湾岸掲示板
| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 |
ResForm
すがぽん試走会でのおバカ話
たちばな・な 投稿日:2019年02月11日 10:11 No.6160
 何と言いませうか、このおバカな珍事これは是非書いておかねばならないということで、橘湾岸マラニックL,E部門参加者の方々にはこれにはくれぐれもご用心。
 深夜の樺島灯台往復時にはお菓子やパンなどの補給食の入ったリュックは担いでいかないこと。最悪の場合、イノシシに襲われることがある。餌の乏しい冬場は野生動物たちにとっては垂涎の獲物が走ってきているようなもの。今回は襲われたわけではないのですが、楽しようと思って往路の道端にそのリュックを置いておいたところ復路にはなかった。人間の仕業出ないことはこの地を知る者にはすぐわかる。
 荷物は必ず樺島公民館に預けて灯台へ向かうこと。
わざわざイノシシに愛され奉仕された北九州の某廣瀬氏は今日から猪瀬さんに名前が変わりました。(本人掲載了解済み)
 ⁂野母崎半島は熊こそいませんが、やたら増えた猪害や鹿害が近年顕著です。
コース状況 たちばな・な 投稿日:2019年02月12日 12:52 No.6161
 地図番号L、E部門の59~60番 M部門の17番、S部門の9番の江之浦漁港付近から後田集落へ至る新開橋(江の浦川)が新しくなり海側へ移っています。橋は今までと同じ感覚なので、橋を渡りきると状況が違っていて「あれれ」となりますので、ご注意ください。本大会の時は白線や立て看でわかるようにしておきます。
きたんそん 投稿日:2019年02月12日 18:33 No.6163
このような感じです。
がっつ 投稿日:2019年02月12日 23:22 No.6164
距離が長くなった。。。まぁ誤差範囲ですね
猪瀬さん後日譚 たちばな・な 投稿日:2019年02月20日 11:50 No.6165
イノシシに愛された猪瀬(廣瀬)さん。
あれから進展がありましてな、ひもじい思いにかられてリュックをひったくったのはいいが、後悔したのか、自責の念に落ちいったかは定かであらねど、1週間ほどして道路脇にそっと返していたらしい。(あくまでも推測)。そこに親切な地元住民の方が交番に届けてくれたのですよ。リュックにはゼッケンがつけてあったから、大浦警察署からすぐに事務局に電話があり、猪瀬さんに連絡できたという流れになりますた。
 そいで、猪瀬氏から廣瀬氏にめでたく復帰できたとさ・・・・・。


お名前
メール
タイトル
URL
画像添付





削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色