アーカイブ・映画ログハウス > 記事観覧
映画ログ『ラ・ジュテ』(クリス・マルケル) ( No.39 )
日時: 2021年05月03日 14:47
名前: SSK [ 返信 ]
[ 削除 ]
 この映画に興味を持ったのは、全てが静止画で構成された映画だから(つまりパワーポイントみたいなもの)。
http://tdeiken.stars.ne.jp/Mgz/review3.html
キューブリックの「2001年宇宙の旅」で感じた、あえて静止画を使うことの可能性。それを突き詰めたのがこの映画である。

 押井守監督も影響を受けているそうで、ブルーレイにはインタビューが載っているみたい。
https://natalie.mu/eiga/news/259523
 「静止画のみを使って映画を作る」という縛りで映画を作って、これを超えるものはないんじゃないかってくらい、内容と手法がマッチしていた。
 映画は、時間の中で動く人や物体を記録したものであるといえる。映画の様式に、既に線的な時間の流れが前提されているのだ。
 この物語では、主人公が過去に飛ぶ(一応話としてはSF)。飛ぶと言っても線形では無く、本当に飛び飛びなのだ。ある瞬間にはいても、次の瞬間にはいなかったり。そうした動きを表現するために、映画の様式を否定して静止画だけにしたのは、必然かつベストな方法だった。
 それで表現されたものを見て気づくのが、人間が過去を思い出す/参照する時も、線形ではなく、アルバムをめくるように
飛び飛びである、という事実だ。

1
▼ページの最下部に移動
Re: 映画ログ『ラ・ジュテ』(クリス・マルケル) ( No.40 )
日時: 2021年05月03日 14:48
名前: SSK [ 返信 ]
[ 削除 ]
1
▲ページの最上部に移動
タイトル
名前
E-Mail
削除キー( ※記事を後から削除する際に使用します )
コメント
画像


文字色
Powered by Rara掲示板