんと佐和紀はかなりな阿吽の呼吸❤️❤️
Re: 一路平安 遥歌 投稿日:2018年03月16日 21:48:11 No.1507
ですよね~♡



一路平安 感想 わた雪 投稿日:2018年03月16日 20:08:40 No.1501 【返信】

藺晨、凍える中相当な苦労をして遠くから駆けてきても、結局寝顔を見ただけなんて…。。

自分の気持ちより、宗主の体調を優先した訳で、健気さに泣けます…( ノД`)。

そして、自分がどうなろうと、大事に大事に長蘇の為に煎じた薬を懐に大事にしまって…。
それを渡す為、そして一目宗主を見る為、ただそれだけでいいんですね。。

頬に触れるのまで思いとどまったぐらいだから、接吻とかも我慢したのですよね。
でも、宗主の夢の中は、藺晨といる春の夢。
夢だと思いながらも唇が降りてきて…♡

実際どうだったんですか?(*´Д`)(本当に夢?)

藺晨が側にいるだけで、その気配だけで、宗主は安心して落ち着けるですよね♪
「何やら物足りぬものだと思ってな」
…もう、素直じゃないんだから…(笑)


Re: 一路平安 感想 遥歌 投稿日:2018年03月16日 21:33:29 No.1504
体調もそうですし、会って互いを見つめ合って言葉を交わしてしまえば、
さらに別れがつらいですからね・・・・。
初めからそんなことは百承知でしょうから、あえて夜の訪問なのは計算の内かもしれません。
頬に触れなかったのは・・・手が冷たかったせいかも。

夢は・・・ほんとはどうだろう。

うん、藺晨の気配、眠っていてもちゃんと伝わったんでしょうね。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>
記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
- 掲示板管理者へ連絡 - 新着投稿をメールで受け取る -