鳥と空
| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 |
鳥の撮影を始めて約50年、銀塩時代の写真はあまり残っていませんがデジタル写真も含めて日本で撮った鳥の種類は約500種以上になります。最近では情報等が氾濫、また離島への探鳥、それもガイド付きとかで暇とお金とがあれば確認種を増やすのは簡単になりましたが、約20年以上前は自分で探すしかなくそのころでも約400種以上は撮影していましたので我ながらよく頑張ったものだと感心している今日この頃です。で、最近では種を増やすことや離島での探鳥への意義を見いだせなくて自宅近くのフィールドや昔のフィールドで鳥を探しにいくことに意義を見いだしているところです。今までは他の方のブログに掲載させて頂きましたが何とか自分の画像掲示板をネットでいろいろやってるうちに掲示できるようになりましたので、これから自分の掲示板としてアップしていきたいと思います。
鳥以外にも飛行機等の趣味の情報も載せたいと思います
(本日は100回、昨日は178回、累計143905回のアクセスがありました。開始は2017年9月23日です)
お名前
メール
タイトル
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用 )
文字色

九十九里方面九十九里方面 beaver 投稿日: 2021年07月16日 09:37:51 No.1802 【返信】

アジサシ類がいそうな所をサラーッと探鳥してきました。半月も離れている成果?飛んでいるツバメを追っかけるの大変でした。
コシアカツバメは多くいましたが、ヒメアマツバメは最初30分ほど全く見れず、ひょっとしてもういなくなったのかと思っていた時、1羽のツバメが建物の裏から現れ遠くへ飛んでいくのが見え、双眼鏡で覗くとやはりヒメアマツバメでした。期待して待つことに。しかしそれからも現れず、遠くの数百メートル先の空を見ましたら5羽ほどのツバメが群れでグルグル回っていましたで確認しましたらヒメアマツバメで近づいてくれるのを待ちましたが逆に遠くへ離れていって見えなくなりました。諦め次の場所へ行きました。


beaver 投稿日: 2021年07月16日 09:38:59 No.1803
おまけ




鹿の子百合 beaver 投稿日: 2021年07月15日 07:35:13 No.1801 【返信】

昔、宮崎にいた頃にパイロットのサバイバル訓練といって空中で事故があり脱出した後に海上に降りた後、救命浮舟に乗り込み長い時間漂流、その間に身につけている救命用具を使って長く生存するための要領等を実体験するための訓練がありました。その訓練を人の少ない下甑島で行っていました。その時、島に鹿の子百合といってきれいな百合が咲いているのを見ていましたが、2年ぐらい前に鹿児島に行ったときに駅の近くで球根が売られていましたので買ってきました。私は園芸は全くやりませんので妻が育ててくれました。見事に咲きました。その写真です、つぼみがいっぱいあるので、これからが楽しみです。




コサメビタキ Aqua 投稿日: 2021年07月12日 01:40:36 No.1799 【返信】

そろそろコサメビタキの雛が巣立ちそうです。
巣や雛は載せませんが(beaverさんの平手が飛んできそうなので・・)(恐)親鳥に沢山餌をもらってスクスク育っているようです。昨年と同じ木に巣を作ったり、縄張りあまり関係なく?それほど離れていない距離に巣を作ったり興味深いです。


beaver 投稿日: 2021年07月12日 08:44:24 No.1800
Aquaさん、おはようございます。
今日も有り難うございます、頑張ってますね。
鳥の繁殖期、育雛期の様子は鳥の生態を知る上では重要だし、知りたいと思いますが、これはプロの方達が調べて正確に分析した文献等を勉強すればいいと思っております、鳥への影響を考えると素人が自分の趣味のために調べるのはいい(これも鳥に極力影響を与えない程度に)としても撮影だけの対象にはして欲しくないと思っています。
コサメもゆっくり写真で撮ることは最近ありませんでしたので楽しませていただきました。
また、よろしくお願いいたします。



ワクチン接種2回目 beaver 投稿日: 2021年07月11日 15:08:11 No.1798 【返信】

今、ワクチン接種2回目を終わって自宅に帰ってきました。
会場到着が14時16分で受付、接種し15分の現地待機時間を含め14時43分に終わりました。
本当にスムーズに運用されているようです。
天下無敵になりました。
会場はエアコン効いていましたが、やはり暑く持って行ったうちわと小説が役に立ちました。



ちょっと前の写真 Aqua 投稿日: 2021年07月11日 00:03:06 No.1796 【返信】

婚姻色のアカガシラサギが見られるというので行ってきました。
少し前の写真になります。数年前から何度か撮影に行ってましたが婚姻色を見たのは初めてです。多分??


beaver 投稿日: 2021年07月11日 09:04:27 No.1797
Aquaさん、アカガシラサギ有り難うございました。
私は2017.2018.2020年と大体5月末から7月にかけて何度も見に行ってますが、今年のは嘴の青色はそんなに変わらないものの足の色が随分濃い赤になっているようですね。あそこも土手側からゆっくり見れる場所でしたらいいのですが、橋の上からでないと見れないような場所にいる時は通行の邪魔になるので遠慮してしまいます。
今年はAquaさんの画像で我慢しておきます。
また、よろしくお願いいたします。



オオコノハズク beaver 投稿日: 2021年07月10日 15:03:16 No.1793 【返信】

最初にオオコノハズクを見たのは自殺の名所として当時、いやもっと前かな有名でした高島平団地(今はこんな団地はいっぱいありますので有名でなくなりましたが)の近くの赤塚公園でした。高島平ってこんなとこなんだと思いながら撮影してきました。やっと見える程度でしたが初めて見る鳥で図鑑見てもよく特徴が分からないのでこれがオオコノハズクですと自信もって言えませんが人が言うのでと言う程度でした。その後、何度かと言っても埼玉の所沢では3シーズン(その当時近くに住んでましので勤務前に撮りに行って)撮ったのをはじめとして何度か撮りましたが、今日は高島平のと所沢のと明治神宮での、それと1回は行っておこうと思って行った中国地方のを載せときます。1枚目、2枚目は高島平赤塚公園ので、その後のは同じ木に居た所沢のを、次にボケボケのが明治神宮での。そして中国地方のは親とたまたま巣立ちして下に降りて小さな木に止まっていた雛(雛を撮るつもりは全くなかったのですが下に降りてるが見つかって小さな木にそえられていましたので)を。

beaver 投稿日: 2021年07月10日 15:05:32 No.1794
所沢のです、最後の2枚は多分最後の年なんでしょうが三脚に一脚をつけてしっかり固定して撮りましので何とかブレずに撮れた写真です。

beaver 投稿日: 2021年07月10日 15:08:26 No.1795
軽い三脚で充分に固定せず撮ったためブレブレの明治神宮の2枚と中国地方のを。




約20年ぐらい前の写真 beaver 投稿日: 2021年07月08日 11:19:18 No.1786 【返信】

やはり、この時期になると昔、御池の池の畔から山頂まで1000mmの望遠を担いでヤイロチョウ、アカショウビンを探して登っていった頃のことを思い出します。今でも色んなところで出ているようで、場所によってはお金を採って見せているような話を聞いています。これがどうなのかは別として鳥見にお金が絡むのと、繁殖期、育雛期の雛だけの鳥見だけは止めてもらいたいなと言うのが(もちろんこれが鳥の生態に影響があるかどうかはいろんな意見があり悪いかどうかは分かりませんが、少なくとも影響はしているだろうと。フクロウやツミ、ヒヨドリ、シジュウカラ等のように彼らが人に見えるところで繁殖する場合等は別として)私の本音です。私の基準はズーツと今後もその鳥が見れるような自然の状態を維持できるのかどうかと思ってます。お金を出しても見たいと思う人は外国行ってゆっくり見てください、かわいいかわいいだけで見る人は動物園で見てください。と私は思ってますが。色んな鳥見がやり方があるので善し悪しは言えませんが、私の思いです。
で、20年近く前の初めて購入したデジタルカメラD1で撮ったヤイロチョウを載せときます。確か67万画素だったと思いますが、これだと300dpiではA4の大きさにならず一辺が8割ぐらいの大きさにしかなりませんので、2割ぐらいトリミングしたのような写真にしかなりません。
でもデジタルなのでそれなりに綺禮に見えたというイメージを持っています。また、この時はRAWでも撮っていたので今でも綺禮に保存できています。


beaver 投稿日: 2021年07月08日 11:24:01 No.1787
カメラで2つのスロットがある方は、一方はRAWで撮っておくことをお勧めします。RAW現像はできないという方もいらっしゃると思いますが、いつかまた写真をゆっくり見たいと思うのであれば劣化するJPEGだけでなく劣化しないRAWで保存しておくとあとでゆっくりきれいな画像を現像できますので。

beaver 投稿日: 2021年07月08日 11:27:38 No.1788
この写真を撮ったときにはRAW現像できないのでJPEGのをフォトショップというソフトで写真を整理していました。今回、RAWの方を現像して載せてみました。




ちょっと前の成果 beaver 投稿日: 2021年07月06日 21:13:28 No.1784 【返信】

アネハヅルを見れた山形へのちょい仕事の時に泊まった宿の前に橋があり、その橋の周りをイワツバメが2~30羽飛んでいました。中州によく降りて採餌していましたので橋の上からその様子を見ることが出来ました。それなりに近い距離で背中も見えましたので、しばらく見ていましたら何となく背中の色が青っぽく見えました。
それでひょっとしたらニシイワツバメなどいるのではないかと降りた所をいっぱい写真撮ってみました。
で、分かったのはニシイワツバメはいなかったのですが、上尾筒の白い部分というのが結構、写真を見ないとよく分からないということと、イワツバメも結構青っぽい背中しているということでした。


beaver 投稿日: 2021年07月06日 21:25:59 No.1785
4枚目、5枚目の写真を見てください。上尾筒まで白っぽっくなっているような気がしますよね。で、6枚目の写真ですが、赤い矢印で示した赤線の中の部分が多分、上尾筒なんでしょうがここが真っ黒ですよね。それから腰の白い部分を良く見ると黒っぽい縦線がはいってます、これが違いなんでしょうね.ニシイワツバメの腰の部分の羽軸は白なのでイワツバメの褐色の羽軸による黒っぽい縦線は見えないということなんでしょうね。イワツバメを背中からそれなりに近くから撮るチャンスはあまりないのでついつい数千枚も撮影しました。現像で1枚1枚写っているイワツバメの腰、上尾筒を見ながら確認しましたので、載せるの今になってしまいました。



水彩画 beaver 投稿日: 2021年07月05日 08:51:50 No.1782 【返信】

少し水彩画は面倒くさがってやっていませんでしたが久々に画いてみました。
今年春に見たオガワコマドリを画いてみましたが、今まで色んなところで見たオガワコマドリの写真を見直していく内にこの子はメスなのか幼鳥なのか疑問になり画くときに、もう一度オガワコマドリについて勉強しました。撮ったとき、その後のこの子の喉の部分の白から青色への変化からオスだと決め込んでいたのですが、本当にそうなのか、メスとオスの違い、幼鳥との違い、ますます分からなくなりました。
メスには喉の部分に青色はないと思っていたのですが、色んな図鑑の写真も見ていると喉の部分に青色があるのがいくつかあり、またそこには他の部分の識別点も上げ、メスと判断したみたいなことがかいてあり、識別が簡単ではないのに気づきました。
また、よく勉強してみます。
beaver 投稿日: 2021年07月05日 18:16:59 No.1783
なお、前回のmicchangさんへの返信でmicchangさんが載せられていた鳥を弁慶と言ってしまいましたが間違いでした。オーストンでした。
最近のヤマガラと言ったらてっきり弁慶だろうとよく確認もせずに特定してしまいました、すみませんでした。
良く見れば胸の黒帯がしっかりあって、ちゃんと見れば分かりましたのに。
ま、私の良くある早とちりですがお許しください。



春先に micchang 投稿日: 2021年07月03日 19:25:03 No.1780 【返信】

こんなの見てきました。
人馴れし過ぎていて距離感近く、少し違和感がありました。。。


beaver 投稿日: 2021年07月03日 20:11:53 No.1781
nicchangさん、こんばんは。
弁慶ですか、私は人がいっぱいと聞いたので行ってません。見てみたいとは思ったのですが、何せおとなしい性格で引っ込みがちで人見知りな私には行けませんでした。
まだいるようでしたら人のいない時にこっそり行ってみたいなとは思ってます。
でも、被害がなくて良かったですね。熱海の映像や平塚の映像をみると人ごととは思えませんね。
自宅近くでバードウォッチング、いいですね、本来のバードウォッチングだと思っています。頑張ってください。
また、よろしくお願いいたします。



<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
掲示板管理者へ連絡 | 新着投稿をメールで受け取る