掲示板


| ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

お名前
メール
タイトル
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色

『カール・マルクスの弁明―社会主義の新しい可能性のために』聴涛弘(9/5) 愉しい本棚 投稿日: 2020年06月01日 14:59:46 No.790

  ☆☆☆☆
 剰余価値という発見は、ニュートンの万有引力というものと等しいものだが、このことを丹念に追えば、素敵な映画ができるだろう。青年期にそれを知ったことがその後の人生に一つの影のように伴走している。
 それと一国社会主義という革命理論にも随分肩入れしてきたが、今や世界同一革命論の時期にさしかかっているということも再認識。

 〇資本主義の限界を解き明かす―入門的マルクス再読。そもそもマルクスは資本主義をどう分析し、その理論的帰結としての社会主義とは何だったのか。そして、20世紀の社会主義やいま社会主義をめざす国々は、マルクスの視点からはどう見えるのか。原点に立ち返って、過去・現在・未来を解き明かす。
 〇目次

序章 社会主義思想の誕生と若いマルクス
第1章 マルクスの社会主義論
第2章 レーニンの苦悩と社会主義論
第3章 「二〇世紀の社会主義」とは何だったのか
第4章 いま社会主義をめざす国々について
第5章 市場経済を通じて社会主義へ
第6章 資本主義の限界と社会主義の展望
終章 日本における「新たな社会主義」

 〇聴涛弘[キクナミヒロシ]
1935年生まれ。京都大学経済学部中退、1960年~64年に旧ソ連留学、日本共産党国際部長、政策委員長を歴任。元参議院議員





『翻訳百景』越前 敏弥 (角川新書16/2) 愉しい本棚 投稿日: 2020年05月30日 15:11:02 No.789

 ☆☆☆
 本書のなかで著者はこう書いている。
 <翻訳の基本十か条>
 ①英和辞典だけでなく、国語辞典もまめに引くこと。
また、読者がどの程度その日本語を知っているかにもきを配ること。
 ②無自覚なまま機械的に代名詞を訳出しないこと。
 ③なるべく直喩は直喩、隠喩は隠喩のままで訳すこと。
 ④もとの表現のおもしろさや味わいをそのまま生かすこと。
 ⑤ビジュアルな思考を働かせつつ、インターネット検索などで事実確認をしっかり行うこと。
 ⑥日本的過ぎる訳語は避けること。
 ⑦「自分の知識など、たかが知れている」という自覚を持つこと。
 ⑧自分が取り組みたいジャンルをよく研究し、文体をしること。
 ⑨小説の翻訳においては、主人公の視点を忘れないこと。
 ⑩簡単に妥協せず、この訳語でよいかと粘り強く考えること。

〇紀伊国屋書店より
 原文の「歯ごたえ」を残しながら、いかに日本人に伝わる言葉を紡ぐのか―「名人芸」が生まれる現場を、『ダ・ヴィンチ・コード』訳者が紹介。本を愛するすべての人たちに贈る、魅惑的な翻訳の世界への手引き。

目次

第1章 翻訳の現場(文芸翻訳の仕事;すぐれた編集者とは;翻訳書のタイトル;翻訳の匙加減)
第2章 『ダ・ヴィンチ・コード』『インフェルノ』翻訳秘話(『天使と悪魔』と『ダ・ヴィンチ・コード』;『デセプション・ポイント』と『パズル・パレス』、映画二作ほか;『ロスト・シンボル』と『インフェルノ』;ドン・ブライン『ダ・ヴィンチ・コッド』翻訳秘話)
第3章 翻訳者への道(わたしの修業時代;なんのために学ぶのか)
第4章 翻訳書の愉しみ(全国翻訳ミステリー読書会;読書探偵作文コンクール;「紙ばさみ」って何?;『思い出のマーニー』翻訳秘話;ことばの魔術師 翻訳家・東江一紀の世界)

越前敏弥[エチゼントシヤ]
文芸翻訳者。1961年石川県金沢市生まれ。東京大学文学部国文科卒。大学在学中から学習塾を自営、留学予備校講師などを経たのち、37歳からエンタテインメント小説の翻訳の仕事をはじめる。朝日カルチャーセンター新宿教室、中之島教室で翻訳講座を担当
 





『戦前反戦発言大全』高井 ホアン(合同会社パブリカ19/6) 愉しい本棚 投稿日: 2020年05月28日 17:24:52 No.788

 ☆☆☆
 1937年から44年までの、国民の非合法な街頭落書きを丹念に拾って、時代相を炙り出している。資料としては特高月報などだが、戦中のあの時代を如実に思い出させるものとなっている。強いて言えば編集構成にもう一工夫があればと残念。 





『降りる思想-江戸・ブータンに学ぶ』田中 優子/辻 信一(大月書店12/10) 愉しい本棚 投稿日: 2020年05月28日 17:15:14 No.787

  ☆☆
 現代に対比して江戸の対自然の扱いを称賛しているのだが、その意味は良く分かるが、具体的にどのようなプログラムで、其処へ到達するのかという点では、まだ未だ釈然とした説明がないかに見える。





『日本語相談2』大野/丸谷/大岡/井上(朝日新聞90/2) 愉しい本棚 投稿日: 2020年05月17日 16:20:32 No.786

 ☆☆☆☆
 いずれ劣らぬ日本語に一家言ある人々が、読者のさまざまな日本語への疑問に答えるというシリーズ第二弾。
 問題によってはスペースが少なくて応えきれないものも有るようだし、これでは質問者の気持ちにそぐわないと思うものもある。
 しかしいずれにしても、回答者も語っている通り、少し整った辞典を調べれば問題の端緒は見えるものがある。好い辞典こそあらまほしけれ。と言っても個人の家に<小学館日本国語大辞典>は並べられない。まぁ強いて言えば、同辞典の精選版か。





『分厚い本と熱い本 毎日新聞「今週の本棚」20年名作選 2005〜2011』 丸谷 才一 ,池澤 夏樹 (編)(毎日新聞12/11) 愉しい本棚 投稿日: 2020年05月11日 16:23:26 No.785

 ☆☆☆☆☆
〇『毎日新聞』の書評欄「今週の本棚」の20周年を記念して、20年分の名作を厳選。伊東光晴、川本三郎、沼野充義らによる、2005年〜2011年掲載分の書評を収録する。





『怖い本と楽しい本/98-04』丸谷・池澤(毎日新聞2012/9) 愉しい本棚 投稿日: 2020年05月11日 14:05:16 No.784

 ☆☆☆☆☆
〇毎日新聞書評欄「今週の本棚」20周年記念刊行、第二弾。1998年から2004年まで7年分の名著名書評が一冊に。豪華執筆陣による読書の羅針盤再び誕生。





1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
掲示板管理者へ連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | この掲示板を支援する