東京昆虫館:画像掲示板
[トップに戻る] [ホーム] [ワード検索] [管理用]
~ ResForm ~
記事No.2666に対する返信フォーム

ボウソウイチモンジテントウ? H&F films 投稿日:2017年07月04日 18:30 No.2666
第2弾は斑紋変異の王道テントウです。
この個体は今年先月初めに県南部にて撮影しました。かなり変わった斑紋と思います。

種としては、ナミorダンダラor独立種?と思います。いろいろ調べましたが、独立種の線は無いようです。もしあるとすると「ボウソウイチモンジテントウ」?辺りでしょうか?
ナミかダンダラかですが資料にはいくつも相違点を示されています。触角の長さ、体長
ベース色等々・・・。
が、これについては自分達は全く自信がありません。昆虫を生業にされている専門家でさえこの件で何度も痛い目にあっているのか、この件はアンタッチャブルにされておられる方もおられるようですね。

で、自分達は今個体はナミテントウと考えています。

撮影地は私達の撮影エリアで唯一、大好きななイチモンジハムシに逢える場所として大事にしている場所で、この日もいつも通り撮影でき喜んでおりましたら今個体が目に入ってきたのです。オレンジバンドに四つ並んだ黒ドット(胸上、上翅上も違います)でしたので全く違和感なく撮影を続けましたが、帰宅後、確認すると「何だこれ!!!?」でした。

あと違和感があったのはシダの葉上にいた事です。幼虫や蛹も見つけられました。
テントウは草食ではない筈?ですしシダに何か好物がいるのか、考えると不思議です。
ここに行くのはいつも田植え前の頃で来年確認しようと思っています。

ともかくも、ネットや図鑑にこの様なナミの斑紋変異画像は見つけられないために投稿
させて頂きました。


Re: ボウソウイチモンジテントウ? Genka 投稿日:2017年07月04日 20:38 No.2668
 貴重な画像ありがとうございます。
 このような個体は私も1回だけ遭遇したことがあります。存在は知っていたので「これがあの斑紋か!」と感動した記憶があります。
 発見状況についてですが、シダの葉の周辺(特に上方)にアブラムシのコロニー(またはその痕跡)があったりしませんでしたか。エサを食い尽くすと周辺を探索しますし、風などの衝撃で落下することもよくあります。

 種名については私もナミテントウだと思います。いろいろと調べているようなのでご存じと思いますが、ナミテントウの斑紋にはいくつかの遺伝的な型があって、人間の血液型と同じく2つの型の組み合わせで斑紋が発現します。この個体もすでに知られている2つの型の組み合わせで発現すると考えられますが、一方の型の出現頻度が非常に稀なため滅多にお目にかかれません。詳しくは次の書籍をご覧ください。

佐々治寛之. 1998. テントウムシの自然史. 東京大学出版会
(第4章 ナミテントウ種群)
http://www.utp.or.jp/bd/4-13-060171-7.html


Re: ボウソウイチモンジテントウ? H&F films 投稿日:2017年07月05日 06:41 No.2669
Genka様

ご覧頂きありがとうございました。

撮影時今年もイチモンジハムシに逢えた事が嬉しく、テントウの食料まで気が回らず残念な事でした。何か写っていないかと撮影時間前後を探してみたのですが、記録は見付かりませんでした。また近くに行く事がありましたら確認してみようと思います。


Re: ボウソウイチモンジテントウ? くまじろう 投稿日:2017年07月09日 18:12 No.2676
テントウムシですが、紅型と横帯型(かなり少ない)が混ざってる感じですね。
ナミテントウでよいかと思います。


Re: ボウソウイチモンジテントウ? H&F films 投稿日:2017年07月11日 18:14 No.2677
くまじろう様ご教示ありがとうございます。今後共宜しくお願い致します。

テントウムシの斑紋変異で、図鑑やネットに載っていないパターンの変異です。
1)プリントズレタイプ(ヒメカメノコテントウ)
2)片側のドットが擦れたように薄くなったタイプ(ナミテントウ)


Re: ボウソウイチモンジテントウ? Genka 投稿日:2017年07月12日 20:45 No.2680
 くまじろうさんが書いているように紅型と横帯型の組み合わせで発現する斑紋だと思います。敢えて具体的な型名を書かなかったのは紹介した書籍を一度は見てほしかったからです。まだまだわからないことが多い昆虫の世界ではありますが、「ネットや図鑑にない」ということでも、意外と昔に研究されて解明されていることもあります。そういうことに気づくきっかけになればと思っていました。

 追加の写真ですが、2の方は翅の負傷によるものですね。時々野外でも見かけます。1の方は羽化した後の斑紋の形成異常というところでしょうか。


Re: ボウソウイチモンジテントウ? H&F films 投稿日:2017年07月13日 18:38 No.2688
Genka様 こんばんは

なるほどです。確かに特に完全変体をする虫の最終脱皮時のリスクは大きいものなのでしょうね。可哀相な姿を時々目にします。体が硬くなる前に怪我をしてしまったり、色素が十分回らなかったりする事もあるのですね。




お名前
タイトル
URL
画像添付


削除キー ( 記事を削除する際に使用します )