掲示板


| ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

お名前
メール
タイトル
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色

『辻井喬と堤清二』近藤 洋太(思潮社16/10) 愉しい本棚 投稿日:2019年11月06日 14:11:39 No.698

 ☆☆☆
〇辻井喬と堤清二、二つの貌が生まれた思想的端緒とは何か。最晩年のインタビューや証言、作品の読解をもとに、辻井喬が生き抜いた戦後に伴走し、人間存在の不条理に切り結ぶ詩精神を問い直す。『現代詩手帖』連載に加筆・訂正。 





『現代詩作マニュアル―詩の森に踏み込むために』野村 喜和夫(思潮社05/1) 愉しい本棚 投稿日:2019年11月04日 15:54:59 No.697

 ☆☆☆
 〇「MARC」データベースより
詩は難解だと敬遠する前に繙いてみたい一冊。「詩の歴史」「詩の原理」「詩学キーワード」から現代詩を知るための「読書案内」。「最新現代詩」の手引き。





『現代詩論大系 第2巻』吉本隆明/編・解説(思潮社80/10) 愉しい本棚 投稿日:2019年11月04日 15:47:35 No.696

 戦後1955より59年にかけての論集。
<現代詩における近代主義と農民/谷川雁> <戦後の戦争責任と民主主義文学/武井昭夫> <中野重治の詩の限界/黒田三郎> <中原中也の生活/中村稔> <朔太郎管見/寺田透> <保田与重郎ノート/大岡信> <マヤコフスキーの死/関根弘> <文人としての永井荷風/唐木順三>等。





『私の父、私の母』中央公論社(94.10) 愉しい本棚 投稿日:2019年10月30日 12:33:09 No.695

 ☆☆☆☆
〇父の背中、母の胸…幼い日の思い出から大人になって見えてきた両親の実像、さらにその老いと死。断ちがたい絆の中で喜び悲しむ37人の作家の真情。阿刀田高「うろたえた父」、出久根達郎「紙クズの遺産」など。
〇内容
うろたえた父           阿刀田 高
オヤのハイク           嵐山 光三郎
親の影をひきずって        安西 篤子 
やり直し夫婦           生島 治郎 
野菊の絵             池田 満寿夫
父子鳶              内田 康夫 
めでたくもあり、めでたくもなし  逢坂 剛 
はるかな風の音          大庭 みな子 
父のうしろ姿           尾崎 秀樹
母の庭では、遊ばない       落合 恵子 
東京を出て東京に戻る       尾辻 克彦
“人柄”と“ネアカ”       加藤 幸子
こぶし二つほどの隙間       神津 カンナ
忍従と苦難の母の生涯       佐々木 久子 
母の絵              瀬戸内 寂聴 
ローマの休日異変         高樹 のぶ子 
父の戦記             立松 和平 
ハミだした両親          田中 小実昌
祖父、父、写真          田辺 聖子
さえずり             田村 隆一 
紙クズの遺産           出久根 達郎 
両親と葉隠            戸川 幸夫
親に死なれて           時実 新子
父の血              中島 梓 
父と母の秘密結社         羽仁 進
天国か地獄か           林 京子
母のアルバム           林 真理子
騎兵だった父と変身した母     藤子 不二雄A
父の記              藤本 義一
父の言葉             三浦 綾子 
父と娘のせつなさよ        宮尾 登美子
“ソコツの人”わが母       宮本 美智子
母の連鎖             村松 友視
たあちゃん            山口 洋子
元気な母             吉行 和子
母との十年戦争          連城 三紀彦 
親孝行したいときには親はなし   渡辺 淳一





『音楽の力、9条の力―空を見てますか…〈6〉』池辺晋一郎(新日本出版社15/4) 愉しい本棚 投稿日:2019年10月29日 16:01:33 No.694

 ☆☆☆☆
〇心が歌い出す、何巻から読んでもいいエッセイ集。著者作曲の「地球の九条もしくは南極賛歌」合唱用楽譜も収録。
目次

1 九条の力と音楽にできること(「平和のメンテナンス」(ひとり日本のためだけではなく;日本人が大事にしてきたアイデア;憲法前文が示す一途な気持ち;音楽は役に立つのか ほか)
「地球の九条もしくは南極賛歌」をどう歌うか―合唱練習会(二〇一四年一二月)から)
2 希望という道をつくるために(オペラへの道;正月に宗教を思う;なつかしい歌;僕の、大きな古時計 
 〇池辺晋一郎
作曲家。1943年水戸市生まれ。67年東京芸術大学卒業。71年同大学院修了。池内友次郎、矢代秋雄、三善晃氏などに師事。66年日本音楽コンクール第1位。同年音楽之友社室内楽曲作曲コンクール第1位。68年音楽之友社賞。以後ザルツブルクTVオペラ祭優秀賞、イタリア放送協会賞3度、国際エミー賞、芸術祭優秀賞4度、高尾賞2度、毎日映画コンクール音楽賞3度。日本アカデミー賞優秀音楽賞9度などを受賞。97年NHK交響楽団・有馬賞、02年放送文化賞、04年紫綬褒章





『唱歌の社会史-なつかしさとあやうさと』永澄 憲史/中西 光雄/河津 聖恵/山室 信一/伊藤 公雄/野田 淳子/中西 圭三/佐久間 順平著(メディアイランド18.6) 愉しい本棚 投稿日:2019年10月29日 15:54:01 No.693

 ☆☆☆☆
 〇紀伊国屋書店より
「唱歌」という、今までにはあまり類のない視点から読み解く日本近現代史。

ひろく愛唱されている文部省唱歌の数々には、近代国家としての「日本」および「日本人」をつくっていくという隠された目的がありました。

明治維新までは、ほとんどの日本人は「日本」「日本人」という自意識のないままに生きてきました。富国強兵策、植民地主義の中で、日本政府は、「日本人」という意識を国民に持たせる政策をとります。それが、国語読本、修身、であり、音楽=唱歌教育でした。

本書は、2015年におこなわれたシンポジウムをもとに、新規書き下ろし原稿を加えました。

今も人々に愛唱されている唱歌の数々を例示しながら、唱歌の成り立ち、植民地政策のなかで歌われた歌詞、戦後の占領政策のなかで黒塗りされた軍国的な歌詞、また官製の唱歌に対抗した「童謡」などをいとぐちに、国文学、社会学、法制史学、また詩人の立場から、近代日本の社会史を広くみていきます。

唱歌の愛好者はもとより、音楽教育、歴史教育の実践者、また、研究者にもおすすめいたします。

取り上げる唱歌は、「庭の千草」「故郷」「我は海の子」「早春賦」「蛍(蛍の光)」「あおげば尊し」「春の小川」「霞か雲か」「夏は来ぬ」「朧月夜」「浜辺の歌」「兵隊さん」「故郷を離るる歌」「里の秋」「故郷の廃家」「鉄道唱歌」ほか。

はじめに 永澄憲史 



1 唱歌集 解説 中西光雄 

   庭の千草

   故郷 

   我は海の子 

   早春賦 

   蛍(蛍の光) 

   あおげば尊し 

   春の小川 

   霞か雲か 

   夏は来ぬ 

   朧月夜    

   浜辺の歌 

   兵隊さん 

   故郷を離るる歌    

   里の秋 

   故郷の廃家    

   鉄道唱歌



2 座談会 「唱歌 なつかしさとあやうさと」

   軍国主義と唱歌 

   荒地から出発した戦後詩 

   日本人の空間心性と唱歌 

   満洲唱歌と北原白秋 

   国民国家と唱歌 

   皇民化教育と唱歌 

   唱歌から童謡へ 

   兵隊さんはきれいだ、兵隊さんはかっこいい 

 「故郷の廃家」と硫黄島の玉砕 

 コラム・ミュージシャンより

  歌で導く子どもたちの明日 中西圭三

  命を大切に、人を思いあう美しい心を歌っていきたい 野田淳子

  一緒に歌うこと、そして今…… 佐久間順平  



3 唱歌の社会史  中西光雄 

4 童謡はいかに唱歌にあらがったか 白秋の場合  河津聖恵 

5 唱歌と空間心性そして植民地  山室信一

むすびに 「うた」のなつかしさとあやうさ 近代日本社会と「国民意識」 伊藤公雄





『日本人の歴史認識と東京裁判』吉田 裕(岩波ブックレット19/8) 愉しい本棚 投稿日:2019年10月26日 18:58:00 No.692

 ☆☆☆☆
〇いまだ声高に叫ばれる「東京裁判史観(=自虐史観)克服論」。しかしたかだか数年の占領で歴史認識が全面的に改造され、その状態が70年以上も続くほど、日本人は主体性のない国民なのだろうか。歴史修正主義に拠る粗雑で乱暴な決めつけをめぐる不毛な応酬に終止符をうつために、歴史の大きな流れの中に東京裁判を位置づけ、相対化する。
 〇目次
第1章 東京裁判前史
第2章 東京裁判について
第3章 忘却と想起
 〇吉田裕
1954年埼玉県生まれ。東京教育大学文学部卒業、一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。一橋大学大学院社会学研究科特任教授。東京大空襲・戦災資料センター館長。日本近現代史





1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
掲示板管理者へ連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | この掲示板を支援する