SATAグライダークラブの掲示板


| トップに戻る | 検索 | アルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

お名前
メール
タイトル
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用 )
文字色

12/25のフライト(その1) 日口 投稿日: 2023年12月26日 08:32:12 No.348

今日は朝から陽が差し、多少のフライトが期待できましたが、クリスマスのせいか10:00のブリーフィングもなく、飛びたい人は勝手にどうぞといった感じ...以前のオマラマの活況さはどこに行ったの?

Gavinの事業の跡を継いだ?チェコのMilanと一緒にタスクプランニング。
Skysightほどエリアの状況は悪くないが、いずれにせよオマラマの南~東は雨域が迫っておりダメ。リッジ(北西20kt)と陽の当たっているところにサーマル、弱いウェーブ(高度が上がるほど風は弱い)がBen Ohau Range(オマラマの北35kmから始まる南北の山脈)期待できそうなので、いったん南西に下った後、北へ向かい、ウェーブを捕まえて東の雨域との境目のコンバージェンスで帰ってくるコースをセット。

しかし、曳航されてすぐにBen Ohau Rangeは雨と低い雲にすっかり覆われていること、南の湿った空気との境目に西に延びるコンバージェンスがあることがわかり、まずはそのラインを辿ることを考える。

今日は西風成分の風なので、Nurselyのリッジが働いているはずと思いリクエストしたが、曳航料節約(海外は通常、1分いくらで計算される)のため早めに切り離し、一番近いHorribleのリッジに向かう。

リッジを試す間もなく、良好なリッジサーマルが働いており、6-10ktでイニシャルクライム。6,700ft(オマラマが1,400ftなので、実際は5,300ft)でサーマルを離れ、西に延びるコンバージェンスラインに向かう。

写真左 13:00のエリアのサーマル高度の様子。オマラマ(赤い〇印)の南と東には、寒冷前線が東海岸近くを通過することに伴う雨域と低い雲が入っている。(高い山でせき止められている)

写真中 同じく、13:00のウェーブの様子。高い山脈の風下に弱いウェーブが予報されている。(赤い矢印が狙いとしたBen Ohau Wave)

写真右 12/25のタスクと結果。リッジ、サーマル、ウェーブ、コンバージェンスのすべてを使った329kmのフライト。




12/25 今日は飛べました!^^ 日口 投稿日: 2023年12月25日 15:03:47 No.346

本日のフライトはこちらから。
https://www.onlinecontest.org/olc-3.0/gliding/flightinfo.html?dsId=9718935#map=

これからクリスマスパーティーに呼ばれてますので、詳細は後ほど^^;


本日はレストデーでした😅 日口 投稿日: 2023年12月24日 18:40:49 No.345

予報は、15:00から雨☔
(実際は17:00前からでした)

空も8/8OVCかつ、風が吹かないのでウェーブも期待できない状況でした。

朝のブリーフィングも写真のような感じで、みんなの頭の中にはクリスマスをどう過ごすかしかないような感じでした😅

早々にフライトをキャンセルし、午後から近くの湖(15km東)にサイクリングに。
この前Justin氏のところで一緒に飲んだTomがSea planeで飛んできました😁

オマラマ(海外共通)でのフライト手続きについて書こうと思っていたのですが、今日も夕食はお呼ばれとなりましたので、またの機会に。

明日は少し飛べそうな感じです😁

写真上 朝のブリーフィングはコンパクトにこんな感じ
写真中 朝の絶望的な空…
写真下 Gavinさんから借りたE-Bike(いわゆる電動アシスト自転車)でサイクリング。自転車専用道路は、ダートでワイルド😅 右に、人造湖としては世界最大のBenmore湖。この湖はマッケンジー盆地の中にある3つの大きな氷河湖と運河でつながっており、全NZの電力を賄っている(南島から北島に送電している) ちなみに、水力発電で全て賄えるので、NZには火力や原子力発電所はない。




お疲れ様です ひらおか@関東 投稿日: 2023年12月23日 16:35:36 No.344

日口さん、
いろいろトラブルがあったようで、お疲れ様でした。
結果オーライということで、フライトを存分に楽しんでください。
報告を楽しみにしています。

ジョンさんも元気そうでよかったです。
近況を知らせてくれてありがとうございました。


12/23番外編 日口 投稿日: 2023年12月23日 15:49:37 No.343

ということで、料理初日は定番のステーキでした😁
お米を食べたのは実に10日ぶり😅
ワインはNedのpinot noir🤗




今日は飛べましたが… 日口 投稿日: 2023年12月23日 15:44:05 No.342

予報は15:00から雨とのことでしたが、一通りのことはしておかないといざという時にいろいろと問題点が出て来るので、飛ぶことにしました。
(もちろん、地上は東風...天気が崩れる時に吹く海風。15-20ktのいわゆるBuscot Day^^;...東風に面した低いリッジ)

人が少なく、ブリーフィングはなし。個別に曳航や翼端保持者をお願いしろとのこと^^;...Gさんの奥さんAnnieがいてくれて良かった^^
おまけに、これまでのGavinさんのところでおんぶに抱っこと違って、今年からはOSC(オマラマソアリングクラブ)にお世話になることになり、飛ぶ人は専用のアプリでフライト前の登録が必要だとのこと^^;

早速ご指導を受け、今日のフライトをまずは登録。
画面はこんな感じ(写真上参照)。

Spot(世界中で使われている、自分の位置情報を送信する携帯機器)と連動しており、クラブの運航責任者のスマホでいつでも位置確認が可能とのこと。
おまけに、ローカルエリアを離れたら自動でスマホにSMSを発してくれる。
いやいや、お見事^^;

さて、機体の準備を始めてみると、バッテリーの充電が十分でなかったり、酸素が切れていたりと不具合が次々と見つかり、やっぱり初日はウェザーに関係なくまずは飛ばないとと思った次第。

さらに、水も積んでみたのだが、注水ホースについていた電動のゲージがL(リットル)ではなく、Gal(ガロン)になっており、片翼25Lずつ計50L積むはずだったのだが左翼だけで溢れかえって(100L積んで)しまう羽目に^^;
再度水を抜いて一からやり直し…。

そうこうしているうちに、近くのMt.Horribleのすぐ西側に積雲がポップアップ。すぐにコンバージェンスラインと見抜き、当初の東風のリッジトレーニングであるBuscotは後のお楽しみにして、まずは積雲の発達してきたラインへ曳航してもらう。

フライトトレースはこんな感じ(写真中参照)。

対地2,000ftで離脱後は苦も無く5,500ftへ。

風下に向かって積雲が並んでいるので、ラインを辿りつつ20kmほどダッシュ。
でも、状況は見る見る間に悪化し、すぐに戻って来る羽目に。

北から天気が悪くなり、すぐに高層雲が日射を遮り、対流の発達したところは雨が落ちてきました。

そんなことで、今日のフライトはローカル。
約1時間ちょっとにフライトでした^^;
(フライトトレースはGNZ(NZ滑空協会)のサイトのものを貼り付けました)
https://gliding.net.nz/tracking

ちなみに、ライブトラックなので、概ね日本時間の8-9時くらいからEEマークが動き始めて、昼過ぎくらいにオマラマに戻って来る予定(あるいはアウトランディングか^^;)
ということで、お仕事の邪魔にならない程度にお楽しみください^^




無題 日口 投稿日: 2023年12月22日 18:57:29 No.341

写真上 バスの中から写したプカキ湖とMt.クック。このバスもスケジュールから遅れていたので、撮影ポイントでの停車はありませんでした^^; 高層のシーラスはともかく、ここまでMt.クックが白濁しているのは経験ありません…写真左1/3,湖面の少し上。

写真中 夕方4時のMt.ベンモア。陽が当たっている西斜面は良好なサーマルを生み出しているようです…地上は東風(南極の冷たい風)なので、山の上にしか積雲ができません。

写真下 西の山のエリアの様子。このあと、8時過ぎに夕立となりました…。




<< | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | >>


Powered by Rara掲示板
管理者に連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | スポンサー募集