日本からマニラ・セブ往復 - 日比国際結婚アドバイスコーナー
トップページ > 記事観覧
日本からマニラ・セブ往復 ( No.9384 )
日時: 2017年09月20日 12:38
名前: Cavite [ 返信 ]
[ 編集 ]
アイコンhttps://www.cebupacificair.com/ja-jp

上記はLCCでお馴染みのセブパシフィックです、片道の最安値チケット料金ですが、福岡⇒マニラ6,500円 名古屋・大阪⇒マニラ11,500円 成田⇒マニラ12,500円 破格の触れ込みが掲載中ですが、幾ら検索してもまったくその様なチケット販売は見当たりません。 本当にあるの???

ただ実際に掲示料金のチケットが本当に買えたとしても、それは極少数かも知れませんね。

探って見ると、成田⇒マニラ間の最低料金が今月29日25,510円 マニラ⇒成田10月12日15,100円 合計40,610円で税金等合算すればこれ以上の支払いになろうかと思います。

そこへ 成田⇒セブで検索すると最低料金が19,510円 セブ⇒成田最低料金が16,900円10月5日 合計36,410円でした、

こうして見比べますと、マニラへ行くよりもセブへのフライト料金の方が安い事に気付きます、この現象はLCCになってからではなく、以前からマニラ便よりセブ便の方が安かったですね。

的確な理由は知りませんが、飛行機の離発着料などの差が反映しているのか?

従って時間に余裕がある方であれば、復路はマニラ⇒成田 直行便で、往路は成田⇒セブ⇒マニラと謂った方が更に3000円前後お安いチケットが購入できる様です。

年間を通し、日本側の学校休み期間で料金を見て見ますと、案外安く行ける時期が春休みですね、上手くいけば往復1人 28,000円~42,000円で購入できる事が多いです。 ただしあくまでも需要対供給なので、必ずとは行きませんが、夏休みは然程お安くありませんし、まして冬・正月は殊更2.4倍の料金、唯一春休みに前後にプラスして検索すると料金の穴場が見つかる事が多い様です。 過去3人購入で90,000以下と謂うのありました。

また、日本の春休みに向かった場合、フィリピン側の季節も乾季にあたり超安定しているメリットがあります、一方夏休みになりますと雨期の始り連日雨ばかりもあり、せっかく行っても悪天候にあたりつまらないですね。

特に夏休みくらいになると、ただでさえも雨雲が沸いて来ます、サマール・レイテ島~ミンダナオ島北東の太平洋岸に相当する南北スリガオ州や北アグサン州は晴れても2日と持たないくらい雨が多いので、、、やはり子供ずれの帰省であれば特にお天気が安定していることは大切な条件ではないでしょうか。

他に夏休みと違い、休み期間が適度に短いこと、故に滞在日数×持ち出し費用面でも優しいこと等がメリットとして挙げられます。



▼ページの最下部に移動
Re: 日本からマニラ・セブ往復 ( No.9385 )
日時: 2017年09月20日 13:43
名前: Cavite [ 返信 ]
参照: http://philippin.net/
[ 編集 ]
アイコンセブパシフィックのツアーをクリックしたところ、ボラカイ(ボラレ海島)とプエレトプリンセサと表示されました

私的ですが、既にどちらにも行ってますが、仮にどちらを選ぶとしたら、プエレトプリンセサかなぁ!! 
プエレトプリンセサと謂っても見る観光地は殆どなく、市郊外のワニ博物館(現地名クロコダイルセンター)、行った方はお解りかと思いますが日本の援助で作くられた様です、更に近くのイワヒグ刑務所ですが、刑務所は見物客を受け入れている施設ではないので、あくまでも個人的でしょうか、この刑務所には私が行った時は鉄格子の部屋はなく、敷地が広く自給自足者が基本で、逃げても島内からの脱出が厳しい理由もある様です。 
そう謂えばフィリピン最北の島バスコ・バタネス州内でも台湾人の密入国者が捕まってましたが、昼間は島内の何処へ行こうが自由で決まった時間にさえ戻れば、、、でした、まぁ~あれじゃ逃げようもないし、同じでした。
他知る人ぞ知る、プエレトプリンセサ市の港をホンダ湾と謂いまして湾を周遊するベイウッチング船があります、これはボラカイに指摘するか、それ以上の景色が楽しめるでしょう。 ここにはこれしか観光で回る場所はありません、

それで、セブパシフィックさんのツアーはここから3時間前後離れたアンダーグランドへのツアーの様です。


詳細に説明すれば、パラワン州都のプエレトプリンセサ市(人口約16万人)から約北東方向へ車で3時間前後の場所にアンダーグランドへのツアーがありました。

アンダーグランドとは、鍾乳洞ですが、現場が切り立った岩山で道がない(正確には歩く程度ならある)ので陸路からは出入り出来ず、一旦バンカーボードで20分前後乗船し入口で下船、海岸に面した洞窟あり、洞窟奥から海に向かって川が流れ出ています、洞窟入口で専用の5~6人乗りのボードに乗船して手漕ぎで洞窟奥へと入って行きます。 

私的にここへは3回くらい行ってますが、観光客だから特別料金と謂う様な、フィリピン独特のぼったくりは殆どありません、私が行った初回の頃はありましたが、それじゃ来てくれないと力を入れてますので、今は殆どないと思われます。

見学を終えたらその日にプエレトプリンセサ市に戻ってもよし、アンダーグランドのある地区「サバン」で泊ってもよしですね、夜はさざ波の音が聞こえ、心地よい風が入るコテージで寝泊まりするのも悪くなかったですね。

ちょい冒険心を持ったご家族向きツアーでしょうか、

元々このサバン周辺に裸族が出没するとの事で向い、鍾乳洞目的ではありませんでした、16歳前後の女性でもおっぱい丸出しの正真正銘の「裸族」が存在すると謂うのです、その噂があったからですが、観光客がボチボチだったころ、食べ物欲しさにサバン港へ出て来ては住人を困らせていたと謂うのです、向う道はなくよれよれのバンカーであるいは、バンカーにしがみついて来ると謂う情報がありました、上陸するとほぼほぼ裸なのでサバンの人たちはびっくり、一応に迷惑するので追い返すと謂う話を聞きました。


この他にも西ミンドロ州の山中でも噂はありましたが、殆どガサネタばかりでモッカカメラに収まってはおりません、フィリピンでももはや伝説ではないでしょうかね。

ヴィザヤ地方一帯の港周辺や海岸で暮らし見る事の多い、バジャウ族もおりますが、海洋民族の裸族バジャウとは違い、山中で住まいを構える裸族とでは、その違いが大きいので探していたのですが、もういないのかも知れませんね。

写真掲載のワニの様に見えますが、これはワニではなく、「ハロ」と謂います、ハロはトカゲ科に属するので大トカゲです、狂暴性はなくおとなしいです、元々山間部から田畑でも見かけた様ですが、飢えを凌ぐ為に乱獲で今は殆ど見かける事も、食べた噂も耳にすることはなくなりました。

最近ではここ地底湖入口の観光用くらいじゃないと、滅多に見かけなくなりました、もう17年以上も前に写したハロなので今も元気で生きているかは解りません、、、、ガラパゴスのコモドドラゴン級の大きさはありますが、至っておとなしい大トカゲどのくらい生きるのでしょうね、もしも向かった方がおられましたら是非最近の写真をアップして下さい。

※写真拡大し方 ハロ写真を選んでクリック⇒写真上部に【標準】と【元画像】があるので元画像をクリック⇒更に拡大するには写真上にカーソルを置けば+マークがでるのでクリック、これで命いっぱいの大きさで見れます。

Re: 日本からマニラ・セブ往復 ( No.9386 )
日時: 2017年09月20日 17:14
名前: Cavite [ 返信 ]
参照: http://philippin.net/
[ 編集 ]
アイコン近年スマホ内のアプリからフィリピン行のチケットを購入される方が増えてますが、スマホだけしか所持がない場合を除いて、できるだけPCサイトから申し込みされた方がよろしいです。

スマホはPCと比べ何時でも何処でも気軽にと謂う利点はある物の、画面が小さいタップし難い誤ったスペルを打ち込みやすいと謂う様な弱点もつきものです。

結果スマホで申し込んで名前や生年月日等をミススペル、この様な事が頻繁につきものです。

間違ったスペルでは搭乗できません、搭乗当日航空会社のカウンターで訂正すれば、なんとかなるだろうー!! 

原則チケットは購入した旅行代理店へ事情を話し、旅行代理店から空港会社へ再提出致し変更可能で、客が航空会社に直接訴えても訂正ができない取り決めです。

その旅行代理店がスマホ上の格安サイトでは、本中華が多いこの頃です、問い合わせしたら片言のハポン語で旅行当日「カウンターで申し出て下さい」、言う通りにして申し出たらどうにかなるでしょうか。
甚だ疑問に思います。

事前に暇を見てはスマホで格安を探しても、申し込むときは「絶対PC」これくらいは行いませんと、まして不の国フィリピン行に行こうとしているのですから、確かなチケット購入で、しかも格安な会社、、旅行会社から見れば非常に身勝手なお客なのです。 ですからこの段階から警備レベルをあげて取り組みませんとね、すぐバスラ ペラで終わっちゃいます。 

誰誰さんが、この間フィリピン往復3万5千円で行けました、幾ら安いチケットを購入したつもりでも買い直ししていたら、初めからベ(ビ)ジネスクラスを購入した方がましになります。

何故安いのか、トラブル等はなかったか、スマホで探し、PCで申し込む前に下調べくらいは行う余裕を持ちましょう。

ですが、スマホアプリ内から買うくらいならば、まだセブパシ直営サイトから購入した方が信頼は置ける方です、
もちろん、いくらセブパシでも搭乗者名を間違えて、上手く訂正できるかは壁があるので容易ではありません。
フィリピン側の予約サーバーがトロイのです、そのレスポンスが遅くて、重複入力ミスも出ます、それでもスマホからの本中華代理店よりはましな方です。
特に搭乗日迄日数がなければならないし、最悪カード会社に事情を話して止めてもらう方法も残っております。

そもそもスマホをPCの様に考えている事事態に問題あり、何時かはミスります。カード決済済ともなって仕舞えば、相手さん次第です、日本国のルールは適用外、ほぼ諦めなければならないでしょう、 ですから大きいPC画面上で打ち込んだ方がよいと謂う事につきます。

また、その他親友の誰誰さんが前回安く行けたから私のもお願~~い!! そしてお金を支払ったら何時になっても無連絡、しまいにトンズラ返金なし 結構なペースでフィリピン行きの販売会社は消えてますので、当然毎回同じでは危ないです、特にスマホ系には本中華が犇めくこの頃です、所詮は大陸商法はもちろん、場当たり的です、その為の警戒が必要です。

今までほぼ間違いが無かったのが、航空会社直営からの購入でした、でもその時間に行ったらターミナルが変更されていて乗れなかったが、比国内で一回、どうしてもトラブルはあります、問題はそれを自身の力で回復できるかどうかです、比国で起こすと厳しいですからね、 さぁ~ 読者の皆様なら何処から何を基準に購入するのが安心ですか、


題名
名前
E-Mail
パスワード(記事メンテ時に使用)
コメント
画像添付


文字色
アイコン [イメージ参照]