画像掲示板


| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

お名前
メール
タイトル
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色

tabiさん、おはようございます(^^♪ jin 投稿日: 2021年04月24日 05:17:36 No.4743 【返信】

いつも素敵な投稿有難う。
数年前足利フラワーパークに行って来ました。
樹齢160年 栃木県指定天然記念物。世界に誇る美しさ「奇蹟の大藤」アメリカのCNNでも
とりあげ紹介しているので僕が行ったときは外国人が多く見物していました。
美しいたくさんの藤のコラージュです。

その他。

池の彼方の紫の大藤、800畳にも広がる大きさにはただただ
ビックリですよ。

80m続く白藤のトンネルはただ驚異の一言だけです。





弔問の旅 渋沢栄一系譜 tabi 投稿日: 2021年04月23日 21:11:47 No.4742 【返信】

沢山の子孫
渋沢栄一は女性関係が派手な人物でした。
正妻こそ生涯2人だけでしたが、正式に妾さんとして囲っていた女性の他にも大量の愛人がいたとされています。
このため、正妻と妾の子と養子をあわせて12人が正式な子供としてカウントされていますが
その他にも50人とも100人ともいわれる子供がいたとされ、その多くは戸籍にも載らずに、存在が消されてしまった方たちとなっています。


ちよ(1841年-1882年)-千代、千代子とも表記される。歌子、琴子、篤二の母。尾高惇忠の妹であり、栄一とは従兄妹同士。コレラで死亡。
兼子(1852年-1934年)-かねとも表記される。武之助、正雄、愛子、秀雄の母。兼子は水戸藩の公金御用達も務めた江戸屈指の豪商、深川油堀の伊勢八こと伊藤八兵衛の娘。


大内くに(1853年生)-千代生前から妻妾同居し、栄一との間に子を儲け、栄一との関係解消後も渋沢家に出入りした。
田中久尾(1872年頃の生まれ)-大阪出身。深川福住町の自宅に同居。
鈴木かめ(1876年頃の生まれ)-元吉原仲の町林家の芸妓小亀。日本橋浜町の別宅に囲う。

詳しい説明と他の写真26枚は↓をご参照下さい。
https://ameblo.jp/tabicom/entry-12670244250.html





tabiさん、おはようございます(^^♪ jin 投稿日: 2021年04月23日 05:32:37 No.4741 【返信】

いつも素敵な投稿有難う。
ベニカナメモチ、キンセンカ、シッラー、冬知らず、ディモルホセカ、
コンボルホセカブルーカーペットなどのコラージュです。

その他。

★ ゴデチャ。

  花言葉……[変わらぬ愛],[お慕いいたします]


★ 藤の花。





弔問の旅 3 渋沢栄一 tabi 投稿日: 2021年04月22日 21:09:59 No.4740 【返信】

経歴誕生
天保11年(1840年)2月13日、武蔵国榛沢郡血洗島村(現埼玉県深谷市血洗島)に父・渋沢市郎右衛門元助(1810年 - 1871年)、母・エイの長男として生まれた。
渋沢家は藍玉の製造販売と養蚕を兼営し米、麦、野菜の生産も手がける豪農だった。

渋沢栄一アンドロイド(和装姿)
80歳頃の姿をイメージして制作した和装姿の渋沢栄一アンドロイドを、旧渋沢邸「中の家」の主屋においてプレ公開している。
渋沢栄一アンドロイドは、株式会社ドトールコーヒー名誉会長 鳥羽博道氏(深谷市出身)からの寄付を財源に、寄付者の意向を踏まえ制作したもの。

詳しい説明と他の写真27枚は↓をご参照下さい。
https://ameblo.jp/tabicom/entry-12670090295.html





tabiさん、おはようございます。 jin 投稿日: 2021年04月22日 07:17:26 No.4739 【返信】

いつも素敵な投稿有難う。

ウオーキングしながら写した花々、家に咲く花などです。
ハナニタ(ブルー)、ヤマブキ、チェリセージ・ホットリップ、ホメリア、
フリージャ、ナデシコ、キンセンカ、アフリカン、アイズ(ローダンセマム)
などのコラージュです。

その他。

★ 種から育てたダリアです。

★ フリージャの花です。





弔問の旅 2 tabi 投稿日: 2021年04月21日 21:04:38 No.4738 【返信】

旧渋沢邸「中の家」
埼玉県指定旧跡「渋沢栄一生地」 旧渋沢邸・渋沢栄一生地「中の家(なかんち)」
この屋敷は、渋沢家の住宅等として使われてきたもので、通称「中の家」と呼ばれている。
渋沢一族はこの地の開拓者のひとつとされるが、分家して数々の家を起こした。「中の家」もその一つで、この呼び名は、各渋沢家の家の位置関係に由来するものである。

代々当主は、市郎右衛門を名乗っていたが、古くは、新七郎(安邦)の名まで知られている。
中の家は、代々農業を営んでいたが「名字帯刀」を許され、市郎右衛門(元助:栄一の父1809頃~1871)のときには、養蚕や藍玉づくりとその販売のほか、雑貨屋・質屋業も兼ねて大変裕福であった。
この家に、後に日本近代資本主義の父と呼ばれる栄一が生まれた。

詳しい説明と他の写真33枚は↓をご参照下さい。
https://ameblo.jp/tabicom/entry-12669872090.html





tabiさん、おはようございます(^^♪ jin 投稿日: 2021年04月21日 05:35:15 No.4737 【返信】

いつも素敵な投稿有難う。

赤羽根方面に行く途中の高速道路の脇道の並木の
「ベニカナメモチ」が白い花を付けはじめました。
コラージュです。

その他。

★ シャクナゲが咲いています。


★  アイスランドポピー。


  花言葉……忍耐、慰め。 

  





<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
掲示板管理者へ連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | この掲示板を支援する