Advectionfog Photo BBS

[トップに戻る] [ホーム] [ワード検索] [フォトアルバム] [管理用]
~ ResForm ~
記事No.11101に対する返信フォーム

内海造船瀬戸田工場第795番船『シルバーティアラ』建造状況 でんすけ 投稿日:2017年12月06日 00:04 No.11101
 げんかいさん。みなさんこんばんは。
 来る12月18日に進水予定の川崎近海汽船の新造船『シルバーティアラ』ですが、12月4日の時点で船体ブロックの搭載を完了し上部構造物もファンネルを残してほぼ搭載を完了しています。
 船橋には窓ガラスがはめ込まれレーダーマストはほぼ仕上がっています。ブルワークが係船甲板後端で1デッキ上まであるのは、九越フェリーの『れいんぼうべる』を思い出します。コーポレートマークと船名のプレートも溶接されています。


Re: 内海造船瀬戸田工場第795番船『シルバーティアラ』建造状況 でんすけ 投稿日:2017年12月06日 00:15 No.11102
 搭載予定のファンネルはすでに塗装済み。きれいな排気管もよく見えます。
 正面から見ると顕著なナックルラインであることがわかります。右舷側では工員さんが船名プレートの溶接作業中のようでした。
 ベルマウスの形もよくわかります。フェアリーダの周辺のブルワークは大きな開口部になっています。


Re: 内海造船瀬戸田工場第795番船『シルバーティアラ』建造状況 でんすけ 投稿日:2017年12月06日 00:53 No.11103
 左舷側は右舷側に比べて防舷材は1段のあっさりした造りのようです。
 中央の喫水標のやや後方の位置にフィンスタビライザーが設置されています。ビルジキールは付近の工員さんと比較してかなり幅広のようです。
 船尾は普通船尾構造になっています。プロペラにはカバーがかけられています。プロペラシャフトの奥にはスタンスラスタが見えています。
 船橋下は回廊のようになっているようです。展望デッキが設置されるのかもしれないです。

 とりあえずご参考までに。


Re: 内海造船瀬戸田工場第795番船『シルバーティアラ』建造状況 でんすけ 投稿日:2017年12月06日 01:14 No.11104
 船尾係船甲板はハンドレールではなくブルワークで囲われています。船体後端には省エネ装置の船尾フィン構造になっています。フィン上端にはしっかりと防舷材が配置されています。
 船尾の船名プレートも溶接が終わっていますが船籍港の部分は位置合わせのための紙が貼りつけられていました。後端にのみ開口部がある構造になっています。その下部は内側に凹んだ空間になり、水密扉が見えますので乗組員がアクセスできるようです。
 進水式まであと2週間となっております。当日天気が良くなればと思います。長々となりましたが現況ご報告いたします。。


Re: 内海造船瀬戸田工場第795番船『シルバーティアラ』建造状況 げんかい(管理人) 投稿日:2017年12月11日 01:18 No.11121
シルバーフェリーは宮古航路の開設もあって、新造船の建造が続いてますね。
船尾の構造が特徴的です。反対向きに反っているんですね。
船尾係船甲板の下は車両甲板の換気口でしょうか。


お名前
Eメール
タイトル
URL
画像添付


削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色