野外博掲示板
| ホーム | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 |

☆野外博事務局からのお知らせ☆

【自然観察会】
・柳谷自然観察会「秋色に染まる動植物」2018年11月24日(土) 9時30分~12時30分
【行谷湿地保全作業】
2018年10月21日(日) 9時30分~
【その他】
「ちがさき環境フェア」2018年10月20日(土)10時~15時半。市役所本庁舎4階会議室他。
《新着投稿通知サービスのご案内》
掲示板最下部に「新着投稿をメールで受け取る」というリンクがありますので、そこから自分のメールアドレスを登録することで新着投稿があった際にメールで通知が届きます。ぜひご活用下さい。


この掲示板への投稿にはパスワードが必要です。

【投稿規定】
1、ヘイケボタルとゲンジボタルの情報は投稿しない。
2、ゼフィルス(ミドリシジミ類)など希少種の詳細な生息地は記載しない。(「茅ヶ崎の北部で…」程度に留める。)
3、鳥類、特に猛禽類の営巣地の情報も控える(営巣を中断してしまうことがあるため)。(「どこそこでオオタカが飛んでました」くらいの情報はOK。)
4、電話番号やメールアドレス、住所などの重要な個人情報は記載しない。
5、実名でなくハンドルネームを使用している投稿者のことは、そのハンドルネームで呼ぶ。
6、顔がハッキリ写っている写真は投稿を控えるか、その方の同意を得てから投稿する。
自身では判断が難しい場合は事務局までご連絡ください。
岸さん等に相談してお返事します。また、掲示板上で質問されても結構です。
行谷作業告知 とみおか 投稿日:2018年10月14日 11:36:34 No.363 【返信】

10月21日(日)9時半頃から、野外博で管理している行谷の草刈り作業を行います。しばらく作業が出来ていなかったので、皆様お集まりいただけると助かります。

画像1枚目2枚目:刈払機が手に入ったので、昨日(10月13日)行谷に行って、となりの田んぼとの境目だけは草刈りしてきました。
画像3枚目4枚目:今まで田んぼにしていた区画や休憩に使っていたあたりは、大家さんが機械を入れて刈ってありました。





ジガバチ 岸 一弘 投稿日:2018年08月13日 22:46:30 No.361 【返信】

 ジガバチ(たぶんサトジガバチ)が、ヤガ科の一種幼虫を運んでいました(8月11日の柳谷自然観察会にて)。




柳谷自然観察会8月11日(土)に延期 とみおか 投稿日:2018年07月31日 18:12:53 No.360 【返信】

★事務局からのお知らせ★

7月28日(土)に予定されていた柳谷自然観察会「夏の花、夏の虫」を、8月11日(土)に延期して開催することになりました。

集合場所/茅ケ崎里山公園パークセンター
時間/9:30~12:30

ぜひお集まりください。

(8月25日には柳谷自然観察会「夜の鳴く虫観察会」(17時30分~20時)も開催されます。)





7月28日観察会中止or延期 とみおか 投稿日:2018年07月26日 17:07:12 No.359 【返信】

事務局よりお知らせです。

7月28日(土)に予定されていた柳谷自然観察会「夏の花、夏の虫」は、台風の影響による悪天候が予想されるため、ひとまず中止することとなりました。

8月に延期するかどうかは検討中です。





茅ヶ崎中央公園 クマゼミ 山口英雄 投稿日:2018年07月01日 11:43:05 No.357 【返信】

昨日は見つけられずでしたが本日4つ抜け殻を見つけました。

Re: 茅ヶ崎中央公園 クマゼミ 岸 一弘 投稿日:2018年07月01日 18:37:59 No.358
 早いですね。もうクマゼミシーズン突入ですか。

 みなさんにお願いです。
 もし、中央公園に行かれる機会がありましたら、クマゼミのぬけがらを採集してください。
 できれば、性別を確認して教えてください。ケヤキの植栽されている低いエリアと築山部分に分けて集めてください。
 もし性別が分からなければ、集めていただいたものを後日いただければ幸いです。



茅ヶ崎中央公園 クマゼミ 山口英雄 投稿日:2018年07月01日 11:42:42 No.356 【返信】

昨日は見つけられずでしたが本日4つ抜け殻を見つけました。




6-17:ホウネンエビ他 濱 伸二郎 投稿日:2018年06月18日 12:50:19 No.354 【返信】

再度、ホウネンエビを見に田圃(水田地帯)に行ってきました。
現在のところ、生息する田圃は一枚のみで前の年より減少しているようです。
殺虫剤等使用しない自然な田圃しか生息できず年々減るのもしかたないかもしれません。
大庭の田圃では、いままであまり見かけなかったスクミリンゴガイ(ジャンボタニシ)の卵を見かける様になりました。稲などに被害がないように祈ります。

1.ホウネンエビは泳ぐときには腹を上にした体系で泳ぐ珍しい生き物です。
画像では、上が雄で,下が雌で卵を持っています。
2.産み付けられたスクミリンゴガイの卵


Re: 6-17:ホウネンエビ他 岸 一弘 投稿日:2018年06月20日 21:56:04 No.355
 藤沢はホウネンエビが新種として記載された地なのに、なぜか少ないですね。
 スクミリンゴガイ、ついに大庭にも侵入しましたか。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
- 掲示板管理者へ連絡 - 新着投稿をメールで受け取る -