日本神霊学研究会勝手に応援掲示板


| ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

隈本確神霊会長先生が帰天なされましたが、聖の親様の功徳を未来につなげる仲間で語り合いませんか。アンチは絶対出入り禁止です。
あと無神論の方や、他の宗教の方の批判もうけつけない方針です。
けんかとか無い方向で。
とにかく、日神会と隈本正二郎二代目会長先生を勝手に応援しましょう。

(今日の参拝者)47
(昨日の参拝者)343
(今までの参拝者)330694
お名前
メール
タイトル
URL
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色

神族の時代 s 投稿日:2018年11月13日 23:39:21 No.6655 【返信】

こんばんは、sです。

大霊界15に次の一節があります。以下に要約を記します。

大霊界を愛し、神々を愛し、霊を愛し、地獄霊を愛し、全人類を愛し、
自分のまわりの人々を愛し、すべての存在を愛する心を持った人のことを神族という。
神族が憂うる「このままでは、地球人類は危ない! 人類に将来はない! 
どうしたらいいのだろうか!?」との思いは、全大霊界、全宇宙の神々に通じ、
それら神々の思惑が一致した時点において、ひとつの結論がくだされるであろう。

大霊界の神々、全宇宙の神々は、神族の憂いの思いに対して、いかなる結論を
われわれ人類の上にくだされるのか。わたし自身はその内容、実態についてほとんど
把握、理解しているのであるが、今ここでそれを申し上げるわけにはいかない。

しかし、その大霊界の神々、全宇宙の神々が一致してくだされる結論に対して、
ここでわたしがはっきりといえることは、そのとき救われるのは、神族である、
ということだ。神々を愛し、大霊界を愛し、宇宙界を愛し、全人類を愛し、
すべての存在を愛する神族こそが、大霊界の、全宇宙の、あらゆる天体の神々の
祝福を受け、神々が結論を下された以降の、人類の繁栄の基礎をつくりあげる
ことになるのである。

とあります。もはや、これは決まったことのようなニュアンスになっています。
自分の胸に手をあてて、自分は果たして神族といえるのだろうかと問うてみると、
はなはだ心もとないところですが、一生懸命それを目指していることは間違い
ありません。来るべきときに備えて精進するのみです。


Re: 神族の時代 渡り鳥 投稿日:2018年11月14日 06:41:58 No.6656
s様、おはようございます。渡り鳥です。

素晴らしい要約をしてくださって有り難うございます。

本当は自分でも大霊界15「浄霊と霊とのたたかい」を読むべきなのですが、自分の限られた時間を有効に使うため、s様の要約を何度も読ませていただきます。

この渡り鳥も、一度は読んだはずなのに、恥ずかしながら記憶に有りませんでした。

s様が御紹介くださった所は、大霊界シリーズの核心、とも言えるものではないでしょうか。

この渡り鳥は、弘法大師の言う「境界至らずんば目あってなきが如し」、のサンプルみたいになってしまいました。

思えばこの宗教渡り鳥は、ひとりトボトボと真理を求めて、ココロの旅をして参りました。

いろいろな人に道を聞いて、アッチだコッチだと、ますます道に迷って、地図を買っても読み間違えて、さらに迷って途方に暮れていたところ、遠くにメインストリートの明るい光が見えました。

それが日神会だったのですが、そこまでたどり着くのも大変でした。

メインストリート(日神会)にたどり着いても、お金が無いからバスにも乗れぬ。

「道」とは尊い御教えを、ムネに納めて、自分のアシで歩むもの。

お陰で足腰丈夫になりました。
Re: 神族の時代 s 投稿日:2018年11月14日 23:31:38 No.6657
こんばんは、sです。

まさにこの一節は、私たちにとっての心の支えであり、希望の光のような気がしますね。
私もここまで読み進んで、ここにこんな重要なことが書かれていたことを再認識しました。

初代開祖様が今、ここでそれを申し上げるわけにはいかない、と仰った理由として、

ここでそれを発表してしまったら、人類は恐慌状態に陥ってしまうかもしれない、
と思われるからである。あるいは、また逆に、それを発表したわたしに対して人々は、
「きちがい」、「異常者」、「にせもの」の汚名をかぶせて、わたしを人類社会から
抹殺しようとするかもしれない、とも考えられるからである。

と書かれています。この言葉は、以前、天命界において、聖の親様と対話されたときに
交わされた言葉とそっくりです。ということは、そのときすでに、お二方(といって
よいのかよくわかりませんが)の共通認識になっていたということでしょう。

人類を敵に回しそうなことなので、神族以外にとっては、かなり厳しい内容かなと
思われます。
Re: 神族の時代 渡り鳥 投稿日:2018年11月15日 07:13:17 No.6658
s様、おはようございます。渡り鳥です。

初代教祖様も二代目聖師教様も、かなりのところまで御存じだと思いますが、とても一般向けに話せることではありませんね。側近の方には少しは話されているかも知れませんが。

普通世界の終焉についての預言は、なかなか人間社会には受け入れられないものなのでしょう。

ヨハネの黙示録も、聖書に取り入れられるまでは随分時間が掛かったそうですから。

先日も投稿したのですが、御参考までにまた改めてコメントさせて頂きたいことがあります。

他所の話で恐縮ですが、日月の神示によりますと、邪霊は襟足辺りの背後からドロボーのように忍び込み、鳩尾辺りに潜むそうです。

肉体ではなく精神に憑依するのかも知れません。

そしてそれは幽界から来るようです。

この渡り鳥は自己浄霊の際、自分に関わる低級霊をココロの中で見ることがありますが、どうもその本体は自分の背後にいるようです。

正しい神様は、額から入り顔全体を満たし全身に及ぶとされていますので、はっきりと違いが分かりますね。

幽界ルートを浄化閉鎖して、正神ルートを開けば神族になれるかなと思いますが、どうすればいいのか、ただいま考え中です。
Re: 神族の時代 s 投稿日:2018年11月15日 23:26:00 No.6659
渡り鳥様、こんばんは、sです。

日月の神示によれば、次のようなことが書いてあるらしいですね。

まことの神が降臨して理想郷を作るが、それまでに人類は未曾有の大厄災に襲われ、
想像を絶する苦労を味わわなければならない。救われるためには、心身共に
磨き上げることである。

何か符合していて怖いものがありますね。それにしても日月の神示の具体性は、
ノストラダムス以上なので、当たっている箇所もわかりやすいです。



メシア s 投稿日:2018年11月09日 23:22:55 No.6647 【返信】

こんばんは、sです。

前のスレッドが長くなったので、新しくスレッドを立て直します。
メシアという神霊は前から知っているつもりでしたが、あらためて読み返してみると、
人類にとっては、嫌な神霊であることがわかります。以下に記します。

・大霊界のメシアの目からは、すでに人類の想念(心)に対して、動物心、悪魔心を
増幅させる、陰のエネルギーが放射されている。

・人は、人間界にあるときに、メシアの陰のエネルギーとの闘いに勝ち続け、
人間界にあるときに自己の魂を神にしておかねばならない。

・人は、人間界にあるときに、メシアの陰のエネルギーとの闘いに負け続け、動物心、
悪魔心を持ったまま霊界入りしたならば、ただちにメシアの目の中に吸い込まれ、
永遠(5億~10億年)の地獄の責め苦の中で、淘汰をはかられるであろう。

・人は、人間界、霊界をとおして、メシアとの闘いをさけ、人間界では神の心を
持った光の人生を歩み、霊界入り後は、ただちに天地創造の神のあられる超神霊
世界へと帰り着く、「人間=神の子」の道を歩まなければならない。

そのためには、すでに人間界にあるときより、人は、実在する超神霊と己の心との
あいだに太いパイプをつくりあげておき、ゆるぎない信心による、超神霊への祈りの
生活を続けなければならない。

と語られています。まさにメシアは、人類にとって悪魔のような存在であることが
わかります。メシアは大霊界の救世主であって、けっして人類の救世主ではない
ということです。


Re: メシア 渡り鳥 投稿日:2018年11月10日 06:38:39 No.6648
s様、おはようございます。渡り鳥です。

新しい話題の御提供有り難うございます。

大霊界のメシア様は、本当に怖い御方ですね。是非とも敬して遠ざけたいものです。

どうしてメシアと名乗っておられるのか、まだこの渡り鳥には分かりません。

メシアとは本来油を注がれた者という意味で、救世主としての王のことだと思うのですが。何か深い神秘があるのかも知れません。

s様が御紹介くださった部分は、大霊界シリーズの前期のものだと思いますが、まだ聖の神様も御力が拮抗していたのではないでしょうか。

初代教祖様の最後の御著書である「天界道」にも、大霊界のメシア様が御登場なされますが、かなり協力的な態度を示されていらっしゃいます。

これは聖の神様の御神格が、大霊界のメシア様をはるかに凌駕されたためであると、この渡り鳥は考えています。

大霊界のメシア様は、どうしようもない悪神邪霊は自分に任せてほしい、とまで仰っておられます。

今は大霊界のメシア様は、大霊界における警察のような役割を果たされているのだといいな、と思います。

大霊界の法則を好き勝手に悪用する者が、取り締まられない事を不思議に思っていましたので。

聖の神様は、この渡り鳥の想像を遥かに超えた、とてつもなく偉大な御方だと思います。

この御方に出会えて本当によかった、と思います。
Re: メシア s 投稿日:2018年11月10日 22:51:04 No.6649
渡り鳥様、こんばんは、sです。

>s様が御紹介くださった部分は、大霊界シリーズの前期のものだと思いますが、
まだ聖の神様も御力が拮抗していたのではないでしょうか。

そのとおりですね。大霊界14では、対等の立場のような雰囲気でした。それに対して
「天界道」においては、尊敬語が使われており、メシアは、計り知ることのできない
超越神と呼んでいます。20年余りの間に、それだけ神格が向上されたということですね。
渡り鳥様の仰るとおり、どうしようもない邪悪な霊は私メシアにお任せくださいという
感じですね。

メシアの任務は、大霊界の清浄化です。確かに大霊界における警察といえますね。
ただ、いやな感じがするのは、魔界人類と化している人類社会にメシアの地獄界の
バリアをますます堅固にはりめぐらせると宣言しているところです。
せめて陰のエネルギーを放射するのは、やめてもらいたいものです。

それにしても聖の神様が神格を高めていく、そのスピードには、驚くばかりですね。
Re: メシア 渡り鳥 投稿日:2018年11月11日 07:37:30 No.6650
s様、おはようございます。渡り鳥です。

>魔界人類と化している人類社会にメシアの地獄界のバリアをますます堅固にはりめぐらせると宣言しているところです。

この大霊界のメシア様の御言葉は、慎重に解釈する必要を感じます。

確かに、国内国際を問わず今の人類の社会は魔界的様相を呈していますが、ココロの中でその悪しき風潮に一線を引き、距離を置いてそれに染まらない神の子達には手は出さない、と仰っているようにも思えます。

まさか、人類は選別されているのでしょうか。

人間個人に神様の道と悪魔の道の二つの選択肢が与えられ、選択権は人間個人に委ねられているのかも知れません。

社会は個人の集合体ですから。

地球神様が人類に対して意外と冷たい態度を取られるのは、既に人類を見限っているから、と解釈してしまうと、とても悲しい気持ちになります。

でも、考えてみれば地球の環境破壊で、地球神様が一番迷惑していらっしゃるでしょうから、無理はないと思いますが。

「神と霊の癒し(185ページ後段)」によると、浄霊とは悪想念の浄化であるということです。

地球そのものを浄霊し、地球を覆っている悪想念を浄化すれば、救われる人も増えるでしょうか。

その際自分の中に邪悪なものを取り込むと危険ですので、一方的に行う必要がありますが。
Re: メシア s 投稿日:2018年11月11日 23:10:46 No.6651
渡り鳥様、こんばんは、sです。

>ココロの中でその悪しき風潮に一線を引き、距離を置いてそれに染まらない神の
子達には手は出さない、と仰っているようにも思えます。

「天界道」でのメシアの言葉には、そんなニュアンスもうかがえますね。

>地球神様が人類に対して意外と冷たい態度を取られるのは、既に人類を見限って
いるから、と解釈してしまうと、とても悲しい気持ちになります。

地球神様はすでに達観されているのではないでしょうか。ほんとうは、人類も含めて
地球上の生物が維持されることを望んでいるのではないでしょうか。しかし、人類が
自爆行為により自滅したとしても、それはそれでしょうがないという感じでしょうか。

>地球そのものを浄霊し、地球を覆っている悪想念を浄化すれば、救われる人も
増えるでしょうか。

地球を覆っている悪想念はあまりに多くて、とても浄化しきれるものではないように
思います。多勢に無勢というか、いくら浄化してもそれ以上の悪想念が発生するように
思います。やはり、元からたたなきゃダメということでしょうね。
Re: メシア 渡り鳥 投稿日:2018年11月12日 06:54:50 No.6652
s様、おはようございます。渡り鳥です。

>いくら浄化してもそれ以上の悪想念が発生するように思います。やはり、元からたたなきゃダメということでしょうね。

本当にs様の仰る通りですね。浄化しても浄化してもきりがないでしょうね。

ただこの渡り鳥は往生際が悪いのです。土俵際に追い詰められても、うっちゃりカマしたいです。

確かに元から断つには、大霊界が総力を挙げて取り組まなければならないことなのでしょうね。

人間の悪想念の元を絶つことは、人間である神霊能力者が千人頑張っても手に負えないのかも知れませんが、それでも少しは良くなるような気がします。

神様の呼び掛けに呼応する人々が、少しでも増えてくれたら、と願っています。

大本教や日月の神示によると、大霊界には大変革の御計画があるそうです。三千世界の建て替え建て直しということです。

天地創造の素の神様が対の霊界との幕を切って落とされたのは、いよいよ大変革の実行命令が下った、とこの渡り鳥は考えています。

それ以外でそんな大規模なことを神様がなさる理由を、この渡り鳥には思い付かないものですので。

救いの必要絶対条件は改心することですが、改心すればその度合いに応じて、大難を小難にまつりかえてくださるそうです。

因果応報そのものは避けられませんが、本来交通事故で死ぬ筈が、転んで膝を擦りむく程度で済むかもしれません。

先日近所のコンビニの前にあるベンチで、若い男性が吸ったタバコを足で踏み消して、そのまま行こうとしたので、呼び止めて吸い殻入れに捨てるように言ったところ、素直にやってくれました。

若い人は素直でいいなぁ、と思いました。ちょっと不良っぽい人でしたが、丁寧に言えばちゃんとやってくれましたから。

この渡り鳥は、若い人には希望をもっています。
Re: メシア s 投稿日:2018年11月12日 22:58:33 No.6653
渡り鳥様、こんばんは、sです。

私もあきらめてはいません。渡り鳥様が仰るように天地創造の素の神様が対の霊界との
幕を切って落とされたことと、「地球人類の末永き繁栄のために、近く、そのゆがみを
なおすためのエネルギーを与えるであろう」との神示をいただいたことは、天地創造の
素の神様が大変革を起こそうとしていると受け取れます。

また、21世紀前半に人類社会に大変革が起こり、平和で統治された世界が実現する
という予言もあります。

これらのことから、今後、真の神様を信奉する人たちの方が優勢になっていくことも
あり得ますし、是非、そうなってほしいと思っています。
Re: メシア 渡り鳥 投稿日:2018年11月13日 06:56:25 No.6654
s様、おはようございます。渡り鳥です。

ギリシャ神話によるとパンドラの箱が開けられたため、あらゆる災いがこの世に放たれましたが、最後に希望が残されました。

希望は神様なのでしょう。希望を捨てることは、神様を捨てるに等しいことなのかも知れません。

どうせ~だからやっても無駄だよ、という諦めは、アクマのコトバなのかも知れませんね。

この渡り鳥は大霊界シリーズで説かれている悪魔の心を、単純に神様に逆らうもの(サタン 反対者の意味)と定義してみました。

それは両眼の間(眉間)にある金星(頭脳の知恵)であり、まさに自分そのものでした。

悪魔の正体は人間である、と初代教祖様が仰っている通りだと思いました。

しかし、これは本来の人間の在り方ではなく、二代目聖師教様が仰られる通り、「神と霊の癒し」によって、人間は本来の神の子に還れると信じます。

現在の人間のほとんどは、666(獣)にまで劣化してしまったのでしょう。

「地獄の黙示録」など、この渡り鳥はまっぴらごめんです。

本来金星(ルシファー)は「太陽(神様)に寄り添うもの」でした。

「神と霊の癒し」によってもとの光の天使に戻りたいと思います。日神会こそが真のメシーの法だと思いますので。

人類が光の天使に戻れれば、さらりと新世界へ移行出来るのではないでしょうか。全員という訳には行かないにしても。

「アタマはムネに従うもの」、ということが、魂心体三位一体の御教えのキモなのかも知れません。



先代隈本確大神霊様 2000億光年の神々 投稿日:2018年11月06日 13:36:08 No.6631 【返信】

この日本 先代隈本確大神霊様が総理大臣ならば この日本国はどのような方向にいっていたのでしょうか?
隈本確大神霊様が 日本のリーダーになってくれたらならばと生臭い人間的発想で ずっと思い続けていたのですが 人間的発想の感覚と神霊的な感覚では 当然大宇宙的の神々からしてみれば そんな地球人の発想は粗悪すぎてどうでもよいことだと思うのですが。。

もし隈本確大神霊様の肉体が二人あれば 地球人の発展と 自身の地球人初の大神霊になる目的。

単なる肉体人間ならば 末は大臣か総理大臣になれたのだと思いますが 地球人の考えをはるかに凌駕され 大宇宙の神霊的な考えをおもちになられた。

もし仮に隈本確大神霊様が 総理大臣だったら 日本国はどう変わっていたと思いますか?


Re: 先代隈本確大神霊様 渡り鳥 投稿日:2018年11月06日 17:52:09 No.6632
2000億光年の神々様、こんばんは、渡り鳥です。

歴史を学ぶ時、もしもこうだったら、という考え方は禁じ手とされていますが、この渡り鳥はこの仮定法をよく使います。

たとえばもし仮に江戸幕府を開いたのが、家康公ではなく信長公だったら、天海を寄せ付けなかったかも知れません。

この渡り鳥は歴史から教訓を得たいので、よくこういうことをやります。

現在の政治制度で、総理大臣になるためには、国会議員として所属する政党の党首にならなければなりませんし、その政党自体が最大の議席を持っていなければなりません。(連立政権の政党間の取り決めによる場合は除く)

その間に、いろいろなしがらみがあり、隈本総理大臣閣下も、随分御疲れになっているだろうな、と思います。

支持をしてもらうためには妥協も必要ですし、大統領と違って閣議決定がないと政策として実行できません。

少なくとも、隈本総理大臣閣下は独裁者になる御方ではないと思います。

>もし仮に隈本確大神霊様が総理大臣だったら 日本国はどう変わっていたと思いますか?

あくまでもこの渡り鳥の私見ですが、あまり変わらない、と思います。

もし初代教祖様がメシア(油を注がれた者の意味)だったとしても、総理大臣という職務は、適当ではないと思います。

ジュリアス・シーザーの時代と異なり、現代社会はややこしいですから。
Re: 先代隈本確大神霊様 せいわ 投稿日:2018年11月06日 21:56:05 No.6633
こんばんは、お久しぶりです、せいわです。

私も残念ながら、隈本総理大臣になってもあまり変わらないと思います。
日本の場合は、総理大臣の権限は限られていますからね。
それに、政治の世界は魔物がいっぱいだと言います。

国民も、それぞれみな考え方が違います。

難しいですね。
Re: 先代隈本確大神霊様 渡り鳥 投稿日:2018年11月07日 06:25:41 No.6634
せいわ様、お久しぶりです。渡り鳥です。

御家業は順調でしょうか。幸多からんことをお祈り申し上げます。

政治の世界は、清濁合わせて飲み込む覚悟が必要なのでしょう。政治家の皆様も大変ですね。

イギリスのチェンバレン首相は人間的にとても善い人だと思いますが、ヒットラーに対して融和政策を採った結果、ヒットラーは怪物化してしまいました。政治とは難しいものです。

政治は利害関係の調整だと思いますが、この世は物質を媒体として、異なる想念が混在する世界なので、それは簡単なことではないのでしょうね。

だから聖者は政治の道には入らないと思います。

本来は政治とは「まつりごと」だったのですが、神無き現代の風潮では、聖者が受け入れられることは無いのかもしれません。悲しいことですが。

国家は人なり、だと思います。それだけに、この渡り鳥は国民の一人として、自分の母国をより良いものにするよう、「ささやかな良いこと」を大切にする気持ちを持ちたい、と思います。

初代教祖様の御教えは、一人一人が「小さき救世主」になれ、ということなのではないでしょうか。

御参考までに、アメリカの歌姫テイラー・スウィフトさんの御意見を御紹介します。

ボイントは以下の通りです。

>情報収集をしたうえで、自分と価値観がいちばん近い人に投票するよう、ファンに呼びかけていた。

https://www.huffingtonpost.jp/2018/10/08/tailor-swift-insta-politics_a_23554000/

トロンポさんは、テイラーさんへの評価を25%程下げたそうですが、この渡り鳥は逆にアップしました。

テイラーさんに比べると、この渡り鳥はまだまだコドモだなぁ、と思いました。
Re: 先代隈本確大神霊様 s 投稿日:2018年11月07日 10:18:29 No.6635
渡り鳥様、おはようございます、sです。

隈本確大神霊様が総理大臣だったらということですが、党から支持されていたとしても、
早晩、国民から政策に反対を突きつけられて、妥協をしていくか、退陣に追い込まれる
ことになると思います。やはり、国民が変わらないとよくならないでしょうね。

トランプさんとテイラースウィフトさんについてですが、どちらかを支持するという
ことは、ここに書くべきではないように思います。というのも私の霊査では、
トランプさんは良い波動であり、テイラースウィフトさんはよくありません。
私としては、自分の直感を信じますが、そんなのお前の霊査など信用できるか
という意見も多いと思います。ただ、私の直感のとおりであれば、
テイラースウィフトさんへの支持を表明することは、魂を汚すことになるかもしれません。

ですので、やはり政治に関する支持、不支持は控えたほうがよいと思います。
私もこういう場合以外は書かないようにしています。
Re: 先代隈本確大神霊様 せいわ 投稿日:2018年11月07日 14:07:45 No.6636
渡り鳥様、こんにちは、せいわです。

仕事のことを気にかけていただいて、ありがとうございます。
相変わらずボチボチです。

3年ほど前からいきなり政治に興味が出てきまして、色々調べているうちにのめり込んでいる最中です。
その最中にこの話題だったので、つい出てきてしまいました。

テイラースウィフトさんの考えを読み、いい考えだとは思いますが、政治というのは国全体、世界全体を見て考えるものだと思います。
世界のある一部分だけに焦点を当てて選ぶのも一つの考えかもしれませんが、できれば、全体で考えてほしいと思います。



s様、こんにちは、せいわです。

私も全面的に、s様のお考えと同じです。

政治を調べ考えるうちに、マスコミの責任の重さも感じるようになりました。

>国民が変わらないとよくならないでしょうね。
これに尽きると思います。
Re: 先代隈本確大神霊様 渡り鳥 投稿日:2018年11月07日 14:09:33 No.6637
s様、こんにちは。渡り鳥です。

言葉のみによるコミュニケーションの難しさを、実感しているところです。

霊査については、この渡り鳥には難しいので何とも申し上げられません。

この渡り鳥も、現在の日本の政治に関する具体的な発言は控えています。ここは日神会の応援掲示板ですから。

この渡り鳥がテイラー・スウィフトさんの御意見を御紹介したのは、この掲示板のほとんどの閲覧者の方々は、アメリカの選挙権を持っていないと思われるため、アメリカの選挙結果に影響は全く無く、文字通りよその国の話で済むと思ったからです。

もし日本国民が日本の政治をもっと良くしたいと思うのなら、投票という手段が与えられているので、別に聖者が首相にならなくても良いのではないか、という思いもありました。

その投票において、テイラー・スウィフトさんの御意見は、大変参考になると思いましたので御紹介いたしました。
Re: 先代隈本確大神霊様 渡り鳥 投稿日:2018年11月07日 14:22:25 No.6638
せいわ様、こんにちは。渡り鳥です。

例によって、この渡り鳥がちまちまスマホでコメントを作っている間に、投稿してくださっていましたね。

ぼちぼちであっても、御家業は安泰のようで、この渡り鳥も嬉しく思います。

テイラー・スウィフトさんの御意見は、世の中に沢山ある意見の中でも、良心的だと思います。
Re: 先代隈本確大神霊様 s 投稿日:2018年11月07日 15:43:22 No.6639
せいわ様、こんにちは、sです。

私もけっこう興味を持って政治を見ていますが、なかなか難しいですね。
一見、よさそうな意見でも、よくよく神の視点で立ってみるとよくないこともあります。
たとえば、LGBTの問題にしてもこれを許容していくのが流れとなっていますが、
ほんとにそれをどんどん進めるのがよいのか、悩ましいところだと思っています。

私は、マスコミはメシアの囁きだと思っています。メシアとは初代開祖様が遭遇された
神霊ですが、常に人類に対して陰のエネルギーを放射しているようです。
マスコミには偏りのない真実のみを報道してもらいたいと思っています。
Re: 先代隈本確大神霊様 蟋蟀 投稿日:2018年11月07日 19:34:05 No.6640
視点としては、日本はアメリカの属国であるという認識にまず立ち返ると
みえてきますが、隈本初代会長が総理大臣になったとしても宗主国アメリカに
逆らわせてもらえないので、結果として規定値の総理大臣で終わると思います。

もし、アメリカの属国である路線を捨てれば、田中角栄のように
疑獄事件でもでっちあげられ、闇に葬られるでしょう。

私はⅬGBTの問題は内心の自由に関わるので、構わないとおもっております。
何故なら、信仰も内心の自由ですから。フェアネスの観点からも
否定できません。
Re: 先代隈本確大神霊様 渡り鳥 投稿日:2018年11月08日 06:25:27 No.6641
蟋蟀様、おはようございます。渡り鳥です。

日本の現状については、蟋蟀様の仰る通りでしょうね。残念なことですが。

昔、「宇宙船地球号」という言葉を聞きました。その時はなんかファンタジーみたいだな、と思いましたが、今は善い考え方だと思います。

もし仮に超国家的世界政府が生まれたとしても、現在の国民国家は、民族や伝統文化の器として存続すると思いますけど。

亡くなられたレーガン元アメリカ大統領は、「宇宙人が攻めてきたら人類は団結できるのに」と言っていたと聞いたことがあります。

人間はまだ視野が狭いようで、目先の事しか見えていませんが、意識がより高い次元に向上するためには、何かショックを与える必要があるのかな、と思います。

もしかしたら、神様は人類の精神的な進化を促す何かを、御計画なさっていらっしゃるのかも知れませんね。

楽しみ半分ちょっと怖い気がしますが。

テイラー・スウィフトさんの御意見を御紹介したら、選挙ではなくLGBTQの方にフォーカスが当たるとは予想出来ませんでした。

この話はLGBTQを推奨しているのではなく、あくまでも個人の尊厳を尊重している、と認識していますので、考え方としては蟋蟀様に近い気がします。
Re: 先代隈本確大神霊様 せいわ 投稿日:2018年11月08日 13:44:34 No.6642
皆様、こんにちは、せいわです。

私は、LGBTQの件を否定しているわけではなく、政治家を選ぶときは人権だけを見るのではなく、外交や経済政策など、多方面からも見て判断をしてほしいと言いたかったのです。
人権ももちろん大事ですし、政治に興味を持つのにある一部分からのスタートでいいと思います。
そこから多方面にも目を向けてほしいと言いたかったのですが……

s様、何でも極端に行き過ぎると、弊害が出ますよね。

>マスコミはメシアの囁きだと思っています。
そうなんでしょうかね。
そのメシアの囁きに刺激をされた、マスコミの悪魔の心が偏重報道になるわけですか……
神に心でいれば、メシアの囁きに惑わされないとか……
 
私達も、神の心で生活をしましょう。
メシアの囁きに騙されないように……
Re: 先代隈本確大神霊様 s 投稿日:2018年11月08日 14:45:36 No.6643
こんにちは、sです。

私もせいわ様と同じ意見です。

LGBTQは、たとえの話であり、片方でよさそうなことを言っていても、他方では、
首をかしげるようなことを言っているということもよくあります。
支持している政党が全体として、どちらを向いているかに気をつけたいと思います。

極端に走った後は、弊害が出てくるので、振り子のように戻ってきます。

もちろんマスコミは、常に悪を口走っているわけでは、ありません。そこは、
悪魔と同じように良いことの中に毒を混ぜる得意のやり方で、我々を悪へと
誘っているように見受けられます。
Re: 先代隈本確大神霊様 蟋蟀 投稿日:2018年11月08日 19:37:36 No.6644
20年前は、ひどいものでしたね。
歴史教育は自虐史観で、左翼的価値観が日本全体を支配していましたよね。

まさか、20年たって、今度は反知性主義とネトウヨのような連中が
支配する右翼的価値観の支配する世界となるとは。

物事は、両極端になってはならないと感じます。

「人権」ですが、私も保守主義者ですので懐疑的です。
保守と言っても、〇民党のような隷米保守とは違い
日本の自主独立を考える、反米保守思想家です。
反米保守は「奴隷の平和より、危険でも己の運命を己で選び取る自由を選びます。」

保守思想家のエドモンド・バークは、『フランス革命の省察』という
著書の中で、天賦人権論などのような、なんの制約も無い自由より
「伝統」を選びました。私もそれに近い思想です。

ただ、伝統と因習は違います。
LGBTの問題ですが、必ず一定の人間が性差の問題で苦しみます。
そういった方々の、問題を「伝統」の視点から批判するのは、まさに因習です。
人権のような無制約な自由は危険です。しかしLGBTの方は
無制限な自由を求めているわけではないのですから。

保守の私ですが、今のマスコミが現政権とべったりであることに
危機を感じています。マスコミは、反政権であり政権を監視しているくらいが
丁度いいのです。
Re: 先代隈本確大神霊様 蟋蟀 投稿日:2018年11月08日 19:56:05 No.6645
渡り鳥さまこんばんは、

私は、テイラー・スウィフトさんの主張に賛意を表します。
人間は肌の色や、性や、国や、宗教によって差別や
不当な扱いを受けるのは間違っていると感じます。

巷にあふれるヘイトなどの憎悪表現こそ、人間の悪魔の心です。

私たちは、性別も、親も、国も、血液型も、人種も、障害も選べず生まれてきています。
占いではこれを「宿命」といいます。
変えられるものは「運命」です。

「宿命」によって差別や偏見を受けるのは、神の道に背くと考えています。

100歩譲って、輪廻転生でもあるのであれば、状況は違いますが
日神会では輪廻転生は認めていません。
素神の差配により我々は神の子として生まれてきたのです。
Re: 先代隈本確大神霊様 渡り鳥 投稿日:2018年11月09日 07:47:18 No.6646
蟋蟀様、おはようございます。渡り鳥です。

相変わらずフォローが遅くて申し訳ありません。特にこのスレッドの話題は、浄霊をしてからよく考えてコメントを書かないといけないな、と思っています。

戦後民主主義教育が批判されることがありますが、これは戦前の軍国主義教育をひっくり返しただけのもの、と考えています。

何ヵ月か前に、この渡り鳥は憲法12条についてコメントさせていただきました。

【日本国憲法第12条】
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E7%AC%AC12%E6%9D%A1

また同時に、自由を尊ぶアメリカ人は、モラル、ルール、自己責任で教育されている、とも話させて頂きました。

テイラーさんの御意見は日本語訳からでも、御自分と異なる人に対する理解と愛を感じます。

民主主義においては、個人の自由と責任、権利と義務は分けては考えられません。そしてこの理念は大霊界の法則とも親和性があるように思っています。

右も左も、民主主義に対する理解が浅いのではないか、と思います。

この渡り鳥も保守的ですが、正しい保守とは何かを、御成婚50周年における、今上両陛下の御言葉から学ばせていただきました。

御無礼ながら、記者の質問1の両陛下の御答えから、重要なポイントを簡潔にまとめさせていただきますと、陛下は皇祖皇宗の伝統と象徴というお立場に思いを致され、常に今という時代における望ましいあり方を求めてこられました。また伝統の大切さと共に、古い慣習が人びとを苦しめていることがある、とやんわりと御指摘なさっていらっしゃいます。

【天皇皇后両陛下御結婚満50年に際して】
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/kaiken/kaiken-h21-gokekkon50.html

日本とアメリカでは、持っている伝統も文化も異なりますが、神様の御前では、小異を捨てて大同につくよう心掛けたいと思います。



ゆがみをなおすためのエネルギー s 投稿日:2018年10月30日 23:35:28 No.6608 【返信】

こんばんは、sです。

話題が変わりますので、スレッドを立て直します。
今日は、大霊界13からです。

平成3年2月のことですが、天地創造の神「核の超神霊」より初代開祖様に神示が
ありました。
「地球人類の末永き繁栄のために、近く、そのゆがみをなおすためのエネルギーを
与えるであろう」

初代開祖様は、この神示の謎解きを行って、次のように解説しています。
いま、地球と人類は滅亡の淵に立たされている。それは、大霊界の支配者たる
天地創造の神「核の超神霊」が、宇宙をつくられてから150億年ものあいだ、
変わらずに放射され続けていたエネルギーに、わずかなゆがみが生じたからである。
そのために、本来ならば繁栄して、永遠に持続し続けるはずである人類が
滅亡へと向かっているのである。そこで、人類の滅亡をくいとめるために、近く、
「核の超神霊」が放射されているエネルギーに対して、新たにそのゆがみを
なおすためのエネルギーを与える、ということである。

この一節を読むとほっとしますが、果たしてゆがみをなおすためのエネルギー
というのは、すでに放出されているのだろうかという疑問が残ります。
この神示からすでに27年経っているので、すでに放出されていると
思いたいところです。ただ、新しいエネルギーを受けてもその影響が人類に
出始めるのに時間がかかるのではないかと思います。
なにしろ長い年月、放射され続けてきた前のエネルギーの影響を覆すのは、
簡単ではないでしょう。


Re: ゆがみをなおすためのエネルギー 渡り鳥 投稿日:2018年10月31日 06:48:17 No.6609
s様、おはようございます。渡り鳥です。

新しいテーマの御提供、ありがとうございます。

>「地球人類の末永き繁栄のために、近く、そのゆがみをなおすためのエネルギーを与えるであろう」

天地創造の素の神様の、本当に有り難い御言葉ですね。

神様が放射されるエネルギーの歪みとは、当然ながら、神様と人類の中間レベルで起こっている現象だと拝察いたします。

戴けるエネルギーとは、ITの世界でいう、修正ソフト(パッチ)みたいな感じでしょうか。

歪みの原因は、この渡り鳥には解りかねますが、既に神様はエネルギーを下さっていらっしゃると思います。

ただs様が仰られる通り、その効果が人間界に現れるには、若干のタイムラグがあるのでしょうね。

現象として、平成3年(1991年)以降の現代史上で、何か重要な変化があったはずですが、まだ何かはこの渡り鳥には分かりません。

ちなみにベルリンの壁崩壊(東西冷戦構造の終焉)は、1990年6月13日(平成2年)ですので、御神示の前年ですね。これは別の話なのかな。

2008年正月2日に、対の霊界との幕が切って落とされましたが、それと関連するとしたら、修正ソフトどころではない、ほとんどバージョンアップレベルの話ですね。

神様の修正のエネルギーのこの世への反映は、いきなり人間の社会ではなく、まず自然界に現れるのではないでしょうか。

御神示の「地球人類の末永き繁栄のために」という部分に、特におすがりさせて頂きます。

どういう形になるか分かりませんけど。
Re: ゆがみをなおすためのエネルギー s 投稿日:2018年10月31日 23:34:33 No.6610
渡り鳥様、こんばんは、sです。

>戴けるエネルギーとは、ITの世界でいう、修正ソフト(パッチ)みたいな感じでしょうか。

私は、システムエンジニアをやっていたので、パッチというと妙に反応してしまいますが、
たぶん、そんな感じですね。天地創造の素の神様がバグを作るワケはないので、
今まで放射していたエネルギーがだんだんと適合しなくなってきた、ということだと
思います。

今まではこれといった出来事はなかったように思います。ただ、すでに序章は始まっていて、
後から考えたら、あれがその始まりだったのかと、わかることになるかもしれません。

2008年正月2日に、対の霊界との幕が切って落とされましたが、これは大きな出来事
でしたね。天地創造の素の神様は、最近、矢継ぎ早に新しいことを行っているように
思います。
150億年の悠久の期間を見守ってこられた素の神様であれば、もっと悠然と構えて
おられるかと思ったのですが、以外の感もあります。私は、素の神様がかなり
地球人類を気にかけられておられるのか、あるいは、聖の親様の進言を考慮されたのでは
ないかと考えています。

ノストラダムスかどうかは、はっきり覚えていませんが、何かが起これば、21世紀前半に
人類社会に大変革が起こり、平和で統治された世界が実現するという予言を読んだことが
あります。ひょっとしたら、その方向に動き出すのかもしれません。
Re: ゆがみをなおすためのエネルギー 渡り鳥 投稿日:2018年11月01日 06:18:43 No.6611
s様、おはようございます。渡り鳥です。

>今まで放射していたエネルギーがだんだんと適合しなくなってきた、ということだと思います。

それは、やはり人間側、あるいは人間界に近い霊界に原因があるのでしょうね。

平成3年(1991年)12月にソビエト共産党が解散して、ソ連と言う国が消滅してしまいました。

ソ連と言ったら無神論と唯物論の権化みたいな国でした。

大霊界シリーズでも、天地創造の素の神様が、霊を否定することが最大の罪である、と仰っておられます。

ソ連の崩壊は、神様の御計画だったのかも知れませんね。

以前投稿させていただきましたが、占星術では既にアクエリアス(宝瓶宮)の時代に入っており、大変革が行われると言われています。

これはITの世界でいう、バージョンアップなのでしょうね。

宇宙は現在も拡大し続けており、しかも加速している、と学者さんは言っています。

天地創造の素の神様が御造りになられた大霊界は、今でも進化し続けているのかもしれません。

ノストラダムスだとしたら、以下リンク先のことでしょうか。御参照ください。

https://plaza.rakuten.co.jp/guidance08/diary/201011200003/?scid=wi_blg_amp_diary_next

この渡り鳥は、真のメシーの法は日神会にある、と信じております。
Re: ゆがみをなおすためのエネルギー 渡り鳥 投稿日:2018年11月01日 06:47:04 No.6612
皆様、渡り鳥です。

大事なことを書き忘れていました。

今度の土日は「先祖神霊輝授」の御神事が、長崎と東京で執り行われますね。

例によってこの渡り鳥は参加できませんが、しっかり御祈りを捧げたいと思います。
Re: ゆがみをなおすためのエネルギー モコ 投稿日:2018年11月01日 15:05:42 No.6613
…んとね、今度の土日は東京だけだと思います(^-^)
長崎は先週の土日だったから。
Re: ゆがみをなおすためのエネルギー 渡り鳥 投稿日:2018年11月01日 16:50:14 No.6614
モコ様、こんにちは。渡り鳥です。

御指摘いただき大変有り難うございます。モコ様のおかげで自分の間違えに気がつきました。

この渡り鳥は、勘違いしておりました。閲覧の皆様、大変申し訳ありません。

確かにこの渡り鳥のスケジュール帳では、先週はふたつの御神事がカブッていることになっていました。

なんかおかしな先入観があったようです。変だなと思ったら確認するようにしていますが、変だと思わなかったようです。深く反省いたします。
Re: ゆがみをなおすためのエネルギー s 投稿日:2018年11月01日 23:41:10 No.6615
渡り鳥様、こんばんは、sです。

>ソ連の崩壊は、神様の御計画だったのかも知れませんね。

そういえば、ソ連と言う国が消滅していることを忘れてました。
しかも平成3年なので、影響が出ているのかもしれませんね。

渡り鳥様が言われたように、アクエリアス(宝瓶宮)の時代の始まりが1990年頃と
いわれているので、天地創造の素の神様が神示を出されたときと、ほとんど同じころと
いえます。
この時代には地上のすべての悪が一掃され、世界に平和と人類愛がよみがえると
言われているので、符合していますね。
占星術がここまで織り込んでいるとは、思えないですが・・・

予言については、渡り鳥様のリンクで合っていると思います。
ノストラダムスは未来を霊視することができたといわれています。
ただ、未来は確定してはいないため、パラレルないくつかの未来を霊視していたのでは
ないでしょうか。その中のひとつが、アクエリアス(宝瓶宮)の時代を表す、
世界に平和と人類愛がよみがえる姿だと思います。
Re: ゆがみをなおすためのエネルギー 渡り鳥 投稿日:2018年11月02日 06:05:20 No.6616
s様、おはようございます。渡り鳥です。

>アクエリアス(宝瓶宮)の時代の始まりが1990年頃といわれているので、天地創造の素の神様が神示を出されたときと、ほとんど同じころといえます。

さすがはs様です。この渡り鳥はそこまでは知りませんでした。断片的な情報が、だんだん関連してきている気がします。

たくさんの人達がいろいろな意見(情報)を持ち寄って、みんなで共有すると、集合智が現れるのでしょうか。三人集まれば文殊の智恵とはよく言ったものです。

未確定の未来がパラレルに見えるとすると、

>世界に平和と人類愛がよみがえる姿

ではないものが有りそうですが、今後どうなるかは人類次第なのでしょうね。

聖の神様がいらっしゃらなければ、こんなコワイ話はしていられませんが。

「神々と霊族と人類」で対の霊界の御守護神様(現 大守神様)が仰っておられますように、物質は素粒子で出来ており、素粒子はエネルギーが凝固固定化したものですので、超神霊エネルギーが影響を与えることは、理論上でも充分可能と言えるでしょう。

また、たった一人の「ささやかな良い行い」が環境に与える影響は、波紋程度でしょうけど、たくさんの人達が「ささやかな良い行い」をすれば、大きなうねりとなって、世界に好ましい影響を与えるのかもしれませんね。

「悪魔と救世主」で初代教祖様が、救世主とは人間一人一人がなるもの、というようなことを仰っておられますが、その御心はこんな感じなのかな、と思います。
Re: ゆがみをなおすためのエネルギー s 投稿日:2018年11月02日 23:36:59 No.6617
渡り鳥様、こんばんは、sです。

少し脱線ぎみですが、ノストラダムスの予言には、トランプ大統領と思われる人物が
何度も出てきます。トロンペ(trompe)というのですが、フランス語です。
トランプ大統領が世界に与える影響の大きさを物語っているように思います。
この人物の予言には不吉なものが多く、パラレルな未来の悪いほうを覗いたのではないか、
という気がします。

>「悪魔と救世主」で初代教祖様が、救世主とは人間一人一人がなるもの、
というようなことを仰っておられますが、その御心はこんな感じなのかな、と思います。

そのとおりですね。人間一人一人が悪魔ではなく神の心を持ってくれれば、
すぐにでも平和は訪れるでしょうね。
少なくとも半分以上の人間が神の心を持てば、民主主義は正しく機能するはずです。
もっとたくさんの人に目を覚ましてほしいですね。
Re: ゆがみをなおすためのエネルギー 渡り鳥 投稿日:2018年11月03日 06:36:34 No.6618
s様、おはようございます。渡り鳥です。

>ノストラダムスの予言には、トランプ大統領と思われる人物が何度も出てきます。トロンペ(trompe)というのですが、フランス語です。

s様はすごいですね。よく御存じです。トロンペと言う表現には笑ってしまいました。ノストラダムスの予言には、そんなキャラがいたのですか。

現在の米国の大統領閣下は、もしかしたらお名前の通りギャンブルがお好きなのかもしれませんが、掛け金に世界の経済と安定を出されては困ります。

副大統領閣下だったと思いますが、最近の演説の中で、現在の中国との関係について、経済だけではなく「安全保障上」に関する発言をしており、世界中に心配されています。まさか、ホンキ、ですか?

ホンマやったらエライこっちゃ、どないしよ。(←インチキ大阪弁)

この渡り鳥が先日「魔界人類が占める人間界(その3) 」のスレッドの最後の投稿で、

>人間を本来の姿に戻すことが、真の癒しであるとのことです。

と申し上げさせていただきましたが、まだ何とかなる、と信じたいです。
Re: ゆがみをなおすためのエネルギー 蟋蟀 投稿日:2018年11月05日 19:31:03 No.6628
核の超神霊こと素の神の歪みを修正するエネルギーですが、
素神は素晴らしい神ですね。

江戸時代には、中江藤樹なんかが理神論という説を唱えました。
ヨーロッパでも理神論が出てきますが、
神は単なるエネルギーであり、人間の細かな生活などに関与しないという
論でした。

ところが、素の神は明らかに人間界に関与されておられますので、
この理神論は、日神会的には嘘と言うことになります。

ところが、この理神論ですが、王権神授説と言う、神が人に王位を授けるという
論理を破壊してしまいます。理神論が民主主義の元をつくってしまうわけです。
世の中は皮肉にみちています。
Re: ゆがみをなおすためのエネルギー 渡り鳥 投稿日:2018年11月06日 07:16:30 No.6630
蟋蟀様、おはようございます。渡り鳥です。

理神論というものがあるのですか。勉強になります。
それも一種の無神論なのでしょうね。神とは理論上の存在だ、と言っているような気がします。

仏教でも根本仏である大日如来は理仏(理論上の仏)であり、法を説かない、と聞いたことがあります。

弘法大師は、それでも説くことがある、と言っていたそうなので、よく分かりませんが、観仏念仏に神霊が感応することもあるのかもしれません。

理神論が王権神授説を破壊したのは、当然のことなのでしょうね。仮定の話ですが、もし王様が勝手に神様で権威付けしていたとしたら、権威の根拠を失うわけですから。



神様仏様御先祖様 渡り鳥 投稿日:2018年11月04日 07:20:29 No.6619 【返信】

皆様、おはようございます。渡り鳥です。

東京聖地で執り行われている、先祖神霊輝授の御神事に参列されている方々は、お疲れ様です。

この渡り鳥も早く参列出来るようになりたいです。

ちょうど昨日「神と霊の癒し」を読んでいて、聖師教様が、御先祖様への感謝の気持ちの大切さを説いていらっしゃるのを拝読致しました。

輪廻転生が無い以上、両親がこの渡り鳥を生んでくれなければ、この渡り鳥は存在していませんでした。

長い目で見れば、今現在自分が存在しているのは、御先祖様や関連する人々のお陰であり、その方々にたいする感謝の気持ちが大切であるということを語られています。

御先祖様にたいする感謝の気持ちを持たず、ココロの絆を断ってしまったら、現在や未来の幸福はない、というように仰っておられます。

この渡り鳥も、朝晩の三つの祈りのうち、御先祖様への感謝の想いが不足していたようです。

反省して、さらに感謝の気持ちを持ちたいと思います。


Re: 神様仏様御先祖様 s 投稿日:2018年11月04日 13:03:44 No.6620
渡り鳥様、こんにちは、sです。

昨日、今日と先祖神霊輝授が聖地で行われていますね。
私も先祖神霊輝授に参加したいですが、遠隔地のこともあり、参加できずにいます。
どのような儀式なのか、ちょっと知りたい気もします。

聖師教様は特に、御先祖様への供養に力を入れられていますね。
先祖神霊輝授も恒例の儀式として、定着している感もあります。

すでに亡くなった自分の親に対しては、毎日、霊流を流していますが、
さらに向上していただきたいと思っています。
Re: 神様仏様御先祖様 渡り鳥 投稿日:2018年11月04日 17:37:49 No.6621
s様、こんばんは。渡り鳥です。

この渡り鳥もなかなか参拝できませんが、日神会とのココロの繋がりは、もっと強いものにしたいです。

日神会は「聖の会」であり、聖の神様の人間界における、唯一の踏み台ではないでしょうか。

初代の御遺言にあります通り、二代目聖師教様の御教導は、聖の神様の御教えであると思います。

日神会の御指導はそれに基づくものですので、日神会にココロを寄せて、自分の信仰を確立していきたいと思っています。

御神事に参列出来なくても、自分のココロは聖地に在り、という感覚が得られたら、きっとそうなのでしょう。

海外では、日本の神道は祖先崇拝だと、思われているようです。しかしそれはどうやら原始的宗教、と考えられているようですね。

何年か前に、馴染みの飲み屋で会ったムスリム(男性のイスラム教徒。女性はムスリマ)の態度は忘れられません。

その人は在日歴が長いようです。日本語は達者ですので、日本語で話したのですが、向こうから、ニホンのシントーはセンゾ崇拝なんだろ?と言われたとき、この渡り鳥は肯定したのですが、その時のそのムスリムの顔は、生涯忘れないでしょう。あのバカにしたような顔を。

ムスリムの方の名誉のために申し上げますが、その人は本来の知り合いのムスリムの方(同国人)が、たまたま連れてきた人で、在日のムスリム(もちろんムスリマも)のほとんどは善良な方々である、とこの渡り鳥は思っています。

悪人の比率は、日本人と大して変わらないでしょう。

英語で言うルーツは大切にしているのですから、先祖も大切にしてほしいと思います。

究極の先祖は神様ですから。
Re: 神様仏様御先祖様 s 投稿日:2018年11月04日 22:51:26 No.6622
渡り鳥様、こんばんは、sです。

日本の神道は先祖崇拝ではないと思います。
日本神道系の神々を崇拝する宗教ではないのですか。

日本神道系の神々は、先祖ではないかといわれると、
どこの宗教も同じことになってしまいますし・・・
Re: 神様仏様御先祖様 渡り鳥 投稿日:2018年11月05日 06:56:03 No.6623
s様、おはようございます。渡り鳥です。

日本人でありながら、この渡り鳥はあまり神道のことを理解していないようです。

本来神社は、大きく分けて3種類ある、とこの渡り鳥は認識しています。

産土(うぶすな)の神様、氏神様、鎮守の神様です。また御霊神社と言うのもあります。

この渡り鳥は、産土の神様はそこの土地神様で、氏神様は氏族の祖先神であり、鎮守の神様とはその土地でお祀りされている神様のことで、産土の神様と氏神様だけでなく、よそから勧請(かんじょう)された神様も含む、と思っていました。

以下リンクをご参照ください。この渡り鳥が思っていた以上に神道の世界は複雑なものでした。

https://gamp.ameblo.jp/ubusuna-jinja/entry-12333714960.html

ちなみに御霊神社は祟り神(怨霊)を鎮めるためにお祀りしている神社です。

神道では祖霊は次第に昇華して行き神霊になる、という思想があります。

以前この渡り鳥は、お正月様とは祖霊であり、門松は祖霊が子孫のところに来るための目印だ、ということを投稿させて頂きました。

一神教は創造主と被造物である人間には、越えがたい断層がありますが、神道では神様と人間は地続きです。

ここの感覚の違いが、お互いに分かり合えない理由ではないでしょうか。この渡り鳥もカトリックの勉強をしていたときは、教義を神道的に解釈していました。

聖師教様の御教えは神道的だと思いますが、日神会は超神道でありますので、当然の事と思います。

先祖を大切にする思想は、日本だけではなく中国など東アジア特有のもののように思います。インドは輪廻転生思想ですが、道教は神道に近い気がします。
Re: 神様仏様御先祖様 s 投稿日:2018年11月05日 10:24:30 No.6624
渡り鳥様、おはようございます、sです。

>産土(うぶすな)の神様、氏神様、鎮守の神様です。また御霊神社と言うのもあります。

それはそうなんでしょうけど、現代の日本人のうちにそのことを理解している人が
何パーセントいるかということが問題です。ましてや、産土神社に詣でるという話は
聞かないですし、私も地元では、それがどこにあるのかよくわかりません。

ですので、神道学的にいえば、そのような分類はできるのでしょうけど、大多数の人が
参詣の対象としているのは、神道系の神々だと思います。昔は、産土神や鎮守の神に
詣でる人も多かったのかもしれませんが、参拝の対象も時代とともに変わると思います。

>祖霊は次第に昇華して行き神霊になる、という思想があります。

ここでいう祖霊とは、先祖の霊のことでしょうか。それならば、神霊となる霊ももちろん
あると思います。ただ、その神霊を初詣や祈願の対象としている方を聞いたことがありません。
Re: 神様仏様御先祖様 渡り鳥 投稿日:2018年11月05日 15:02:57 No.6625
s様、こんにちは。渡り鳥です。

>現代の日本人のうちにそのことを理解している人が何パーセントいるかということが問題です。

なるほど、外国の方には日本の伝統的な、神道系の神々様を信仰している、と言えばよかったのですね。

ヒンドゥ教のように多神教の方ならご理解頂けたかも知れませんが、一神教の場合は、では神道の神様とはどんなものなのか、という質問が次にきそうだったので、この渡り鳥は横着してしまったようです。

そうなったら、それこそ神道学の深い知識と、相手に納得してもらえるようなプレゼンテーション能力が必要になってきますが、当時のこの渡り鳥にはどちらもありませんでした。

以下リンク先を御参照ください。

【祖霊信仰と祖霊について】

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%96%E5%85%88%E5%B4%87%E6%8B%9D

祖霊の概念は、血筋の先祖だけとは限らないというところが、大霊界シリーズでの先祖の概念に、やや近いようです。

これぐらいの内容を簡潔に話せれば、相手に納得してもらえたかも知れませんね。日本国内であれば、ですけど。

勉強不足だったことが、残念でなりません。
Re: 神様仏様御先祖様 蟋蟀 投稿日:2018年11月05日 19:16:13 No.6626
渡り鳥さま、Sさま、お久しぶりです。

日本神道ですが、簡単に理解するとシンプルですよ。
産土神(うぶすながみ)
氏神(うじがみ)
の二つですが、産土神は土地を統括する神道の神社です。
氏神ですが、源氏ならば八幡宮のように氏族の祖先神を祀っています。

高知のイザナギ流の呪術では、古い骨を洗って神上がりさせるといった
呪術もあるようです。

私は渡り鳥さまの祖先崇拝説に近い立場をとっております。

もともと神道は祖先崇拝でした。
そこに国津神(くにつかみ)と天津神(あまつかみ)が出てきます。
国津神とは、日本土着の神で、天津神とは高天原から降臨してきた皇祖神
神です。

ちなみに天津神は伊勢神宮などに祀られておりますし
国津神は出雲大社などの神社に祀られています。

神道の、霊界観が固まったのはなんと江戸時代末期のペリーなどが来航した
あたりの話になります。
もともとは、神道では、人は死ねば、森や山や海などの常世の国にいくと
言われていました。ところが、仏教が隆盛になると輪廻転生が主流となり、
その後、江戸時代には、人間は死ねば黄泉の国に行くと神道では
言われるようになりました。

国学者平田篤胤が、人間の心の安心は魂の行方の探索にあると
霊界研究を行います。それが復古神道というものになります。
平田篤胤は幽冥界(ゆうめいかい)という、霊界を想定しました。
Re: 神様仏様御先祖様 蟋蟀 投稿日:2018年11月05日 19:23:47 No.6627
古事記で最初に出てくる神は、天御中主神(アメノミナカヌシ)です。
人間は、この神の分け御霊を賜り直霊(ナオヒ)とし、
魂を天津神から、魄気を国津神から賜って、人間になるという説がとられました。

素神の分霊が人間の魂親様と同じものだという理論に似た理論は江戸時代には
すでに日本にありました。

ですので、祖先崇拝は神道にとっては大事なことだと思われます。
Re: 神様仏様御先祖様 渡り鳥 投稿日:2018年11月06日 06:55:28 No.6629
蟋蟀様、おはようございます。渡り鳥です。お久しぶりです。

毎度返信が遅くて申し訳ありません。

神道学の専門家でない人にも、解りやすい御説明を頂きまして、大変有り難うございます。

この渡り鳥は、いきなり難しい各論から入ってしまったようですね。まず概要から、といつも思っていたのですが。神道の概要として、蟋蟀様が教えて下さったように、理解しておきます。このように説明すれば、外国の方にも理解してもらえるかもしれません。日本語で、ですけど。。

聖師教様は御著書の中で、神道は元々精霊信仰だった、と語られています。

昔の人たちは自然災害を鎮め、幸をもたらしてくれるよう、懸命に祈っていたようです。

「神と霊の癒し」55ページ以降「人間はお祈りをする葦である」の項で、アルタミアの壁画について語られています。

信仰の形式様式はともかく、その最も根本にあるのが「祈ること」なのでしょうね。

同じく107ページ以降に、御先祖様との絆の大切さが説かれていますが、最終的には御先祖様が味方になってくださる、との御言葉は、この渡り鳥のココロに深く染み透りました。

日神会は聖の神様のお陰様で、直接天界(神聖界)と繋がることが出来ますが、そうでない場合は、御先祖様が、人間の祈りを神様に届けてくださっているような気がします。御先祖様は天使と同じ役割を担ってくださる、と思います。

先祖を崇拝することは、神様を拝むのに等しいのではないでしょうか。



ちょっと一休み 投稿日:2018年10月28日 11:53:24 No.6599 【返信】

難しいお話が続きましたので
戦時中のお話です。 ある少年が海岸で昼寝をしていた。すると「○○」と自分を呼ぶ声で目が覚めた。 どうやら海から声がする。ふと見ると自分の服が飛ばされ海を漂っていた。 仕方なく自宅へ帰り床につく すると、ペタペタと不思議な音 どうやら足音と水滴が落ちる音らしい
障子の向こうから「○○ もうじき戦時死の知らせがあるが、葬式はするな。 窓にユリの花と家紋が入った提灯に火をとぼしそれを10日続けよ あとお前も着物は戻しておいた」 障子をすーと開けるとなにやら黒いものが去ってゆく
外を見るとなんと海を漂っていた着物が帰っている。 言われた通り提灯をさげると戦争に行った兄の訃報がはいる だが、葬式はしなかった。
さてしばらくするとその兄が帰ってきた。
兄の話はこうである
戦争で敵に部隊が全滅させられ1人ジャングルにいた。 さて俺も自殺するか 頭に銃をむける
すると、ユリの匂いがする。 こんなところにユリが? と思いつつユリを探す 懐かしい日本のユリ すると向こうに提灯の灯りが見える
すると、日本人か! 彼は そこに向かった
だが、提灯になかなかたどり着かない
どれくらい歩いたろうか 提灯にやっと近づくと懐かしい家紋がある 自分の家の
導かれるように進むとジャングルを抜け
ある集落にたどり着き優しく迎え入れてくれ
終戦を迎え日本に帰れるように手配してくれた。
その夜、 ベッドの横に影がある。 目を凝らして見ると カエルのような生物だったという


Re: ちょっと一休み 渡り鳥 投稿日:2018年10月28日 13:06:09 No.6601
あ様、こんにちは、渡り鳥です。

御先祖様が御加護下さったのでしょうか。部隊で一人だけ生き残れたのは、ただの幸運では無いでしょうね。

その方が自決せず、生きて帰ってこられたことを、嬉しく思います。
Re: ちょっと一休み s 投稿日:2018年10月28日 23:51:44 No.6602
あ様、こんばんは、sです。

不思議なお話ですね。弟に告げたものは、なんだったんでしょうね。
その家の先祖か、まったく別のものなのでしょうか。
いずれにしても弟が何ものかに言われたとおりにすることで、
兄の命が助かったのですね。よかったなと思います。
戦争中は、こんな話がけっこう多かったのでしょうね。
この時代、霊界も大変、忙しかったのではないでしょうか。

二神一体の業が執り行われましたが、これによって聖の親様から頂けるお力が
強くなっています。今回、強くなっていることに気が付かない方でも
確実に強くなったお力を頂けていますので、今までどおり、お力を頂かれてください。
Re: ちょっと一休み 渡り鳥 投稿日:2018年10月29日 06:26:21 No.6603
あ様、s様、おはようございます。渡り鳥です。

s様が仰られた通り、御真体の御力が格段に強くなっているように感じます。

この渡り鳥は、毎朝やっている聖輪光を使った自己浄霊の際は、輪光と共に天のエネルギーを引き下ろし、自分のムネに直結するようにしています。

先程いつものようにやったら、天のエネルギーが、ズドンと落ちてくるようでした。まるで滝のようです。

天界と人間界の結び付きが、ますます強くなったような気がしました。

自己浄霊を終えたばかりですので、この渡り鳥は冷静ではないと思いますが、もしかしたら、今まで超越神聖の神様と人間を、初代教祖様の御神霊がつないでいて、今回の二神一体の御業により、聖の神様がいよいよこの世にお出ましになるのかな、と思いました。

冷静さに欠けるこの渡り鳥の、モウソウかもしれませんが。

今回の御神事について、次の会報に詳しい御解説があると嬉しいです。

「神霊伏拝 一命心体」の御聖言は、マントラではなく、聖の神様を敬愛し、何時でも何処でもどんな時でも、常に聖の神様と共に生きる、と言う想いをこめて御唱えしたいと思います。
Re: ちょっと一休み 投稿日:2018年10月29日 12:56:08 No.6604
渡り鳥様 s様
お力が強くなりましたね みなさんそうおっしゃいます。 ますますみなさまが救われますように・・

ご本人様のお話によりますと 「カッパみたいな姿」
だったそうで 側に部下みたいな者がついていてぞろぞろ歩いていたんだそうです ユリも季節外れでしたが 何故か近くの水神様の側に咲いていたそうです
明日日本に帰れる日に傍らに現れ何か話してニヤリとしたそうです
日航機墜落事件 でもそうですが いいお話もあります
悲しみばかりではありません。 (事が事だけに書けないのですが) どのような終わり方でもやはり最後は、その人の人間性 お心で死を迎え入れることが
大事ではないかと思います。
なかなか難しいですが、死の寸前のお心を作り上げる
今があるのではないか?とおもいました。
Re: ちょっと一休み 渡り鳥 投稿日:2018年10月29日 16:17:53 No.6605
あ様、こんにちは、渡り鳥です。

聖の神様と初代教祖様の御真体が、ひとつになられたということですので、この渡り鳥の信仰も、ますます磐石なものになったようです。

この渡り鳥はアタマが悪いので、今まで聖の神様と初代教祖様の御真体の関係が理解できず、信仰が分散気味でした。

これからは、大霊界創造の素の神様と天の神様を別格として、聖の神様を主なる神様といたし(周りに各師神様方)、神主聖師教様を最高指導者として、さらに信仰を深めたいと思います。

お話の「カッパみたいな姿」は興味深い話ですね。座敷わらしみたいな霊的存在がいるのでしょうか。

「神々と霊族と人類」に、ムカデみたいな姿の異種霊的生命体の話が出てきますが、このような姿で霊界に存在しているのではなく、その霊的存在が持つ霊質が、人間の精神世界でそのように表現されている、と語っておられます。霊視とはそういうものなのでしょうね。

>なかなか難しいですが、死の寸前のお心を作り上げる今があるのではないか?とおもいました。

重い言葉ですね。死の瞬間の想念が、魂に染着してしまうのは、困ったものです。

大霊界の真理をよく学び、死に対するココロのイメージや認識を改める、と言うことなのでしょうか。

「葉隠れ」が説くように、毎朝起きたときに死んでおけ(武士道とは死ぬこととみつけたり)というのは、御免こうむりたいです。武士ではないですから。

せいぜい、悔いの無いように精一杯生きる、ということしか、今のところ思い付きません。
Re: ちょっと一休み s 投稿日:2018年10月29日 23:36:47 No.6606
あ様、こんばんは、sです。

>ご本人様のお話によりますと 「カッパみたいな姿」
だったそうで 側に部下みたいな者がついていてぞろぞろ歩いていたんだそうです

お盆のときにせいわ様が投稿されたお話を思い出します。
確かグレイのアヒルのようなものが6体、ぞろぞろとついてきたというお話だったと
思います。
すごくよく似ています。たぶん、ゆかりのある霊なんじゃないでしょうか。

ということは、やはり兄を助けたのは、先祖の霊だと思います。

たくさんの人が亡くなるとき、このような不思議なことも起こるのでしょうね。
あまり、起きてほしくないですが。

渡り鳥様、こんばんは。

>先程いつものようにやったら、天のエネルギーが、ズドンと落ちてくるようでした。
まるで滝のようです。

渡り鳥様の体験もすごいですね。私の場合は、自己浄霊をしたときに、いつもより随分、
強く熱さを感じたので、あれれ、いつもと違うと気が付きました。
Re: ちょっと一休み 渡り鳥 投稿日:2018年10月30日 05:29:31 No.6607
s様、おはようございます。渡り鳥です。

ちょっと表現は大袈裟でしたが、そんな感じでした。

同じ神様を信仰していても、人それぞれ、背負っているもの、内包しているもの、生活環境が異なりますので、感じ方が違うのは当然の事だと思います。

この渡り鳥は、聖輪光をいただく前から、天のエネルギーを引き下ろすようにしていたので、分かりやすかった、と言うことだと思います。

この度の御神事は、大変なものですね。やっぱり参列したかったと思います。



魔界人類が占める人間界(その3) 渡り鳥 投稿日:2018年10月27日 07:01:05 No.6593 【返信】

s様、あ様、おはようございます。渡り鳥です。

またスレッドが長くなりましたので、新しくその3を立てさせてください。御了承願います。

今日明日と重要な神事が執り行われますが、あいにくの天気ですね。予報によると今日は雨が東の方に移動してくれそうなので、長崎は安心かな、と思います。

この渡り鳥は、先程一所懸命に神事が無事完了するように、御祈りをさせていただきました。

幸い台風26号は日本付近には来ないようですが、フィリピンや台湾に被害が出ないことを願います。

アクマが神様と直接戦っても、まず勝ち目は無いでしょう。

特に超神霊クラスになると、そのエネルギーは精妙極まり無いので、アクマがいくら霊的防御をしても、簡単にその防御網を透過してしまうと思います。ちょうどニュートリノが簡単に地球を透過してしまうように。

だからアクマは、まだ霊的に幼い人間を攻撃してくるのでしょう。間接戦術ですね。

国政選挙じゃあるまいし、多数決で霊界法則が決まるわけではないので、アクマが何のために神様に逆らっているのか、この渡り鳥にはさっぱり分かりません。

いずれにせよ、神の子(人間)にとってアクマは迷惑ですので、是非ともおひきとり願いたいのですが、高次元のアクマは、意思を持った巨大な闇、であるとも言えます。人間の霊視で感知できるような相手では無さそうです。

それが人間の知恵を支配しているとしたら、人間にはどうしようもないですね。

その二のスレッドで、あ様が仰っておられる通りです。(#6590を御参照ください)

アクマに対抗するのは、祈りしか無いと思います。聖書の言葉、闇は光に打ち勝たなかった、をこの渡り鳥は信じます。

ニーチェがこう言っています。

怪物と対決する時は、その過程で自分も怪物化しないように注意することだ。あなたが闇を覗き込む時、闇もあなたを見つめている。

朱に染まれば赤くなる、ということでしょうか。ルシファーもこれでやられたのかな。

この渡り鳥も、気を付けたいと思います。


Re: 魔界人類が占める人間界(その3) 投稿日:2018年10月27日 10:49:09 No.6594
渡り鳥様
悪魔は、神だと思います。
先代会長先生のご本にもあるように、人間の膿を出す存在です。 膿を絞り出す その膿を消して消して消しまくる 悪を打ち消す力をもらう
その為の存在でもあると思います。
そんな心はいけないよ! 見えない神のお心を悟る
偉大なる神々の世界
悟らぬ人々の悲しさよ
御本にもありましたが、若き日々を反省し、冷や汗が出ると書いてありました。
私も同じです 失敗ばかりです。
それが、わかるだけ進歩したかな? って自画自賛してます。(笑)
Re: 魔界人類が占める人間界(その3) 渡り鳥 投稿日:2018年10月27日 13:12:30 No.6595
あ様、こんにちは。渡り鳥です。

「大霊界真書」203ページ最後の行にこの渡り鳥がハッとすることが書かれていました。

「神のエネルギーは心と言うよりも、むしろ魂に頂くのです。」

そして、ひらめき、とは神様に導かれた魂が与えるもの、と言う事が書いてあります。

悟りは天啓なのでしょう。

今までこの渡り鳥は、神様のエネルギーをココロで戴いて、魂はその恩恵を受ける、と考えていました。

これからはそのようにココロを改めたいと思います。

しかしせっかく戴いたムネの御教えを、否定したり論理をすり替えたり誤魔化したりするものが、この渡り鳥の中にいます。

それがこの渡り鳥にとっての、アクマのココロなのでしょう。

なんとかこのアクマのココロを浄化して、光の天使に戻したいです。

また、同書207ページには、神様は愛と慈しみのエネルギーを放射しているだけで、それを受信出来るかどうかは、その人のココロ次第と書いてあります。

人間がその気になるためには、アクマによる災いは必要悪である、ということになるのでしょうか。

この渡り鳥はまだ、あ様のおっしゃる、アクマ=神様(地の神々様?)、と言う図式は理解出来ていませんが、神様は神の子(人間)のココロの磨き砂として、アクマの存在を黙認している、と言う解釈の仕方は、少しは近いでしょうか。
Re: 魔界人類が占める人間界(その3) s 投稿日:2018年10月27日 23:35:41 No.6596
あ様、渡り鳥様、こんばんは、sです。

大霊界13において初代開祖様は、悪魔の正体は人間であると喝破しています。
しかも、人間の中でも、文化人、知識人、有能な人たちほど悪魔的傾向が強いのです
と仰られています。
人間の心の知恵の中には、神と悪魔が紙一重の差で同居しているため、
文化人、知識人、有能な人たちほどよい面=神としての能力も高ければ、
悪い面=悪魔としての能力も強いということのようです。

悪魔は人間ということであれば、神様の掌で踊らされている存在ということです。
人間の悪魔的な面が、人間を試し、誘惑するのです。
これに対し、人間は、悪を見抜き、悪の誘惑に乗らないよう魂を鍛えなくてはなりません。
カビ、病原菌、害虫と同じような存在だと思います。

>「神のエネルギーは心と言うよりも、むしろ魂に頂くのです。」

心という場合、通常は表面意識で考えていることを指します。
魂は、潜在意識や感情に大きな影響を与えていると思いますが、心とは同義ではありません。
従って、心と言った場合、頭で考える部分も含むような気がします。
それで、神のエネルギーは魂に頂く必要があると仰っているのだと思います。
Re: 魔界人類が占める人間界(その3) 渡り鳥 投稿日:2018年10月28日 07:35:14 No.6597
s様、あ様、おはようございます。渡り鳥です。

確かに、初代教祖様が仰られる通り、人間そのものがアクマなのでしょうね。アクマと言うか、アクマ的と言うか。

もし地球がひとつの生命体だとしたら、人類を癌と見なして駆除しようとするかも知れませんね。

地球神様は、この惑星が破壊されることは御許しになりませんが、意外と人類に対しては御関心が薄いようです。

人類の存亡について御相談なさった初代教祖様に、あなたも超神霊ならもっと大きく考えて欲しい。人類が滅んだらまた最初からやり直せばよい、というようなことを仰られたと思います。

まったくもって、お説ごもっともで、はい。人類の一人としてこの渡り鳥も、恐縮至極でございます。

s様が仰られる通り、ココロとノーミソは連動していると思います。ココロの在り方に従って、脳波も変動するのでしょう。

日神会では、ココロを厳密に言うと、鳩尾の数センチ上のムネに在る、ソフトボール大の非物質の存在、としており、この渡り鳥も通常ココロと言ったら、その事を指しますが、通常の意識よりもずっと魂に近いレベルなのでしょうね。

昨日「大霊界真書」を読み終わりました。

神様を愛し人を愛せば、神様から愛され人からも愛される。そのような心の環境で育まれた魂は、霊界入り後真っ直ぐに天界へ上って行く。

要約していますが、この渡り鳥のココロに、一番染み透った御教えです。
Re: 魔界人類が占める人間界(その3) 投稿日:2018年10月28日 11:08:26 No.6598
s様
まさにその通りですね 最初に申し上げた通り人間も悪魔なのです まさに悪魔が支配する世界
人間は悪魔にも神にもなれる存在
悪魔が文化を操っているのです
我々が神と崇める宗教も実は悪魔を崇拝している団体も多いです。 tvなどもそう
思想を操る ハロウィンもそう あれは悪魔を迎え入れる儀式なのです。 ここにもしさりげなく悪魔のしるしが落書きされていたらおそらく、不幸なひとが現れる。恐ろしい世界です。
少し現実離れした話ですが世の中には、人を呪い殺す宗教があります。 祈りで対抗する人もいます。
正に命懸けの祈りです。 信仰の深さが大事になります。 生半可な信仰では負けてしまいます。
私も見習っております。

渡り鳥様
よくご本をお読みですね 見習いたいのですが
なかなか時間がありません
理論理屈ではなく悪心なんて嫌いだーあっちいけー
位のでいいんじゃないかなって思います
Re: 魔界人類が占める人間界(その3) 渡り鳥 投稿日:2018年10月28日 13:00:29 No.6600
あ様、s様、こんにちは。渡り鳥です。

この渡り鳥は、外出中でもいつも御著書を持参しています。今、聖師教様の「神と霊の癒」のはしがきを、ちょろっと読んだところてす。

初代教祖様は、アクマの正体は人間だと仰られましたが、それは現状であり、二代目聖師教祖様は、本来は神様と共に生きるものだと仰っておられます。

人間を本来の姿に戻すことが、真の癒しであるとのことです。

この渡り鳥、希望が出て参りました。

あ様、悪心なんか嫌いだー、はいいですね。それは神の心だと思います。

さっそくココロの中で唱えました。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
掲示板管理者へ連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | この掲示板を支援する