鳥と空
| ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 |
鳥の撮影を始めて約50年、銀塩時代の写真はあまり残っていませんがデジタル写真も含めて日本で撮った鳥の種類は約500種以上になります。最近では情報等が氾濫、また離島への探鳥、それもガイド付きとかで暇とお金とがあれば確認種を増やすのは簡単になりましたが、約20年以上前は自分で探すしかなくそのころでも約400種以上は撮影していましたので我ながらよく頑張ったものだと感心している今日この頃です。で、最近では種を増やすことや離島での探鳥への意義を見いだせなくて自宅近くのフィールドや昔のフィールドで鳥を探しにいくことに意義を見いだしているところです。今までは他の方のブログに掲載させて頂きましたが何とか自分の画像掲示板をネットでいろいろやってるうちに掲示できるようになりましたので、これから自分の掲示板としてアップしていきたいと思います。
鳥以外にも飛行機等の趣味の情報も載せたいと思います
(本日は237回、昨日は399回、累計155638回のアクセスがありました。開始は2017年9月23日です)
お名前
メール
タイトル
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用 )
文字色

昔の写真(ムシクイ編) beaver 投稿日: 2021年09月19日 10:12:45 No.1878 【返信】

まだ、一度しか見たことないムシクイですが関東で見れましたので多くの写真を撮ることができました。
ちゃんと探せば日本海側などでは見れるのではないかと思っておりますが、探す場所が広すぎて多すぎて行かないので見る機会はないのでしょうね。


beaver 投稿日: 2021年09月19日 10:13:56 No.1879
モリムシクイの続き

beaver 投稿日: 2021年09月19日 10:15:34 No.1880
その続き

beaver 投稿日: 2021年09月19日 10:17:36 No.1881
早くゆっくりじっくり探し回る鳥見したいですね。最後



昔の写真(ムシクイ編) beaver 投稿日: 2021年09月17日 08:48:29 No.1875 【返信】

コロナも数値的には下がってきましたが、四桁近くの三桁という数値、当初の頃だと驚く数値だと思いますし、医療現場は大変なことになっているようです。で、私もこの5波の対応は正念場と思っておりまして、今月末までは何があっても(出ても)不要不急の外出は止めております。特に年配の方達を最近はワクチンを打ったからと言って、多くの方が外出されているのを見ますが、我慢してくださいと言いたくなっています。当初の頃、高齢者が方が生命に大きな影響を及ぼすという理由も一つとなって高齢者から優先されたと思いますが、私は本来であれば外出せざるを得ない人たちから先に打つべきと考えていまして、そういった意味では高齢者より仕事をせざるを得ない若い人たちが優先すべきと思っておりました。体の弱い、疾患のある人たちが優先されたことはそれも意味があって正しいとは思いますが、その優先された理由をよく考え、若い人たちが後回しにされたのですから高齢者の人たちは若者に感謝しつつ若い人たちがワクチンを打つようになるまでは外出等は遠慮すべきと思っています。
と、つらつら考えています。
引き続き、昔の写真を。
ムシクイ編ですが最初は島で見て、そのうちに関東で何度か見ましたチフチャフとうムシクイを。チフチャフという鳴き声から名付けられた鳥ですが耳がいい人であれば意外と探しに行けば見れるのではと思っています。


beaver 投稿日: 2021年09月17日 08:53:17 No.1876
続き。最初の写真は殆どが島で撮った写真でブッシュから出てきた所で見れましたが、今回載せるのは低い所ではない木の枝の所を飛び回っていました。

beaver 投稿日: 2021年09月17日 08:58:38 No.1877
続き。今から載せるのはやはり低いブッシュからちょこっと出てきては顔を見せてくれる子でした。ということでブッシュ付近や低い灌木が多い所で少し高く出ている木の枝にも飛び回っていることがありますのでそちらも探してみればと思います。時期的には今からで10月から冬の頃だと思います。



昔の写真(ヘラシギ編) beaver 投稿日: 2021年09月15日 07:44:19 No.1872 【返信】

最近、いろんなところで見られてるようですが、コロナで我慢、昔の写真で我慢してます。
で、「あそこで見られたのがこちらに来たのだ」とか良くこんなことを言う人がいますが、ある鳥が日本に何十羽来たとしても群れで移動するのは別として人がいる所、それも鳥が分かる人がいる所、他の人に教えれる人が居る所に来て、人と出会えるチャンスは多分宝くじの確率より低く日本中で1羽とか数羽見れれば良い方だろうなと思ってます。従いまして1羽見つかれば日本中には数羽いや数十羽以上のが飛来しているのはと思っていますし同じ種の鳥が違った場所で何度か見られる確率はもっと低いでしょうから(大型で目立つ鳥はそんなことも多々あるでしょうが)別の子と考えて良いのではないかと思ってます。証拠にある鳥は日本の西側の島や地方の数カ所には数羽あるいはその場所では至る所で見れると言われてる鳥ですが、その後はある日本海の島や地方で一羽ぐらいで何年に1回程度記録されるぐらいになっています。昔、本当に50年前になりますが横須賀に居た頃散歩していたら目の前にぽつんと現れただ見てるだけで悔しい思いをしたことがありますが、そんな記録は残りようはなく神奈川県でみられたなど誰も知らないと思います。また、ある場所でに出た珍鳥が続けて違う場所、何カ所かで見られ続けるということは殆どなく鳥を知っている人に出会える機会がないのだと思います。
こんなことは良いとしてデジタル時代になりまして撮りましたヘラシギ載せておきます。


beaver 投稿日: 2021年09月15日 07:46:10 No.1873
続き

beaver 投稿日: 2021年09月15日 08:38:42 No.1874
前回、ヘラシギは「いつも5mぐらいまでは全く逃げない近くで見れる鳥だと思います。・・・」と言いましたが、正しくは「5mぐらいまで近寄っても逃げない個体だったから識別出来てゆっくり見れた、写真撮れました。」なんでしょうね、ちょこっと来ても見る人がいなければ、識別する時間がなければ居たことにもならないし、ましてや人(鳥を見ている人)の近くに来る可能性など日本の面積を考えたら何億分(いや何兆分)の一どころではないでしょうから、日本中でちょこっと来て飛んで行ってしまうヘラシギ、珍鳥はそれなりに居るのだと思います。


昔の写真(ムシクイ編) beaver 投稿日: 2021年09月13日 02:14:59 No.1870 【返信】

前回のカラフトムシクイと類似種のキマユムシクイを。
銀塩の頃に良く撮りに行ってまして、今見るとデジタルに保存し直しているのが殆どありませんでした。どちらかというとキマユムシクイの場合、高い木の中をチョコチョコと忙しく飛び回る感じが強く、ゆっくり、じっくり撮った記憶がありません。ですからまともな写真がなく保存していなかったのと、いつかまた見れるという思いがその原因だったのだと思います。ボケボケと小さくて、その割には近くで撮れていないので本当に皆がキマユムシクイだと言ってるからキマユムシクイでしょうぐらいの写真しか撮れていませんが、数枚載せておきます。


beaver 投稿日: 2021年09月13日 02:47:24 No.1871
ついでに最近、出ているようですが、コロナで見に行ってませんヘラシギの30年ぐらい前の写真を載せときます。
そのうち宮崎で見つけたときには砂浜の中に直径10mぐらいの水溜まりに居まして、見つけ近寄っていきましたが逃げることなく真ん中付近の5mぐらいの距離にずっと居てくれました。それも一人だけでゆっくりと。
ただ、その時は800mmのマニュアルレンズで何せ銀塩の頃ですのでフィルムが終わったら(5本ぐらいフィルムを持って行っても早く数十枚しかシャッターで終わってしまい)帰らざるを得ず(写真を諦めざるを得ず)、ピントもチョコチョコするヘラシギに合っていないことが多く早く見たいために当時1時間プリントというのをやってる写真屋さんに持って行って現像してもらい新しいフィルムを買い(それでも宮崎の町に現像できる所は離れていて往復1時間以上はかかり)もう一度撮ってみようと行ってみたときにはさすがに居ませんでしたが。
ということで、また、フィルムを20年ぐらい前にスキャンしてデジタルにしたもので綺麗で張りませんが、載せときます。ヘラシギは今まで何回か30年以上前から見ておりますが、いつも5mぐらいまでは全く逃げない近くで見れる鳥だと思います。逃げられるようだと近寄り方が悪いかそもそも嫌われる人なんでしょうね。




昔の写真(ムシクイ編) beaver 投稿日: 2021年09月10日 09:50:21 No.1867 【返信】

前回のイイジマムシクイからちょっとだけ珍しいムシクイについて。
カラフトムシクイとキマユムシクイですが、この2種、確かに珍しいのですが、高い所やブッシュの中で広い所で群れてなく1羽ぐらいで居るので見つかりにくいだけで多分いろんなところにいるのではと思っています。カラフトはどちらかというと低いブッシュの中にも時々来たり、キマユは比較的高い所にとチョコチョコと素早く飛び回る感じで。
今まで東京や千葉の公園や島で写真撮っていますが、いわゆるそれらの場所は鳥見の人たちが良く行く所、写真撮りやすい所、行きやすい見やすい所で、多くの木々(高いのから低いのまで)があるような所ではそれなりに居るのですが広い中に1羽のみぐらいなのでバッタリ出会う機会がないだけなのではと、ましてやそれ以外の所では誰も見る人はおらず、人が行けず、あるいは人が行くような所ではないのでめったに見られないだけだと思っています。で、その2種の内のカラフトムシクイの写真を載せておきます。
この鳥、私がデジタルカメラを買う切っ掛けになった鳥です。というのは東京の公園で昔、写真を撮っていた時にデジタルカメラを持ってきた人が一人いまして、さっとムシクイを連写して画像を確認し腰の黄色部分をビューで見て、他の銀塩を持った人たちに見せ「間違いなくカラフトですね」みたいなことを言って鼻高々にさっと帰った人がいました。まず容易に連写できる、すぐに画像を確認できる、それも簡単に拡大して見れる、すごいっと思いました。デジタルどうなんだろうと悩んでいたときでして高価なので決めきれずに居たときでしたがすぐに月賦でか買うことにしました。
最初の2枚がその時に撮った銀塩の写真です。


beaver 投稿日: 2021年09月10日 09:58:35 No.1869
腰の部分が綺麗に写って居るのがすぐに見つかりませんでしたが、額のところで白い眉斑がつながっているか居ないかで(つながっているのがカラフト)見分けられると思います。



昔の写真(三宅島編) beaver 投稿日: 2021年09月08日 06:49:45 No.1866 【返信】

ムシクイ類は結構多く、中近東に行ったときにはそこら中の茂みみたいなところで見ましたが、それぞれ小さいところで異なっていて分別できませんでした。図鑑で見たら何とその数の多いこと識別を諦めました。
日本の場合もいろんなのが居ますが、チフチャフとかムジセッカ、モリムシクイなど難しいのもありますが、日本で繁殖するムシクイの基本種はセンダイムシクイ、メボソムシクイ、エゾムシクイ、イイジマムシクイで、イイジマムシクイ以外は色んな所で見れます。イイジマムシクイはトカラ列島、伊豆諸島ぐらいに狭まってきますので見たい人は三宅島がお勧めです。そのイイジマムシクイを。
最後の写真のには足輪がついていました。




パラリンピック閉会式 beaver 投稿日: 2021年09月06日 06:43:24 No.1865 【返信】

今、パラリンピック閉会式を見ています。オリンピック、パラリンピックともに成功裡に終わり本当に良かったと思いますし、8年間の準備、5年間の参加者の努力に本当に敬意の念でいっぱいです。8年間の準備、5年間の努力を無にせず開催を決意してくれた菅首相(断っておきますが私自身は菅首相を応援している人間ではありません)を初め日本の良識ある人達に感謝しています。選手たちの開催してくれた事への感謝の気持ち、笑顔、本当に満ちあふれていました。素晴らしかったと思います。
私は恥ずかしながらパラリンピックで活躍する選手をじっくり見たのは初めてでした。こんなにいろんな障害にもめげず頑張っている人達をいっぱいいっぱい見れて本当に感動しました。私は昔から要領良くやる人はあまり好きでなくどんなでも一生懸命努力する人が好きで応援していましたから、特にパラリンピックで頑張っている選手たちには感動させられっぱなしでした。
1万5千人近くの選手(世界のトップアスリート)の皆さんが精一杯活躍できる場を与えれた日本に生まれたことを私は本当に誇りに思っています。
こんなことを言っているとコロナにはどうだったと言う人がいます、この期間中に感染者が何倍にも増え影響が大きかったと言う人がいます、よく分析もせずに、ディメリトのみを(本当にをそうであったかを正しく分析せずに)あげ、オリンピック、パラリンピックの開催の不適切さを叫んでいる人がいますが、じゃ、聞きます、分析する上で多くの感染者がオリンピック、パラリンピック会場にいった人たちなのか、それに関わった人たちとかちゃんと調べましたか?じゃ、東京、神奈川、千葉の人が増えるのは何となく分かるにしても、日本中の開催地でないところで感染者が増えたのは何故?沖縄なんか全くオリンピックと関係ないのに増えたのは何故?ちゃんと分析して出した答えなんですかね。
反対のための反対は止めてほしいと思います。
いずれにしても何事にも善し悪しはあり100点か0点ではないと思います。意義深いことが多かったかどうかや、どれだけ多くの人に良い影響を与えれるかとか、目的を達成することが出来るかとか、目的達成による生活への影響がどんなに大きいかとか、それがディメリットと考えられる要因への影響やその対策の可否が考えれるかとか天秤にかけてどちらかに傾いたからこちらとか多数決によって決めれるものとは違うと思います。
少なくとも日本人の多くの方は今回のパラリンピックを見て多くの感動を得られたのは間違いないと思ってます。本当に無事にオリンピック、パラリンピック無事に開催出来良かったです。
で、一つ思ったのですが、視覚障害の方たちがあの閉会式の様子を視覚的に見えるようにならないかと、目の代わりにカメラみたいもので見た映像を視神経に送り頭の中で画像にして表現出来るようにすることも今後は可能になってくるのではないかと。そうすればもっと楽しい閉会式になったのだろうと。
閉会式終わりました。良かったです。
今日も飲みながらぐだぐだと書いてしまいました、お許しください。


昔の写真(コキアシシギ) beaver 投稿日: 2021年09月04日 07:35:16 No.1856 【返信】

最近、西の方で見られてるようですが、以前は私のフィールドの河内町、稲敷、利根町で何度か見れていましたので今頃は少なくなった休耕田ややや水の多い泥地のある畑等に潜んでいるのではないかと思われます。2000年以前は西ノ洲干拓地は殆ど草地ではなく掘り返されたような泥地で、所々水溜まりがあり、そこにはシギチが結構来ていて近くで見れたものでしたが今では草ぼうぼうで柵で仕切られてしまって居たとしてもみれなくなってしまいました。そこで2度ほどコキアシシギをフィルムの頃に撮りました。フィルムをスキャンして残したので(何せパソコンの性能、スキャナーの性能、一番の弱点はスキャン速度で、ハードディスクの容量等から1~5メガぐらいのデジタル写真にしか保存していませんでした)ボケボケの写真ですが記録で残ってましたのでそれらを含めてコキアシシギの写真を載せておきたいと思います。
探すのの参考にしていただければと思います。中にはコアオアシシギ、赤い足のシギ等と一緒のもありますので特徴をつかんでいただければと思います。まずはフィルム時代の頃のを、本当にボケボケですみませんが、イメージがつかめるとは思います。


beaver 投稿日: 2021年09月04日 07:37:26 No.1857
次からはデジタル時代のですが当初頃はカメラも670万画素でしたのでA4にするためにトリミングしたような画像になってました。

beaver 投稿日: 2021年09月04日 07:40:59 No.1858
最近のでは蓮田で水が多く溜まっているところで良く見られました。

beaver 投稿日: 2021年09月04日 07:42:38 No.1859
最後

beaver 投稿日: 2021年09月04日 08:14:17 No.1862
他のシギがいれば、全体的にスマートで、足が黄色っぽくて長い、嘴が長い、大きさ的にはコアオアオアシシギとほぼ同じか少し大きい、背中は茶色っぽい、眉斑は目の上ぐらいまで、初列が尾より飛び出している等の特徴で見つけてください。


昔の写真(三宅島編) beaver 投稿日: 2021年09月03日 07:03:33 No.1852 【返信】

三宅島ではアカコッコが有名ですが、綺麗さから行くとこのタネコマドリでしょうね。
伊豆諸島とか種子島で生息しますが、その種子島からkの名前がついたと思われます。
結構撮っていましたので、一部ですが載せときます。


beaver 投稿日: 2021年09月03日 07:05:14 No.1853
さえずりの写真

beaver 投稿日: 2021年09月03日 07:06:36 No.1854
雛も出てきましたので。



昔の写真(三宅島編) beaver 投稿日: 2021年09月01日 09:14:45 No.1850 【返信】

伊豆諸島とトカラ列島のみで繁殖する日本固有種のアカコッコと伊豆諸島南部で見られるオーストンヤマガラを。この2種は三宅島のそれなりの所に行けば必ず見れると思います。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
管理者に連絡 | 新着投稿をメールで受け取る