浦和高校応援団OB会


| トップに戻る | 検索 | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

夏の野球応援の結果(1回戦)
第52期 大矢(事務局) 投稿日:2023年07月10日 04:28 No.293
昨日(7/9)、夏の野球応援の1回戦が県営大宮公園球場にて行われ、浦高は見事に勝利し、2回戦に駒を進めました。

北 本 000 000 000 | 0
浦 和 000 020 00× | 2

<安打数>
浦和:9[二塁打2(河原・達富)、単打7]
北本:5[単打5]

<失策>
浦和:2 北本:1

<投手>
浦和:達富

<捕手>
浦和:菅原 → 鶴井

去年の夏の野球応援も一般の観客が観戦できましたが、声を出しての応援は禁止されていました。
今年は声出しも解禁され、4年ぶりに制限のないいつもの野球応援が戻ってきました。

日曜の大宮での試合ということで、応援席には浦高生が野球部、吹奏楽部を含めて300人、保護者、OB、一般の観客が300人の計600人ほどが集まり、賑やかな応援席となりました。

試合は1回表の守りで2死満塁のピンチがありましたが無失点で切り抜け、そこから浦高の投手・達富が波に乗り、以降は、終始好投しました。

攻撃は5回に関根と河原のタイムリーで2点を上げ、この2点を守り抜きました。

この日は試合の少し前まで雨が降っており、9時の試合開始の時には気温29度でほぼ無風と大変蒸し暑く、北本の投手は7回に足がつり降板、浦高の捕手の菅原も8回が終わって足がつり担架で運ばれて交代と、両チーム共に過酷な環境で頑張りました。

浦高の達富は9回、126球、5安打の見事な完封でした。

浦高が夏の大会で9回を一人で投げぬいて完封したのは、1998年(平成10年)の第80回大会の3回戦で、前年に二年生でノーヒットノーランを達成した当時のエース笹本投手が4安打完封して以来25年ぶりのことです。
この時の相手は、なんと偶然にも今回と同じ北本高校でした。
25年前も1対0の接戦でした。

夏の大会での県営大宮球場での勝利は、1995年(平成7年)の第77回大会2回戦で、桶川高校に8対0で勝利したとき以来28年ぶりのことです。
県営大宮でそんなに長い間勝っていなかったのかと、この事実には驚きました。

応援団は幹部2人、二年生4人、一年生4人の計10人での応援を繰り広げました。
三学年そろっての応援はコロナ前の2019年以来4年ぶりでしたが、コロナ禍からの復帰よりも、一時期部員不在で休部していた応援団が三学年そろっての応援ができるまでに復活したことに、感慨深いものがありました。
団旗も2年ぶりに掲揚しました。

お越しいただいたOBの方は以下の22人の方々です。

遠井(28期)、宮本(36期)、篠田会長(40期)、西嶋(42期)、稲富(43期)、堀口・金子(50期)、三田・渋谷(51期)、菅野・大矢(52期)、竹内・松本(53期)、鈴木(54期)、小菅(57期)、青木(58期)、戸ケ崎(62期)、小泉(72期)、西坂・平塚・野口(79期)、髙橋(82期)[敬称略]

ご参集を有難うございました。


【次 戦】

2回戦  7月13日(木) UDトラックス上尾球場
     9:00~(第1試合) 三塁側
     対 浦和西

組み合わせ
https://saitama.hsbflash.jp/tournament.php
※浦高は42番です。


■日程は必ず直前にご確認下さい■




お名前
メール
削除キー ( 記事を削除する際に使用 )