ペソ下落の可能性大、政府軍マラウイへ空爆か? - 日比国際結婚アドバイスコーナー
トップページ > 記事観覧
ペソ下落の可能性大、政府軍マラウイへ空爆か? ( No.9326 )
日時: 2017年06月07日 11:41
名前: Cavite [ 返信 ]
[ 編集 ]
アイコンISがミンダナオ本島内の中央部南ラナオ州(人口約80万人)都であるマラウイ市を占拠、なんと500ポンド爆弾を落としても破壊できない巨大な地下施設に20人~400人くらいの内外の戦闘員が籠っていると謂う。

60日間の戒厳命令が出ており長期戦となりそうだ、マラウイ市民人口約13万1千人の大半は避難、

私もマラウイに訪れた事があるが、ホロ島よりもともかく当時でもフィリピンで最も殺気だった事を覚えております、初めて向かった時は僅か4時間程度の滞在が精いっぱいで、怖くて写真一枚も写せないほどでした、すぐ様北ラナオ州都のイリガン市迄親戚を頼りに逃げ帰った者です。

何が危険だったかと申せば、市内の殆どに大砲や機関銃口が向いており、何時でも発砲可能な(戦闘可能な)状態が持続されていたからです。

マラウイへ入るのはイリガンジプニーTMから約1時間くらいで入るので簡単ですが、降りてから宿を探すなんてことは危険で困難でした、数回向かって撮影してきましたが、向ったら日帰りする他手段はありませんでした、気づかれない内に去るが基本でした。

ここはマギダナオのコタバトとの結びつきはつよく、クリスチャン族は殆どおりません、っと謂うか見かけませんでした、写真写る国道の看板は右マラバング方面と書いた案内板でマラウイ市の郊外でミンダナオ島の南海岸側、つまりセルべス海にマラバングがあって、突き当り国道を左折すればコタバト方面へ、右折すればパガディアン方面へと向かう西部ミンダナオ島の南北縦貫道路でもあります。

常に軍の駐屯地が随所に見られました、ここにはミンダナオ島第2位のラナオ湖があって西部一帯に電気を送っている水力発電施設があり、このラナオ湖(海抜900m前後)からの落差を利用した水力発電施設が数か所あります。
一方逆のセルベス海側に向かうと、約1000m付近で峠からマラバング方向へ下ります。峠付近にもラナオ湖とは別に小さな湖があって非常に涼しいと謂うよりも寒いと思うくらいの場所です、もちろん周辺は写真にある様なモスクがあっちこっちにありました、作物面積も少なくマイス(トウモロコシ)が中心で、湖で取れた養殖魚が中心の地でした。

どちらかと謂えば、見た目慢性困窮地帯と謂う印象でした。

初めてニュースを読んだ方は「何故、マラウイに巨大地下壕が?」こう思う方も多いと思いますが、実はラナオ湖の東側一帯の山地には、たくさんの資源鉱物があると解っており、諸外国が以前から目をつけておりました、何処の国か忘れましたが、数十年前のニュースでどこかの国が鉱物資源の採掘に着手した様な記事がでていたので、その時に手掛けた巨大地下壕が逃げて来たISの戦闘員らによって固められたのか?

しかし、一度フィリピンの何処かでテロ騒動が勃発致せば確実にペソ安を招くのは必至で、仮に現実のこととなれば、10,000円が最大5,600ペソを超える気が致します、単純な予想くではなく、過去2000年~2004年頃にかけて急激なペソ安を招いた時も、人の集まる様な施設、つまり、ガイサノ・SM・ロビンソン・NTC・バスTM・ファエリーTM・空港TM、そしてLRTやMRTも狙われ、実際LRTが走行中に車両爆発があったくらいで、それで急激なペソ安を招いたくらいでした。

ちなみにフィリピンで私が聞いた空爆はホロ州都のホロ市に次ぐものですね。

▼ページの最下部に移動
Re: ペソ下落の可能性大、政府軍マラウイへ空爆か? ( No.9327 )
日時: 2017年06月07日 11:49
名前: Cavite [ 返信 ]
参照: http://philippin.net/
[ 編集 ]
アイコンマラウイ市PNB前
マラウイ郊外の国道案内板
マラウイのモスク

Re: ペソ下落の可能性大、政府軍マラウイへ空爆か? ( No.9341 )
日時: 2017年06月26日 10:04
名前: Cavite [ 返信 ]
参照: http://philippin.net/
[ 編集 ]
アイコンISISの噂(テロ攻撃)でミンダナオ島に行くな? 今度フィリピンに行くのですが教会やモール、空港や港などの人の集まる場所への出入りはしない様に???


この様な過剰反応は如何でしょうか?

どうしてマラウイ市(南ラナオ州都)限定で、しかも僅か小さなエリアだけなのですが、それがミンダナオ島全体を指して行くなの話になるのでしょうか? 

日本の北海道に指摘する程の面積と同等のミンダナオ島ですが、全体がISのテロ脅威にさらされているかの様な?

そもそも、昔から首都圏マニラとミンダナオ島民は仲良くなかった原因の一つに、上記の様な過剰なでっちあげ噂を捲し立てる事が大きな阻害の元となって来ました、ましてや行った事もない首都圏の人々が平気でありもしない噂をでっちあげ、それが日本へ部隊を移しても、同じ様な事を平気で謂うフィリピン人輩が、ミンダナオ島と首都圏マニラ(マニラ隣接州圏も含む)の壁を作って来た最大の要因でもあります。


同じフィリピン人同士がバカにし合う、その渦中のISが何処の州の何市にいて、今どうなっていて、地理もニュースも満足に見ない読まない解らない、おもちゃ程度の地図を見て自身の国にミンダナオ島が何処にあるのかも知らない、そんなフィリピン人が、平気でミンダナオは危ない、

そう謂う大人の在日フィリピン人がミンダナオをバカにするかの様な言い回しにはちょい呆れます、ましてどこどこ大学卒業と謂う者の、その程度の大学レベルなのかフィリピンは? 逆にこの様にも思えて仕舞います。

地図見せてミンダナオ島がフィリピン共和国のどの島なのか? 指を指せない? ミンダナオが解らないのですから、南ラナオ州なんてしる余地もありません、それでもミンダナオは危ない、行ったら殺される、

私がミンダナオの方を持つ者でもありませんが、この国を訪れた頃から毎度聞かされて来たのも事実です、本当に嫌みなサリタ(言葉)でした、行くな、殺されるぞ、渡ったら生きて帰れないぞ、現地の人は怒って当然だとは思いませんか、そう謂うバカにした噂を言い放す、昔からヴィザヤス・ミンダナオと首都圏マニラや隣接州とは馬があわない、何故でしょう。

無関係な場所(州や都市)を批判しては行き過ぎた噂を放って来ました、その一環に米語と国語に特化したフィリピン教育がこの様な低い地理レベルを生み、正しく正確な地理が理解できなくして仕舞った、その世代が今の私たちのフィリピン人妻なんですよね、非常に恥ずかしいの一言です、

是非正しく正確に教えてあげたいですね、


題名
名前
E-Mail
パスワード(記事メンテ時に使用)
コメント
画像添付


文字色
アイコン [イメージ参照]